信貴山旅行記(ブログ) 一覧に戻る
主人が職場の人から「信貴山はいい所だ。景色もよい」との情報を得てきた。<br />そうだ!信貴山に登ろう!<br />ということになった。<br /><br />大和平野を見下ろせる景色の良い場所だったが、「登る」というほどのことはなかった。<br />かかとの高い靴を履いたスカートの女性が、にこやかに会話しながら山頂を目指していた。<br />そういう場所だった。<br /><br />信貴山の中腹に、朝護孫子寺がある。<br />大きなお寺で、寅を祀るお寺として知られている。<br />寅だけでなく、ムカデもいっぱい見つけることが出来た。

妙薬ムカデ油の作り方は? 寅さんもムカデさんもいっぱい(・∀・) 信貴山朝護孫子寺

54いいね!

2018/04/13 - 2018/04/13

6位(同エリア96件中)

6

61

ホーミン

ホーミンさん

主人が職場の人から「信貴山はいい所だ。景色もよい」との情報を得てきた。
そうだ!信貴山に登ろう!
ということになった。

大和平野を見下ろせる景色の良い場所だったが、「登る」というほどのことはなかった。
かかとの高い靴を履いたスカートの女性が、にこやかに会話しながら山頂を目指していた。
そういう場所だった。

信貴山の中腹に、朝護孫子寺がある。
大きなお寺で、寅を祀るお寺として知られている。
寅だけでなく、ムカデもいっぱい見つけることが出来た。

同行者
カップル・夫婦
交通手段
自家用車

PR

  • 朝護孫氏寺の駐車場に車を停める。<br />料金は500円。<br />近隣に民間駐車場もあり、どこも500円だった。<br /><br />駐車場の上に仁王門が見える。<br />仁王門は最後に見ることにして、この鳥居をくぐって先に進む。<br /><br />お寺さんなのだが、鳥居がたくさんあった。<br />外国人には (。ヘ°)?なことだろう。

    朝護孫氏寺の駐車場に車を停める。
    料金は500円。
    近隣に民間駐車場もあり、どこも500円だった。

    駐車場の上に仁王門が見える。
    仁王門は最後に見ることにして、この鳥居をくぐって先に進む。

    お寺さんなのだが、鳥居がたくさんあった。
    外国人には (。ヘ°)?なことだろう。

  • 鳥居をくぐって、駐車場を振り返る。

    鳥居をくぐって、駐車場を振り返る。

  • あのてっぺんまで登る。<br /><br />私は普通の服装にトレッキングシューズ。<br />貴重品はウエストポーチに入れた。<br /><br />主人は登山の格好。(*´艸`)<br />気合いが入っている。

    あのてっぺんまで登る。

    私は普通の服装にトレッキングシューズ。
    貴重品はウエストポーチに入れた。

    主人は登山の格好。(*´艸`)
    気合いが入っている。

  • さっそく寅さんを発見。<br /><br />聖徳太子が初めて毘沙門天を拝み、ご利益を得られたのがこの信貴山。<br />それが寅年・寅日・寅の刻だったそうだ。<br /><br />最近の教科書には、聖徳太子ではなく厩戸皇子と載っているそうな。<br />テレビでも、聖徳太子は架空の人物だって言っていた。<br />それが本当なら、裏切られた気がする・・・。 (  ̄_ ̄;) <br />

    さっそく寅さんを発見。

    聖徳太子が初めて毘沙門天を拝み、ご利益を得られたのがこの信貴山。
    それが寅年・寅日・寅の刻だったそうだ。

    最近の教科書には、聖徳太子ではなく厩戸皇子と載っているそうな。
    テレビでも、聖徳太子は架空の人物だって言っていた。
    それが本当なら、裏切られた気がする・・・。 (  ̄_ ̄;)

    信貴山観光アイセンター 名所・史跡

  • 大門ダムに架かる信貴大橋。

    大門ダムに架かる信貴大橋。

    開運橋 名所・史跡

    開運バンジー by ホーミンさん
  • こちらは開運橋。<br />橋の欄干意匠も寅さん。<br /><br />開運バンジーもあった。(・∀・) <br />私がこれをしたら、高確率で昇天してしまうぅ。<br /><br />

    こちらは開運橋。
    橋の欄干意匠も寅さん。

    開運バンジーもあった。(・∀・)
    私がこれをしたら、高確率で昇天してしまうぅ。

  • 灯ろうの間を歩いて、赤門を目指す。

    灯ろうの間を歩いて、赤門を目指す。

  • 大寅さん。<br />歯がハーシーキスチョコみたいでかわいい。<br />(*´艸`)<br />おひげもビュッとのびて、インパクトあり。

    大寅さん。
    歯がハーシーキスチョコみたいでかわいい。
    (*´艸`)
    おひげもビュッとのびて、インパクトあり。

  • 赤門をくぐり、またまた灯ろうの間を歩く。<br />

    赤門をくぐり、またまた灯ろうの間を歩く。

  • 厳かな空気が流れている。

    厳かな空気が流れている。

  • 大きな木の前に来た。

    大きな木の前に来た。

  • かやの木稲荷大明神。

    かやの木稲荷大明神。

  • その隣に聖徳太子像。<br /><br />なかなかお寺らしくなって来ない。

    その隣に聖徳太子像。

    なかなかお寺らしくなって来ない。

  • 信貴山頂まで690メートル。

    信貴山頂まで690メートル。

  • 成福院の前に出た。<br />やっとお寺らしくなってきた。<br />(・∀・) <br />くりんが輝いている。<br /><br />4月29日は、お祭りがあるようだ。

    成福院の前に出た。
    やっとお寺らしくなってきた。
    (・∀・)
    くりんが輝いている。

    4月29日は、お祭りがあるようだ。

    信貴山 大本山 成福院 宿・ホテル

    2名1室合計 20,000円~

  • 灯ろうと仲良く並んでいたポストがかわいかった。

    灯ろうと仲良く並んでいたポストがかわいかった。

  • 玉蔵院と玉蔵院客殿を結ぶ、渡り廊下をくぐる。

    玉蔵院と玉蔵院客殿を結ぶ、渡り廊下をくぐる。

    信貴山 玉蔵院 宿坊 宿・ホテル

    2名1室合計 17,600円~

  • 一億円をくわえていた寅さん。

    一億円をくわえていた寅さん。

  • 初夏を思わせる日差しに照らされて、屋根が輝いていた。

    初夏を思わせる日差しに照らされて、屋根が輝いていた。

    信貴山朝護孫子寺 寺・神社

    寅とムカデがいっぱい by ホーミンさん
  • 玉蔵院融通堂と、大きな仏様。<br />

    玉蔵院融通堂と、大きな仏様。

  • いつもは見向きもしないお守り。

    いつもは見向きもしないお守り。

  • 珍しく買った。<br />何十年ぶりだろう、お守りを買うなんて。

    珍しく買った。
    何十年ぶりだろう、お守りを買うなんて。

  • 主人がおでこを打ち付けそうになった、背の低い鳥居。<br /><br />

    主人がおでこを打ち付けそうになった、背の低い鳥居。

  • ここから信貴山の山頂に向かう。

    ここから信貴山の山頂に向かう。

  • とあるブログを読んでいたら、とても辛そうに登っていた。<br />読んでいてちょっと不安になった。<br />でも、手すりがあって、ちゃんと舗装もしてある。<br />緩やかな坂道。

    とあるブログを読んでいたら、とても辛そうに登っていた。
    読んでいてちょっと不安になった。
    でも、手すりがあって、ちゃんと舗装もしてある。
    緩やかな坂道。

  • 急勾配の所は、七曲りに道が造られている。<br />普通の格好で十分に登れる。<br />登山の格好をした主人が浮いていた。

    急勾配の所は、七曲りに道が造られている。
    普通の格好で十分に登れる。
    登山の格好をした主人が浮いていた。

  • 行者堂から10分余りで、空鉢堂に到着。<br />斑鳩と大阪東部をつなぐ道が見える。

    行者堂から10分余りで、空鉢堂に到着。
    斑鳩と大阪東部をつなぐ道が見える。

    信貴山 自然・景勝地

  • 新緑が美しい。

    新緑が美しい。

  • 南に見えるのは、金剛山や葛城山。<br />

    南に見えるのは、金剛山や葛城山。

  • 山頂の三角点は見当たらなかった。<br /><br />城跡に軽トラックが停まっていた。<br />どこに道路があるのだろう?<br />作業している人たちは、お昼の休憩中。<br /><br /><br />

    山頂の三角点は見当たらなかった。

    城跡に軽トラックが停まっていた。
    どこに道路があるのだろう?
    作業している人たちは、お昼の休憩中。


  • 遺構らしきものも、見つけられなかった。

    遺構らしきものも、見つけられなかった。

    信貴山城跡 名所・史跡

    信貴山頂にある城跡 by ホーミンさん
  • 空鉢堂は飲食禁止みたいだったし、城跡は作業してる人たちの休憩所になっていたので、持参したおにぎりなどを食べることもなく下山開始。

    空鉢堂は飲食禁止みたいだったし、城跡は作業してる人たちの休憩所になっていたので、持参したおにぎりなどを食べることもなく下山開始。

  • ポイポイと七曲りを下る。

    ポイポイと七曲りを下る。

  • ここの瓦屋根は、本当にきれいだった。<br />屋根と緑の木々を見ていると、今いる時代を忘れてしまいそうだ。

    ここの瓦屋根は、本当にきれいだった。
    屋根と緑の木々を見ていると、今いる時代を忘れてしまいそうだ。

  • 色あせた多宝塔。

    色あせた多宝塔。

  • 鐘堂。

    鐘堂。

  • 本堂前に水屋。

    本堂前に水屋。

  • 城跡に向かう道中、この容器を持っている人を何人も見た。<br />何だろうと思っていたら、こういう事だったのか!

    城跡に向かう道中、この容器を持っている人を何人も見た。
    何だろうと思っていたら、こういう事だったのか!

  • 首を出すように彫られている龍。

    首を出すように彫られている龍。

  • 一切経蔵にも龍。

    一切経蔵にも龍。

  • 本堂に続く階段。

    本堂に続く階段。

  • 何も考えずに、右側の階段を上ってしまった。<br />よく見たら左側通行。

    何も考えずに、右側の階段を上ってしまった。
    よく見たら左側通行。

  • 階段の途中から見た信貴山。<br />十三塔と鐘堂も見える。

    階段の途中から見た信貴山。
    十三塔と鐘堂も見える。

  • 本堂。

    本堂。

  • あばら骨みたいだな…と思ってしまった。<br />f(^^;

    あばら骨みたいだな…と思ってしまった。
    f(^^;

  • 階段を上り切って見た玉蔵院。

    階段を上り切って見た玉蔵院。

  • 本堂の正面。<br />ここは毘沙門天王が、初めてご出現になった霊地。<br /><br />本堂内は撮影禁止。

    本堂の正面。
    ここは毘沙門天王が、初めてご出現になった霊地。

    本堂内は撮影禁止。

  • 本堂に掲げられた扁額に、大きなムカデがニョロニョロと2匹!<br />ムカデは、毘沙門天の使いなのだそう。<br /><br />ニョロニョロというより、ガサゴソか?

    本堂に掲げられた扁額に、大きなムカデがニョロニョロと2匹!
    ムカデは、毘沙門天の使いなのだそう。

    ニョロニョロというより、ガサゴソか?

  • 扁額の右後ろには龍が、

    扁額の右後ろには龍が、

  • 左側にはムカデがいた。<br /><br />幼い頃ムカデを見たことがあるが、もっと細くてひ弱だった気がする。<br />

    左側にはムカデがいた。

    幼い頃ムカデを見たことがあるが、もっと細くてひ弱だった気がする。

  • 「ムカデ油」という語が、ふと頭をよぎった。<br />そんなのがあったような…?<br /><br />気になって調べてみた。<br />あった!<br />作り方まで書いてあった。<br />瓶にごま油を入れ、そこに生きたままのムカデを放り込む。<br />それだけだそう。<br />放り込まれたムカデは数日間、体液を出しながら瓶の中で生き続け、死んだあと時間が経てば油に溶けてしまうのだとか。<br />ひゃ~、残酷。<br />この体液混油が、傷などに効くそうだ。<br />赤チンとムカデ油、どっちの方が効いたのかな?

    「ムカデ油」という語が、ふと頭をよぎった。
    そんなのがあったような…?

    気になって調べてみた。
    あった!
    作り方まで書いてあった。
    瓶にごま油を入れ、そこに生きたままのムカデを放り込む。
    それだけだそう。
    放り込まれたムカデは数日間、体液を出しながら瓶の中で生き続け、死んだあと時間が経てば油に溶けてしまうのだとか。
    ひゃ~、残酷。
    この体液混油が、傷などに効くそうだ。
    赤チンとムカデ油、どっちの方が効いたのかな?

  • 灯ろうにも、ニョロニョロとムカデ。

    灯ろうにも、ニョロニョロとムカデ。

  • ここのムカデは、気持ち悪くない。<br />どっちかというと、かわいいかも。<br />ポッチャリ体型だし。

    ここのムカデは、気持ち悪くない。
    どっちかというと、かわいいかも。
    ポッチャリ体型だし。

  • 旗にもムカデが描かれている。

    旗にもムカデが描かれている。

  • 笙と笛かな?

    笙と笛かな?

  • 巻物とうちでの小槌と、財宝が入ってそうな袋。

    巻物とうちでの小槌と、財宝が入ってそうな袋。

  • 剱鎧護法堂。

    剱鎧護法堂。

  • 最後に仁王門。

    最後に仁王門。

  • お寺の中で一番惹かれるのが仁王門。<br />

    お寺の中で一番惹かれるのが仁王門。

  • 馬の彫刻を見つけることが出来た。

    馬の彫刻を見つけることが出来た。

  • このお二人はどなたかな?<br /><br />この後に法隆寺を見学するつもりだったが、拝観料にビックリしてスルーし、そのまま帰宅した。<br />

    このお二人はどなたかな?

    この後に法隆寺を見学するつもりだったが、拝観料にビックリしてスルーし、そのまま帰宅した。

54いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (6)

開く

閉じる

  • ムロろ~んさん 2018/05/03 22:56:05
    ?????(◎_◎;)
    ホ~ミンさ~ん\(^o^)/

    こんばんは、ムロろ~んです。
    信貴山へ行かれた旅行記を拝見しました。

    って、「信貴山」、なんて読むのでしょう???
    関東在住の人間なのでさっぱりです(;^ω^)。
    でも、神秘的な所のよう。登ってお参りして。
    心も洗われそうな気がします。
    確かに眺めの良いところでおにぎりなんて食べたらよさげな所も(^_-)-☆。
    天気も良くて何よりですよ。
    って、旦那様のおかげですよね(^_-)-☆。


    ムロろ~ん(^人^)

    ホーミン

    ホーミンさん からの返信 2018/05/04 09:56:02
    RE: ?????(◎_◎;)
    ムロろ〜んさん

    こんにちは。(o^v^o)
    信貴山の旅行記を読んで下さってありがとうございます。
    投票と掲示板への書き込みもありがとうございます。

    これは「しぎさん」です。
    最初「しぎさん」で変換しても出てきませんでした。
    「しぎ」で「信貴」に変換して、次に「やま」で変換して「山」。
    これを繰り返してました。
    メジャーじゃないのですかねぇ。

    大きなお寺って、テーマパークっぽい所も多いですよね。
    ここは半々だったかな?

    お参りとトレッキングと両方楽しめて、一粒で二度おいしい所でした。
  • のんき茂野さん 2018/05/03 10:52:08
    おはようございます
    昼寝中に違和感で目を覚ますと10cm前後のムカデ君が足をはいずり
    足首部の素肌との境目で停止し長い時間釜型の牙でチェックされたのを
    思い出してしまった。

    ムカデの毒はスズメバチと同類で激痛をともないます。
    覚悟を決めて掃除機で吸い取ってくれるように頼んだのですが・・・
    これが偶然にうまくいき、噛まれずに処理ができました。

    噛まれたら、激痛に耐えて患部を洗い氷で冷やし、場合によったら救急車を
    呼ばねばなりません!

    信長以前に大仏殿を焼き主家たる足利将軍家を攻める非道の反面茶道などに
    造詣が深く
    多聞櫓として名が残るほどに優れた築城知識があった『松永弾正久秀』と
    『ムカデ』とのコラボ・・・お似合でございます。

    ・・・思い出してもぞ~っとします。
       これからの季節、窓を開けるたびに入ってきませんように~と
       願っている~    のんき

    PS:傷には赤チン世代? ムカデ油? がまの油・・・いえいえ・・・
       小さなキズなら『瞬間接着剤』がよろしいようで・・・

    ホーミン

    ホーミンさん からの返信 2018/05/03 20:40:59
    RE: おはようございます
    のんきさま

    こんばんは。(o^v^o)
    信貴山の旅行記を読んで下さってありがとうございます。
    投票と掲示板への書き込みもありがとうございます。

    今日は主人の実家に行ってきました。
    ムカデの話は出なかったけど、蛇の話は出てきました。
    義兄が中学生の頃、花瓶に花を生けようとしたら、花瓶の中から蛇が出てきた・・・
    同じく義兄が雨戸を開けようとしたら、雨戸の桟に蛇がいた・・・
    主人が中学生の時、自転車を屋内に入れようとしたら、玄関で蛇をひいてしまった・・・
    等々。

    今では考えられないことが、当時はありましたねぇ。

    > 覚悟を決めて掃除機で吸い取ってくれるように頼んだのですが・・・
    > これが偶然にうまくいき、噛まれずに処理ができました。

    なんとラッキーな!!
    忘れられない、恐ろしい体験ですね。
    掃除機内のムカデは、その後どうなりましたか?
    まさか、ムカデ油?

    私はゴキブリを掃除機で吸い取ったことがあります。
    逆流して出てくると困るので、ゴキブリ殺虫剤(スプレーの)を掃除機の口から吸いこみました。

    松永弾正久さん、私の旅行記のどっかに出てきましたっけ?

    〇ロン〇ルファが切り傷に効くとは知りませんでした!!

    のんき茂野

    のんき茂野さん からの返信 2018/05/03 22:34:30
    RE: RE: おはようございます

    > 今日は主人の実家に行ってきました。
    > ムカデの話は出なかったけど、蛇の話は出てきました。
    > 義兄が中学生の頃、花瓶に花を生けようとしたら、花瓶の中から蛇が出てきた・・・
    > 同じく義兄が雨戸を開けようとしたら、雨戸の桟に蛇がいた・・・
    > 主人が中学生の時、自転車を屋内に入れようとしたら、玄関で蛇をひいてしまった・・・
    > 等々。
    >
    > 今では考えられないことが、当時はありましたねぇ。

    ・・・本当に動物さんは住みにくい世の中になりました。
       そのお礼なのでしょうか、熊さんが人家に出没したり
       京都大路の二条・三条あたりを徘徊したりするのは、
       忘れないでね〜の意思表示なのかも?

    >
    > > 覚悟を決めて掃除機で吸い取ってくれるように頼んだのですが・・・
    > > これが偶然にうまくいき、噛まれずに処理ができました。
    >
    > なんとラッキーな!!
    > 忘れられない、恐ろしい体験ですね。
    > 掃除機内のムカデは、その後どうなりましたか?
    > まさか、ムカデ油?

    ・・・そんな恐ろしいこと。生活ゴミと一緒に自動車に乗って帰って
       頂きました。
    >
    > 私はゴキブリを掃除機で吸い取ったことがあります。
    > 逆流して出てくると困るので、ゴキブリ殺虫剤(スプレーの)を掃除機の口から吸いこみました。

    ・・・あぶないですよ〜 掃除機は湿気に弱いから〜
       掃除家が壊れたり、発火する危険性も?
    >
    > 松永弾正久さん、私の旅行記のどっかに出てきましたっけ?

    ・・・信貴山城は松永さんが築いたお城ですから〜
       https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E8%B2%B4%E5%B1%B1%E5%9F%8E
    >
    > 〇ロン〇ルファが切り傷に効くとは知りませんでした!!

    ・・・アロンアルファは心臓外科手術などにも大いに役立っています。
       三共製薬が浸透性の高いところを利用して医薬品として
       取り扱っているようです。

       チョッとした切り傷の止血などに便利です。   

       では〜 良い夢をご覧下さい〜  のんき
    >
    >

    ホーミン

    ホーミンさん からの返信 2018/05/04 09:51:12
    RE: RE: RE: おはようございます
    のんきさま

    おはようございます。(o^v^o)

    風が強いです!

    > ・・・そんな恐ろしいこと。生活ゴミと一緒に自動車に乗って帰って
    >    頂きました。

    つまり燃えるゴミですか?
    火あぶりとなると、ムカデ油と五十歩百歩。(^m^)

    > ・・・あぶないですよ〜 掃除機は湿気に弱いから〜
    >    掃除家が壊れたり、発火する危険性も?

    ひゃあ〜〜、それはゴキちゃんより恐ろしい!!

    > ・・・信貴山城は松永さんが築いたお城ですから〜
    >    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%A1%E8%B2%B4%E5%B1%B1%E5%9F%8E

    まあ!そうでしたか!
    強面の松永さんですが、松虫を飼ってたのですね。
    かわいい一面をお持ちで。

ホーミンさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

信貴山の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集