富士旅行記(ブログ) 一覧に戻る
静岡へ行っても、なかなか富士山が顔を出してくれない旅が続いてしまいました。天気の良い週末、これだけ晴れていれば今度こそ富士山が見えるだろうと、中央高速を河口湖へと進みました。<br /><br />東京を出る時は晴れていたはずですが、河口湖が近づくとだんだん黒い雲が出てきました。もう見えても良いはずの富士山が、雲の中でまったく見えません。インターを降りると、紅葉にはまだ早いのに車が沢山走っています。湖に向かう橋の方面は、渋滞しています。車の流れが悪いので、横道にそれ昼食をとることにしました。<br /><br />街道から少しい奥まった細い道に、「イルバッコ・ビス」と言うイタリアンのレストランがありました。片流れの屋根にテラス席もあって、かわいい感じです。ランチメニューから、パスタとピザを頼みました。前菜からコーヒーまで、他に数組お客さんがいても静かな雰囲気で食事が出来ました。しかし、窓の外を見ると雨がポツポツ降りだしてきました。<br /><br />この天気では湖の散策は諦めて、いつもの猪之頭の山小屋へ向かうことにしました。鳴沢から峠を登って行くと、雨は本降りのようになってきました。だいぶ登り上九一色村のあたりを走っていると、道路沿いが白く見えます。まさか、止まって見ると10月なのに雪が薄っすら見えます。夏タイヤなので怖くなり、山小屋を通りすぎて富士の宮まで一気に下りました。夕闇が迫っていましたが、浅間大社や世界遺産センターを見学しました。以前にも来たことのある施設ですが、夕闇の中に明かりがともると幻想的な雰囲気でした。この日は新富士駅前へ行き、東横インに泊まりました。窓からは真っ黒な雲しか見えませんが、「富士山ビューの部屋がある」とホテルのメッセージに書かれていました。翌朝の景色を楽しみに速めに寝ました。<br /><br />朝は起きると、まず窓のカーテンを開けてみました。快晴の青空の中、富士山がドーンと目の前に広がっていました。ここまで来たら、田子の浦がすぐそばです。「田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ、、、」山部赤人の句を思い出しました。調べてみると、万葉集と新古今では歌が違うとか、昔は字も違って読んだ場所も違うとか説があるようですが、現在の田子の浦は「県営みなと公園」として整備されているようなので、そこへ行ってみました。公園は緑の芝生や大きな遊具もあり、山部赤人の万葉句碑もありました。富士山ドラゴンタワーに登ると清水港と富士山が眺められ、万葉歌人になったような気分になりました。<br /><br />地元の銘菓に「田子の月」と言う和菓子があるようなので、それをお土産に買って帰路に着きました。<br />

田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ

28いいね!

2018/10/20 - 2018/10/21

729位(同エリア1478件中)

0

22

マリオット

マリオットさん

静岡へ行っても、なかなか富士山が顔を出してくれない旅が続いてしまいました。天気の良い週末、これだけ晴れていれば今度こそ富士山が見えるだろうと、中央高速を河口湖へと進みました。

東京を出る時は晴れていたはずですが、河口湖が近づくとだんだん黒い雲が出てきました。もう見えても良いはずの富士山が、雲の中でまったく見えません。インターを降りると、紅葉にはまだ早いのに車が沢山走っています。湖に向かう橋の方面は、渋滞しています。車の流れが悪いので、横道にそれ昼食をとることにしました。

街道から少しい奥まった細い道に、「イルバッコ・ビス」と言うイタリアンのレストランがありました。片流れの屋根にテラス席もあって、かわいい感じです。ランチメニューから、パスタとピザを頼みました。前菜からコーヒーまで、他に数組お客さんがいても静かな雰囲気で食事が出来ました。しかし、窓の外を見ると雨がポツポツ降りだしてきました。

この天気では湖の散策は諦めて、いつもの猪之頭の山小屋へ向かうことにしました。鳴沢から峠を登って行くと、雨は本降りのようになってきました。だいぶ登り上九一色村のあたりを走っていると、道路沿いが白く見えます。まさか、止まって見ると10月なのに雪が薄っすら見えます。夏タイヤなので怖くなり、山小屋を通りすぎて富士の宮まで一気に下りました。夕闇が迫っていましたが、浅間大社や世界遺産センターを見学しました。以前にも来たことのある施設ですが、夕闇の中に明かりがともると幻想的な雰囲気でした。この日は新富士駅前へ行き、東横インに泊まりました。窓からは真っ黒な雲しか見えませんが、「富士山ビューの部屋がある」とホテルのメッセージに書かれていました。翌朝の景色を楽しみに速めに寝ました。

朝は起きると、まず窓のカーテンを開けてみました。快晴の青空の中、富士山がドーンと目の前に広がっていました。ここまで来たら、田子の浦がすぐそばです。「田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ、、、」山部赤人の句を思い出しました。調べてみると、万葉集と新古今では歌が違うとか、昔は字も違って読んだ場所も違うとか説があるようですが、現在の田子の浦は「県営みなと公園」として整備されているようなので、そこへ行ってみました。公園は緑の芝生や大きな遊具もあり、山部赤人の万葉句碑もありました。富士山ドラゴンタワーに登ると清水港と富士山が眺められ、万葉歌人になったような気分になりました。

地元の銘菓に「田子の月」と言う和菓子があるようなので、それをお土産に買って帰路に着きました。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.5
グルメ
4.0
ショッピング
3.5
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 天気の良い中央高速を走ります。

    天気の良い中央高速を走ります。

  • あれ、河口湖が近づくとだんだん黒い雲が出てきました。

    あれ、河口湖が近づくとだんだん黒い雲が出てきました。

  • 街道をはずれたレストランでランチにしました。

    街道をはずれたレストランでランチにしました。

  • 中庭もあって、静かですてき。

    中庭もあって、静かですてき。

  • 前菜がオシャレです。

    前菜がオシャレです。

  • 生ハムのパスタ。

    生ハムのパスタ。

  • 普通のピザは食べたので、クルミのピザ二してみました。蜂蜜が一緒についてきました。

    普通のピザは食べたので、クルミのピザ二してみました。蜂蜜が一緒についてきました。

  • ドライブを進めると、道脇に雪が見られるようになりました。

    ドライブを進めると、道脇に雪が見られるようになりました。

  • 富士宮まで走り、浅間大社へ。夕暮れに浮かぶ灯篭が幻想的でした。

    富士宮まで走り、浅間大社へ。夕暮れに浮かぶ灯篭が幻想的でした。

  • 巫女さんが歩いていました。神社の雰囲気がより感じられました。

    巫女さんが歩いていました。神社の雰囲気がより感じられました。

  • 相変わらず富士からの湧水は豊富でした。

    相変わらず富士からの湧水は豊富でした。

  • 世界遺産センター、光が水面に映って昼間とは違う雰囲気でした。

    世界遺産センター、光が水面に映って昼間とは違う雰囲気でした。

  • 新富士に行き、東横インに宿泊。2018年に出来た、新しいホテルです。

    新富士に行き、東横インに宿泊。2018年に出来た、新しいホテルです。

  • 夜は駅前のさかなや道場へ。新富士の駅前は真っ暗で、他にお店がありませんでした。

    夜は駅前のさかなや道場へ。新富士の駅前は真っ暗で、他にお店がありませんでした。

  • まぐろの中トロは、美味しかった。

    まぐろの中トロは、美味しかった。

  • 翌朝、ホテルの窓のからは富士山の大展望。

    翌朝、ホテルの窓のからは富士山の大展望。

  • 田子の浦、みなと公園に行ってみました。

    田子の浦、みなと公園に行ってみました。

  • 公園からは、清水港を望む富士山の眺め。雄大です。

    公園からは、清水港を望む富士山の眺め。雄大です。

  • 清水国の漁港食堂に寄ってみました。

    清水国の漁港食堂に寄ってみました。

  • 富士山をバックに、シラス丼の食べる画像が撮れるそうです。

    富士山をバックに、シラス丼の食べる画像が撮れるそうです。

  • 地元の銘菓、田子の月本店。

    地元の銘菓、田子の月本店。

  • 富士山をモチーフにしたお菓子が売られていました。

    富士山をモチーフにしたお菓子が売られていました。

28いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

富士の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集