バリ島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
バリ舞踊はインドネシアのバリ島でバリ・ヒンドゥーの儀式や冠婚葬祭の際に演じられる舞踊。各寺院には専属ダンサーがいる。バリ民族にとってバリ舞踊は生活やヒンドゥー教に欠かせない。 <br />バリの舞踊は高度にパターン化されており、静から動、動から静へと反復構造で進行する。その所作の全てがガムランの音楽と密接に連携する点が特徴となっている。 <br /><br />バリ島の祭礼や儀礼には、必ず舞踊が伴う。今日では、舞踊芸術のケチャやレゴン、バロン・ダンス、憑依舞踊のサンヒャン・ドゥダリがよく知られている。これらは、元来は共同体の宗教儀礼として行なわれてきたものであるが、実際に観光客に見せているのは、共同体の祭祀からは切り離され観光用に仕組まれたレパートリーである。すなわち、オランダ植民統治時代に当時の中心地シガラジャでクビヤールと呼ばれる舞踊・音楽・ガムラン編成が生まれており、そして、1920年代後半に観光客を運ぶ運転手を通じて瞬く間に南部にも広がり、観光のための創作活動が盛んになり、舞踊芸術が宗教的文脈から切り離されていったのである。 <br /><br />ワリは、寺院で儀式として奉納される神聖な舞台芸術。 <br />ブバリブバリは、寺院で儀式として奉納されるが、人前で観賞用に演じられる事もある。 <br />バリバリアンは、娯楽として人前で観賞用に演じられる舞台芸術<br />ケチャ  観光客の間で最もポピュラーな舞踊。ワヤンリンマバとダンスカンパニーが世界ツアーで紹介し、世界中で人気を得た。<br />チャロンアラン バロンとランダの戦いをモチーフとする宗教儀礼。19世紀末に成立し、その後、観光客向けに演劇性を高めた形式となり全島に普及。<br />・・これら3つの様式が2015年に「Three genres of traditional dance in Bali」としてユネスコの無形文化遺産に登録された。<br />(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)<br /><br />レゴン(legong)とは、バリ島で見られる観賞用の女性舞踊である。バリ島女性舞踊の代名詞となっており、その演目は20種類にも及ぶ。 <br /><br />バリ舞踊 については・・<br />https://welove.expedia.co.jp/destination/asia/indonesia/22596/<br /><br />バリ島(Pulau Bali)は、東南アジアのインドネシア共和国バリ州に属する島である。首都ジャカルタがあるジャワ島のすぐ東側に位置し、周辺の諸島とともにバリ州を構成する。2014年の島内人口は約422万人。バリ・ヒンドゥーが根ざした地域として知られるが、1990年代以降、イスラム教徒の移民流入が目立つようになっている。 <br /><br />バリ島は環太平洋造山帯に属する小スンダ列島の西端に位置している。島の東にはロンボク島があり、西にはジャワ島がある。バリ海峡のもっとも狭い所は3キロほどであり、バリの海岸からはジャワ島の姿形をとらえることができる。 <br />バリ島の面積は5,633km2。島の北部を東西に火山脈が走り、バリ・ヒンドゥーにおいて信仰の山とされるアグン山(標高 3,142 メートル)やキンタマーニ高原で知られるバトゥール山(標高 1,717メートル)など多くの火山を有している。バトゥール山近辺には温泉も湧出している。この火山帯の活動により、バリ島の土壌はきわめて肥沃なものとなってきたと同時に、時に人々に災害をもたらしてきた。 <br /><br />そして、バリ島の南部では、火山脈に位置するブラタン湖などの湖水からの流れが下流域に向かって分岐している。その分岐と水量は古来より計算通りに案配されてきたものであり、スバックと呼ばれる伝統的な水利組織によって21世紀初頭までその自然環境とともに維持されている。そして、この水系によって島の南側全体が緑にあふれる土地になっている。 <br />(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)<br /><br />バリ島の観光 については・・<br />https://bali-oh.com/<br />https://www.wbf.co.jp/bali/tour/choice-tour.php

バリ島/1994年-4 バリ舞踊=無形文化遺産=鑑賞 ☆チャロンアラン・ケチャ・レゴンなど

6いいね!

1994/07/24 - 1994/07/29

10127位(同エリア16260件中)

0

26

マキタン

マキタンさん

バリ舞踊はインドネシアのバリ島でバリ・ヒンドゥーの儀式や冠婚葬祭の際に演じられる舞踊。各寺院には専属ダンサーがいる。バリ民族にとってバリ舞踊は生活やヒンドゥー教に欠かせない。
バリの舞踊は高度にパターン化されており、静から動、動から静へと反復構造で進行する。その所作の全てがガムランの音楽と密接に連携する点が特徴となっている。

バリ島の祭礼や儀礼には、必ず舞踊が伴う。今日では、舞踊芸術のケチャやレゴン、バロン・ダンス、憑依舞踊のサンヒャン・ドゥダリがよく知られている。これらは、元来は共同体の宗教儀礼として行なわれてきたものであるが、実際に観光客に見せているのは、共同体の祭祀からは切り離され観光用に仕組まれたレパートリーである。すなわち、オランダ植民統治時代に当時の中心地シガラジャでクビヤールと呼ばれる舞踊・音楽・ガムラン編成が生まれており、そして、1920年代後半に観光客を運ぶ運転手を通じて瞬く間に南部にも広がり、観光のための創作活動が盛んになり、舞踊芸術が宗教的文脈から切り離されていったのである。

ワリは、寺院で儀式として奉納される神聖な舞台芸術。
ブバリブバリは、寺院で儀式として奉納されるが、人前で観賞用に演じられる事もある。
バリバリアンは、娯楽として人前で観賞用に演じられる舞台芸術
ケチャ 観光客の間で最もポピュラーな舞踊。ワヤンリンマバとダンスカンパニーが世界ツアーで紹介し、世界中で人気を得た。
チャロンアラン バロンとランダの戦いをモチーフとする宗教儀礼。19世紀末に成立し、その後、観光客向けに演劇性を高めた形式となり全島に普及。
・・これら3つの様式が2015年に「Three genres of traditional dance in Bali」としてユネスコの無形文化遺産に登録された。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

レゴン(legong)とは、バリ島で見られる観賞用の女性舞踊である。バリ島女性舞踊の代名詞となっており、その演目は20種類にも及ぶ。

バリ舞踊 については・・
https://welove.expedia.co.jp/destination/asia/indonesia/22596/

バリ島(Pulau Bali)は、東南アジアのインドネシア共和国バリ州に属する島である。首都ジャカルタがあるジャワ島のすぐ東側に位置し、周辺の諸島とともにバリ州を構成する。2014年の島内人口は約422万人。バリ・ヒンドゥーが根ざした地域として知られるが、1990年代以降、イスラム教徒の移民流入が目立つようになっている。

バリ島は環太平洋造山帯に属する小スンダ列島の西端に位置している。島の東にはロンボク島があり、西にはジャワ島がある。バリ海峡のもっとも狭い所は3キロほどであり、バリの海岸からはジャワ島の姿形をとらえることができる。
バリ島の面積は5,633km2。島の北部を東西に火山脈が走り、バリ・ヒンドゥーにおいて信仰の山とされるアグン山(標高 3,142 メートル)やキンタマーニ高原で知られるバトゥール山(標高 1,717メートル)など多くの火山を有している。バトゥール山近辺には温泉も湧出している。この火山帯の活動により、バリ島の土壌はきわめて肥沃なものとなってきたと同時に、時に人々に災害をもたらしてきた。

そして、バリ島の南部では、火山脈に位置するブラタン湖などの湖水からの流れが下流域に向かって分岐している。その分岐と水量は古来より計算通りに案配されてきたものであり、スバックと呼ばれる伝統的な水利組織によって21世紀初頭までその自然環境とともに維持されている。そして、この水系によって島の南側全体が緑にあふれる土地になっている。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用)

バリ島の観光 については・・
https://bali-oh.com/
https://www.wbf.co.jp/bali/tour/choice-tour.php

旅行の満足度
5.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
タクシー 飛行機
航空会社
ガルーダインドネシア航空 JAL
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行なし)
利用旅行会社
ジャルパック

この旅行記のタグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マキタンさんの関連旅行記

マキタンさんの旅行記一覧

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

インドネシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インドネシア最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドネシアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集