ウラジオストック旅行記(ブログ) 一覧に戻る
3. ルースキー島の穴場絶景スポット“ミス・タビジナ”<br /><br /> さて、3連休を使ってウラジオストクに来た人は、2日目のフリータイムをどうしようかとネットなどで下調べをすると思います。「鷲の巣展望台」で綺麗な写真を撮りたいとか、「百貨店グム裏のお洒落なお店」を巡りたいなどと考えたでしょうが、ぶっちゃけ後回しにします。なぜかと言うと、すでにこのタイプの記事は沢山出回っていて、何よりも“混む”からです。最近は韓国の観光客で街中が溢れています。<br /><br /> 2日目の朝にふらっと中央広場近くのC-56潜水艦(博物館)を見に行ったら、狭い艦内に人がぞろぞろ入って行くのを見て東京の通勤ラッシュの電車を彷彿とさせました、、、。 せっかくウラジオストクまで来たのにそんな思いはしたくないですよね。<br /><br /> そこで、この時期の温暖な気候と綺麗な海を最大限に楽しめる場所にお連れします。<br />  <br /> ウラジオストクの観光地は大きく2つに分けることができます。1つはシベリア鉄道の終着駅やグム百貨店、鷲の巣展望台などがある古くからの市内中心部。もう一つは、最近新たに開発され、マリンスキー劇場、水族館、極東連邦大学などがあるルースキー島です。これからご紹介する絶景スポットはルースキー島にあります。<br /><br /><br />■浜辺でやるバーベキューは最高!<br /><br /> 私は現地の友人たちと計6人で、穴場絶景スポットを求めてルースキー島に渡りました。市内から車で金角大橋を渡り、極東連邦大学の横を通り抜け、走ること30分。地図を見ながら行ったのですが、ずっと直進したらまさかの行き止まり(笑)。アレっ?となって地図を見返すと途中にある小道に入らなければいけないようです。<br /><br /> 戻って当該箇所に着くと、一切舗装されてないデコボコ道が出現! 高低差がすごいので普通のセダンタイプの車で行くと確実に下を擦ります。けど、スプラでチャーチャを勧めてきたドライバーのグレフは上手に蛇行して車に傷をつけることなく進んで行きました(ロシア人は運転技術がすごく高いと思います)。みんながグレフの運転に安堵した矢先、“ガリガリガリガリリリリィィィ、、、、、” 車内は一瞬静寂に包まれ、グレフの溜息が漏れました。<br /><br /> 中継地点の開けた展望台に着いたので小休憩。みんなでグレフを慰めました。ただし、ここにはまだ韓国人グループがチラホラ。展望台からの眺めもいいのですが、さらに奥へと進みましょう。再びデコボコ道を行くと浜辺に着きます。ここでバーベキュー! ロシア式でやるとウオッカにシャシリク(串焼き)、黒パンにサラミ、チーズ、キュウリにトマト、といったところですが、単に飲み物とお惣菜を持っていくだけでも良いですね。食べ終わったらいよいよお目当ての絶景スポットへ出発!<br /><br /><br />■キツネがついて来る自然道<br /><br /> ここから先は車では進めません。片道約1.5時間かけて徒歩でゴールを目指します。道中にキツネが現れたり、戦争中に使われていた地下トンネルの入口があったりして楽しく進めます。<br /><br /> そんなこんなで歩き続けてようやく、ルースキー島の先端“ミス・タビジナ”に到着! なんと、途中で遭遇したキツネがここまでついてきました(笑)。訪れる人が餌をあげるからか人慣れしているかもしれません。ここまで頑張って歩いて疲れても、絶景を目にすれば元気がでてきます。<br /><br /> あなたも波の音を聞きながらウラジオストクでリラックスするのはいかがでしょうか。

食とインスタ映えのウラジオ紀行 ~ 週末に楽しむお洒落なヨーロッパ ~(2)

8いいね!

2019/05/25 - 2019/05/25

522位(同エリア723件中)

0

3

JIC旅行センター

JIC旅行センターさん

3. ルースキー島の穴場絶景スポット“ミス・タビジナ”

 さて、3連休を使ってウラジオストクに来た人は、2日目のフリータイムをどうしようかとネットなどで下調べをすると思います。「鷲の巣展望台」で綺麗な写真を撮りたいとか、「百貨店グム裏のお洒落なお店」を巡りたいなどと考えたでしょうが、ぶっちゃけ後回しにします。なぜかと言うと、すでにこのタイプの記事は沢山出回っていて、何よりも“混む”からです。最近は韓国の観光客で街中が溢れています。

 2日目の朝にふらっと中央広場近くのC-56潜水艦(博物館)を見に行ったら、狭い艦内に人がぞろぞろ入って行くのを見て東京の通勤ラッシュの電車を彷彿とさせました、、、。 せっかくウラジオストクまで来たのにそんな思いはしたくないですよね。

 そこで、この時期の温暖な気候と綺麗な海を最大限に楽しめる場所にお連れします。

 ウラジオストクの観光地は大きく2つに分けることができます。1つはシベリア鉄道の終着駅やグム百貨店、鷲の巣展望台などがある古くからの市内中心部。もう一つは、最近新たに開発され、マリンスキー劇場、水族館、極東連邦大学などがあるルースキー島です。これからご紹介する絶景スポットはルースキー島にあります。


■浜辺でやるバーベキューは最高!

 私は現地の友人たちと計6人で、穴場絶景スポットを求めてルースキー島に渡りました。市内から車で金角大橋を渡り、極東連邦大学の横を通り抜け、走ること30分。地図を見ながら行ったのですが、ずっと直進したらまさかの行き止まり(笑)。アレっ?となって地図を見返すと途中にある小道に入らなければいけないようです。

 戻って当該箇所に着くと、一切舗装されてないデコボコ道が出現! 高低差がすごいので普通のセダンタイプの車で行くと確実に下を擦ります。けど、スプラでチャーチャを勧めてきたドライバーのグレフは上手に蛇行して車に傷をつけることなく進んで行きました(ロシア人は運転技術がすごく高いと思います)。みんながグレフの運転に安堵した矢先、“ガリガリガリガリリリリィィィ、、、、、” 車内は一瞬静寂に包まれ、グレフの溜息が漏れました。

 中継地点の開けた展望台に着いたので小休憩。みんなでグレフを慰めました。ただし、ここにはまだ韓国人グループがチラホラ。展望台からの眺めもいいのですが、さらに奥へと進みましょう。再びデコボコ道を行くと浜辺に着きます。ここでバーベキュー! ロシア式でやるとウオッカにシャシリク(串焼き)、黒パンにサラミ、チーズ、キュウリにトマト、といったところですが、単に飲み物とお惣菜を持っていくだけでも良いですね。食べ終わったらいよいよお目当ての絶景スポットへ出発!


■キツネがついて来る自然道

 ここから先は車では進めません。片道約1.5時間かけて徒歩でゴールを目指します。道中にキツネが現れたり、戦争中に使われていた地下トンネルの入口があったりして楽しく進めます。

 そんなこんなで歩き続けてようやく、ルースキー島の先端“ミス・タビジナ”に到着! なんと、途中で遭遇したキツネがここまでついてきました(笑)。訪れる人が餌をあげるからか人慣れしているかもしれません。ここまで頑張って歩いて疲れても、絶景を目にすれば元気がでてきます。

 あなたも波の音を聞きながらウラジオストクでリラックスするのはいかがでしょうか。

PR

  • 4.その他のお勧めインスタスポット<br /><br /> 最後に、ウラジオストクのインスタ映えスポットをいくつかご紹介します。<br /><br /><br />■レストラン“ニービー・ラーダスチ”(Невинные Радости)<br /><br /> ガイドブックにも載っているグム百貨店裏にあるワインレストラン。壁一面に並べられた世界各国のワインボトルの美しさは必見!もちろんここから注文してテーブルで飲むことが出来ます。また、遅い時間に行けば、食後にガラガラのグム裏で人目を気にせずインスタ映えする写真が撮り放題!ここは日中、人で溢れているので、夜に撮っておきましょう。

    4.その他のお勧めインスタスポット

     最後に、ウラジオストクのインスタ映えスポットをいくつかご紹介します。


    ■レストラン“ニービー・ラーダスチ”(Невинные Радости)

     ガイドブックにも載っているグム百貨店裏にあるワインレストラン。壁一面に並べられた世界各国のワインボトルの美しさは必見!もちろんここから注文してテーブルで飲むことが出来ます。また、遅い時間に行けば、食後にガラガラのグム裏で人目を気にせずインスタ映えする写真が撮り放題!ここは日中、人で溢れているので、夜に撮っておきましょう。

  • ■美しい夕焼けを求め、トカレフスキー灯台へ<br /><br /> 5月末は日没が20時半ごろなので、たっぷり遊んだ後に最後に行くのがベスト。運がよければ灯台まで渡れますが、これは潮の満ち引き次第。これを見てからレストラン“ニービー・ラーダスチ”に行くのが良いですね!

    ■美しい夕焼けを求め、トカレフスキー灯台へ

     5月末は日没が20時半ごろなので、たっぷり遊んだ後に最後に行くのがベスト。運がよければ灯台まで渡れますが、これは潮の満ち引き次第。これを見てからレストラン“ニービー・ラーダスチ”に行くのが良いですね!

  • ■カフェ デュエット Duet <br /><br /> パグラニーチナヤ通りにあるティファニースタイルのカフェ。お店は朝の9時から開いており、朝の時間帯は空いているので可愛い店内の写真が撮りやすいのがポイント。こんな場所でモーニングを楽しめばその日は1日ハッピーな気分になること間違いなし!<br /><br /><br /> 最後は少し駆け足になってしまいましたが、いかがだったでしょうか。これを読むまでにあなたが持っていたロシアのイメージが格段良くなったのではないでしょうか。<br /><br /> 今回の目玉のミス・タビジナは、個人が自力で行くのは難しいので、ロシア風バーベキューもセットにしたツアーをご提供できるようになればと思っています!是非お楽しみに!<br /><br />http://www.jic-web.co.jp/study/jclub/info.html

    ■カフェ デュエット Duet

     パグラニーチナヤ通りにあるティファニースタイルのカフェ。お店は朝の9時から開いており、朝の時間帯は空いているので可愛い店内の写真が撮りやすいのがポイント。こんな場所でモーニングを楽しめばその日は1日ハッピーな気分になること間違いなし!


     最後は少し駆け足になってしまいましたが、いかがだったでしょうか。これを読むまでにあなたが持っていたロシアのイメージが格段良くなったのではないでしょうか。

     今回の目玉のミス・タビジナは、個人が自力で行くのは難しいので、ロシア風バーベキューもセットにしたツアーをご提供できるようになればと思っています!是非お楽しみに!

    http://www.jic-web.co.jp/study/jclub/info.html

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ロシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ロシア最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ロシアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集