喜界島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
旅立ちの前夜、お布団の中で思った。明日は喜界島かあ。<br />今年は島が多いなあ。・・・20代の隠岐の島から数えてみた。<br />指の数では足りない。自分でもびっくり。島旅派でもない。<br />なのについに24番目喜界島へ行く。<br />

ホレボレ喜界島

14いいね!

2020/11/15 - 2020/11/18

30位(同エリア41件中)

2

55

mom Kazuko

mom Kazuko さん

旅立ちの前夜、お布団の中で思った。明日は喜界島かあ。
今年は島が多いなあ。・・・20代の隠岐の島から数えてみた。
指の数では足りない。自分でもびっくり。島旅派でもない。
なのについに24番目喜界島へ行く。

旅行の満足度
5.0
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
ショッピング
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
レンタカー スカイマーク JRローカル 私鉄 Peach
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
エアトリ

PR

  • 関西空港国際線ロビー偵察。<br />夏は、無人のロビー、電灯もついていなく「夜の校舎」みたいだった。<br />10月は、ジャカルタ行と中国3都市への飛行表示。開いているカウンターは一つ。<br /><br /><br />

    関西空港国際線ロビー偵察。
    夏は、無人のロビー、電灯もついていなく「夜の校舎」みたいだった。
    10月は、ジャカルタ行と中国3都市への飛行表示。開いているカウンターは一つ。


    関西国際空港 空港

  • 11月15日現在。おおおおー、ようやくパリへですかあ。<br />渡航手続きカウンターに20人ほど並んでいるが、渡航の華やぎが<br />感じられない。在仏邦人一家だろうか。小学生ぐらいの男の子に<br />見送りに来ている祖父母らしい人が声をかけていた。

    11月15日現在。おおおおー、ようやくパリへですかあ。
    渡航手続きカウンターに20人ほど並んでいるが、渡航の華やぎが
    感じられない。在仏邦人一家だろうか。小学生ぐらいの男の子に
    見送りに来ている祖父母らしい人が声をかけていた。

  • 飛行時間1時間55分で奄美空港着。トランジットタイム4時間余。<br />田中一村美術館再訪。前回は若冲に似た作風の絵に魅かれ、<br />今回は文人画のような絵2点と彼の写真に胸打たれる。<br /><br />またバス(この間5分ほど。200円)に乗って空港に戻り、<br />ミキでエネルギー補給。<br /><br /><br />

    飛行時間1時間55分で奄美空港着。トランジットタイム4時間余。
    田中一村美術館再訪。前回は若冲に似た作風の絵に魅かれ、
    今回は文人画のような絵2点と彼の写真に胸打たれる。

    またバス(この間5分ほど。200円)に乗って空港に戻り、
    ミキでエネルギー補給。


    奄美空港 空港

  • 「こちらですよう」というように地上員の方が<br />搭乗に向かう乗客に手を振り続けてくれています。<br />飛行機は真正面に一機だけ。

    「こちらですよう」というように地上員の方が
    搭乗に向かう乗客に手を振り続けてくれています。
    飛行機は真正面に一機だけ。

  • これが、乗降口。なんだか乗船気分。<br />今回の機長さんですか。「足ブラン」になんだか<br />少しにっこりしてしまいました。

    これが、乗降口。なんだか乗船気分。
    今回の機長さんですか。「足ブラン」になんだか
    少しにっこりしてしまいました。

  • 飛行時間は、たった13分。<br />空に上がったと思ったら、「これより着陸態勢にはいります。」の<br />アナウンスがあり。

    飛行時間は、たった13分。
    空に上がったと思ったら、「これより着陸態勢にはいります。」の
    アナウンスがあり。

    喜界空港 空港

  • 午後5時、西南の島の日差しはまだ高い。<br />道路から湾を見下ろしたら、漁協のような建物で<br />お魚をさばいている人が見えた。<br />「写真撮らせていただいていいですか」と声かけしたら、<br />たくさんお話してくださった。<br />「これは、ここではバラハタ。」アラの種類と聞いて、<br />熱帯魚が一転おいしく見えてくる。<br /><br />問わず語りが続きます。<br />「昭和13年生まれで・・。中学出てからずっと船に乗ってるよ。」<br />エツ!ということは。・・・信じられない。<br />話し方、身体のキレ、肌の張り、ぜーったい見えない。<br />なぜ、なぜ、なぜ。これだけは聞きたい。<br />「朝ごはん何を召し上がりますか?」<br />伺って納得。うーん・・・<br />「お好きな食べ物は?」とさらに尋ねてみたら、<br />「好き嫌いはない。なんでも食べる!」ときっぱり。<br />また手の指の太さとハリを見つめる。<br />惚れ惚れ。<br /><br />感心しきりの私に<br />「1こ上の先輩二人も漁師だよ。今日も(漁に)出とったよ。」

    午後5時、西南の島の日差しはまだ高い。
    道路から湾を見下ろしたら、漁協のような建物で
    お魚をさばいている人が見えた。
    「写真撮らせていただいていいですか」と声かけしたら、
    たくさんお話してくださった。
    「これは、ここではバラハタ。」アラの種類と聞いて、
    熱帯魚が一転おいしく見えてくる。

    問わず語りが続きます。
    「昭和13年生まれで・・。中学出てからずっと船に乗ってるよ。」
    エツ!ということは。・・・信じられない。
    話し方、身体のキレ、肌の張り、ぜーったい見えない。
    なぜ、なぜ、なぜ。これだけは聞きたい。
    「朝ごはん何を召し上がりますか?」
    伺って納得。うーん・・・
    「お好きな食べ物は?」とさらに尋ねてみたら、
    「好き嫌いはない。なんでも食べる!」ときっぱり。
    また手の指の太さとハリを見つめる。
    惚れ惚れ。

    感心しきりの私に
    「1こ上の先輩二人も漁師だよ。今日も(漁に)出とったよ。」

  • かつて島一番の繁華街だったという集落に向かう。<br />漁師さんとの余韻は続く。忘れないように話してくださったことをメモする。<br /><br />「朝ごはんは、ヨーグルトと納豆とキャベツのサラダに・・・リンゴと<br />バナナ。前は食べられなかったトマト。(ここで顔を上げて、ちょっと<br />にこっとされたな)時々パン焼いて。昼はべんと、<br />御飯一合(この言い方が、らしい)に、作ってもらったおかず。<br />二日分の時は二合だね。(日をまたぐ漁を今も?!)<br />夜は家族と一緒のもん。」<br />「昔は米も作っていたけど、今はない。(島は)全部サトウキビだね。」<br />「子どもんころ。中学校3つあったよ。今は一つ。前はそれでも二クラスあってね。にぎやかだったよ。今は店も空港のあたりだけだね・・・。」

    かつて島一番の繁華街だったという集落に向かう。
    漁師さんとの余韻は続く。忘れないように話してくださったことをメモする。

    「朝ごはんは、ヨーグルトと納豆とキャベツのサラダに・・・リンゴと
    バナナ。前は食べられなかったトマト。(ここで顔を上げて、ちょっと
    にこっとされたな)時々パン焼いて。昼はべんと、
    御飯一合(この言い方が、らしい)に、作ってもらったおかず。
    二日分の時は二合だね。(日をまたぐ漁を今も?!)
    夜は家族と一緒のもん。」
    「昔は米も作っていたけど、今はない。(島は)全部サトウキビだね。」
    「子どもんころ。中学校3つあったよ。今は一つ。前はそれでも二クラスあってね。にぎやかだったよ。今は店も空港のあたりだけだね・・・。」

  • 住んでおられる様子無し。この昔スタイルのおうちはここだけだった。<br />現在の屋根も低く、防風も兼ねてか、建物も隠れている。<br /><br />

    住んでおられる様子無し。この昔スタイルのおうちはここだけだった。
    現在の屋根も低く、防風も兼ねてか、建物も隠れている。

  • ホテル売店で売られていた三線。6000円。<br /><br />沖縄のそれとは異なり、ツメではなく、棒のようなバチで弾くようだ。<br />蚊取り線香の缶の響き、聴いてみたい。

    ホテル売店で売られていた三線。6000円。

    沖縄のそれとは異なり、ツメではなく、棒のようなバチで弾くようだ。
    蚊取り線香の缶の響き、聴いてみたい。

    喜界第一ホテル 宿・ホテル

    2名1室合計 10,600円~

  • 今回の旅、島については何も知らない。空港にも案内所の類はなかった。<br />前夕予約できた空港前のレンタカー屋さんに行ってみるが、地図はない。<br />で、教えてもらったところが、喜界島観光物産協会。<br />歩いてなどとんでもないという内陸エリアらしい。<br />案内所が不便なところ?????<br />”災い転じて福となす”<br />藍子さん、真貴子さんにお会いできました。<br />難問を解決していただいた上、行きたかった製糖工場へも「電話しておいた方がいいですよ。」とさっさとコンタクトをしてくださって。<br />欲しかった地図もトレッキング用を入手。カーナビなしの車に、これが<br />この後役立つことこの上なし。<br />諸手を挙げるような親身さがうれしくて、お写真を。でいつものお仕事モードに<br />ポーズをとっていただく。(本サイト掲載楽しみに待っていただいています)<br />惚れ惚れ第二弾<br /><br /><br />

    今回の旅、島については何も知らない。空港にも案内所の類はなかった。
    前夕予約できた空港前のレンタカー屋さんに行ってみるが、地図はない。
    で、教えてもらったところが、喜界島観光物産協会。
    歩いてなどとんでもないという内陸エリアらしい。
    案内所が不便なところ?????
    ”災い転じて福となす”
    藍子さん、真貴子さんにお会いできました。
    難問を解決していただいた上、行きたかった製糖工場へも「電話しておいた方がいいですよ。」とさっさとコンタクトをしてくださって。
    欲しかった地図もトレッキング用を入手。カーナビなしの車に、これが
    この後役立つことこの上なし。
    諸手を挙げるような親身さがうれしくて、お写真を。でいつものお仕事モードに
    ポーズをとっていただく。(本サイト掲載楽しみに待っていただいています)
    惚れ惚れ第二弾


    ゆいカフェ グルメ・レストラン

  • 標高203メートル。島のてっぺんを目指す。<br />「蝶道」・・・初めて知る名称。<br />この島は、石灰岩で構成。毎年2ミリ隆起している。<br />現場の学習はよく頭に入ります。

    標高203メートル。島のてっぺんを目指す。
    「蝶道」・・・初めて知る名称。
    この島は、石灰岩で構成。毎年2ミリ隆起している。
    現場の学習はよく頭に入ります。

  • この辺りがてっぺんかなあ。<br />夏です。

    この辺りがてっぺんかなあ。
    夏です。

    百之台公園 公園・植物園

  • 空港側と反対側。ということは・・・西?<br />今太陽は東側で、、。<br />まだこの島の方向がつかめない。<br />左手見下ろす。<br />

    空港側と反対側。ということは・・・西?
    今太陽は東側で、、。
    まだこの島の方向がつかめない。
    左手見下ろす。

  • 右手見下ろす。

    右手見下ろす。

  • 隠れベンチがてっぺんに

    隠れベンチがてっぺんに

  • さっきから気になる。北海道で見た蕗を思い出す大きさ。<br />なんだかおいしそうだ。<br />(あとで会った島人にたずねたら、やはりおいしいそうだ。)

    さっきから気になる。北海道で見た蕗を思い出す大きさ。
    なんだかおいしそうだ。
    (あとで会った島人にたずねたら、やはりおいしいそうだ。)

  • ここがシュガーロードですかあ。

    ここがシュガーロードですかあ。

  • 近づくと、三人の旅人らしき方々が写真を撮っています。<br />いいなあ。<br />写してもらいました。<br /><br />私は「飛行機」になります。

    近づくと、三人の旅人らしき方々が写真を撮っています。
    いいなあ。
    写してもらいました。

    私は「飛行機」になります。

    シュガーロード 名所・史跡

  • 一枚のお願いのつもりが「飛んでみたら」と勧められて、これ。<br />さっきからずっと彼らはこのショットに格闘されていました。<br />今年で4度目の来島と神奈川からのお二人。<br /><br />秋田からの青年が「可愛い!」と、ほめてくださいました。<br />わが人生一番のナイスショットかも。年賀状はこれだな。<br />ありがとうございます。<br />良い旅を!

    一枚のお願いのつもりが「飛んでみたら」と勧められて、これ。
    さっきからずっと彼らはこのショットに格闘されていました。
    今年で4度目の来島と神奈川からのお二人。

    秋田からの青年が「可愛い!」と、ほめてくださいました。
    わが人生一番のナイスショットかも。年賀状はこれだな。
    ありがとうございます。
    良い旅を!

  • サトウキビ畑の中にバス停。<br />トレッキング用地図で現在地確認。<br />「実久」は読めます。加計呂麻「実久ブルー」がよみがえる。<br />彼の地と関係あるだろうか。それともこの字の意味が何か。<br />この後、点在する可愛いバス停が気になって気になって。

    サトウキビ畑の中にバス停。
    トレッキング用地図で現在地確認。
    「実久」は読めます。加計呂麻「実久ブルー」がよみがえる。
    彼の地と関係あるだろうか。それともこの字の意味が何か。
    この後、点在する可愛いバス停が気になって気になって。

  • 午前11時。バス停から見えるサトウキビ畑。<br />あっ、またレンタカーのドア開けっぱなして来た。<br />戻ろう。

    午前11時。バス停から見えるサトウキビ畑。
    あっ、またレンタカーのドア開けっぱなして来た。
    戻ろう。

  • 私、こういうお店で買い物したい人。<br />冷蔵棚の玄米ミキ発見。その場で飲ませていただく。

    私、こういうお店で買い物したい人。
    冷蔵棚の玄米ミキ発見。その場で飲ませていただく。

  • 娘さんが接客してくれました。お父さんの代でお菓子を始められたこと。<br />今日は別の集落のご先祖様行事の日らしいこと。<br />それで昨日の飛行機もほぼ満席。今朝の空港はお迎え人が多かったのだ。<br />落雁に似たお供え用お菓子、今春亡くなった叔父へのお土産に購入。<br />裏手に見えた「山口製菓」さんの工場。稼働真っ最中の音。

    娘さんが接客してくれました。お父さんの代でお菓子を始められたこと。
    今日は別の集落のご先祖様行事の日らしいこと。
    それで昨日の飛行機もほぼ満席。今朝の空港はお迎え人が多かったのだ。
    落雁に似たお供え用お菓子、今春亡くなった叔父へのお土産に購入。
    裏手に見えた「山口製菓」さんの工場。稼働真っ最中の音。

  • 早町漁港で釣り糸を垂れている人発見。<br /><br />そばに体長15センチほどの魚1匹。<br />聞くと「丸鯵]<br />それにしてもゼイゴがないなあ。<br />そこに新たに登場した男性。いきなり、<br />「みかん、持って行き。」袋から次々に取り出してくれるので<br />ストップをかけました。<br />私の周りもそう。<br />わがふるさとも、こんな場合「一つ」という単位はありません。<br /><br />「家に勝手になってる島ミカン。奄美に持って行けば、高いよう。」<br />売りません。ありがとうございます。<br /><br />一つはとうとう3日後の帰宅まで同行、今も食べられない。<br />砂漠のラクダのコブに水というしたたり具合。<br />みずみずしさと香り高く不思議なお味。貴重な美味しさ。<br />舌が惚れ惚れ。

    早町漁港で釣り糸を垂れている人発見。

    そばに体長15センチほどの魚1匹。
    聞くと「丸鯵]
    それにしてもゼイゴがないなあ。
    そこに新たに登場した男性。いきなり、
    「みかん、持って行き。」袋から次々に取り出してくれるので
    ストップをかけました。
    私の周りもそう。
    わがふるさとも、こんな場合「一つ」という単位はありません。

    「家に勝手になってる島ミカン。奄美に持って行けば、高いよう。」
    売りません。ありがとうございます。

    一つはとうとう3日後の帰宅まで同行、今も食べられない。
    砂漠のラクダのコブに水というしたたり具合。
    みずみずしさと香り高く不思議なお味。貴重な美味しさ。
    舌が惚れ惚れ。

  • 早町の郵便局から山手に入ってすぐのはずが2度通り過ぎる。<br />後方はサトウキビ畑。<br />お約束の時間まであと5分。<br />前のトラクター倉庫から工場を眺める。<br />風もない。音もない。心空っぽ。

    早町の郵便局から山手に入ってすぐのはずが2度通り過ぎる。
    後方はサトウキビ畑。
    お約束の時間まであと5分。
    前のトラクター倉庫から工場を眺める。
    風もない。音もない。心空っぽ。

  • 有機栽培「喜界島製糖工場」

    有機栽培「喜界島製糖工場」

  • 背より高いサトウキビを手で入れて絞っていく機械。<br />重労働は想像を超える。

    背より高いサトウキビを手で入れて絞っていく機械。
    重労働は想像を超える。

  • 手前でろ過し、灰汁を取り、向こうのプール状鍋で煮詰めていく。<br />こげないように細心の注意で混ぜ続ける根気とカンのいる手作業。<br />サトウキビによって、焚き上げる時間は変化。<br />「いいサトウキビは、作業も違ってくるし、いい仕上がりです。」<br />「砂糖を作るんなら、サトウキビも作らないとと師匠に言われ、<br />サトウキビも作っているんです。」<br />

    手前でろ過し、灰汁を取り、向こうのプール状鍋で煮詰めていく。
    こげないように細心の注意で混ぜ続ける根気とカンのいる手作業。
    サトウキビによって、焚き上げる時間は変化。
    「いいサトウキビは、作業も違ってくるし、いい仕上がりです。」
    「砂糖を作るんなら、サトウキビも作らないとと師匠に言われ、
    サトウキビも作っているんです。」

  • 最後の段階。練り上げる。

    最後の段階。練り上げる。

  • この時、壁を見上げて、一目ぼれ。<br />「写させてもらっていいですか。」<br />カッコよすぎる。<br />お留守でほッ。<br /><br />ポスター制作者は鹿児島のデザイナーさんと。<br />

    この時、壁を見上げて、一目ぼれ。
    「写させてもらっていいですか。」
    カッコよすぎる。
    お留守でほッ。

    ポスター制作者は鹿児島のデザイナーさんと。

  • 次の目的地「阿伝」に向かおうとしたら、道路標識で目を留めて、寄り道。<br />ソテツは300年でもこの大きさなんですか。学習。<br />

    次の目的地「阿伝」に向かおうとしたら、道路標識で目を留めて、寄り道。
    ソテツは300年でもこの大きさなんですか。学習。

  • 右手に異なる幹が、つながって。1本かどうかも不明形状。

    右手に異なる幹が、つながって。1本かどうかも不明形状。

  • 周回路から見晴らしが開けたところ。

    周回路から見晴らしが開けたところ。

  • 阿伝集落<br />ここも当然独り占めです。<br />

    阿伝集落
    ここも当然独り占めです。

  • 塀をめぐらした中が広い。石垣島の殿内を想起。

    塀をめぐらした中が広い。石垣島の殿内を想起。

  • ぐるり反対側から中を。<br />石垣の空いているところは2か所。<br />集落内でこんなに広い空間はここだけ。<br />建物の後がない。残骸すらない。片づけたあとのような無さ。

    ぐるり反対側から中を。
    石垣の空いているところは2か所。
    集落内でこんなに広い空間はここだけ。
    建物の後がない。残骸すらない。片づけたあとのような無さ。

  • 漆喰でつないだような石垣発見。右に歩を進めると、

    漆喰でつないだような石垣発見。右に歩を進めると、

  • 無人のおうち。<br />ハブにも注意して、ここまで。

    無人のおうち。
    ハブにも注意して、ここまで。

  • 海岸道路にもどろうと異なる道に進んだら、ようやく<br />舗装していない道。うれしくてうれしくて、眺める。<br />足裏に感じる。

    海岸道路にもどろうと異なる道に進んだら、ようやく
    舗装していない道。うれしくてうれしくて、眺める。
    足裏に感じる。

  • この前、土の道を歩いたのはどこだったろう。<br />山道でないところと言えば、、、、思いつかない。

    この前、土の道を歩いたのはどこだったろう。
    山道でないところと言えば、、、、思いつかない。

  • これかあ。港でいただいたおミカン。<br />伸び放題、生り放題。

    これかあ。港でいただいたおミカン。
    伸び放題、生り放題。

    サンゴの石垣(阿伝集落) 名所・史跡

  • 旅人の勝手な言い分だと思いますが、この道は永遠にこのままで。<br />あああ・・・うっとり。

    旅人の勝手な言い分だと思いますが、この道は永遠にこのままで。
    あああ・・・うっとり。

    サンゴの石垣(阿伝集落) 名所・史跡

  • 喜界島観光出発地点「観光物産協会」にもどりました。<br />真貴子さんたちにお礼と報告。<br />「とーってもカッコイイポスターに会えました。」<br />彼女たちはもちろんご存知でした。<br />お二人おすすめの「ゆいカフェ」で遅めのランチ。<br />このトロピカルな色(一見グレープジュース?)のお茶にお味もほれぼれ。<br />「そら豆茶」?<br />トマトパスタの湯で具合もお味もGOOD。<br />食後は、花良治ミカンジュース。ミルキーなミカン色が珍しい。<br />大きなグラスでたっぷり。この時期に来島でよかった。

    喜界島観光出発地点「観光物産協会」にもどりました。
    真貴子さんたちにお礼と報告。
    「とーってもカッコイイポスターに会えました。」
    彼女たちはもちろんご存知でした。
    お二人おすすめの「ゆいカフェ」で遅めのランチ。
    このトロピカルな色(一見グレープジュース?)のお茶にお味もほれぼれ。
    「そら豆茶」?
    トマトパスタの湯で具合もお味もGOOD。
    食後は、花良治ミカンジュース。ミルキーなミカン色が珍しい。
    大きなグラスでたっぷり。この時期に来島でよかった。

    ゆいカフェ グルメ・レストラン

  • レンタカー返却時間まであと4時間。<br />島土周囲48キロ、道路周囲38キロ。<br />突端まで行ってみよう。

    レンタカー返却時間まであと4時間。
    島土周囲48キロ、道路周囲38キロ。
    突端まで行ってみよう。

  • サトウキビの見ないところ。<br />灌木とサンゴの砂と石ころだけ。

    サトウキビの見ないところ。
    灌木とサンゴの砂と石ころだけ。

  • この木はなんだろう。

    この木はなんだろう。

  • 運転中、道端から、くしばしの長い、ペリカンのような大きな鳥が飛び立つ。

    運転中、道端から、くしばしの長い、ペリカンのような大きな鳥が飛び立つ。

  • サンゴ礁の島。白い砂。<br />「平家の落人上陸。三年間暮らした後、源氏の追っ手を恐れ、主力200余名は<br />さらに別の島へ。」という内容の掲示板が、小さな湾の中に立てられていた。<br />残る平家人、どんな決断?漕ぎ出す平家人、どんな決心?<br />私なら残る。

    サンゴ礁の島。白い砂。
    「平家の落人上陸。三年間暮らした後、源氏の追っ手を恐れ、主力200余名は
    さらに別の島へ。」という内容の掲示板が、小さな湾の中に立てられていた。
    残る平家人、どんな決断?漕ぎ出す平家人、どんな決心?
    私なら残る。

  • 5時10分、レンタカーを返却。<br />少し先にあるという「ふくり」というショッピングセンターまで歩く。<br />入り口横にこの部屋。おばあさん二人、カップドリンクを手にまったりしている。<br />いいなあ。<br />店内で引き立てコーヒーマシンで購入して戻ってみたら、誰もいなくなっていた。<br />窓際のカウンターでしみじみしていたら、夕暮れが始まった。<br />そこへリサイクル(写真右下がコーナー)空き缶持参のおじいさん、<br />「電気付けたらいいよ。」、とスイッチをしてくださって出て行かれた。

    5時10分、レンタカーを返却。
    少し先にあるという「ふくり」というショッピングセンターまで歩く。
    入り口横にこの部屋。おばあさん二人、カップドリンクを手にまったりしている。
    いいなあ。
    店内で引き立てコーヒーマシンで購入して戻ってみたら、誰もいなくなっていた。
    窓際のカウンターでしみじみしていたら、夕暮れが始まった。
    そこへリサイクル(写真右下がコーナー)空き缶持参のおじいさん、
    「電気付けたらいいよ。」、とスイッチをしてくださって出て行かれた。

  • 最後の夜は、カメラ女性おすすめ店で、おすすめメニュー「夜光貝」のお刺身。

    最後の夜は、カメラ女性おすすめ店で、おすすめメニュー「夜光貝」のお刺身。

  • 島の公共交通「喜界バス」<br />昨日のドライブでバス停小屋観察にはまって、あちこちの時刻表を見てみても<br />案外運行便数が多い。<br />「乗り降り自由」と車体に書いている。<br />いいなあ。サトウキビ畑でも手を挙げれば乗せてくれるんだ。

    島の公共交通「喜界バス」
    昨日のドライブでバス停小屋観察にはまって、あちこちの時刻表を見てみても
    案外運行便数が多い。
    「乗り降り自由」と車体に書いている。
    いいなあ。サトウキビ畑でも手を挙げれば乗せてくれるんだ。

    喜界空港 空港

  • ホテルから空港へ送ってもらっているとき、ドライバーさんが<br />話していた喫茶店「シリアス」。<br />昨夕気が付かなかった。向かいが「ふくり」だというのに。

    ホテルから空港へ送ってもらっているとき、ドライバーさんが
    話していた喫茶店「シリアス」。
    昨夕気が付かなかった。向かいが「ふくり」だというのに。

    シリアス グルメ・レストラン

  • 先客島人ミドル年代7名。闖入者の私など目も留めず、<br />お話に夢中。<br />おかげで私はカウンターの端っこで、心ゆくまで<br />あっちもこっちも見渡して。<br />あれは、スピーカー!?

    先客島人ミドル年代7名。闖入者の私など目も留めず、
    お話に夢中。
    おかげで私はカウンターの端っこで、心ゆくまで
    あっちもこっちも見渡して。
    あれは、スピーカー!?

    シリアス グルメ・レストラン

  • 30代で開業されたというシルバーグレーの素敵なマダム。<br />置かれている雑誌は「天然生活」と「暮らしの手帖」<br />最後は、島のお花と女主人のエプロンにホレボレ。<br /><br /><br />名瀬の末廣市場入り口店頭の黒砂糖袋に「喜界島」・「喜界島」・「喜界島」<br />全部「喜界島」<br />どこにある?  キ カ イ ジ マ<br /><br />その名の響きに魅かれてやってきました。<br />ありがとう喜界島。

    30代で開業されたというシルバーグレーの素敵なマダム。
    置かれている雑誌は「天然生活」と「暮らしの手帖」
    最後は、島のお花と女主人のエプロンにホレボレ。


    名瀬の末廣市場入り口店頭の黒砂糖袋に「喜界島」・「喜界島」・「喜界島」
    全部「喜界島」
    どこにある?  キ カ イ ジ マ

    その名の響きに魅かれてやってきました。
    ありがとう喜界島。

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • mom Kazuko さん 2020/11/21 07:04:23
    あのとき
    かれらの撮影が終わるのを待って、カメラを構えていた女性にお願いしました。すぐに寝っ転がったら、後ろで「さすが関西の人やねえ」という青年の声がしました。飛行機気分に浸りたかったのに。終わってお礼を言ったら、女性が、「飛んでみたら」と言ってくれました。それまでずっと見ていたもうひとりの年配男性が、「飛ぶ撮影」の意味を私が知らないと気づいてくれました。話してくれました。
    <yarusouさんへのお返事>「うれしいです。」
  • yarusouさん 2020/11/20 21:33:23
    ボクも飛行機になりたいぃぃぃーッ!!
    う~ん…、確かに飛んでる写真もカワユイけど、
    個人的には道路で飛行機の写真が格好良いなぁ!?と。
    いつかマネしても良いですか?

mom Kazuko さんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

喜界島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集