宍粟旅行記(ブログ) 一覧に戻る
この夏は、播磨の一之宮を皮切りに中国地方の<br />真ん中の町を訪ねてのドライブ。<br />(エリアは最初に訪れた、兵庫・宍粟市にしてあります)<br /><br />出雲街道ということでいろんな歴史ある町・村・集落が<br />あったのでしょうが・・<br />一部触れただけのドライブですが記していきます~

真夏の出雲街道ドライブ - 播磨の国 宍粟市&たつの市、美作の国 津山市&真庭市 -

20いいね!

2020/08/14 - 2020/08/15

19位(同エリア105件中)

4

59

パルファン

パルファンさん

この夏は、播磨の一之宮を皮切りに中国地方の
真ん中の町を訪ねてのドライブ。
(エリアは最初に訪れた、兵庫・宍粟市にしてあります)

出雲街道ということでいろんな歴史ある町・村・集落が
あったのでしょうが・・
一部触れただけのドライブですが記していきます~

同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 暑さを避け、陽が翳る頃に訪れた兵庫県宍粟市(しそうし)にある、<br /><播磨一之宮=伊和神社> 参道に入ると、一瞬涼風が・・<br /><br />

    暑さを避け、陽が翳る頃に訪れた兵庫県宍粟市(しそうし)にある、
    <播磨一之宮=伊和神社> 参道に入ると、一瞬涼風が・・

  • 大きなスギ、ヒノキを従えた拝殿<br />飾らない、非常に質素で厳かな気を放っている~<br />

    大きなスギ、ヒノキを従えた拝殿
    飾らない、非常に質素で厳かな気を放っている~

  • 右上写真は本殿 <br />左下写真は参道に入って半ばにある鳥居<br /><br />最近の狛犬は、みんなマスクを着けられているね♪<br />

    右上写真は本殿
    左下写真は参道に入って半ばにある鳥居

    最近の狛犬は、みんなマスクを着けられているね♪

  • 能と限らず雅楽などの舞台でしょうか?<br />でも、使用していない椅子・テーブルがあり物置状態?

    能と限らず雅楽などの舞台でしょうか?
    でも、使用していない椅子・テーブルがあり物置状態?

  • 横からみた拝殿、その奥に本殿<br />屋根の流れが綺麗~ いつも神社をみるとそう思う・・

    横からみた拝殿、その奥に本殿
    屋根の流れが綺麗~ いつも神社をみるとそう思う・・

  • 拝殿には 大きな、迫力ある力強い板絵が所狭しと・・

    拝殿には 大きな、迫力ある力強い板絵が所狭しと・・

  • 拝殿の奥に幣殿 時を経た厳かさが圧巻<br />幣殿(へいでん)→ 拝殿と本殿をつなげるための中間の建物だそう~ <br />神社には無い所も多いと言う<br />  

    拝殿の奥に幣殿 時を経た厳かさが圧巻
    幣殿(へいでん)→ 拝殿と本殿をつなげるための中間の建物だそう~ 
    神社には無い所も多いと言う
      

  • 神社の縁起によると564年(欽明天皇25年)、豪族・伊和恒郷に<br />大己貴神から「我を祀れ」との神託があった。<br />一夜のうちに杉や桧の生い茂る聖地となり、空には鶴が群れ舞っていた。<br />この時、二羽の大きな白鶴が、北向きに眠っていたので<br />伊和恒郷はそこを鎮座地と決め、そこに、北向きの社殿を建てたという。<br />

    神社の縁起によると564年(欽明天皇25年)、豪族・伊和恒郷に
    大己貴神から「我を祀れ」との神託があった。
    一夜のうちに杉や桧の生い茂る聖地となり、空には鶴が群れ舞っていた。
    この時、二羽の大きな白鶴が、北向きに眠っていたので
    伊和恒郷はそこを鎮座地と決め、そこに、北向きの社殿を建てたという。

  • 本殿の裏を回わると、鶴が降りてきたという<鶴石>がある。<br />(ありがたいものなのでしょうが、写真に撮ったら<br />単なる石なのでカット 信心がないねぇ~)<br /><br />斜めからの光を受け、暑い中、少しスケッチ♪<br />印象深い播磨一之宮、伊佐神社~

    本殿の裏を回わると、鶴が降りてきたという<鶴石>がある。
    (ありがたいものなのでしょうが、写真に撮ったら
    単なる石なのでカット 信心がないねぇ~)

    斜めからの光を受け、暑い中、少しスケッチ♪
    印象深い播磨一之宮、伊佐神社~

  • スケッチブックが小さいこともあり、空間を感じられない<br />絵になってしまった感が・・

    スケッチブックが小さいこともあり、空間を感じられない
    絵になってしまった感が・・

  • 宍粟市の揖保川の傍の小さなビジネスホテルに泊まり<br />翌日むかったのが、たつの市 <br /><br />たつの市は城下町で、<重要伝統的建造物群保存地区>に指定<br />先ずは たつの城とたつの歴史文化資料館<br />

    宍粟市の揖保川の傍の小さなビジネスホテルに泊まり
    翌日むかったのが、たつの市 

    たつの市は城下町で、<重要伝統的建造物群保存地区>に指定
    先ずは たつの城とたつの歴史文化資料館

  • 「あの日を生きた先人たち」と題した企画展が歴史文化資料館で。<br />たつの市出身の方がたの資料を集めた展示

    「あの日を生きた先人たち」と題した企画展が歴史文化資料館で。
    たつの市出身の方がたの資料を集めた展示

  • 左:たつの市出身の三木清(哲学者) 右 :内海信之(反戦詩人)等の<br />資料が豊富に展示されている~ <br />

    左:たつの市出身の三木清(哲学者) 右 :内海信之(反戦詩人)等の
    資料が豊富に展示されている~ 

  • 暑さも凌げた資料館見学 駐車場を挟んで

    暑さも凌げた資料館見学 駐車場を挟んで

  • たつの城が続く  写真は埋門(下からくぐって入ってくる)<br />1670年代には 山麓居館部のみの陣屋形式の城郭として再建されたそう

    たつの城が続く  写真は埋門(下からくぐって入ってくる)
    1670年代には 山麓居館部のみの陣屋形式の城郭として再建されたそう

  • 現在の本丸御殿は、当時を偲ぶ貴重な資料や、現在残る数点の古図に<br />基づき1979に再建したものだそう~

    現在の本丸御殿は、当時を偲ぶ貴重な資料や、現在残る数点の古図に
    基づき1979に再建したものだそう~

  • たつの市は<赤とんぼ>の作詞家三木露風出身の地<br />

    たつの市は<赤とんぼ>の作詞家三木露風出身の地

  • 生家があり、見学可。丁度城の前にあり入ってみるが、普通の民家。<br />(駐車場がないのは不便)

    生家があり、見学可。丁度城の前にあり入ってみるが、普通の民家。
    (駐車場がないのは不便)

  • まわりは趣ある土塀の家など・・醸造所の煙突がみえて・・<br />スケッチのポイントに

    まわりは趣ある土塀の家など・・醸造所の煙突がみえて・・
    スケッチのポイントに

  • よくみると趣向のこらした家。町の所々にこのような家が見られる~

    よくみると趣向のこらした家。町の所々にこのような家が見られる~

  • 暑さもあるせいか人の気配は全くない~

    暑さもあるせいか人の気配は全くない~

  • 西播磨を流れる揖保川はたつの市を通って瀬戸内海に・・<br />日本三大そうめんといわれる、そうめんは この領域の<br /><揖保乃糸>が席捲している<br />

    西播磨を流れる揖保川はたつの市を通って瀬戸内海に・・
    日本三大そうめんといわれる、そうめんは この領域の
    <揖保乃糸>が席捲している

  • 揖保乃糸は、一つのブランド名だと思っていたのだが、兵庫県の<br />協同組合となっている企業が製造する手延べそうめんの<br />統一商標として、1894(明治27)年に誕生したという~ <br />

    揖保乃糸は、一つのブランド名だと思っていたのだが、兵庫県の
    協同組合となっている企業が製造する手延べそうめんの
    統一商標として、1894(明治27)年に誕生したという~ 

  • そうめんの里資料館は、一階にはレストラン、見学・体験できる<br />実演コーナー、土産屋があり、二階はそうめんの歴史、<br />製造工程などの紹介(通常有料なのだが、この時期無料開放)<br /><br />勿論ランチはそうめん会席<br />待ち時間の必要なレストランは久しぶり!<br />

    そうめんの里資料館は、一階にはレストラン、見学・体験できる
    実演コーナー、土産屋があり、二階はそうめんの歴史、
    製造工程などの紹介(通常有料なのだが、この時期無料開放)

    勿論ランチはそうめん会席
    待ち時間の必要なレストランは久しぶり!

  • 早めにたつの市を離れ向かったのが津山市<br />中国山地の中心地となる津山市も城下町から発達してきてる<br /><br />二日目のホテルは宿泊一週間前にオープンしたホテル。<br />部屋から津山城が望めるとあったが・・<br />確かに遥か遠くにみとめられる~

    早めにたつの市を離れ向かったのが津山市
    中国山地の中心地となる津山市も城下町から発達してきてる

    二日目のホテルは宿泊一週間前にオープンしたホテル。
    部屋から津山城が望めるとあったが・・
    確かに遥か遠くにみとめられる~

  • 翌朝、津山市を流れる吉井川を渡って出雲街道の宿場町、真庭市に。<br />

    翌朝、津山市を流れる吉井川を渡って出雲街道の宿場町、真庭市に。

  • 一般道で1時間弱で美作を通り真庭市に。<br /><br />真庭市で観たかった所が、ここ<旧遷喬(せんきょう)尋常小学校><br /><br />

    一般道で1時間弱で美作を通り真庭市に。

    真庭市で観たかった所が、ここ<旧遷喬(せんきょう)尋常小学校>

  • 1907年(明治40年)二階建ての木造建築<br />左右対称の瀟洒な白亜の校舎! これが明治の建物なんて!<br />やはり真近に見たくって~

    1907年(明治40年)二階建ての木造建築
    左右対称の瀟洒な白亜の校舎! これが明治の建物なんて!
    やはり真近に見たくって~

  • 後ろから見た校舎<br />1999年(平成11年)に国の重要文化財に指定されている~<br />

    後ろから見た校舎
    1999年(平成11年)に国の重要文化財に指定されている~

  • 正面にまわり、中央の玄関から入ると、制服がぶら下がっていて。<br />現在コロナで中止しているが、貸出し着用できるそう~<br />

    正面にまわり、中央の玄関から入ると、制服がぶら下がっていて。
    現在コロナで中止しているが、貸出し着用できるそう~

  • 丁寧に磨かれている廊下<br />平成2年には小学校としての役目を終え、現在は一般に公開に。

    丁寧に磨かれている廊下
    平成2年には小学校としての役目を終え、現在は一般に公開に。

  • この学校の設計にあたったのは<江川三郎八><br />玄関わきの部屋にあるのは彼の他の設計の建造物模型<br />

    この学校の設計にあたったのは<江川三郎八>
    玄関わきの部屋にあるのは彼の他の設計の建造物模型

  • 江川三郎八は福島県会津若松の出身で、宮大工の修行をし、<br />後、福島県の建築技師となる。<br />15年のち、岡山に転任し各公共施設の設計、工事監督を担ったという。<br /><br />洋行の経験もないにもかかわらず、ルネサンス風の洋風建築を取り入れて<br />いることに驚きを感ずる~<br />

    江川三郎八は福島県会津若松の出身で、宮大工の修行をし、
    後、福島県の建築技師となる。
    15年のち、岡山に転任し各公共施設の設計、工事監督を担ったという。

    洋行の経験もないにもかかわらず、ルネサンス風の洋風建築を取り入れて
    いることに驚きを感ずる~

  • 外形の優美さと共に評価されているのが、二階の講堂。<br /><二重折り上げ格(ごう)天井>と言われる天井で、二条城等にも・・<br /><br />建築材は真庭市木山国有林の優れた檜、杉材を選定し使用しているそう~<br />

    外形の優美さと共に評価されているのが、二階の講堂。
    <二重折り上げ格(ごう)天井>と言われる天井で、二条城等にも・・

    建築材は真庭市木山国有林の優れた檜、杉材を選定し使用しているそう~

  • 風格ある明治期の洋風の学校建築物は、映画のロケ地としても重宝がられ<br /><ALWAYS 三丁目の夕日> <火垂るの墓>等で登場しているそう~<br />

    風格ある明治期の洋風の学校建築物は、映画のロケ地としても重宝がられ
    <ALWAYS 三丁目の夕日> <火垂るの墓>等で登場しているそう~

  • 車の中からのスケッチを終え、次いで向かったのが、宿場町として<br />整然と残っている勝山地区。 <神橋>を渡って~<br />

    車の中からのスケッチを終え、次いで向かったのが、宿場町として
    整然と残っている勝山地区。 <神橋>を渡って~

  • 橋の上からみた真庭市勝山地区と旭川

    橋の上からみた真庭市勝山地区と旭川

  • 橋を渡ると角には作り酒屋。久しぶりに元気なお店をみた感じ・・<br />二階はレストランだが数組待ち~ 冷甘酒を飲みほっと一息♪<br />

    橋を渡ると角には作り酒屋。久しぶりに元気なお店をみた感じ・・
    二階はレストランだが数組待ち~ 冷甘酒を飲みほっと一息♪

  • 暑さを考えると、町並みを全て歩くのは無理かと思ったが・・<br />通りに沿って結構公共の駐車場が整備されている。<br /><br /><br />

    暑さを考えると、町並みを全て歩くのは無理かと思ったが・・
    通りに沿って結構公共の駐車場が整備されている。


  • 江戸時代の建物が残る勝山の町並みは南北800mになるそう~<br />目を引くのは <のれん>

    江戸時代の建物が残る勝山の町並みは南北800mになるそう~
    目を引くのは <のれん>

  • 町並みの軒先にゆれる<のれん>がこの勝山地区の魅力として<br />発信されている~<br />自転車屋さんの<のれん>

    町並みの軒先にゆれる<のれん>がこの勝山地区の魅力として
    発信されている~
    自転車屋さんの<のれん>

  • <のれん>の町 キャッチコピー<br />『さえぎってるけど、行き来ができる。目隠しになり、それでいて<br />ちょっと入りたくなる気を起こさせる。<br />眺めて楽しい。そして看板にもなる。』

    <のれん>の町 キャッチコピー
    『さえぎってるけど、行き来ができる。目隠しになり、それでいて
    ちょっと入りたくなる気を起こさせる。
    眺めて楽しい。そして看板にもなる。』

  • 余り変化のない建物でも、確かに<のれん>ひとつで気持ちが<br />華やぐ・・

    余り変化のない建物でも、確かに<のれん>ひとつで気持ちが
    華やぐ・・

  • 教会にも、トイレにも<のれん>が・・

    教会にも、トイレにも<のれん>が・・

  • こちらは<勝山郷土資料館><br />市内の遺跡から出土した資料を始めとした紹介~<br />と言っても入館したのは夫だけ(余り歩けない、暑さ除けには重宝<br />と言ったら申し訳ない?)<br /><br />

    こちらは<勝山郷土資料館>
    市内の遺跡から出土した資料を始めとした紹介~
    と言っても入館したのは夫だけ(余り歩けない、暑さ除けには重宝
    と言ったら申し訳ない?)

  • 文豪谷崎潤一郎は終戦まじかにここ城下町勝山に疎開したという

    文豪谷崎潤一郎は終戦まじかにここ城下町勝山に疎開したという

  • メインの通りから山側をみて‥ 三浦坂 先には急な階段が続く~<br />

    メインの通りから山側をみて‥ 三浦坂 先には急な階段が続く~

  • 一本南の山側に続く道 ここ出雲街道は山側に入っていく

    一本南の山側に続く道 ここ出雲街道は山側に入っていく

  • 勝山地区は、美作勝山藩の城下町として、出雲街道などの交通の<br />要塞として栄えたそう~<br />白壁、格子窓、つし(厨子)など風格ある建物にポイントの<のれん><br />

    勝山地区は、美作勝山藩の城下町として、出雲街道などの交通の
    要塞として栄えたそう~
    白壁、格子窓、つし(厨子)など風格ある建物にポイントの<のれん>

  • 暖簾に見とれ歩いていると上の方を見ず、伝統建造物全体を見過ごして<br />しまいそう~<br />

    暖簾に見とれ歩いていると上の方を見ず、伝統建造物全体を見過ごして
    しまいそう~

  • 今度は川に向かっての道~ 進んで行くと中橋(歩行者専用)という橋が<br />旭川にかかっている  (奥に見えるのは、入ってきた<神橋>)<br />

    今度は川に向かっての道~ 進んで行くと中橋(歩行者専用)という橋が
    旭川にかかっている  (奥に見えるのは、入ってきた<神橋>)

  • この橋のたもとに<高瀬舟船場跡>の碑が・・<br />底の浅い高瀬舟に塩や干し海老などの海産物を乗せ、旭川を遡って<br />美作の山中まで輸送していたそう~<br />

    この橋のたもとに<高瀬舟船場跡>の碑が・・
    底の浅い高瀬舟に塩や干し海老などの海産物を乗せ、旭川を遡って
    美作の山中まで輸送していたそう~

  • 旭川からみた町並み♪ 低い山に囲まれた豊かで長閑な日本の風景~<br />観光地化されていない静けさが何ともいえない。<br />

    旭川からみた町並み♪ 低い山に囲まれた豊かで長閑な日本の風景~
    観光地化されていない静けさが何ともいえない。

  • <のれん>による町おこし”の発信源になっている『ひのき草木染織工房』<br />旧家の酒屋を工房にし、暖簾を掲げたところ、<br />町の人々の目に留まったという<br />

    <のれん>による町おこし”の発信源になっている『ひのき草木染織工房』
    旧家の酒屋を工房にし、暖簾を掲げたところ、
    町の人々の目に留まったという

  • 工房の中。それぞれの商売や仕事にあった個性的な暖簾を<br />デザイン・作成し、今では110枚もの暖簾が町を彩っているという~<br />

    工房の中。それぞれの商売や仕事にあった個性的な暖簾を
    デザイン・作成し、今では110枚もの暖簾が町を彩っているという~

  • 暖簾をくぐり中を覗いてみたい気持ちにさせられる・・<br />歩いていてとっても楽しい町!<br />

    暖簾をくぐり中を覗いてみたい気持ちにさせられる・・
    歩いていてとっても楽しい町!

  • 看板、のぼり等もなく、落ち着いた調和された町並み。<br />道も御影石風の石に舗装されており、歩きやすい~<br />でも、歩いている人はまばら・・<br /><br />

    看板、のぼり等もなく、落ち着いた調和された町並み。
    道も御影石風の石に舗装されており、歩きやすい~
    でも、歩いている人はまばら・・

  • 渋い草木染の暖簾 色合いは地味でもデザインはモダンであったり・・<br />のれん作家と住まい手の共同作品だという<br />

    渋い草木染の暖簾 色合いは地味でもデザインはモダンであったり・・
    のれん作家と住まい手の共同作品だという

  • 強い日差しの中、日傘、カメラをもっての町歩き<br />もっと良い季節だったらゆったり出来ただろうなぁと<br />思いながら、印象深い真庭市勝山地区を後にする。<br /><br />終わり~

    強い日差しの中、日傘、カメラをもっての町歩き
    もっと良い季節だったらゆったり出来ただろうなぁと
    思いながら、印象深い真庭市勝山地区を後にする。

    終わり~

この旅行記のタグ

関連タグ

20いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • pedaruさん 2020/09/03 07:35:21
    出雲街道
    パルファンさん おはようございます。

    夢多き出雲街道をたどればどこも涙ものの訪れたい街の連続、行ってみたいところばかりで困ります。とりあえずは今の時期、パルファンさんの旅行記を楽しんでいます。

    スケッチ、今回も登場しましたね、空間が感じられないと仰いますが、そんなことはありません。一番表したい社殿を中心に、色濃く表現し、ほかの建物は淡い色で控えめに、とってもいい絵です、メリハリが効いていて、重厚な感じもあります。
    旅先では建物を描くのは自分の首を絞めるようで、選んで苦痛を味わうようなものですね、時間はかかるし、構図も色合いも、難しい、しかし描き上げたときの満足感はまた格別です。前回の建物も素敵でした。

    モロッコでは2枚しか描きませんでした、スケッチブックを開く心の余裕が無いほど、緊張していたのかな?と思っています。

    pedaru

    パルファン

    パルファンさん からの返信 2020/09/03 23:08:21
    RE: 出雲街道
    pedaruさん、

    モロッコで描いた2枚は、砂漠とラクダの絵ですよね。
    二枚とも、広大な風景を切り取り構図も素晴らしい〜

    今回のも、幾重にも続く砂漠の感じがとってもよく出ていて、
    更に憎いことに日の入り(日の出?)の光までも描いて・・

    pedaruさんの旅行記にコメントしようと思いながら
    こちらで記してしまいました〜

    さて、パルファンのは・・
    近場で出かける旅は、つい歴史的な所が多く、自然旧街道などの
    ある町並みで・・
    となると自然スケッチは建物が中心になって・・
    でも、でもだんだん飽きてきました〜
    といっても砂漠を切り取る技量もないのですが・・

    さて、溜まっていた旅行記を書きあげたそうですね。
    次はどんな展開をみせるのでしょう?
    楽しみにしております。

    パルファン

  • ばねおさん 2020/09/03 05:41:06
    たつの市の三木さん
    パルファンさん こんにちは

    訪問地のひとつ、たつの市が三木清の出身地であることをはじめて知りました。
    三木露風もですね。
    写真には他の三木姓の名前も写っていましたが、同地には三木姓が多いのでしょうか。

    三木清は治安維持法で投獄され、最後は悲惨な死を獄中で迎えていますが、出身地における評価はどのようなものなのでしょうか。

    観光的には三木露風のほうが、いわば扱いやすい存在だろうと思いますが、1920年代のパリに登場する日本人の一人として関心をもっております。

    旅行記には書かれなかったことで、何かお気づきの点があればお教えください。

    ばねお

    パルファン

    パルファンさん からの返信 2020/09/03 23:03:58
    RE: たつの市の三木さん
    ばねおさん、こんばんは〜

    もう、秋の気配を感じるというパリの様子、
    ルクサンブール公園だって木々が色づいてますものね。
    一気に秋に突き進んでいくパリ・・春には行かれるかなぁ〜

    三木清がドイツ・フランスに青年時代に行っていたというのは初めて知りました。
    というより、<人生論ノート>という本を著した哲学者という
    ことしか知らなかったもので・・
    勿論、治安維持法により投獄され、獄死されたことも知らなく・・


    <あの日を生きた先人たち>という8月の特別企画は
    たつの市にとって是非皆に知って欲しかったことなのでしょう。
    非常に丁寧に知らべ紹介されていました。

    <内海信之>という詩人なども初めて知りました。
    1939年に「ヒツトラーに与(あた)ふ」との作品を発表。
    「偏見と卑情を煽(あお)り ユダヤ人を殺し、家を壊(こぼ)ち」
    とナチス政権を痛烈に批判した詩人の紹介は印象的でした〜

    長々とすみません。
    ばねおさんのコメントに沿った内容にならなかったですね。

    秋、冬にむかってのパリの紹介を又楽しみにしています〜

    パルファン

パルファンさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

宍粟の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集