紅葉にぎりぎり間に合うかというタイミングで、新発田市内を観光してきました。<br />駅から徒歩で、時計廻りで観光し、最後に、市島邸まで足を延ばし、月岡温泉に泊まって、ゆっくりしてきました。<br />天気は、曇り時々雨。。。ということで、あまりよくありませんでしたが、雨の紅葉を楽しめました。翌日は、時ならぬ雪。びっくりしました。

雨の新発田の紅葉

13いいね!

2017/11/17 - 2017/11/18

58位(同エリア128件中)

0

33

駿河大納言

駿河大納言さん

紅葉にぎりぎり間に合うかというタイミングで、新発田市内を観光してきました。
駅から徒歩で、時計廻りで観光し、最後に、市島邸まで足を延ばし、月岡温泉に泊まって、ゆっくりしてきました。
天気は、曇り時々雨。。。ということで、あまりよくありませんでしたが、雨の紅葉を楽しめました。翌日は、時ならぬ雪。びっくりしました。

旅行の満足度
4.0
観光
3.5
ホテル
3.5
グルメ
3.0
交通
1.5
同行者
一人旅
交通手段
タクシー 新幹線 JR特急 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 新潟までは新幹線。新潟からは、特急「いなほ」で。

    新潟までは新幹線。新潟からは、特急「いなほ」で。

  • 新発田駅に降りたら、菊が綺麗に。。。

    新発田駅に降りたら、菊が綺麗に。。。

  • 歩いてすぐのところの諏訪神社。<br />新発田の市民は、七五三などでは、ここに行くそうです。

    歩いてすぐのところの諏訪神社。
    新発田の市民は、七五三などでは、ここに行くそうです。

  • ここの社務所にも、素晴らしい菊が。

    ここの社務所にも、素晴らしい菊が。

  • しばらく歩くと、「王紋」という銘柄で有名な市島酒造。<br />そそられたものの、我慢!

    しばらく歩くと、「王紋」という銘柄で有名な市島酒造。
    そそられたものの、我慢!

  • 少し歩いて、清水園。<br />新発田藩主の下屋敷として作られ、大名庭園らしい池泉回遊式の庭をもつ。

    少し歩いて、清水園。
    新発田藩主の下屋敷として作られ、大名庭園らしい池泉回遊式の庭をもつ。

    清水園 名所・史跡

  • 庭園は今年最後の紅葉。

    庭園は今年最後の紅葉。

  • きれいな紅葉。

    きれいな紅葉。

  • 紅葉の向こうには茶室。

    紅葉の向こうには茶室。

  • なぜか昔の消防車が展示(?)してありました。

    なぜか昔の消防車が展示(?)してありました。

  • 書院からも、カラフルな紅葉が。

    書院からも、カラフルな紅葉が。

  • 中には、鎧などが展示。

    中には、鎧などが展示。

  • しかし、素晴らしいのは庭の紅葉。

    しかし、素晴らしいのは庭の紅葉。

  • 道の反対側には、足軽長屋。<br />

    道の反対側には、足軽長屋。

  • だれもいない足軽長屋はきちんと整備されており、今風の電気も。

    だれもいない足軽長屋はきちんと整備されており、今風の電気も。

  • 寺町通りに戻り、宝光寺。立派な山門。でも、古くはない。<br />少し興味はあったものの時間が厳しかったので、内部の拝観はせず。

    寺町通りに戻り、宝光寺。立派な山門。でも、古くはない。
    少し興味はあったものの時間が厳しかったので、内部の拝観はせず。

  • 少し歩くと、新発田城が見えてきます。<br />これは、層塔型2重2階の移築現存の二重櫓。1668年の大火後の建築。<br />重要文化財。

    少し歩くと、新発田城が見えてきます。
    これは、層塔型2重2階の移築現存の二重櫓。1668年の大火後の建築。
    重要文化財。

    新発田城 名所・史跡

  • 渡って来たカモがお堀に一列に。<br />寒そう。。。

    渡って来たカモがお堀に一列に。
    寒そう。。。

  • お堀沿いに三階櫓を。<br />新発田城には、天守はなく、本丸の北西隅に三重櫓を上げて「三階櫓」と呼んでいた。幕府に遠慮し天守を公称しなかったが、三階櫓は新発田城における実質的な天守。<br />

    お堀沿いに三階櫓を。
    新発田城には、天守はなく、本丸の北西隅に三重櫓を上げて「三階櫓」と呼んでいた。幕府に遠慮し天守を公称しなかったが、三階櫓は新発田城における実質的な天守。

  • ここで、一番有名なのは、棟上に3匹の鯱が乗っていること。<br />この角度が一番分かりやすい。

    ここで、一番有名なのは、棟上に3匹の鯱が乗っていること。
    この角度が一番分かりやすい。

  • お堀に沿って、本丸表門へ。<br />1732年に再建された現存の櫓門。2階に格子窓。<br />これも、国の重要文化財。

    お堀に沿って、本丸表門へ。
    1732年に再建された現存の櫓門。2階に格子窓。
    これも、国の重要文化財。

  • 本丸表門を、城内から見る。<br />表門の向こうは、層塔型2重2階の二重櫓である本丸辰巳櫓。三階櫓とともに木造で復元。

    本丸表門を、城内から見る。
    表門の向こうは、層塔型2重2階の二重櫓である本丸辰巳櫓。三階櫓とともに木造で復元。

  • 本丸辰巳櫓の内部。

    本丸辰巳櫓の内部。

  • 本丸辰巳櫓の入り口から城内を見ると、自衛隊の駐屯地が。そして、その向うに三階櫓。<br />本丸の中に、自衛隊が駐屯しているので、折角木造で再建しいた三階櫓も、そこまでは行くことができない。<br />まさに「戦国自衛隊」!

    本丸辰巳櫓の入り口から城内を見ると、自衛隊の駐屯地が。そして、その向うに三階櫓。
    本丸の中に、自衛隊が駐屯しているので、折角木造で再建しいた三階櫓も、そこまでは行くことができない。
    まさに「戦国自衛隊」!

  • 続いて、先ほどお堀越しに見た旧二の丸隅櫓へ。<br />ここには、本丸鉄砲櫓があったとのこと。<br />

    続いて、先ほどお堀越しに見た旧二の丸隅櫓へ。
    ここには、本丸鉄砲櫓があったとのこと。

  • これは、2階の内部。

    これは、2階の内部。

  • 城外には、若い頃の堀部安兵衛の像。<br />安兵衛の父親は新発田藩士であったが、辰巳櫓の失火の責任をとって浪人。このtめに、江戸に行き、高田馬場の決闘の助太刀などで活躍。

    城外には、若い頃の堀部安兵衛の像。
    安兵衛の父親は新発田藩士であったが、辰巳櫓の失火の責任をとって浪人。このtめに、江戸に行き、高田馬場の決闘の助太刀などで活躍。

  • 駅に戻る途中、蕗谷虹児記念館の前を通過。<br />駅まで歩いて戻り、タクシーで市島邸に。

    駅に戻る途中、蕗谷虹児記念館の前を通過。
    駅まで歩いて戻り、タクシーで市島邸に。

  • これはその正門。

    これはその正門。

    市島邸 名所・史跡

  • ここも紅葉が。。。

    ここも紅葉が。。。

  • ホテルの庭園。

    ホテルの庭園。

  • 翌日は雪。

    翌日は雪。

  • 紅葉にも雪。。。趣深い。。。

    紅葉にも雪。。。趣深い。。。

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

新発田・胎内の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集