ワルザザート旅行記(ブログ) 一覧に戻る
モロッコ旅行、特にサハラ砂漠に向かう旅行を個人で計画していると、必ず目にするツアー会社がSabaku tours。<br />ネットの口コミを見る限り賛否両論ありますが、とにかくコスパも良いし、なんと言ってもマラケシュ→サハラ砂漠→フェズという行程を実現できるツアーだったので利用することに。<br />予約方法はFacebookのmessenger利用です。<br />オマールさんという方は日本語が多少できるようで、ツアーの詳細も日本語で送ってくれました。<br />会話は日本語でも英語でもどっちでも構わないという感じ。<br />色々とわからないことも細かく教えて下さるのでとても助かります。<br />あと、返信がめちゃくちゃ早い。<br />時差関係ないと思えるくらい笑<br /><br />というわけで今回は、モロッコ旅行10日間のうち<br />マラケシュ→アイトベンハドゥ→トドラ渓谷→サハラ砂漠→フェズという行程の2泊3日ツアーについてまとめます。<br />まずは1日目のホテル到着までです。<br /><br />また、私はSabaku Toursおすすめですが、長所も短所もあるので少しずつ紹介できたらと思います。

卒業旅行 魅惑のモロッコ10日間 サハラ砂漠を目指す2泊3日ツアー(Sabaku Tours利用)

6いいね!

2020/02/03 - 2020/02/13

145位(同エリア249件中)

旅行記グループ モロッコ卒業旅行

0

12

ミーシャ

ミーシャさん

モロッコ旅行、特にサハラ砂漠に向かう旅行を個人で計画していると、必ず目にするツアー会社がSabaku tours。
ネットの口コミを見る限り賛否両論ありますが、とにかくコスパも良いし、なんと言ってもマラケシュ→サハラ砂漠→フェズという行程を実現できるツアーだったので利用することに。
予約方法はFacebookのmessenger利用です。
オマールさんという方は日本語が多少できるようで、ツアーの詳細も日本語で送ってくれました。
会話は日本語でも英語でもどっちでも構わないという感じ。
色々とわからないことも細かく教えて下さるのでとても助かります。
あと、返信がめちゃくちゃ早い。
時差関係ないと思えるくらい笑

というわけで今回は、モロッコ旅行10日間のうち
マラケシュ→アイトベンハドゥ→トドラ渓谷→サハラ砂漠→フェズという行程の2泊3日ツアーについてまとめます。
まずは1日目のホテル到着までです。

また、私はSabaku Toursおすすめですが、長所も短所もあるので少しずつ紹介できたらと思います。

  • 早朝7時半過ぎにリヤドに迎えがきて、ツアー参加者と合流します。<br />いよいよツアー開始。<br />まずは4000m級のオートアトラスを超えていきます。<br /><br />ちなみに以下、オマールさんから送られてきたツアー詳細です。<br />————————————————————————<br /><br />1日目<br />マラケシュを7時に出発します。<br />アトラスマウンテン2260mのティシュカ峠(Col Tichka)を通り、ユネスコ世界遺産であるアイトベンハッドゥ集落を訪れます。<br />ワルザサートで昼食を取り、途中スコーラ・オアシス、ケラーア・メグナ、バラの谷を通り、ダデスに到着します。<br />夜はダデスのホテルに宿泊します。ホテルで夕食と朝食を取ります。<br /><br />2日目<br />ゴルジュ・デュ・ダデスと千もの集落がある村を訪れ、ティンジルではヤシの木のオアシスや集落、トドラ渓谷、エルフード、Tifilalteオアシスを訪れます。メルズーガにあるエルグ・シェビキャンプに到着するとそこから1時間半のラクダライドを楽しみます。その時間帯にはキャンプ場に到着するまでに夕日が沈む様子を鑑賞できます。<br />砂漠の中のキャンプ場で夕食を取り、眠ります。翌朝の朝食もキャンプ場で取ります。<br /><br />3日目<br />早朝にキャメルライドでメルズーガまで戻ります。途中日の出を鑑賞します。<br />マラケシュに戻る道中、ワルザザートで昼食を取ります。時間に余裕があれば集落や映画スタジオを訪れます。<br /><br />1日目にマラケシュを朝7時に出発して、3日目の夜8時にマラケシュに到着します。<br /><br />* PS: <br />- Upgrade your 1st night (HOTEL) or 2nd night (CAMP) accommodations is available.<br /><br />- Transfer to Fes or to Chefchaouen from Merzouga instead of going back to Marrakech is also possible.<br />————————————————————<br />英文でも同じ内容のものが送られてきました。<br /><br />この盛り沢山の内容で、1人950ディルハム(約11,000円)。<br />また、マラケシュに帰らずフェズに向かう場合、<br />シェアタクシー利用で350ディルハム(約4,000円)。<br />さらに、1泊目のホテルをbooking .comで調べたら評判が良くないことを知り、<br />グレードアップして250ディルハム(約2900円)。<br />合計1,550ディルハム(約17,900円)でした。<br /><br />ツアー中にチップを払ったりスカーフを買ったりと他にもお金がかかりますが、それでもコスパ最強だと思います。

    早朝7時半過ぎにリヤドに迎えがきて、ツアー参加者と合流します。
    いよいよツアー開始。
    まずは4000m級のオートアトラスを超えていきます。

    ちなみに以下、オマールさんから送られてきたツアー詳細です。
    ————————————————————————

    1日目
    マラケシュを7時に出発します。
    アトラスマウンテン2260mのティシュカ峠(Col Tichka)を通り、ユネスコ世界遺産であるアイトベンハッドゥ集落を訪れます。
    ワルザサートで昼食を取り、途中スコーラ・オアシス、ケラーア・メグナ、バラの谷を通り、ダデスに到着します。
    夜はダデスのホテルに宿泊します。ホテルで夕食と朝食を取ります。

    2日目
    ゴルジュ・デュ・ダデスと千もの集落がある村を訪れ、ティンジルではヤシの木のオアシスや集落、トドラ渓谷、エルフード、Tifilalteオアシスを訪れます。メルズーガにあるエルグ・シェビキャンプに到着するとそこから1時間半のラクダライドを楽しみます。その時間帯にはキャンプ場に到着するまでに夕日が沈む様子を鑑賞できます。
    砂漠の中のキャンプ場で夕食を取り、眠ります。翌朝の朝食もキャンプ場で取ります。

    3日目
    早朝にキャメルライドでメルズーガまで戻ります。途中日の出を鑑賞します。
    マラケシュに戻る道中、ワルザザートで昼食を取ります。時間に余裕があれば集落や映画スタジオを訪れます。

    1日目にマラケシュを朝7時に出発して、3日目の夜8時にマラケシュに到着します。

    * PS:
    - Upgrade your 1st night (HOTEL) or 2nd night (CAMP) accommodations is available.

    - Transfer to Fes or to Chefchaouen from Merzouga instead of going back to Marrakech is also possible.
    ————————————————————
    英文でも同じ内容のものが送られてきました。

    この盛り沢山の内容で、1人950ディルハム(約11,000円)。
    また、マラケシュに帰らずフェズに向かう場合、
    シェアタクシー利用で350ディルハム(約4,000円)。
    さらに、1泊目のホテルをbooking .comで調べたら評判が良くないことを知り、
    グレードアップして250ディルハム(約2900円)。
    合計1,550ディルハム(約17,900円)でした。

    ツアー中にチップを払ったりスカーフを買ったりと他にもお金がかかりますが、それでもコスパ最強だと思います。

  • ティシュカ峠の記念看板。

    ティシュカ峠の記念看板。

  • こんな道を通ってきたのか~と驚きます。

    こんな道を通ってきたのか~と驚きます。

  • とにかく山道を進んでいきます。<br />クネクネしているので酔いやすい人は酔い止め必須かもしれません。<br />ただ、友人も飲んでいましたが、もっと揺れが酷いのかと思ったと拍子抜けしてはいました。

    とにかく山道を進んでいきます。
    クネクネしているので酔いやすい人は酔い止め必須かもしれません。
    ただ、友人も飲んでいましたが、もっと揺れが酷いのかと思ったと拍子抜けしてはいました。

  • そしてついに、このツアーでサハラ砂漠に次いで楽しみにしていたアイトベンハドゥに到着。<br /><br />ここからは専門のガイドがついて英語で案内してくれます。<br />チップを支払わなくてはいけません。入場料として15~20ディルハム。ガイド料として15ディルハムだそうです。<br />ツアー料金が安いのはいいのですが、今後このようにチップを支払う場面が何度かありました。そこはマイナスポイント。

    イチオシ

    そしてついに、このツアーでサハラ砂漠に次いで楽しみにしていたアイトベンハドゥに到着。

    ここからは専門のガイドがついて英語で案内してくれます。
    チップを支払わなくてはいけません。入場料として15~20ディルハム。ガイド料として15ディルハムだそうです。
    ツアー料金が安いのはいいのですが、今後このようにチップを支払う場面が何度かありました。そこはマイナスポイント。

  • 村の中はこんな様子。<br />現地の人がお土産を売っています。<br /><br />映画のセットとしても使われているアイトベンハドゥ。どんな映画を撮影したのか、小さな博物館のようになっている場所もありました。

    村の中はこんな様子。
    現地の人がお土産を売っています。

    映画のセットとしても使われているアイトベンハドゥ。どんな映画を撮影したのか、小さな博物館のようになっている場所もありました。

  • 村の頂上まで登るのが少し大変でしたが、見晴らし最高の景色が楽しめます。

    イチオシ

    村の頂上まで登るのが少し大変でしたが、見晴らし最高の景色が楽しめます。

  • アイトベンハドゥを1~2時間観光した後は昼食です。<br />こちらは別途料金がかかり、だいたい100ディルハムほどでした。<br />オレンジジュース美味しい。<br /><br />また、サハラ砂漠に行く人は大きいスカーフがないと無理だよ、と言われたのでレストランの近くにあったお店で購入しました。

    アイトベンハドゥを1~2時間観光した後は昼食です。
    こちらは別途料金がかかり、だいたい100ディルハムほどでした。
    オレンジジュース美味しい。

    また、サハラ砂漠に行く人は大きいスカーフがないと無理だよ、と言われたのでレストランの近くにあったお店で購入しました。

  • こちらは映画ミュージアムの駐車場。<br />日帰り観光の人はミュージアムを観光してからマラケシュに帰るみたいです。<br /><br />サハラ砂漠に行く私たちはここで少し休憩し、他のグループにいた人たちと合流しました。

    こちらは映画ミュージアムの駐車場。
    日帰り観光の人はミュージアムを観光してからマラケシュに帰るみたいです。

    サハラ砂漠に行く私たちはここで少し休憩し、他のグループにいた人たちと合流しました。

  • 新たなメンバーと合流した後、ホテルのあるダデスに向かいます。途中でいくつか立ち寄った場所がありましたが、いかんせん運転手が英語話せなかったのでどんな場所かの説明はほとんどなく…。<br />写真の場所もよくわかってません。<br />オマールさんの詳細を見るにバラの谷かな?多分笑<br />

    新たなメンバーと合流した後、ホテルのあるダデスに向かいます。途中でいくつか立ち寄った場所がありましたが、いかんせん運転手が英語話せなかったのでどんな場所かの説明はほとんどなく…。
    写真の場所もよくわかってません。
    オマールさんの詳細を見るにバラの谷かな?多分笑

  • ここも名前はわかりませんが、オアシスの一つです。<br />荒涼な地が広がるモロッコだからこそ、植物がどれだけありがたいのか実感します。<br /><br />そうこうしてるうちに、本日の宿に到着。<br />グレードアップしたホテルは水回りがすこし汚かったですが、ご飯も美味しいしお部屋も綺麗だったので問題は特にありませんでした。<br />———————————————————<br />改めてツアーのメンバーを紹介すると、<br />私、友達、日本人2人、台湾人3人、ノルウェーの中年兄妹2人でした。しかもこのノルウェーの方々、日本語ペラペラで、アフリカのモロッコで予期せぬメンツに恵まれました。<br />メンバーに関しては運次第ですが、日本語対応してくれるオマールさんがいるツアーだからこそ、日本人の割合は高めなのかなと思います。<br />

    ここも名前はわかりませんが、オアシスの一つです。
    荒涼な地が広がるモロッコだからこそ、植物がどれだけありがたいのか実感します。

    そうこうしてるうちに、本日の宿に到着。
    グレードアップしたホテルは水回りがすこし汚かったですが、ご飯も美味しいしお部屋も綺麗だったので問題は特にありませんでした。
    ———————————————————
    改めてツアーのメンバーを紹介すると、
    私、友達、日本人2人、台湾人3人、ノルウェーの中年兄妹2人でした。しかもこのノルウェーの方々、日本語ペラペラで、アフリカのモロッコで予期せぬメンツに恵まれました。
    メンバーに関しては運次第ですが、日本語対応してくれるオマールさんがいるツアーだからこそ、日本人の割合は高めなのかなと思います。

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

モロッコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
モロッコ最安 182円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

モロッコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから海外旅行記(ブログ)を探す

PAGE TOP