エローラ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
学生時代から行ってみたかったインドへ初旅行。<br />「所属している団体の会議が開催される」+「近所の父親友達がインドに赴任中」という、このタイミングを逃しては、一生行くことはないだろうと、半年以上前から画策し、実行。<br />全行程は、友人と二人旅。各所で、某団体の友人や父親友達と合流。<br /><br />1日目(10月30日):関空→シンガポールへ(機中泊)<br />2日目(10月31日):シンガポール→ムンバイ→ゴアへ(ゴア泊)<br />   ←①はここまで。<br />3日目(11月1日):ゴア観光(ゴア泊)<br />   ←②はここまで。<br />4日目(11月2日):ゴア観光→PMプネーへ(プネー泊)<br />   ←③はここまで。<br />5日目(11月3日):プネーから、陸路エローラ石窟寺院へ。<br />           その後、アラウンガバードへ(アウランガバード泊)<br />   ←④はここまで。<br />6日目(11月4日):アジャンタ石窟寺院観光(アウランガバード泊)<br />7日目(11月5日):アウランガバード市内観光→ムンバイ→シンガポールへ(機中泊)<br />8日目(11月6日):シンガポール観光→関空へ。

2018.11 初インド旅行+おまけのシンガポール④

2いいね!

2018/10/30 - 2018/11/06

87位(同エリア99件中)

shosukeさん

学生時代から行ってみたかったインドへ初旅行。
「所属している団体の会議が開催される」+「近所の父親友達がインドに赴任中」という、このタイミングを逃しては、一生行くことはないだろうと、半年以上前から画策し、実行。
全行程は、友人と二人旅。各所で、某団体の友人や父親友達と合流。

1日目(10月30日):関空→シンガポールへ(機中泊)
2日目(10月31日):シンガポール→ムンバイ→ゴアへ(ゴア泊)
   ←①はここまで。
3日目(11月1日):ゴア観光(ゴア泊)
   ←②はここまで。
4日目(11月2日):ゴア観光→PMプネーへ(プネー泊)
   ←③はここまで。
5日目(11月3日):プネーから、陸路エローラ石窟寺院へ。
           その後、アラウンガバードへ(アウランガバード泊)
   ←④はここまで。
6日目(11月4日):アジャンタ石窟寺院観光(アウランガバード泊)
7日目(11月5日):アウランガバード市内観光→ムンバイ→シンガポールへ(機中泊)
8日目(11月6日):シンガポール観光→関空へ。

PR

  • 父友の自宅マンションを出て、まずは、腹ごしらえで朝ごはん。<br />父友が、よく食べにくるホテルの1階。<br />ヒルトン系の「ダブルツリー」何とかというホテル。<br />朝からがっつりと食べました。美味しかったです。<br />コミコミ約620ルピーでした。

    父友の自宅マンションを出て、まずは、腹ごしらえで朝ごはん。
    父友が、よく食べにくるホテルの1階。
    ヒルトン系の「ダブルツリー」何とかというホテル。
    朝からがっつりと食べました。美味しかったです。
    コミコミ約620ルピーでした。

    ダブルツリー バイ ヒルトン プネーチン チワッド ホテル

  • 朝ごはんのホテルのロビーに「白鶴」の菰樽が。<br />日本料理店も入っているようです。<br />日本人駐在員が良く来るそうです。

    朝ごはんのホテルのロビーに「白鶴」の菰樽が。
    日本料理店も入っているようです。
    日本人駐在員が良く来るそうです。

  • アウランガバードへ向けていざ出発。<br />途中まで、調子よく走っているが、急に田舎のガタガタ道に。<br />グーグルマップで確認すると、運転手さん、大幅に道を間違っていた模様(笑)。<br />プネーからは北西方向へ進むべきところ、北方向の幹線道路を走り、途中で気づいて、田舎道を突っ切る。<br />時間のロスはあったが、変わったところを通って、田舎道も味わえました。

    アウランガバードへ向けていざ出発。
    途中まで、調子よく走っているが、急に田舎のガタガタ道に。
    グーグルマップで確認すると、運転手さん、大幅に道を間違っていた模様(笑)。
    プネーからは北西方向へ進むべきところ、北方向の幹線道路を走り、途中で気づいて、田舎道を突っ切る。
    時間のロスはあったが、変わったところを通って、田舎道も味わえました。

  • 途中のドライブインで昼食。<br />コーヒーとサンドイッチを買って食べる。美味しかった。

    途中のドライブインで昼食。
    コーヒーとサンドイッチを買って食べる。美味しかった。

  • 道すがらの街(村)。

    道すがらの街(村)。

  • ヒンズー教の寺院でしょうか。

    ヒンズー教の寺院でしょうか。

  • 牛に行く手を阻まれる車。

    牛に行く手を阻まれる車。

  • インドの広大な原野。

    インドの広大な原野。

  • ようやく、エローラ石窟寺院に到着。あー疲れた。<br />プネーから6時間くらいと聞いていたが、もっとかかったような。。。<br />着いた時点でかなりの夕方。実は、道間違いのタイムロスが割と大きかったかも。<br /><br />まぁ、無事についてよかった。<br />第10窟。

    ようやく、エローラ石窟寺院に到着。あー疲れた。
    プネーから6時間くらいと聞いていたが、もっとかかったような。。。
    着いた時点でかなりの夕方。実は、道間違いのタイムロスが割と大きかったかも。

    まぁ、無事についてよかった。
    第10窟。

  • 第10窟の案内看板。読んでません。

    第10窟の案内看板。読んでません。

  • 第10窟。<br />凛とした雰囲気が素敵です。

    第10窟。
    凛とした雰囲気が素敵です。

  • 同じく第10窟。

    同じく第10窟。

  • これも第10窟の彫刻。<br />芸が細かいです。<br />こんなのが1200~1300年前に製作されていたのだから驚き。

    これも第10窟の彫刻。
    芸が細かいです。
    こんなのが1200~1300年前に製作されていたのだから驚き。

  • インド人から、セルフィをせがまれる友人。<br />何故か、多くのインド人から大人気で、あちこちでセルフィをせがまれていました。<br />日本人とかが珍しいのかなあ??

    インド人から、セルフィをせがまれる友人。
    何故か、多くのインド人から大人気で、あちこちでセルフィをせがまれていました。
    日本人とかが珍しいのかなあ??

  • 第5窟案内看板。

    第5窟案内看板。

  • たぶん、第5窟あたりから、第10窟方面を写す。

    たぶん、第5窟あたりから、第10窟方面を写す。

  • いたるところに、彫刻があります。第何窟か覚えていません。<br />しばらくは、写真のみで。。。<br />

    いたるところに、彫刻があります。第何窟か覚えていません。
    しばらくは、写真のみで。。。

  • ある意味かわいい彫刻。<br />途中なのか、練習なのか。。。

    ある意味かわいい彫刻。
    途中なのか、練習なのか。。。

  • 3階建てマンションで、両手を広げてみる。<br />全て、人力で、手で削り出しております。

    3階建てマンションで、両手を広げてみる。
    全て、人力で、手で削り出しております。

  • ヒンドゥー教石窟群の第20~21窟あたり。

    ヒンドゥー教石窟群の第20~21窟あたり。

  • たぶん、第21窟。<br />西日があたって、とてもきれいでした。夕方遅かったけど、逆にいい時間帯でした。<br />彫刻も素晴らしい。

    たぶん、第21窟。
    西日があたって、とてもきれいでした。夕方遅かったけど、逆にいい時間帯でした。
    彫刻も素晴らしい。

  • ヒンドゥー教の女神①

    ヒンドゥー教の女神①

  • ヒンドゥー教の女神②

    ヒンドゥー教の女神②

  • ヒンドゥー教の女神③<br />しかし、これらの写真は、すべてiPhoneⅩで撮影してますが、スマホのカメラおそるべしですね。

    ヒンドゥー教の女神③
    しかし、これらの写真は、すべてiPhoneⅩで撮影してますが、スマホのカメラおそるべしですね。

  • 第何窟か忘れましたが、門番のようなインド人のおっちゃんが、あっちに立て、こっちに立てと指示をしてくれて、ひたすら3ショットを取ってくれました。<br />全部は上げられません。。。<br />ちゃんとチップは渡しました。

    第何窟か忘れましたが、門番のようなインド人のおっちゃんが、あっちに立て、こっちに立てと指示をしてくれて、ひたすら3ショットを取ってくれました。
    全部は上げられません。。。
    ちゃんとチップは渡しました。

  • そして、最後にメインの、第16窟。カイラーサナータ寺院へ。

    そして、最後にメインの、第16窟。カイラーサナータ寺院へ。

    カイラーサナータ寺院 寺院・教会

  • 石を積んだのではなく、巨大な岩山を削って、削り出しで作ってます。。<br />インド人恐るべし。<br />しばらくは、第16窟の写真。

    石を積んだのではなく、巨大な岩山を削って、削り出しで作ってます。。
    インド人恐るべし。
    しばらくは、第16窟の写真。

  • たぶん、何かの物語。<br />気の遠くなるような細かさ。

    たぶん、何かの物語。
    気の遠くなるような細かさ。

  • 時間が時間だからか、日本人の観光客には全く合わず。<br />インド人とおぼしき観光客がたくさんいました。<br />そういえば、ゴアを出てからシンガポールまで、日本人には会いませんでした。<br />そもそもインドへの観光客自体、多くないか。。。<br />

    時間が時間だからか、日本人の観光客には全く合わず。
    インド人とおぼしき観光客がたくさんいました。
    そういえば、ゴアを出てからシンガポールまで、日本人には会いませんでした。
    そもそもインドへの観光客自体、多くないか。。。

  • 人の手で削り出しています。

    人の手で削り出しています。

  • 再びセルフィをせがまれる友人。<br />このころには、すでに慣れてました。

    再びセルフィをせがまれる友人。
    このころには、すでに慣れてました。

  • なかなか素敵です。<br />後ろの丘になっているところと同じ高さの岩山を削りだしたというのだから、いかに、膨大な作業だったかがわかります。

    なかなか素敵です。
    後ろの丘になっているところと同じ高さの岩山を削りだしたというのだから、いかに、膨大な作業だったかがわかります。

  • 人も入ってみました。

    人も入ってみました。

  • 力持ちの女の子。<br />どこの国でも、子供はやることが一緒やな(笑)。

    力持ちの女の子。
    どこの国でも、子供はやることが一緒やな(笑)。

  • エローラについた時点で、時間が遅かったので、少し駆け足だったかもしれないけど、素晴らしい石窟、彫刻に出会えました。<br />しつこいけど、すべて人力、手彫り。<br />インド人、恐るべし。

    エローラについた時点で、時間が遅かったので、少し駆け足だったかもしれないけど、素晴らしい石窟、彫刻に出会えました。
    しつこいけど、すべて人力、手彫り。
    インド人、恐るべし。

  • そして、アウランガバードへ戻って、ホテルにチェックイン。<br />泊まったホテルは、ここ。<br />「ラマ・インターナショナル」

    そして、アウランガバードへ戻って、ホテルにチェックイン。
    泊まったホテルは、ここ。
    「ラマ・インターナショナル」

    WelcomHotel Rama International - Member ITC Hotel Group ホテル

  • 入口外観。

    入口外観。

  • ツインのシングル利用でした。<br />父友がとってくれてました。

    ツインのシングル利用でした。
    父友がとってくれてました。

  • 晩飯を食べに、グーグル先生に教えてもらった店へ歩いていく。<br />歩道もない幹線道路を逆行して歩き、バイクと車にはねられそうになる。<br />命がけで、お店へ。

    晩飯を食べに、グーグル先生に教えてもらった店へ歩いていく。
    歩道もない幹線道路を逆行して歩き、バイクと車にはねられそうになる。
    命がけで、お店へ。

  • 「KA Lounge」というお店。<br />地元の人が多そうでしたが、かなりおしゃれな店。<br />命がけでたどり着いた店でのビールはうまい。

    「KA Lounge」というお店。
    地元の人が多そうでしたが、かなりおしゃれな店。
    命がけでたどり着いた店でのビールはうまい。

  • KINGFISHERの「バケツ」を注文。<br />何かいな?と思ったら、5本入り。少しだけお得。

    KINGFISHERの「バケツ」を注文。
    何かいな?と思ったら、5本入り。少しだけお得。

  • 本来は、食べ始める前に撮るべき写真。<br />食い散らかしています。美味しかったです。<br />父友は、かなりのお気に入り。次にアウランガバードへに来た時も使おうと決意。

    本来は、食べ始める前に撮るべき写真。
    食い散らかしています。美味しかったです。
    父友は、かなりのお気に入り。次にアウランガバードへに来た時も使おうと決意。

  • 隣の席で注文しているのを見て、食べたくなったデザート。<br />鉄板の上に、アイスを置いて、チョコをかける。<br />なんというカロリーの高い。。。<br />おいしかった。

    隣の席で注文しているのを見て、食べたくなったデザート。
    鉄板の上に、アイスを置いて、チョコをかける。
    なんというカロリーの高い。。。
    おいしかった。

  • 帰りは、死にたくないので、オートリキシャ―にて、パパっと帰宿。<br /><br />明日は、朝から、アジャンタ石窟寺院へ行きます。<br />ここも楽しみです。

    帰りは、死にたくないので、オートリキシャ―にて、パパっと帰宿。

    明日は、朝から、アジャンタ石窟寺院へ行きます。
    ここも楽しみです。

2いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 489円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集