ランス (シャンパーニュアルデンヌ地方)旅行記(ブログ) 一覧に戻る
シャンパーニュ地方のランスに一泊して半日観光をしました。<br />市内交通1日券(4.1ユーロ)を購入し、バス・トラムを利用してサン・レミ・バジリカ聖堂、ノートルダム大聖堂、トー宮殿、フジタ礼拝堂などを見学しました。

2019年9月フランス個人旅行 ~ランス~

5いいね!

2019/09/29 - 2019/09/29

104位(同エリア186件中)

0

36

WAMさん

シャンパーニュ地方のランスに一泊して半日観光をしました。
市内交通1日券(4.1ユーロ)を購入し、バス・トラムを利用してサン・レミ・バジリカ聖堂、ノートルダム大聖堂、トー宮殿、フジタ礼拝堂などを見学しました。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • フランス国鉄のランス駅です。駅前広場にはバスとトラムの停留所があります。まず、4番のバスでサン・レミ・バジリカ聖堂を目指しました。

    フランス国鉄のランス駅です。駅前広場にはバスとトラムの停留所があります。まず、4番のバスでサン・レミ・バジリカ聖堂を目指しました。

  • 世界遺産のサン・レミ・バジリカ聖堂です。2本の塔を持つロマネスク・ゴシックの建物です。11世紀に建てられました。

    世界遺産のサン・レミ・バジリカ聖堂です。2本の塔を持つロマネスク・ゴシックの建物です。11世紀に建てられました。

  • サン・レミは496年にフランク王国の初代国王クロヴィスに洗礼を授けました。その場面の像があります。

    サン・レミは496年にフランク王国の初代国王クロヴィスに洗礼を授けました。その場面の像があります。

  • 広々とした聖堂の内部です。厳かな雰囲気でした。

    広々とした聖堂の内部です。厳かな雰囲気でした。

  • サン・レミの大きな石棺があります。

    サン・レミの大きな石棺があります。

  • 西側のバラ窓とステンドグラスです。

    西側のバラ窓とステンドグラスです。

  • サン・レミ博物館です。サン・レミ・バジリカ聖堂の隣にあります。<br />再びバスに乗って中心部に戻りました。

    サン・レミ博物館です。サン・レミ・バジリカ聖堂の隣にあります。
    再びバスに乗って中心部に戻りました。

  • デルロン広場です。周辺にレストランなどが並ぶ繁華街です。

    デルロン広場です。周辺にレストランなどが並ぶ繁華街です。

  • デルロン広場の南端にある噴水です。左奥にサン・ジャック教会があります。

    デルロン広場の南端にある噴水です。左奥にサン・ジャック教会があります。

  • ロマネスク様式のサン・ジャック教会です。地元の人々が礼拝に来ていました。

    ロマネスク様式のサン・ジャック教会です。地元の人々が礼拝に来ていました。

  • 教会の内部です。第一次世界大戦で破壊され、修復されたそうです。

    教会の内部です。第一次世界大戦で破壊され、修復されたそうです。

  • 教会のステンドグラスも20世紀のものだそうです。

    教会のステンドグラスも20世紀のものだそうです。

  • サン・ジャック教会の南側はトラムの通るヴェル通りです。オペラ劇場がありました。

    サン・ジャック教会の南側はトラムの通るヴェル通りです。オペラ劇場がありました。

  • こちらは裁判所です。裏側に公衆トイレがありました。

    こちらは裁判所です。裏側に公衆トイレがありました。

  • 13世紀に建てられたゴシック様式のノートルダム大聖堂です。1825年のシャルル10世まで歴代フランス国王の戴冠式が行われたそうです。

    13世紀に建てられたゴシック様式のノートルダム大聖堂です。1825年のシャルル10世まで歴代フランス国王の戴冠式が行われたそうです。

  • 大聖堂の外壁にはたくさんの彫像が据え付けられています。

    大聖堂の外壁にはたくさんの彫像が据え付けられています。

  • 有名な「微笑む天使」です。

    有名な「微笑む天使」です。

  • 大聖堂の内部です。1962年にここでフランスとドイツの和解の儀式が行われたそうです。

    大聖堂の内部です。1962年にここでフランスとドイツの和解の儀式が行われたそうです。

  • シャガールが制作したステンドグラスです。

    シャガールが制作したステンドグラスです。

  • 大きなバラ窓もありました。

    大きなバラ窓もありました。

  • ジャンヌ・ダルク像です。1429年のシャルル7世の戴冠式に出席したそうです。

    ジャンヌ・ダルク像です。1429年のシャルル7世の戴冠式に出席したそうです。

  • 大聖堂前の広場にはジャンヌ・ダルクの騎馬像がありました。

    大聖堂前の広場にはジャンヌ・ダルクの騎馬像がありました。

  • 大聖堂の隣にはトー宮殿があります。かつてのランス司教館で、現在は博物館になっています。入館料は8ユーロでした。

    大聖堂の隣にはトー宮殿があります。かつてのランス司教館で、現在は博物館になっています。入館料は8ユーロでした。

  • チャペルがあります。

    チャペルがあります。

  • フランス国王の戴冠式に関連した宝物が展示されています。ルイ15世の王冠です。

    フランス国王の戴冠式に関連した宝物が展示されています。ルイ15世の王冠です。

  • シャルル10世の玉座です。

    シャルル10世の玉座です。

  • かつて大聖堂にあった大きな彫像も展示されています。<br />

    かつて大聖堂にあった大きな彫像も展示されています。

  • ロワイヤル広場です。中央の像はランスで戴冠式を行ったルイ15世です。

    ロワイヤル広場です。中央の像はランスで戴冠式を行ったルイ15世です。

  • ランス市庁舎です。左右対称の壮麗なネオ・クラシックの建物です。<br />ここからトラムに乗ってフジタ礼拝堂に行きました。

    ランス市庁舎です。左右対称の壮麗なネオ・クラシックの建物です。
    ここからトラムに乗ってフジタ礼拝堂に行きました。

  • ランスのトラムは正面がシャンパングラスの形をしています。

    ランスのトラムは正面がシャンパングラスの形をしています。

  • トラムの停留所近くにあるマルス門です。古代ローマの大きな凱旋門が残されています。<br />フジタ礼拝堂に向かってシャン・ド・マルス通りを歩きます。

    トラムの停留所近くにあるマルス門です。古代ローマの大きな凱旋門が残されています。
    フジタ礼拝堂に向かってシャン・ド・マルス通りを歩きます。

  • 途中、シャンパンメーカーのGHマムがありました。

    途中、シャンパンメーカーのGHマムがありました。

  • フジタ礼拝堂です。画家の藤田嗣治が晩年に建てた小さな礼拝堂です。入館料は5ユーロでした。

    フジタ礼拝堂です。画家の藤田嗣治が晩年に建てた小さな礼拝堂です。入館料は5ユーロでした。

  • 礼拝堂の壁はフレスコ画で覆われています。藤田嗣治と君代夫人の墓もありました。

    礼拝堂の壁はフレスコ画で覆われています。藤田嗣治と君代夫人の墓もありました。

  • キリストの生涯を描いたフレスコ画です。

    キリストの生涯を描いたフレスコ画です。

  • 鮮やかなステンドグラスもありました。<br />これでランスの街歩きを終え、フジタ礼拝堂近くのバス停から11番のバスでランス駅に戻りました。

    鮮やかなステンドグラスもありました。
    これでランスの街歩きを終え、フジタ礼拝堂近くのバス停から11番のバスでランス駅に戻りました。

この旅行記のタグ

関連タグ

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

WAMさんの関連旅行記

WAMさんの旅行記一覧

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集