旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル
ホテル・旅館 約27,000件を予約サイト20社から一括検索!1予約で最大60マイル相当のフォートラベル ポイントがもらえる!

士別・和寒・下川 ホテル予約

18

10月22日 2名1室1泊での最安値です。
※実際の料金は異なる場合がありますので、目安としてご覧ください。

※ご予約につきましてはお客様と宿泊予約サイトとの直接契約となり、フォートラベル株式会社は契約の不履行や 損害に関して一切責任を負いかねます。
※情報更新のタイミング等の理由により、宿泊予約サイトの情報と相違が発生することがあります。予約の際は必ず宿泊予約サイトの情報をご確認ください。
※料金は税込です。

利用規約

士別・和寒・下川の宿泊施設をカテゴリから探す

クチコミ

きれいで快適

5.0 旅行時期:2018/10 (約1年前)

マプトさん(男性)

剣淵温泉レークサイド桜岡のクチコミ

職場の旅行で泊まりました。部屋は快適で、ダムが見えて景色がいいです。食事は朝がバイキングで、結構種類がありました。温泉は露天はありません。レセプションからエレベーターを2つ乗らなければ部屋に行けないのは不便かと思いました。

10月朱鞠内湖キャンプ

3.5 旅行時期:2018/10 (約1年前)

ryusukeさん(男性)

朱鞠内湖畔キャンプ場 ログキャビンのクチコミ

 秋晴れの中キャンプをしてきました。かなり寒いです。
朱鞠内湖の紅葉は今秋が見ごろ(10月初旬)だと思います。これ以上寒くなると結構厳しいのではないでしょうか。紅葉ドライブにいいスポットでした。特に早朝と夕方の景色は一度ご覧いただきたいです。日中よりも数倍綺麗です。

建物は古いが

4.0 旅行時期:2018/08 (約1年前)

parnassiushokkaidoさん(男性)

剣淵温泉レークサイド桜岡のクチコミ

建物は少し古めです。日帰り入浴客が出入りするためか、エレベーターが二階で乗り換えになりますので少し不便です。
フロント前で特産品が売っていました。ハウスものということでしたがカボチャが美味しそうでした。
自転車の無料貸し出しがあり、早朝から利用できました。
夕食は食堂で撮るのですが、一度にだしてあるのではなく、進み具合を見ながら一品づつ出てきました。珍しいかな。

冬の平日、温泉はほぼ貸切だった

4.0 旅行時期:2018/01 (約2年前)

しそまきりんごさん(男性)

せいわ温泉ルオントのクチコミ

冬の平日に訪れたら、広い浴場を貸切状態で使用できました。
1時間経っても人はきません!(1時間入っていた訳ではありませんが(^_^;)
露天風呂もあり、しんしんと雪が降る中、ほてった体を冷ましながら、一人でリラックスしてゆったりとした時間を過ごせました。

ルオントの泉質はナトリウム塩化物泉です。
温泉水の色は、雨後の水溜りのような色で、少々しょっぱい味がしました。
ほかに、透明の炭酸塩泉、紫根エキスを入れたという紺色をした薬湯の浴槽がありました。

露天風呂は、半分、軒の下ですが、半分は完全露天で、冬はチラチラと雪をかぶりながらの入浴が楽しめます。
ただし、景色は、豪雪地帯にある温泉だけに、目の前に1、2mの雪の壁ができていて、遠景に雪景色の山林が見える程度でした。
また、屋外に出てから、浴槽に至るまでの園路に雪が積もっていたため、足裏が冷たく滑りやすくなっていて、ご高齢の方などは注意が必要かもしれません。
氷のように固く冷たい雪を素足で踏みしめて、果たして浸かることのできた浴槽は温かくて気持ちのよいものでした。
ほかにサウナ室があって、テレビを楽しみながら入れます。

何回か入浴を楽しんで、最後に上がるころ、一人の客が入ってきましたが、休憩室も含めて一人で静かに過ごすことができました。
湯上りには併設のレストラン“そばの里”でさっぱりとした蕎麦を締めにして帰りました。

ほとんどの方が車で訪れていましたが、深川―名寄の路線バスでも訪れることができます。
しかし、その場合、ルオント前のバス停が雪に埋もれていて、場所が分かりにくくなっているので注意が必要です。
道の駅の転向場の入口から少し入った付近にバス停の看板が立っているので、転向場の入口付近で立っているとバスが停まってくれます。
ルオントの建物の前まではバスは来てくれないので、注意が必要です。
ちなみに2018年1月現在、深川―ルオント前が¥1370円、ルオント前-名寄駅前が¥1330円で、同路線のほぼ中間付近にあります。

秘境ではなかった

4.0 旅行時期:2018/01 (約2年前)

しそまきりんごさん(男性)

五味温泉のクチコミ

温泉は、白濁した炭酸水素塩泉のお湯ですが、一部の浴槽のみで、一般浴槽は無色透明・無味無臭です。
内湯に露天、サウナがあります。

一般の浴槽は、入っても大して肌がツルツル・スベスベにはなりませんが、白濁した炭酸水素塩泉の方は、少しだけ肌がスベスベになる感触がありました。
pH6のお湯だそうです。
湯上りも、塩化物泉とは異なるマイルドなポカポカ感を味わえました。

露天風呂は、庇の内側で、完全に露天ではありません。
ただ、雪が降っていると、吹き込んできて、ほてった体にあたって気持ちよかったです。
風呂場からは、小山の森を眺める景色で、夜になるとライトアップされます。
露天風呂の利用時間は終夜とはいかず、夜10時までとなっています。

五味温泉は、下川の奥地の温泉宿ですが、休日でも日帰り客が夜までたくさん訪れていて、立地の割に秘境感はゼロ。
駐車場はずらっとたくさんの車が並んでいました。
周辺には住宅やコンビニなどのお店はありませんが、宿にレストランがあり、ランチタイムと夜は不便なく食事ができます。
なお、飲料の自販機も市中価格で購入でき、ビールやチューハイなどのお酒も販売していました。

そんな五味温泉に宿泊してみましたが、ここは何といっても14時からチェックイン可能と、通常の宿よりも1時間早く入れるのがよいです。
昼間のうちから温泉に浸かっては、個室でゆったりくつろぐなど、例え1泊でも当時気分が味わえます。
部屋は個室にトイレ付の本館とトイレ共通の別館の違いに注意が必要です(価格差あり)。
ひたすら雪が降りしきる窓の外を眺めながら、読書にふけってもよし、うたた寝してもよし。
人はたくさん訪れるけど、どこか秘境感も残る温泉宿でゆっくり日がな一日を過ごしてみるのもいかがでしょうか。

Q&A 掲示板

士別・和寒・下川 ホテルについて質問してみましょう。

Q&Aで質問する

ホテルをカテゴリから選ぶ