利尻島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
表題は、沓形バスターミナル待合室のポスターから拝借しました。<br />利尻富士町と利尻町が作成。(島は二つの町で成り立っていることを知る)<br /><br />島内バス一日券で歩き回ることをはじめたばかり。<br />嬉しい驚きの納得。<br />このフレーズを何度も心に浮かばせての利尻旅になった。

時間を歩く島。利尻島

62いいね!

2021/07/26 - 2021/07/28

22位(同エリア415件中)

8

106

mom Kazuko

mom Kazuko さん

表題は、沓形バスターミナル待合室のポスターから拝借しました。
利尻富士町と利尻町が作成。(島は二つの町で成り立っていることを知る)

島内バス一日券で歩き回ることをはじめたばかり。
嬉しい驚きの納得。
このフレーズを何度も心に浮かばせての利尻旅になった。

PR

  • 新千歳空港の掲示板

    新千歳空港の掲示板

  • 札幌発12:50-利尻着13:40<br />ANA738便への荷物預け<br />国内便での初めてに戸惑う<br />NZを思い出す。<br />もう4年ですかあ・・・。

    札幌発12:50-利尻着13:40
    ANA738便への荷物預け
    国内便での初めてに戸惑う
    NZを思い出す。
    もう4年ですかあ・・・。

  • さて2時間余りの自由時間。昨秋知って以来、<br />この時間空港探索を楽しみにしてきた。<br />ちょっと違うぞ他の国内空港と・・・<br />地下階でのJRスイカチャージの戻り、中2階あたりで本屋さん発見!<br />印鑑あり、文房具あり、バッグありの町の本屋さん風でうれしくなる。

    さて2時間余りの自由時間。昨秋知って以来、
    この時間空港探索を楽しみにしてきた。
    ちょっと違うぞ他の国内空港と・・・
    地下階でのJRスイカチャージの戻り、中2階あたりで本屋さん発見!
    印鑑あり、文房具あり、バッグありの町の本屋さん風でうれしくなる。

  • 3階へ。<br />「おなかは一つ、お腹は一つ」と唱えながら、あれもいいなあ、<br />これも食べてみたいなあ。<br /><br />ラーメンという気分でもお腹でもないけれど・・。

    3階へ。
    「おなかは一つ、お腹は一つ」と唱えながら、あれもいいなあ、
    これも食べてみたいなあ。

    ラーメンという気分でもお腹でもないけれど・・。

  • 北海道は、ほんとにラーメンの地なんですねえ。<br />子どものころ、わがふるさとにはラーメン屋さんは、なかった記憶。<br />ラーメンは食堂のメニューの一品。高校受験のとき、<br />一度母が夜鳴きそば(ラーメン)を買ってくれたっけ。夜更けにチャルメラの音、机で食べたラーメン・・・。<br /><br />ラーメンの本場=九州とばかり思っていた私。<br />今でもラーメンの町は、博多に、久留米、京都と認識しておりますが。<br />ラーメンの進化、発展とどまることがない我が国。

    北海道は、ほんとにラーメンの地なんですねえ。
    子どものころ、わがふるさとにはラーメン屋さんは、なかった記憶。
    ラーメンは食堂のメニューの一品。高校受験のとき、
    一度母が夜鳴きそば(ラーメン)を買ってくれたっけ。夜更けにチャルメラの音、机で食べたラーメン・・・。

    ラーメンの本場=九州とばかり思っていた私。
    今でもラーメンの町は、博多に、久留米、京都と認識しておりますが。
    ラーメンの進化、発展とどまることがない我が国。

  • 弟子屈ラーメンコーナーで止まる。小がある。<br />「魚介」に魅かれた。

    弟子屈ラーメンコーナーで止まる。小がある。
    「魚介」に魅かれた。

  • これで小さいの?<br />一口食べて、大正解。<br />ああああ、あの門前ペナンラクサを思い出させてくれます。<br />このとろとろにしっかり焼き魚介出汁味。

    これで小さいの?
    一口食べて、大正解。
    ああああ、あの門前ペナンラクサを思い出させてくれます。
    このとろとろにしっかり焼き魚介出汁味。

  • 非常食調達。キッチン&ドミトリー宿泊だから尚更。<br />アスパラ味に決まり。

    非常食調達。キッチン&ドミトリー宿泊だから尚更。
    アスパラ味に決まり。

  • 帰り便で持ち帰りも決めておこう。<br /><br />これは、UKで開眼した大好物。<br />外せない。

    帰り便で持ち帰りも決めておこう。

    これは、UKで開眼した大好物。
    外せない。

  • おおおお、ハラスのスモークなんて最高!

    おおおお、ハラスのスモークなんて最高!

  • 渋いなあ。これは初体験になります。

    渋いなあ。これは初体験になります。

  • 利尻便への搭乗。

    利尻便への搭乗。

  • 乗客安全情報ビデオは、歌舞伎役者さんが三人で役割分担説明。<br />シートベルトを締める仕草、かがむ動作、何だかお芝居の所作。<br />目が離せない。<br />他の便でもあるのだろうか。久しぶりのANA便。

    乗客安全情報ビデオは、歌舞伎役者さんが三人で役割分担説明。
    シートベルトを締める仕草、かがむ動作、何だかお芝居の所作。
    目が離せない。
    他の便でもあるのだろうか。久しぶりのANA便。

  • <br />北の大地は、ちがう。


    北の大地は、ちがう。

  • 畑のひと区分が広い。<br />田んぼは・・・・見えない。

    畑のひと区分が広い。
    田んぼは・・・・見えない。

  • ずーーと人家が目につかない。

    ずーーと人家が目につかない。

  • 利尻島上空。<br />(後で気づく。まっすぐ道路。手前左グレーの屋根の建物が私のお宿)

    利尻島上空。
    (後で気づく。まっすぐ道路。手前左グレーの屋根の建物が私のお宿)

  • 難なく、あっという間の到着。

    難なく、あっという間の到着。

  • タラップが近づいてきます。

    タラップが近づいてきます。

  • 最後に振り返って、カメラを取りだしたら、<br />「お撮りしましょうか。」と乗務員の方が声をかけてくださった。<br />「ありがとうございます。いいえ、あなたを撮っていいですか。」と返事をしたら、快諾。<br />利尻のスタートが一層にこにこ。

    最後に振り返って、カメラを取りだしたら、
    「お撮りしましょうか。」と乗務員の方が声をかけてくださった。
    「ありがとうございます。いいえ、あなたを撮っていいですか。」と返事をしたら、快諾。
    利尻のスタートが一層にこにこ。

  • 高校生のときだったかなあ。YH周りを始めたころ、「礼文、利尻」という<br />地名が心に入った。<br />長くあこがれていた地に立った。タラップを降りて、その歴史的瞬間ショット。

    高校生のときだったかなあ。YH周りを始めたころ、「礼文、利尻」という
    地名が心に入った。
    長くあこがれていた地に立った。タラップを降りて、その歴史的瞬間ショット。

  • ターンテーブルの前のビデオがまたナイス。利尻昆布の説明と、<br />その長さが、ソーシャルディスタンスと、よーく分かりました。

    ターンテーブルの前のビデオがまたナイス。利尻昆布の説明と、
    その長さが、ソーシャルディスタンスと、よーく分かりました。

    利尻空港 空港

  • お迎え!<br />お泊りがホテルならいざ知らず、ゲストハウスの上、<br />チェックインタイムより前なのに。<br />感激。<br />「写真撮らせてもらっていいですか。」と断ったら、<br />もう一度お迎えポーズをしてくださいました。

    お迎え!
    お泊りがホテルならいざ知らず、ゲストハウスの上、
    チェックインタイムより前なのに。
    感激。
    「写真撮らせてもらっていいですか。」と断ったら、
    もう一度お迎えポーズをしてくださいました。

  • 広い。<br />食堂兼サロン。<br />誰もいない時間帯。

    広い。
    食堂兼サロン。
    誰もいない時間帯。

  • 最近は、現地で予定を立てることが多くなった。<br />当地、当宿で手に入ったパンフレット類に目を通し、作戦タイム。

    最近は、現地で予定を立てることが多くなった。
    当地、当宿で手に入ったパンフレット類に目を通し、作戦タイム。

  • 近くに夕日の名所があると知り、お散歩。<br />お宿玄関は南向き。

    近くに夕日の名所があると知り、お散歩。
    お宿玄関は南向き。

  • 前の道路を港の方に向かって、100メートルほど歩く。<br />

    前の道路を港の方に向かって、100メートルほど歩く。

    夕日ヶ丘展望台 名所・史跡

  • 整備されています。<br />ギンギン日差しもようやく陰りはじめ、<br />心地よい海風を感じて、たちどまっては振り返る急階段。

    整備されています。
    ギンギン日差しもようやく陰りはじめ、
    心地よい海風を感じて、たちどまっては振り返る急階段。

  • 利尻富士 左手ペシ岬。こちら側からだと全くゴリラに見えない不思議。

    利尻富士 左手ペシ岬。こちら側からだと全くゴリラに見えない不思議。

  • あそこがてっぺん。

    あそこがてっぺん。

  • 私には、山は眺めるもの。

    私には、山は眺めるもの。

  • 鷲泊港を望む。

    鷲泊港を望む。

  • 港周辺が町らしい。

    港周辺が町らしい。

  • 夕日タイム<br />「来れたね。やっとこれたね。長かったね。」10代の私にささやく。

    夕日タイム
    「来れたね。やっとこれたね。長かったね。」10代の私にささやく。

  • 夕日を眺めながら、降り始めます。

    夕日を眺めながら、降り始めます。

  • あのあたりが飛行場の方かなあ。

    あのあたりが飛行場の方かなあ。

  • 映画「バグダッドカフェ」を思い出して、またご機嫌。

    映画「バグダッドカフェ」を思い出して、またご機嫌。

  • 翌朝、お二人の登山者を麓まで送るというので、同乗させてもらった。<br />「(利尻富士)見えませんよ。」とお宿のスタッフに言われていたけど、<br />かすかに頂上が望めました。<br />朝6時。

    翌朝、お二人の登山者を麓まで送るというので、同乗させてもらった。
    「(利尻富士)見えませんよ。」とお宿のスタッフに言われていたけど、
    かすかに頂上が望めました。
    朝6時。

  • 皆さん続々と到着。登山開始。60代以上の方しか見えませんが。<br />この年代の旅熱、健脚、余暇時間の豊かさ実感。<br />昨夕「13時間かかりましたあ。」と年配者登山グループのお帰りの玄関。

    皆さん続々と到着。登山開始。60代以上の方しか見えませんが。
    この年代の旅熱、健脚、余暇時間の豊かさ実感。
    昨夕「13時間かかりましたあ。」と年配者登山グループのお帰りの玄関。

  • 帰りの車はもちろん私一人。早朝観光ありがとうございます。<br /><br />朝食のトーストが準備されていた。<br /><br />3時に目が覚め、お茶だけでお勉強(本棚から山野井夫妻についての<br />沢木耕太郎氏のノンフィクション拝借)だったので、お腹はペコペコ。<br />

    帰りの車はもちろん私一人。早朝観光ありがとうございます。

    朝食のトーストが準備されていた。

    3時に目が覚め、お茶だけでお勉強(本棚から山野井夫妻についての
    沢木耕太郎氏のノンフィクション拝借)だったので、お腹はペコペコ。

  • 私、一人。

    私、一人。

  • 窓から夕日の丘が左手に見えます。バターなし、ジャム二種よりストロベリーを。

    窓から夕日の丘が左手に見えます。バターなし、ジャム二種よりストロベリーを。

  • 7時5分始発のバスで島内巡り開始。<br />8時までなら、昆布を干す作業がみられると昨夜のお話で。<br />バス一日券2000円は、運転手さんから購入。

    7時5分始発のバスで島内巡り開始。
    8時までなら、昆布を干す作業がみられると昨夜のお話で。
    バス一日券2000円は、運転手さんから購入。

  • 一旦、鷲泊のフエリーターミナルでパンフレットを手に入れて、逆回りのバスを<br />運よくつかまえ、最初の目的地「沓形」に向かう。<br />窓から昆布を干す作業を見ることができた。この辺りが最も盛んなようだ。<br />男の人も女の人もお日様との競争。半日足らずの天日干しで完成とか。<br /><br />バスターミナルから人家の多いほうに歩きだす。

    一旦、鷲泊のフエリーターミナルでパンフレットを手に入れて、逆回りのバスを
    運よくつかまえ、最初の目的地「沓形」に向かう。
    窓から昆布を干す作業を見ることができた。この辺りが最も盛んなようだ。
    男の人も女の人もお日様との競争。半日足らずの天日干しで完成とか。

    バスターミナルから人家の多いほうに歩きだす。

  • 曲がり角で左手向こうに見えたお店。行ってみよう。<br />「米田商店」

    曲がり角で左手向こうに見えたお店。行ってみよう。
    「米田商店」

  • お・い・し・そ・うーーーーー

    お・い・し・そ・うーーーーー

  • これは、お宿のキッチンで。

    これは、お宿のキッチンで。

  • この町を目指したのは、島で一番古い建物がみられると、予習パンフレットで<br />知りえたから。<br />沓形がなんだか島で一番の街並み集落のように地図から読み取れたから。

    この町を目指したのは、島で一番古い建物がみられると、予習パンフレットで
    知りえたから。
    沓形がなんだか島で一番の街並み集落のように地図から読み取れたから。

  • なのに、本日休み。火曜日でしたかあ。

    なのに、本日休み。火曜日でしたかあ。

  • 残念。名残惜しくて振り返る。お隣の窓の良さに気づく。<br />次は沓形港を目指す。

    残念。名残惜しくて振り返る。お隣の窓の良さに気づく。
    次は沓形港を目指す。

  • 強い油のにおいが漂ってきた。ずんずん近づく。<br /><br />「何をいれてるんですかあーーー」作業を終わるなり、声を掛けたら、<br />「重油だようーーー」<br /><br />動いている人に会わないから、なんでも目に留まる。

    強い油のにおいが漂ってきた。ずんずん近づく。

    「何をいれてるんですかあーーー」作業を終わるなり、声を掛けたら、
    「重油だようーーー」

    動いている人に会わないから、なんでも目に留まる。

  • 沓形港に着きました。ここからの利尻山は凛々しいなあ。

    沓形港に着きました。ここからの利尻山は凛々しいなあ。

  • フエリーターミナル、コロナ禍の休館?<br />(夏だけの礼文ー利尻間のフエリーが着くときだけ開くと、あとで知る)

    フエリーターミナル、コロナ禍の休館?
    (夏だけの礼文ー利尻間のフエリーが着くときだけ開くと、あとで知る)

    沓形港フェリーターミナル 乗り物

  • ここには漁船停泊多い。

    ここには漁船停泊多い。

  • 船体にそれぞれ、ホタテ、カニ、イカと明記。

    船体にそれぞれ、ホタテ、カニ、イカと明記。

  • 「天神」<br />心意気の感じる船名は、イカ釣り船か。<br />ランプも甲板もよく手入れされている。

    「天神」
    心意気の感じる船名は、イカ釣り船か。
    ランプも甲板もよく手入れされている。

  • ぐるりと歩いてみれば、<br />人っ子一人見ないと思った港にここが。<br />わくわく。

    ぐるりと歩いてみれば、
    人っ子一人見ないと思った港にここが。
    わくわく。

  • 暖かい靴敷が、夏でもたくさん陳列。<br />船の、浜の作業を思う。

    暖かい靴敷が、夏でもたくさん陳列。
    船の、浜の作業を思う。

  • 昆布の作業用と書かれていた。長靴の上からさらに履く?<br />大きい、ワンサイズ。

    昆布の作業用と書かれていた。長靴の上からさらに履く?
    大きい、ワンサイズ。

  • 町中に戻る。<br />うれしい。<br />本屋さん。<br />(結局、この後鷲泊でも他のどこでも本屋さんは見かけなかった)<br />応援しています。<br /><br />ここがやはり、島で一番の中心地だったということかもしれない。<br />あちこちのバーの看板が、港町風情。

    町中に戻る。
    うれしい。
    本屋さん。
    (結局、この後鷲泊でも他のどこでも本屋さんは見かけなかった)
    応援しています。

    ここがやはり、島で一番の中心地だったということかもしれない。
    あちこちのバーの看板が、港町風情。

  • とうとうお目当て「港町の喫茶店」も見つけることができなかった。<br />店構えに妥協してのお店も開いていなかった。日差しだけがあふれるほど。<br />港漁協でみつけたソルビット添加物なしのお菓子とバスターミナルのSEICOマートで購入した練乳入りコーヒーが北海道ぽいと。<br />おいしいぞ。この「プチ鉱泉」(かしわ堂)<br />漁師さんのお気に入りおやつかもしれないなあ。<br />(このあとの旅中探してみたが、どの町、お店の菓子棚にも見つからなかった。)

    とうとうお目当て「港町の喫茶店」も見つけることができなかった。
    店構えに妥協してのお店も開いていなかった。日差しだけがあふれるほど。
    港漁協でみつけたソルビット添加物なしのお菓子とバスターミナルのSEICOマートで購入した練乳入りコーヒーが北海道ぽいと。
    おいしいぞ。この「プチ鉱泉」(かしわ堂)
    漁師さんのお気に入りおやつかもしれないなあ。
    (このあとの旅中探してみたが、どの町、お店の菓子棚にも見つからなかった。)

  • 初めて目にする、ここでは雑草なみに咲いている花。

    初めて目にする、ここでは雑草なみに咲いている花。

  • 住んでいるお人の気配なしなのに、横の窓ガラスもピカピカ。

    住んでいるお人の気配なしなのに、横の窓ガラスもピカピカ。

  • 日差しの強さと暑さが増してくる時刻。<br />バスターミナル待合室へ避難。しかし、ここは冷房無し。温室状態で一層暑い。<br />この時、眺めまわして、表題ポスター発見。<br /><br />結局、このポスターはこのあと探しても目にしなかった。<br />数年前のだろうか。いいのになあ。<br />このキャッチフレーズ。

    日差しの強さと暑さが増してくる時刻。
    バスターミナル待合室へ避難。しかし、ここは冷房無し。温室状態で一層暑い。
    この時、眺めまわして、表題ポスター発見。

    結局、このポスターはこのあと探しても目にしなかった。
    数年前のだろうか。いいのになあ。
    このキャッチフレーズ。

  • 2時間の散策終わり。<br />次のバス到着。<br />オタトマリ沼へは「沼浦」というバス停とターミナルで教えてもらう。

    2時間の散策終わり。
    次のバス到着。
    オタトマリ沼へは「沼浦」というバス停とターミナルで教えてもらう。

  • なのに、早朝目覚めとエアコンでついうとうと。<br />乗り過ごしてしまった。<br />慌ててブザーを押して、下車。「鬼脇」<br />(結果的にこれが怪我の功名。逆向き利用だと時間ロスなしだった。)<br /><br />バス時刻確かめ、何かないかなあと歩き始める。<br />長生堂さん!<br />なんかパンフレット予習で見たような名前。

    なのに、早朝目覚めとエアコンでついうとうと。
    乗り過ごしてしまった。
    慌ててブザーを押して、下車。「鬼脇」
    (結果的にこれが怪我の功名。逆向き利用だと時間ロスなしだった。)

    バス時刻確かめ、何かないかなあと歩き始める。
    長生堂さん!
    なんかパンフレット予習で見たような名前。

    長生堂寺嶋菓子舗 グルメ・レストラン

  • モンブランとプリンを店前のベンチで。<br />何せ喫茶店の類に日陰も皆無。<br />店主が、「プリンの空き瓶返してくれたら、20円戻しますね。」と言いながら、<br />レジ横に20円置いたまま、奥に入っていかれた。

    モンブランとプリンを店前のベンチで。
    何せ喫茶店の類に日陰も皆無。
    店主が、「プリンの空き瓶返してくれたら、20円戻しますね。」と言いながら、
    レジ横に20円置いたまま、奥に入っていかれた。

  • 港に行きます。<br />倉庫群。こちらは昆布を干す場はないようだ。<br />物流港観。<br />今はホタテの養殖盛んな地らしい。

    港に行きます。
    倉庫群。こちらは昆布を干す場はないようだ。
    物流港観。
    今はホタテの養殖盛んな地らしい。

  • 利尻山が見えます。男性的だ。<br /><br />沓形以上に人がいない。

    利尻山が見えます。男性的だ。

    沓形以上に人がいない。

  • みーっけ。<br />でも、もう買うものないだろうし、門外漢の冷やかし入店気が引ける。<br />パスします。<br />

    みーっけ。
    でも、もう買うものないだろうし、門外漢の冷やかし入店気が引ける。
    パスします。

  • なだらかに上がる道、港を背にして歩き始めたら、住宅街はずれに発見。空き家。<br />ひと昔前は、すべてこのあたりの家スタイルだったかもしれない。<br />

    なだらかに上がる道、港を背にして歩き始めたら、住宅街はずれに発見。空き家。
    ひと昔前は、すべてこのあたりの家スタイルだったかもしれない。

  • 瓦のないお寺。赤い屋根のお寺。

    瓦のないお寺。赤い屋根のお寺。

  • 軒下だけ、見慣れたお寺か神社風の造り。

    軒下だけ、見慣れたお寺か神社風の造り。

  • ちょうどお宿と反対側の利尻山。険しさが迫る威容。大山想起の尾根。<br /><br />島の真ん中に位置するお山で、他は全部裾野、と考えられる地形。<br />だから、これまで歩いた集落は全部、山の方になだらかな坂なのだ。

    ちょうどお宿と反対側の利尻山。険しさが迫る威容。大山想起の尾根。

    島の真ん中に位置するお山で、他は全部裾野、と考えられる地形。
    だから、これまで歩いた集落は全部、山の方になだらかな坂なのだ。

  • まだバスの時間まである。<br />一つ先まで歩くことにする。<br /><br />炎天下てくてく5分余。<br />と、こんな素敵なバス停発見。

    まだバスの時間まである。
    一つ先まで歩くことにする。

    炎天下てくてく5分余。
    と、こんな素敵なバス停発見。

  • 中には・・。

    中には・・。

  • 待っていました。バスが時間通りに。素晴らしい。

    待っていました。バスが時間通りに。素晴らしい。

  • 私一人で、すみません。<br />車内エアコンに生き返る。

    私一人で、すみません。
    車内エアコンに生き返る。

  • 絶景かな。<br />

    絶景かな。

    オタトマリ沼 自然・景勝地

  • でも、私はホタテカレーがお目当て一番でした。前夜のパンフレット予習。

    でも、私はホタテカレーがお目当て一番でした。前夜のパンフレット予習。

  • 私一人の接客に何かとお世話くださる。<br />食後にコーヒーをサービスと。

    私一人の接客に何かとお世話くださる。
    食後にコーヒーをサービスと。

    利尻亀一 グルメ・レストラン

  • お腹が満たされ、今度はゆっくり拝見。<br />お日様が近い。暑い。

    お腹が満たされ、今度はゆっくり拝見。
    お日様が近い。暑い。

  • 「白い恋人」のお菓子のパッケージ絵になったという丘に急ぐ。<br />先ほどのお店の人に教えてもらった近道を通っても、遠い600メートル。<br />「歩いて!?」といぶかしがられたわけだ。この暑さでなおさら。

    「白い恋人」のお菓子のパッケージ絵になったという丘に急ぐ。
    先ほどのお店の人に教えてもらった近道を通っても、遠い600メートル。
    「歩いて!?」といぶかしがられたわけだ。この暑さでなおさら。

  • ここです。10分歩いて戻らないとバス時刻に間に合わない。<br />急いだ甲斐があった。到着。<br />先客、ライダーのお兄さん一人。私が着くなり、出発した。

    ここです。10分歩いて戻らないとバス時刻に間に合わない。
    急いだ甲斐があった。到着。
    先客、ライダーのお兄さん一人。私が着くなり、出発した。

  • 先ほど歩いた鬼脇港はあの突端の向こうか。

    先ほど歩いた鬼脇港はあの突端の向こうか。

  • 秋には、あの沢が雪渓になるのですね。(この夜、今回登山した同宿者から万年雪を<br />見たと聞く)

    秋には、あの沢が雪渓になるのですね。(この夜、今回登山した同宿者から万年雪を
    見たと聞く)

  • 鷲泊に戻るバスが来ます。またしても時刻通り。素晴らしい。

    鷲泊に戻るバスが来ます。またしても時刻通り。素晴らしい。

  • 宿のスタッフが車窓から「ここからだけゴリラに見えるんですよ。」と、<br />昨日教えてくれた。あのとき、カメラを向ける間もなかった。だから、<br />会いに来たんです。<br />・・・・・<br />「お慕い申し上げております。」と言って、あなたの背中に縋りつきたい。<br />

    宿のスタッフが車窓から「ここからだけゴリラに見えるんですよ。」と、
    昨日教えてくれた。あのとき、カメラを向ける間もなかった。だから、
    会いに来たんです。
    ・・・・・
    「お慕い申し上げております。」と言って、あなたの背中に縋りつきたい。

    ペシ岬 ビーチ

  • これを、これを食べなきゃ。<br />沓形の米田商店で見かけたときに<br />「今夜はこれ!」<br />と決めた。<br />鷲泊で組合マーケットがあるのも昨日見つけていた。<br />食べることには抜かりはない。

    これを、これを食べなきゃ。
    沓形の米田商店で見かけたときに
    「今夜はこれ!」
    と決めた。
    鷲泊で組合マーケットがあるのも昨日見つけていた。
    食べることには抜かりはない。

  • 朝、あの麓で登山お見送りした女性と親しくなり、夕食ご一緒に。<br />何だか山野井さんのパートナーの姿と重なり、そのこと話題にしたら、<br />彼らたちのこと、山のこと、今日の利尻山の花の様子、<br />ぽつりぽつり話してくださった。左のお皿は彼女が作ってくれた<br />「インカの目覚め」だったかな。北海道の銘柄種。じゃがいものゆでたものに<br />塩&バターを添えて。絶品。タッパーはニシンの麴漬け。<br />前夜もお味噌汁から始まって、きちんとしたお食事を作っておられた女性。<br />40代かな。一番お仕事でたいへんなときなのに。<br />仕事にも家庭にも時間を作るのが至難の業だった当時を思い出す。

    朝、あの麓で登山お見送りした女性と親しくなり、夕食ご一緒に。
    何だか山野井さんのパートナーの姿と重なり、そのこと話題にしたら、
    彼らたちのこと、山のこと、今日の利尻山の花の様子、
    ぽつりぽつり話してくださった。左のお皿は彼女が作ってくれた
    「インカの目覚め」だったかな。北海道の銘柄種。じゃがいものゆでたものに
    塩&バターを添えて。絶品。タッパーはニシンの麴漬け。
    前夜もお味噌汁から始まって、きちんとしたお食事を作っておられた女性。
    40代かな。一番お仕事でたいへんなときなのに。
    仕事にも家庭にも時間を作るのが至難の業だった当時を思い出す。

  • 夜明け前、飛び出す。<br />あそこへ行こう。<br /><br />見上げれば、名残のお月さまが。

    夜明け前、飛び出す。
    あそこへ行こう。

    見上げれば、名残のお月さまが。

  • 4時にはもう明るい。

    4時にはもう明るい。

  • 夜明けは近い。

    夜明けは近い。

  • 再び夕日の丘に登る。

    再び夕日の丘に登る。

  • 出漁する船。一人漁。真ん中に立っています。<br />工藤直子さんの詩「こわがりのときのいるか」の”人”みたいだなあ。<br /><br />カッコイイなあ。

    出漁する船。一人漁。真ん中に立っています。
    工藤直子さんの詩「こわがりのときのいるか」の”人”みたいだなあ。

    カッコイイなあ。

  • 朝日はもうすぐ顔を出します。

    朝日はもうすぐ顔を出します。

  • あの船が去っていく。どこの漁場を目指しているんだろう。<br />どんな人なんだろう。

    あの船が去っていく。どこの漁場を目指しているんだろう。
    どんな人なんだろう。

  • 朝の風は気持ちいい。<br />こんなに暑いところだとは思わなかった利尻島。北海道。

    朝の風は気持ちいい。
    こんなに暑いところだとは思わなかった利尻島。北海道。

  • 今日も素敵な始まり。

    今日も素敵な始まり。

  • 今日は礼文に向かいます。また会いに来ますからね。<br />利尻 Green Hill Innにも、もう一度滞在したいですからね。<br /><br />あなたは、美しい。

    今日は礼文に向かいます。また会いに来ますからね。
    利尻 Green Hill Innにも、もう一度滞在したいですからね。

    あなたは、美しい。

  • 昨夜スタッフが、「夕日ヶ丘からの朝日もいいですよ」と教えてくれた通りでした。

    昨夜スタッフが、「夕日ヶ丘からの朝日もいいですよ」と教えてくれた通りでした。

    夕日ヶ丘展望台 自然・景勝地

  • 礼文島が見えます。

    礼文島が見えます。

  • 我がお宿があそこに。グリーンヒル インに泊まったおかげで朝な夕な<br />心行くまで楽しめた風景。

    我がお宿があそこに。グリーンヒル インに泊まったおかげで朝な夕な
    心行くまで楽しめた風景。

  • 11時に港まで送ってくださいます。<br />冬支度の薪を眺めながら、我が家のこの冬の薪準備を思う。

    11時に港まで送ってくださいます。
    冬支度の薪を眺めながら、我が家のこの冬の薪準備を思う。

  • 鴛泊の郵便局で降ろしてもらって、手紙と絵葉書投函。

    鴛泊の郵便局で降ろしてもらって、手紙と絵葉書投函。

  • グリーンのシルバーバックよ。また君にきっと会いに来ます。<br />お元気で。

    グリーンのシルバーバックよ。また君にきっと会いに来ます。
    お元気で。

62いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (8)

開く

閉じる

  • ぎっちゃんさん 2021/09/30 22:40:37
    利尻島 懐かしいです。
    mom Kazukoさん こんばんは~
     
    利尻島は とても懐かしいところです。
    20歳の時に友達6人で ユースに泊って北海道1周しました。
    利尻島には 札幌から稚内まで何時間も列車に乗って 稚内のユースに1泊してから
    船で渡ったんですよ。
    もう40年も前のことですから 飛行機なんて出てなかったんだと思います。
    夏なのに 船の上はとても寒かったの覚えています。
    あの頃は 島内には信号機がなかったと覚えています。
    地元の方に 海でうにをいっぱい採ってもらって食べたのを思い出しました。
    利尻富士も 友達の一人だけが登りました。
    あの頃は 学生に大人気の利尻島でしたが 今はどうなんでしょうね?

    北海道には 何回も行くのですが 利尻島までは足を延ばせていません。
    私も また利尻島行ってみたくなりました。

    mom Kazukoさんの旅 また のぞいてみたくてフォローさせてくださいね。
    これからも よろしくお願いいたします。

    mom Kazuko

    mom Kazuko さん からの返信 2021/10/01 05:40:45
    その時代にしかできない旅
     ああ、うらやましい。私は、あこがれのままだった。そのことが、今もひょっこり出てくるんです。今回の帰途は、船で、稚内のYH泊。同年代の女性が今その旅をされているようで、私も来年!と沸々その夢再燃中。
     ぎっちゃんさんが、シーンを覚えておられること。その味わいは、格別。私はうんと大人になっての別旅ですが、共感できます。40年前の同じ場所はもうないのです。だから、「その時の旅」が最高。青春の旅があってこそ、ぎっちゃんさんの「湯の花のお宿大人旅」は、一層味わい深いと想像できました。
     素敵な思い出、共有させていただいてありがとうございます。
  • gachinさん 2021/08/30 14:15:07
    鉱泉せんべい 私も好きです
    mom Kazukoさん こんにちは。
    沖縄やダブリンや興味のある所を覗いてはその切り取り方に魅了され、どの旅行記で気持ちを伝えたら良いのやら迷うばかり。
    全部に書いたらストーカーみたいなので鉱泉せんべいに決めました。

    路地派と言われるKazukoさんの旅は、私には気がつけない空気がいたるところに漂っていて(私は一体何を見ていたのかー?)と焦燥の念に駆られます。

    (まぁ焦ったところでもとより鋭い観察眼とは対極の人間なのでどうともできませんが笑笑)
    なのでこんな素敵な旅を、一緒に楽しませていただいている気分でおります。

    因みにホッケはシマホッケがより美味しいと感じる時期を過ぎまして、今は普通のホッケ派に戻っています。

    gachin。


    mom Kazuko

    mom Kazuko さん からの返信 2021/08/30 19:08:59
    舌は覚えております
     お便りありがとうございます。元気になります。(帰宅すると、ときどき落ち込んでいますから。)
    あのおせんべい、確か北海道の菓子メーカーでなく、ローカルな名前と県名だった記憶。gachinさん、ご存じなら教えてください。
    「このお菓子が、あの漁協にねえ。」とぱりぱり味わいながら、お菓子のたどった道筋も想像して楽しんでいました。きっと船員さんか船主さんの熱いファンがいるに違いありません。どこかで再会できる気がしています。

    gachin

    gachinさん からの返信 2021/08/31 11:30:15
    RE: 舌は覚えております
    鉱泉せんべい少し調べてみたら、かのプチ鉱泉は新潟のメーカーで他にも長野県では鉱泉せんべいをソウルフードと親しんでいるようです。

    また鉱泉水と小麦でつくられていて鉱泉水というのはミネラルを含む地下水で25度以下のものだそうです。25度以上だと温泉水と呼ぶのだとか。

    私も近くのスーパーで買ったのだと思いますが、それもずいぶん昔のこと。子供の頃に実家にあったお菓子なのだと思います。
    他にもその頃に食べたそばぼうろやピーナッツせんべい、おこしに芋けんぴなど昭和の香りのするお菓子は今も好きです。

    確かに舌がおぼえているのですね。

    ひょんなことで鉱泉せんべいに詳しくなりました(*^_^*)

    gachin。

    mom Kazuko

    mom Kazuko さん からの返信 2021/08/31 12:15:56
    ありがとうございます!
     そうです。かしわ堂。新潟県柏崎市。昨年2度も新潟行ピーチ欠航で、断念している旅の一つ。柏崎と燕三条をレンタカーで周る計画でした。新たな目標出来ました。よく調べてくださいました。ありがとうございます。
     昔からのお菓子で地方のメーカーでというのに、とりわけ応援したくなります。旅先の楽しみいろいろ。アイルランドで一つ、忘れられないそんな駄菓子の一つがあります。バス待ちの間、その前の雑貨屋さんで買ったもの。26年前なのに・・・。袋を持ち帰らなかったのも写真も撮っていなかったのも後悔。たかがお菓子一つに。
     
  • mom Kazuko さん 2021/08/11 21:52:21
    新千歳空港デザインは、お気に入り
    エフサさん、国内の空港で一番ではありませんか。道民、鼻高々ですねえ。JRとの動線、最短。ぐるりと1周すれば、元の位置。それに比べあの成田。闘争の怨念の結果と思ってしまいます。やはり好きになれない。大規模だからという理由にはならないと思うのは私だけ?関空もねえ。誰がどこにデザインを依頼したんだろうと今だに利用するたび心でブツクサ。愛着持てない。トータル感がない。こういうのが哲学のない建物というのか。
    貴空港、昨年初めてこの建物になっての利用で、「ここは、日本?」という気分に。なんか違う。違う。昔、香港で初めて、「ここは好きな空港!」とときめいたことを思い出しました。(今の香港のは知らないんです。)
     中2階ですか。本屋さん発見。こういうお店を入れているっていうところも私のポイント高いんです。
     エフサさんの内外お気に入り空港、また徒然にお教えください。
  • エフサさん 2021/08/11 09:22:44
    時間旅行
    mom Kazuko さん おはようございます

    今回は子供の頃のご自身との二人旅だったんですね。その分旅への思いも2倍に感じられて、い~旅行になりましたね。

    新千歳空港の旨い物の数々、参考になりました。ジモティでも知らない物が結構ありました。次回オフ会のお土産にできそうです。

mom Kazuko さんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

利尻島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集