丹後半島 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 思いもかけず・・・見込み違いで・・・2泊3日で、約500kmの、超ハードなサイクリングと成ってしまった、出雲人の道を訪ねる旅、パート2です・・・今回の旅の最終の目的地は、出雲人の古代の港と言われる「久美浜湾」だったのですけれど、辿りつけるや否や・・・何せ、初めての、お留守番の猫たちが心配なもので、何としても、3日目の夜には帰りたい・・・と言う事で、今回は、後半の二日間の旅行記です・・・2日目はともあれ、3日目は、殆ど観光もせず、走るのみとなりました・・・それにしても、2泊3日で、約500kmは、ワタクシにとっても初めての経験、東京から京都辺りまでを、3日で走ろうというのだから、相当に無茶な旅となりました、果たして無事に帰れるか・・・ハハ・・?<br /><br /> 表紙の写真は、丹後半島の手前、由良海岸に建つ、森鴎外「山椒大夫」の文学碑・・・「安寿と厨子王」で有名な物語の舞台なのだとか・・・「山椒大夫」とか「阿部一族」とか、小説は、読まなかったけれど、映画は見ました・・「舞姫」は見てない・・・マア、両方とも、昔ながらの儒教的「家族劇」の一種・・・特段に面白いとも、思わなかったですけれど・・・この、鴎外先生、過の日露戦争には、陸軍の軍医として出征し、日本陸軍の兵隊の、脚気による戦病死の原因を作った、とんでもない人だったのだとか・・・しかも、全然、反省していない・・・小説、読まなくてよかった・・・詳細は、後の旅行記の中で・・・<br /><br /> 以下は、今回の旅の先だって、過去にi読んでみた関連本。<br /> 「出雲と大和」 村井康彦 岩波新書<br /> 「赤松小三郎と、もう一つの明治維新」 関良基 作品社<br /> 「戦争の日本古代史」 倉本一宏 講談社現代新書<br /> 「なぜ日本書紀は古代史を偽装したか」 関裕二 実業之日本社<br /> 「国家神道と日本人」 島園進 岩波新書<br /> 「神々の明治維新」 安丸良夫 岩波新書 等々

日本・歴史と本の旅 出雲人の道・丹後半島への旅 その2 京都・美山(かやぶきの里)から丹後半島・・・2泊3日、約500kmのサイクリング

25いいね!

2017/08/02 - 2017/08/03

67位(同エリア325件中)

    85

     思いもかけず・・・見込み違いで・・・2泊3日で、約500kmの、超ハードなサイクリングと成ってしまった、出雲人の道を訪ねる旅、パート2です・・・今回の旅の最終の目的地は、出雲人の古代の港と言われる「久美浜湾」だったのですけれど、辿りつけるや否や・・・何せ、初めての、お留守番の猫たちが心配なもので、何としても、3日目の夜には帰りたい・・・と言う事で、今回は、後半の二日間の旅行記です・・・2日目はともあれ、3日目は、殆ど観光もせず、走るのみとなりました・・・それにしても、2泊3日で、約500kmは、ワタクシにとっても初めての経験、東京から京都辺りまでを、3日で走ろうというのだから、相当に無茶な旅となりました、果たして無事に帰れるか・・・ハハ・・?

     表紙の写真は、丹後半島の手前、由良海岸に建つ、森鴎外「山椒大夫」の文学碑・・・「安寿と厨子王」で有名な物語の舞台なのだとか・・・「山椒大夫」とか「阿部一族」とか、小説は、読まなかったけれど、映画は見ました・・「舞姫」は見てない・・・マア、両方とも、昔ながらの儒教的「家族劇」の一種・・・特段に面白いとも、思わなかったですけれど・・・この、鴎外先生、過の日露戦争には、陸軍の軍医として出征し、日本陸軍の兵隊の、脚気による戦病死の原因を作った、とんでもない人だったのだとか・・・しかも、全然、反省していない・・・小説、読まなくてよかった・・・詳細は、後の旅行記の中で・・・

     以下は、今回の旅の先だって、過去にi読んでみた関連本。
     「出雲と大和」 村井康彦 岩波新書
     「赤松小三郎と、もう一つの明治維新」 関良基 作品社
     「戦争の日本古代史」 倉本一宏 講談社現代新書
     「なぜ日本書紀は古代史を偽装したか」 関裕二 実業之日本社
     「国家神道と日本人」 島園進 岩波新書
     「神々の明治維新」 安丸良夫 岩波新書 等々

    同行者
    一人旅
    一人あたり費用
    1万円未満
    交通手段
    自家用車
    旅行の満足度
    3.5
    観光
    3.5
    ホテル
    5.0

    PR

    •  8月2日 美山町 かやぶきの里 京都<br /><br /> 朝早く目が覚めました・・・まあ、バス停で夜明かしですのでね・・・朝早く、目の覚めない方が不思議ですけれど、四時間くらいは眠れました・・・先ずは、茅葺きの家で有名な、美しい村「美山町」の「かやぶきの里」の見物です。

       8月2日 美山町 かやぶきの里 京都

       朝早く目が覚めました・・・まあ、バス停で夜明かしですのでね・・・朝早く、目の覚めない方が不思議ですけれど、四時間くらいは眠れました・・・先ずは、茅葺きの家で有名な、美しい村「美山町」の「かやぶきの里」の見物です。

    •  かやぶきの里 美山町北村<br /><br /> 美山町は、周囲を有名な「北山杉」の山々に囲まれた、谷間の盆地・・・隠れ里と言う感じの土地ですね・・・

       かやぶきの里 美山町北村

       美山町は、周囲を有名な「北山杉」の山々に囲まれた、谷間の盆地・・・隠れ里と言う感じの土地ですね・・・

    •  かやぶきの里 美山町北村<br /><br /> 彼方此方に、ポツリポツリと「かやぶき屋根の家」が見えてきました・・・「フランスの最も美しい村教会」を真似て、日本にも「日本の最も美しい村連合」と言うのが有るらしいですけれど・・・全部で、60くらいの村や町が加盟しているらしい・・・でも、此処「美山町」は、別に、そのメンバーに入っているというわけではないらしい・・・有名なのにね・・・てっきり、入っているモノと思ってました・・・

       かやぶきの里 美山町北村

       彼方此方に、ポツリポツリと「かやぶき屋根の家」が見えてきました・・・「フランスの最も美しい村教会」を真似て、日本にも「日本の最も美しい村連合」と言うのが有るらしいですけれど・・・全部で、60くらいの村や町が加盟しているらしい・・・でも、此処「美山町」は、別に、そのメンバーに入っているというわけではないらしい・・・有名なのにね・・・てっきり、入っているモノと思ってました・・・

    •  かやぶきの里 美山町北村<br /><br /> だいたい、この辺りが、村の中心地・・・手前の、ひときわ大きな建物は。「売店」やら「観光案内所」が入ってますけれど・・・勿論、朝が早いので、未だ開いてません・・・ワタクシは、自動販売機で、お茶と美山牛乳を買って、ベンチで一休み・・・ちょっと、眠り足りない感じ・・・

       かやぶきの里 美山町北村

       だいたい、この辺りが、村の中心地・・・手前の、ひときわ大きな建物は。「売店」やら「観光案内所」が入ってますけれど・・・勿論、朝が早いので、未だ開いてません・・・ワタクシは、自動販売機で、お茶と美山牛乳を買って、ベンチで一休み・・・ちょっと、眠り足りない感じ・・・

    •  かやぶきの里 美山町北村<br /><br /> かやぶきの家の集合地帯を「ズームアップ」・・・

      イチオシ

       かやぶきの里 美山町北村

       かやぶきの家の集合地帯を「ズームアップ」・・・

    •  かやぶきの里 美山町北村<br /><br /> その家々の向こう側には、山と森が迫ってます・・・山崩れが、気に成らないものか・・・?・・・まあ、外国だと、みんな、もっとすごい所に住んでますけどね・・・木が、たくさん生え、根が這ってるだろうし・・・大丈夫でしょうね・・・?

       かやぶきの里 美山町北村

       その家々の向こう側には、山と森が迫ってます・・・山崩れが、気に成らないものか・・・?・・・まあ、外国だと、みんな、もっとすごい所に住んでますけどね・・・木が、たくさん生え、根が這ってるだろうし・・・大丈夫でしょうね・・・?

    •  かやぶきの里 美山町北村<br /><br /> では、村の中へ・・・まだまだ、殆ど誰も歩いてません・・・

       かやぶきの里 美山町北村

       では、村の中へ・・・まだまだ、殆ど誰も歩いてません・・・

    •  かやぶきの里 美山町北村<br /><br /> ワタクシの生まれた村にも、昔は、こんな茅葺きの家が有りましたよね・・・格好が悪いと思ってか・・・みんな立て据えて、別に面白くも無い、瓦屋根や、セメントで固めたような家が多くなったけど・・・味は無いですよね・・・セメントが汚れたら、余計に汚いし・・・

      イチオシ

       かやぶきの里 美山町北村

       ワタクシの生まれた村にも、昔は、こんな茅葺きの家が有りましたよね・・・格好が悪いと思ってか・・・みんな立て据えて、別に面白くも無い、瓦屋根や、セメントで固めたような家が多くなったけど・・・味は無いですよね・・・セメントが汚れたら、余計に汚いし・・・

    •  かやぶきの里 美山町北村<br /><br /> まだ8月の2日、ちよっと、気の早いコスモスが咲いてます・・・

       かやぶきの里 美山町北村

       まだ8月の2日、ちよっと、気の早いコスモスが咲いてます・・・

    •  かやぶきの里 美山町北村<br /><br /> 石垣と、茅葺きの家・・・ワタクシの生まれ故郷では、とっくの昔に、もう亡くなった風景・・・

       かやぶきの里 美山町北村

       石垣と、茅葺きの家・・・ワタクシの生まれ故郷では、とっくの昔に、もう亡くなった風景・・・

    •  かやぶきの里 美山町北村<br /><br /> 村の中に、畑が有ります・・・地産地消・・・自給自足・・・本来、これが有るべき姿・・・国家も同じだと思う・・・食料・食品の安全保障を、外国に依存してはいけない・・何を食べさせられるか、知れたもんじゃないです・・・狂牛病しかり、成長ホルモン然り、遺伝子組み換え食品然り・・なのに「でんでん政権」は「種子法」を廃止した・・さすが、アメリカの「傀儡政権」・・日本人は、実験動物では無い・・?・・マア、ワタクシは、実験結果が出る前に、死ぬと思うけど・・・腹は立つ (怒々・・)。

       かやぶきの里 美山町北村

       村の中に、畑が有ります・・・地産地消・・・自給自足・・・本来、これが有るべき姿・・・国家も同じだと思う・・・食料・食品の安全保障を、外国に依存してはいけない・・何を食べさせられるか、知れたもんじゃないです・・・狂牛病しかり、成長ホルモン然り、遺伝子組み換え食品然り・・なのに「でんでん政権」は「種子法」を廃止した・・さすが、アメリカの「傀儡政権」・・日本人は、実験動物では無い・・?・・マア、ワタクシは、実験結果が出る前に、死ぬと思うけど・・・腹は立つ (怒々・・)。

    •  知井八幡神社 かやぶきの里 美山町北村<br /><br /> 村の高台に在った神社です・・・出雲とは、関係がなさそうです・・・「八幡」は、古くは「ヤハタ」と読み、八つの旗を意味したのだとか・・・北九州の宇佐氏の氏神であったものが、その後、天皇家に取り入れられ、実在不明の応神天皇や、その母・神宮皇后(これも実在しない)の心霊とされ、記紀神話の神宮皇后「三韓征伐」の記述から、武人の神、特に、清和源氏の神とされたもの だとか(すでに、その頃には、「ヤハタ」は「ハチマン」と、仏教風の読みとなり、「八幡大菩薩」と神仏習合していたらしい)・・・

       知井八幡神社 かやぶきの里 美山町北村

       村の高台に在った神社です・・・出雲とは、関係がなさそうです・・・「八幡」は、古くは「ヤハタ」と読み、八つの旗を意味したのだとか・・・北九州の宇佐氏の氏神であったものが、その後、天皇家に取り入れられ、実在不明の応神天皇や、その母・神宮皇后(これも実在しない)の心霊とされ、記紀神話の神宮皇后「三韓征伐」の記述から、武人の神、特に、清和源氏の神とされたもの だとか(すでに、その頃には、「ヤハタ」は「ハチマン」と、仏教風の読みとなり、「八幡大菩薩」と神仏習合していたらしい)・・・

    •  かやぶきの里 美山町北村<br /><br /> 知井八幡神社の高台からの眺めです・・・<br /><br /> 因みに、最近の研究に依れば、記紀神話に於ける、神宮皇后の「三韓征伐」の記述は、四世紀末の朝鮮半島 (三国時代) の出来事を基としており、「百済」と関係の深かった「倭国」が、対「新羅」や、対「高句麗」戦の為、百済から請われて、半島の戦いに、狩り出された (一種の集団的自衛権)、歴史的事実から発しているようです・・・実際に、「倭国」は「百済」の同盟国、として「新羅」には勝ったらしいけれど、「高句麗」には、コテンパンに負けて、敗走・帰国したらしい (その後「新羅」は復活して、七世紀末には、百済・高句麗を滅ぼし、半島を統一)・・・記紀神話には、新羅に勝ったことだけが、誇張されて記載され、敗北は抹消されているのだとか・・・まあ、ワタクシが思うに、当時(四世紀末)の倭国と、その宮廷には、朝鮮半島南部の百済や伽耶からの渡来人が数多くいただろうし、そういう連中に、おだてられ、口車に乗せられて、他国の戦争の片棒を担がされたという・・・そんなお粗末なところだと思うけど・・・? (戦争の日本古代史・倉本一宏・講談社現代新書)

       かやぶきの里 美山町北村

       知井八幡神社の高台からの眺めです・・・

       因みに、最近の研究に依れば、記紀神話に於ける、神宮皇后の「三韓征伐」の記述は、四世紀末の朝鮮半島 (三国時代) の出来事を基としており、「百済」と関係の深かった「倭国」が、対「新羅」や、対「高句麗」戦の為、百済から請われて、半島の戦いに、狩り出された (一種の集団的自衛権)、歴史的事実から発しているようです・・・実際に、「倭国」は「百済」の同盟国、として「新羅」には勝ったらしいけれど、「高句麗」には、コテンパンに負けて、敗走・帰国したらしい (その後「新羅」は復活して、七世紀末には、百済・高句麗を滅ぼし、半島を統一)・・・記紀神話には、新羅に勝ったことだけが、誇張されて記載され、敗北は抹消されているのだとか・・・まあ、ワタクシが思うに、当時(四世紀末)の倭国と、その宮廷には、朝鮮半島南部の百済や伽耶からの渡来人が数多くいただろうし、そういう連中に、おだてられ、口車に乗せられて、他国の戦争の片棒を担がされたという・・・そんなお粗末なところだと思うけど・・・? (戦争の日本古代史・倉本一宏・講談社現代新書)

    •  かやぶきの里 美山町北村<br /><br /> 高台からの眺望・・・なかなか、良い感じ・・・

      イチオシ

       かやぶきの里 美山町北村

       高台からの眺望・・・なかなか、良い感じ・・・

    •  かやぶきの里 美山町北村<br /><br /> かやぶき屋根の家と、村の道・・・カメラを引くと、高架の鉄塔(高圧電線)が見えます・・・ちと、無粋・・・だから、写さない。

       かやぶきの里 美山町北村

       かやぶき屋根の家と、村の道・・・カメラを引くと、高架の鉄塔(高圧電線)が見えます・・・ちと、無粋・・・だから、写さない。

    •  由良川 かやぶきの里 美山町北村<br /><br /> 村の脇には「由良川」が流れています・・・今日はこれから、この川の流れに沿って、西舞鶴を経由して、由良海岸まで走ります・・・そのあとは、丹後半島を一週・・・出来れば、その昔、出雲人が畿内に入るに当たり、停泊したといわれる古代の港「久美浜」まで行くつもりですけれど・・・180km前後は有ります・・・どうなる事やら・・?

       由良川 かやぶきの里 美山町北村

       村の脇には「由良川」が流れています・・・今日はこれから、この川の流れに沿って、西舞鶴を経由して、由良海岸まで走ります・・・そのあとは、丹後半島を一週・・・出来れば、その昔、出雲人が畿内に入るに当たり、停泊したといわれる古代の港「久美浜」まで行くつもりですけれど・・・180km前後は有ります・・・どうなる事やら・・?

    •  由良川 かやぶきの里 美山町北村<br /><br /> 美山・茅葺きの里に別れを告げて、いざ出発・・・まだ、殆ど誰も、歩いてなかった村に、お別れです・・・

       由良川 かやぶきの里 美山町北村

       美山・茅葺きの里に別れを告げて、いざ出発・・・まだ、殆ど誰も、歩いてなかった村に、お別れです・・・

    •  12号線 美山町<br /><br /> 美山の町は、結構広いのです・・・一つ、峠を越えても、まだまだ、美山町・・・ユース・ホステルも有ります。

       12号線 美山町

       美山の町は、結構広いのです・・・一つ、峠を越えても、まだまだ、美山町・・・ユース・ホステルも有ります。

    •  12号線 美山町<br /><br /> 風光明媚な土地ですね・・・サイクリングにも丁度良い・・・緑の山々が、目に優しい・・・

      イチオシ

       12号線 美山町

       風光明媚な土地ですね・・・サイクリングにも丁度良い・・・緑の山々が、目に優しい・・・

    •  12号線 美山町<br /><br /> 吊り橋も有ります・・・隣の道路を通っても、そんなに危なくないと思うけど・・・車の通行量も、少ないし・・・酔狂な人は、吊り橋をどうぞ・・・

       12号線 美山町

       吊り橋も有ります・・・隣の道路を通っても、そんなに危なくないと思うけど・・・車の通行量も、少ないし・・・酔狂な人は、吊り橋をどうぞ・・・

    1件目~20件目を表示(全85件中)

    この旅行記のタグ

      25いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (2)

      開く

      閉じる

      • by pacorin さん 2017/12/01 12:04:08
        増えてる!(笑)
        ももんがあまんさん こんにちは

        丹後半島の自転車旅、本当にお疲れ様でした。久美浜まであと25kmのところまで行かれてたのですね。車だと近いけど、サイクリングだと大変…。伊根の舟屋も見る時間がなくて残念でした。
        けど、のどかな丹後の風景の中でのサイクリングは気持ちよさそうでしたね。

        新登場のパウロもかわいいですね☆次回登場の際には3匹仲良くなってるかな?
        これから寒くなりますし、猫も3匹いると旅行もなかなかできないかと思いますが、またお会いできるのを楽しみにしていますね。

        pacorin

        ももんがあまん

        by ももんがあまん さん 2017/12/01 23:07:23
        Re: 増えてます!(笑)
         今晩は、pacorinさん

         丹後半島の旅、チョット急ぎすぎでしたね・・・草臥れただけの様な・・・反省しております、もう少し、ちゃんと計画を建てねば・・・ですね・・・でも、未だ、体力あるなあ・・と、自信は付きましたけどね・・その後、ノンビリしてるので、また鈍るかも・・?

         パウロ、可愛いのですけどね、人間に対しては、ホント、100%お勧めの猫なのですけど・・・多頭飼いには、向かないのかも・・?

         只今、昔の「イギリスの観光地・ベスト50」を編集中ですので・・・その折に、また、ご紹介出来れば・・・仲良くなってくれれば、良いのですけどね・・・

                   by ももんがあまん

      ピックアップ特集

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      丹後半島(京都) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集