江津・有福温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
三江線は平成30年(2018)4月1日になくなりましたが、引退13日前に田津と川戸付近にてローカル線風景を写真に収めます。<br />沿線には春の訪れを知らせる紅梅・白梅が咲き誇っています。<br /><br />川戸駅には三江線に感謝する利用客のメッセージ、四季折々の写真、昭和47年豪雨災害時の写真等が展示されています。<br /><br />なお、旅行記は下記資料を参考にしました。<br />・山陰中央新報「石見のお宝紹介、桜江大橋」<br />・島根大学地域情報アーカイブ「島根県江津市に伝わる河童の伝説」<br />・名古屋市立大学生物多様性研究センター「シロバナタンポポ」<br />

三江線に春が来た!~梅の花が咲く田津・川戸 2018~(島根)

79いいね!

2018/03/18 - 2018/03/18

11位(同エリア76件中)

0

38

かっちん

かっちんさん

三江線は平成30年(2018)4月1日になくなりましたが、引退13日前に田津と川戸付近にてローカル線風景を写真に収めます。
沿線には春の訪れを知らせる紅梅・白梅が咲き誇っています。

川戸駅には三江線に感謝する利用客のメッセージ、四季折々の写真、昭和47年豪雨災害時の写真等が展示されています。

なお、旅行記は下記資料を参考にしました。
・山陰中央新報「石見のお宝紹介、桜江大橋」
・島根大学地域情報アーカイブ「島根県江津市に伝わる河童の伝説」
・名古屋市立大学生物多様性研究センター「シロバナタンポポ」

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
交通
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 朝一番の反対列車(石見川本駅)<br /><br />三次(みよし)行きの反対列車を見送り、江津(ごうつ)方面の朝一番列車で田津へ向かいます。<br />

    朝一番の反対列車(石見川本駅)

    三次(みよし)行きの反対列車を見送り、江津(ごうつ)方面の朝一番列車で田津へ向かいます。

  • 幻想的な川霧(車窓)<br /><br />朝になると江の川から川霧が発生し、幻想的な風景を醸し出しています。<br />

    幻想的な川霧(車窓)

    朝になると江の川から川霧が発生し、幻想的な風景を醸し出しています。

  • 鳴滝(車窓)<br /><br />鹿賀駅を過ぎると、トンネルに入る直前に滝が一瞬見えます。<br />

    鳴滝(車窓)

    鹿賀駅を過ぎると、トンネルに入る直前に滝が一瞬見えます。

  • 田津駅に到着<br /><br />ここで列車を降ります。<br /><br />梅の花が咲いているところを一昨日列車から確認しているので、そこまで線路沿いの道を歩き、鉄道写真を撮ります。<br />

    田津駅に到着

    ここで列車を降ります。

    梅の花が咲いているところを一昨日列車から確認しているので、そこまで線路沿いの道を歩き、鉄道写真を撮ります。

  • 道端に顔を出すツクシ(田津)<br />

    道端に顔を出すツクシ(田津)

  • 第二先見トンネル(田津)<br /><br />トンネルの先にもう一つのトンネルが見えます。<br /><br />「先見トンネル」とは、素晴らしいネーミングですね!<br />

    第二先見トンネル(田津)

    トンネルの先にもう一つのトンネルが見えます。

    「先見トンネル」とは、素晴らしいネーミングですね!

  • 朝日に輝く紅梅と三江線(田津)<br /><br />今朝2番目の浜田行きが通過します。<br /><br />現在の時刻は8:54。1時間程前からスタンバイしており、谷沿いのこの場所に日があたり始めたのが通過の10分前、ラッキーです。<br /><br />この後13時台まで列車がなく、隣の川戸駅まで5km程歩くつもりでしたが、一緒に写真を撮っていた方の車に乗せてもらい移動します。<br />

    イチオシ

    朝日に輝く紅梅と三江線(田津)

    今朝2番目の浜田行きが通過します。

    現在の時刻は8:54。1時間程前からスタンバイしており、谷沿いのこの場所に日があたり始めたのが通過の10分前、ラッキーです。

    この後13時台まで列車がなく、隣の川戸駅まで5km程歩くつもりでしたが、一緒に写真を撮っていた方の車に乗せてもらい移動します。

  • 川戸駅に到着<br /><br />ここは江津市桜江町です。<br /><br />午後の列車まで時間があるので、駅とその周辺を散策します。<br />

    川戸駅に到着

    ここは江津市桜江町です。

    午後の列車まで時間があるので、駅とその周辺を散策します。

  • ミニガーデンのあるホーム(川戸)<br /><br />かつて2本あったホームは1本だけとなり、使われなくなったホームに季節の花が植えられ、楽しませてくれます。<br /><br />桜の大木(左奥)はまだ堅いつぼみ、最終日の3/31に満開となり三江線を見送ってくれるといいのですが・・・<br />

    ミニガーデンのあるホーム(川戸)

    かつて2本あったホームは1本だけとなり、使われなくなったホームに季節の花が植えられ、楽しませてくれます。

    桜の大木(左奥)はまだ堅いつぼみ、最終日の3/31に満開となり三江線を見送ってくれるといいのですが・・・

  • 曲線を描く線路(川戸)<br /><br />線路は駅に入るため曲がっています。<br /><br />線路の先を見ると、堤防の切通しに線路が敷かれ、その脇に陸閘門(りくこうもん)が設置されています。<br />豪雨による川の氾濫時、陸閘門の門扉を閉め、大水の進入を防ぎます(昭和48年豪雨災害の後に設置されたもの)。<br />

    曲線を描く線路(川戸)

    線路は駅に入るため曲がっています。

    線路の先を見ると、堤防の切通しに線路が敷かれ、その脇に陸閘門(りくこうもん)が設置されています。
    豪雨による川の氾濫時、陸閘門の門扉を閉め、大水の進入を防ぎます(昭和48年豪雨災害の後に設置されたもの)。

  • 川戸駅のホーム<br />

    川戸駅のホーム

  • 三江線に贈る言葉(川戸駅待合室)<br /><br />地元の人や訪れた人が、思い思いの言葉を残しています。<br />

    三江線に贈る言葉(川戸駅待合室)

    地元の人や訪れた人が、思い思いの言葉を残しています。

  • 桜の咲く川戸駅(川戸駅待合室)<br /><br />昨年の写真が展示されています。<br /><br />桜の見頃は昨年が4/8、今年のラストラン(3/31)に間に合うかどうか・・・

    桜の咲く川戸駅(川戸駅待合室)

    昨年の写真が展示されています。

    桜の見頃は昨年が4/8、今年のラストラン(3/31)に間に合うかどうか・・・

  • 昭和47年(1972)7月の豪雨災害記録(川戸駅待合室)<br /><br />大集中豪雨により江の川が氾濫し、町や鉄道に大きな被害をもたらしました。<br /><br />右下の写真には最高水位表示が駅舎屋根近くに記録されています。<br />

    昭和47年(1972)7月の豪雨災害記録(川戸駅待合室)

    大集中豪雨により江の川が氾濫し、町や鉄道に大きな被害をもたらしました。

    右下の写真には最高水位表示が駅舎屋根近くに記録されています。

  • 冠水した車両(川戸駅待合室)<br /><br />昭和47年の豪雨災害の凄さがわかります。<br /><br />川戸地区は壊滅的な被害を受け、復旧には宅地を平均3メートル嵩上げによる都市区画整理事業が適用され、今では安心して生活できる町になりました。<br />

    冠水した車両(川戸駅待合室)

    昭和47年の豪雨災害の凄さがわかります。

    川戸地区は壊滅的な被害を受け、復旧には宅地を平均3メートル嵩上げによる都市区画整理事業が適用され、今では安心して生活できる町になりました。

  • ありがとう三江線(川戸駅)<br /><br />ラストランは2018年3月31日です。<br />

    ありがとう三江線(川戸駅)

    ラストランは2018年3月31日です。

  • ありがとう三江線(川戸駅)<br /><br />こうすけ&ママのメッセージです。<br />

    イチオシ

    ありがとう三江線(川戸駅)

    こうすけ&ママのメッセージです。

  • ぐるぐるアート(川戸駅)<br /><br />三江線の四季折々の景色とみんなで書いた三江線への感謝の言葉。<br />

    ぐるぐるアート(川戸駅)

    三江線の四季折々の景色とみんなで書いた三江線への感謝の言葉。

  • 三浦明治さんのミニフォトコーナー(川戸駅)<br /><br />この方が川戸駅とその周辺の庭園を整備しています。<br /><br />3/30川戸駅に再訪したとき、偶然お会いすることができました。<br /><br />三江線と花を愛する地元のおじさんです。<br />

    三浦明治さんのミニフォトコーナー(川戸駅)

    この方が川戸駅とその周辺の庭園を整備しています。

    3/30川戸駅に再訪したとき、偶然お会いすることができました。

    三江線と花を愛する地元のおじさんです。

  • 国鉄ロゴのコンテナ(川戸駅前)<br /><br />倉庫として利用されているようです。<br />

    国鉄ロゴのコンテナ(川戸駅前)

    倉庫として利用されているようです。

  • 桜江大橋(川戸)<br /><br />駅近くの江の川に架かる橋です。<br /><br />昭和47年の水害で流失した橋を、県が再建し昭和52年(1977)に完成しました。<br /><br />橋の色は町のシンボルカラー3色で、石見地方の抜けるような青空(空色)、町名の桜(ピンク色)、山野の草木(若草色)をイメージしています。<br />

    桜江大橋(川戸)

    駅近くの江の川に架かる橋です。

    昭和47年の水害で流失した橋を、県が再建し昭和52年(1977)に完成しました。

    橋の色は町のシンボルカラー3色で、石見地方の抜けるような青空(空色)、町名の桜(ピンク色)、山野の草木(若草色)をイメージしています。

  • ぼく、河童だよ(川戸)<br /><br />河童のまわりに桜がデザインされたマンホールです。<br /><br />桜江町では河童のことを「えんこう(猿猴)」と呼び、古くから「えんこう」の言い伝えが残っています。<br /><br />イタズラ好きの「えんこう」がある日、城の馬に意地悪をして捉えられ、金輪際悪さをしないと約束して許してもらったのです。<br />その約束事が刻み込まれている江の川沿の岩をたたえて、毎年ゴールデンウイークに「えんこう祭」が行われており、この行事は500年近く続く大きな行事になっています。<br />

    ぼく、河童だよ(川戸)

    河童のまわりに桜がデザインされたマンホールです。

    桜江町では河童のことを「えんこう(猿猴)」と呼び、古くから「えんこう」の言い伝えが残っています。

    イタズラ好きの「えんこう」がある日、城の馬に意地悪をして捉えられ、金輪際悪さをしないと約束して許してもらったのです。
    その約束事が刻み込まれている江の川沿の岩をたたえて、毎年ゴールデンウイークに「えんこう祭」が行われており、この行事は500年近く続く大きな行事になっています。

  • 八戸川橋梁(川戸駅の江津寄り)<br /><br />江の川に合流する八戸川(やとがわ)に三江線の橋梁が架かっています。<br />

    八戸川橋梁(川戸駅の江津寄り)

    江の川に合流する八戸川(やとがわ)に三江線の橋梁が架かっています。

  • 川戸駅<br /><br />八戸川の築堤から川戸駅を眺めています。<br /><br />駅との間の低い土地には畑が耕され、梅・桜の大木が立っています。<br />

    川戸駅

    八戸川の築堤から川戸駅を眺めています。

    駅との間の低い土地には畑が耕され、梅・桜の大木が立っています。

  • ややっ、沈下橋(川戸)<br /><br />八戸川に架かる沈下橋です。<br />

    ややっ、沈下橋(川戸)

    八戸川に架かる沈下橋です。

  • 沈下橋(川戸)<br /><br />沈下橋の近くまで行ってみました。<br /><br />橋には欄干がなく、川の氾濫時に水没して流れに逆らわない橋です。<br />

    沈下橋(川戸)

    沈下橋の近くまで行ってみました。

    橋には欄干がなく、川の氾濫時に水没して流れに逆らわない橋です。

  • 菜の花(川戸駅)<br /><br />駅に戻り、次の列車の鉄道写真を撮ります。<br />

    菜の花(川戸駅)

    駅に戻り、次の列車の鉄道写真を撮ります。

  • 菜の花が綺麗な川戸駅に停車する三江線<br />

    イチオシ

    菜の花が綺麗な川戸駅に停車する三江線

  • 道端に咲くシロバナタンポポ(川戸)<br /><br />西日本でよく見られるタンポポです。<br />

    道端に咲くシロバナタンポポ(川戸)

    西日本でよく見られるタンポポです。

  • 美しい彩りの梅林と対岸を走る三江線(川戸)<br /><br />江の川対岸の谷住郷(たにじゅうごう)地区に来ています。<br /><br />国道261号線沿いにある個人所有の梅林が満開となり、美しい彩りを見せています。<br />

    イチオシ

    美しい彩りの梅林と対岸を走る三江線(川戸)

    江の川対岸の谷住郷(たにじゅうごう)地区に来ています。

    国道261号線沿いにある個人所有の梅林が満開となり、美しい彩りを見せています。

  • 堤防に置かれた舟(川戸)<br /><br />

    堤防に置かれた舟(川戸)

  • 三次行き列車(川戸駅)<br /><br />この列車で今晩の宿のある粕淵(かすぶち)へ向かいます。<br />

    三次行き列車(川戸駅)

    この列車で今晩の宿のある粕淵(かすぶち)へ向かいます。

  • 陸閘門(川戸)<br /><br />列車は川戸駅を出発し、町のはずれにある陸閘門を通過します。(車両後方から眺め)<br /><br />陸閘門は町を挟むように2ヶ所設けられています。<br />

    陸閘門(川戸)

    列車は川戸駅を出発し、町のはずれにある陸閘門を通過します。(車両後方から眺め)

    陸閘門は町を挟むように2ヶ所設けられています。

  • 田津の梅(田津)<br /><br />朝方、写真を撮ったところを通過します。<br />

    田津の梅(田津)

    朝方、写真を撮ったところを通過します。

  • これは第二先見トンネル(田津)<br />

    これは第二先見トンネル(田津)

  • 三江線、バンザ~イ(鹿賀)<br /><br />三江線廃止まであと13日。<br /><br />地元の人が家の外に出て見送っています。<br />

    三江線、バンザ~イ(鹿賀)

    三江線廃止まであと13日。

    地元の人が家の外に出て見送っています。

  • 親子連れのお別れ(石見川本)<br /><br />子供たちは将来、三江線のことを覚えていないでしょうね。<br />

    親子連れのお別れ(石見川本)

    子供たちは将来、三江線のことを覚えていないでしょうね。

  • 粕淵駅に到着<br /><br />これから、人も渡れる三江線第一江川橋梁を見学し、江戸時代の庄屋屋敷の佇まいを残す宿「亀遊亭」へ向かいます。<br /><br />今年の梅の開花は全国的に遅れていましたが、三江線を訪れたときちょうど見頃となり、鉄道と梅の花を入れた写真を残すことができました。<br />

    粕淵駅に到着

    これから、人も渡れる三江線第一江川橋梁を見学し、江戸時代の庄屋屋敷の佇まいを残す宿「亀遊亭」へ向かいます。

    今年の梅の開花は全国的に遅れていましたが、三江線を訪れたときちょうど見頃となり、鉄道と梅の花を入れた写真を残すことができました。

79いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

江津・有福温泉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集