十日町・津南旅行記(ブログ) 一覧に戻る
新潟県に足を踏み入れること自体、10年前の佐渡以来でしょうか。関東甲信越で11月初旬の紅葉ピークが訪れる場所はどこかと調べた所、新潟県の湯沢地域がそのうちの一つでした。久しく新潟県自体訪れていないのと、紅葉の時期に新潟県を訪れたことがないので、湯沢地域に行くことにしました。<br />湯沢と言えばスキー場のメッカですが、美しい紅葉も楽しめる場所です。この日は絶好の晴天日でした。そして現地行って知りましたが、日本3大渓谷の清津峡はまさに絶景、トンネル出口直前にプールが設置され、外の紅葉がプール水面に映し出される素晴らしい光景を見ることができました。<br /><br />---------------------------------------------------------------<br />スケジュール<br /><br />  11月3日 自宅-(自家用車)湯沢IC-湯沢高原パノラマパーク観光-清津峡観光-月夜野IC-自宅

越後2018紅葉 【2】清津峡

39いいね!

2018/11/03 - 2018/11/03

61位(同エリア351件中)

0

177

新潟県に足を踏み入れること自体、10年前の佐渡以来でしょうか。関東甲信越で11月初旬の紅葉ピークが訪れる場所はどこかと調べた所、新潟県の湯沢地域がそのうちの一つでした。久しく新潟県自体訪れていないのと、紅葉の時期に新潟県を訪れたことがないので、湯沢地域に行くことにしました。
湯沢と言えばスキー場のメッカですが、美しい紅葉も楽しめる場所です。この日は絶好の晴天日でした。そして現地行って知りましたが、日本3大渓谷の清津峡はまさに絶景、トンネル出口直前にプールが設置され、外の紅葉がプール水面に映し出される素晴らしい光景を見ることができました。

---------------------------------------------------------------
スケジュール

11月3日 自宅-(自家用車)湯沢IC-湯沢高原パノラマパーク観光-清津峡観光-月夜野IC-自宅

旅行の満足度
4.5

PR

  • 湯沢高原パノラマパークを出発して、国道353号線を少し日本海側(西側)に行きます。トンネルを通り抜けると十日町市に入ります。途中の山の紅葉も美しいです。

    湯沢高原パノラマパークを出発して、国道353号線を少し日本海側(西側)に行きます。トンネルを通り抜けると十日町市に入ります。途中の山の紅葉も美しいです。

  • 国道353号線から外れて清津峡まで2キロという標識がありました。また標識には日本3大峡谷と書いてありました。今初めて知りました。

    国道353号線から外れて清津峡まで2キロという標識がありました。また標識には日本3大峡谷と書いてありました。今初めて知りました。

  • 湯沢高原パノラマパークを出発して12時半頃、看板から少し走ると渋滞が始まりました。中央線がない狭い道路です。

    湯沢高原パノラマパークを出発して12時半頃、看板から少し走ると渋滞が始まりました。中央線がない狭い道路です。

  • 渋滞のおかげで途中の美しい山と渓谷が見えます。

    渋滞のおかげで途中の美しい山と渓谷が見えます。

  • 依然渋滞です。逆光でも綺麗な紅葉ですね。

    依然渋滞です。逆光でも綺麗な紅葉ですね。

  • 駐車場待ちの渋滞が30分ぐらいでしょうか。13時過ぎ、メインの駐車場から少し手前の未舗装の駐車場に停められました。

    駐車場待ちの渋滞が30分ぐらいでしょうか。13時過ぎ、メインの駐車場から少し手前の未舗装の駐車場に停められました。

  • 駐車場傍からの紅葉、まさにピークで美しいです!

    駐車場傍からの紅葉、まさにピークで美しいです!

  • これは観光の渓谷トンネルではなく、車道のトンネルです。

    これは観光の渓谷トンネルではなく、車道のトンネルです。

  • 上の写真のトンネルの左側に歩道があるので、少し入ってみます。

    上の写真のトンネルの左側に歩道があるので、少し入ってみます。

  • 超美しい断崖絶壁の紅葉ですね!

    超美しい断崖絶壁の紅葉ですね!

  • 日の当たり方で写真の色合いが変わります。どちらも綺麗な色合いです。

    日の当たり方で写真の色合いが変わります。どちらも綺麗な色合いです。

  • 歩道は行き止まりなので戻ります。

    歩道は行き止まりなので戻ります。

  • 先ほどの車道のトンネルをくぐります。

    先ほどの車道のトンネルをくぐります。

  • トンネルを越えると、さらに山と渓谷の素晴らしい紅葉景色が見えます!

    トンネルを越えると、さらに山と渓谷の素晴らしい紅葉景色が見えます!

  • イチオシ

  • イチオシ

  • イチオシ

  • イチオシ

  • 振り返ってみると、これもこんな素晴らしい紅葉です!

    振り返ってみると、これもこんな素晴らしい紅葉です!

  • イチオシ

  • 駐車場から歩いて約20分、飲食店や民宿がありました。この辺が観光の拠点でしょうか。

    駐車場から歩いて約20分、飲食店や民宿がありました。この辺が観光の拠点でしょうか。

  • さらに歩くとトンネルが見えました。これが観光メインの清津峡渓谷トンネルです。また目の前に清津川が現れて、歩道間近に渓谷が見られるようになりました。

    さらに歩くとトンネルが見えました。これが観光メインの清津峡渓谷トンネルです。また目の前に清津川が現れて、歩道間近に渓谷が見られるようになりました。

  • トンネル手前で振り返ると、すぐ傍にピークの渓谷の紅葉が見えますね!

    トンネル手前で振り返ると、すぐ傍にピークの渓谷の紅葉が見えますね!

  • トンネルは有料です。おそらくその分、素晴らしい光景が見られるのでしょうね。

    トンネルは有料です。おそらくその分、素晴らしい光景が見られるのでしょうね。

  • 途中左に曲がるとご覧のような断崖絶壁の紅葉が見られます!感動です!

    途中左に曲がるとご覧のような断崖絶壁の紅葉が見られます!感動です!

  • 清津川からは少し高い位置にあります。

    清津川からは少し高い位置にあります。

  • いっそう断崖絶壁ですね!崖が鋭く削られている光景を見て感動します!

    いっそう断崖絶壁ですね!崖が鋭く削られている光景を見て感動します!

  • この後少し進むと、また左側に渓谷が見られます。

    この後少し進むと、また左側に渓谷が見られます。

  • そしてトンネルの終点には、ご覧のようなプールが設置されていて、水面に断崖絶壁の紅葉が映し出されます!

    そしてトンネルの終点には、ご覧のようなプールが設置されていて、水面に断崖絶壁の紅葉が映し出されます!

  • 絶好の天気の紅葉ピークの土曜日なので、人が多いのはしょうがないですね。

    絶好の天気の紅葉ピークの土曜日なので、人が多いのはしょうがないですね。

  • それにしても水面にバッチリ紅葉が映っていますね!

    それにしても水面にバッチリ紅葉が映っていますね!

  • 少し人が少なくなってきました。撮影チャンスです。

    少し人が少なくなってきました。撮影チャンスです。

  • 絶句します!この光景!

    絶句します!この光景!

  • 明るさを少しづつ変えて撮影します。

    イチオシ

    明るさを少しづつ変えて撮影します。

  • イチオシ

  • 開けている所へ進みます。中央に長くいると水面を撮影する人に悪いので、中央にはなるべく早く撮影して、端の方から壮大な渓谷を眺めます。

    開けている所へ進みます。中央に長くいると水面を撮影する人に悪いので、中央にはなるべく早く撮影して、端の方から壮大な渓谷を眺めます。

  • それにしても断崖の上下前面に渡って、ギザギザに侵食されていますね!

    イチオシ

    それにしても断崖の上下前面に渡って、ギザギザに侵食されていますね!

  • しかも細い清津川がギザギザだらけの断崖絶壁の間を流れています!何の言葉も出ないほど感動します!

    しかも細い清津川がギザギザだらけの断崖絶壁の間を流れています!何の言葉も出ないほど感動します!

  • 断崖絶壁の上の方はご覧のような美しい紅葉も!

    断崖絶壁の上の方はご覧のような美しい紅葉も!

  • さすが日本3大峡谷と呼ばれるだけありますね!

    さすが日本3大峡谷と呼ばれるだけありますね!

  • このトンネルが有料の理由がわかりました。もちろん有料でも入る価値があります!トンネルからの断崖絶壁の渓谷、紅葉を堪能して戻ります。

    このトンネルが有料の理由がわかりました。もちろん有料でも入る価値があります!トンネルからの断崖絶壁の渓谷、紅葉を堪能して戻ります。

  • 日が陰っている部分が少し多くなりましたが、それでももちろん美しい渓谷の紅葉です!

    日が陰っている部分が少し多くなりましたが、それでももちろん美しい渓谷の紅葉です!

  • 何というシーンでしょうか!絶句します!

    イチオシ

    何というシーンでしょうか!絶句します!

  • 15時前、先ほどの写真近辺の飲食店で遅い昼食を摂ります。

    15時前、先ほどの写真近辺の飲食店で遅い昼食を摂ります。

  • 2,3軒ほどですがお土産屋があります。まさに日本の秘境と言っていいでしょう。

    2,3軒ほどですがお土産屋があります。まさに日本の秘境と言っていいでしょう。

  • 駐車場まで戻ります。もちろんこの美し過ぎる渓谷の紅葉を見ながら歩きます。

    駐車場まで戻ります。もちろんこの美し過ぎる渓谷の紅葉を見ながら歩きます。

  • ここがメインの駐車場ですが、中々空かないのが実情です。

    ここがメインの駐車場ですが、中々空かないのが実情です。

  • 下の駐車場も中々空かないのが現状です。

    下の駐車場も中々空かないのが現状です。

  • 行き歩いたアスファルトから下に降りれる場所があったので、清津川に近づいて美しい光景を眺めます。

    行き歩いたアスファルトから下に降りれる場所があったので、清津川に近づいて美しい光景を眺めます。

  • だいぶ日が陰ってきましたが、それでも美しい清津峡の紅葉です!

    だいぶ日が陰ってきましたが、それでも美しい清津峡の紅葉です!

  • イチオシ

  • オレンジ色中心の紅葉!素晴らしい光景です!

    オレンジ色中心の紅葉!素晴らしい光景です!

  • 未舗装の駐車場です。ご覧のように駐車場傍の紅葉も超美しいですね!

    未舗装の駐車場です。ご覧のように駐車場傍の紅葉も超美しいですね!

  • 15時45分頃、日本3大峡谷の清津峡に超感動して、清津峡を後にします。あとは帰路に向かいます。予定ではもう1ヶ所観光することを考えていましたが、朝の関越道と清津峡駐車場待ちの渋滞で時間が来てしましました。仕方がありませんが、湯沢高原パノラマパーク、そしてこの清津峡の美しさ、素晴らしさを満喫できたので良かったです。

    15時45分頃、日本3大峡谷の清津峡に超感動して、清津峡を後にします。あとは帰路に向かいます。予定ではもう1ヶ所観光することを考えていましたが、朝の関越道と清津峡駐車場待ちの渋滞で時間が来てしましました。仕方がありませんが、湯沢高原パノラマパーク、そしてこの清津峡の美しさ、素晴らしさを満喫できたので良かったです。

  • 最寄りのICは湯沢ですが、国道17号沿いの紅葉もドライブしながら見てみたいので、国道17号を走って群馬県に入ることにします。

    最寄りのICは湯沢ですが、国道17号沿いの紅葉もドライブしながら見てみたいので、国道17号を走って群馬県に入ることにします。

  • 湯沢を過ぎると段々標高が上がって行きます。

    湯沢を過ぎると段々標高が上がって行きます。

  • 苗場の町です。スキーシーズンではないので人がほとんどいません。

    苗場の町です。スキーシーズンではないので人がほとんどいません。

  • 苗場の町も紅葉がちょうど良いですね。

    苗場の町も紅葉がちょうど良いですね。

  • 三国峠に向かっていきます。停まって撮影したいくらい美しい光景です!

    三国峠に向かっていきます。停まって撮影したいくらい美しい光景です!

  • 三国峠を越えて群馬県に入りました。16時50分、猿ヶ京温泉傍にある赤谷湖のコンビニで休憩がてらに赤谷湖を撮影します。

    三国峠を越えて群馬県に入りました。16時50分、猿ヶ京温泉傍にある赤谷湖のコンビニで休憩がてらに赤谷湖を撮影します。

  • 11月なので、この時間はだいぶ暗くなりました。

    11月なので、この時間はだいぶ暗くなりました。

  • 今日の昼間まででしたら、紅葉もピークを迎えていて美しい光景でしたでしょうね!

    今日の昼間まででしたら、紅葉もピークを迎えていて美しい光景でしたでしょうね!

  • この後、月夜野ICから関越自動車道に入って帰りました。土曜日ですが帰りも花園から東松山付近までそこそこ渋滞しました。<br />こうしてこの日は10年ぶりに新潟県に入り、絶好の晴天の下、越後の美し過ぎる紅葉を充分満喫しました。

    この後、月夜野ICから関越自動車道に入って帰りました。土曜日ですが帰りも花園から東松山付近までそこそこ渋滞しました。
    こうしてこの日は10年ぶりに新潟県に入り、絶好の晴天の下、越後の美し過ぎる紅葉を充分満喫しました。

この旅行記のタグ

39いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集