トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

日常に旅の楽しみをお届け!友だち追加

【2026年完成予定】未完の傑作「サグラダ ファミリア」に行くなら今!

【2026年完成予定】未完の傑作「サグラダ ファミリア」に行くなら今!

photo by インディーさん

4travel.jp

フォートラベル編集部

着工されてから130年以上経てもいまだ完成していない「サグラダ ファミリア教会」。現在も建設中ながら、天才とも狂人とも呼ばれた建築家アントニ・ガウディの最高傑作と言われています。今回は、2026年に完成予定のサグラダ ファミリアについて、たっぷりご紹介します! 見どころやチケットなど、ぜひ参考にしてくださいね。

サグラダ ファミリアとは

スペインのバルセロナにある世界有数の観光名所である「サグラダ ファミリア教会」は、聖家族にささげる“贖罪(しょくざい)教会”とし1882年に着工されました。天才建築家アントニ・ガウディの作品として有名ですが、実はガウディは2代目の建築家。初代の建築家が辞任した後、当時まだ無名だったガウディに声が掛かり、彼は「聖堂全体で聖書の内容を表現する」と、教会の設計をいちから練り直しました。以降、数多くの建築物を残しながら教会の建設に携わり、1926年に亡くなるまでその生涯を「サグラダ ファミリア」にささげたのです。現在も彼が残した資料を基に建設が続いており、いつしか“未完の傑作”と呼ばれるようになりました。贖罪(しょくざい)教会は、信者からの寄付で財源を賄うため、建設当初はガウディも含めて資金繰りに奔走したといいます。そのため工事がなかなか進まなかったのだとか。また、ガウディの死後に勃発したスペイン内戦や第二次世界大戦によって、建物に損傷を受けたり、ガウディ直筆の図面が消失したりと、度重なる不運に見舞われます。それでもガウディの意思を受け継ぐ形で、何人もの建築家の手によって今も完成を目指して工事が続いています。

技術革新により2026年に完成予定!

かつては完成までに300年を要すると言われていたサグラダ ファミリアですが、3Dプリンターの出現やCNC(コンピューター数値制御)加工機の導入など、最新のIT技術を駆使することで工期が早まり、2026年に完成予定となりました。くしくも2026年は、ガウディ没後100年という節目の時。完成目前のサグラダ ファミリアを見るなら今が絶好の時です!

これで完璧! サグラダ ファミリアの見どころ

サグラダ ファミリアへ訪れたなら、複雑な構造も、芸術的な装飾も余すところなく堪能したいですよね! そこで、絶対に外せない見どころをご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。なお、教会を細部まで見学するには、一般的に2~3時間掛かると言われています。

1. 生誕のファサード

現代の“サグラダ ファミリアの顔”にもなっている「生誕のファサード」は、太陽がのぼる東側に位置し、ガウディみずから指揮を執って最初に完成した場所です。中央の「愛徳の門(慈愛の門)」、向かって右側の「信仰の門」、左側の「希望の門」と、4本の鐘塔から構成されており、その名のとおりキリスト誕生のよろこびが表現されています。その見事なまでの装飾は言葉を失うほど壮大で、2005年にこの部分が世界遺産に登録されました。「生誕のファサード」の最上部は「生命の木」と名付けられている装飾です。大きな木はイトスギで、“腐敗しないもの=永遠”の象徴と言われており、その木に集うハトは神の信者や精霊、または純潔を表しているのだとか。木の下のペリカンは原始キリスト教のシンボルという説と、母親の普遍的な愛の象徴という説があります。ほかにも「聖母マリアの戴冠」「マリアとヨセフの婚姻」「受胎告知」、民衆を表している「羊飼いの礼拝」など、キリストの誕生から幼少期までのエピソードが表現されています。華やかかつ幸福な場面が描かれており、“喜びのファサード”とも呼ばれています。

世界が認めた日本人彫刻家! 外尾悦郎氏

この「生誕のファサード」の彫刻に長年携わってきたのが、日本人彫刻家の外尾悦郎氏です。25歳の時に、石を掘りたいという思いから単身バルセロナに渡り、そこでサグラダ ファミリアに魅了された外尾氏は、1978年から請負の彫刻師として従事。2013年には芸術工房監督に就任しました。

「生誕のファサード」にある15体の天使は、外尾氏の代表作の1つ。完成した当初「天使たちは、石から掘り出されるのを待っていた」と、多くの称賛を受けました。また、3つの門の扉も彼の作品です。美しいブロンズ扉には、多くの植物や昆虫が施され、自然が好きだったというガウディの思いと生命力が表わされています。ぜひ閉門している時間帯に訪れて、扉の全貌を見ることをおすすめします!

外尾氏はガウディを理解しようと努め、ガウディが表現したかったことを追求しているうちに、自身もカトリックに改宗されたそうです。

2. 受難のファサード

太陽が沈む西側に位置する「受難のファサード」は、キリストが死へと向かう受難が表現されています。門の左下から右に向かって、S字型になぞって見ていくのがポイント! 有名な「最後の晩餐」に始まり「キリストの裁判」、キリストの脇腹をヤリでついた兵士「ロンギヌス」の像などがあり、門の中央上部にはりつけにされたキリスト像があります。

「受難のファサード」の彫刻を担当したのは、バルセロナ出身のジョセップ・マリア・スビラックス氏。外尾氏がガウディの作品をそのまま表現しようとした一方、スビラックス氏はガウディから離れ、時代に根ざした表現を求めたと言います。2人の彫刻家の違いが「生誕」と「受難」で別の表情を持つサグラダ ファミリアを作り出しているのも、この教会のおもしろい部分です。キリストの正体を教えるためにユダが行った「接吻」。このユダの裏切りによってキリストはいばらの道へと進みます。「受難のファサード」では、扉の左側に「ユダの接吻」像があります。注目すべきはキリストの足元! そこに刻まれている数字は、縦、横、斜め、どの組み合わせでも足すと“33”になります。33はキリストが亡くなった年齢という説が有力ですが、いまだ解明されていない謎なのだとか。中央にある大きな入り口は「福音の扉」。その前にはムチ打ちを受けるキリストの像があります。扉には『新約聖書』に記されている“キリスト最後の2日間”が書いてあり、重要な部分は金色に装飾されています。

3. 聖堂内部

“信者が神と一体感を体験できる場所”を目的とした聖堂内部は、屋内ながら、まるで森の中にいるような空間が広がっています。ガウディは自然を愛し、自然を崇拝したと言われており、多くの建築物に自然からアイディアを取り入れました。この聖堂内部はそれを顕著に表しており、ステンドグラスから差し込む光の加減や、樹木に見立てた柱など、計算されつくした構造が見ものです。

建物全体は十字型になっており、中央部分に主祭壇があります。十字架にはりつけにされているキリストは、つるされているようにまつられており、ほかではなかなか見られない斬新さ。ここにもガウディらしさが表れています。主祭壇の地下に礼拝堂(地下聖堂)があり、そこにガウディのお墓もあります。聖堂内部は2010年に完成し、ローマ教皇を招いてミサが行われ、初めて正式な「教会」として認められました。聖堂を支える大理石の柱は、ヤシの木がモチーフ。本物の樹木のように枝分かれしており、木もれ日から光が注いでいるように感じられますが、実は枝分かれさせた柱で、さらに天井を支えているという役目もあるのだとか。ガウディが実験を繰り返し、綿密につくり上げた場所です。天井は、殉教のシンボルでもあるシュロの葉がモチーフになっています。聖堂の美しさは、このステンドグラスも一役買っています。東にある「生誕のファサード」側は、青や緑の寒色系で、西にある「受難のファサード」側は、赤やオレンジの暖色系でまとめられています。1日の中で差し込む光の色が変わるさまは、幻想そのもの。日程に余裕があれば、時間帯を変えて何度でも訪れたくなる場所です。

4. 鐘塔

「生誕のファサード」と「受難のファサード」にある鐘塔はエレベーターでのぼることができます。塔からは、バルセロナ市街を一望できます。また、ファサードの細かい彫刻はもちろん、現在工事中の部分も間近で見ることができるので、まさに“今だけ”を体感できる場所です。のぼりはエレベーターで、くだりはらせん階段で下ります。雨が降ると滑りやすくなるので、注意してくださいね。

鐘塔のみのチケットを購入することはできません。またチケット購入時に「生誕のファサード」側か、「受難のファサード」側か、のぼる塔を選ぶ必要があります。どちらの塔ものぼりたい場合は、聖堂+鐘塔のチケットを2枚購入する必要があります。2019年10月現在は、見晴らしや彫刻を堪能するには生誕側、現在工事中の部分がよく見え、でき上がっていく様子を見学できるのは受難側と言われています。あくまでもご参考までに!

5. 地下博物館

聖堂の下にある「地下博物館」も欠かせないスポットです。ここにはガウディ直筆の図面やデザイン画のほか、試作模型などがあります。ガウディの死後に起こったスペイン内戦の際、多くの図面などが失われてしまったので、こちらで展示されているものは貴重なものばかり。サグラダ ファミリアの歴代の建築家、彫刻家たちは、この数少ない資料を基に偉大な建築物をつくり上げてきました。ガウディ特有の懸垂型の模型は必見です。ガウディは、このように実験を重ねて建物の構造を練り上げていきました。また建設当初の完成予想図や、3Dプリンターで模型をつくる作業場などもあり、「地下博物館」はサグラダ ファミリアの過去と未来を網羅できる場所になっています。

今後つくられる建物は?

現在急ピッチで工事が進んでいるなか、もっとも注目されているのが「栄光のファサード」です。3つ目のファサードで、完成後はこちらが正面入り口となる予定。ここではキリストの復活(栄光)が表現されるそうです。また内装を外尾氏が担当している「イエスの塔」は、教会でもっとも高い塔で、頂上には15mほどの十字架が飾られるのだとか。ほか「聖母マリアの塔」や、4人の福音者のシンボルであるライオン、牛、ワシ、天使それぞれの塔などが建ち、より荘厳な建築物になる予定です。公式サイトにて、完成イメージ動画を見ることができます。

ミュージアムショップでお土産を買おう♪

サグラダ ファミリアにはミュージアムショップがあります。「受難のファサード」側には教会の内部に、「生誕のファサード」側は教会の外部にそれぞれあり、ここでしか買えないグッズがたくさん! ガイド本や絵本などがあるので、旅の思い出にいかがですか? なお「生誕のファサード」側は、店内に入ると教会内に戻れないので気を付けましょう!

ライトアップした姿もおすすめ!

サグラダ ファミリアは夜になるとライトアップされます。黄金のような輝きを放ち、バルセロナの夜を彩る教会の姿は、昼間とは違った美しさがあります。ライトアップの時間帯は月ごとに変わるので、事前に調べて行くとよいでしょう。

クチコミ:バルセロナのどこからも見えます。周囲に高い建物がないのです。

nomonomoさん

モンジュイックの丘からもグエル公園の裏山からもサグラダファミリア教会はよくみえます。周囲に高い建物がないのです。その点,日本の都市の建物は規制がなくて乱雑です。建物はいうことなし。すばらしい建築です。ガウディの天才ここにあり,と……もっと見る

サグラダ ファミリアのチケットについて

サグラダ ファミリアは当日券も販売されていますが、売り切れの場合も多く、入場するのに時間がかかってしまうため事前に購入しておくとよいでしょう。

チケットは公式サイトから予約できます。教会内部の見学のみ、オーディオガイド付きなど、チケットの種類がいくつかありますが、入場時間が指定できる教会内部見学+オーディオガイド+塔の見学(時間指定可能)のセットが1番おすすめ。オーディオガイドは日本語もあります。またチケットセンター付近には、無料の日本語パンフレットもあります。

なお、前述したとおり、塔のみの当日券は購入できないので気を付けてください。

あわせて行きたいガウディ建築

グエル公園

バルセロナの実業家グエル伯爵が資金提供し、ガウディの設計によって建造されました。こちらも「アントニ・ガウディの作品群」として世界遺産に登録されています。自然と芸術に囲まれた未来的な住宅地として計画されましたが、買い手がつかず、公園という形に落ち着きました。繁忙期には入場制限がかけられ、数時間待ちになることもあるので、公式サイトで事前にチケットを購入しておくのがおすすめです。

カサ バトリョ

こちらも「アントニ・ガウディの作品群」の1つ。バトリョ家の依頼を受けて、ガウディが増築を手がけた建物です。デザインテーマは諸説あり、屋根の一部を竜の背中に見立てた竜退治説、屋根をアルルカンの帽子に見立てた謝肉祭説、建物正面を海面に、内部を海底洞窟に見立てた海説の3つのいずれかを唱える人が多いです。

おすすめ旅行記

サグラダ ファミリアについて、バルセロナ旅行について、もっと具体的なことを知りたいという方に向けて、おすすめの旅行記をご紹介します。こちらを参考にイメージをふくらませてくださいね!

旅行記:《GW》★スペイン★バルセロナ♪旅の準備&出発そしてサグラダファミリア編☆Vol.1~4泊6日(2019.GW)

ちょこ旅さん

久しぶりのヨーロッパは、カタール航空で行くバルセロナ♪なんと言っても今年のGWは、最大10連休☆この大型連休を利用して狙うはヨーロッパ♪最近は、LCCで行くアジア方面の安旅ばかりのせいかヨーロッパの旅費が、高く感じる~((゚□゚;))10日間の旅にしたいが、予算的に厳しぃー!GWでもお財布に優しかった4泊6日のバルセロナに決定したのでした~☆もっと見る

サグラダ ファミリアを紹介しました。

いかがでしたか? 2026年の完成に向けて、着々と工事が進むサグラダ ファミリアですが、完成目前の姿を見ておくのもすばらしい経験ではないでしょうか。フォートラベルではお得なバルセロナのツアーを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。最後までお読みいただきありがとうございました。バルセロナのお得なツアーを探す

この記事で紹介しているエリア

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!

\その他の公式SNSはこちら/

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

スペインの特集

スペインの特集一覧

定番・人気の観光スポットの特集

定番・人気の観光スポットの特集一覧