越後湯沢・中里・岩原旅行記(ブログ) 一覧に戻る
娘が秋休みだったこともあり、妻と娘の3人で新潟県の越後湯沢温泉に1泊2日の旅行へ出かけました。<br /><br />新潟と言えばお米!お米と言えば日本酒!!新潟は日本酒が旨い!!!<br /><br />帰りには埼玉県の長瀞に行き、名物のライン下りとかき氷を楽しみました。<br /><br />今回も前・中・後編の3編にわたる長編ですが、どうぞ最後までお付き合いください。<br /><br />[こちらは前編です]

新潟県 越後湯沢温泉と埼玉県 長瀞 (前編) 湯沢高原でジップライン

6いいね!

2016/10/10 - 2016/10/11

312位(同エリア511件中)

0

65

娘が秋休みだったこともあり、妻と娘の3人で新潟県の越後湯沢温泉に1泊2日の旅行へ出かけました。

新潟と言えばお米!お米と言えば日本酒!!新潟は日本酒が旨い!!!

帰りには埼玉県の長瀞に行き、名物のライン下りとかき氷を楽しみました。

今回も前・中・後編の3編にわたる長編ですが、どうぞ最後までお付き合いください。

[こちらは前編です]

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
5.0
グルメ
4.0
ショッピング
3.5
交通
3.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
じゃらん

PR

  • 【1日目】<br />早朝4時半過ぎに自宅を出発、関越道をひた走り、6時に《三芳パーキングエリア》に到着。

    【1日目】
    早朝4時半過ぎに自宅を出発、関越道をひた走り、6時に《三芳パーキングエリア》に到着。

    三芳パーキングエリア 道の駅

  • 周囲はまだ薄暗く、人影もほとんどありません。用を済ませて早々に出発です。

    周囲はまだ薄暗く、人影もほとんどありません。用を済ませて早々に出発です。

  • それから1時間後、今度は7時に《赤城高原サービスエリア》で休憩。写真では閑散としているように見えますが、中はそこそこ混雑していました。

    それから1時間後、今度は7時に《赤城高原サービスエリア》で休憩。写真では閑散としているように見えますが、中はそこそこ混雑していました。

    赤城高原サービスエリア 道の駅

  • ここで朝食をとる予定でしたが、さほどお腹も空いてないので、付近を少し散策します。<br /><br />建物の裏手からの眺望が良さそうです。

    ここで朝食をとる予定でしたが、さほどお腹も空いてないので、付近を少し散策します。

    建物の裏手からの眺望が良さそうです。

  • 朝陽を浴びた雄大な子持山が眺められました。

    朝陽を浴びた雄大な子持山が眺められました。

  • 澄んだ空気が気持ち良いです。

    澄んだ空気が気持ち良いです。

  • 赤城高原サービスエリアから1時間近くで、新潟県の《越後湯沢駅》に到着です。祝日の朝8時のためか、駅前は閑散としています。<br /><br />こちらのロータリーは30分以内なら駐車料金が無料なので、車を停めて中に入ってみます。

    赤城高原サービスエリアから1時間近くで、新潟県の《越後湯沢駅》に到着です。祝日の朝8時のためか、駅前は閑散としています。

    こちらのロータリーは30分以内なら駐車料金が無料なので、車を停めて中に入ってみます。

    越後湯沢駅

  • 外から見たのと同じく中もガラガラで、ほとんどの店はまだ開いていません。

    外から見たのと同じく中もガラガラで、ほとんどの店はまだ開いていません。

  • 朝食に駅弁を、と思いましたが店は閉まってます。

    朝食に駅弁を、と思いましたが店は閉まってます。

  • 新潟の名産品がたくさん売られている《がんぎどおり》と《CoCoLo湯沢》もまだです。

    新潟の名産品がたくさん売られている《がんぎどおり》と《CoCoLo湯沢》もまだです。

  • ここはまた後で来ることにして、とりあえず次へ移動することにしました。

    ここはまた後で来ることにして、とりあえず次へ移動することにしました。

  • 越後湯沢駅から車で1分のところにある、《湯沢高原》のロープウェイ乗り場に来ました。<br /><br />目的は、《湯沢高原アルプの里》で初めてのジップラインを楽しむこと!

    越後湯沢駅から車で1分のところにある、《湯沢高原》のロープウェイ乗り場に来ました。

    目的は、《湯沢高原アルプの里》で初めてのジップラインを楽しむこと!

    湯沢高原アルプの里 公園・植物園

  • 建物裏手の駐車場に駐車します。<br /><br />ちなみに、ロープウェイの往復切符とジップラインのセットで大人1名4,000円、3名なので計12,000円。ちょっとお高いですが、先に言っておきます。僕たちにとっては、その価値は充分にありました!

    建物裏手の駐車場に駐車します。

    ちなみに、ロープウェイの往復切符とジップラインのセットで大人1名4,000円、3名なので計12,000円。ちょっとお高いですが、先に言っておきます。僕たちにとっては、その価値は充分にありました!

  • 振り返ればゴンドラ乗り場。<br /><br />ちなみに、娘には<br /><br />娘「ジップラインってなに?」<br />僕「滑車でシュー」<br /><br />と、赤ちゃん言葉みたいに適当にしか説明してなかったので、娘は何のことか分かってなかったようです(そりゃそうだろ)。

    振り返ればゴンドラ乗り場。

    ちなみに、娘には

    娘「ジップラインってなに?」
    僕「滑車でシュー」

    と、赤ちゃん言葉みたいに適当にしか説明してなかったので、娘は何のことか分かってなかったようです(そりゃそうだろ)。

  • でも、ゴンドラ乗り場に貼ってあるポスターを見て<br /><br />娘「えーっ!これやるの!?めっちゃ楽しみーっ!!!」<br /><br />とテンション上がりまくりでした。<br /><br />ゴンドラは駐車場の真上を登っていきます。

    でも、ゴンドラ乗り場に貼ってあるポスターを見て

    娘「えーっ!これやるの!?めっちゃ楽しみーっ!!!」

    とテンション上がりまくりでした。

    ゴンドラは駐車場の真上を登っていきます。

  • 館内に入ってみました。あらかじめジップラインの予約をしていたので、ロープウェイのチケット売場でその旨を伝え料金を支払います。

    館内に入ってみました。あらかじめジップラインの予約をしていたので、ロープウェイのチケット売場でその旨を伝え料金を支払います。

  • 少し時間があるので、館内をブラブラ。こちらは土産物屋です。

    少し時間があるので、館内をブラブラ。こちらは土産物屋です。

  • 日本酒コーナーです。どれを飲もうか選んでいると<br /><br />妻と娘「早いよ!」<br /><br />たしかに。

    日本酒コーナーです。どれを飲もうか選んでいると

    妻と娘「早いよ!」

    たしかに。

  • マッサージコーナーもありました。座って今日1日の疲れを癒そうとしていると<br /><br />妻と娘「早いよ!」<br /><br />2人でツッコミの練習でもしたのか?<br />

    マッサージコーナーもありました。座って今日1日の疲れを癒そうとしていると

    妻と娘「早いよ!」

    2人でツッコミの練習でもしたのか?

  • 9時発のゴンドラに乗ります。

    9時発のゴンドラに乗ります。

  • ゴンドラは、かなりの人数が乗れそうな大きさです。

    ゴンドラは、かなりの人数が乗れそうな大きさです。

    湯沢高原アルプの里 湯沢高原ロープウェイ 乗り物

  • ガクンっと軽い衝撃で出発したあと、ぐんぐんと登っていきます。

    ガクンっと軽い衝撃で出発したあと、ぐんぐんと登っていきます。

  • 車窓からは越後湯沢の街並みが見渡せ、とても眺めが良いです。

    車窓からは越後湯沢の街並みが見渡せ、とても眺めが良いです。

  • 10分近く乗車した後に降りた駅前では、出店の準備が始まっています。ちょうど10/8から10/10は「コキアまつり」というイベントをやっていました。

    10分近く乗車した後に降りた駅前では、出店の準備が始まっています。ちょうど10/8から10/10は「コキアまつり」というイベントをやっていました。

  • ジップラインの受付はそこから坂を登った、レストラン《エーデルワイス》にあります(写真奥に見える建物)。そこまで無料のシャトルバスが送迎してくれるのですが、そんなに遠くないので歩いていくことにしました。

    ジップラインの受付はそこから坂を登った、レストラン《エーデルワイス》にあります(写真奥に見える建物)。そこまで無料のシャトルバスが送迎してくれるのですが、そんなに遠くないので歩いていくことにしました。

  • ところがこれが思ったより勾配がきつくて、坂の途中で息が切れてしまいました。その横で無料のバスが軽快に登っていきます。うーん、バスに乗ればよかった。

    ところがこれが思ったより勾配がきつくて、坂の途中で息が切れてしまいました。その横で無料のバスが軽快に登っていきます。うーん、バスに乗ればよかった。

  • 周囲のを眺めながらゆっくり登ります。

    周囲のを眺めながらゆっくり登ります。

  • 冬場はスキー場なので、斜面の勾配が結構きついです。

    冬場はスキー場なので、斜面の勾配が結構きついです。

  • 振り返ると下界には霧がかかっています。

    振り返ると下界には霧がかかっています。

  • 僕たちは10時スタートのグループです。レストラン《エーデルワイス》1階のこちらで受付をすませると、9時40分くらいから器具の装着とガイドさんの説明が始まりました。

    僕たちは10時スタートのグループです。レストラン《エーデルワイス》1階のこちらで受付をすませると、9時40分くらいから器具の装着とガイドさんの説明が始まりました。

    エーデルワイス グルメ・レストラン

  • まずは全長30mほどの短いラインで簡単なレクチャーを受けます。写真の男性は一緒になった若者グループの一人で、ガイドさんに引っ張られながら滑走と着地の練習です。

    まずは全長30mほどの短いラインで簡単なレクチャーを受けます。写真の男性は一緒になった若者グループの一人で、ガイドさんに引っ張られながら滑走と着地の練習です。

  • 練習が終わると、いよいよ本格的なジップラインの始まりです。ガイドさんに連れられて山中を移動しますが、このガイドさんの話が面白い!まじめな話の中にちょいちょいネタを混ぜ込んできます。

    練習が終わると、いよいよ本格的なジップラインの始まりです。ガイドさんに連れられて山中を移動しますが、このガイドさんの話が面白い!まじめな話の中にちょいちょいネタを混ぜ込んできます。

  • スタート台に登り、順番に滑り始めました。

    スタート台に登り、順番に滑り始めました。

  • いよいよ妻の番。滑車をワイヤーに取り付け、れっつらゴー!

    いよいよ妻の番。滑車をワイヤーに取り付け、れっつらゴー!

  • 妻「ひえーーーっ!」<br /><br />滑るというより、ぶら下がりながらズリ落ちていってます。

    妻「ひえーーーっ!」

    滑るというより、ぶら下がりながらズリ落ちていってます。

  • 別のラインでの娘です。さすが運動神経が良い、ロングラインを風を切って滑りながら見事な体勢で着地しました。

    別のラインでの娘です。さすが運動神経が良い、ロングラインを風を切って滑りながら見事な体勢で着地しました。

  • 同じラインでの妻。滑ってると言うより、救出されてる人みたいです。

    同じラインでの妻。滑ってると言うより、救出されてる人みたいです。

  • 最後にガイドさん。後ろ向きで滑ってきました。<br /><br />ということで写真はこれだけなのですが、実は全部で7ラインもあり、1時間半かけてたっぷり楽しみました。途中からは、ただ滑走するだけでなく、クルクル回ったり、逆立ちになって滑ったり...もう楽しくて楽しくて、写真を撮るのも忘れて夢中で遊びました。

    最後にガイドさん。後ろ向きで滑ってきました。

    ということで写真はこれだけなのですが、実は全部で7ラインもあり、1時間半かけてたっぷり楽しみました。途中からは、ただ滑走するだけでなく、クルクル回ったり、逆立ちになって滑ったり...もう楽しくて楽しくて、写真を撮るのも忘れて夢中で遊びました。

  • 園内に出没したカモシカ?カートに乗ってるカップルがびっくりしてました。

    園内に出没したカモシカ?カートに乗ってるカップルがびっくりしてました。

  • 「いやー、楽しかったねー!」と家族3人で満面の笑みを浮かべながらも、お腹はぐうぐうなっていますので、とりあえず坂を下ります。

    「いやー、楽しかったねー!」と家族3人で満面の笑みを浮かべながらも、お腹はぐうぐうなっていますので、とりあえず坂を下ります。

  • 園内のイタリアンレストラン《アルピナ》で昼食をとろうと思いましたが、ちょうど昼時で店内は激混みだったため断念。

    園内のイタリアンレストラン《アルピナ》で昼食をとろうと思いましたが、ちょうど昼時で店内は激混みだったため断念。

  • なので、先ほどのイベント会場の出店でとることにしました。こちらでは、大鍋で煮ている「きのこ汁」が食べられます。

    なので、先ほどのイベント会場の出店でとることにしました。こちらでは、大鍋で煮ている「きのこ汁」が食べられます。

  • 注文したのはもちろん「きのこ汁」とおにぎり。

    注文したのはもちろん「きのこ汁」とおにぎり。

  • それに焼き鳥をいただきました。実はちょっと肌寒くてちょっと体が冷えていたので、ここにきて温かいきのこ汁はありがたい!それに美味い!美味さと温かさが体中に染み渡ります。

    それに焼き鳥をいただきました。実はちょっと肌寒くてちょっと体が冷えていたので、ここにきて温かいきのこ汁はありがたい!それに美味い!美味さと温かさが体中に染み渡ります。

  • 軽い昼食を済ませた後は、もうひとつの目玉「サマーボブスレー」を楽しみました。長い滑り台を、ボブスレーのような物に乗って滑っていきます。<br /><br />この日は空いてる方らしいですが、それでも30分は並びました。ちなみに混んでるときは2時間待ちだそうです。<br /><br />写真のように滑り始めは長い直線コースですが、その先を左回りに下っていくと左右のカーブに振られながらとどんどんスピードが上がっていきます。ノンブレーキでいくと結構迫力があって、面白かったです。

    軽い昼食を済ませた後は、もうひとつの目玉「サマーボブスレー」を楽しみました。長い滑り台を、ボブスレーのような物に乗って滑っていきます。

    この日は空いてる方らしいですが、それでも30分は並びました。ちなみに混んでるときは2時間待ちだそうです。

    写真のように滑り始めは長い直線コースですが、その先を左回りに下っていくと左右のカーブに振られながらとどんどんスピードが上がっていきます。ノンブレーキでいくと結構迫力があって、面白かったです。

  • サマーボブスレーを下ったところには池がありました。こちらのアルプの里では、他にもアスレチックや植物園もあり、また冬場はスキーコースとなるところをトレッキングもできたりして一日中遊べます。

    サマーボブスレーを下ったところには池がありました。こちらのアルプの里では、他にもアスレチックや植物園もあり、また冬場はスキーコースとなるところをトレッキングもできたりして一日中遊べます。

  • でも僕たちは次の目的があるので、このリフトでスタート地点へ戻り、14時前には宿へ向かいました。

    でも僕たちは次の目的があるので、このリフトでスタート地点へ戻り、14時前には宿へ向かいました。

  • といってもアルプの里からは車で30秒、本日の宿《湯沢グランドホテル》に到着。宿名に時代を感じさせますが、ホテルの外観もちょっと年季が入っています。

    といってもアルプの里からは車で30秒、本日の宿《湯沢グランドホテル》に到着。宿名に時代を感じさせますが、ホテルの外観もちょっと年季が入っています。

    越後湯沢温泉 湯沢グランドホテル 宿・ホテル

    2名1室合計 18,700円~

    誰かに自慢したい宿 by れおんさん
  • 入口には滝もあり、なかなか風情があります。ただ、いかんせん外観が...

    入口には滝もあり、なかなか風情があります。ただ、いかんせん外観が...

  • と思いつつ玄関を入ってびっくり!外観からは想像できないくらい中はとても綺麗で清潔、娘も驚きと喜びを体いっぱいに使って表現しています。

    と思いつつ玄関を入ってびっくり!外観からは想像できないくらい中はとても綺麗で清潔、娘も驚きと喜びを体いっぱいに使って表現しています。

  • 娘の舞が止みません(もうそのへんで)。それくらい外観と内装のギャップに驚いたようです。<br /><br />チェックインは15時なのですが、まだ14時なので、いったん車を預けちょっと外出します。

    娘の舞が止みません(もうそのへんで)。それくらい外観と内装のギャップに驚いたようです。

    チェックインは15時なのですが、まだ14時なので、いったん車を預けちょっと外出します。

  • 宿から越後湯沢駅までは徒歩1分です。今朝来た時は閑散としていましたが、この時の駅前はかなり賑わってました。

    宿から越後湯沢駅までは徒歩1分です。今朝来た時は閑散としていましたが、この時の駅前はかなり賑わってました。

  • 駅前にあった可愛い顔出しパネルで記念撮影。

    駅前にあった可愛い顔出しパネルで記念撮影。

  • 中に入ると、《がんぎどおり》でたくさんの人が買い物を楽しんでいます。それにまぎれ名産品をいろいろと物色している妻と娘を置いて、僕はひとり先に進みます。

    中に入ると、《がんぎどおり》でたくさんの人が買い物を楽しんでいます。それにまぎれ名産品をいろいろと物色している妻と娘を置いて、僕はひとり先に進みます。

    がんぎどおり グルメ・レストラン

  • さらに奥の突き当たりにある《CoCoLo湯沢》に入ります。

    さらに奥の突き当たりにある《CoCoLo湯沢》に入ります。

    CoCoLo湯沢店・がんぎどおり ショッピングモール

  • お目当ての《ぽんしゅ館・ていすてぃんぐGALLERY越乃室》に到着!ここは、500円で新潟県産のお酒を5杯まで試飲できる天国です。

    お目当ての《ぽんしゅ館・ていすてぃんぐGALLERY越乃室》に到着!ここは、500円で新潟県産のお酒を5杯まで試飲できる天国です。

    越後のお酒ミュージアム ぽんしゅ館 越後湯沢店 専門店

  • 入口には、名物の呑んだくれたおっさん像(明日は我が身)。

    入口には、名物の呑んだくれたおっさん像(明日は我が身)。

  • 店内では、みんなあれこれ試飲を楽しんでいます。

    店内では、みんなあれこれ試飲を楽しんでいます。

  • 見てくださいこれ、ずらりと並んだ試飲の日本酒。写真に写りきれません。

    見てくださいこれ、ずらりと並んだ試飲の日本酒。写真に写りきれません。

  • 受付で天使のお姉さんに500円を払い、ワクワクしながらコイン5枚とお猪口を受け取ります。

    受付で天使のお姉さんに500円を払い、ワクワクしながらコイン5枚とお猪口を受け取ります。

  • お猪口を置いてコインを入れると、お酒が注がれます。うーん、美味い!幸せ!

    お猪口を置いてコインを入れると、お酒が注がれます。うーん、美味い!幸せ!

  • 中には梅酒も。

    中には梅酒も。

  • ぽんしゅ館は試飲処ですが、こちらの《駅の酒蔵》で購入することもできます。

    ぽんしゅ館は試飲処ですが、こちらの《駅の酒蔵》で購入することもできます。

  • 娘が、呑んだくれる前のおっさん像と記念撮影。<br /><br />おっと、時間になったのでちょっとここから離れます。

    娘が、呑んだくれる前のおっさん像と記念撮影。

    おっと、時間になったのでちょっとここから離れます。

  • 券売機で入場券を買って、急いで新幹線のホームへ向かいます。<br /><br />妻と娘「えー、新幹線なんか見てどうするのー?それより買い物したいー」<br /><br />とブツブツ。そんな妻と娘を黙らせる秘密兵器が...<br /><br />[この続きは中編をご覧ください]

    券売機で入場券を買って、急いで新幹線のホームへ向かいます。

    妻と娘「えー、新幹線なんか見てどうするのー?それより買い物したいー」

    とブツブツ。そんな妻と娘を黙らせる秘密兵器が...

    [この続きは中編をご覧ください]

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

越後湯沢・中里・岩原の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集