ケアンズ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
日本は真夏でしたが、オーストラリアは真逆の季節で、海に入ると少し肌寒く感じました。<br />でも、ケアンズは過ごしやすい絶好のシーズンを迎えていました。<br />グレートバリアリーフに浮かぶグリーンアイランドで四日間滞在し、またとないリゾート体験を味わってみました。<br />それでも、欧米のお客さんに比べると、このリゾートライフは短いようです。<br />これ以上の滞在日数は、逆に落ち着かなくなってしまう、貧乏性の何もしない贅沢なひととき旅行記です。<br />

8月のグレートバリアリーフ、ケアンズのGreen Islandへ

8いいね!

2018/08/01 - 2018/08/06

763位(同エリア2478件中)

0

29

日本は真夏でしたが、オーストラリアは真逆の季節で、海に入ると少し肌寒く感じました。
でも、ケアンズは過ごしやすい絶好のシーズンを迎えていました。
グレートバリアリーフに浮かぶグリーンアイランドで四日間滞在し、またとないリゾート体験を味わってみました。
それでも、欧米のお客さんに比べると、このリゾートライフは短いようです。
これ以上の滞在日数は、逆に落ち着かなくなってしまう、貧乏性の何もしない贅沢なひととき旅行記です。

同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
徒歩
航空会社
ジェットスター・ジャパン
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
3.0
ショッピング
3.0
交通
4.0

PR

  • 関空から、ジェットスターの深夜便でケアンズへ。<br />早朝のリーフフリートターミナルの風景です。<br />ここからグレートバリアリーフに浮かぶグリーンアイランド(グリーン島)に向かいます。<br />白み始めたケアンズの空に、朝陽を浴びてたなびく雲がとてもきれいでした。

    関空から、ジェットスターの深夜便でケアンズへ。
    早朝のリーフフリートターミナルの風景です。
    ここからグレートバリアリーフに浮かぶグリーンアイランド(グリーン島)に向かいます。
    白み始めたケアンズの空に、朝陽を浴びてたなびく雲がとてもきれいでした。

  • 2時間ほどの時間を、ターミナルのカフェでゆっくり過ごしました。<br />注文したサンドイッチのでかさには驚きました。

    2時間ほどの時間を、ターミナルのカフェでゆっくり過ごしました。
    注文したサンドイッチのでかさには驚きました。

  • こんな感じで、リーフフリートターミナルでは朝を迎えます。

    こんな感じで、リーフフリートターミナルでは朝を迎えます。

  • 早朝のだれもいないリーフフリートターミナルのデッキです。<br />昼間には賑わうであろうお店も、「CLOSE」の表示看板が並び、この時間帯は閑散としています。<br />でも、散策したくなるターミナルでの出発前のひとときでした。

    早朝のだれもいないリーフフリートターミナルのデッキです。
    昼間には賑わうであろうお店も、「CLOSE」の表示看板が並び、この時間帯は閑散としています。
    でも、散策したくなるターミナルでの出発前のひとときでした。

  • ケアンズのターミナルから、高速艇で小一時間でグリーンアイランドに到着しました。<br />高速艇の着く、グリンアイランドリゾートの長い桟橋からの風景です。

    ケアンズのターミナルから、高速艇で小一時間でグリーンアイランドに到着しました。
    高速艇の着く、グリンアイランドリゾートの長い桟橋からの風景です。

  • 長い桟橋から右側の方を切り取ると、こんなビーチが広がっています。

    長い桟橋から右側の方を切り取ると、こんなビーチが広がっています。

  • 左側を切り取ると、こういう風景が広がっています。<br />日本は真夏ですが、冬場のグレートバリアリーフの早朝の穏やかなビーチです。<br /><br />このビーチで、一日中シュノーケリング三昧でした。<br />魚影は濃かったのですが、透明度や珊瑚はここではあまり期待しない方がよさそうです。

    左側を切り取ると、こういう風景が広がっています。
    日本は真夏ですが、冬場のグレートバリアリーフの早朝の穏やかなビーチです。

    このビーチで、一日中シュノーケリング三昧でした。
    魚影は濃かったのですが、透明度や珊瑚はここではあまり期待しない方がよさそうです。

  • 昼間のグリーンアイランドは、日帰りツアー客でごった返します。<br />その日帰りツアーのお客さんたちが引いた後のグリーンアイランドは、一気にリゾートアイランドの気配を取り戻し、静けさもまた戻ってきます。

    昼間のグリーンアイランドは、日帰りツアー客でごった返します。
    その日帰りツアーのお客さんたちが引いた後のグリーンアイランドは、一気にリゾートアイランドの気配を取り戻し、静けさもまた戻ってきます。

  • なぜかリゾートでは、あっという間に陽が傾きます。<br />こういう日常を離れた空間では、時間を止めておきたい瞬間がたびたびやってきます。<br />忙しい日常よりも、時の流れを速く感じるのは、仕方のないことなのでしょうね、きっと。<br />グリーンアイランドリゾート恒例のカクテルタイムが、いよいよ始まります。

    なぜかリゾートでは、あっという間に陽が傾きます。
    こういう日常を離れた空間では、時間を止めておきたい瞬間がたびたびやってきます。
    忙しい日常よりも、時の流れを速く感じるのは、仕方のないことなのでしょうね、きっと。
    グリーンアイランドリゾート恒例のカクテルタイムが、いよいよ始まります。

  • カクテルタイムには大人だけではなく、子どもたちもやってきて、スタッフからジュースのグラスを受け取っています。<br />欧米のお客さんばかりだったのが、なぜかリゾート気分を高めてくれていました。

    カクテルタイムには大人だけではなく、子どもたちもやってきて、スタッフからジュースのグラスを受け取っています。
    欧米のお客さんばかりだったのが、なぜかリゾート気分を高めてくれていました。

  • 夕食は、ホテルのレストランで…。<br />席はオープンテラスです。<br />火で炙ったタコのカルパッチョに、パスタとスープがこの日の夕食です。

    夕食は、ホテルのレストランで…。
    席はオープンテラスです。
    火で炙ったタコのカルパッチョに、パスタとスープがこの日の夕食です。

  • タコのカルパッチョをアップにしてみました。<br /><br />味は?といえば…、複雑です。<br />翌日には、別のメニューを注文しました。

    タコのカルパッチョをアップにしてみました。

    味は?といえば…、複雑です。
    翌日には、別のメニューを注文しました。

  • パスタをアップにしてみました。<br /><br />見た目ほど、味は…、これも複雑でした。

    パスタをアップにしてみました。

    見た目ほど、味は…、これも複雑でした。

  • 高速艇の着く桟橋のある方角とは逆の、グリーンアイランドの裏側の風景です。<br />このビーチからは、ケアンズ側が眺望できます。<br />海は、もちろんグレートバリアリーフです。

    高速艇の着く桟橋のある方角とは逆の、グリーンアイランドの裏側の風景です。
    このビーチからは、ケアンズ側が眺望できます。
    海は、もちろんグレートバリアリーフです。

  • 島の裏側に広がるビーチは、砂浜というよりは磯といったおもむきです。<br />ビーチの木陰では、島の表の日帰り客を避けてか、何もしない贅沢な時間を過ごしている人がちらほら。<br />リゾートの滞在客でしょうか…。

    島の裏側に広がるビーチは、砂浜というよりは磯といったおもむきです。
    ビーチの木陰では、島の表の日帰り客を避けてか、何もしない贅沢な時間を過ごしている人がちらほら。
    リゾートの滞在客でしょうか…。

  • ここではシュノーケリングをしている人はいません。<br />昼間の人混みを避けてくつろぐにはうってつけのビーチです。

    ここではシュノーケリングをしている人はいません。
    昼間の人混みを避けてくつろぐにはうってつけのビーチです。

  • グリーンアイランドリゾートの桟橋では、カクテルタイムの前に、毎日魚の餌付けをしています。<br />日帰りツアーのお客さんが島を離れた後の時間帯なので、宿泊客の特権のようなショータイムです。<br />餌付け用のえさは、魚を加工しているようで、時間になると、ちゃんとカモメたちも群がってやってきます。

    グリーンアイランドリゾートの桟橋では、カクテルタイムの前に、毎日魚の餌付けをしています。
    日帰りツアーのお客さんが島を離れた後の時間帯なので、宿泊客の特権のようなショータイムです。
    餌付け用のえさは、魚を加工しているようで、時間になると、ちゃんとカモメたちも群がってやってきます。

  • こんな至近ではとれないカモメも、ここでは我ながらうまく切り取れました。<br />自己満足の画像です。

    こんな至近ではとれないカモメも、ここでは我ながらうまく切り取れました。
    自己満足の画像です。

  • 島で出会ったサギです。<br />カクテルタイムには、いつも桟橋付近で見かけました。<br />サギも、訪問客で賑わうお昼間を避けてやってくるのでしょうか…。

    島で出会ったサギです。
    カクテルタイムには、いつも桟橋付近で見かけました。
    サギも、訪問客で賑わうお昼間を避けてやってくるのでしょうか…。

  • これも、島で出会った南洋クイナです。<br />この飛べない南洋クイナ、島では至る所に見かけました。<br />島の藪で、ゴソゴソ音がすると思って目を凝らすと、南洋クイナでした。<br />沖縄のヤンバルクイナと同系でしょうか?

    これも、島で出会った南洋クイナです。
    この飛べない南洋クイナ、島では至る所に見かけました。
    島の藪で、ゴソゴソ音がすると思って目を凝らすと、南洋クイナでした。
    沖縄のヤンバルクイナと同系でしょうか?

  • 夕食は、いつものオープンテラスで…。<br />見た目は、とてもきれいなのです。

    夕食は、いつものオープンテラスで…。
    見た目は、とてもきれいなのです。

  • 焼きナスの一品を注文してみました。<br />アップしてみました。

    焼きナスの一品を注文してみました。
    アップしてみました。

  • 日帰りツアー客の来ない、島の裏側の静かで、美しいビーチです。

    日帰りツアー客の来ない、島の裏側の静かで、美しいビーチです。

  • 滞在中に毎日散策したビーチです。<br />珊瑚礁の海かと思いきや、グレートバリアリーフにも流木が流れ着くのですね。<br />白砂と流木のビーチの風景です。

    滞在中に毎日散策したビーチです。
    珊瑚礁の海かと思いきや、グレートバリアリーフにも流木が流れ着くのですね。
    白砂と流木のビーチの風景です。

  • ビーチで寝転んで、南半球の空を切り取って見ました。<br />ちょっと風がありましたが、気持ちのよい風でした。

    ビーチで寝転んで、南半球の空を切り取って見ました。
    ちょっと風がありましたが、気持ちのよい風でした。

  • 日が沈みかけたビーチを散策してみました。<br />夕陽を背に切り取って見ました。<br />日帰りツアー客のおびただしい足跡と静けさが残っています。

    日が沈みかけたビーチを散策してみました。
    夕陽を背に切り取って見ました。
    日帰りツアー客のおびただしい足跡と静けさが残っています。

  • 南半球、南太平洋の夕陽です。

    南半球、南太平洋の夕陽です。

  • いい黄昏どきです。<br />桟橋付近の、カクテルタイムの後のひとときです。<br />雲がとてもきれいでした。

    いい黄昏どきです。
    桟橋付近の、カクテルタイムの後のひとときです。
    雲がとてもきれいでした。

  • 高速艇で、いよいよケアンズのリーフフリートターミナルに帰ってきました。<br />波はとても穏やかです。<br /><br />帰路は、7時間のフライトなので、ちょっとだけの贅沢ですが、ジェットスターのビジネスを利用してみました。<br />真夏8月の、ゆっくり、まったりの真冬のケアンズのいい旅になりました。<br />

    高速艇で、いよいよケアンズのリーフフリートターミナルに帰ってきました。
    波はとても穏やかです。

    帰路は、7時間のフライトなので、ちょっとだけの贅沢ですが、ジェットスターのビジネスを利用してみました。
    真夏8月の、ゆっくり、まったりの真冬のケアンズのいい旅になりました。

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

オーストラリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストラリア最安 140円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストラリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集