与那国島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2月。初めての与那国は、崎原旅館に滞在。<br /><br />女将さんは、注文して届いたばかりの本も、「読んでください。」と。<br />スタッフのSさんは、お仕事休憩時、「是非会わせたい人がいます。一緒にいきませんか。」と、誘ってくださった。<br /><br />会いたい人がいる。会いたい店がある祖納に、生活バスに乗って出かけた。

生活バスに乗って祖納(そない)に通う

36いいね!

2022/08/24 - 2022/08/27

94位(同エリア469件中)

2

37

mom K

mom Kさん

2月。初めての与那国は、崎原旅館に滞在。

女将さんは、注文して届いたばかりの本も、「読んでください。」と。
スタッフのSさんは、お仕事休憩時、「是非会わせたい人がいます。一緒にいきませんか。」と、誘ってくださった。

会いたい人がいる。会いたい店がある祖納に、生活バスに乗って出かけた。

旅行の満足度
5.0
グルメ
5.0
交通
4.0
交通手段
高速・路線バス JALグループ JR特急 JRローカル 私鉄 徒歩 Peach

PR

  • 与那国4日目。ようやく祖納に遊びに行く。<br />

    与那国4日目。ようやく祖納に遊びに行く。

  • 9時のバスは、乗客あり。

    9時のバスは、乗客あり。

  • 本土から本職に応募して移住の運転手さん。彼の手書きの地図。2月時、見入っていたら、教えてくださった。乗客は、ずっと私一人だったからかもしれない。

    本土から本職に応募して移住の運転手さん。彼の手書きの地図。2月時、見入っていたら、教えてくださった。乗客は、ずっと私一人だったからかもしれない。

  • この石垣は、イニシュモア島。<br />こんなに離れていてもこの色、石の形状に積み方も同じ。

    この石垣は、イニシュモア島。
    こんなに離れていてもこの色、石の形状に積み方も同じ。

  • ダンヌ浜通過。ここで乗り降りする人に、まだ出会ったことがない。毎回、バスは律儀に止まる。

    ダンヌ浜通過。ここで乗り降りする人に、まだ出会ったことがない。毎回、バスは律儀に止まる。

  • ここが祖納集落の一方の入り口で、前原商店に近い。

    ここが祖納集落の一方の入り口で、前原商店に近い。

  • 真っ先にむかったお気に入り。あのクッキーは、無く、ここでだけ入手できる「沖縄タイムス」に、もちろんお土産の泡盛、黒瓶を購入。<br /><br />次は、崎原旅館に挨拶。Sさんは、西表島の宿に移ったという。女将さんは、全くお変わりなく<br />お元気そう。明日からお客さんはなく、閉めるところと。<br />町のその後のニュースをわずかの間に話してくださる。

    真っ先にむかったお気に入り。あのクッキーは、無く、ここでだけ入手できる「沖縄タイムス」に、もちろんお土産の泡盛、黒瓶を購入。

    次は、崎原旅館に挨拶。Sさんは、西表島の宿に移ったという。女将さんは、全くお変わりなく
    お元気そう。明日からお客さんはなく、閉めるところと。
    町のその後のニュースをわずかの間に話してくださる。

  • 入福旅館。女将さんはもどられ、旅館を再開されたのだろうか。<br />玄関まわりは、整えられ、料亭感漂う。

    入福旅館。女将さんはもどられ、旅館を再開されたのだろうか。
    玄関まわりは、整えられ、料亭感漂う。

  • おじいさんが悠々運転し、店先にゆうゆう止めて入店。<br />全身銀色の塗装。大道芸人ぽい三輪車。注目。

    おじいさんが悠々運転し、店先にゆうゆう止めて入店。
    全身銀色の塗装。大道芸人ぽい三輪車。注目。

  • あの時は、Sさんに付いて歩き、あっちに寄りこっちに入りで、おおよその場所しか覚えていない。<br />途中の店で買い物をしてたずねる。<br />そのとき、「今は閉まっています」と知った。

    あの時は、Sさんに付いて歩き、あっちに寄りこっちに入りで、おおよその場所しか覚えていない。
    途中の店で買い物をしてたずねる。
    そのとき、「今は閉まっています」と知った。

  • 館の前のベンチは、塗りたてのようにピカピカ。

    館の前のベンチは、塗りたてのようにピカピカ。

  • 前の店舗建物は、初めての訪問。「バンティカリ倶楽部」<br />地産のものしか扱わない。<br />崎原旅館女将は、「利益度外視経営」と笑っていた。<br />あの本を発見。願いの強さよ。あれもこれもと手に取る。<br />冷蔵庫にシュークリーム。その下にコーヒー缶。両方を手にして、再度お勘定。<br />「コーヒーは、地産じゃないから売らない。お金いらない。飲んで。」<br /><br />三人のナイスガイのゆんたくに仲間入り。<br />2月のお礼も伝えられた。

    前の店舗建物は、初めての訪問。「バンティカリ倶楽部」
    地産のものしか扱わない。
    崎原旅館女将は、「利益度外視経営」と笑っていた。
    あの本を発見。願いの強さよ。あれもこれもと手に取る。
    冷蔵庫にシュークリーム。その下にコーヒー缶。両方を手にして、再度お勘定。
    「コーヒーは、地産じゃないから売らない。お金いらない。飲んで。」

    三人のナイスガイのゆんたくに仲間入り。
    2月のお礼も伝えられた。

  • 帰りのバスには、来るとき見かけた少年が、与小前から乗車。目が合った。<br />彼が座っていたところに私が座っていたので、替わる。<br />「君の定位置なのね。」「うん。」<br />彼は、比川で挨拶して降りて行った。

    帰りのバスには、来るとき見かけた少年が、与小前から乗車。目が合った。
    彼が座っていたところに私が座っていたので、替わる。
    「君の定位置なのね。」「うん。」
    彼は、比川で挨拶して降りて行った。

  • 島一周遠泳を試みた人がいたらしいが、<br />黒潮の「流れがとまることがないから」できなかったと、<br />伴走船で見守ったIさんの言。

    島一周遠泳を試みた人がいたらしいが、
    黒潮の「流れがとまることがないから」できなかったと、
    伴走船で見守ったIさんの言。

  • 野生の与那国馬と思ったら、馬肉用で飼育していた人が、できない事情が起こり、<br />置き去りにしていったという。確かに与那国馬より身体は大きいように思うし、<br />肉付きが違う。頭数は、少なくない。

    野生の与那国馬と思ったら、馬肉用で飼育していた人が、できない事情が起こり、
    置き去りにしていったという。確かに与那国馬より身体は大きいように思うし、
    肉付きが違う。頭数は、少なくない。

  • 彼らが歩いている道路には柵があり、地図にはテキサスゲートの文字もある。

    彼らが歩いている道路には柵があり、地図にはテキサスゲートの文字もある。

  • お昼のバスで戻ってくる。暑い。お昼寝、お昼寝。

    お昼のバスで戻ってくる。暑い。お昼寝、お昼寝。

  • 二日後、コーヒー缶と泡盛を下げて、あの場所へ。<br />今日のお店番は、元棟梁おひとり。二人でゆんたく、大いに<br />盛り上がり、あっという間のお昼。<br />再会を約束する。<br />明日明後日の土日はお休みだったと知り、今日出かけてきてよかったと<br />心底安堵。<br />

    二日後、コーヒー缶と泡盛を下げて、あの場所へ。
    今日のお店番は、元棟梁おひとり。二人でゆんたく、大いに
    盛り上がり、あっという間のお昼。
    再会を約束する。
    明日明後日の土日はお休みだったと知り、今日出かけてきてよかったと
    心底安堵。

  • 誰も歩いていない。大体この時間帯は、どの島もこんな感じ。

    誰も歩いていない。大体この時間帯は、どの島もこんな感じ。

  • 初めまして。この通りは、2月に歩かなかったかしら。

    初めまして。この通りは、2月に歩かなかったかしら。

  • 前回閉まっていて、買えなかったパン屋さんへ。

    前回閉まっていて、買えなかったパン屋さんへ。

  • ここも私一人。

    ここも私一人。

  • 外からは想像もつかなかった店内。

    外からは想像もつかなかった店内。

  • 2階の回廊もいいなあ。

    2階の回廊もいいなあ。

  • 長命草のスムージーでクールダウン。<br />一番人気らしいハンマーヘッドシャークの形をしたチョコレートパン。

    長命草のスムージーでクールダウン。
    一番人気らしいハンマーヘッドシャークの形をしたチョコレートパン。

  • トイレ表示。

    トイレ表示。

  • 大黒柱の模様

    大黒柱の模様

  • ご機嫌、ご機嫌、暑さもなんのその。

    ご機嫌、ご機嫌、暑さもなんのその。

  • 午後1時を過ぎたばかり。今日の帰りは、与小前から乗客私一人。ずっと私だけだった。

    午後1時を過ぎたばかり。今日の帰りは、与小前から乗客私一人。ずっと私だけだった。

  • 小学校の校庭は広い。あ、こちらは中学校かもしれないけれど、どちらも同じぐらい広く形も似ている。

    小学校の校庭は広い。あ、こちらは中学校かもしれないけれど、どちらも同じぐらい広く形も似ている。

  • 最後の夜は、旅の打ち上げ。どうぐいわりに7時半の予約。<br /><br />お宿の門をでれば、バス停。久部良は、三か所に停留所。<br />夜もこのあと2便もあり。<br />運転手さんに今日も運行あるのか事前に尋ねておいた。

    最後の夜は、旅の打ち上げ。どうぐいわりに7時半の予約。

    お宿の門をでれば、バス停。久部良は、三か所に停留所。
    夜もこのあと2便もあり。
    運転手さんに今日も運行あるのか事前に尋ねておいた。

  • 比川の共同売店には、今回訪れることができなかった。<br />車窓から恨めしく、眺める午後7時すぎ。

    比川の共同売店には、今回訪れることができなかった。
    車窓から恨めしく、眺める午後7時すぎ。

  • 与那国小学校に着いた時にはすっかり暗くなっていた。<br />角を曲がれば、お店の明かりが目に入る。<br />前回崎原旅館の夕食がない日に、女将さんが予約してくれたから、<br />知ることができた。

    与那国小学校に着いた時にはすっかり暗くなっていた。
    角を曲がれば、お店の明かりが目に入る。
    前回崎原旅館の夕食がない日に、女将さんが予約してくれたから、
    知ることができた。

  • 鉄鍋ぎょうざで、グラス生ビール。

    鉄鍋ぎょうざで、グラス生ビール。

  • かにみそきゅうりは、みそのほうが多くて、たっぷりディップしても残ってしまった。<br />前回、海鮮チャーハン。今回ネギ豚チャーハン。2人前はあります。<br />前回も多くて、「ハーフもありますからね。」と、お勘定の時言ってもらったことを<br />後で思い出す。

    かにみそきゅうりは、みそのほうが多くて、たっぷりディップしても残ってしまった。
    前回、海鮮チャーハン。今回ネギ豚チャーハン。2人前はあります。
    前回も多くて、「ハーフもありますからね。」と、お勘定の時言ってもらったことを
    後で思い出す。

  • ”どうぐいわり”を出て、バスの時刻まで1時間余。<br />楽しい時を過ごさせてもらった4人組のゆんたく場所に向かう。「氷」の暖簾に「コーヒー」の看板居酒屋の前を通る。明かりが点いている。<br />そうっと扉を開ければ、店主と目が合った。<br />「氷できますか。」<br />「はい」<br />カプチーノもできるという。暑い南の島の珈琲。最後の夜にピッタリのカウンター席。<br />与那国の泡盛三種についてたずねてみた。<br />すると、店主、この瓶を取り出して、「軽くて、飲みやすいと評判がいいんです。試してください。」と、ショットグラスについでくれる。すかさず、キンキンのお水グラスを添えて。<br />利尻の水で与那国で造る泡盛。はじめまして「波声」<br />ああ、優しいお味。<br />2か月前に利尻を旅していたとは言えなかった。<br /><br />バスの時間が迫り、お勘定すると、氷と珈琲代金の700円だった。<br />ショットグラスは留萌の新見商店で見たものにそっくり。<br />「いいグラスですね。」と思わず言うと、彼、「古いと思います。」<br /><br />Cafe&amp;Bar  はいなーぐ

    ”どうぐいわり”を出て、バスの時刻まで1時間余。
    楽しい時を過ごさせてもらった4人組のゆんたく場所に向かう。「氷」の暖簾に「コーヒー」の看板居酒屋の前を通る。明かりが点いている。
    そうっと扉を開ければ、店主と目が合った。
    「氷できますか。」
    「はい」
    カプチーノもできるという。暑い南の島の珈琲。最後の夜にピッタリのカウンター席。
    与那国の泡盛三種についてたずねてみた。
    すると、店主、この瓶を取り出して、「軽くて、飲みやすいと評判がいいんです。試してください。」と、ショットグラスについでくれる。すかさず、キンキンのお水グラスを添えて。
    利尻の水で与那国で造る泡盛。はじめまして「波声」
    ああ、優しいお味。
    2か月前に利尻を旅していたとは言えなかった。

    バスの時間が迫り、お勘定すると、氷と珈琲代金の700円だった。
    ショットグラスは留萌の新見商店で見たものにそっくり。
    「いいグラスですね。」と思わず言うと、彼、「古いと思います。」

    Cafe&Bar はいなーぐ

  • 帰りは、午後9時2分発役場前から乗車。<br />定刻にバスがやってきた。<br />私たちだけを乗せて久部良へ。<br />今夜は、お月さまは、いない。

    帰りは、午後9時2分発役場前から乗車。
    定刻にバスがやってきた。
    私たちだけを乗せて久部良へ。
    今夜は、お月さまは、いない。

36いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • thanyaさん 2022/09/23 10:28:21
    与那国、拝読しました!
    なんと、なんと、これが与那国なのですなね〝たび〟と言うのふさわしいです。流れる空気が違います。 
    じっくりと読み、私もmom Kさんと一緒にバスにのりパンを食べて一日を過ごしたような気がしました。ありがとうございました。 

    mom K

    mom Kさん からの返信 2022/09/27 21:06:45
    Re: 与那国、拝読しました!
    私も自分の日記を読み返すたびに、あの場所に連れて行ってもらっています。ぜひthanyaさんもお出かけください。与那国のことを書かれている本を読んで訪れると、しみじみします。崎原旅館の女将さんが手渡してくださったものは、昔読んでいたのですが、当地で再読すると、風景の中に歴史が見えて来るようでした。この旅館の蔵書は、魅力的でしたよ。

mom Kさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

与那国島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集