国東(くにさき)・姫島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
湯布院にある会社の保養所を利用して、2泊3日で国東半島のお寺めぐりと高千穂峡を観光して来ました。<br />今回は天気に恵まれ,その分とても暑く、大汗をかきながらの旅になりました。<br />今回の旅程は、<br />8月2日(金)山陽・中国・東九州自動車道を走って国東半島に行き、道の駅くにみで昼食後、富来神社・文殊仙寺・両子寺・天念寺・富貴寺を巡って湯布院で宿泊<br />8月3日(土)湯布院より、やまなみハイウェイを走って高千穂に向かい、天岩戸神社・天安河原・くしふる神社・高千穂神社を参拝後、高千穂峡を観光して湯布院に戻って宿泊。<br />8月4日(日)九重夢大吊橋観光後、来た道の逆ルートで、途中田舎の墓参りをしたのち帰宅しました。<br />走行距離はトータル1400Km。結構走りました。<br />今回は旅行1日目の国東半島の観光を紹介します。<br />各お寺の山門や仁王石像はとても素敵でした。<br />それにしても九州は遠い。<br />関西から車で7時間も掛かってしまいました。<br />

湯布院に泊まって国東半島と高千穂を巡ってきました。(国東半島編)

13いいね!

2019/08/02 - 2019/08/04

133位(同エリア256件中)

旅好き長さん

旅好き長さんさん

湯布院にある会社の保養所を利用して、2泊3日で国東半島のお寺めぐりと高千穂峡を観光して来ました。
今回は天気に恵まれ,その分とても暑く、大汗をかきながらの旅になりました。
今回の旅程は、
8月2日(金)山陽・中国・東九州自動車道を走って国東半島に行き、道の駅くにみで昼食後、富来神社・文殊仙寺・両子寺・天念寺・富貴寺を巡って湯布院で宿泊
8月3日(土)湯布院より、やまなみハイウェイを走って高千穂に向かい、天岩戸神社・天安河原・くしふる神社・高千穂神社を参拝後、高千穂峡を観光して湯布院に戻って宿泊。
8月4日(日)九重夢大吊橋観光後、来た道の逆ルートで、途中田舎の墓参りをしたのち帰宅しました。
走行距離はトータル1400Km。結構走りました。
今回は旅行1日目の国東半島の観光を紹介します。
各お寺の山門や仁王石像はとても素敵でした。
それにしても九州は遠い。
関西から車で7時間も掛かってしまいました。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
グルメ
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 家を朝の5時に出発し、山陽・中国・東九州自動車道を走って11時30分に昼食レストランのある道の駅くにみに到着。<br />距離で550Km,途中サービスエリアで3回休憩したので7時間30分も掛かってしまいました。<br />途中、長崎鼻リゾートキャンプ場にあるヒマワリ畑に立ち寄ったのですが、花が咲いておらず、即、道の駅に向かいました。<br />今年はヒマワリの花の開花は遅れているのかな?

    家を朝の5時に出発し、山陽・中国・東九州自動車道を走って11時30分に昼食レストランのある道の駅くにみに到着。
    距離で550Km,途中サービスエリアで3回休憩したので7時間30分も掛かってしまいました。
    途中、長崎鼻リゾートキャンプ場にあるヒマワリ畑に立ち寄ったのですが、花が咲いておらず、即、道の駅に向かいました。
    今年はヒマワリの花の開花は遅れているのかな?

  • 道の駅くにみのレストラン美浜と言えばもちろん新鮮なお魚。<br />特に姫タコと車エビの料理が有名です。

    道の駅くにみのレストラン美浜と言えばもちろん新鮮なお魚。
    特に姫タコと車エビの料理が有名です。

  • レストランの中はこんな感じで、この日は平日だったせいかお客も少なく、待たずに入られました。

    レストランの中はこんな感じで、この日は平日だったせいかお客も少なく、待たずに入られました。

  • 注文したのがこの刺身の盛り合わせと車エビの天ぷら定食。<br />ご飯はたこ飯にしてもらいました。<br />お魚の刺身は鳴門でいただいたもののほうが美味しかったですが、サザエの刺身は美味しかったです。

    注文したのがこの刺身の盛り合わせと車エビの天ぷら定食。
    ご飯はたこ飯にしてもらいました。
    お魚の刺身は鳴門でいただいたもののほうが美味しかったですが、サザエの刺身は美味しかったです。

  • このレストランからは姫島が望めます。<br />道の駅の前は、くにみ海浜公園になっています。

    このレストランからは姫島が望めます。
    道の駅の前は、くにみ海浜公園になっています。

  • 食事後、くにみ海浜公園に行くとここはビーチになっていて,海水浴もできますが、この日は誰も泳いでいませんでした。<br />ここからはくっきりと姫島が望めます。

    食事後、くにみ海浜公園に行くとここはビーチになっていて,海水浴もできますが、この日は誰も泳いでいませんでした。
    ここからはくっきりと姫島が望めます。

  • 昼食後向かったのが金運に御利益があると言われる富来(とみく)神社(八坂社)。<br />ここに来る前に、とみく開運橋とマネーき猫公園に立ち寄ろうと思ったのですが、道がわからず断念してここに来ました。

    昼食後向かったのが金運に御利益があると言われる富来(とみく)神社(八坂社)。
    ここに来る前に、とみく開運橋とマネーき猫公園に立ち寄ろうと思ったのですが、道がわからず断念してここに来ました。

  • この富来神社は、富みが来るというネーミングから宝くじが当たるなど金運アップの御利益があるとのことで、国東半島の一番目の観光地にしました。<br />ちなみに主祭神は、厄除けの神として知られる素戔嗚尊(すさのおのみこと)です。

    この富来神社は、富みが来るというネーミングから宝くじが当たるなど金運アップの御利益があるとのことで、国東半島の一番目の観光地にしました。
    ちなみに主祭神は、厄除けの神として知られる素戔嗚尊(すさのおのみこと)です。

  • まずは金運アップをお願いします。<br />これで宝くじが当たるかな?

    まずは金運アップをお願いします。
    これで宝くじが当たるかな?

  • ここのもう一つのパワースポットがこの唐獅子です。<br />しかもここの唐獅子は、子連れです。<br />そのため家内安全・子孫繁栄の御利益があるそうです。<br />ちなみに子供はお母さんがしっかりと抱っこしています。<br />よく見てください。<br />

    ここのもう一つのパワースポットがこの唐獅子です。
    しかもここの唐獅子は、子連れです。
    そのため家内安全・子孫繁栄の御利益があるそうです。
    ちなみに子供はお母さんがしっかりと抱っこしています。
    よく見てください。

  • 次に向かったのが文殊仙寺。<br />先ほどの富来神社から車で15分程度で着きます。<br />文殊と言えば、『三人寄れば文殊の知恵』と言いますが、このお寺はその言葉の発祥の地だそうです。

    次に向かったのが文殊仙寺。
    先ほどの富来神社から車で15分程度で着きます。
    文殊と言えば、『三人寄れば文殊の知恵』と言いますが、このお寺はその言葉の発祥の地だそうです。

  • 参道を進んでいくと立派な仁王石像が出迎えてくれます。

    参道を進んでいくと立派な仁王石像が出迎えてくれます。

  • 先ほどの参道からさらにこの階段を登っていきます。<br />このあたりになると汗だくだく。<br />途中何度も休憩します。<br />ただ石段は約300段です。<br />大した段数ではないけどこの暑さには参りました。

    先ほどの参道からさらにこの階段を登っていきます。
    このあたりになると汗だくだく。
    途中何度も休憩します。
    ただ石段は約300段です。
    大した段数ではないけどこの暑さには参りました。

  • 参道の途中にある三門。<br />本殿文殊堂は、さらに階段を約80段上っていきます。

    参道の途中にある三門。
    本殿文殊堂は、さらに階段を約80段上っていきます。

  • ここは御手水かな?<br />可愛いカエルの像が昼寝をしています。<br />ほっと一息つけます。

    ここは御手水かな?
    可愛いカエルの像が昼寝をしています。
    ほっと一息つけます。

  • お地蔵さんも苔むして素敵です。<br />歴史を感じます。

    お地蔵さんも苔むして素敵です。
    歴史を感じます。

  • そしてこちらが本殿文殊堂。<br />このお寺は、学業はもちろん、ありとあらゆる「知恵」を授かるご本尊として信仰の対象となっています。<br />本尊の文殊菩薩は12年に1度(卯の年)しか公開されない秘仏だそうです。

    そしてこちらが本殿文殊堂。
    このお寺は、学業はもちろん、ありとあらゆる「知恵」を授かるご本尊として信仰の対象となっています。
    本尊の文殊菩薩は12年に1度(卯の年)しか公開されない秘仏だそうです。

  • 本殿文殊堂のとなりにはこのような石仏が祀られています。<br />これもとても素敵です。

    本殿文殊堂のとなりにはこのような石仏が祀られています。
    これもとても素敵です。

  • 本殿文殊堂のそばは広場になっていて、そこには木の根が張りだした珍しい木がありました。

    本殿文殊堂のそばは広場になっていて、そこには木の根が張りだした珍しい木がありました。

  • その広場から本殿文殊堂を眺めるとこんな感じで、本殿は崖から突き出るような感じで建てられています。

    その広場から本殿文殊堂を眺めるとこんな感じで、本殿は崖から突き出るような感じで建てられています。

  • お参り後、今度は本堂のそばにある室町時代の鐘が残る鐘楼門に向かいます。<br />この鐘は自由にいつでもつかせてもらえるそうです。

    お参り後、今度は本堂のそばにある室町時代の鐘が残る鐘楼門に向かいます。
    この鐘は自由にいつでもつかせてもらえるそうです。

  • 先ほどの鐘楼門を抜けるとこの宝篋印塔(ほうきょういんとう)があります。

    先ほどの鐘楼門を抜けるとこの宝篋印塔(ほうきょういんとう)があります。

  • そしてそのそばには千年欅もありました。<br />樹齢千年なのかな?

    そしてそのそばには千年欅もありました。
    樹齢千年なのかな?

  • そして次に向かったのが仁王石像で有名な両子(ふたご)寺。<br />ここまでは山道だったせいか文殊仙寺から30分もかかってしまいました。<br />

    そして次に向かったのが仁王石像で有名な両子(ふたご)寺。
    ここまでは山道だったせいか文殊仙寺から30分もかかってしまいました。

  • これが有名な江戸時代後期に造られた仁王石像。<br />この仁王石像は阿吽一対になっていて、自分の体の悪いところの像を触ると痛みが取れたりするそうです。

    イチオシ

    これが有名な江戸時代後期に造られた仁王石像。
    この仁王石像は阿吽一対になっていて、自分の体の悪いところの像を触ると痛みが取れたりするそうです。

  • 先ほどの参道を進んでいくと山門が現れ,その向こうまで参道が続いています。

    先ほどの参道を進んでいくと山門が現れ,その向こうまで参道が続いています。

  • この山門の向こうは,今は青葉で覆われていますが、秋になると紅葉に包まれて絶景だそうです。

    この山門の向こうは,今は青葉で覆われていますが、秋になると紅葉に包まれて絶景だそうです。

  • 拝観料の300円を払って境内に向かいます。<br />両子寺の創建は718年、仁聞菩薩によるものと伝えられています。<br />六郷満山の中山本寺であり、修行の中心地として栄えたそうです。<br />国東半島の山地は、両子山と文殊山を中心に放射線状に延びていて、その山稜の間に開かれた6つの郷のことを六郷、その郷に建てられた寺院群のことを満山と呼ぶそうです。<br />六郷満山とは、国東半島一帯にある寺院群の総称を指し、六郷満山文化と呼ばれる独特の宗教文化を持っています。<br />寺院群は本山、中山、末山に区分され、それぞれ学問、修行、布教の目的の役割を担って分けられているそうです。

    拝観料の300円を払って境内に向かいます。
    両子寺の創建は718年、仁聞菩薩によるものと伝えられています。
    六郷満山の中山本寺であり、修行の中心地として栄えたそうです。
    国東半島の山地は、両子山と文殊山を中心に放射線状に延びていて、その山稜の間に開かれた6つの郷のことを六郷、その郷に建てられた寺院群のことを満山と呼ぶそうです。
    六郷満山とは、国東半島一帯にある寺院群の総称を指し、六郷満山文化と呼ばれる独特の宗教文化を持っています。
    寺院群は本山、中山、末山に区分され、それぞれ学問、修行、布教の目的の役割を担って分けられているそうです。

  • 両子寺の創建は718年、仁聞菩薩によるものと伝えられているそうです。<br />ここは六郷満山の中山本寺であり、修行の中心地として栄えました。<br />この建物は護摩堂です。<br />護摩堂の本尊は不動明王で、鎌倉時代の作であり厄除け・安産の御利益があるそうです。

    両子寺の創建は718年、仁聞菩薩によるものと伝えられているそうです。
    ここは六郷満山の中山本寺であり、修行の中心地として栄えました。
    この建物は護摩堂です。
    護摩堂の本尊は不動明王で、鎌倉時代の作であり厄除け・安産の御利益があるそうです。

  • その護摩堂のそばには可愛らしい像がありました。<br />思わず頭を撫でてしまいそうです。

    その護摩堂のそばには可愛らしい像がありました。
    思わず頭を撫でてしまいそうです。

  • ここは三面出世大黒天様が祀られているお堂です。<br />その言葉通り出世祈願のお堂です。<br />私には関係ないかな・・。

    ここは三面出世大黒天様が祀られているお堂です。
    その言葉通り出世祈願のお堂です。
    私には関係ないかな・・。

  • その隣には商売繁盛のお稲荷さんもあります。<br />

    その隣には商売繁盛のお稲荷さんもあります。

  • この石像の奥には、両子寺の本尊である「阿弥陀三尊像」が安置されている大講堂や懸崖造りと言われる岩をくりぬいて造られている「奥の院本殿」があるのですが、時間があまりないので断念しました。<br />この石像は何となくウルトラマンに似ています。

    この石像の奥には、両子寺の本尊である「阿弥陀三尊像」が安置されている大講堂や懸崖造りと言われる岩をくりぬいて造られている「奥の院本殿」があるのですが、時間があまりないので断念しました。
    この石像は何となくウルトラマンに似ています。

  • この石像も左右一対になっていて、こちらは左側の像です。

    この石像も左右一対になっていて、こちらは左側の像です。

  • 両子寺参拝後、川中不動で有名な天念寺に向かいます。

    両子寺参拝後、川中不動で有名な天念寺に向かいます。

  • この橋の正面の左側の建物が天念寺講堂、鳥居のある正面が身濯(みそぎ)神社です。<br />二つの建物は廊下でつながっています。

    この橋の正面の左側の建物が天念寺講堂、鳥居のある正面が身濯(みそぎ)神社です。
    二つの建物は廊下でつながっています。

  • そして橋の下を流れる長岩屋川に、高さ3.23メートルの不動明王と2童子が彫られた岩があります。

    そして橋の下を流れる長岩屋川に、高さ3.23メートルの不動明王と2童子が彫られた岩があります。

  • これがその像で不動明王とその左右には2童子『制多迦(せいたか)童子(左側) 矜羯羅(こんがら)童子(右側)』 が彫られています。<br /> これらは水害防除の願いをこめて造られたと言われているそうです。

    これがその像で不動明王とその左右には2童子『制多迦(せいたか)童子(左側) 矜羯羅(こんがら)童子(右側)』 が彫られています。
    これらは水害防除の願いをこめて造られたと言われているそうです。

  • 先ほどの身濯(みそぎ)神社の裏に回ると、崖の下にいろいろな表情の石仏が並んでいます。<br />とてもユニークな表情の石仏もあります。

    先ほどの身濯(みそぎ)神社の裏に回ると、崖の下にいろいろな表情の石仏が並んでいます。
    とてもユニークな表情の石仏もあります。

  • そしてこの石窟は国宝堂跡で、明治39年に旧国宝に指定された6体の平安仏が安置されていた国宝堂と呼ばれる建物があったそうです。<br />今でも石仏が祀られています。

    そしてこの石窟は国宝堂跡で、明治39年に旧国宝に指定された6体の平安仏が安置されていた国宝堂と呼ばれる建物があったそうです。
    今でも石仏が祀られています。

  • この天念寺耶馬は、鬼が住む麗しの稜線と呼ばれ、御山の修行場『岩屋』の中でも多くの石仏を祀っている龍門岩屋・火灯岩屋がここから望めます。<br />この写真をよく見ると山の頂には幅1.2メートル、長さ3.5メートルほどの石橋(アーチ橋)の無明橋が望めます。

    この天念寺耶馬は、鬼が住む麗しの稜線と呼ばれ、御山の修行場『岩屋』の中でも多くの石仏を祀っている龍門岩屋・火灯岩屋がここから望めます。
    この写真をよく見ると山の頂には幅1.2メートル、長さ3.5メートルほどの石橋(アーチ橋)の無明橋が望めます。

  • そして次に向かったのが富貴寺(ふきじ)。<br />この仁王門をくぐって境内に向かいます。<br />それにしても立派な仁王門です。<br />ここの仁王像ももちろん石像です。<br />大分県には沢山の石仏文化が残っています。

    そして次に向かったのが富貴寺(ふきじ)。
    この仁王門をくぐって境内に向かいます。
    それにしても立派な仁王門です。
    ここの仁王像ももちろん石像です。
    大分県には沢山の石仏文化が残っています。

  • まずは拝観料500円を払って境内に向かいます。<br />この2匹の仲の良い猫はこの受付の留守番役のようで、しばらくして受付の方が戻ってきて入場することが出来ました。<br />

    まずは拝観料500円を払って境内に向かいます。
    この2匹の仲の良い猫はこの受付の留守番役のようで、しばらくして受付の方が戻ってきて入場することが出来ました。

  • この阿弥陀堂(いわゆる富貴寺大堂)は、宇治平等院鳳凰堂、平泉中尊寺金色堂と並ぶ日本三阿弥陀堂のひとつに数えられ、現存する九州最古の木造建築物であり、国宝指定されています。<br />そのため雨天の時は入場できません。<br />この日は天気が良く、中に入ると堂内の説明をしていただけたので、極楽浄土を夢想させる極彩色の阿弥陀浄土変相図などの解説をしていただきました。

    この阿弥陀堂(いわゆる富貴寺大堂)は、宇治平等院鳳凰堂、平泉中尊寺金色堂と並ぶ日本三阿弥陀堂のひとつに数えられ、現存する九州最古の木造建築物であり、国宝指定されています。
    そのため雨天の時は入場できません。
    この日は天気が良く、中に入ると堂内の説明をしていただけたので、極楽浄土を夢想させる極彩色の阿弥陀浄土変相図などの解説をしていただきました。

  • この蕗の大堂は、今は青葉に覆われていますが、春は梅、秋は紅葉、冬は雪景色となり、年中景色を楽しめるようです。<br />国東半島の観光も終わり、宿のある湯布院に向かいます。

    イチオシ

    この蕗の大堂は、今は青葉に覆われていますが、春は梅、秋は紅葉、冬は雪景色となり、年中景色を楽しめるようです。
    国東半島の観光も終わり、宿のある湯布院に向かいます。

  • 湯布院までは高速道路を利用したせいか1時間足らずで到着。<br />宿にチェックインして部屋から外を眺めるときれいに由布岳が望めました。<br />その後温泉に入り、夕食をいただいて早めにこの日はやすみました。<br />国東半島は、今回で3回目でしたが、六郷満山文化は見所満載です。

    湯布院までは高速道路を利用したせいか1時間足らずで到着。
    宿にチェックインして部屋から外を眺めるときれいに由布岳が望めました。
    その後温泉に入り、夕食をいただいて早めにこの日はやすみました。
    国東半島は、今回で3回目でしたが、六郷満山文化は見所満載です。

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

国東(くにさき)・姫島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集