しまなみ海道(因島・生口島・向島)旅行記(ブログ) 一覧に戻る
3日目はしまなみ海道をドライブです。<br />しかし、私が思っていたよりも<br />山の中のドライブでした。<br />島と島の間が橋でした。<br />それぞれの島の観光スポットを<br />出来る限り見て回りました。<br />村上水軍城も興味深かったです。<br />平山郁夫美術館は、企画展のために、<br />平山さんの作品が少なくて残念でした。<br />そして、宇和島でめぐりあった<br />段々畑に感動しました。<br />ストレスフルになっていた仕事先の悩みも解消して、<br />やはり、旅行は良いなと実感して帰ってきました。

しまなみ海道ドライブで、瀬戸内海の美しい島々に癒される旅。白滝山の五百羅漢は圧巻!宇和島城も訪ねました。

445いいね!

2018/11/18 - 2018/11/21

1位(同エリア355件中)

旅行記グループ 晩秋の岡山・倉敷・宇和島

4

68

3日目はしまなみ海道をドライブです。
しかし、私が思っていたよりも
山の中のドライブでした。
島と島の間が橋でした。
それぞれの島の観光スポットを
出来る限り見て回りました。
村上水軍城も興味深かったです。
平山郁夫美術館は、企画展のために、
平山さんの作品が少なくて残念でした。
そして、宇和島でめぐりあった
段々畑に感動しました。
ストレスフルになっていた仕事先の悩みも解消して、
やはり、旅行は良いなと実感して帰ってきました。

旅行の満足度
4.0
観光
4.5
ホテル
3.0
グルメ
4.0
ショッピング
3.0
交通
3.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
レンタカー JALグループ
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
ジャルパック

PR

  • 尾道国際ホテルの朝食は、定食スタイルでしたが、サラダとドリンクはバイキングでした。このスタイルは食べ過ぎなくて丁度良い感じです。シロギスを焼いていただいたら、身がふっくらでとても美味でした。

    尾道国際ホテルの朝食は、定食スタイルでしたが、サラダとドリンクはバイキングでした。このスタイルは食べ過ぎなくて丁度良い感じです。シロギスを焼いていただいたら、身がふっくらでとても美味でした。

  • 今朝は 向島まで尾道水道を渡船で渡ります。

    今朝は 向島まで尾道水道を渡船で渡ります。

  • 渡船は、車が着くとすぐに対岸から迎えに来てくれます。大人は一人100円なのですが車は120円!って料金体系が凄い!貸切で出発しました。5分ほどで向島に着いてしまいます。もっと乗って居たい気分です。

    渡船は、車が着くとすぐに対岸から迎えに来てくれます。大人は一人100円なのですが車は120円!って料金体系が凄い!貸切で出発しました。5分ほどで向島に着いてしまいます。もっと乗って居たい気分です。

  • 向島の目的地 洋らんセンターは月曜日が定休日でした。仕方なく次の因島へ橋を渡ります。しまなみ海道のイメージは、海に架かる橋を渡り感じでしたが、どちらかと言うと山道を走り、ちょっとだけ橋を渡る感じでした。

    向島の目的地 洋らんセンターは月曜日が定休日でした。仕方なく次の因島へ橋を渡ります。しまなみ海道のイメージは、海に架かる橋を渡り感じでしたが、どちらかと言うと山道を走り、ちょっとだけ橋を渡る感じでした。

  • 因島の第一の目的地は白滝山です。駐車場に車を停めて登ります。

    因島の第一の目的地は白滝山です。駐車場に車を停めて登ります。

  • 紅葉の美しい中を登るのですが、きつい坂が続きます。

    紅葉の美しい中を登るのですが、きつい坂が続きます。

  • ようやく山門へ。

    ようやく山門へ。

  • 白滝山の展望台からは、このような瀬戸内海の絶景が望めます。

    白滝山の展望台からは、このような瀬戸内海の絶景が望めます。

  • 紅葉と瀬戸内海の島の絶景に癒されました。来て良かった!

    紅葉と瀬戸内海の島の絶景に癒されました。来て良かった!

  • これが五百羅漢。尾道の石工が作ったと言われる羅漢様は、とてもユーモラスで一体一体違う お顔です。見ていたら、90分も費やしていました。

    これが五百羅漢。尾道の石工が作ったと言われる羅漢様は、とてもユーモラスで一体一体違う お顔です。見ていたら、90分も費やしていました。

  • 生口橋が見えました。

    生口橋が見えました。

  • たくさんの羅漢さんも、満足げに瀬戸内海を眺めていました。一緒に観る海は格別です。

    たくさんの羅漢さんも、満足げに瀬戸内海を眺めていました。一緒に観る海は格別です。

  • この鐘は、一人必ず一回だけしか突いてはならぬとのことでした。いい音が瀬戸内の海に響きます。

    この鐘は、一人必ず一回だけしか突いてはならぬとのことでした。いい音が瀬戸内の海に響きます。

  • 白滝山を後にして、今度は村上水軍城へやってきました。

    白滝山を後にして、今度は村上水軍城へやってきました。

  • すっきりとそびえる村上水軍城です。

    すっきりとそびえる村上水軍城です。

  • 因島村上氏が残した武具や遺品、古文書など歴史資料を展示している資料館になっていました。海上の警備を担当する大名と言ったところでしょうか・・・

    因島村上氏が残した武具や遺品、古文書など歴史資料を展示している資料館になっていました。海上の警備を担当する大名と言ったところでしょうか・・・

  • 本丸の展示コーナーは、310円で観ることが出来ます。

    本丸の展示コーナーは、310円で観ることが出来ます。

  • 更に生口橋を渡って生口島へ入ります。

    更に生口橋を渡って生口島へ入ります。

  • ここで行きたかったのが、平山郁夫美術館です。あの薬師寺のシルクロードの力作を見ると、ここに来たら必ず訪問したくなります。感じのいいアプローチを進んで・・・

    ここで行きたかったのが、平山郁夫美術館です。あの薬師寺のシルクロードの力作を見ると、ここに来たら必ず訪問したくなります。感じのいいアプローチを進んで・・・

  • 900円の入場料を払って中に入ったら・・・とても残念なことに、この日は篠山紀信と王伝峰の企画展をやっていたので、肝心の平山画伯の作品は、たったひとつの展示室だけでした。しかし、この広い空間で彼の作品と対峙出来るのは、幸せでした。

    900円の入場料を払って中に入ったら・・・とても残念なことに、この日は篠山紀信と王伝峰の企画展をやっていたので、肝心の平山画伯の作品は、たったひとつの展示室だけでした。しかし、この広い空間で彼の作品と対峙出来るのは、幸せでした。

  • 平山氏の原爆被爆体験が、画家としての人生に大きな影響を与えたと言うことでした。

    平山氏の原爆被爆体験が、画家としての人生に大きな影響を与えたと言うことでした。

  • そんな経験が シルクロードの旅に 彼を駆り立てたのかもしれません・・・

    そんな経験が シルクロードの旅に 彼を駆り立てたのかもしれません・・・

  • お庭も手入れされていて、素晴らしいものでした。

    お庭も手入れされていて、素晴らしいものでした。

  • 平山郁夫美術館の隣が 耕三寺です。この奇抜な外観・・・これは 山門です。

    平山郁夫美術館の隣が 耕三寺です。この奇抜な外観・・・これは 山門です。

  • このお寺は、寺と言うより博物館として訪問した方が、ピッタリ来るかもしれません。拝観料は平山郁夫の美術館のチケットを提示すると1200円でした。65歳以上の シニア料金は1000円です。

    このお寺は、寺と言うより博物館として訪問した方が、ピッタリ来るかもしれません。拝観料は平山郁夫の美術館のチケットを提示すると1200円でした。65歳以上の シニア料金は1000円です。

  • 実業家の耕三氏が 母への供養としてこの寺を建てたとのこと・・・すごい親子の絆です。紅葉も見頃で、とても美しい寺でした。

    実業家の耕三氏が 母への供養としてこの寺を建てたとのこと・・・すごい親子の絆です。紅葉も見頃で、とても美しい寺でした。

  • この造りは、まるで日光東照宮のようです。

    この造りは、まるで日光東照宮のようです。

  • 回廊に沿って、紅葉の木が植えられているため、紅葉の季節も綺麗ですが、青もみじも素晴らしいのではと 想像しました。

    回廊に沿って、紅葉の木が植えられているため、紅葉の季節も綺麗ですが、青もみじも素晴らしいのではと 想像しました。

  • これが本堂ですが、宇治の平等院を模しているそうです。屋根のカーブは本当に美しいです。

    これが本堂ですが、宇治の平等院を模しているそうです。屋根のカーブは本当に美しいです。

  • 千仏洞地獄峡に入ると中は洞窟になっていて、入口には地獄絵が展示してありました。そしてこの辺りは、数多くの石仏が納められたていました。

    千仏洞地獄峡に入ると中は洞窟になっていて、入口には地獄絵が展示してありました。そしてこの辺りは、数多くの石仏が納められたていました。

  • 千仏洞地獄峡を出ると、巨大な救世観音大尊像があります。

    千仏洞地獄峡を出ると、巨大な救世観音大尊像があります。

  • このあたりの紅葉も 素敵でした。

    このあたりの紅葉も 素敵でした。

  • さらに奥へ歩みを進めると、未来心の丘と言う大理石の庭園があります。その入り口までエレベーターがあるのが、とても助かりました。

    さらに奥へ歩みを進めると、未来心の丘と言う大理石の庭園があります。その入り口までエレベーターがあるのが、とても助かりました。

  • 未来心の丘の頂上には 光明の塔があります。

    未来心の丘の頂上には 光明の塔があります。

  • この大理石は、イタリアからコンテナ船で運ばれたものだそうです。

    この大理石は、イタリアからコンテナ船で運ばれたものだそうです。

  • この時間は、少し雲が出てきました。これが青空だったら、絶対に素敵な景観だっただろうな・・・

    この時間は、少し雲が出てきました。これが青空だったら、絶対に素敵な景観だっただろうな・・・

  • なんと、ここにはcafeもありました。

    なんと、ここにはcafeもありました。

  • 中段にある法宝蔵・僧宝蔵では、常時展示物があり、この日はお茶道具の展示でした。

    中段にある法宝蔵・僧宝蔵では、常時展示物があり、この日はお茶道具の展示でした。

  • 松も見事に手入れされていて、意外にも癒される寺でした。コンセプトは寺と言うよりも 博物館!

    松も見事に手入れされていて、意外にも癒される寺でした。コンセプトは寺と言うよりも 博物館!

  • 帰るころに やっと青空が戻ってきました。

    帰るころに やっと青空が戻ってきました。

  • 尾道ではまだ 尾道ラーメンを頂いていなかったので、ランチに檸檬ラーメンをいただきました。ラーメンの脂を檸檬がとてもスッキリしたものに変えてくれています。ミカンはおまけです。さすが、瀬戸内海です。柑橘が豊富で羨ましくなりました。

    尾道ではまだ 尾道ラーメンを頂いていなかったので、ランチに檸檬ラーメンをいただきました。ラーメンの脂を檸檬がとてもスッキリしたものに変えてくれています。ミカンはおまけです。さすが、瀬戸内海です。柑橘が豊富で羨ましくなりました。

  • 多々良大橋を渡ります。

    多々良大橋を渡ります。

  • 道の駅 よしうみ生き生き館に立ち寄りました。

    道の駅 よしうみ生き生き館に立ち寄りました。

  • 一押しは、海鮮七輪バーベキュー。このように様々な海鮮をチョイスして、バーベキュー!いい匂いでしたが、今 食べてきたばかりだったので、諦めました。

    一押しは、海鮮七輪バーベキュー。このように様々な海鮮をチョイスして、バーベキュー!いい匂いでしたが、今 食べてきたばかりだったので、諦めました。

  • 大三島は、お大師様がたくさん居る島なのだそうです。

    大三島は、お大師様がたくさん居る島なのだそうです。

  • 夕暮れのしまなみ海道をドライブすること2時間。宇和島へやって来ました。

    夕暮れのしまなみ海道をドライブすること2時間。宇和島へやって来ました。

  • この日は宇和島クレメントホテルに宿泊します。このホテルはJR宇和島駅に直結のホテルです。老朽化が進み、狭いホテルでした。

    この日は宇和島クレメントホテルに宿泊します。このホテルはJR宇和島駅に直結のホテルです。老朽化が進み、狭いホテルでした。

  • 窓から宇和島駅のホームを見下ろすと、予讃線の普通電車が、翌朝までずっと停車していました。

    窓から宇和島駅のホームを見下ろすと、予讃線の普通電車が、翌朝までずっと停車していました。

  • 夕食はクレメントホテルのレストランで、鯛めしを含む宇和島会席をいただきました。しかし、写真は無く、これは 翌朝の定食スタイルの朝食です。

    夕食はクレメントホテルのレストランで、鯛めしを含む宇和島会席をいただきました。しかし、写真は無く、これは 翌朝の定食スタイルの朝食です。

  • 早朝の宇和島城へ。藩老桑折氏武家長屋門です。とても立派な門です。

    早朝の宇和島城へ。藩老桑折氏武家長屋門です。とても立派な門です。

  • 宇和島城の石段は侮れません。高さが高くて、やっと登れる感じです。だから、とても疲れます。なだらかな坂道を登らなかったことを とても後悔しました。

    宇和島城の石段は侮れません。高さが高くて、やっと登れる感じです。だから、とても疲れます。なだらかな坂道を登らなかったことを とても後悔しました。

  • 山城の凄さが伝わります。やっと登ること15分。気温は低いのに汗だくです。

    山城の凄さが伝わります。やっと登ること15分。気温は低いのに汗だくです。

  • そして見えた瀬戸内海。しかし、曇りで視界は良好とは言えませんでした・・・

    そして見えた瀬戸内海。しかし、曇りで視界は良好とは言えませんでした・・・

  • 朝霞に包まれた宇和島城!

    朝霞に包まれた宇和島城!

  • とても力強い外観です。天守内には200円で入れます。宇和島城の宝物を見学できます。

    とても力強い外観です。天守内には200円で入れます。宇和島城の宝物を見学できます。

  • 後姿も 凛としていますね。

    後姿も 凛としていますね。

  • 宇和島城は 城山は、国史跡、天守は日本12名城の一つとして、国の重要文化財となっています。

    宇和島城は 城山は、国史跡、天守は日本12名城の一つとして、国の重要文化財となっています。

  • 城を少し下ると、城山郷土館がありました。ここで、宇和島城の歴史を説明していただきました。

    城を少し下ると、城山郷土館がありました。ここで、宇和島城の歴史を説明していただきました。

  • それから、宇和島城を後にして 遊子水荷浦の段畑にやってきました。広大な40度の急斜面で、既に地元の女性が、畑仕事をしていました。

    それから、宇和島城を後にして 遊子水荷浦の段畑にやってきました。広大な40度の急斜面で、既に地元の女性が、畑仕事をしていました。

  • 畑の幅は、まちまちですが、90センチあるかないかです。こんな畑は見たことがありません。

    畑の幅は、まちまちですが、90センチあるかないかです。こんな畑は見たことがありません。

  • お仕事中の方に話を聞いたら、この畑では、今ジャガイモを植え付けて、4月に収穫するそうです。とても水はけが良いので、美味しいジャガイモが収穫出来て、市場に流通する前にネットで すべて売り切れるそうです。

    お仕事中の方に話を聞いたら、この畑では、今ジャガイモを植え付けて、4月に収穫するそうです。とても水はけが良いので、美味しいジャガイモが収穫出来て、市場に流通する前にネットで すべて売り切れるそうです。

  • こんな絶景に癒されながら お仕事出来るなんて、羨ましい!

    こんな絶景に癒されながら お仕事出来るなんて、羨ましい!

  • 道の駅宇和島きさいや広場へ。ここではひとつ、どうしても食べたいものがありました。

    道の駅宇和島きさいや広場へ。ここではひとつ、どうしても食べたいものがありました。

  • 北海道のロイズのチョコソフトクリーム!絶品です。なぜ ここで?と思いました。伊達家が北海道を開拓して、そのつながりで、宇和島へロイズの店舗があるのだそうです。

    北海道のロイズのチョコソフトクリーム!絶品です。なぜ ここで?と思いました。伊達家が北海道を開拓して、そのつながりで、宇和島へロイズの店舗があるのだそうです。

  • 2時すぎになってしまいました。これから観光するのは、帰りの便に乗り遅れるリスクが高いので、諦めて道の駅 美馬へ。ちょうど向かい側に、大好きな 源 吉兆庵の工場が!

    2時すぎになってしまいました。これから観光するのは、帰りの便に乗り遅れるリスクが高いので、諦めて道の駅 美馬へ。ちょうど向かい側に、大好きな 源 吉兆庵の工場が!

  • 美馬は、お米が美味しいらしいです。お土産には重すぎるので、諦めました。

    美馬は、お米が美味しいらしいです。お土産には重すぎるので、諦めました。

  • 松山空港へ、レンタカーを返却して戻ってみると、夕刻は手荷物検査が激混みでした。なんとか間に合って、羽田へ戻れました。前回も夕方は激混みでしたが、便が集中してしまうのでしょうか・・・ビジネスマンが多かったようです。

    松山空港へ、レンタカーを返却して戻ってみると、夕刻は手荷物検査が激混みでした。なんとか間に合って、羽田へ戻れました。前回も夕方は激混みでしたが、便が集中してしまうのでしょうか・・・ビジネスマンが多かったようです。

  • 最後まで お読みいただきましてありがとうございます。もともと、この旅行は孫と行くはずだった両家7人の旅行が、直前キャンセルとなり、どこかに行きたいな!と急に決めた旅行でした。久しぶりの倉敷は、真備町が豪雨災害で、どうなっているのか心配でしたが、今は概ね、災害前の状態に戻ったようで、活気がありました。広島も、美味しいものがたくさんあり、尾道はいやしの街でした。また憧れのしまなみ海道をドライブできたのも、収穫でした。大好きな愛媛を南へドライブして、高知の隣町まで行ってみたりもしました。レンタカーは自由で便利です。短い四日間の旅行でしたが、とてもリフレッシュ出来ました。近年、仕事のストレスが多すぎて、旅行前は大変でしたが、あと二週間でベトナムへ出発しますので、なんとか、気力が保てそうです。瀬戸内海の島々の魅力を全身で感じた旅行でした。

    最後まで お読みいただきましてありがとうございます。もともと、この旅行は孫と行くはずだった両家7人の旅行が、直前キャンセルとなり、どこかに行きたいな!と急に決めた旅行でした。久しぶりの倉敷は、真備町が豪雨災害で、どうなっているのか心配でしたが、今は概ね、災害前の状態に戻ったようで、活気がありました。広島も、美味しいものがたくさんあり、尾道はいやしの街でした。また憧れのしまなみ海道をドライブできたのも、収穫でした。大好きな愛媛を南へドライブして、高知の隣町まで行ってみたりもしました。レンタカーは自由で便利です。短い四日間の旅行でしたが、とてもリフレッシュ出来ました。近年、仕事のストレスが多すぎて、旅行前は大変でしたが、あと二週間でベトナムへ出発しますので、なんとか、気力が保てそうです。瀬戸内海の島々の魅力を全身で感じた旅行でした。

445いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • ohanaさん 2018/12/31 21:42:07
    良い年をお迎えください
    yamayuri2001様
    Aloha

    関東の小生にとっては目からうろこの旅行記でした。
    景色やお寺、美術館にひかれます。
    シルクロードの絵は小生の好きな 描写です。

    年なのか僧侶の絵など好みなのかも?

    今年はコメントなど励ましていただき感謝いたします。
    小生の乏しいアイデアにおほめいただいたりありがとうございました。

    ラッパーズのアイスや共通するハワイのことうれしかったです。

    小生は箱根駅伝関連企業勤務で我がチームはサポートにまわりますので明日から弊社の箱根保養所で過ごします。
    私の担当は2日の往路です。

    初詣は松の内には、できれば泊りがけで行きたいです~
    また日記書いちゃうかもしれません。

    まとまりなく申し訳ございません。

    良い年をお迎えください

    来年もよろしくお願いいたします。

    Mahalo

    yamayuri2001

    yamayuri2001さん からの返信 2019/01/11 12:01:01
    ohanaさん、ALOHA!
    コメントをいただきましたのに、
    このように返信が遅れてしまいまして、
    本当に申し訳ありません!

    あまりにエネルギッシュなホーチミンに滞在して
    すっかりカルチャーショックを受け
    そのまま、バタバタとお正月に突入しました。

    そして、様々なイベントが全部終わって
    やっと落ち着いたところです。

    今年も どうぞよろしくお願いいたします。

    箱根駅伝のお手伝い、お疲れ様でした。
    日本中の国民が見守る 一大イベントですから
    気を使われたのではないかと お察しいたします。
    我家の2歳の孫も、都内で応援したようです。

    先ほど、成田の旅行記、拝見いたしました。
    鰻!!!食べたーい!
    アウトレットで素敵なウォッチが見つかって
    良かったですね!
    それから、ホヌに爆笑しました!
    ヒルトンの恩恵を最大限に利用なさって
    賢いご旅行でしたね!

    いつもながら、ohanaさんのお洒落に感服です。
    ブルックスは、我々世代のトラディショナル!
    アメリカに行くと、必ず立ち寄ります。
    私は横に長いので、ブルックスのピッタリサイズを買うと
    何と、袖が長くなってしまうのです。

    それでも着たいのが、ブルックスですよね。

    今年のハワイは、三世代用にベトナムに行く前に
    すべての予約を完了したのですが、
    思いもかけない理由で、
    今からキャンセルしなくてはいけないようです・・・

    しかし、来年はもっと素敵なハワイになりそうなので
    今年はあきらめて、寂しく夫婦水入らずで
    行こうかとも考えています。

    ベトナムは凄い国でした。
    また、よろしければホーチミンの旅行記も
    順次アップしますので、お立ち寄りください。

    今年も どうぞよろしくお願いいたします。

    yamayuri2001

  • 前日光さん 2018/12/10 20:48:30
    しまなみ街道は、橋以外は山が多いですよね!
    yamayuri2001さん、こんばんは。
    いつもご訪問や投票等々、ありがとうございますm(_ _)m

    しまなみ街道の旅行記にご訪問させていただきました。
    私も数年前にしまなみ街道をレンタカーで渡りましたが、レンタカーのライトが手動式だったのです。
    トンネルに入る度にライトをつけ、出ると消灯するのですが、最後のトンネルを出て大三島に行った時、ライトをつけたまま駐車場に車を駐めてしまいました。
    神社など見学し、お昼も食べて駐車場に戻りました。
    車を動かそうとしたのですが、全く車が反応せず、ものすごく焦りました。
    その日の夕方松山空港から羽田に戻る予定だったからです。
    しばらくしてライトがついたままだったことに気づき、JAFを呼んでなんとか間に合いました(^_^;
    日頃車のオート機能に頼りっぱなしだったためのハプニングでしたが、これも瀬戸内海の島々には意外に山が多く、したがってトンネルが多いことから起きたことだったのでしょう。

    宇和島城への道は、かなりきつい登山道ですよね。
    お城の入口の階段も高さがあって、気が抜けなかったことを思い出します。
    でもお城からの眺めはとてもイイですよね!
    そう、宇和島は伊達藩からお輿入れになったお姫様の影響で、仙台とご縁がありましたね。
    愛媛県にはまた、栃木県ではまだお目にかかったことのない「宇都宮さん」が多くいらっしゃいます。
    なぜか栃木県には宇都宮さんがいないのです!
    大分県と愛媛県の方に「宇都宮さん」がいるというのは、おもしろいことだなぁと思っています。

    すみません!
    どうでもいいことで長くなってしまいました(^^;)
    これからも宜しくお願いいたします。


    前日光

    yamayuri2001

    yamayuri2001さん からの返信 2018/12/11 17:37:35
    前日光さん、はじめまして。
    こちらこそ、いつもありがとうございます。

    前日光さんの旅行記には、
    いくつも コメントをお付けしたいものがありました。
    でも、前日光さんの知的レベルが高すぎて
    ずっとコメント出来ないままでした・・・

    拝見した しまなみ海道の旅行記も
    実に、勉強していらっしゃいますね!
    いつも思い出に任せて書き上げてしまう
    私の旅行記とは大違いだなと思いつつ
    拝見していたのです。

    前日光さんのおっしゃるとおり
    まさに、海の道ではなく
    山の道?でしたね。
    そして、トンネルを出ると島を結ぶ橋!
    でした。

    そんな中、バッテリーが上がってしまったのですね。
    でもJAFが解決してくれたんですね。
    旅行中は、時間が大切なので
    そのようなトラブルには遭いたくないですね。

    私が経験したJAFでも解決できなかった
    旅行と比較すると、
    前日光さんは ラッキーですよ(笑)

    前日光さんのしまなみ海道の旅行記を
    拝見したら、再訪したいなと思いました。

    まだ見切れていないです。

    宇都宮さんが愛媛に多いだなんて
    知りませんでした。

    そう言えば、神奈川さんとか横浜さんは
    こちらでは滅多に出会いません!

    どこかの地方に神奈川さんと横浜さんが
    たくさん住んでいらしたら
    興味深いですね!

    面白いお話まで入れてくださって
    ありがとうございました。

    これからも、よろしくお願いいたします。

    yamayuri2001





yamayuri2001さんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

しまなみ海道(因島・生口島・向島)の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集