ポストイナ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今日はスロベニアのリュブリャーナに向かうのだが、まっすぐ行くのも面白くないので、鍾乳洞を見てから向かうことにした。<br />スロベニアは鍾乳洞大国で、ヨーロッパ最大のポストイナ鍾乳洞や世界遺産になっているシュコツィアン鍾乳洞がある。<br />両者の間は車で1時間も離れていないのだが、公共交通機関だとなかなかうまく接続は出来なそうで、どちらか一方しか行けそうにない。どっちにしようかと考えた結果、シュコツィアンに行くことにした。<br />ポストイナはツアーもたくさんあって、鍾乳洞の中を何故かトロッコ列車が走っているということだったので、あまりに観光地化しているような気がしたので、写真撮影も禁止されているシュコツィアンの方が神秘的でいいかなと。それに、なんと言っても、この鍾乳洞のあるカルスト地方がカルスト台地の語源だったので。<br /><br />当然だが、ベネチアから直接行けないので、色々調べたら、まずはコペルという街まで向かって、そこからシュコツィアン近くのディヴァチャという街までバスや電車で行けることがわかった。コペルまではFLIX BUSで予約できたので(11ユーロ)、あらかじめ予約しておいた。しかし、このFLIX BUS、アプリで簡単に予約できるし、PDFをダウンロードしておけば、スマホがオフラインでも問題なく乗れるし、便利だったなぁ。<br /><br />メストレを定刻から少し過ぎた7時30分に出たバスは、ほぼ定刻の9時50分過ぎにコペルに到着。<br />コペルからは事前に調べたところ約1時間後にバスが出るはずだったが、いざ着くと案内所らしきところも無く、さて、どうしようと思っていたところ、ディヴァチャ!セザナと叫ぶ声が聞こえる。<br />おじさんに確認すると、セザナという街へ行くバスで、途中ディヴァチャに寄るとのこと。しかも、すぐに出発するという。よくわからないけど、まぁ、とりあえず乗ってみることにした(バス代4.7ユーロ)。

ベネチア~スロベニア~ザグレブまでアドリア海周遊の旅 (2)シュコツィアン・ポストイナ

3いいね!

2019/10/11 - 2019/10/11

87位(同エリア98件中)

@ふくふくさん

今日はスロベニアのリュブリャーナに向かうのだが、まっすぐ行くのも面白くないので、鍾乳洞を見てから向かうことにした。
スロベニアは鍾乳洞大国で、ヨーロッパ最大のポストイナ鍾乳洞や世界遺産になっているシュコツィアン鍾乳洞がある。
両者の間は車で1時間も離れていないのだが、公共交通機関だとなかなかうまく接続は出来なそうで、どちらか一方しか行けそうにない。どっちにしようかと考えた結果、シュコツィアンに行くことにした。
ポストイナはツアーもたくさんあって、鍾乳洞の中を何故かトロッコ列車が走っているということだったので、あまりに観光地化しているような気がしたので、写真撮影も禁止されているシュコツィアンの方が神秘的でいいかなと。それに、なんと言っても、この鍾乳洞のあるカルスト地方がカルスト台地の語源だったので。

当然だが、ベネチアから直接行けないので、色々調べたら、まずはコペルという街まで向かって、そこからシュコツィアン近くのディヴァチャという街までバスや電車で行けることがわかった。コペルまではFLIX BUSで予約できたので(11ユーロ)、あらかじめ予約しておいた。しかし、このFLIX BUS、アプリで簡単に予約できるし、PDFをダウンロードしておけば、スマホがオフラインでも問題なく乗れるし、便利だったなぁ。

メストレを定刻から少し過ぎた7時30分に出たバスは、ほぼ定刻の9時50分過ぎにコペルに到着。
コペルからは事前に調べたところ約1時間後にバスが出るはずだったが、いざ着くと案内所らしきところも無く、さて、どうしようと思っていたところ、ディヴァチャ!セザナと叫ぶ声が聞こえる。
おじさんに確認すると、セザナという街へ行くバスで、途中ディヴァチャに寄るとのこと。しかも、すぐに出発するという。よくわからないけど、まぁ、とりあえず乗ってみることにした(バス代4.7ユーロ)。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 当初予定では11時30分頃着いて、12時過ぎの無料バスでシュコツィアンに向かうはずだったのだが、思いかけず10時40分にディヴァチャに到着してしまった。<br />この時間だと送迎バスはなく、あるかもしれないと期待していたレンタサイクルも無かったので、そうなると鍾乳洞まで3キロ以上を歩かざるを得ない。まぁ仕方ない。駅前の地図とGoogle Mapを頼りに歩き始める。<br />しばらくはコンクリートの道を歩いていたが、10~15分ほど歩くと森に入った。ここからの道はハイキングロードといった感じで歩いていてとても気持ちよかった。40分ほど歩くと、眺めのいい場所に出た。すると、もうそこはインフォメーションセンターの近くだった。<br /><br />鍾乳洞はガイドツアーで回る必要があるのだが、当初の予定より1時間早いツアーに参加することができた。<br />12時にスタートしたツアーは、鍾乳洞の入り口まで10分ほど歩き、グループに分かれて鍾乳洞に入る。<br />この日は、スロベニア語、学生グループ、英語、そして日本語の4グループ。日本語と言っても、ツアーの団体向けで英語のガイドを通訳のガイドが日本語に訳して、それをイヤホンで聞くというタイプ。よって、日本語が聞こえる訳ではないので、素直に英語のツアーに参加する。<br />鍾乳洞の中は、今まで見たことのない壮大なもので、圧巻の一言。大きな鍾乳洞は日本では岩手の龍泉洞ぐらいしか行ったことがなかったので、すごい世界だと圧倒された。特に45mの吊り橋から見た景色は、迫力満点。2時間近いツアーは大満足で終了した。<br />写真は鍾乳洞の出口。ここからしか撮影は出来ないので。

    当初予定では11時30分頃着いて、12時過ぎの無料バスでシュコツィアンに向かうはずだったのだが、思いかけず10時40分にディヴァチャに到着してしまった。
    この時間だと送迎バスはなく、あるかもしれないと期待していたレンタサイクルも無かったので、そうなると鍾乳洞まで3キロ以上を歩かざるを得ない。まぁ仕方ない。駅前の地図とGoogle Mapを頼りに歩き始める。
    しばらくはコンクリートの道を歩いていたが、10~15分ほど歩くと森に入った。ここからの道はハイキングロードといった感じで歩いていてとても気持ちよかった。40分ほど歩くと、眺めのいい場所に出た。すると、もうそこはインフォメーションセンターの近くだった。

    鍾乳洞はガイドツアーで回る必要があるのだが、当初の予定より1時間早いツアーに参加することができた。
    12時にスタートしたツアーは、鍾乳洞の入り口まで10分ほど歩き、グループに分かれて鍾乳洞に入る。
    この日は、スロベニア語、学生グループ、英語、そして日本語の4グループ。日本語と言っても、ツアーの団体向けで英語のガイドを通訳のガイドが日本語に訳して、それをイヤホンで聞くというタイプ。よって、日本語が聞こえる訳ではないので、素直に英語のツアーに参加する。
    鍾乳洞の中は、今まで見たことのない壮大なもので、圧巻の一言。大きな鍾乳洞は日本では岩手の龍泉洞ぐらいしか行ったことがなかったので、すごい世界だと圧倒された。特に45mの吊り橋から見た景色は、迫力満点。2時間近いツアーは大満足で終了した。
    写真は鍾乳洞の出口。ここからしか撮影は出来ないので。

  • ツアー後は、駅までの送迎バスが出ていたので乗ってみたところ、わずが7分で到着。行きは40分も歩いたのになぁ、、、<br />ここからは、当初、スロベニアの首都リュブリャナに向かうつもりだったが、思ったよりも早い時間で、もしかしたらポストイナの鍾乳洞の最後のガイドツアーに間に合うかも知れないと、一か八か行ってみることにした。<br />ディヴァチャからポストイナまでは、電車(?電化していたかは微妙(^^;)で約30分(3.44ユーロ)。<br />スロベニアの鉄道は、車両が個室タイプになっていて、6人で1部屋というスタイル。他に誰も乗ってこなかったので、短い間だけどゆっくり出来た。<br />15時15分頃にポストイナ駅に着き、駅からはひたすら下り(歩きながら、これを帰りは登るのかと思うとちょっとブルー)、15時40分に到着。奇跡的に16時からのツアーに参加することができた。<br /><br />ポストイナの鍾乳洞は、なんと鍾乳洞の中をトロッコ列車が走っている。まるで、ディズニーランドのアトラクションに乗っている気分。もう何十年も前から大観光地だったらしく、色々開発した結果、ヨーロッパ最大なのに、世界遺産になれなかったようだ。まぁ、それでたくさん観光客が来て、国を潤してくれるのだから、仕方あるまい。<br />シュコツィアンより規模も大きく、確かに壮大なのだが、観光客が多くて写真撮りまくりで、ちょっと興ざめ。でも、鍾乳洞は本当に素晴らしいので、行ってみる価値は大いにある。<br />できれば、シュコツィアンと両方行ってみて、その違いを見てみるのも面白いかと。<br />

    ツアー後は、駅までの送迎バスが出ていたので乗ってみたところ、わずが7分で到着。行きは40分も歩いたのになぁ、、、
    ここからは、当初、スロベニアの首都リュブリャナに向かうつもりだったが、思ったよりも早い時間で、もしかしたらポストイナの鍾乳洞の最後のガイドツアーに間に合うかも知れないと、一か八か行ってみることにした。
    ディヴァチャからポストイナまでは、電車(?電化していたかは微妙(^^;)で約30分(3.44ユーロ)。
    スロベニアの鉄道は、車両が個室タイプになっていて、6人で1部屋というスタイル。他に誰も乗ってこなかったので、短い間だけどゆっくり出来た。
    15時15分頃にポストイナ駅に着き、駅からはひたすら下り(歩きながら、これを帰りは登るのかと思うとちょっとブルー)、15時40分に到着。奇跡的に16時からのツアーに参加することができた。

    ポストイナの鍾乳洞は、なんと鍾乳洞の中をトロッコ列車が走っている。まるで、ディズニーランドのアトラクションに乗っている気分。もう何十年も前から大観光地だったらしく、色々開発した結果、ヨーロッパ最大なのに、世界遺産になれなかったようだ。まぁ、それでたくさん観光客が来て、国を潤してくれるのだから、仕方あるまい。
    シュコツィアンより規模も大きく、確かに壮大なのだが、観光客が多くて写真撮りまくりで、ちょっと興ざめ。でも、鍾乳洞は本当に素晴らしいので、行ってみる価値は大いにある。
    できれば、シュコツィアンと両方行ってみて、その違いを見てみるのも面白いかと。

  • 17時30分過ぎにツアーは終了。<br />ここからあの坂道を上がるのかぁと思っていたのだが、なにやらバス停のマークを発見。ダメ元で時刻表を見てみると、なんと18時にリュブリャナ行きのバスがある!何てラッキーな1日なんだろう。<br />18時までカフェでコーヒーを飲みながらバスを待っていると、ほぼ時刻通りにバスがやってきた。<br />あーこれであの坂道を上がらずリュブリャナに行けるわと安堵。バスは19時過ぎにリュブリャナのバスターミナルに到着。当初より遅い到着となったが、大満足の1日であった。<br />バスターミナルで明日のブレッド湖までのバスチケットを購入し、ホテルへと向かった(往復で買ったら割引があった。帰りはオープンチケットなので往復で買った方がお得)。

    17時30分過ぎにツアーは終了。
    ここからあの坂道を上がるのかぁと思っていたのだが、なにやらバス停のマークを発見。ダメ元で時刻表を見てみると、なんと18時にリュブリャナ行きのバスがある!何てラッキーな1日なんだろう。
    18時までカフェでコーヒーを飲みながらバスを待っていると、ほぼ時刻通りにバスがやってきた。
    あーこれであの坂道を上がらずリュブリャナに行けるわと安堵。バスは19時過ぎにリュブリャナのバスターミナルに到着。当初より遅い到着となったが、大満足の1日であった。
    バスターミナルで明日のブレッド湖までのバスチケットを購入し、ホテルへと向かった(往復で買ったら割引があった。帰りはオープンチケットなので往復で買った方がお得)。

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スロベニアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スロベニア最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スロベニアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集