フィリップスブルフ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2015年3月に初めてセントマーチンを訪れ、感動して再訪を誓ったものの2016年にKLMのジャンボ撤退に続き、2017年のハリケーンによる壊滅的被害と訪問出来ませんでした。<br /><br />2014年にセントマーチンに行く為に、アメックス・デルタゴールドカードを作成し、デルタのゴールドメダリオン会員資格を得ましたが、資格維持ルールの改定でゴールド資格も2019年12月までなった事もあり、保有マイルを使っての再訪となりました。<br /><br />ただ、成田発の日程では特典航空券の必要マイル数がばか高だったことからICN発で手配し、ICNまではANAの特典航空券を使うことで旅することになりました。<br /><br />よって今回の行程は<br />12/2 羽田-ANA-福岡<br />12/3 福岡-OZ-ソウル-DL-ミネアポリス<br />12/4 ミネアポリス-DL-ニューヨーク(JFK)<br />12/5 ニューヨーク(JFK)-DL-セントマーチン<br />12/7 セントマーチン-DL-ニューヨーク<br />12/8 ニューヨーク-CI<br />12/9 -台北-CI-ソウル-OZ-成田<br />となりました。<br /><br />その6はセント・マーチンの最終日。そして帰路についてをご紹介しますが、飛行機に興味の無い方はつまらないかも知れません。

二度目のセントマーチンその6

0いいね!

2019/12/02 - 2019/12/09

91位(同エリア89件中)

旅行記グループ 二度目のセントマーチン

0

30

TRAVAIR

TRAVAIRさん

2015年3月に初めてセントマーチンを訪れ、感動して再訪を誓ったものの2016年にKLMのジャンボ撤退に続き、2017年のハリケーンによる壊滅的被害と訪問出来ませんでした。

2014年にセントマーチンに行く為に、アメックス・デルタゴールドカードを作成し、デルタのゴールドメダリオン会員資格を得ましたが、資格維持ルールの改定でゴールド資格も2019年12月までなった事もあり、保有マイルを使っての再訪となりました。

ただ、成田発の日程では特典航空券の必要マイル数がばか高だったことからICN発で手配し、ICNまではANAの特典航空券を使うことで旅することになりました。

よって今回の行程は
12/2 羽田-ANA-福岡
12/3 福岡-OZ-ソウル-DL-ミネアポリス
12/4 ミネアポリス-DL-ニューヨーク(JFK)
12/5 ニューヨーク(JFK)-DL-セントマーチン
12/7 セントマーチン-DL-ニューヨーク
12/8 ニューヨーク-CI
12/9 -台北-CI-ソウル-OZ-成田
となりました。

その6はセント・マーチンの最終日。そして帰路についてをご紹介しますが、飛行機に興味の無い方はつまらないかも知れません。

旅行の満足度
4.0
グルメ
4.0
ショッピング
2.5
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
タクシー 徒歩 飛行機
航空会社
チャイナエアライン デルタ航空 アシアナ航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 12月7日、セントマーチン最終滞在日です。<br />15:06出発のデルタ300便で出発しJFKで中華航空(CI)に乗継ぎ、台北、ソウル経由で成田までのロングフライトになります。<br /><br />今日が一番ジェット機の運航回数が多い日なのですが、15時に出発となるとホテルを13時過ぎには出て空港に向かう必要があり、撮影出来る便は限られてしまいます。

    12月7日、セントマーチン最終滞在日です。
    15:06出発のデルタ300便で出発しJFKで中華航空(CI)に乗継ぎ、台北、ソウル経由で成田までのロングフライトになります。

    今日が一番ジェット機の運航回数が多い日なのですが、15時に出発となるとホテルを13時過ぎには出て空港に向かう必要があり、撮影出来る便は限られてしまいます。

    ソネスタ マホ ビーチ リゾート カジノ&スパ ホテル

    リノベーションされて復活しました。 by TRAVAIRさん
  • 今日もオーシャンテラスでの朝食にしました。他のレストランだとオープンが少し遅いので残念ながら今日も同じになってしました。

    今日もオーシャンテラスでの朝食にしました。他のレストランだとオープンが少し遅いので残念ながら今日も同じになってしました。

  • ちなみに朝食は洋食のビュッフェスタイルの料理が並んでいます。

    ちなみに朝食は洋食のビュッフェスタイルの料理が並んでいます。

  • こちらは温かい料理です。<br />ベーコーンにスクランブルエッグ、マッシュポテトなどとまあありきたりです。

    こちらは温かい料理です。
    ベーコーンにスクランブルエッグ、マッシュポテトなどとまあありきたりです。

  • こちらがオープンキッチンでパンケーキと例のオムレツを作ってくれます。<br />

    こちらがオープンキッチンでパンケーキと例のオムレツを作ってくれます。

  • さて、今日は朝のカリビアン航空とお昼にやってくっるコパとユナイテッドの3便がターゲットです。<br />なので朝食後はマホビーチに向かいます。<br /><br />そうそうこの辺にウエルカム セント・マーチンの看板があった筈なんですよね。<br /><br />この日の撮影レポートはこちらです。<br />https://blog.travair.jp/?p=17243

    さて、今日は朝のカリビアン航空とお昼にやってくっるコパとユナイテッドの3便がターゲットです。
    なので朝食後はマホビーチに向かいます。

    そうそうこの辺にウエルカム セント・マーチンの看板があった筈なんですよね。

    この日の撮影レポートはこちらです。
    https://blog.travair.jp/?p=17243

  • カリビアン航空の撮影後は時間が開くのでホテルに戻り、荷支度をしながらベランダでやって来るリジョーナル機を撮影します。<br /><br />ホテルのチェックアウトは11時なので、ギリギリまで部屋にいました。<br />まあ皆さん同じことを考えるのか11時少し前に1階におりようとしたらエレベーターが混雑して、途中階では乗り切らない状態でしたね。<br /><br />チェックイン時にビーチタオルの引換券を貰ったのですが、ビーチタオルは使わなかったので、その券をチェックアウト時に持参すると10ドルの返金があると書いてましたが、既に宿泊料金はHotel.comで予約時に支払っているので返金されなかったです。<br /><br />荷物を預けて時間までマホビーチに繰り出します。

    カリビアン航空の撮影後は時間が開くのでホテルに戻り、荷支度をしながらベランダでやって来るリジョーナル機を撮影します。

    ホテルのチェックアウトは11時なので、ギリギリまで部屋にいました。
    まあ皆さん同じことを考えるのか11時少し前に1階におりようとしたらエレベーターが混雑して、途中階では乗り切らない状態でしたね。

    チェックイン時にビーチタオルの引換券を貰ったのですが、ビーチタオルは使わなかったので、その券をチェックアウト時に持参すると10ドルの返金があると書いてましたが、既に宿泊料金はHotel.comで予約時に支払っているので返金されなかったです。

    荷物を預けて時間までマホビーチに繰り出します。

  • 今回はホテルで飲食したので最後のお昼はココでと言うことで、メニューを貰って何にしようかなぁ~と<br />

    今回はホテルで飲食したので最後のお昼はココでと言うことで、メニューを貰って何にしようかなぁ~と

    サンセットバー&グリル バー

    セント・マーチン随一のレストラン by TRAVAIRさん
  • うーんどれもいいよなぁ<br />で結局ハンバーガーで〆ることにしました。<br />結構、ココはハンバーガーに限らず料理は美味しいと思うのですが、それはマホビーチのスパイスが効いているからでしょうかね。<br /><br />今回の旅では現金を400ドル用意してましたがセント・マーチンではオールインクルーシブホテルでお金を使わなったので150ドルも余ってました。<br />ミネアポリスやJFKではカードを使ったのもありますが、意外と使わなったです。<br />

    うーんどれもいいよなぁ
    で結局ハンバーガーで〆ることにしました。
    結構、ココはハンバーガーに限らず料理は美味しいと思うのですが、それはマホビーチのスパイスが効いているからでしょうかね。

    今回の旅では現金を400ドル用意してましたがセント・マーチンではオールインクルーシブホテルでお金を使わなったので150ドルも余ってました。
    ミネアポリスやJFKではカードを使ったのもありますが、意外と使わなったです。

  • 出発ロビーは狭く人も多かったですが、デルタのチェックインカウンターは空いており、すんなりチェックインに辿り着きました。<br />最終目的地はソウルですが、日本のパスポートなのでソウルから航空券の提示を求められ、ANAで発券してEチケットの控えを見せて無事にJFKまでとJFKからTPEまでの搭乗券を貰いました。<br /><br />

    出発ロビーは狭く人も多かったですが、デルタのチェックインカウンターは空いており、すんなりチェックインに辿り着きました。
    最終目的地はソウルですが、日本のパスポートなのでソウルから航空券の提示を求められ、ANAで発券してEチケットの控えを見せて無事にJFKまでとJFKからTPEまでの搭乗券を貰いました。

  • セキュリティチェックは少し待ちましたが3台のX線検査機がフル稼働で処理して10分程の待ち時間で済み、出国審査も早く搭乗開始の30分前にはLCCターミナルみたいな仮設の搭乗待合室に辿りつくことが出来ました。<br /><br />売店もありますが、仮設で狭くて混んでいたので搭乗口近くで待つことにしました。<br />これならあと30分マホビーチに居ても大丈夫だっかも。<br />丁度、UAのB737がニューアークに向けて出発するところでしたのでガラス越しに撮影しました。

    セキュリティチェックは少し待ちましたが3台のX線検査機がフル稼働で処理して10分程の待ち時間で済み、出国審査も早く搭乗開始の30分前にはLCCターミナルみたいな仮設の搭乗待合室に辿りつくことが出来ました。

    売店もありますが、仮設で狭くて混んでいたので搭乗口近くで待つことにしました。
    これならあと30分マホビーチに居ても大丈夫だっかも。
    丁度、UAのB737がニューアークに向けて出発するところでしたのでガラス越しに撮影しました。

  • 搭乗予定時刻とおりに搭乗開始となり、ビジネス、コンフォートプラスに続いての優先搭乗だったので最初のバスに乗れました。<br /><br />ゲートに近い便だと機材まで徒歩移動なのですが、今日は搭乗待合室から遠い1番スポットにDL機が入っているのでバスでの移動です。<br />

    搭乗予定時刻とおりに搭乗開始となり、ビジネス、コンフォートプラスに続いての優先搭乗だったので最初のバスに乗れました。

    ゲートに近い便だと機材まで徒歩移動なのですが、今日は搭乗待合室から遠い1番スポットにDL機が入っているのでバスでの移動です。

  • 駐機場に居るB757(N685DA)に乗り込みますが、よく見れば行きにJFKからSXMまで乗った機材と同じでビックリ。<br /><br />さらに27Aの座席は~と通路を歩いていき、通路から座席に入ろうとしたらCAさんから「セントマーチン本語で声を掛けられるとは思っても見ませんでしたからね。<br /><br />「いいとこですよね」と答えると「セントマーチンにこられる日本人は少ないですけど、いかがでしたか?」と日本語で尋ねられてビックリ。<br />日本路線ならいざ知らずカリブ路線で日本語はまず聞きませんから。<br />「いいところですね、マホビーチだけですけどね~、だいたい日本人だと航空ファン位じゃないですか?」などと話しをするとJFKベースのクルーの方でした。<br /><br />そう言えば前回はマホビーチで日本人の航空ファンを見ましたが今回は見かけませんでしたね。<br />

    駐機場に居るB757(N685DA)に乗り込みますが、よく見れば行きにJFKからSXMまで乗った機材と同じでビックリ。

    さらに27Aの座席は~と通路を歩いていき、通路から座席に入ろうとしたらCAさんから「セントマーチン本語で声を掛けられるとは思っても見ませんでしたからね。

    「いいとこですよね」と答えると「セントマーチンにこられる日本人は少ないですけど、いかがでしたか?」と日本語で尋ねられてビックリ。
    日本路線ならいざ知らずカリブ路線で日本語はまず聞きませんから。
    「いいところですね、マホビーチだけですけどね~、だいたい日本人だと航空ファン位じゃないですか?」などと話しをするとJFKベースのクルーの方でした。

    そう言えば前回はマホビーチで日本人の航空ファンを見ましたが今回は見かけませんでしたね。

    プリンセス ジュリアナ国際空港 (SXM) 空港

  • デルタ機は定刻にプッシュバックをはじめ、RWY28から離陸しました。<br />JFKまでは4時間のフライトです。スナックとドリンクのサービスがありその後、タブレットで読書をしていたら睡魔に襲われで落ちてしまいました。<br /><br /><br />

    デルタ機は定刻にプッシュバックをはじめ、RWY28から離陸しました。
    JFKまでは4時間のフライトです。スナックとドリンクのサービスがありその後、タブレットで読書をしていたら睡魔に襲われで落ちてしまいました。


  • 目が覚めると、日没直後の風景が綺麗に見えました。<br />この後、降下が始まり夜のJFKには定刻よりも早く18:10に4Rに着陸したのですが、この後ターミナル4の手前でスポットが空いて無いということホールドとなり、スポットに入ったには18:47で定刻より僅かに早いだけになりました。<br /><br />この後は台北行きのCI11に乗継ぎですが、アメリカの入国審査を受けなければなりません。<br />ESTAの入国2回目なので、キヨスク端末での登録後は審査が簡単なブースへの誘導になりますが、結構列が出来ていて入国審査場を通過するのに30分近く掛かりました。

    目が覚めると、日没直後の風景が綺麗に見えました。
    この後、降下が始まり夜のJFKには定刻よりも早く18:10に4Rに着陸したのですが、この後ターミナル4の手前でスポットが空いて無いということホールドとなり、スポットに入ったには18:47で定刻より僅かに早いだけになりました。

    この後は台北行きのCI11に乗継ぎですが、アメリカの入国審査を受けなければなりません。
    ESTAの入国2回目なので、キヨスク端末での登録後は審査が簡単なブースへの誘導になりますが、結構列が出来ていて入国審査場を通過するのに30分近く掛かりました。

  • 荷物をピックアップして、乗継カウンターで荷物を預け出発階に向かいます。<br />セントマーチンで既にCI11の搭乗券は出ていたので、そのままセキュリティチェックを受けます。<br /><br />デルタのラウンジにある食事はしょぼいとの噂だったので、コンコース内にある「Shake Shack」でハンバーガーを買ってラウンジで食べようかと思ったのですが、ラウンジ入口で飲食持ち込みはダメと言われて、近くのゲートで食べる羽目になりました。<br /><br />NYで人気のあるハンバーガーと言うことで味は悪く無く、日本で展開したら流行りそうな感じです。<br />

    荷物をピックアップして、乗継カウンターで荷物を預け出発階に向かいます。
    セントマーチンで既にCI11の搭乗券は出ていたので、そのままセキュリティチェックを受けます。

    デルタのラウンジにある食事はしょぼいとの噂だったので、コンコース内にある「Shake Shack」でハンバーガーを買ってラウンジで食べようかと思ったのですが、ラウンジ入口で飲食持ち込みはダメと言われて、近くのゲートで食べる羽目になりました。

    NYで人気のあるハンバーガーと言うことで味は悪く無く、日本で展開したら流行りそうな感じです。

    シェイク シャック (JFK空港第4ターミナル店) ファーストフード

  • ハンバーガーを食べ終えてからラウンジに入り、まずはシャワーを浴びます。待ち時間なしで空いているシャワーブーズに案内されました。<br /><br />さっぱりしたところでラウンジの料理を食べますが、まあアメリカですね。国際線の機内食が良くなったのですが、ラウンジは昔の機内食といった感じです。

    ハンバーガーを食べ終えてからラウンジに入り、まずはシャワーを浴びます。待ち時間なしで空いているシャワーブーズに案内されました。

    さっぱりしたところでラウンジの料理を食べますが、まあアメリカですね。国際線の機内食が良くなったのですが、ラウンジは昔の機内食といった感じです。

    デルタスカイクラブ (JFK空港ターミナル4) 空港ラウンジ

  • ラウンジから空港の夜景を眺めたりしているとそろそろ出発の時間です。JFKから深夜帯に出発する便は少ないようで、ラウンジもガラガラでした。<br /><br />搭乗口に向かうとさっきまで沖止めされていたB777-300ER(B-18052)が居ました。<br />SKY PRIORTYの列に並び搭乗を待っていたらCIのスタッフが自分の搭乗券を見ると、搭乗カウンターで搭乗券を再発行して貰うようにと言われ、カウンターで順番待ちをしてるうちに搭乗が始まってしまいました。<br /><br />カウンターで台北までの搭乗券と台北・ソウルの搭乗券を貰いようやく機内に入ると72Hには他の人が座ってます。<br />どうやら違う席から移動してきた輩で、自分の席に戻って貰いました。<br /><br />定刻より遅れて0:38に出発し1:03にRWY31Lから離陸しました。台北までのフライトタイムは15時間35分との事で長丁場になります。

    ラウンジから空港の夜景を眺めたりしているとそろそろ出発の時間です。JFKから深夜帯に出発する便は少ないようで、ラウンジもガラガラでした。

    搭乗口に向かうとさっきまで沖止めされていたB777-300ER(B-18052)が居ました。
    SKY PRIORTYの列に並び搭乗を待っていたらCIのスタッフが自分の搭乗券を見ると、搭乗カウンターで搭乗券を再発行して貰うようにと言われ、カウンターで順番待ちをしてるうちに搭乗が始まってしまいました。

    カウンターで台北までの搭乗券と台北・ソウルの搭乗券を貰いようやく機内に入ると72Hには他の人が座ってます。
    どうやら違う席から移動してきた輩で、自分の席に戻って貰いました。

    定刻より遅れて0:38に出発し1:03にRWY31Lから離陸しました。台北までのフライトタイムは15時間35分との事で長丁場になります。

  • 離陸、深夜なのにちゃんとした機内食がサービスされました。ただ一番最後の配膳だったのでパスタ一択でした。<br /><br />アジアのキャリアは一部の大陸系キャリアを除いて、機内食は定評がありますからちゃんとしています。<br />デルタも良くなったとは言え、まだこの辺の域には達していません。<br /><br />深夜ですがしっかり食べさせてもらいました。

    離陸、深夜なのにちゃんとした機内食がサービスされました。ただ一番最後の配膳だったのでパスタ一択でした。

    アジアのキャリアは一部の大陸系キャリアを除いて、機内食は定評がありますからちゃんとしています。
    デルタも良くなったとは言え、まだこの辺の域には達していません。

    深夜ですがしっかり食べさせてもらいました。

  • 機内のざわつきで目が覚めるとスナックのサービスでした。<br /><br />JFKから台北まではB777-300ERでも航続距離としてはかなり長い路線で、離陸後はアラスカを目指す日本路線とは異なり、北に向かい北極ルートで台北へ向かっています。<br /><br />通路側なので外の様子が判りませんが、北極上空ルートは初めてです。<br />目が覚めてしまったので、映画でも見ようかなとシートモニターを操作すると、ルパン三世vsコナンがあり、どれどれと見入ってしまいました。<br /><br />台湾では日本のアニメがは流行ってますから、選定されているのでしょうかね。

    機内のざわつきで目が覚めるとスナックのサービスでした。

    JFKから台北まではB777-300ERでも航続距離としてはかなり長い路線で、離陸後はアラスカを目指す日本路線とは異なり、北に向かい北極ルートで台北へ向かっています。

    通路側なので外の様子が判りませんが、北極上空ルートは初めてです。
    目が覚めてしまったので、映画でも見ようかなとシートモニターを操作すると、ルパン三世vsコナンがあり、どれどれと見入ってしまいました。

    台湾では日本のアニメがは流行ってますから、選定されているのでしょうかね。

  • 映画を見た後、まだ7時間あるのでもう一眠りして起きると朝食のサービスがやってきました。<br /><br />チキンのトマトソースとヌードル添えで、出発後もパスタだったので麺続きだな・・<br />CI11便はロシアと中国の国境近くを南下し日本海へ出て台北へ向かっています。<br /><br />出来れば台北で一泊したいところですが今日はこの後日本まで地理的に逆戻りしないとなりません。

    映画を見た後、まだ7時間あるのでもう一眠りして起きると朝食のサービスがやってきました。

    チキンのトマトソースとヌードル添えで、出発後もパスタだったので麺続きだな・・
    CI11便はロシアと中国の国境近くを南下し日本海へ出て台北へ向かっています。

    出来れば台北で一泊したいところですが今日はこの後日本まで地理的に逆戻りしないとなりません。

  • 台北には少し遅れて05Lに着陸し、A7ゲートに5:52にスポットインしました。<br />到着前にシートモニターに乗継ぎ便のゲート情報が出ており、ソウル行のCI160はD5ゲートです。<br /><br />降りるとAゲートへのトランスファー通路には検査待ちの列が出来ています。台北でDゲートのトランスファーはこちの看板に沿って延々と通路を歩いて行き、ターミナルビルを挟んで反対側のコンコースに移動します。<br /><br />X線検査をして出発階に移動し、ラウンジで朝食にします。やはり台湾なら飲茶とお粥ですよね。

    台北には少し遅れて05Lに着陸し、A7ゲートに5:52にスポットインしました。
    到着前にシートモニターに乗継ぎ便のゲート情報が出ており、ソウル行のCI160はD5ゲートです。

    降りるとAゲートへのトランスファー通路には検査待ちの列が出来ています。台北でDゲートのトランスファーはこちの看板に沿って延々と通路を歩いて行き、ターミナルビルを挟んで反対側のコンコースに移動します。

    X線検査をして出発階に移動し、ラウンジで朝食にします。やはり台湾なら飲茶とお粥ですよね。

    チャイナエアラインラウンジ V1 (桃園国際空港) 空港ラウンジ

  • そろそろ搭乗時間なのでD5ゲートに向かいますが、わざわざ台湾に来たから、お茶を買って帰ろうと免税店でプーアル茶(300NTD)を購入します。<br />街のお茶専門店で買えば色々あったのですが、トランジットですから仕方ありません。<br /><br />D5ゲートに向かうB747-400(B-18210)が待っていました。<br />わざわざ台北経由にした理由の一つにこの区間がB747-400だったのも理由の一つなのです。<br />もう乗る機会が殆どなくなったB747-400ですし、次に乗れると言う保証はありませんから乗れる時に乗っておかないと言うことでわざわざ遠回りしたのです。

    そろそろ搭乗時間なのでD5ゲートに向かいますが、わざわざ台湾に来たから、お茶を買って帰ろうと免税店でプーアル茶(300NTD)を購入します。
    街のお茶専門店で買えば色々あったのですが、トランジットですから仕方ありません。

    D5ゲートに向かうB747-400(B-18210)が待っていました。
    わざわざ台北経由にした理由の一つにこの区間がB747-400だったのも理由の一つなのです。
    もう乗る機会が殆どなくなったB747-400ですし、次に乗れると言う保証はありませんから乗れる時に乗っておかないと言うことでわざわざ遠回りしたのです。

    台湾桃園国際空港 (TPE) 空港

  • CI160は6A、アッパーデッキの座席を指定できました。72時間前にブロックされていた自社マイレージ上級会員の席が開放されたのを押さたのです。<br /><br />なのでソウルまでの短い区間ですがエコノミークラス扱いのビジネスクラスのシートです。<br /><br />春にバンコク・プーケットでTGのジャンボでファーストに乗り、続いて今回はビジネスとなかなか運が良いです。

    CI160は6A、アッパーデッキの座席を指定できました。72時間前にブロックされていた自社マイレージ上級会員の席が開放されたのを押さたのです。

    なのでソウルまでの短い区間ですがエコノミークラス扱いのビジネスクラスのシートです。

    春にバンコク・プーケットでTGのジャンボでファーストに乗り、続いて今回はビジネスとなかなか運が良いです。

  • アッパーデッキから眺める高い視点の景色が懐かしいですね<br />。<br />国内線にまだジャンボが飛んでいる時は良くアッパーデッキに乗ったものですが、今ではアッパーデッキに乗る機会は殆どありませんからね。<br /><br />7:55にスポットアウトしてRWY05Rから8:12に離陸してソウルへ向かいます。<br />離陸時の風景動画をこちらです<br />https://youtu.be/5K2lLoZnTYc

    アッパーデッキから眺める高い視点の景色が懐かしいですね

    国内線にまだジャンボが飛んでいる時は良くアッパーデッキに乗ったものですが、今ではアッパーデッキに乗る機会は殆どありませんからね。

    7:55にスポットアウトしてRWY05Rから8:12に離陸してソウルへ向かいます。
    離陸時の風景動画をこちらです
    https://youtu.be/5K2lLoZnTYc

  • フライトタイムは1時間55分と短いですが、機内食がちゃんと出ます。<br /><br />朝食なのでオムレツです。ちゃんと卵の味がするしっかりしたオムレツでしたね。<br /><br /><br />

    フライトタイムは1時間55分と短いですが、機内食がちゃんと出ます。

    朝食なのでオムレツです。ちゃんと卵の味がするしっかりしたオムレツでしたね。


  • ソウルまでのフライトはあっという間で11:10にRWY15Lにランディングしました。ゲートには定刻より少し遅れて254ゲートにスポットイン。<br /><br />午前中で便数少ないので入国審査場は空いており直ぐに手続きが済み、荷物をピックアップして税関をパスして制限区域を脱してAREX乗り場に向かいます。<br />乗り継ぐOZ106便は15:35発なので時間がありますが、市内まで出るほどの時間は無いので、第一ターミナルで下車します。<br /><br />それにしてもAREXの車内モニターで日韓で領有権を主張する「島」に関してのアピールをしているところがいかにも韓国らしいです。<br /><br />でも一方、優先席にマタニティー優先を知らせるポスターとマスコットが置いてあるのはちょっと感心しました。

    ソウルまでのフライトはあっという間で11:10にRWY15Lにランディングしました。ゲートには定刻より少し遅れて254ゲートにスポットイン。

    午前中で便数少ないので入国審査場は空いており直ぐに手続きが済み、荷物をピックアップして税関をパスして制限区域を脱してAREX乗り場に向かいます。
    乗り継ぐOZ106便は15:35発なので時間がありますが、市内まで出るほどの時間は無いので、第一ターミナルで下車します。

    それにしてもAREXの車内モニターで日韓で領有権を主張する「島」に関してのアピールをしているところがいかにも韓国らしいです。

    でも一方、優先席にマタニティー優先を知らせるポスターとマスコットが置いてあるのはちょっと感心しました。

    仁川国際空港駅

  • OZカウンターでチェックインを済まして、ターミナル内でスポッティングをしましたがPM2.5の影響なのか視界が良くなく、かつガラス越しで条件が良くなかったので、ラウンジに引き上げてのんびりします。<br /><br />この日撮影レポートはこちら<br />https://blog.travair.jp/?p=17259<br /><br />ラウンジで昼食にしましたが、後で石焼ビビンバを韓式レストランで食べれば良かったと後悔しつつそろそろ時間なのでゲートに向かいます。<br />そうだキムチでも買って帰ろうと免税店に入ると、例によって日本語セールストークが炸裂します。<br />スーパーで買えば安いんだけどなぁ~と思いつつ白菜のキムチを1つだけ買いますが、未だ韓国ではドル建て表示なんですね。<br /><br />キムチを買って8番ゲートに行くと直ぐに優先搭乗が始まり、OZ106便(HL7515)に搭乗しました。<br /><br />この便は予約時はA321での運航が、その後B777-300ERになり、さらにA350-900に変更になって喜んだのですが、1ヶ月前にB767-300ERにチップチェンジされてしまい、がっかりしたフライトです。<br /><br />OZ106便は15:37にスポットアウトしてRWY15Rから15:58に離陸しました。

    OZカウンターでチェックインを済まして、ターミナル内でスポッティングをしましたがPM2.5の影響なのか視界が良くなく、かつガラス越しで条件が良くなかったので、ラウンジに引き上げてのんびりします。

    この日撮影レポートはこちら
    https://blog.travair.jp/?p=17259

    ラウンジで昼食にしましたが、後で石焼ビビンバを韓式レストランで食べれば良かったと後悔しつつそろそろ時間なのでゲートに向かいます。
    そうだキムチでも買って帰ろうと免税店に入ると、例によって日本語セールストークが炸裂します。
    スーパーで買えば安いんだけどなぁ~と思いつつ白菜のキムチを1つだけ買いますが、未だ韓国ではドル建て表示なんですね。

    キムチを買って8番ゲートに行くと直ぐに優先搭乗が始まり、OZ106便(HL7515)に搭乗しました。

    この便は予約時はA321での運航が、その後B777-300ERになり、さらにA350-900に変更になって喜んだのですが、1ヶ月前にB767-300ERにチップチェンジされてしまい、がっかりしたフライトです。

    OZ106便は15:37にスポットアウトしてRWY15Rから15:58に離陸しました。

    仁川国際空港 (ICN) 空港

    ターミナル移動はAREXが早い by TRAVAIRさん
  • 空いているかも思いきや日本人観光客で結構混雑しており、エコノミーも8割くらいは埋まってました。<br />韓国人客が居ないので席を埋めるのに安いツアーがありますから、そういう感じなのでしょう。<br /><br />成田までにフライトタイムは1時間55分で日韓線でもちゃんとホットミールが出るのは嬉しいですよね。

    空いているかも思いきや日本人観光客で結構混雑しており、エコノミーも8割くらいは埋まってました。
    韓国人客が居ないので席を埋めるのに安いツアーがありますから、そういう感じなのでしょう。

    成田までにフライトタイムは1時間55分で日韓線でもちゃんとホットミールが出るのは嬉しいですよね。

  • OZ106便は日本海を北上し新潟から福島に抜けて、北から成田に回り込むルートでRWY34Rに17:50に着陸しました。<br />しかしココからターミナルまで長いこと。20分近くタキシングして43番ゲートに到着したのは18:10でした。<br /><br />入管で「帰国」のハンコを押してもらい、これで1週間に渡る旅を終えることになりました。<br />二度目のセント・マーチンという事で初回時より感動は無いものの、やはり便数が減っているのは魅力度が薄れてしまいます。<br /><br />それと撮影シチュエーションとしては一昨年のスキアトス空港の方が良かったと言うのが率直な感想です。<br />(スキアトスも便数が増える夏の間だけがベストシーズンですが)<br /><br />今回の旅でデルタで貯めたマイルのかなり放出してますし、デルタ・アメックスカードともお別れです。<br /><br />さて、次はどこに行こうかな。<br />

    OZ106便は日本海を北上し新潟から福島に抜けて、北から成田に回り込むルートでRWY34Rに17:50に着陸しました。
    しかしココからターミナルまで長いこと。20分近くタキシングして43番ゲートに到着したのは18:10でした。

    入管で「帰国」のハンコを押してもらい、これで1週間に渡る旅を終えることになりました。
    二度目のセント・マーチンという事で初回時より感動は無いものの、やはり便数が減っているのは魅力度が薄れてしまいます。

    それと撮影シチュエーションとしては一昨年のスキアトス空港の方が良かったと言うのが率直な感想です。
    (スキアトスも便数が増える夏の間だけがベストシーズンですが)

    今回の旅でデルタで貯めたマイルのかなり放出してますし、デルタ・アメックスカードともお別れです。

    さて、次はどこに行こうかな。

    成田国際空港 空港

0いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

セント・マーチン島で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
セント・マーチン島最安 1,460円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

セント・マーチン島の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集