サーリセルカ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
海外旅行が不慣れで、英会話が苦手な二人です。<br />ツアー中、わたし達が見られたオーロラは、この夜だけでした。<br /><br />2日目は観光を盛り込みました。 日中は犬ぞり体験、夜はオーロラハンティングバス。<br /><br />朝食は7時から開いてます。 会場はまだ暗い外を歩き本棟へ。<br />アハマ棟の玄関は、外から入るにはルームキーが必要です。<br /><br />生野菜(スライスしたトマト・輪切りのキュウリ・フリルレタス・スイカ)<br />チーズ(ブルー・エダム・ゴーダ)<br />玉子 (ゆでたまご・スチーム(ふわっとしてます))<br />パン (種類たくさん)<br />魚のマリネ(マスタード・トマト風味)<br />肉  (日替わりで、ベーコン・ミートボール・ウインナー)<br />ヨーグルト (オレンジ・プレーン)<br />飲み物(ジュース・牛乳・コーヒー・ココア・紅茶)<br />クッキー(子供に人気)<br />シリアル、オートミール(おかゆ風)<br /><br />ブッフェは楽しいですね。色々食べてみたくて、毎朝食べ過ぎちゃいました(;^ω^)<br /><br />ホテルの小さな売店でお土産リサーチ。<br />しかし、この先の予定で飛行機移動があるため、荷物は増やせません!<br />*オーロラを見られなかった用のポストカードを数種と味見用のチョコを購入。<br /><br />ホテルフロント前のロビーで他発地からお一人参加のマダムに声をかけ、<br />翌日の夕飯をご一緒にとお約束。 帰国まで仲良くさせていただきました。^^<br />朝食後部屋へ戻る際も外は、、、まだ暗かったな。。<br /><br />ツアーオプションの犬ぞり体験へ。 昼食付・防寒着・ドリンク・英語ガイド 参加費用大人1名2万円くらい。<br />お世話になるのは、『ラップランドサファリ』<br />宿泊ホテルから道を挟んだ向かいのホテルに施設があります。<br />しっかり防寒をして身支度をしていきましたが、ツアー料金の防寒着も着込みました。<br />スキーパンツの上からつなぎ仕様のスキーウエア、毛糸の靴下と防寒靴、ミトン型のモコモコ手袋。<br />おぉっと!組み合わせた手袋が、右と右だわ!! <br />慌ててスタッフのお姉さんに、「チェンジ、プリーズ!ライト、ライト!」と、<br />身振り手振りで何となく通じて取り換えてもらえました(;^ω^)<br />着ぶくれして、歩くのもしんどかった(笑)<br /><br />準備ができ、参加者(6組くらいだったかな。)はバスは乗り込み約30分ほど走ったでしょうか、、<br />もう景色は雪に覆われた原生林の山の中です。<br />英語で注意説明がなされ… もう、雰囲気で読み取ります(笑)<br />犬ぞりは、5匹のハスキーが引きます。<br />そりは2人で参加です! 1人が乗り込み、1人はそりの操縦です。<br />主に、山の登り坂で犬達が大変な状況には片足でそりを漕ぎアシストをします。<br />犬達に置いて行かれないように気を付けるようにとのこと。<br /><br />説明が終わり順にそりを送り出し、わたしたちはスノーモービルに乗ったガイドさんと一緒に最後の出発となりました。<br />後にわかりましたがどうやら、昼食付の申し込みはわたし達だけだったようです^^<br />結構な時間と距離で、壮大な景色とハスキー達に大興奮の体験をさせていただきました。<br />コースの途中で休憩をはさみながら、時には犬の隊列を変えたり、また着ぶくれしてのアシストは身体が動かず、、ハスキー君達に申し訳なかったですね(;^ω^)<br /><br />*走りながら代わる代わるにう〇こしていた姿も忘れられません^^<br /><br />そり体験の後のお待ちかねの昼食。 ホットベリージュース、サーモンクリームスープ・ライ麦パンのサンドイッチ(チーズとハム)・コーヒー・シナモンロール(お腹いっぱいになって持ち帰らせていただきました)<br />一瞬、「これだけ?」と、思いましたが食べ進めていくとじゅうぶんお腹を満たしてくれました。<br />食後さぁ、困った。英語が全く苦手なわたし達。ぎこちないお姉さんとのコミュニケーションに助けてもらったのは、猫ちゃん。どうも犬の餌を食べてふっくらしているとのこと。^^<br />森の中のハスキー達は160匹。一匹に一つの小屋(もちろん手作り)。子犬は大きな檻で多頭飼育。<br />餌は凍った肉のブロックが小屋の中に積まれていました。<br />迎えの車が来るまでちょと待ち遠しかったくらい、緊張しつつもまったりな時間。<br />やがて迎えのお姉さんの車に乗り込むも、話しかけてくれる英語に会話にならず申し訳なく車中は沈黙に、、<br /><br />夕食はツアーの皆さんと朝食会場とおなじホールでブッフェです。<br />朝食の時より会場が窮屈でした。<br /><br />夕食後にはいよいよオーロラハンティングバスです。 <21:00~23:30><br />土地勘ないので、どこへどう連れまわしてくれたかは謎です。<br />この日、オーロラが見られた場所は、イバロ川です。<br />興奮気味に凍っている川の上へ降りました。<br />弱い光でしたが、主人もカメラにおさめることができました。<br />肉眼で見えたものは、白い雲のような筋でしたね。^^<br /><br />ホテルの部屋に戻り、、、あ、記憶があいまいだな、、疲れたかな(;^ω^)<br />翌日は、休息たっぷり日にしてあるのだ。<br /><br /><br />あ、そうそう。添乗員の配慮で、宿泊棟のロビーに添乗員さんのデスクが開設されていました。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /> <br /><br /><br /><br />

初めてのオーロラ鑑賞旅行 ~犬ぞり・オーロラハンティングバス 2日目~

11いいね!

2019/01/25 - 2019/02/01

107位(同エリア302件中)

0

5

pizzamaki

pizzamakiさん

海外旅行が不慣れで、英会話が苦手な二人です。
ツアー中、わたし達が見られたオーロラは、この夜だけでした。

2日目は観光を盛り込みました。 日中は犬ぞり体験、夜はオーロラハンティングバス。

朝食は7時から開いてます。 会場はまだ暗い外を歩き本棟へ。
アハマ棟の玄関は、外から入るにはルームキーが必要です。

生野菜(スライスしたトマト・輪切りのキュウリ・フリルレタス・スイカ)
チーズ(ブルー・エダム・ゴーダ)
玉子 (ゆでたまご・スチーム(ふわっとしてます))
パン (種類たくさん)
魚のマリネ(マスタード・トマト風味)
肉  (日替わりで、ベーコン・ミートボール・ウインナー)
ヨーグルト (オレンジ・プレーン)
飲み物(ジュース・牛乳・コーヒー・ココア・紅茶)
クッキー(子供に人気)
シリアル、オートミール(おかゆ風)

ブッフェは楽しいですね。色々食べてみたくて、毎朝食べ過ぎちゃいました(;^ω^)

ホテルの小さな売店でお土産リサーチ。
しかし、この先の予定で飛行機移動があるため、荷物は増やせません!
*オーロラを見られなかった用のポストカードを数種と味見用のチョコを購入。

ホテルフロント前のロビーで他発地からお一人参加のマダムに声をかけ、
翌日の夕飯をご一緒にとお約束。 帰国まで仲良くさせていただきました。^^
朝食後部屋へ戻る際も外は、、、まだ暗かったな。。

ツアーオプションの犬ぞり体験へ。 昼食付・防寒着・ドリンク・英語ガイド 参加費用大人1名2万円くらい。
お世話になるのは、『ラップランドサファリ』
宿泊ホテルから道を挟んだ向かいのホテルに施設があります。
しっかり防寒をして身支度をしていきましたが、ツアー料金の防寒着も着込みました。
スキーパンツの上からつなぎ仕様のスキーウエア、毛糸の靴下と防寒靴、ミトン型のモコモコ手袋。
おぉっと!組み合わせた手袋が、右と右だわ!! 
慌ててスタッフのお姉さんに、「チェンジ、プリーズ!ライト、ライト!」と、
身振り手振りで何となく通じて取り換えてもらえました(;^ω^)
着ぶくれして、歩くのもしんどかった(笑)

準備ができ、参加者(6組くらいだったかな。)はバスは乗り込み約30分ほど走ったでしょうか、、
もう景色は雪に覆われた原生林の山の中です。
英語で注意説明がなされ… もう、雰囲気で読み取ります(笑)
犬ぞりは、5匹のハスキーが引きます。
そりは2人で参加です! 1人が乗り込み、1人はそりの操縦です。
主に、山の登り坂で犬達が大変な状況には片足でそりを漕ぎアシストをします。
犬達に置いて行かれないように気を付けるようにとのこと。

説明が終わり順にそりを送り出し、わたしたちはスノーモービルに乗ったガイドさんと一緒に最後の出発となりました。
後にわかりましたがどうやら、昼食付の申し込みはわたし達だけだったようです^^
結構な時間と距離で、壮大な景色とハスキー達に大興奮の体験をさせていただきました。
コースの途中で休憩をはさみながら、時には犬の隊列を変えたり、また着ぶくれしてのアシストは身体が動かず、、ハスキー君達に申し訳なかったですね(;^ω^)

*走りながら代わる代わるにう〇こしていた姿も忘れられません^^

そり体験の後のお待ちかねの昼食。 ホットベリージュース、サーモンクリームスープ・ライ麦パンのサンドイッチ(チーズとハム)・コーヒー・シナモンロール(お腹いっぱいになって持ち帰らせていただきました)
一瞬、「これだけ?」と、思いましたが食べ進めていくとじゅうぶんお腹を満たしてくれました。
食後さぁ、困った。英語が全く苦手なわたし達。ぎこちないお姉さんとのコミュニケーションに助けてもらったのは、猫ちゃん。どうも犬の餌を食べてふっくらしているとのこと。^^
森の中のハスキー達は160匹。一匹に一つの小屋(もちろん手作り)。子犬は大きな檻で多頭飼育。
餌は凍った肉のブロックが小屋の中に積まれていました。
迎えの車が来るまでちょと待ち遠しかったくらい、緊張しつつもまったりな時間。
やがて迎えのお姉さんの車に乗り込むも、話しかけてくれる英語に会話にならず申し訳なく車中は沈黙に、、

夕食はツアーの皆さんと朝食会場とおなじホールでブッフェです。
朝食の時より会場が窮屈でした。

夕食後にはいよいよオーロラハンティングバスです。 <21:00~23:30>
土地勘ないので、どこへどう連れまわしてくれたかは謎です。
この日、オーロラが見られた場所は、イバロ川です。
興奮気味に凍っている川の上へ降りました。
弱い光でしたが、主人もカメラにおさめることができました。
肉眼で見えたものは、白い雲のような筋でしたね。^^

ホテルの部屋に戻り、、、あ、記憶があいまいだな、、疲れたかな(;^ω^)
翌日は、休息たっぷり日にしてあるのだ。


あ、そうそう。添乗員の配慮で、宿泊棟のロビーに添乗員さんのデスクが開設されていました。









 



旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
5.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
観光バス 飛行機
航空会社
フィンランド航空 JAL
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
JTB

PR

  • 朝食。とにかく、モリモリですね。(笑)

    朝食。とにかく、モリモリですね。(笑)

    サンタズ ホテル トゥントゥリ ホテル

    オーロラ鑑賞の際はぜひ。 by pizzamakiさん
  • サイズ50!どんだけ~^^レンタルの防寒着もこのデザインです。サイズ感大きく初日に試着をして翌日サイズ交換をされた方が多くいました。

    サイズ50!どんだけ~^^レンタルの防寒着もこのデザインです。サイズ感大きく初日に試着をして翌日サイズ交換をされた方が多くいました。

  • 犬達の休憩中にガイドさんが撮影してくれました。犬が走り出さないようにしっかりブレーキを踏んでいます!夕方っぽく見える景色ですが昼前後です。

    犬達の休憩中にガイドさんが撮影してくれました。犬が走り出さないようにしっかりブレーキを踏んでいます!夕方っぽく見える景色ですが昼前後です。

  • 昼食です。ガイドのお姉さんが作ってくれたサーモンクリームスープ。美味しいです。サンドイッチは食べなれないライ麦パンにスープと一緒に食べたほうがいいかも、手にもってかぶりついて食べました(笑)

    昼食です。ガイドのお姉さんが作ってくれたサーモンクリームスープ。美味しいです。サンドイッチは食べなれないライ麦パンにスープと一緒に食べたほうがいいかも、手にもってかぶりついて食べました(笑)

  • こちらは持ち帰らせてもらった、シナモンロールです。次の宿泊ホテルの夕飯に食べました。もっちりして食べやすかったです。あ、奥のコップには飲み放題のベリージュース。

    こちらは持ち帰らせてもらった、シナモンロールです。次の宿泊ホテルの夕飯に食べました。もっちりして食べやすかったです。あ、奥のコップには飲み放題のベリージュース。

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フィンランドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フィンランド最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フィンランドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集