旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

シドニー 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

シドニー人気旅行記ランキング452位(2178件中)

ANA シドニー 羽田発+那覇往復 -Final- (まだまだシドニー街歩き、Australia出国、帰還)

旅行時期 2016/10/22 - 2016/10/26 (2017/05/17投稿

ANAでのシドニー旅行ですが、事前の準備が<br />全然出来ていないままシドニーに到着。<br />ホテルCheck-inした後に行き先を考えるという<br />「泥縄観光」の毎日でした。<br /><br />しかし、そこは観光都市シドニー。<br />何とか、それなりに観光らしき街歩きとなりました。<br /><br />本日はシドニー最終日。<br />ホテルをCheck-outしたら空港へと向かいます。<br />その後、再びベイエリアに舞い戻り、<br />満を持して“乗船”いたしました。<br /><br />ここで終われば綺麗なのですが、この後ホーム空港<br />への帰還まで続いちゃっています。<br /><br />宜しくお願いいたします。

ANAでのシドニー旅行ですが、事前の準備が
全然出来ていないままシドニーに到着。
ホテルCheck-inした後に行き先を考えるという
「泥縄観光」の毎日でした。

しかし、そこは観光都市シドニー。
何とか、それなりに観光らしき街歩きとなりました。

本日はシドニー最終日。
ホテルをCheck-outしたら空港へと向かいます。
その後、再びベイエリアに舞い戻り、
満を持して“乗船”いたしました。

ここで終われば綺麗なのですが、この後ホーム空港
への帰還まで続いちゃっています。

宜しくお願いいたします。

写真 223枚

テーマ:
街歩き
交通手段 : 
  • 航空会社 :  ANA
  • 現地移動 :  徒歩 / 飛行機
エリア:
オーストラリア > ニューサウスウェールズ州 > シドニー
エリアの満足度:
5.0
  • 500_47337713

    ホテルのカードキー、表側です。

    無計画でシドニーにやって来て
    3日目の本日、とうとう帰国の日と
    なりました。

  • 500_47337711

    ホテルのアメニティです。
    一通り揃っていましたが、
    持参したものを使用したので
    使用感についてはわかりません。

  • 500_47337712

    本日はスッキリと目覚めました。
    起きてゴロゴロなどいたしません。
    直ぐに荷造りをはじめます。

  • 500_47337714

    準備が出来たら Check outします。

  • 500_47337715

    Check out時、また分かり辛い英語だったら、
    もとい、私の乏しい理解力では困るかも・・・と
    緊張していたのですが、今日のフロントのお方は、
    とーってもアットホームな、素敵な方でした。

    「シドニーはどうだった?楽しめた??」
    「綺麗な街、フランクな方々、また来たい!」
    とお答えし、お互いニッコリ。
    もう、これだけで心が通じた気がしました。

  • 500_47337716

    Check out時に頂いたのは、私の名前が
    入れられた包装紙に包まれたチョコレート。
    これも嬉しかったです。
    素敵な接客とはどういうことなのかを
    考えさせられました。

    HILTON××もね、部屋のアップグレード等で、
    「幾ら得した」なんてことだけで喜ぶような
    低レベルなお客ばかりでは無い、ということ
    を知るべきだ。

  • 500_47337717

    ここ数日通った道順でMuseum駅まで行く
    のは面白くないので、全く違うルートで
    向かいます。

    街中の開発物件の実態を見ながら歩きました。
    小路に入れば洒落たカフェが幾つもありました。

  • 500_47337718

    テナントビルが何棟も造られており、
    これからチョットした商業地域へと
    変貌しようとしている地区も見ました。

    施設としては、まだ完成してはいません
    でしたが、いくつかのお店が先行して
    OPENしていました。

    こうしたパイロットショップでは、
    必ず短期間でお客さんがつくように
    格別に気を配って営業をされています。

    評判をとって軌道に乗ったら、
    お店ごと売ってしまう、といった
    ビジネスなのです。

    仕掛けておいて、それを高く売る。
    自然発生的なブームなど既に滅んで
    いるのが21世紀。
    我々の住む世界とはこんな世界なんです。

  • 500_47337719

    Museum駅に到着いたしました。

    毎日歩いていたルートを通らずに来ましたが、
    何時もの道順の時と違い、坂もキツいうえ
    歩道の段差も沢山あって、キャリーを曳くのが
    とても大変でした。

    トリップアドバイザーのレビューにあった
    アクセスが大変だ等は、このような道順で
    ホテルに向かったからなのでしょう。

    恐らく、折角来たのだからホテルに向かう
    “ついでに”地元のお店に立ち寄ってみよう、
    という考えだったんじゃないのかなぁ?
    歩いてみて、そう思いました。

    「折角」とか「ついでに」という考えは
    捨てた方が良い(特に、初めての場所では)
    と私は思います。

    結論
    ホテルアクセスのルートは、大通りを行く
    以外はお勧め出来ないです。

  • 500_47337720

    ホテルでCheck out時に頂いた
    チョコレートです。
    「DARK」なのが嬉しいです。

  • 500_47337723

    向かった先はこちらです。

  • 500_47337724

    opalカードがマイナス表示となっています。
    しかし、改札は抜けることができました。

    TopUpしなければ、次は利用出来ないので、
    その時に後払い精算するという考え方なの
    ですね。なるほど。

  • 500_47337725

    空港内を「散策観光」いたします。

  • 500_47337730

    と言っても巨大空港ではありませんので、
    歩き回ると言う程では無かったですが。

    この写真は空港内のCheck-in Information。
    21世紀ですから、勿論、液晶表示です。
    右下にLGロゴマークが見えますでしょうか?

    「ソニーやパナソニックは海外で息をしていない」
    と述べられた方がありましたが、事実だと思います。

  • 500_47337731

    シャワー?
    歩きまわっていて気になったのがこれです。

  • 500_47337732

    なんか、やたら目についたのですが、
    一体どんなものなのか気になります。

  • 500_47337733

    こんな感じや、

  • 500_47337734

    こんな感じで表記されていました。

  • 500_47337736

    WC内の一角にそのシャワールームは
    ありました。
    そして自動販売機が設置されています。

  • 500_47337738

    シャワールーム自体は簡素なものでした。

    簡素ではありますが、お湯もしっかり
    出ました(水圧も確認済)。

    必要にして十分な設備です。
    これで無料というのは凄いです。
    (日本の感覚ではそう思えます)

  • 500_47337739

    板張りの床に日よけのあるテーブル席が
    設えられた、広いサンデッキがありました。

    元々はイーティングスペースだったようで、
    飲食店が入っていた痕跡が右側の建物に
    ありました。

  • 500_47338188

    こちらがお店の痕跡です。

    現在お店は閉店となっていましたが、
    そのイーティングスペースを、休憩所と
    喫煙スペースとして利用されていました。

  • 500_47337740

    日よけがあるのがポイントです。
    気持ちの良いスペースでした。

  • 500_47337780

    しんみり、としか言いようのない此方は、
    サムスン電子の「ギャラクシーノート7」
    回収ブース。
    傍目でも気の毒に思える位、しんみり感が
    漂ってました。
    明日は我が身、同情を禁じ得ません。

  • 500_47337781

    いくつかのオブジェもありましたが、
    ここでは割愛いたします。

  • 500_47337789

    ここで唐突にMalaysiaの話をして恐縮
    なのですが、ブギ・ビンタン駅も、
    「エア・アジア ブギ・ビンタン」
    と冠名が付き、コーポレートカラーと
    ロゴで埋め尽くしている、エア・アジア。

    オーストラリアの空港のCheck-in
    カウンターからも、その勢いを見て取る
    ことが出来ました。

  • 500_47337791

    おやつはこちら。
    Milkは余り好みではないのですが、
    こちらだと全然OK。

  • 500_47337793

    空港内レストラン・エリア(の一部)です。

  • 500_47337794

    Outgoing passenger card(出国書類)はこちらに。
    事前に準備出来ることは早めに済ますのが吉。
    と言う訳で、出国はまだですが、早々に記入して
    しまいました。

  • 500_47337795

    Express Pathの表示。
    こちらに進むのですね。

  • 500_47337796

    どうなっているのか覗いてみましたが
    様子はわかりませんでした。
    敵もナカナカやるものです。

    しかし、入国時は惨かった・・・。
    出国時はスムースな通過となることを祈ります。

  • 500_47337798

    Malaysia Airlines のレーンです。

    クルーの方々と、
    ロイヤルパークホテル ザ 羽田
    のCheck-inでご一緒となったことが
    何度かありましたが、非常に好印象。

    そのうち搭乗の機会が来ると思っています。

  • 500_47337801

    今や赤と言ったら、エア・アジア。
    ここにやられちゃってて、
    カンタスもJALも少しばかり影が薄いです。

  • 500_47337803

    それ程広い空港ではありませんので、
    チャンギ国際空港の時のように
    歩き回る、って言うほどではありません。

    そろそろ街へ引き返します。

  • 500_47337804

    その前に、キャリーは預けておきます。
    私的にはホテルに預けるより、一旦
    空港まで来てそこで預ける方が安心感が
    あります。
    (その為の移動コスト等は気になりません)

  • 500_47337805

    来た道を逆戻り。

  • 500_47337808

    再び街へ。

  • 500_47337809

    つり革は「例のヤツ」でした。
    使用感はどうなんでしょうか?
    どなたか、教えて下さい。

  • 500_47337810

    素晴らしい青空でした。
    風はボチボチかな?

  • 500_47337812

    シドニー最後の散策は乗船から始まります。
    これがハイライト?
    私的には乗船しなければ来た意味が無い、
    と断言しても良いので。

  • 500_47337813

    ということで、再びサーキュラー・キー。

  • 500_47337878

    ツアーに参加するためではなくて、
    日常生活の足として利用されている
    FERRY(フェリー)のうちの1つに
    乗船するのです。

  • 500_47337879

    opalカードは電車の切符が既に全廃なので
    絶対に必要なカードなのですが、そうでは
    なかったとしても、その威力は絶大です。

    何せ、Busやstreetcarだけではなく、乗船も
    出来ちゃうのですから。

  • 500_47337880

    私は交通カードがある国ならば
    たいていの場合、利用する方が
    スムースだと感じています。

    これは絶対的コストよりも
    利便性の方を重視しているからです。

  • 500_47337881

    ただし、複数のカードが存在している場合、
    悩ましいのがどれを選択するのかです。

    お勧めと聞かれればお答えはいたしますが、
    それが1番なのかどうかは何とも言い難い
    ところです。
    選択基準は人それぞれですからね。

    ですが、余りにあーでも無い、こーでも無いと
    前提条件をつけてしまうと結論が出ませんので
    個人的見解としてバッサリと断言するようには
    しています。

    その点、シドニーはopalカード一択なので簡単
    ですし、実際、文句の無い素晴らしいカード
    だと思います。

  • 500_47337882

    初日の夜に訪れた時は気付きませんでしたが、
    駅の改札を出て直ぐの所に、こちらがありました。

    次回来ることがあるのなら、
    「ブリッジ・クライム」かなぁ。
    ちょっとハードルが高い気がしますけれど。

  • 500_47337883

    両替もすぐそばにありました。

    クレジットカードで大抵イケルのですが、
    それでも飲食店はCashオンリーのところも
    ありました。

    お店で必要となった時に替えると言うのも
    アリとは思いますが、少額持っていた方が
    スマートだと思います。

    Cashが余ればopalカードにTopUpすれば
    良いですし。

    それだとopalカードが無駄になる?
    いいえ、無駄にはなりません。
    opalカードは記名カードではありませんから、
    次に行かれるどなたかへ譲れば良いのです。

  • 500_47337884

    さて、どのワーフを選択したかと言いますと・・・。

  • 500_47337885

    ダーリング・ハーバー行きに乗船します。

  • 500_47337887

    乗り降りは特別なルールはありません。
    乗船開始まで待っていて乗るだけです。

    全席自由席ですから早くに乗船した方が
    良いかとは思います。

  • 500_47337888

    大して待つこと無くフェリーが
    やって来ました。

  • 500_47337889

    乗客が降りきって準備完了となるまでは
    待合の椅子で待ちます。

  • 500_47337890

    滞在中、連日好天に恵まれましたが、
    風は案外と強かったです。
    本日はそんな中穏やかでした、やったね。

  • 500_47337892

    日中のオペラハウス。
    明るい日差しを浴びて
    輝いていました。

  • 500_47337893

    乗船開始となりました。
    早速に乗り込みます。

  • 500_47337894

    ここでもジャカランダの花が
    綺麗でした。

  • 500_47337896

    海上から眺めるオペラハウスは
    また格別なものがあります。

  • 500_47337953

    何をモチーフにしているのか、
    何を表現したかったのか、
    そもそも本当に完成したと言えるのか、
    諸説あり、決着のついていない
    オペラハウスなのですけど・・・。

    私は初めて見た小学校低学年の時から
    「親子の白鳥が捕食している姿」
    (水中に頭を突っ込んでお尻を出している姿)
    だと思っています。

    この写真でも、その時の印象は変わりません。
    (誰に何と言われても、そうだと勝手に思っています)

  • 500_47337954

    船はいいです、天気の良い日は特に。

  • 500_47337957

    フェリーに乗船したのはハーバーブリッジ
    を眺めるためでもあります。

  • 500_47337959

    ですから、「橋を渡る」という考えは
    今回、最初からありませんでした。

    歩くの嫌いだし、遠目に簡単そうでも、
    巨大建造物を徒歩で渡るのは結構大変だ、
    と知っているからです。
    (単に元気が無いだけ、とも言いますが)

  • 500_47337960

    ブリッジ・クライムの様子が見えました。

    海面からの高さは134メートルとのことでしたが、
    その高さ以上にスリルを感じるかも知れないですね。

  • 500_47337961

    ほらほら、白鳥の親子が水中に潜って
    お尻だけ出している姿にみえませんか?

  • 500_47337963

    見上げればハーバーブリッジの裏側が。

  • 500_47337964

    「古い洋服掛け」の下をくぐり抜けます。

  • 500_47337965

    通過しました。

  • 500_47337968

    最初の寄港地はこちらです。
    数名の方が下船された様子でした。
    乗船された方があったのかどうかは
    わかりませんでした。

  • 500_47337970

    船上からならではの眺望でした。

  • 500_47337971

    ヨットが沢山停泊していました。

  • 500_47337972

    どのようなルートなのか
    知らないままに乗船したのですが、
    ストレートではなくて、何ヶ所か
    寄港するようです。

  • 500_47337973

    こちらでは暫く停泊していましたが、
    特に乗船する方があったようには
    みえませんでした。

  • 500_47337974

    上空に航空機が見えました。

  • 500_47337987

    ヘリコプターが暫く上空を飛んでいました。
    しばしランデブー。

  • 500_47337988

    次の寄港地へと向かいます。
    港ではなくて桟橋ですね。

  • 500_47337990

    風もあまりないので揺れません。
    なかなか気持ちの良い乗船です。

  • 500_47337991

    空も青いです。

  • 500_47337992

    今日は昨日とは反対に海上から
    シドニー・タワー・アイを見ました。

  • 500_47337993

    立派な屋敷が見えました。
    さほど広いようには感じないのですが
    恐らく見た目よりも敷地は広いのでは?
    と思いました。

  • 500_47337994

    接岸しました。

  • 500_47337995

    随分と来ました。
    穏やかな航行でした。

  • 500_47337997

    もう少しでダーリング・ハーバーです。

  • 500_47337998

    天候に恵まれたので
    船内には入らず、
    ずっとデッキにいました。

  • 500_47337999

    デッキは眺めが良いのでお勧めです。

  • 500_47338000

    ただ、少々直射が厳しいので、
    日よけのために薄手の羽織り物が
    あった方が良いと思います。

  • 500_47338001

    あと少しで到着です。

  • 500_47338002

    乗船時間は約25分程度。

  • 500_47338003

    料金は忘れましたが、
    かなりお安かったと思います。

  • 500_47338004

    SKYWALKで歩いたり、
    ポーズを取り過ぎて
    落っこちそうになったのは
    あの辺りかな、と思いながら
    眺めるのも趣がありました。

    そういった点でも最終日に
    乗船を持って来たのは
    正解だったと思いました。
    (偶然なんですけど)

  • 500_47338005

    そろそろ到着となります。

  • 500_47338006

    接岸しました。

  • 500_47338008

    下船して少ししたら
    乗船が始まっていました。

  • 500_47338009

    クルーの方々も陽気でフレンドリー。
    天候にも恵まれ、景色もよく、
    短い時間でしたが楽しい乗船でした。

  • 500_47338010

    opalカードをタッチしてゲートを出ます。

  • 500_47338038

    フェリーでのショートトリップ、
    お勧めです。

  • 500_47338037

    さて、次なる行き先は・・・。

  • 500_47338039

    とりあえずは
    こちらへ歩いて行きます。

  • 500_47338040

    上空を見上げたら、
    スカイ・ライティングが。

  • 500_47338041

    次は何と書かれるのだろう?
    と見上げていましたが・・・。

  • 500_47338043

    結構時間がかかり
    首が痛くなったので
    最期まで見届けることは
    出来ませんでした。

  • 500_47338044

    「動物園」か「水族館」か、それが問題だ。

  • 500_47338045

    「コアラ」をとるか、それとも
    「ジュゴン」をとるのかが問題なんです。

  • 500_47338046

    ある人は「マナティ」を見てきたと言い、
    またある人は「ジュゴン」だったと言います。

    これは自身で確かめるしかない、
    と言うことで水族館に決定です。

  • 500_47338047

    チケットカウンターへと進みます。

  • 500_47338048

    カウンターの後ろの液晶画面に
    案内が表示されています。

  • 500_47338049

    券種等も表示されわかりやすかったです。

  • 500_47338050

    こちらのカウンターでチケットを購入した時、
    お姉さんが、
    「どちらから? 日本!それは素敵!!」
    「楽しんできてね!」
    と話しかけてくれました。
    このフランクさがシドニーの良いところだと
    思います。

    エントランスで入場券を渡そうとしたら、
    さっきチケットを購入したお姉さんで、
    「あら、また!」と喜びの余りハイタッチ。
    本当にフレンドリーで素敵な方でした。

    シドニーでのキーワードは「フランク」もしくは
    「フレンドリー」だと思いました。
    とても暖かいんですよ。

    (ただ、一方でアジア圏人種に対して
     非好意的な方々もいらっしゃったのも事実でしたが)

  • 500_47338052

    松毬魚です。

  • 500_47338055

    水族館の展示に関しては
    省いてドンドン進みます。
    (終わらなくなるので)

  • 500_47338057

    目玉の一つ、水中トンネルです。

  • 500_47338077

    そこで早速に遭遇しました。
    正解は「ジュゴン」でした。

  • 500_47338078

    かなり人懐っこいです。

  • 500_48662536

    こちらに気付いて近寄ってきました。

  • 500_47338082

    どんどん近寄ってきます。

  • 500_47338083

    大サービスです。
    ジュゴンまで、このフランクさ。
    これこそがシドニー。

  • 500_47338085

    ほんと、良く慣れています。

  • 500_47338086

    こちらがジュゴンやお魚の餌です。
    レタス?

  • 500_47338087

    係の方が降りられたら
    餌が貰えるのがわかる
    ようで近づいて来ていました。

  • 500_47338088

    お魚達も集まってきて食べていました。

  • 500_47338092

    シャープなフォルムの鮫。

  • 500_47338093

    ハタ?

  • 500_47338094

    大水槽はそれ程
    大きくはないかも知れません。

  • 500_47338130

    南の海の魚達。

  • 500_47338132

    EPSON 品川水族館みたいでした。

  • 500_47338136

    カモノハシはスルーしちゃった
    みたいです。

  • 500_47338138

    スーベニアショップには
    ぬいぐるみ達が一杯。

    お土産としては良いのですが、
    嵩張るのが難点です。

  • 500_47338141

    スーベニアショップを抜けたら
    軽食やアイスクリームのお店が
    ありました。

  • 500_47338142

    特にお腹が減っている
    訳ではなかったのですが、
    こちらで「行動食」を
    頂くことにしました。

  • 500_47338146

    オーダーはこちらのset。

  • 500_47338143

    さて、何にいたしましょうか?

    「この中から選んで」
    とのことでしたので、
    「パンでもOK?」と聞いたところ
    「OK!」と言う訳で何となく
    パンとコーヒーをオーダーしました。
    (サンドイッチもOKなのかは聞いていません)

  • 500_47338144

    で、その組み合わせがこちら。
    Cake & Reg.Coffee $7.90
    コーヒーが熱々。

    ・・・しかし、やっぱりケーキに
    すれば良かったです。

  • 500_47338147

    行動食も頂きましたので、
    それではそろそろ引き揚げます。

  • 500_47338148

    さらば、シドニー。

  • 500_47338149

    と言いましても、まずは市内まで
    歩きます。

  • 500_47338150

    こちらから階段をあがります。

  • 500_47338151

    階段を上がって行きましたら・・・。

  • 500_47338152

    この表示が眼に入りますから、
    矢印方向に進んで行きます。

  • 500_47338153

    歩道橋から眼下の道路を見下ろしたところです。

  • 500_47338154

    反対側はこのような景色。

  • 500_47338155

    日向は暑かった。

  • 500_47338156

    渡りきったら
    今度はスロープとなっていました。

  • 500_47338157

    街中へと戻ります。

  • 500_47338159

    バスに乗ろうかとも思いましたが、
    思い直しました。

  • 500_47338160

    最終日ではなかったなら、
    乗っていたと思います。

  • 500_47338170

    程なく到着。こちらでも、
    ジャカランダの花が綺麗でした。

  • 500_47338171

    地上から降ります。

  • 500_47338172

    駅に到着しました。

  • 500_47338173

    確認しながら進みます。

  • 500_47338174

    迷うことなく進んで行けました。

  • 500_47338175

    ここを下ってゆきました。

  • 500_47338176

    空港へと戻ります。

  • 500_47338177

    ここで少し時間を要しました。

  • 500_47338178

    来た時はもっと楽勝だったような。

  • 500_47338179

    それでも何とかなりました。

  • 500_47338183

    空港に着いたら向かった先は
    と言いますと。。。

  • 500_47338185

    こちらのカウンターです。

  • 500_47338186

    何処のアライアンスにも
    属していない独立系。

    特定の航空会社のファンでは
    無い、私の立ち位置みたいで
    親近感を覚えます。

  • 500_47338187

    気になるのですよねぇ。

  • 500_47338189

    そうこうしているうちに
    Check-in時刻が近づいてきました。

  • 500_47338190

    荷物を回収しなければ。

  • 500_47338191

    料金表です。

  • 500_47338193

    カウンターの準備は整っていました。

  • 500_47338194

    まだOPENまで少しあるのですけど、
    既に結構な列が出来ていました。

    年齢層的には若い方は“ほぼ”
    いらっしゃらない様子でしたが、
    これは、私が気付かなかった
    だけなのかも知れません。

  • 500_47338195

    何でこんなに並んでいるんだろう?
    と思いつつ、私も列に加わりました。
    この列だと私が1番若かったかも?

    私の前に並ばれていたのは、お見受け
    したところ、退職されたご主人&奥様の
    旅行三昧生活の方々でした。
    (会話で直ぐにわかりました)

    Check-inカウンターでのことなのですが、
    「最終日にはどちらへ?」など、
    受付業務以外のお話しを受付の方としました。
    他の空港では無かったことなので、私にとって
    とても新鮮でした。
    このフランクさがシドニーなんでしょう。

  • 500_47338196

    身構えていたのですが、
    出国時は全くスムースでした。

  • 500_47338255

    と言うことで、LOUNGEへと向かいます。

  • 500_47338257

    LOUNGEに向かう途中
    エミレーツ機を眺めます。
    これはやっぱり天の差配かなぁ。

  • 500_47338256

    何故、急ぎ足で
    LOUNGEへと向かったのかと
    言いますと、目的があったからです。

  • 500_47338259

    もう、急ぎ足でドンドンと
    矢印方向へと進んで行きます。

  • 500_47338261

    あと少しでLOUNGEに到着です。

    ここで最終的に両替が出来るようです。
    レートは確認していません、スミマセン。

  • 500_47338262

    エスカレーターかエレベーターで
    上階へと上がります。

  • 500_47338263

    エミレーツは自前の
    LOUNGEを構えているのですね。
    流石です。

  • 500_47338264

    急ぎ足で向かったその訳は
    ANA便の場合、シドニーでの
    LOUNGEインビテーションは
    AIR NEW ZEALAND lounge
    なのですが、その理由が
    知りたかったからなのです。

  • 500_47338265

    チャンギでは破格とも言える待遇
    なのにシドニーでは何故利用出来
    ないのが不思議に思えたものです
    から。

    早速に、カウンターで
    「こちらの利用はできますか?」
    と聞いてみたところ、
    受付の女性が「エアチャイナ?」
    と聞き返されたので「ANA」と
    答えましたら利用は出来ないとの
    こと。

    どうやら営業終了時刻の関係で、
    それ以降に搭乗開始となる便での
    利用は出来ないようでした。

    突っ込んだことをお伺いする訳にも
    ゆきませんので、そう言うことで
    この件は解決ということにいたします。

  • 500_47338266

    ANAのこの便だと
    AIR NEW ZEALAND lounge
    一択と言うことです。

  • 500_47338267

    LOUNGE内です。

  • 500_47338268

    ミールはこちら。

  • 500_47338269

    こんな感じに並んでいます。

  • 500_47338270

    こちらの冷蔵庫内には
    瓶ビールがありました。

  • 500_47338271

    夜間便には絶対に必要な
    シャワールーム。

  • 500_47338272

    空いているところをどうぞ、
    のスタイルでした。

    と言うことは、利用者が多い場合
    使用後の清掃等が不十分となる
    可能性が大。

  • 500_47338274

    ブースの数も結構ありましたが、
    この時間帯はANA便利用者が全て
    やって来るので、LOUNGEに入っ
    たら早めに利用しないといけないかも。

    混雑時に回避出来るLOUNGEがあるのか否か
    が知りたかったので、SILVER KRIS LOUNGE
    を訪れたのです。

  • 500_47338275

    シャワー&着替えを終え、
    おつまみとシャンパンを頂いて
    いましたら、搭乗時刻が近づいて
    きたようです。

  • 500_47338276

    また来たいです、シドニー。

  • 500_47338285

    ジュゴンかマナティかの決着もつき、
    フェリーに乗ってハーバーブリッジを
    間近に眺め、最後はANA便利用時の
    利用可能LOUNGEの確認もとれました。

    無計画な割に本日も充実の一日だった
    と言えると思います。

  • 500_47338286

    そして、エミレーツ。
    ボンヤリとしていた目標が
    形となってきた気がしました。

  • 500_47338287

    エミレーツの55番スポットを
    道すがら見学しつつ
    ANAの53番へと向かいます。

  • 500_47338288

    53番はすぐ近くです。

  • 500_47338289

    エミレーツの55番スポットで
    ユックリし過ぎたのか、既に
    搭乗が始まっていました。

  • 500_47338290

    驚いたことに、Diamondメンバーの
    優先搭乗ではおじさまが1名いらっ
    しゃっただけでした。これじゃあ
    出て行きにくいなぁ。

    Check-inカウンターで私の前に
    いらっしゃった奥様方は予想通り、
    ビジネス利用のノンホルダーの
    方々でした。
    何時もビジネス以上で旅行して
    いれば会員資格も大した意味を
    持たないというのも一理あると
    思います。

    Diamondメンバーの真価は
    Economyで発揮される。
    エコノミーでも最優先、
    このことが何より重要だ。
    と改めて感じた搭乗でした。

  • 500_47338291

    チラリと写ったこの尾翼。

  • 500_47338292

    いよいよ離陸です。
    本当に、さようならシドニー、です。

  • 500_47338299

    帰路では機内食を頂きました。

  • 500_47338300

    いつも通りの洋食です。
    1週間位なら和食から離れても
    私は全然平気なのです。

  • 500_47338341

    夜間・深夜の便は割安な価格設定で
    出やすいので、結構な回数搭乗して
    いるような気がします。

  • 500_47338344

    到着いたしました。

  • 500_47338345

    国内線乗り継ぎとなります。
    誰も居ないエスカレーターで
    上階へ向かいます。

  • 500_47338346

    流石にこちらには人影がチラホラと。
    そして向かった先は。

  • 500_47338347

    ・・・OPEN時刻よりも早すぎる到着でした。

    この後、このクローズ看板が仕舞われて
    OPENとなる一連の手順を見届けました。
    そっか、毎日こうやって朝早くからOPEN
    していたんだな、目の当たりに見て
    初めて知りました。

    入り口真正面で開くのを待っているのが
    何となく憚られたので、少し離れた所で
    待っていましたが正解だったと思います。

  • 500_47338348

    と言うことで、本日の1番乗りは私です。

  • 500_47338349

    何だか随分と特別な体験をしたような
    気がしました。

  • 500_47338352

    それでは、沖縄/那覇へと出発します。

  • 500_47338353

    いつもありがとうございます。
    (直ぐに戻って来ますが)行って参ります。

  • 500_47338355

    何時ものように離陸しました。

  • 500_47338360

    本日の朝のお弁当はこちらです。

  • 500_47338361

    今日も、空は青く雲は白かったです。

  • 500_47338362

    アッと言う間に到着いたしました。

  • 500_47338363

    着陸いたします。

  • 500_47338365

    到着しても空港外へは出ません。

  • 500_47338366

    と言うか、LOUNGEへ直行いたします。
    だって、直ぐに戻るのですから。

  • 500_47338367

    保安検査場では
    朝のスタッフミーティング中でした。

  • 500_47338368

    こんな時間に一体私は
    何をしているのだろうか?

  • 500_47338369

    疑問が氷解する間もなく離陸いたします。

  • 500_47338389

    何時ものように離陸、上昇。
    変わったことなど何も起こりません。
    このことが何より1番だ。

  • 500_47338390

    復路もやっぱり
    空は青く雲は白かった。

  • 500_47338391

    お昼というか、何と言うか。

  • 500_47338394

    帰りもアッと言う間でした。

  • 500_47338395

    定刻よりも10分早く到着いたしました。
    羽田国内線の最低乗り継ぎ時間は25分以上。

    定時着ならば搭乗便が遅れない限り間に合わ
    ないのですが、この10分をプラスすれば
    手持ちの乗り継ぎ時間は20分。
    これだと1便前倒しが出来るかも。

  • 500_47338396

    国内線乗り継ぎから直接搭乗口へと向います。
    当然ですが走ります。走らなければ間に合わない。
    (カートが待機しているようなは身分ではないので)

    搭乗口カウンターがクローズする直前に到着。
    急ぎ手続きをしていただき、最後の最後、本当に
    一番最後に搭乗しました。そして、ドアクローズ。
    私が着席したら、間髪入れずに滑走路へ。

  • 500_47338397

    何とか搭乗出来て一安心です。
    長かった旅もこれがラストフライト。

  • 500_47338398

    この雲を抜けたら、もう少しだ。

    ここで何故1便、急遽前倒したのかについて。
    「予感がした」これだけです。
    何の根拠もありませんが、羽田着陸間際に
    唐突に1便前倒すべし、と閃いたのです。

    当初予約していた便でも通常ならば問題は
    ありません。しかし、遅延すれば。。。
    この予感は当たり、搭乗予定便は当初の
    アナウンスでは25分遅れ。実際の到着は
    更に20分強ほど遅れたそうです。

    やっぱりね。私の予感は当たるのだ。

  • 500_47338399

    それはともかく、今回の旅程ですが、
    これまでにもThailandからセントレアに
    帰着して、それから国内を縦断した後に
    ホーム空港へ帰着した、という経験がある
    ので、特別なフライトだったという訳では
    ありません。しかし、何だか随分と長い旅
    だったように感じました。

  • 500_47338401

    最後の最後にドラマをつくりながらも
    無事に着陸、ホーム空港に帰還いた
    しました。

    長かったような、短かったような
    不思議な旅が終わりました。

    しかし、1番時間を要したのは
    全4編のこの旅行記を仕上げること
    だったと思います。

    もし全編を読んでいただけた方が
    いらっしゃったのならば、
    心より感謝を申し上げたいと思います。

  • 500_47338402

    お土産に持ち帰ったのは「TimTam」

    お味は何をチョイスするのか人それ
    ぞれですが、私には何の変哲も無い
    「TimTam」が不滅の定番なのです。
    飽きないし。

    価格的には、空港が最も高く、
    市内の商店がその次。
    1番お安く購入することが出来たのは
    スーパーでした。

    これでシドニー旅行記全編を終わります。
    特にこのFinalは写真223枚で読み難かった
    と思っております。重ね感謝申し上げます。

    -End-

シドニー人気旅行記ランキング452位(2178件中)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

オーストラリア旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら600円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

Wi-Fiについてもっと見る

フォートラベル GLOBAL WiFi

内容が近い旅行記

このエリアの旅行記一覧へ

このエリアのホテル

シドニー ホテル一覧へ

H"(エッジ)さん

H"(エッジ)さん 写真

海外4カ国渡航

国内10都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

Pickup!! フォートラベルからのおすすめ情報