ブハラ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
中央アジアでイスラム教の文化の中心地として栄えた街です。<br />多くのモスク、メドレセ、廟があり、<br />いずれも美しい建築物で見どころが多いです。

中央アジアの文化の中心地、ブハラ

21いいね!

2017/10/04 - 2017/10/04

80位(同エリア331件中)

0

82

中央アジアでイスラム教の文化の中心地として栄えた街です。
多くのモスク、メドレセ、廟があり、
いずれも美しい建築物で見どころが多いです。

旅行の満足度
4.0
観光
4.0

PR

  • ブハラの市街地の西側にある<br />イスチロハット公園にあるチャシュマ・アイユブです。<br /><br />チャシュマは「泉」、アイユブは「預言者ヨハネ」です。

    ブハラの市街地の西側にある
    イスチロハット公園にあるチャシュマ・アイユブです。

    チャシュマは「泉」、アイユブは「預言者ヨハネ」です。

  • 人々が水不足で苦しんでいるときに<br />ヨブがここを杖でたたいたら<br />水が湧き出したという場所です。

    人々が水不足で苦しんでいるときに
    ヨブがここを杖でたたいたら
    水が湧き出したという場所です。

  • 中は水の博物館となっています。<br /><br />湧き出している水です。<br />水を汲んでいる人もいました。

    中は水の博物館となっています。

    湧き出している水です。
    水を汲んでいる人もいました。

  • かつてはこのような泉であった場所です。<br />眼病に効くということで<br />大勢の人が遠くからやってきていたそうです。

    かつてはこのような泉であった場所です。
    眼病に効くということで
    大勢の人が遠くからやってきていたそうです。

  • 博物館内ではアラル海の水問題も<br />展示されていました。<br /><br />ウズベキスタンを東西に流れ、<br />アラル海へと流れ込んでいた<br />シルダリヤ川、アムダリヤ川の水が<br />綿花栽培などで灌漑用水として使われ<br />アラル海へと流れる水量が減り<br />アラル海の水量がドンドン縮小しています。

    博物館内ではアラル海の水問題も
    展示されていました。

    ウズベキスタンを東西に流れ、
    アラル海へと流れ込んでいた
    シルダリヤ川、アムダリヤ川の水が
    綿花栽培などで灌漑用水として使われ
    アラル海へと流れる水量が減り
    アラル海の水量がドンドン縮小しています。

  • 同じ公園内にあるイスマイール・サーマー二廟です。<br /><br />943年に建てられた<br />中央アジアで現存する最古のイスラム建築です。<br /><br />13世紀のモンゴル軍襲来時に<br />この廟は土の中に埋もれていて、<br />破壊を免れたそうです。

    同じ公園内にあるイスマイール・サーマー二廟です。

    943年に建てられた
    中央アジアで現存する最古のイスラム建築です。

    13世紀のモンゴル軍襲来時に
    この廟は土の中に埋もれていて、
    破壊を免れたそうです。

  • 9世紀終わりにサーマーン朝の<br />イスマイール・サーマー二が建てた廟です。<br />サーマーン朝の王族の霊廟となったいます。<br /><br />大きさは9m四方で、壁の厚さは1.8mです。

    9世紀終わりにサーマーン朝の
    イスマイール・サーマー二が建てた廟です。
    サーマーン朝の王族の霊廟となったいます。

    大きさは9m四方で、壁の厚さは1.8mです。

  • 構造は煉瓦を積み重ねたものですが、<br />煉瓦の積み重ねの方向を変えて<br />陰影がいろいろ見られて<br />美しい外観になっています。

    構造は煉瓦を積み重ねたものですが、
    煉瓦の積み重ねの方向を変えて
    陰影がいろいろ見られて
    美しい外観になっています。

  • 煉瓦装飾

    煉瓦装飾

  • 廟の中です。<br /><br />天井のドームです。

    廟の中です。

    天井のドームです。

  • 内部も煉瓦の積み重ねで工夫が見られます

    内部も煉瓦の積み重ねで工夫が見られます

  • 中央部に墓石です。

    中央部に墓石です。

  • デフコン・バザールです。<br />ブハラ市民の台所です。<br />果物、野菜、雑貨、日用品などが売られています。<br />

    デフコン・バザールです。
    ブハラ市民の台所です。
    果物、野菜、雑貨、日用品などが売られています。

  • アルク城の前にあるボラハウズ・モスクです。<br />1712年に建てられたモスクで<br />ブハラのハンの専用モスクでしたが、<br />現在は金曜日の礼拝モスクです。

    アルク城の前にあるボラハウズ・モスクです。
    1712年に建てられたモスクで
    ブハラのハンの専用モスクでしたが、
    現在は金曜日の礼拝モスクです。

  • 天井の細密細工が見事です。

    天井の細密細工が見事です。

  • 柱の模様も個性的です。

    柱の模様も個性的です。

  • 前後に10本ずつの木の柱があり、<br />全部で20本も柱があります。

    前後に10本ずつの木の柱があり、
    全部で20本も柱があります。

  • モスク内です。

    モスク内です。

  • モスクの天井のドームです。<br /><br />訪れた日が金曜日であり、<br />礼拝に訪れる人のための準備で忙しそうでした。

    モスクの天井のドームです。

    訪れた日が金曜日であり、
    礼拝に訪れる人のための準備で忙しそうでした。

  • モスク入口です。

    モスク入口です。

  • 入口の天井部です。<br />木の細密な工芸が見事です。

    入口の天井部です。
    木の細密な工芸が見事です。

  • アルク城の池から見ると<br />池に映る柱は計20本に見えます。<br /><br />アルク城のハンは20本の柱を見ていたのでしょうか。

    アルク城の池から見ると
    池に映る柱は計20本に見えます。

    アルク城のハンは20本の柱を見ていたのでしょうか。

  • アルク城です。<br />最初に城が築かれて2000年以上の歴史があるそうです。<br /><br />現在の城は18世紀のもので<br />1920年代にソ連に征服されるまで<br />ブハラ・ハンの居城でした。

    アルク城です。
    最初に城が築かれて2000年以上の歴史があるそうです。

    現在の城は18世紀のもので
    1920年代にソ連に征服されるまで
    ブハラ・ハンの居城でした。

  • 城壁は高さ8mから10mあり、<br />厚みは数mあるそうです。

    城壁は高さ8mから10mあり、
    厚みは数mあるそうです。

  • ブハラ城内にはハンの家族の住居、モスク、<br />謁見の間、監獄、工房など様々な機能がありました。<br /><br />モスクです。

    ブハラ城内にはハンの家族の住居、モスク、
    謁見の間、監獄、工房など様々な機能がありました。

    モスクです。

  • モスク

    モスク

  • 100名以上が入る広場になっています。

    100名以上が入る広場になっています。

  • 謁見の広場

    謁見の広場

  • 城内には博物館の機能もあり<br />ハン、ハンの家族、軍人などに関したものも展示されています。<br />軍人の服装もあります。

    城内には博物館の機能もあり
    ハン、ハンの家族、軍人などに関したものも展示されています。
    軍人の服装もあります。

  • 高貴な情勢の服装です。

    高貴な情勢の服装です。

  • 玉座です。

    玉座です。

  • ハンの服装です。

    ハンの服装です。

  • ブハラ・ハン国の最後のハンです。<br /><br />ソ連軍に攻撃された時<br />ブハラ・ハン国は16世紀以降は<br />シルクロードの衰退もあり<br />周辺国との交流もなくなり<br />時代遅れの軍備などで、<br />あっと言う間に占領されてしまいます。<br /><br />江戸幕府が黒船に驚いたようなものであったようです。

    ブハラ・ハン国の最後のハンです。

    ソ連軍に攻撃された時
    ブハラ・ハン国は16世紀以降は
    シルクロードの衰退もあり
    周辺国との交流もなくなり
    時代遅れの軍備などで、
    あっと言う間に占領されてしまいます。

    江戸幕府が黒船に驚いたようなものであったようです。

  • 城壁の高さは8mから10mほどあり、<br />厚みは数mあるようです。<br />圧倒的な迫力がある城壁です。

    城壁の高さは8mから10mほどあり、
    厚みは数mあるようです。
    圧倒的な迫力がある城壁です。

  • アルク城から10分程歩くと、<br />街の中心であるラビハウズです。<br />ハウズは池のことです。<br /><br />池の大きさは46m×36mです。<br />池自体はどこと言って特段目立つものではありません。

    アルク城から10分程歩くと、
    街の中心であるラビハウズです。
    ハウズは池のことです。

    池の大きさは46m×36mです。
    池自体はどこと言って特段目立つものではありません。

  • ラビハウズのほとりには<br />ロバにまたがってふざけているように見える<br />男の像があります。<br />男はイスラム神学者のフッジャ・ナスレッテインです。<br /><br />人気の撮影ポイントのようです。

    ラビハウズのほとりには
    ロバにまたがってふざけているように見える
    男の像があります。
    男はイスラム神学者のフッジャ・ナスレッテインです。

    人気の撮影ポイントのようです。

  • 池のほとりには1622年に建てられた<br />ナデイール・ディヴァンべギ・メドレセです。<br />

    池のほとりには1622年に建てられた
    ナデイール・ディヴァンべギ・メドレセです。

  • 正面の楼門には<br />2羽の鳳凰が太陽に向かっている<br />色タイルが描かれています。<br /><br />イスラム教では偶像崇拝はタブーですが、<br />太陽や鳳凰が描かれたのは<br />当初はキャラバン・サライ(隊商宿)の予定であったのが、<br />急にメドレセに変わってしまったためといわれています。

    正面の楼門には
    2羽の鳳凰が太陽に向かっている
    色タイルが描かれています。

    イスラム教では偶像崇拝はタブーですが、
    太陽や鳳凰が描かれたのは
    当初はキャラバン・サライ(隊商宿)の予定であったのが、
    急にメドレセに変わってしまったためといわれています。

  • 楼門をくぐると<br />中庭と周りを囲む2階建ての建物が見えます。

    楼門をくぐると
    中庭と周りを囲む2階建ての建物が見えます。

  • 池のほとりからの<br />ナデイール・ディヴァンギ・メドレセです。

    池のほとりからの
    ナデイール・ディヴァンギ・メドレセです。

  • ラビハウズです。

    ラビハウズです。

  • モスクです。

    モスクです。

  • 旧市街内です。

    旧市街内です。

  • タキと呼ばれる交差点バザールです。<br />交差点の丸屋根を利用したバザールです。

    タキと呼ばれる交差点バザールです。
    交差点の丸屋根を利用したバザールです。

  • ほとんどは観光客向けの土産物店で<br />スザニ、絨毯、楽器、布など様々なものが売られている。

    ほとんどは観光客向けの土産物店で
    スザニ、絨毯、楽器、布など様々なものが売られている。

  • マゴキ・アッタリ・モスクです。<br />地面から5mほどにあるモスクです。<br />1936年に土の下に埋もれてるのを発見されたモスクです。

    マゴキ・アッタリ・モスクです。
    地面から5mほどにあるモスクです。
    1936年に土の下に埋もれてるのを発見されたモスクです。

  • モスクの中は絨毯博物館なっています。<br />ウズベキスタンの絨毯です。

    モスクの中は絨毯博物館なっています。
    ウズベキスタンの絨毯です。

  • 美しい絨毯が多くあります。<br />またウズベキスタン特有のデザインもあります。

    美しい絨毯が多くあります。
    またウズベキスタン特有のデザインもあります。

  • 昼食です。

    昼食です。

  • 前菜です。

    前菜です。

  • 米が入ったトマトベースのスープのマスタヴァです。<br />ジャガイモ、ニンジンなども入っています。

    米が入ったトマトベースのスープのマスタヴァです。
    ジャガイモ、ニンジンなども入っています。

  • ウズベキスタン風のうどんです。<br />トマトバースの味付けです。<br />焼うどんに近いような感じです。

    ウズベキスタン風のうどんです。
    トマトバースの味付けです。
    焼うどんに近いような感じです。

  • 地球の歩き方にも出ているハサミ、ナイフの店です。

    地球の歩き方にも出ているハサミ、ナイフの店です。

  • コウノトリをモチーフにしたハサミは<br />25ドルです。<br /><br />店の主人は地球の歩き方に店が<br />出ていると言っていました。<br />またコウノトリハサミは<br />10年以上25ドルだと言っていました。

    コウノトリをモチーフにしたハサミは
    25ドルです。

    店の主人は地球の歩き方に店が
    出ていると言っていました。
    またコウノトリハサミは
    10年以上25ドルだと言っていました。

  • アブドゥールアジス・ハン・メドレセです。<br />ウルグべク・メドレセが200年以上して<br />建てられた神学校です。<br />

    アブドゥールアジス・ハン・メドレセです。
    ウルグべク・メドレセが200年以上して
    建てられた神学校です。

  • ウルグべク・メドレセです。<br />15世紀初めにウルグべクによって<br />建てられた神学校です。

    ウルグべク・メドレセです。
    15世紀初めにウルグべクによって
    建てられた神学校です。

  • アブドールアジス・ハン・メドレセに入ります。<br />ミフラーブです。

    アブドールアジス・ハン・メドレセに入ります。
    ミフラーブです。

  • 天井です。<br />美しい装飾が目を引きます。

    天井です。
    美しい装飾が目を引きます。

  • もう一度、タキ(交差点バザール)です。

    もう一度、タキ(交差点バザール)です。

  • 楽器などを見てみます。

    楽器などを見てみます。

  • カラーン・ミナレットです。<br />1127年に建てられたミナレットで<br />高さは46mあります。<br />塔の基底部は直径9mです。

    カラーン・ミナレットです。
    1127年に建てられたミナレットで
    高さは46mあります。
    塔の基底部は直径9mです。

  • カラーン・モスクです。<br />現在の建物は1514年に建てられたもので、<br />非常に大きなモスクで、<br />タジク語でカラーン(大きい)という名が付けられています。

    カラーン・モスクです。
    現在の建物は1514年に建てられたもので、
    非常に大きなモスクで、
    タジク語でカラーン(大きい)という名が付けられています。

  • カラーン・ミナレットです。<br /><br />13世紀にモンゴル軍の襲撃時にも塔はありましたが、<br />カラーン・モスクは破壊されましたが、<br />幸いにも塔は破壊されませんでした。<br />見張り塔の役目があったからでしょう。

    カラーン・ミナレットです。

    13世紀にモンゴル軍の襲撃時にも塔はありましたが、
    カラーン・モスクは破壊されましたが、
    幸いにも塔は破壊されませんでした。
    見張り塔の役目があったからでしょう。

  • ミル・アラブ・メドレセです。<br />カラーン・モスクに面していて<br />青と白いタイルで職模様と文字模様が描かれている。<br /><br />建てられたのは1536年です。<br /><br />現役の神学校で入場はできません。

    ミル・アラブ・メドレセです。
    カラーン・モスクに面していて
    青と白いタイルで職模様と文字模様が描かれている。

    建てられたのは1536年です。

    現役の神学校で入場はできません。

  • カラーン・モスクに入ります。<br />大きな広場を囲うように回廊が建っています。<br />回廊は208本の柱で天井を支え、<br />288の丸屋根で覆われています。

    カラーン・モスクに入ります。
    大きな広場を囲うように回廊が建っています。
    回廊は208本の柱で天井を支え、
    288の丸屋根で覆われています。

  • 広さは1ヘクタール、<br />内部の広場には1万人以上入るようです。

    広さは1ヘクタール、
    内部の広場には1万人以上入るようです。

  • 中央部には木、井戸もあります。

    中央部には木、井戸もあります。

  • 振り返るとカラーン・モスクの入口付近と<br />右側にはカラーン・ミナレットです。

    振り返るとカラーン・モスクの入口付近と
    右側にはカラーン・ミナレットです。

  • カラーン・モスクを出てきました。

    カラーン・モスクを出てきました。

  • ラビハウズの池の前にある<br />カフェ、レストランです。<br />冷え込んできたので、<br />温かい紅茶はおいしかったです。

    ラビハウズの池の前にある
    カフェ、レストランです。
    冷え込んできたので、
    温かい紅茶はおいしかったです。

  • 入口には有名人の写真が貼られていました。<br />知名度のある人はいませんでした。

    入口には有名人の写真が貼られていました。
    知名度のある人はいませんでした。

  • 池がよく見えるいい雰囲気です。

    池がよく見えるいい雰囲気です。

  • カフェからのラビハウズの眺めです。

    カフェからのラビハウズの眺めです。

  • ウズベキスタンの民族音楽と踊りです。

    ウズベキスタンの民族音楽と踊りです。

  • 異国情緒があり、楽しみました。

    異国情緒があり、楽しみました。

  • 中東あたりの衣装もあり

    中東あたりの衣装もあり

  • ウズベキスタンの衣装(アトラス)も見られました。

    ウズベキスタンの衣装(アトラス)も見られました。

  • ウズベキスタンのビールは<br />カールスバーグやチェコのビールメーカーと<br />提携しておりおいしいです。

    ウズベキスタンのビールは
    カールスバーグやチェコのビールメーカーと
    提携しておりおいしいです。

  • レンズ豆と肉入りのスープです。

    レンズ豆と肉入りのスープです。

  • ビーフストロガノフとマッシュポテトです。

    ビーフストロガノフとマッシュポテトです。

  • デザートです。

    デザートです。

  • ホテル(ザルガロン・パレス)に帰ってきました。<br />モスク、メドレセ、廟、アルク城などの<br />見どころが多く楽しめました。<br />中世の雰囲気が残る中央アジアの魅力が感じられました。<br />

    ホテル(ザルガロン・パレス)に帰ってきました。
    モスク、メドレセ、廟、アルク城などの
    見どころが多く楽しめました。
    中世の雰囲気が残る中央アジアの魅力が感じられました。

21いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集