バンコク旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2021年4月4日深夜便から翌5日早朝着のフライトにてタイ(スワンナプーム空港)から日本(羽田空港)へ帰国しました。<br />コロナ過なので航空会社の対応もいつもとは違います。<br />コロナ過で帰国される方などへ参考になればと思い記載させていただきますので、よろしかったらご覧ください。<br /><br />日本政府からの通達で飛行機搭乗の72時間前にコロナ陰性証明書を取得する必要があります。<br />私の場合は、金曜日に検査、土曜日に陰性証明書を取得、日曜日に飛行機搭乗となりました。<br />陰性証明書はスワンナプーム空港で荷物を預ける時のチェックイン時に提示を求められます。<br />この証明書の記載内容は日本政府が求めている内容の記載がないと認められません。<br />私の場合、検査時間が書いていないと言われましたが、実際は書類の下の方に小さく書いてあったので無事に搭乗できました。<br /><br />プレミアムエコノミーは2-3-2の2列のみでしたがこのクラスの乗客は私一人だけでした。

21年4月 コロナ過中のタイから日本へ帰国

54いいね!

2021/04/04 - 2021/04/05

1714位(同エリア21421件中)

9

36

teppei

teppeiさん

2021年4月4日深夜便から翌5日早朝着のフライトにてタイ(スワンナプーム空港)から日本(羽田空港)へ帰国しました。
コロナ過なので航空会社の対応もいつもとは違います。
コロナ過で帰国される方などへ参考になればと思い記載させていただきますので、よろしかったらご覧ください。

日本政府からの通達で飛行機搭乗の72時間前にコロナ陰性証明書を取得する必要があります。
私の場合は、金曜日に検査、土曜日に陰性証明書を取得、日曜日に飛行機搭乗となりました。
陰性証明書はスワンナプーム空港で荷物を預ける時のチェックイン時に提示を求められます。
この証明書の記載内容は日本政府が求めている内容の記載がないと認められません。
私の場合、検査時間が書いていないと言われましたが、実際は書類の下の方に小さく書いてあったので無事に搭乗できました。

プレミアムエコノミーは2-3-2の2列のみでしたがこのクラスの乗客は私一人だけでした。

旅行の満足度
3.0
観光
2.0
ホテル
3.0
グルメ
1.5
ショッピング
1.5
交通
3.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
飛行機
航空会社
ANA

PR

54いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (9)

開く

閉じる

  • スイカさん 2021/04/14 16:10:47
    はじめまして
    はじめまして、スイカと申します。
    コロナ禍帰国、参考になります。
    1つ教えていただきたいのですが、陰性証明は何語で書かれていたのでしょうか。
    よろしくお願いいたします。
    次編以降(入国~)も、とても貴重な最新情報なので参考にさせていただきたいと思っております。

    世界中のコロナが早く収まりますように。
    スイカ

    teppei

    teppeiさん からの返信 2021/04/14 16:49:11
    コメントありがとうございます。
    スイカ様

    コメントありがとうございます。
    ご質問、陰性証明書につきまして、
    私はホアヒンにある公立病院で取得しました。
    バンコクにある病院と違い、海外渡航用・日本人用の陰性証明書には慣れていない感じでした。
    病院からの陰性証明書は2枚発行されました。
    1枚目・・・タイ語
    2枚目・・・英語
    この書類には検査内容・日時・時間が記入してあり、病院のスタンプも押されています。検査、書類作成費用は3,595バーツです。
    私は在タイ大使館からダウンロードした日本政府厚生労働省の検査証明フォーマットも持参しました。
    この厚労省のフォームは1,2枚目の検査証を貰うときに受付の人に手書きで書いてもらいサインを貰いました。
    この厚労省フォームにはスタンプはありませんでした。

    スワンナプームチェックイン時は1、2枚目の陰性証明書を提示して、羽田空港到着後は厚労省フォームの物をだけを提出して完了となりました。
    羽田空港では1,2枚目の書類は出していません。

    私も今回の帰国については色々と不安でした。
    ご参考になればと思います。

    スイカ

    スイカさん からの返信 2021/04/14 19:03:04
    Re: はじめまして
    返信ありがとうございます。
    とても詳細に説明していただき、ありがとうございました。
    入国時はやはり、外務省(厚労省)のフォーマットを提示されたということで、安心しました。
    申し訳ありませんが、もう1点だけ、お聞きしたいのです。
    フォーマットには記入例が載っており、
    [採取検体]は、鼻咽頭ぬぐい液
    [検査法]は、核酸増幅検査法(LAMP法)
    にチェックが入っています。

    これは、国によって採取法、検査法が異なる場合があるためでしょう。
    もしよろしければ、タイの[採取検体]と[検査法]は、どのようなものにチェックされていたか、教えていただけないでしょうか。

    4月5日入国ということは、現在隔離中と思われます。
    いろいろ大変な折、質問ばかりで申し訳ありません。
    どうぞ無事に隔離明けされますように。

    teppei

    teppeiさん からの返信 2021/04/14 20:15:05
    Re: はじめまして
    スイカ様

    日本入国時の提出する陰性証明書につきまして、
    私は係員から『陰性証明書は?』と聞かれたので、
    厚労省のフォームのだけを提示しました。
    あとから『タイの病院発行の陰性証明書は?』と聞かれたらすぐに提出出来る準備をしていましたが、そこまで求められなかったので提出をしなかっただけです。

    私の印象として、➀陰性証明書(タイ語)②陰性証明書(英語)はスワンナプーム空港の手荷物を預ける時に提示(提出はしません)、日本到着後に③厚労省フォームの手書きの証明書を提出。
    と言うことなのでいずれの①~③の書類は全て必要でした。
    ➀と②は現在も手元にありますが、③は羽田空港で提出した為、原本は無くコピーが手元にあります。

    タイの病院での検査は、
    [採取検体]は、鼻咽頭ぬぐい液
    [検査法]は、核酸増幅検査法(real time RT-PCR法)
    にチェックが入っています。
    私は検査方法(医療関係)には詳しくないですが、私の鼻に長い綿棒を突っ込まれて10秒ぐらいグリグリとされました。もうやりたくないです。。

    私は検査を受ける受付の段階で、③のフォームを病院の受付、検査医に見せて
    『このどれかの方法で検査をやってくれ』と頼みましたが、タイ人先生はほぼ無視状態でした。
    私が持参した③の書面に記載してとお願いしたのですが断られました。検査結果を書面で受け取るときに受付のタイ人スタッフ(たぶん、医者)に持参した③の書類に手書きで書いてもらいました。
    この時に病院のスタンプも押して。とお願いしましたが、めんどくさかったのでしょう。断られました。
    なのでサインをしてもらい、スタッフに許可を貰ってから書いてもらっている瞬間をスマホで写真を撮りました。(このやり方はタイ人の中ではよくあることなので。)

    今はまさに隔離中です。
    ずっと自宅にいます。。

    スイカ

    スイカさん からの返信 2021/04/14 22:05:09
    Re: はじめまして
    具体的に記載いただき、本当にありがとうございます。
    とてもよくわかりました。

    私は中国にいるのです。
    まさに、teppeiさんが具体的に教えていただいたように
    「このフォームのどれかの方法で。。」
    「結果をこのフォームに記載して。。」
    と言っても無視される可能性が高いですね。

    フォームは漢字の多い日本語と英語併記なので、中国人でもわかるだろうと思いますが、検査は「なるべく大きな病院の方がいいかな」と思っていました。
    (私の居住地の周辺は大型病院が多いのですが、大学病院がいいかなと思っていました。鼻ぬぐいのPCR検査は一度中国で受けたことがあります)

    teppeiさんのように最後の受取りでささっと記載してもらえるような病院の方がいいか。。。。
    と思いますが、中国の場合、完全分業化されているので、最初の段階でフォーム記載が無理ならば、最後の受取で追記してもらうことは多分無理な気がします。
    しかし、これについては、今回teppeiさんのコメントで具体的な様子がわかったので日本入国時の対応にも安心しています。

    つまり、私は、結果のフォーム記載を病院側でしてもらえなかった場合、私自身が中国病院の結果表から転記しようと思います。
    最後のサインについては、サインですし?。。。(^_^;)
    サインが無くても日本入国の場合ならば、入国時に中国病院の結果表を転記したものと、中国側原本を見せれば大丈夫だろうと思っています。

    私の場合、日本帰国後、再び中国に戻らなければならないので、両国の隔離条件が大幅に緩和か、無くなるまで帰国の予定は立ちませんが、帰国時期が決まれば、事前に中国病院に日本フォーム記載の件を確認し、記載不可の場合は、その状況を大使館に相談しようと思います。

    いずれにしても、私の場合、具体的にどうすればいいのかということが、teppeiさんの旅行記とコメントでよくわかりました。

    ほんとに、何度もたくさんの情報、ありがとうございました。

    スイカ

    スイカ

    スイカさん からの返信 2021/04/14 22:08:16
    Re: はじめまして
    失礼しました。
    細かいことですが、私が受けたのは、「鼻ぬぐい」ではなく「喉ぬぐい」のPCR(核酸)検査でした。

    teppei

    teppeiさん からの返信 2021/04/14 22:38:40
    Re: はじめまして
    スイカ様

    日本人が帰国するにあたり関門は2です。
    1.中国の空港でチェックインするとき。
    2.日本へ入国するとき。

    1.について、
    検査を受ける前に在中国日本大使館のホームページ等を確認してみてください。
    私の場合は在タイ日本大使館のホームページ内に本邦への帰国のコロナ検査をするタイ国内の病院一覧が掲載されていました。
    大使館が掲載している病院に行った方が間違いなく良いでしょう。
    恐らく中国もタイと同じかと思いますが、飛行機搭乗の72時間前に検体をした検査結果が必要です。
    私の場合は金曜日に検査→土曜日に証明書を貰う→日曜日に飛行機乗る。
    というスケジュールでした。
    大使館に掲載されている一番近い病院に事前確認をしたら金曜日に検査することは出来るが、土日は休みなので証明書は月曜日発行になると言われました。
    なので私は自宅から2番目に近い病院に連絡し、上記のスケジュールで対応してくれるか確認を取ってから検査をしました。
    私はこの事前確認を怠っていたら陰性証明書が貰えないところでした。。

    厚労省が用意したフォームとは異なっても厚労省が求めている情報が全て記載されていれば問題ないかと思います。
    重ねて言いますが、検体採取日・検査結果日の日付はそれぞれ必要です。
    ここで忘れてはいけないのが採取時間と結果が出た時間の記載です。

    2.私の場合は厚労省のフォームに病院スタッフがその場でササっと手書きで書いたもの。また病院のスタンプは無く、この病院スタッフ(たぶんタイ人医者)のサインのみでした。日本に帰国後は政府宛てに提出する書類なので・・・
    自己責任でお願いします。。。(^_^;)
    またサインが無かったとしても、ご記載の通り、中国病院の書類を添付すれば大丈夫かと思います。
    この場合も日本政府外務省在中国大使館が認めている病院発行の物であれば何も文句は言われないでしょう。

    また中国病院が厚労省のフォームに対応してくれなかったとしても事前に在中国大使館に相談するのもいいでしょう。
    因みに現在のミャンマーはニュースの通り、病院に行くのも危険な状態で日本大使館からのレターを貰い、コロナ検査をしないで飛行機搭乗し帰国しているようです。

    早くコロナが収束し、スイカさんが一時帰国できるといいですね。

    スイカ

    スイカさん からの返信 2021/04/15 04:12:42
    RE: Re: はじめまして
    はい。状況や制限は刻々変わるので、大使館発表の情報を確認しながら、コロナ収束を待ちたいと思います。
    いろいろありがとうございました。
    スイカ

    スイカ

    スイカさん からの返信 2021/04/15 04:16:38
    RE: Re: はじめまして
    はい。状況や制限は刻々変わるので、大使館発表の情報を確認しながら、コロナ収束を待ちたいと思います。
    いろいろありがとうございました。
    スイカ

teppeiさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

タイで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
タイ最安 230円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

タイの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集