広西チワン族自治区 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

※写真<br />上段左から、南寧→東興へのバスチケット、ランソン→ドンダンへのバスチケット<br />下段左から、友誼関→南寧へのバスチケット、珠海→深&#22323;へのフェリーチケット<br /><br />1---5----01---5----01---5----01---5----01---5----01---5----01---5----01---5----01<br />●日程@&#x27;17年09月<br />19(火):羽田/香港(尖沙咀・深水&#22487;・紅&#30945;)/広州<br />20(水):広州/南寧/東興<br />21(木):東興/モンカイ<br />22(金):モンカイ/ランソン<br />23(土):ランソン/ドンダン/フューギー/友誼関/南寧<br />24(日):南寧/珠海/澳門<br />25(月):珠海<br />26(火):珠海/深&#22323;/香港(元朗・&#33603;灣)<br />27(水):深&#22323;/香港(元朗)/羽田<br /><br />●東京→←香港<br />≪東京→羽田≫JR&京急(550)<br />≪羽田→←香港≫<br />19/09/17 羽田TI at06:35 香港T1 at09:55  UO625<br />27/09/17 香港T2 at18:05 羽田TI at23:20  UO622<br />【料金】JPY15,090<br />【往路】JPY 7,050(運賃4,480+施設使用料2,570)<br />【復路】JPY 6,680(運賃2,680+空港設備費1,400+税1,900+保守料:700)<br />【共通】JPY 1,360(予約管理1,360)<br />≪東京←羽田≫深夜バス(1030)&タクシー(1200)<br /><br />●香港国際空港→←市内<br />≪空港→市内≫香港空港→≪S1≫→東涌駅→≪MTR≫→尖沙咀<br />≪空港←市内≫元郎→≪E34B≫→香港空港<br /><br /><br />●両替<br />PacificExchangeCo<br /> (尖沙咀彌敦道36-44號重慶大厦1/F)、<br /> 0.0698HK$:1円、HK$1*14.3=日本円<br />中国&#38134;行&#19996;&#20852;支行<br /> (新&#21326;路213号)、<br /> 0.056977人民元:1円、1人民元*17.55=日本円<br />Vietcombank Chi Nhanh Mong Cai<br /> (So02 VanDon, phuong Tran Phu, thanh pho Mong Cai, tinh Quang Ninh)、<br /> 199.09VND:1円、1万VND*50.22=日本円<br /><br />●宿泊<br />宿泊19:麗&#26539;酒店广州高&#38081;南站会江地&#38081;站店(285元)、<br />    2号会江01m(番禺区大石街会江石北工&#19994;大道金河&#20135;&#19994;&#22253;)、、、<br />    部屋は広く綺麗。設備は新しく冷蔵庫有。英語OK。<br />    館内や部屋がスタイリッシュでモダンなデザイン。<br />    リピありだが料金による。7天連鎖酒店グループ。<br />宿泊20:城市便捷&#19996;&#20852;口岸店(199元)、<br />    &#19996;&#20852;汽&#36710;客&#36816;站30m(教育路310号)、、768-8222、<br />    部屋は広く綺麗。設備は新しい。セルフランドリ。朝食付き。<br />    従業員により英語OK。押金(300元-宿泊料)。リピあり。<br />宿泊21:CentralHotel(66万VND)、<br />    (Hung Vuong, Hoa Lac, Mong Cai, Quang Ninh)、、033-3883930、<br />    部屋は広く綺麗。設備は新しめ(水周りに疲れ)。冷蔵庫有。<br />    部屋により少々カビ臭。英語NG。<br />    MongCaiMarketを背にTranPhu通りを左折しHungVuong通りへ入った<br />    チョイ先の右側。リピあり。<br />宿泊22:MuongThanhLangSonHotel(70万VND)、<br />    (68, Ngo Quyen, Vinh Trai)、、386-6668、<br />    部屋は広く綺麗。設備は新しい(水回りに疲れ)。冷蔵庫有。<br />    バスタブ付き。英語可。リピあり。<br />宿泊23:&#27721;庭酒店南&#23425;火&#36710;站店(159元)、<br />    1号火&#36710;站10m(&#20852;&#23425;区中&#21326;路48号)、、208-8088、<br />    部屋は広く綺麗。設備は新しい。英語NG。リピあり。<br />宿泊24:如家快捷酒店珠海拱北&#27493;行街店(169→161元)、<br />    拱北口岸15m(香洲区&#33714;花路293号6&#26635;)、、887-6111、<br />    部屋は狭過ぎず綺麗。設備は古過ぎない。英語NG。リピあり。<br />    宿泊料を値下げするのは(169→161元)、以前に複数回、<br />    如家快捷酒店を利用してるからとの事。<br />宿泊25:7天&#36830;&#38145;酒店珠海吉大免税商&#22330;店(169元)、<br />    九洲城站05m(香洲区吉大路149号)、、332-9977、<br />    部屋は広く綺麗。設備は古過ぎない。英語NG。<br />    ミネラルウォーター無し。リピあり。<br />宿泊26:如家快捷酒店深&#22323;火&#36710;站店(179→170元)、<br />    1号国&#36152;20m(&#32599;湖区&#28392;河大道交和平路&#28180;民村小区内)、、2583-7366、<br />    部屋は狭過ぎず綺麗。設備は古過ぎない。<br />    従業員により英語OK。リピあり。<br />    宿泊したのは浴室に小さな窓のある部屋(自然光は十分)。<br />    等身大の窓のある部屋は219元。<br />    先日、珠海のHomeInで宿泊料を値引きしてくれた話で<br />    値下げしてもらえる(179→170元)。<br /><br /> ※宿泊は飛込み。特に記述ない限り、使用したフレーズ。<br />   (1)「有没有房&#38388;?(ヨウメイヨウファンジエン)」<br />     (&quot;部屋はありますか?&quot;のつもり)<br />   (2)「我要住&#21333;人房(ウォーヤオジューダンレンファン)」<br />     (&quot;シングルに泊まりたいのですが&quot;のつもり)<br />   (3)「一天多少&#38065;?(イーティエンドゥオシャオチェン)」<br />     (&quot;1泊いくらですか?&quot;のつもり)<br />   (4)「我要看房&#38388;(ウォーヤオカンファンジエン)」<br />     (&quot;部屋の中を見せてください&quot;のつもり)<br />   (5)「&#28909;水24小&#26102;?(リュウシュエイ アーシィス― シアォシー)」<br />     (&quot;お湯は24時間ですか?&quot;のつもり)<br />

【備忘録35】東興-モンカイ・フューギー-友誼関・珠海-澳門・深圳-香港.....フェリーもねぇ!!

21いいね!

2017/09/19 - 2017/09/27

14位(同エリア201件中)

    9

    ※写真
    上段左から、南寧→東興へのバスチケット、ランソン→ドンダンへのバスチケット
    下段左から、友誼関→南寧へのバスチケット、珠海→深圳へのフェリーチケット

    1---5----01---5----01---5----01---5----01---5----01---5----01---5----01---5----01
    ●日程@'17年09月
    19(火):羽田/香港(尖沙咀・深水埗・紅磡)/広州
    20(水):広州/南寧/東興
    21(木):東興/モンカイ
    22(金):モンカイ/ランソン
    23(土):ランソン/ドンダン/フューギー/友誼関/南寧
    24(日):南寧/珠海/澳門
    25(月):珠海
    26(火):珠海/深圳/香港(元朗・荃灣)
    27(水):深圳/香港(元朗)/羽田

    ●東京→←香港
    ≪東京→羽田≫JR&京急(550)
    ≪羽田→←香港≫
    19/09/17 羽田TI at06:35 香港T1 at09:55 UO625
    27/09/17 香港T2 at18:05 羽田TI at23:20 UO622
    【料金】JPY15,090
    【往路】JPY 7,050(運賃4,480+施設使用料2,570)
    【復路】JPY 6,680(運賃2,680+空港設備費1,400+税1,900+保守料:700)
    【共通】JPY 1,360(予約管理1,360)
    ≪東京←羽田≫深夜バス(1030)&タクシー(1200)

    ●香港国際空港→←市内
    ≪空港→市内≫香港空港→≪S1≫→東涌駅→≪MTR≫→尖沙咀
    ≪空港←市内≫元郎→≪E34B≫→香港空港


    ●両替
    PacificExchangeCo
     (尖沙咀彌敦道36-44號重慶大厦1/F)、
     0.0698HK$:1円、HK$1*14.3=日本円
    中国银行东兴支行
     (新华路213号)、
     0.056977人民元:1円、1人民元*17.55=日本円
    Vietcombank Chi Nhanh Mong Cai
     (So02 VanDon, phuong Tran Phu, thanh pho Mong Cai, tinh Quang Ninh)、
     199.09VND:1円、1万VND*50.22=日本円

    ●宿泊
    宿泊19:麗枫酒店广州高铁南站会江地铁站店(285元)、
        2号会江01m(番禺区大石街会江石北工业大道金河产业园)、、、
        部屋は広く綺麗。設備は新しく冷蔵庫有。英語OK。
        館内や部屋がスタイリッシュでモダンなデザイン。
        リピありだが料金による。7天連鎖酒店グループ。
    宿泊20:城市便捷东兴口岸店(199元)、
        东兴汽车客运站30m(教育路310号)、、768-8222、
        部屋は広く綺麗。設備は新しい。セルフランドリ。朝食付き。
        従業員により英語OK。押金(300元-宿泊料)。リピあり。
    宿泊21:CentralHotel(66万VND)、
        (Hung Vuong, Hoa Lac, Mong Cai, Quang Ninh)、、033-3883930、
        部屋は広く綺麗。設備は新しめ(水周りに疲れ)。冷蔵庫有。
        部屋により少々カビ臭。英語NG。
        MongCaiMarketを背にTranPhu通りを左折しHungVuong通りへ入った
        チョイ先の右側。リピあり。
    宿泊22:MuongThanhLangSonHotel(70万VND)、
        (68, Ngo Quyen, Vinh Trai)、、386-6668、
        部屋は広く綺麗。設備は新しい(水回りに疲れ)。冷蔵庫有。
        バスタブ付き。英語可。リピあり。
    宿泊23:汉庭酒店南宁火车站店(159元)、
        1号火车站10m(兴宁区中华路48号)、、208-8088、
        部屋は広く綺麗。設備は新しい。英語NG。リピあり。
    宿泊24:如家快捷酒店珠海拱北步行街店(169→161元)、
        拱北口岸15m(香洲区莲花路293号6栋)、、887-6111、
        部屋は狭過ぎず綺麗。設備は古過ぎない。英語NG。リピあり。
        宿泊料を値下げするのは(169→161元)、以前に複数回、
        如家快捷酒店を利用してるからとの事。
    宿泊25:7天连锁酒店珠海吉大免税商场店(169元)、
        九洲城站05m(香洲区吉大路149号)、、332-9977、
        部屋は広く綺麗。設備は古過ぎない。英語NG。
        ミネラルウォーター無し。リピあり。
    宿泊26:如家快捷酒店深圳火车站店(179→170元)、
        1号国贸20m(罗湖区滨河大道交和平路渔民村小区内)、、2583-7366、
        部屋は狭過ぎず綺麗。設備は古過ぎない。
        従業員により英語OK。リピあり。
        宿泊したのは浴室に小さな窓のある部屋(自然光は十分)。
        等身大の窓のある部屋は219元。
        先日、珠海のHomeInで宿泊料を値引きしてくれた話で
        値下げしてもらえる(179→170元)。

     ※宿泊は飛込み。特に記述ない限り、使用したフレーズ。
       (1)「有没有房间?(ヨウメイヨウファンジエン)」
         ("部屋はありますか?"のつもり)
       (2)「我要住单人房(ウォーヤオジューダンレンファン)」
         ("シングルに泊まりたいのですが"のつもり)
       (3)「一天多少钱?(イーティエンドゥオシャオチェン)」
         ("1泊いくらですか?"のつもり)
       (4)「我要看房间(ウォーヤオカンファンジエン)」
         ("部屋の中を見せてください"のつもり)
       (5)「热水24小时?(リュウシュエイ アーシィス― シアォシー)」
         ("お湯は24時間ですか?"のつもり)

    PR

    • 【19(火)】<br />自宅→≪JR≫→≪京急≫→羽田国際線t@05:30→<br />Cカウンタ→Pコントロール→≪UO625@06:15≫→<br />香港@09:50(現地時間)→Pコントロール@10:20→<br />≪S1@10:45≫→東涌@11:05→≪MTR≫→尖沙咀@11:45→<br />両替(PacificExchangeCo、5万円、英語可)@12:00→<br />尖沙咀@12:15→≪MTR≫→深水&#22487;@12:30→鴨寮街→南昌街→<br /><br /> ・森記粥店(南昌街137號、08:00-27:30)@12:40<br />  英語付きメニューから選択。<br />  店員さんもボディランゲージで教えて下さる。<br />  リピあり(インスタント麺以外、お惣菜が選べる御飯、腸粉、粥、餃子)。<br />  (1)生滾湯&#40629; 任選兩肉一菜 (28HK$)<br />    (a)選択可能な4種類の麺から選んだのはインスタント(公仔&#40629;)。<br />      イマイチ。他に米粉・河粉・烏冬が選択可。<br />      スープは薄塩。インスタント麺の脂?が気になる。<br />    (b)選択可能な30種類位の肉類から選んだのは鷄と粉腸。<br />      鷄は程良い塩味の手羽なか。<br />      粉腸は動物の野生臭がホノカに残る豚の腸。<br />    (c)選択可能な10種類位の蔬菜類から選んだのは菜心。<br />      茎の太い青菜。<br />  (2)持込みビール<br /><br /><br />(ホッツキ歩き)→深水&#22487;@13:30→≪MTR≫→尖沙咀→尖東→<br />≪MTR≫→紅&#30945;@14:00→切符売場(英語可)→入札→Pコントロール→<br />≪Z818、210HK$@14:50≫→广州&#19996;@17:00→Pコントロール@17:10→<br /><br /> ・潮汕&#27748;粉面(バスターミナル隣り)@17:30<br />  写真付きメニューを指さし。<br />  (1)潮州&#40060;蛋粉(13元)<br />    (a)米粉から作られた、断面が丸い麺<br />    (b)スープは薄塩味<br />    (c)具材は魚の身を磨り潰し丸めたボールのフライ<br />  (2)持込みビール<br /><br /><br />广州&#19996;@18:00→≪地下鉄≫→<br />会江@18:40→<br /><br /> ・駅員さん(英語可)と駅係員風のお嬢さん(英語不可)<br />  (1)ICカードの残金が少なく改札を出られず、<br />    駅員さんに伝えて現金支払い(5.3元)。<br />  (2)駅員さんによると、广州南行き始発列車は会江を06:15発との事。<br />  (3)お嬢さんに「充資」の文字を見せてICカードへのチャージを<br />    手伝ってもらおうとするが、<br />    現金支払いの場合は最低100元からと言うのでヤメ。<br /><br /><br /> ・7天广州高&#38081;南站会江地&#38081;站店<br />  (番禺区大石街会江石北工&#19994;大道金河&#20135;&#19994;&#22253;D3&#26635;、英語可)@19:00<br />  小さい部屋(199元)は満床。<br />  空いている大きい部屋(277元)は7天の普通の部屋の広さ。<br />  部屋の広さに対し価格が高過ぎるので宿泊を止める旨を伝える。<br />  「7天と同じグループのホテルを紹介する」と話を<br />  持ち出される(麗&#26539;酒店)。<br /><br /><br />麗&#26539;酒店广州高&#38081;南站会江地&#38081;站店@19:25→外出@19:40→<br />地下鉄入口で广州南行き始発列車の時刻確認→<br /><br /> ・地下鉄の广州南行き始発列車の時刻は.....どれが正しい?<br />  (1)地下鉄入口で广州南行き首班&#36710;は06:23発。<br />  (2)事前調べでも地下鉄のホームページでは06:23発。<br />  (3)駅員さんは06:15発との事。<br /><br /><br />隆江猪脚&#39277;(ぶっかけ御飯10元、ビール4元、ホテルと石北工&#19994;路間)→<br />ホテル@20:30<br />

      【19(火)】
      自宅→≪JR≫→≪京急≫→羽田国際線t@05:30→
      Cカウンタ→Pコントロール→≪UO625@06:15≫→
      香港@09:50(現地時間)→Pコントロール@10:20→
      ≪S1@10:45≫→東涌@11:05→≪MTR≫→尖沙咀@11:45→
      両替(PacificExchangeCo、5万円、英語可)@12:00→
      尖沙咀@12:15→≪MTR≫→深水埗@12:30→鴨寮街→南昌街→

       ・森記粥店(南昌街137號、08:00-27:30)@12:40
        英語付きメニューから選択。
        店員さんもボディランゲージで教えて下さる。
        リピあり(インスタント麺以外、お惣菜が選べる御飯、腸粉、粥、餃子)。
        (1)生滾湯麵 任選兩肉一菜 (28HK$)
          (a)選択可能な4種類の麺から選んだのはインスタント(公仔麵)。
            イマイチ。他に米粉・河粉・烏冬が選択可。
            スープは薄塩。インスタント麺の脂?が気になる。
          (b)選択可能な30種類位の肉類から選んだのは鷄と粉腸。
            鷄は程良い塩味の手羽なか。
            粉腸は動物の野生臭がホノカに残る豚の腸。
          (c)選択可能な10種類位の蔬菜類から選んだのは菜心。
            茎の太い青菜。
        (2)持込みビール


      (ホッツキ歩き)→深水埗@13:30→≪MTR≫→尖沙咀→尖東→
      ≪MTR≫→紅磡@14:00→切符売場(英語可)→入札→Pコントロール→
      ≪Z818、210HK$@14:50≫→广州东@17:00→Pコントロール@17:10→

       ・潮汕汤粉面(バスターミナル隣り)@17:30
        写真付きメニューを指さし。
        (1)潮州鱼蛋粉(13元)
          (a)米粉から作られた、断面が丸い麺
          (b)スープは薄塩味
          (c)具材は魚の身を磨り潰し丸めたボールのフライ
        (2)持込みビール


      广州东@18:00→≪地下鉄≫→
      会江@18:40→

       ・駅員さん(英語可)と駅係員風のお嬢さん(英語不可)
        (1)ICカードの残金が少なく改札を出られず、
          駅員さんに伝えて現金支払い(5.3元)。
        (2)駅員さんによると、广州南行き始発列車は会江を06:15発との事。
        (3)お嬢さんに「充資」の文字を見せてICカードへのチャージを
          手伝ってもらおうとするが、
          現金支払いの場合は最低100元からと言うのでヤメ。


       ・7天广州高铁南站会江地铁站店
        (番禺区大石街会江石北工业大道金河产业园D3栋、英語可)@19:00
        小さい部屋(199元)は満床。
        空いている大きい部屋(277元)は7天の普通の部屋の広さ。
        部屋の広さに対し価格が高過ぎるので宿泊を止める旨を伝える。
        「7天と同じグループのホテルを紹介する」と話を
        持ち出される(麗枫酒店)。


      麗枫酒店广州高铁南站会江地铁站店@19:25→外出@19:40→
      地下鉄入口で广州南行き始発列車の時刻確認→

       ・地下鉄の广州南行き始発列車の時刻は.....どれが正しい?
        (1)地下鉄入口で广州南行き首班车は06:23発。
        (2)事前調べでも地下鉄のホームページでは06:23発。
        (3)駅員さんは06:15発との事。


      隆江猪脚饭(ぶっかけ御飯10元、ビール4元、ホテルと石北工业路間)→
      ホテル@20:30

    • 【20(水)】<br />チェックアウト@06:00→<br /><br /> ・料金でトラブル<br />  部屋代が285元と言われる。<br />  チェックイン時には278元だったと伝えても無駄。<br />  コンピュータから印刷された285元の請求書(&#36134;&#21333;)を渡されたので<br />  285元が正しいのだろう。278元で押し通そうとしたが、<br />  地下鉄の始発に乗り遅れそうになったので285元で諦める。<br />  チェックイン時のフロントにやられたぁ。<br /><br /><br />会江@06:20→≪地下鉄≫→广州南@06:30→<br />切符売場@06:35(提示メモ「南&#23425;&#19996;2等1&#24352;」)→<br /><br /> ・地下鉄の广州南行き始発列車の時刻は?<br />  会江駅のホームに降りた際には广州南方面の列車は<br />  既に動いていた。時刻は06:23前。<br />  广州南行き始発列車の時刻は、駅員さんの言った06:15発が<br />  正しいのだろう。<br /><br /><br />≪D3702、169元@07:15≫→南&#23425;&#19996;@11:15→<br />火&#36710;&#19996;站@11:30→≪地下鉄2元≫→&#22476;&#19996;客&#36816;站11:35→<br />切符売場@11:45(英語と筆談、提示メモ「&#19996;&#20852;1&#24352;」)→<br />≪小型バス、運賃70元+保険3元@12:00≫→<br />&#36793;境検査@14:20(パスポートチェックやヒアリング無し)→<br />&#19996;&#20852;汽&#36710;客&#36816;站@14:50→&#20852;&#23425;路@14:55→北&#20177;大道→<br /><br /> ・城市便捷酒店&#19996;&#20852;北&#20177;大道店(北&#20177;大道179号)@15:15<br />  (1)若い女性のフロントさんに<br />     「有没有房&#38388;?(ヨウメイヨウファンジエン)」<br />     (&quot;部屋はありますか?&quot;のつもり)<br />    と尋ねる。<br />  (2)フロントさんはキョトンとした表情で、<br />    全く伝わっていない模様。<br />    「困ったぁ」と頭を過ぎるが.....<br />  (3)チト離れた場所にいた年配の男性のフロントさんが<br />     「有!!(ヨウ)」(&quot;あります&quot;の筈)<br />    と、間髪入れずに答えて下さる。<br />    女性には伝わらなかったが、男性には伝わっていたようだァ。<br />    部屋代が210元だったので、もう1つの口岸に近い<br />    城市便捷酒店の値段を聞いてから宿泊するか否かを<br />    決めることにする。<br /><br /><br /> ・普通話の発音が伝わらなかった&#19996;&#20852;の方々(あくまでも勝手な推測)<br />  (1)&#19996;&#20852;にはベトナムから仕事のために来ている<br />    若い方がいらっしゃる。中国とベトナムの経済格差や<br />    中国語習得の必然性を考慮すれば推測が付く。<br />    実際、今日の夕方に入った食堂でも、<br />    応対してくれた若い従業員さんはベトナム人と仰ってた。<br />  (2)ベトナム語を母国語とするベトナムの方は、<br />    中国語さえも微妙な声調の違いを捉えてしまう筈。<br />     ====書籍から====================<br />      ベトナム語には6つの声調がある。<br />      声調とは音の高低や変化のこと。<br />      日本語の「箸」と「橋」、「雨」と「飴」の違いが<br />      ベトナム語ではずっと厳密と思えばよい。<br />      日本語の「ハシ」は2音の組合せで声調が異なるが、<br />      ベトナム語では1音で声調が異なる。<br />      声調によって同じ綴りでも全く意味が異なる。<br />     =============================<br />  (3)微妙な声調の違いを捉えてしまうベトナムの方に、<br />    適当に発声練習した日本人が、お互いに外国語の中国語で<br />    意思を伝えようとしても、駄目っ!! ダァメェ~。<br /><br /><br />新&#21326;路@15:20→教育路→<br />城市便捷&#19996;&#20852;口岸店(中国語フレーズと英語)@15:30→<br />教育路@16:15→新&#21326;路→両替(中国銀行、3万円)→<br />新&#21326;路@16:50→&#19996;&#20852;口岸@17:00→<br />新&#21326;路→解放路→和平路→解放路→(迷子のホッツキ歩き)→<br /><br /> ・明翠炒螺店(&#19996;&#20852;市教育路50号)@17:30<br />  掲示写真のメニューをメモ書きで注文。<br />  (1)越南春巻(10元)<br />    (a)中身は貝類と野菜。味付け無し。<br />      皮は極薄。揚げはオイリー。<br />    (b)BunChaブンチャー風の甘酸っぱいタレに付ける。<br />  (2)瓶ビール(9元)<br /><br /><br /> ・普通話の発音が伝わらない<br />  (1)掲示写真のメニューには料金が表示されてなかったので、<br />    従業員さんに<br />     「多小&#38065;?(ドゥオシャオチエン)」<br />     (&quot;いくらですか?&quot;のつもり)<br />    と尋ねるも伝わらない。<br />  (2)ビールを注文しようとして、従業員さんに<br />     「&#21860;酒(ピージウ)」(&quot;ビール&quot;のつもり)<br />    と依頼しても伝わらない。<br />  (3)両方とも筆談でどうにか乗り切る。<br /><br /><br /> ・従業員さんはベトナムの方<br />  (1)注文を対応して頂いた従業員さんから、<br />    食事中に「(ほにゃらららぁ~)」と何やら訊かれる。<br />    当然の事ながら、「何を言われているのか」が分かる筈もない。<br />    「&quot;何処から来たのか&quot;を訊かれたのだろう」と推測し、<br />    「日本人」とメモ書きする。<br />  (2)従業員さんも「我是越南人」(&quot;私はベトナム人です&quot;の筈)と<br />    メモ書きしてくださる。<br />  (3)従業員さんに「明天、我去越南」<br />    (&quot;明日、ベトナムへ行きます&quot;のつもり)とメモ書きする。<br />    従業員さんから柔らかい笑みを頂く。<br /><br /><br /> ・2か国語で「ここはどこ?」<br />  (1)ホッツキ歩き迷子になって<br />    現在地が分からなくなってしまったので、従業員さんに<br />     「Day la o dau?(デイ ラー オー ダウ)」<br />     (&quot;ここはどこですか?&quot;のつもり)<br />    と、中国版の手持ち地図を見せながら、尋ねるも伝わらない。<br />    筆談で伝える。<br />  (2)従業員さんは地図を持ちながら、<br />    2卓離れた中国のお客さんの所へ向かおうとする。<br />    従業員さんには「地図の簡体字は判別がつかないのだろう」と<br />    気付き、自分も一緒に向かう。<br />  (3)従業員さんが中国のお客さんに何か尋ねるが、伝わらない様子。<br />    中国のお客さんに<br />     「&#36825;个在&#21738;里?(ジェイガザイナーリー)」<br />     (&quot;ここはどこですか?&quot;のつもり)<br />    と尋ねてみる。<br />  (4)中国のお客さんは店外に出て行き、<br />    辺りを「キョロキョロ」と見渡してる。<br />    「店外の住所表示を探しているのだろう」と気付き、<br />    自分も店外に出る。<br />  (5)お店の入口に「教育路50号」の表示を見つける。<br />    中国のお客さんに「&#35874;&#35874;」とお礼。<br /><br /><br />教育路@18:00→<br />佳禾快餐店(ぶっかけ御飯10元・ビール4元、教育路31号)@18:15→<br />教育路@18:45→ホテル@19:00<br />

      【20(水)】
      チェックアウト@06:00→

       ・料金でトラブル
        部屋代が285元と言われる。
        チェックイン時には278元だったと伝えても無駄。
        コンピュータから印刷された285元の請求書(账单)を渡されたので
        285元が正しいのだろう。278元で押し通そうとしたが、
        地下鉄の始発に乗り遅れそうになったので285元で諦める。
        チェックイン時のフロントにやられたぁ。


      会江@06:20→≪地下鉄≫→广州南@06:30→
      切符売場@06:35(提示メモ「南宁东2等1张」)→

       ・地下鉄の广州南行き始発列車の時刻は?
        会江駅のホームに降りた際には广州南方面の列車は
        既に動いていた。時刻は06:23前。
        广州南行き始発列車の時刻は、駅員さんの言った06:15発が
        正しいのだろう。


      ≪D3702、169元@07:15≫→南宁东@11:15→
      火车东站@11:30→≪地下鉄2元≫→埌东客运站11:35→
      切符売場@11:45(英語と筆談、提示メモ「东兴1张」)→
      ≪小型バス、運賃70元+保険3元@12:00≫→
      边境検査@14:20(パスポートチェックやヒアリング無し)→
      东兴汽车客运站@14:50→兴宁路@14:55→北仑大道→

       ・城市便捷酒店东兴北仑大道店(北仑大道179号)@15:15
        (1)若い女性のフロントさんに
           「有没有房间?(ヨウメイヨウファンジエン)」
           ("部屋はありますか?"のつもり)
          と尋ねる。
        (2)フロントさんはキョトンとした表情で、
          全く伝わっていない模様。
          「困ったぁ」と頭を過ぎるが.....
        (3)チト離れた場所にいた年配の男性のフロントさんが
           「有!!(ヨウ)」("あります"の筈)
          と、間髪入れずに答えて下さる。
          女性には伝わらなかったが、男性には伝わっていたようだァ。
          部屋代が210元だったので、もう1つの口岸に近い
          城市便捷酒店の値段を聞いてから宿泊するか否かを
          決めることにする。


       ・普通話の発音が伝わらなかった东兴の方々(あくまでも勝手な推測)
        (1)东兴にはベトナムから仕事のために来ている
          若い方がいらっしゃる。中国とベトナムの経済格差や
          中国語習得の必然性を考慮すれば推測が付く。
          実際、今日の夕方に入った食堂でも、
          応対してくれた若い従業員さんはベトナム人と仰ってた。
        (2)ベトナム語を母国語とするベトナムの方は、
          中国語さえも微妙な声調の違いを捉えてしまう筈。
           ====書籍から====================
            ベトナム語には6つの声調がある。
            声調とは音の高低や変化のこと。
            日本語の「箸」と「橋」、「雨」と「飴」の違いが
            ベトナム語ではずっと厳密と思えばよい。
            日本語の「ハシ」は2音の組合せで声調が異なるが、
            ベトナム語では1音で声調が異なる。
            声調によって同じ綴りでも全く意味が異なる。
           =============================
        (3)微妙な声調の違いを捉えてしまうベトナムの方に、
          適当に発声練習した日本人が、お互いに外国語の中国語で
          意思を伝えようとしても、駄目っ!! ダァメェ~。


      新华路@15:20→教育路→
      城市便捷东兴口岸店(中国語フレーズと英語)@15:30→
      教育路@16:15→新华路→両替(中国銀行、3万円)→
      新华路@16:50→东兴口岸@17:00→
      新华路→解放路→和平路→解放路→(迷子のホッツキ歩き)→

       ・明翠炒螺店(东兴市教育路50号)@17:30
        掲示写真のメニューをメモ書きで注文。
        (1)越南春巻(10元)
          (a)中身は貝類と野菜。味付け無し。
            皮は極薄。揚げはオイリー。
          (b)BunChaブンチャー風の甘酸っぱいタレに付ける。
        (2)瓶ビール(9元)


       ・普通話の発音が伝わらない
        (1)掲示写真のメニューには料金が表示されてなかったので、
          従業員さんに
           「多小钱?(ドゥオシャオチエン)」
           ("いくらですか?"のつもり)
          と尋ねるも伝わらない。
        (2)ビールを注文しようとして、従業員さんに
           「啤酒(ピージウ)」("ビール"のつもり)
          と依頼しても伝わらない。
        (3)両方とも筆談でどうにか乗り切る。


       ・従業員さんはベトナムの方
        (1)注文を対応して頂いた従業員さんから、
          食事中に「(ほにゃらららぁ~)」と何やら訊かれる。
          当然の事ながら、「何を言われているのか」が分かる筈もない。
          「"何処から来たのか"を訊かれたのだろう」と推測し、
          「日本人」とメモ書きする。
        (2)従業員さんも「我是越南人」("私はベトナム人です"の筈)と
          メモ書きしてくださる。
        (3)従業員さんに「明天、我去越南」
          ("明日、ベトナムへ行きます"のつもり)とメモ書きする。
          従業員さんから柔らかい笑みを頂く。


       ・2か国語で「ここはどこ?」
        (1)ホッツキ歩き迷子になって
          現在地が分からなくなってしまったので、従業員さんに
           「Day la o dau?(デイ ラー オー ダウ)」
           ("ここはどこですか?"のつもり)
          と、中国版の手持ち地図を見せながら、尋ねるも伝わらない。
          筆談で伝える。
        (2)従業員さんは地図を持ちながら、
          2卓離れた中国のお客さんの所へ向かおうとする。
          従業員さんには「地図の簡体字は判別がつかないのだろう」と
          気付き、自分も一緒に向かう。
        (3)従業員さんが中国のお客さんに何か尋ねるが、伝わらない様子。
          中国のお客さんに
           「这个在哪里?(ジェイガザイナーリー)」
           ("ここはどこですか?"のつもり)
          と尋ねてみる。
        (4)中国のお客さんは店外に出て行き、
          辺りを「キョロキョロ」と見渡してる。
          「店外の住所表示を探しているのだろう」と気付き、
          自分も店外に出る。
        (5)お店の入口に「教育路50号」の表示を見つける。
          中国のお客さんに「谢谢」とお礼。


      教育路@18:00→
      佳禾快餐店(ぶっかけ御飯10元・ビール4元、教育路31号)@18:15→
      教育路@18:45→ホテル@19:00

    • 【21(木)】<br />チェックアウト→教育路@08:50→新&#21326;路→&#19996;&#20852;口岸@09:05→<br />出国@09:10→入国@08:30(現地時間)→<br /><br /> ・ベトナムの入国審査でラッキー!!<br />  (1)審査の建屋に入る為に、<br />    横4-5列に並ぶ、長さ30m位の行列のレーンが出来てる。<br />  (2)「入国できるまでに時間がかかるなぁ」と頭を過ぎる。<br />    が、レーンに近づくと、建屋に向かって左端のレーンだけが<br />    異常に人が少ない。左端のレーンを進んでゆくと、<br />    並んでいるのは数名だけ。理由が分からなかったが、<br />    駄目モトで左端のレーンに並んでみる。<br />  (3)レーンの先頭には、行列を整理するベトナムの役人さん風の方が<br />    いらっしゃる。自分の手に持つ日本の赤いパスポートが、<br />    役人さんの目に留まった様子。<br />    役人さんから「「Nhat Ban(ニャパン)」(&quot;日本&quot;の筈)!!」と<br />    声を掛けられ手招きされ、前に並んでいた数名の方を追抜き、<br />    建屋の中に入れてくださる。<br /><br /><br /> ・審査官さんも「ニャパン」と共に静かな笑みを.....<br />  (1)審査の窓口は3タイプに別れている。<br />    どの窓口に並ぶべきか、戸惑う。<br />    今年3月のラオカイでの入国審査でも戸惑った。<br />    その際、窓口を間違えて並び直したのだが、<br />    並び直した窓口を思い出せない。<br />  (2)適当に並ぶ。やはり間違た。学習する能力が全くないっ!!<br />    教えて頂いた「PassportEntryProcedure」の窓口に並び直す。<br />  (3)自分より3人前に並ぶ中国人男性の方が入国を拒否された様子。<br />    彼は、拒否されても窓口に居座り、<br />    ワイロもどきを彼のパスポートに挟んで<br />    審査官さんと交渉を続ける。<br />    審査官さんは憮然とした顔つきで完全無視。<br />    次の審査に取り掛かってる。<br />    彼はワイロもどきを増額し再交渉を続けるが.....<br />    審査官さんに再撃沈される。<br />  (4)自分に審査がまわって来てパスポートを渡すと、<br />    ワイロで入国をシツコク迫られ<br />    嫌気がさした様子の審査官さんから静かな笑みと共に、<br />    「「Nhat Ban(ニャパン)」(&quot;日本&quot;の筈)」と穏やかに言われる。<br />    審査は簡単な質問だけで終わりパスポートが返される。<br />    合掌しながら審査官さんへ<br />     「Xin Cam on(シンカームォン)」<br />     (&quot;ありがとう御座います&quot;のつもり)<br />    とお礼を申し上げる。<br />    審査官さんから、静かな笑みが再度漏れる。<br /><br /><br />HoaBinh通り@08:40→HoangQuocViet通り(ミニホテルあり)→<br />(ホッツキ歩く)→TrieuDuong通り(ミニホテルあり)→<br />DaoPhucLoc通り→VanDon通り→<br />両替(Vietcombank、1万円、英語可)@09:10→<br /><br /> ・Vietcombankの行員さんに旅費を見積もり頂く!!<br />  (1)女性の行員さんから、<br />    日本円→ベトナムドンへのレートの認識の有無を訊かれる。<br />    「知らない」と答える。<br />  (2)彼女から「どの位を両替したいのか」を訊かれたので、<br />    1万円札を見せる。彼女は両替後のベトナムドンを電卓に表示。<br />    予想は200万VND位だった。<br />    が、表示された数値は予想より2桁多い。<br />    チト驚く。彼女に「Too much!!」と伝える。<br />  (3)彼女は幾つか質問し<br />    (ベトナムで何泊?何処へどの様に行く?食事にどの位?等)、<br />    旅費を見積もってくださる。彼女は「見積もった旅費と比較し、<br />    1万円を両替後のベトナムドンは多くない」と仰る。<br />  (4)電卓の数値をチト見直してみると桁数を間違えていた。<br />    数値は小数点以下第2位まで表示されていた。<br />    1万円を両替して頂く。<br /><br /><br /> ・行員さんにホテルを紹介頂く!!<br />  (1)厚かましくも駄目モトでホテルの相談に乗ってもらう。<br />    彼女にホテルを探している旨を言ってみる。<br />    探しているのは「60万VND以下でClean!! NotDirty」と伝える。<br />  (2)彼女は他の行員さんに訊いたり、何処かへ電話して下さる。<br />    彼女から「CentralHotel」を紹介いただく。<br />    料金は「600,000 or little more」で「680,000」迄、との事。<br />    所在地を手持ちの地図に記して下さる。 <br />  (3)最後に、彼女は日本へ旅行したことを嬉しそうに話してくれた。<br />    東京や長崎を訪問し、桜まつりを見たと.....<br /><br /><br />VanDon通り@10:00→TranPhu通り→<br />HungVuong通り→CentralHotel@10:10→<br /><br /> ・フロントさんとのやり取り<br />  (1)フロントさんに<br />     「Do you have a room tonight?」<br />     (&quot;今晩、部屋ありますか?&quot;のつもり)<br />    と訊いてみる。伝わらない模様。<br />  (2)フロントさんに<br />     「Co phong trong khong?(コー フォン チョン ホン)」<br />     (&quot;空き部屋はありますか?&quot;のつもり)<br />     「Phong don(フォン ドォン)」<br />     (&quot;シングルルーム&quot;のつもり)<br />     「Mot dem bao nhieu tien?<br />     (モット デム バォ ニェウティエン)」<br />     (&quot;1泊いくらですか?&quot;のつもり)<br />     「Cho toi xem phong(チョートイ セェムフォーン)」<br />     (&quot;部屋を見せてください&quot;のつもり)<br />    と、たどたどしくツッカエながら言ってみる。<br />    フロントさんはニコヤカに笑みを浮かべ、<br />    辛抱強く聞いてくださる。<br />    フロントさんの携帯電話英語と<br />    共にコミュニケーションが取れる。<br />  (3)部屋の内覧を案内してくれた従業員さんに、<br />    ボディーランゲージで「カビ臭」を伝え、<br />    別の部屋を見させて頂く。<br />    新たに案内された部屋のシャワーを指さし<br />     「Nong(ノォン)」(&quot;熱い&quot;のつもり)<br />    と言いながら、<br />     「24」<br />    とメモ書きし確認する<br />    (&quot;24時間、シャワーは熱水が出るのですか?&quot;のつもり)。<br />    従業員さんは<br />     「24/24h Nong」(&quot;24時間、熱い&quot;の筈)<br />    とメモ書きしてくださる。<br />  (4)チェックイン手続き後、フロントさんに<br />     「パスポートを返してください」<br />    と、英語とボディーランゲージで依頼する。<br />    フロントさんは<br />     「他のお客さんのパスポートも、このように預かってます」<br />    とばかりに、他のお客さんのパスポートの束を見せてくださる。<br />    歩き方に「その様な場合もある」との記述があったのを思い出し、<br />    パスポートの返却を諦める。<br />    翌日のランソンのホテルで<br />     「巡回に来た警察官にパスポートを見せる必要がある」<br />    と言う事を教えて頂く。<br /><br /><br />HungVuong通り@11:40→<br />MongCaiMarket→<br /><br /> ・食事(TranPhu通りとLeThiHongGam通りのT字路辺り)@11:50<br />  調理材料の麺を指さし注文。<br />  (1)ブン(5万VND)。BunRieuCua(ブンズィエウクア)の模様。<br />    (a)麺は中細。コシ無し。真っ白。<br />    (b)スープはトマト入り薄塩味。さっぱり味。<br />    (c)具材は大量のカニ肉と小エビ。生野菜少々。<br />  (2)缶ビール(2万VND)<br /><br /><br /> ・「ボラれた」と勘違いっ!!<br />  (1)女性の店主さんに、麺を指さし<br />     「Bao nhieu tien?(バォ ニェウ ティエン)」<br />     (&quot;いくらですか?&quot;のつもり)<br />    と、料金を尋ねる。<br />  (2)彼女が「15,000」と書くので、1万5千VNDと理解。<br />  (3)食事しながら、具材のカニ肉と小エビが多過ぎるので、<br />    「1万5千VNDでは安過ぎるなぁ~」と頭に浮かぶ。<br />  (4)食後の請求額は5万VND。「ボラれた?」と頭を過ぎる。<br />    が、1時間後に雑貨屋でビールを購入した際、<br />    「料金を人民元で表示する事もある」と知る。<br />    彼女が書いた「15,000」が、15元(255円)だとしたら、<br />    5万VND(250円)とほぼ同じ。<br />    ベトナムでは小数点を「、(カンマ)」で表すそうだ。<br /><br />     ====インターネットから====<br />      ベトナムで表示されている値段を見ておや?<br />      っと思うのは、「ピリオド」と「カンマ」の使い方。<br />      例えば、日本では「1,234.56 」と書くところを、<br />      ベトナムでは「1.234,56 」と書く。<br />      ベトナムでは、小数点がカンマで、<br />      3桁の区切りにピリオドを使用。日本とは逆。<br />      手書きだけでなく、パソコン入力でも同様。<br />      これは、ベトナムが特殊なのではなく、<br />      欧米ではベトナムのような書き方が一般的。<br />      「1.234」となっていると、<br />      日本人は「一てん二三四」と思うが、<br />      ベトナムでは「千二百三十四」のこと。<br />     ======================<br /><br /><br />TranPhu通り@12:10→HungVuong通り@12:20→<br />BenXeKhachMongCai(バスターミナル)@12:35→<br /><br /> ・LangSon行き表示のバス周辺のオイちゃんとオニイさん<br />  (1)ランソンまでの所要時間を確認<br />    オイちゃんに<br />     ========================<br />      MongCai → LangSon<br />      12:30  → ?<br />     ========================<br />    と書いたメモを見せる<br />    (&quot;モンカイを12:30に出発したら、<br />     ランソンは何時に到着?&quot;のつもり)。<br />    彼は「?」に「13、40」と記入。「13:40に到着」と言う事?。<br />    それとも「13時間40分後に到着」と言う事?。<br />    どちらにしても、短過ぎるし長過ぎる。<br />    これ以上、尋ねる言語能力もない。<br />  (2)ランソンまでの料金を確認<br />    バス担当らしきオニイさんに<br />     「Di Lang Son、 bao nhieu tien?<br />     (ディ ランソン バォ ニェウ ティエン)」<br />     (&quot;ランソンまで行くのは、いくらですか?&quot;のつもり)<br />    と訊いてみる。彼は、彼の手持ちメモに記入しようとする。<br />    が、他の人に止められる。<br />    彼は10万VND札を見せた。料金は10万VNDのようだァ。<br />    でも、バスターミナル内の掲示に「11万VND」と<br />    掲示してあったのを思い出す。<br />    彼にバスターミナル内の掲示を指さし<br />    &quot;110,000VND&quot;とメモ書きを見せると<br />    彼は10万VND札と1万VND札を見せた。<br />    正規の料金はいくらなの.....か?<br /><br /><br />HungVuong通り@13:15→<br />VanNinh通り→<br /><br /> ・雑貨屋で「料金を人民元で表示する事もある」と気付かされるっ!!<br />  (1)女性の店主さんに、缶ビールを手に持って<br />     「Bao nhieu tien?(バォ ニェウ ティエン)」<br />     (&quot;いくらですか?&quot;のつもり)<br />    と尋ねる。<br />    彼女は電卓に「4」を表示。<br />  (2)彼女に1万VND札を見せ、指を4本立ててみる<br />    (&quot;4万VND&quot;のつもり)。<br />    彼女は1万2千VND分の紙幣を見せる。<br />  (3)彼女に「さっきは&quot;4&quot;って表示したじゃない~」とばかりに、<br />    再度、指を4本立ててみる。<br />    彼女に「(ほにゃらららぁ~)」と何やら言われる。<br />    当然の事ながら、「何を言われているのか」が分かる筈もない。<br />    よくわからないので、お店から退散。<br />  (4)お店を出て歩きながら考えてみる。<br />    もしや「&quot;4&quot;は4万VNDでは高過ぎるので、<br />    人民元の&quot;4元&quot;の事か?」と思い付く。<br />    彼女が電卓に表示した「4」が、4元(68円)だとしたら、<br />    1万2千VND(60円)とほぼ同じ。<br />  (5)確認するために、お店へ引き返す。<br />  (6)彼女に1元札を見せ、指を4本立ててみる(&quot;4元&quot;のつもり)。<br />    彼女は頷きながら、顔から笑みをこぼす。<br />    やはり国境に接する街だぁ。<br />    缶ビール(1万2千VND=4元)を購入。<br /><br /><br />ホテル@14:00→(仮眠)→<br />ホテルフロント@17:20→<br /><br /> ・ビアホイの場所を教えて頂く<br />  (1)女性のフロントさんに、手持ち地図を見せながら、<br />     「Bia hoi o dau?(ビア ホイ オー ダウ)」<br />     (&quot;ビアホイは何処ですか?&quot;のつもり)<br />    と訊く。彼女は男性のポーターさんを呼び寄せ、<br />    何か話し合ってる。<br />  (2)彼女達は、地図を出したので「何処かの場所を訊かれている」と<br />    伝わってるが、「どの場所なのか」が伝わってない模様。<br />  (3)彼女達に「Bia hoi」とメモ書きし見せる。<br />    彼女達は声を合わせて同時に「ビィア ホオォイ」と<br />    大きく発声する。<br />  (4)数時間前に見たバスターミナルの道路対面のビアホイの場所を<br />    地図で教えて下さる。更に、ビアホイに着いたら<br />    「ビィア ホオォイ」(&quot;オ&quot;の発音を強く)と発声する様にとも。<br /><br /><br />HungVuong通り@17:25→<br />ビアホイ(バスターミナルの道路対面)@17:40→<br /><br /> ・ビアホイに入りずらい~.....時間が、まずいっ!!<br />  ビアホイの店員さん達は、団体さんのテーブルセッティングで<br />  忙しそう。1人の女性の店員さんに「1人でも座って良いか?」と<br />  ボディランゲージで訊く。<br />  彼女には意味が伝わってない模様。相手にされず。<br />  何度か粘ったが、退散。<br /><br /><br />ホッツキ歩く→HungVuong通り→<br />LeHuuTrac通り→<br /><br /> ・名前不明店(LeHuuTrac通りとNguyenVanCu通りの交差点)@18:00<br />  出来合いの料理を指さし注文。<br />  (1)ぶっかけ御飯(3万VND)<br />    (a)豚内蔵の水煮。新鮮で臭み無し。<br />      タレは唐辛子入りヌックトゥーン?(大豆醤油)<br />    (b)ジャガイモとタニシの煮付け。<br />    (c)キュウリ、豆もやしとパイナップルの和え物<br />  (2)瓶ビール(1万VND)<br /><br /><br /> ・女性の店主さんとのやり取り<br />  (1)料金は料理を指さし<br />     「Bao nhieu tien?(バォ ニェウ ティエン)」<br />     (&quot;いくらですか?&quot;のつもり)<br />    と尋ねる。<br />    彼女は「30」とメモ書き。<br />    1万VND札を取出し、指を3本立てて確認<br />    (&quot;3万VND&quot;のつもり)。<br />  (2)ビールが冷えてなかったので「sua?(スゥア)」<br />    (&quot;冷たいの&quot;のつもり)と尋ねる(*1)。<br />    彼女は「没有(メイヨウ)」(&quot;ありません&quot;の筈)と答え、<br />    冷蔵庫を開け氷を見せる。中国語を聞けたのでチト驚きィ。<br />    が、人民元支払いの件もあるので納得っ!!<br /><br />     ====================================<br />     (*1)アイスミルクコーヒーの<br />       「Ca phe sua(カァー フェー スゥア)」しか<br />       思いつかなかったので、<br />       「sua?(スゥア)」(&quot;ミルク&quot;の筈)と尋ねた。<br />       が、本来は「lanh(ライ)」(&quot;冷たい&quot;の筈)と<br />       尋ねるべきだったのかぁ.....?<br />     ====================================<br /><br /><br />LeHuuTrac通り@18:45→HungVuong通り→<br />TranPhu通り(歩行者天国)@19:00→<br />HungVuong通り→ホテル@19:30<br />

      【21(木)】
      チェックアウト→教育路@08:50→新华路→东兴口岸@09:05→
      出国@09:10→入国@08:30(現地時間)→

       ・ベトナムの入国審査でラッキー!!
        (1)審査の建屋に入る為に、
          横4-5列に並ぶ、長さ30m位の行列のレーンが出来てる。
        (2)「入国できるまでに時間がかかるなぁ」と頭を過ぎる。
          が、レーンに近づくと、建屋に向かって左端のレーンだけが
          異常に人が少ない。左端のレーンを進んでゆくと、
          並んでいるのは数名だけ。理由が分からなかったが、
          駄目モトで左端のレーンに並んでみる。
        (3)レーンの先頭には、行列を整理するベトナムの役人さん風の方が
          いらっしゃる。自分の手に持つ日本の赤いパスポートが、
          役人さんの目に留まった様子。
          役人さんから「「Nhat Ban(ニャパン)」("日本"の筈)!!」と
          声を掛けられ手招きされ、前に並んでいた数名の方を追抜き、
          建屋の中に入れてくださる。


       ・審査官さんも「ニャパン」と共に静かな笑みを.....
        (1)審査の窓口は3タイプに別れている。
          どの窓口に並ぶべきか、戸惑う。
          今年3月のラオカイでの入国審査でも戸惑った。
          その際、窓口を間違えて並び直したのだが、
          並び直した窓口を思い出せない。
        (2)適当に並ぶ。やはり間違た。学習する能力が全くないっ!!
          教えて頂いた「PassportEntryProcedure」の窓口に並び直す。
        (3)自分より3人前に並ぶ中国人男性の方が入国を拒否された様子。
          彼は、拒否されても窓口に居座り、
          ワイロもどきを彼のパスポートに挟んで
          審査官さんと交渉を続ける。
          審査官さんは憮然とした顔つきで完全無視。
          次の審査に取り掛かってる。
          彼はワイロもどきを増額し再交渉を続けるが.....
          審査官さんに再撃沈される。
        (4)自分に審査がまわって来てパスポートを渡すと、
          ワイロで入国をシツコク迫られ
          嫌気がさした様子の審査官さんから静かな笑みと共に、
          「「Nhat Ban(ニャパン)」("日本"の筈)」と穏やかに言われる。
          審査は簡単な質問だけで終わりパスポートが返される。
          合掌しながら審査官さんへ
           「Xin Cam on(シンカームォン)」
           ("ありがとう御座います"のつもり)
          とお礼を申し上げる。
          審査官さんから、静かな笑みが再度漏れる。


      HoaBinh通り@08:40→HoangQuocViet通り(ミニホテルあり)→
      (ホッツキ歩く)→TrieuDuong通り(ミニホテルあり)→
      DaoPhucLoc通り→VanDon通り→
      両替(Vietcombank、1万円、英語可)@09:10→

       ・Vietcombankの行員さんに旅費を見積もり頂く!!
        (1)女性の行員さんから、
          日本円→ベトナムドンへのレートの認識の有無を訊かれる。
          「知らない」と答える。
        (2)彼女から「どの位を両替したいのか」を訊かれたので、
          1万円札を見せる。彼女は両替後のベトナムドンを電卓に表示。
          予想は200万VND位だった。
          が、表示された数値は予想より2桁多い。
          チト驚く。彼女に「Too much!!」と伝える。
        (3)彼女は幾つか質問し
          (ベトナムで何泊?何処へどの様に行く?食事にどの位?等)、
          旅費を見積もってくださる。彼女は「見積もった旅費と比較し、
          1万円を両替後のベトナムドンは多くない」と仰る。
        (4)電卓の数値をチト見直してみると桁数を間違えていた。
          数値は小数点以下第2位まで表示されていた。
          1万円を両替して頂く。


       ・行員さんにホテルを紹介頂く!!
        (1)厚かましくも駄目モトでホテルの相談に乗ってもらう。
          彼女にホテルを探している旨を言ってみる。
          探しているのは「60万VND以下でClean!! NotDirty」と伝える。
        (2)彼女は他の行員さんに訊いたり、何処かへ電話して下さる。
          彼女から「CentralHotel」を紹介いただく。
          料金は「600,000 or little more」で「680,000」迄、との事。
          所在地を手持ちの地図に記して下さる。 
        (3)最後に、彼女は日本へ旅行したことを嬉しそうに話してくれた。
          東京や長崎を訪問し、桜まつりを見たと.....


      VanDon通り@10:00→TranPhu通り→
      HungVuong通り→CentralHotel@10:10→

       ・フロントさんとのやり取り
        (1)フロントさんに
           「Do you have a room tonight?」
           ("今晩、部屋ありますか?"のつもり)
          と訊いてみる。伝わらない模様。
        (2)フロントさんに
           「Co phong trong khong?(コー フォン チョン ホン)」
           ("空き部屋はありますか?"のつもり)
           「Phong don(フォン ドォン)」
           ("シングルルーム"のつもり)
           「Mot dem bao nhieu tien?
           (モット デム バォ ニェウティエン)」
           ("1泊いくらですか?"のつもり)
           「Cho toi xem phong(チョートイ セェムフォーン)」
           ("部屋を見せてください"のつもり)
          と、たどたどしくツッカエながら言ってみる。
          フロントさんはニコヤカに笑みを浮かべ、
          辛抱強く聞いてくださる。
          フロントさんの携帯電話英語と
          共にコミュニケーションが取れる。
        (3)部屋の内覧を案内してくれた従業員さんに、
          ボディーランゲージで「カビ臭」を伝え、
          別の部屋を見させて頂く。
          新たに案内された部屋のシャワーを指さし
           「Nong(ノォン)」("熱い"のつもり)
          と言いながら、
           「24」
          とメモ書きし確認する
          ("24時間、シャワーは熱水が出るのですか?"のつもり)。
          従業員さんは
           「24/24h Nong」("24時間、熱い"の筈)
          とメモ書きしてくださる。
        (4)チェックイン手続き後、フロントさんに
           「パスポートを返してください」
          と、英語とボディーランゲージで依頼する。
          フロントさんは
           「他のお客さんのパスポートも、このように預かってます」
          とばかりに、他のお客さんのパスポートの束を見せてくださる。
          歩き方に「その様な場合もある」との記述があったのを思い出し、
          パスポートの返却を諦める。
          翌日のランソンのホテルで
           「巡回に来た警察官にパスポートを見せる必要がある」
          と言う事を教えて頂く。


      HungVuong通り@11:40→
      MongCaiMarket→

       ・食事(TranPhu通りとLeThiHongGam通りのT字路辺り)@11:50
        調理材料の麺を指さし注文。
        (1)ブン(5万VND)。BunRieuCua(ブンズィエウクア)の模様。
          (a)麺は中細。コシ無し。真っ白。
          (b)スープはトマト入り薄塩味。さっぱり味。
          (c)具材は大量のカニ肉と小エビ。生野菜少々。
        (2)缶ビール(2万VND)


       ・「ボラれた」と勘違いっ!!
        (1)女性の店主さんに、麺を指さし
           「Bao nhieu tien?(バォ ニェウ ティエン)」
           ("いくらですか?"のつもり)
          と、料金を尋ねる。
        (2)彼女が「15,000」と書くので、1万5千VNDと理解。
        (3)食事しながら、具材のカニ肉と小エビが多過ぎるので、
          「1万5千VNDでは安過ぎるなぁ~」と頭に浮かぶ。
        (4)食後の請求額は5万VND。「ボラれた?」と頭を過ぎる。
          が、1時間後に雑貨屋でビールを購入した際、
          「料金を人民元で表示する事もある」と知る。
          彼女が書いた「15,000」が、15元(255円)だとしたら、
          5万VND(250円)とほぼ同じ。
          ベトナムでは小数点を「、(カンマ)」で表すそうだ。

           ====インターネットから====
            ベトナムで表示されている値段を見ておや?
            っと思うのは、「ピリオド」と「カンマ」の使い方。
            例えば、日本では「1,234.56 」と書くところを、
            ベトナムでは「1.234,56 」と書く。
            ベトナムでは、小数点がカンマで、
            3桁の区切りにピリオドを使用。日本とは逆。
            手書きだけでなく、パソコン入力でも同様。
            これは、ベトナムが特殊なのではなく、
            欧米ではベトナムのような書き方が一般的。
            「1.234」となっていると、
            日本人は「一てん二三四」と思うが、
            ベトナムでは「千二百三十四」のこと。
           ======================


      TranPhu通り@12:10→HungVuong通り@12:20→
      BenXeKhachMongCai(バスターミナル)@12:35→

       ・LangSon行き表示のバス周辺のオイちゃんとオニイさん
        (1)ランソンまでの所要時間を確認
          オイちゃんに
           ========================
            MongCai → LangSon
            12:30  → ?
           ========================
          と書いたメモを見せる
          ("モンカイを12:30に出発したら、
           ランソンは何時に到着?"のつもり)。
          彼は「?」に「13、40」と記入。「13:40に到着」と言う事?。
          それとも「13時間40分後に到着」と言う事?。
          どちらにしても、短過ぎるし長過ぎる。
          これ以上、尋ねる言語能力もない。
        (2)ランソンまでの料金を確認
          バス担当らしきオニイさんに
           「Di Lang Son、 bao nhieu tien?
           (ディ ランソン バォ ニェウ ティエン)」
           ("ランソンまで行くのは、いくらですか?"のつもり)
          と訊いてみる。彼は、彼の手持ちメモに記入しようとする。
          が、他の人に止められる。
          彼は10万VND札を見せた。料金は10万VNDのようだァ。
          でも、バスターミナル内の掲示に「11万VND」と
          掲示してあったのを思い出す。
          彼にバスターミナル内の掲示を指さし
          "110,000VND"とメモ書きを見せると
          彼は10万VND札と1万VND札を見せた。
          正規の料金はいくらなの.....か?


      HungVuong通り@13:15→
      VanNinh通り→

       ・雑貨屋で「料金を人民元で表示する事もある」と気付かされるっ!!
        (1)女性の店主さんに、缶ビールを手に持って
           「Bao nhieu tien?(バォ ニェウ ティエン)」
           ("いくらですか?"のつもり)
          と尋ねる。
          彼女は電卓に「4」を表示。
        (2)彼女に1万VND札を見せ、指を4本立ててみる
          ("4万VND"のつもり)。
          彼女は1万2千VND分の紙幣を見せる。
        (3)彼女に「さっきは"4"って表示したじゃない~」とばかりに、
          再度、指を4本立ててみる。
          彼女に「(ほにゃらららぁ~)」と何やら言われる。
          当然の事ながら、「何を言われているのか」が分かる筈もない。
          よくわからないので、お店から退散。
        (4)お店を出て歩きながら考えてみる。
          もしや「"4"は4万VNDでは高過ぎるので、
          人民元の"4元"の事か?」と思い付く。
          彼女が電卓に表示した「4」が、4元(68円)だとしたら、
          1万2千VND(60円)とほぼ同じ。
        (5)確認するために、お店へ引き返す。
        (6)彼女に1元札を見せ、指を4本立ててみる("4元"のつもり)。
          彼女は頷きながら、顔から笑みをこぼす。
          やはり国境に接する街だぁ。
          缶ビール(1万2千VND=4元)を購入。


      ホテル@14:00→(仮眠)→
      ホテルフロント@17:20→

       ・ビアホイの場所を教えて頂く
        (1)女性のフロントさんに、手持ち地図を見せながら、
           「Bia hoi o dau?(ビア ホイ オー ダウ)」
           ("ビアホイは何処ですか?"のつもり)
          と訊く。彼女は男性のポーターさんを呼び寄せ、
          何か話し合ってる。
        (2)彼女達は、地図を出したので「何処かの場所を訊かれている」と
          伝わってるが、「どの場所なのか」が伝わってない模様。
        (3)彼女達に「Bia hoi」とメモ書きし見せる。
          彼女達は声を合わせて同時に「ビィア ホオォイ」と
          大きく発声する。
        (4)数時間前に見たバスターミナルの道路対面のビアホイの場所を
          地図で教えて下さる。更に、ビアホイに着いたら
          「ビィア ホオォイ」("オ"の発音を強く)と発声する様にとも。


      HungVuong通り@17:25→
      ビアホイ(バスターミナルの道路対面)@17:40→

       ・ビアホイに入りずらい~.....時間が、まずいっ!!
        ビアホイの店員さん達は、団体さんのテーブルセッティングで
        忙しそう。1人の女性の店員さんに「1人でも座って良いか?」と
        ボディランゲージで訊く。
        彼女には意味が伝わってない模様。相手にされず。
        何度か粘ったが、退散。


      ホッツキ歩く→HungVuong通り→
      LeHuuTrac通り→

       ・名前不明店(LeHuuTrac通りとNguyenVanCu通りの交差点)@18:00
        出来合いの料理を指さし注文。
        (1)ぶっかけ御飯(3万VND)
          (a)豚内蔵の水煮。新鮮で臭み無し。
            タレは唐辛子入りヌックトゥーン?(大豆醤油)
          (b)ジャガイモとタニシの煮付け。
          (c)キュウリ、豆もやしとパイナップルの和え物
        (2)瓶ビール(1万VND)


       ・女性の店主さんとのやり取り
        (1)料金は料理を指さし
           「Bao nhieu tien?(バォ ニェウ ティエン)」
           ("いくらですか?"のつもり)
          と尋ねる。
          彼女は「30」とメモ書き。
          1万VND札を取出し、指を3本立てて確認
          ("3万VND"のつもり)。
        (2)ビールが冷えてなかったので「sua?(スゥア)」
          ("冷たいの"のつもり)と尋ねる(*1)。
          彼女は「没有(メイヨウ)」("ありません"の筈)と答え、
          冷蔵庫を開け氷を見せる。中国語を聞けたのでチト驚きィ。
          が、人民元支払いの件もあるので納得っ!!

           ====================================
           (*1)アイスミルクコーヒーの
             「Ca phe sua(カァー フェー スゥア)」しか
             思いつかなかったので、
             「sua?(スゥア)」("ミルク"の筈)と尋ねた。
             が、本来は「lanh(ライ)」("冷たい"の筈)と
             尋ねるべきだったのかぁ.....?
           ====================================


      LeHuuTrac通り@18:45→HungVuong通り→
      TranPhu通り(歩行者天国)@19:00→
      HungVuong通り→ホテル@19:30

    • 【22(金)】<br />チェックアウト→HungVuong通り@07:15→<br />BenXeKhachMongCai(バスターミナル)@07:30→<br /><br /> ・HungVuong通りでバイタクさんに.....<br />  勧誘を何度も断っても、<br />  何か言いながら付いて来るバイタクさんに<br />    「Toi khong biet tieng Viet<br />    (トイ コーン ビエッ ディエン ヴィエッ)」<br />    (&quot;私はベトナム語をわかりません&quot;のつもり)<br />  と、たどたどしくツッカエながら伝える。<br />  バイタクさんは&quot;ニヤッ&quot;と笑い、去って行く。<br />  伝わった様だァ。<br /><br />		<br /> ・バスターミナルに入って.....バス乗車まで。<br />  皆さん、ご親切っ!!<br />  (1)「Phong ve(フォン ヴェー)」(&quot;切符売場&quot;の筈)の<br />    メモ書きを見ようとすると、バスターミナルに入ってから、<br />    ずっと接近されてる方々に窓口を案内される。<br />  (2)女性の窓口さんに「08:30 LangSon」<br />    (&quot;08:30発ランソン行き&quot;のつもり)のメモ書きを見せならが、<br />    「ランソン」と伝える。<br />    彼女は、バスターミナル内のどなたかの名前らしきを大声で叫ぶ。<br />    叫ばれた男性がミニバスが駐車してある場所まで<br />    案内して下さる。<br />    ミニバスは今すぐにでも発車する雰囲気。<br />    バスターミナル内の掲示には「LangSon 08:30」なる旨の表示。<br />    8時30分まで、まだ1時間もある。<br />    どの様なシステムなってるのか、不思議ぃ~。<br />    疑問に思うも、質問できない言語能力っ!!。<br />  (3)案内されたミニバスに表示された行き先は「Cao Bang」。<br />    LangSonは途中下車の模様。<br /><br /><br />≪ミニバス、10万VND@07:30、料金は車内払い≫→<br />荷物検査@08:00→<br /><br /> ・不審者扱いっ!!<br />  (1)バスは、何処だ分からない休憩所的な場所に停車。<br />    ドライバーさんを始め全ての乗客さんまで、<br />    全員が下車する。下車して、やることも無いので、<br />    乗車したままメモの整理する。<br />  (2)男性の役人さんが来られて、バスの荷物検査を始めたらしい。<br />    彼が社内の荷物検査を始める。<br />    バスの男性の料金係りさんは説明するため、<br />    彼と一緒に乗車してきた。<br />  (3)最後部座席に1人で乗車しているので、<br />    彼に怪しまれたのだろうか、何やら質問される。<br />    当然の事ながら、「何を言われているのか」が分かる筈もない。<br />    「&quot;何処から来たのか&quot;を訊かれたのだろう」と推測し、<br />    「Nhat Ban(ニャパン)」(&quot;日本&quot;のつもり)と答える。<br />  (4)彼等には伝わってない模様。<br />    彼等の質問は口調に激しさを増し続く。<br />    ただ、質問を訊いていても意味が分からず時間を<br />    浪費するだけなので、役人さんに「English, please」と伝える。<br />  (5)彼は「Where do you come from?」と質問。<br />    彼に「Japan」と答え、パスポートを差出す。<br />  (6)彼がパスポートのVisa欄にスタンプされた入国日付を<br />    探しておられる様だったので開いて差上げる。<br />    彼は日付を確認すると柔らかい笑みを漏らす。<br /><br /><br />バス下車@11:40→≪徒歩≫→<br />BenXePhiaBacTPLangSon(バスターミナル)@11:45→<br /><br /> ・危うく、ランソンを通り過ぎるっ!!<br />  (1)道路際に埋もれてる、ランソンまでの距離を表示した標柱を<br />    目を凝らし見る。<br />    窓の外に「Ben Xe Phia Bac TP Lang Son」の文字を表示した<br />    大きな建物前が目に入る。<br />    男性の料金係りさんに「ランソン!!」と声を掛ける。<br />  (2)彼から何やら言われるが、<br />    適当に「Ga Lang Son(ガ ランソン)」(ランソン駅)と答える。<br />    彼が歩いて行くべき方向を示してくれる。<br />    どうも、バスはランソンを通り過ぎてしまいそうだった模様。<br />    忘れられていたぁ~<br /><br /><br />≪バイタク、2万VND@11:50、複数バイタクさん達の言い値≫→<br />GaLangSon@12:00(ランソン駅)→LedaiHanh通り→<br />NgoQuyen通り→MuongThanhLangSonHotel@12:10→<br /><br /> ・駄目モトで宿泊料金チェック!!(英語)<br />  (1)歩き方に宿泊料金は100万VND~と記述されてる。<br />    実際にはどの位の料金なのか、<br />    駄目モトでフロントさんに訊いてみる。<br />     「Do you have a room tonight?」<br />     「Single room.」<br />     「How much is it for one night?」<br />  (2)フロントさんは電卓に「7000000」と表示。70万VND。<br />    余りにも安くて驚いたので、電卓の数字を2度見直し、<br />    ゼロの数を数え直す。<br />  (3)フロントさんに部屋の内覧をお願いし、<br />    内覧後にチェックインを済ます。<br />     「Can I see inside of a room?」<br />  (4)フロントさんに、チェックイン手続き後、<br />     「Please give me back my passport」<br />    と依頼。フロントさんは<br />    「巡回に来た警察官にパスポートを見せる必要がある」<br />    と説明して下さる。<br /><br /><br />NgoQuyen通り@13:10→LeLoi通り→BaTrieu通り@13:25→<br />TranPhu通り@13:40→BacSon通り→MinhKhai通り→<br />LeLai通り→ChodemKyLua(市場)@13:50→<br />(食事求めてホッツキ歩き)→TrandangNinh通り@14:05→<br />(ChodemKyLuaの西側に出くわす。フォーが3万VNDで退散)→<br />KhachSanVanXuan(ホテル)→Vi&#x27;sBoutiqueHotel@14:15→<br />(TrandangNinh通りを折返す)→TrandangNinh通り→<br />ミニバスターミナル(LeLai通りとPhandinhPhung通り辺り)@14:25→<br />PhandinhPhung通り→BacSon通り→<br />ChoGiengVuong(市場。ChoDemKyLuaより大きい)@14:30→<br /><br /> ・市場内のテント下で食事(2万VND)<br />  (1)人だかりの一部で食事してる人達に、<br />    ボディランゲージで「食事できるか?」を尋ねる。<br />  (2)女性の店主さんが、チト考え、良さそうに仕草する。<br />  (3)彼女に「Bao nhieu tien?(バォ ニェウティエン)」<br />    (&quot;いくらですか?&quot;のつもり)と訊く。<br />    彼女は指を2本立てる。食事内容は彼女任せ。<br />  (4)彼女が提供してくれた食事はぶっかけ丼。<br />    丼ぶりに入れた白御飯の上に御惣菜<br />    (卵焼き、塩味の豚肉炒め、塩味のピーナッツ炒め)とスープ。<br />    載せられた御惣菜は、殆ど白御飯が見える位に少ない。<br />    御惣菜は、明らかにお店の賄い。<br />    店主さんも店員さん達も同じ御惣菜を食してる。<br />    これで2万VNDを取られるとは、やられますたぁ~。<br /><br /><br /> ・女性達のマシンガントークに.....トホホォ~。<br />  (1)食事してる同じテントの下で喋っていた女性達の中の<br />    1人の女性に何か言われる。<br />    矢継ぎ早に間髪入れずマシンガントークの様に.....<br />  (2)当然の事ながら、「何を言われているのか」が分かる筈もない。<br />     「Toi khong biet tieng Viet<br />     (トイ コーン ビエッ ディエン ヴィエッ)」<br />     (&quot;私はベトナム語をわかりません&quot;のつもり)<br />    と伝えても、彼女のマシンガントークは止まらない。<br />    「&quot;何処から来たのか&quot;を訊きたいのだろう」と推測し、<br />    「Nhat Ban(ニャパン)」(&quot;日本&quot;のつもり)と答えてみる。<br />    彼女に伝わったようだァ。<br />  (3)彼女は「自分が日本人」と分っても、<br />    ベトナム語のマシンガントークを再開。<br />  (4)彼女のマシンガントークを耳にしながら、<br />    今日、歩いて来た自分のメモにチト目を移す。<br />    別の女性がメモを覗き込むので、お見せする。<br />    今度は、その彼女がメモに記したベトナム語の道路名を<br />    大声で読み上げる。テントの下に居るその他の女性達から<br />    大きな笑い声が沸き上がる。<br />    「何がそんなにおかしいの?」と頭を過ぎる。不思議だァ。<br />  (5)マシンガントークに換わり始まった道路名の読み上げを<br />    耳にしながら、手持ちのベトナム語フレーズを見直そうと、<br />    バックから取出す。<br />    それが、マシンガントークを止めた女性の目に留まった。<br />    彼女にお見せすると、今度はフレーズを大声で読み上げだす。<br />    道路名を読み上げていた女性も加わり、お2人で読み始める。<br />  (6)テントの下は、フレーズを読み上げる彼女達の大声と<br />    それを聴いているの女性達の大きな笑い声がドヨメキわたる。<br />    その騒ぎを聞いた数名の女性が、テントの外から集まり出した。<br />    自分には「何がそんなにおかしくて、こんな騒ぎになるのか?」が<br />    理解できない。もし仮に、反対の立場だったら<br />    (外国の方が持つ日本語のフレーズを見ても)、<br />    自分は何の興味も持たないだろう。不思議だァ。<br />    が、取り敢えず笑っておく。<br />  (7)フレーズを読み上げる彼女達の発音の後に続いて、<br />    自分も真似て発声練習をしてみる。<br />    フレーズを読み上げる彼女達の1人が<br />    「教えてあげてるのだから、授業料を頂戴っ!!」とばかりに、<br />    笑いながら手の平を出してくる。<br />    自分も「お断りぃ~」とばかりに、<br />    笑いながら出された手の平を「ピシャリ」と軽く叩く。<br />  (8)最後には「フレーズを印刷した紙を頂戴っ!!」とばかりに、<br />    ボディーランゲージで言い出す。<br />    「お断りぃ~」と、ボディランゲージで伝える。<br />    が、なかなか返そうとしてくれない。<br />    見兼ねた店主さんが割って入ってくれた。<br /><br /><br />BacSon通り@15:15→LeLoi通り→NgoQuyen通り→<br />BenXeKhachLangSon(改装なのか取壊しなのか不明だが工事中)→<br />NgoQuyen通り→ホテル@16:00→(仮眠)→<br />NgoQuyen通り@19:40→(食事を求めてホッツキ歩く)→<br /><br /> ・軒下の露店(NgoQuyen通り、ホテルと鉄道線路の間)@19:40<br />  出来合いを指さし注文。<br />  面倒臭かったので注文前に料金を聞かず(12VND、ボッタ?)。<br />  (1)鶏の水煮の半身。鶏肉は硬く骨が多い。<br />  (2)炒飯。御飯が硬い。<br />  (3)缶ビール。<br /><br /><br />NgoQuyen通り→<br />ホテル@20:30<br />

      【22(金)】
      チェックアウト→HungVuong通り@07:15→
      BenXeKhachMongCai(バスターミナル)@07:30→

       ・HungVuong通りでバイタクさんに.....
        勧誘を何度も断っても、
        何か言いながら付いて来るバイタクさんに
          「Toi khong biet tieng Viet
          (トイ コーン ビエッ ディエン ヴィエッ)」
          ("私はベトナム語をわかりません"のつもり)
        と、たどたどしくツッカエながら伝える。
        バイタクさんは"ニヤッ"と笑い、去って行く。
        伝わった様だァ。


       ・バスターミナルに入って.....バス乗車まで。
        皆さん、ご親切っ!!
        (1)「Phong ve(フォン ヴェー)」("切符売場"の筈)の
          メモ書きを見ようとすると、バスターミナルに入ってから、
          ずっと接近されてる方々に窓口を案内される。
        (2)女性の窓口さんに「08:30 LangSon」
          ("08:30発ランソン行き"のつもり)のメモ書きを見せならが、
          「ランソン」と伝える。
          彼女は、バスターミナル内のどなたかの名前らしきを大声で叫ぶ。
          叫ばれた男性がミニバスが駐車してある場所まで
          案内して下さる。
          ミニバスは今すぐにでも発車する雰囲気。
          バスターミナル内の掲示には「LangSon 08:30」なる旨の表示。
          8時30分まで、まだ1時間もある。
          どの様なシステムなってるのか、不思議ぃ~。
          疑問に思うも、質問できない言語能力っ!!。
        (3)案内されたミニバスに表示された行き先は「Cao Bang」。
          LangSonは途中下車の模様。


      ≪ミニバス、10万VND@07:30、料金は車内払い≫→
      荷物検査@08:00→

       ・不審者扱いっ!!
        (1)バスは、何処だ分からない休憩所的な場所に停車。
          ドライバーさんを始め全ての乗客さんまで、
          全員が下車する。下車して、やることも無いので、
          乗車したままメモの整理する。
        (2)男性の役人さんが来られて、バスの荷物検査を始めたらしい。
          彼が社内の荷物検査を始める。
          バスの男性の料金係りさんは説明するため、
          彼と一緒に乗車してきた。
        (3)最後部座席に1人で乗車しているので、
          彼に怪しまれたのだろうか、何やら質問される。
          当然の事ながら、「何を言われているのか」が分かる筈もない。
          「"何処から来たのか"を訊かれたのだろう」と推測し、
          「Nhat Ban(ニャパン)」("日本"のつもり)と答える。
        (4)彼等には伝わってない模様。
          彼等の質問は口調に激しさを増し続く。
          ただ、質問を訊いていても意味が分からず時間を
          浪費するだけなので、役人さんに「English, please」と伝える。
        (5)彼は「Where do you come from?」と質問。
          彼に「Japan」と答え、パスポートを差出す。
        (6)彼がパスポートのVisa欄にスタンプされた入国日付を
          探しておられる様だったので開いて差上げる。
          彼は日付を確認すると柔らかい笑みを漏らす。


      バス下車@11:40→≪徒歩≫→
      BenXePhiaBacTPLangSon(バスターミナル)@11:45→

       ・危うく、ランソンを通り過ぎるっ!!
        (1)道路際に埋もれてる、ランソンまでの距離を表示した標柱を
          目を凝らし見る。
          窓の外に「Ben Xe Phia Bac TP Lang Son」の文字を表示した
          大きな建物前が目に入る。
          男性の料金係りさんに「ランソン!!」と声を掛ける。
        (2)彼から何やら言われるが、
          適当に「Ga Lang Son(ガ ランソン)」(ランソン駅)と答える。
          彼が歩いて行くべき方向を示してくれる。
          どうも、バスはランソンを通り過ぎてしまいそうだった模様。
          忘れられていたぁ~


      ≪バイタク、2万VND@11:50、複数バイタクさん達の言い値≫→
      GaLangSon@12:00(ランソン駅)→LedaiHanh通り→
      NgoQuyen通り→MuongThanhLangSonHotel@12:10→

       ・駄目モトで宿泊料金チェック!!(英語)
        (1)歩き方に宿泊料金は100万VND~と記述されてる。
          実際にはどの位の料金なのか、
          駄目モトでフロントさんに訊いてみる。
           「Do you have a room tonight?」
           「Single room.」
           「How much is it for one night?」
        (2)フロントさんは電卓に「7000000」と表示。70万VND。
          余りにも安くて驚いたので、電卓の数字を2度見直し、
          ゼロの数を数え直す。
        (3)フロントさんに部屋の内覧をお願いし、
          内覧後にチェックインを済ます。
           「Can I see inside of a room?」
        (4)フロントさんに、チェックイン手続き後、
           「Please give me back my passport」
          と依頼。フロントさんは
          「巡回に来た警察官にパスポートを見せる必要がある」
          と説明して下さる。


      NgoQuyen通り@13:10→LeLoi通り→BaTrieu通り@13:25→
      TranPhu通り@13:40→BacSon通り→MinhKhai通り→
      LeLai通り→ChodemKyLua(市場)@13:50→
      (食事求めてホッツキ歩き)→TrandangNinh通り@14:05→
      (ChodemKyLuaの西側に出くわす。フォーが3万VNDで退散)→
      KhachSanVanXuan(ホテル)→Vi'sBoutiqueHotel@14:15→
      (TrandangNinh通りを折返す)→TrandangNinh通り→
      ミニバスターミナル(LeLai通りとPhandinhPhung通り辺り)@14:25→
      PhandinhPhung通り→BacSon通り→
      ChoGiengVuong(市場。ChoDemKyLuaより大きい)@14:30→

       ・市場内のテント下で食事(2万VND)
        (1)人だかりの一部で食事してる人達に、
          ボディランゲージで「食事できるか?」を尋ねる。
        (2)女性の店主さんが、チト考え、良さそうに仕草する。
        (3)彼女に「Bao nhieu tien?(バォ ニェウティエン)」
          ("いくらですか?"のつもり)と訊く。
          彼女は指を2本立てる。食事内容は彼女任せ。
        (4)彼女が提供してくれた食事はぶっかけ丼。
          丼ぶりに入れた白御飯の上に御惣菜
          (卵焼き、塩味の豚肉炒め、塩味のピーナッツ炒め)とスープ。
          載せられた御惣菜は、殆ど白御飯が見える位に少ない。
          御惣菜は、明らかにお店の賄い。
          店主さんも店員さん達も同じ御惣菜を食してる。
          これで2万VNDを取られるとは、やられますたぁ~。


       ・女性達のマシンガントークに.....トホホォ~。
        (1)食事してる同じテントの下で喋っていた女性達の中の
          1人の女性に何か言われる。
          矢継ぎ早に間髪入れずマシンガントークの様に.....
        (2)当然の事ながら、「何を言われているのか」が分かる筈もない。
           「Toi khong biet tieng Viet
           (トイ コーン ビエッ ディエン ヴィエッ)」
           ("私はベトナム語をわかりません"のつもり)
          と伝えても、彼女のマシンガントークは止まらない。
          「"何処から来たのか"を訊きたいのだろう」と推測し、
          「Nhat Ban(ニャパン)」("日本"のつもり)と答えてみる。
          彼女に伝わったようだァ。
        (3)彼女は「自分が日本人」と分っても、
          ベトナム語のマシンガントークを再開。
        (4)彼女のマシンガントークを耳にしながら、
          今日、歩いて来た自分のメモにチト目を移す。
          別の女性がメモを覗き込むので、お見せする。
          今度は、その彼女がメモに記したベトナム語の道路名を
          大声で読み上げる。テントの下に居るその他の女性達から
          大きな笑い声が沸き上がる。
          「何がそんなにおかしいの?」と頭を過ぎる。不思議だァ。
        (5)マシンガントークに換わり始まった道路名の読み上げを
          耳にしながら、手持ちのベトナム語フレーズを見直そうと、
          バックから取出す。
          それが、マシンガントークを止めた女性の目に留まった。
          彼女にお見せすると、今度はフレーズを大声で読み上げだす。
          道路名を読み上げていた女性も加わり、お2人で読み始める。
        (6)テントの下は、フレーズを読み上げる彼女達の大声と
          それを聴いているの女性達の大きな笑い声がドヨメキわたる。
          その騒ぎを聞いた数名の女性が、テントの外から集まり出した。
          自分には「何がそんなにおかしくて、こんな騒ぎになるのか?」が
          理解できない。もし仮に、反対の立場だったら
          (外国の方が持つ日本語のフレーズを見ても)、
          自分は何の興味も持たないだろう。不思議だァ。
          が、取り敢えず笑っておく。
        (7)フレーズを読み上げる彼女達の発音の後に続いて、
          自分も真似て発声練習をしてみる。
          フレーズを読み上げる彼女達の1人が
          「教えてあげてるのだから、授業料を頂戴っ!!」とばかりに、
          笑いながら手の平を出してくる。
          自分も「お断りぃ~」とばかりに、
          笑いながら出された手の平を「ピシャリ」と軽く叩く。
        (8)最後には「フレーズを印刷した紙を頂戴っ!!」とばかりに、
          ボディーランゲージで言い出す。
          「お断りぃ~」と、ボディランゲージで伝える。
          が、なかなか返そうとしてくれない。
          見兼ねた店主さんが割って入ってくれた。


      BacSon通り@15:15→LeLoi通り→NgoQuyen通り→
      BenXeKhachLangSon(改装なのか取壊しなのか不明だが工事中)→
      NgoQuyen通り→ホテル@16:00→(仮眠)→
      NgoQuyen通り@19:40→(食事を求めてホッツキ歩く)→

       ・軒下の露店(NgoQuyen通り、ホテルと鉄道線路の間)@19:40
        出来合いを指さし注文。
        面倒臭かったので注文前に料金を聞かず(12VND、ボッタ?)。
        (1)鶏の水煮の半身。鶏肉は硬く骨が多い。
        (2)炒飯。御飯が硬い。
        (3)缶ビール。


      NgoQuyen通り→
      ホテル@20:30

    • 【23(土)】<br />チェックアウト@08:20→<br /><br /> ・ドンダン行きバスを親切に教えて頂ける(英語)<br />  (1)フロントさんに<br />     「I&#x27;m going to go to dong dang.<br />      Which road can I get a Mini bus?」<br />    と尋ねてみる。  <br />  (2)フロントさん達には「Mini bus」の単語が伝わらない様子。<br />    が、何やら相談され<br />     「Toi muon di dong dang」<br />    のメモ書きを差出され、バスのドライバーへ渡す様に.....と。<br />     ※「Toi muon di dong dang(トイ ムォン ディ ドンダン)」<br />      (&quot;私はドンダンへ行きたい&quot;の筈)<br />  (3)メモ書きのフレーズは何度も発声練習したので、<br />    差出されたメモ書きを見た瞬間に、<br />    無意識に声を出し読み上げてしまった。<br />    フロントさん達がチト驚いた様子だったので、<br />    「I studied」と伝える。<br />    フロンとさん達から笑みが漏れる。<br />  (4)フロントさんが手招きするので、ホテル玄関へついて行く。<br />    フロントさんがドアマンらしき男性に何やら訊いてくださる。<br />    フロントさんは<br />     「ドンダンへ行くバスが、<br />     08:45に前の道路のホテル対面側の位置に来る」<br />     「08:40までホテル内で待っていたら」(英語失念)<br />    と仰る。<br />  (5)フロントさんとドアマンさんに、合掌しながら<br />     「Xin Cam on(シンカームォン)」<br />     (&quot;ありがとう御座います&quot;のつもり)<br />    と、何度もお礼を申し上げる。<br />    これで歩き回らずに済む。<br /><br /><br />NgoQuyen通りのホテル対面側@08:40→<br />≪ミニバス、1万VND@08:45≫→<br /><br /> ・ミニバス乗車<br />  (1)道路にバス停らしき標識や、<br />    時間通りに到着するので路線バスでは?<br />  (2)乗車時に「ドンダン??」とドライバーさんに確認。<br />    ドライバーさんは何やら仰るが、<br />    当然の事ながら、「何を言われているのか」が分かる筈もない。<br />  (3)料金は車内で料金係りさんに支払う。<br />  (4)下車する方々はドライバさんに何やら伝えてる模様。<br />  (5)自分の隣座席に乗車してきた方は、<br />    天秤棒と籠をお持ちの年齢のゆかれた、お元気な女性。<br />    お互いに「ニッコリ」と挨拶。<br /><br /><br />ミニバス下車(QL4A通りのTruongTHCSdongdang前)@09:15→<br /><br /> ・危うく、ドンダンを乗り過ごすっ!!<br />  (1)窓の外の景色を見てると郊外から街中に入ってきた模様。<br />    「Dong dang」の文字が目に入る。<br />    チト様子を見てると、窓の外の景色から判断し、<br />    郊外へ向かっている様子。<br />  (2)料金係さんに「ガ ドンダン!!」と声を掛ける。<br />    ドライバーさんから何やら言われるが、バスを下車。<br />    乗り過ごすところだったぁ~。<br /><br /><br /> ・「ここは何処?」の世界<br />  (1)バスを下車したのは良いものの、現在地が何処だか不明。<br />    考えても埒が明かないので、下車した近くの路上で<br />    お菓子を作り売っている露店のお嬢さんに尋ねる。<br />  (2)彼女に<br />     「Ga Dong dang o dau?(ガ ドンダン オー ダウ)」<br />     (&quot;ドンダン駅はどこですか?&quot;のつもり)<br />     「Day la o dau?(デイ ラー オー ダウ)」<br />     (&quot;ここはどこですか?&quot;のつもり)<br />    と、手持ちの地図を見せながら訊いてみる。<br />  (3)彼女は、地図上の「Truong THCS dong dang(中学校)」を指さし、<br />    「目の前の建物がそうだ」とボディランゲージで<br />    説明して下さる。駅の方向も指さし教えて下さる。<br />  (4)彼女は、まだ何か言いたそうで、道路を走る車を目で追ってる。<br />    たぶん、地図から判断し駅は遠いので<br />    「何か乗物で行った方が良い」と伝えたかったのかもしれない。<br />    が、初めから駅へは行くつもりはなく、<br />    駅の方角から現在地を判断しただけだったので<br />     「Xin Cam on(シンカームォン)」<br />     (&quot;ありがとう御座います&quot;のつもり)<br />    と、お礼を申し上げ立ち去る。<br /><br /><br />QL4A通り→<br />NamQuan通り(Nam Quan, tt. dong dang, Cao Loc, Lang Son)→<br />Chodongdang(賑やかな市場。ランソンの市場より庶民的?)@09:35→<br />(ホッツキ歩く)→≪バイタク、料金2万VND@09:55≫→<br /><br /> ・バイタクさんと交渉ぅ<br />  (1)バイタクさんに<br />     「Huu Nghi」(ベトナム側の国境名)<br />    のメモ書きを見せ、<br />     「Bien gioi Trung Quoc<br />     (ビェン ゾォーイ チュン クオック)」<br />     (&quot;中国国境&quot;のつもり)<br />    と伝え、<br />     「Bao nhieu tien?(バォ ニェウ ティエン)」<br />     (&quot;いくらですか?&quot;のつもり)<br />    と訊いてみる。<br />  (2)バイタクさんは指を3本立て、3万VNDを要求。<br />    事前調べでは2万VNDだったので、<br />    ボディランゲージで拒否し立去ろうとする。<br />    バイタクさんはアッサリと2万VNDで了承。<br />  (3)バイタクさんは2ケツを要求。<br />    が、さっき迄、雨が降っていたのでシートが濡れてる。<br />    そのままでは「ダァメッ!!」と拒否。<br />    バイタクさんは雨の滴を拭くものが無さそうな仕草で、<br />    初めは拭くのを渋っていた。<br />    が、交渉決裂とばかりに立ち去ろうとする。<br />    と、バイタクさんはシートの下に持っていた布を取り出し<br />    雨の滴を拭いてくれた。<br />    「何だぁ、始めっから持ってんじゃ~ん」とばかりに、<br />    笑ってみせると、バイタクさんやら、今までの経過を見ていた<br />    直ぐ隣りの店主の女性までが笑い出す。<br /><br /><br />HuuNghi(電動カート乗場)@10:00→<br />出国@10:20→ベトナム側建屋出る@10:35→<br />中国側建屋入る@11:45(現地時間)→<br />(審査官の目の前で突っ立たされ1時間待ち)→入国@12:55→<br />食事(米粉10元・ビール5元、駐車場)@13:15→<br />TouristServiceCenter(英語可、駐車場)@13:40→<br />(凭祥行きバス無し、南&#23425;行きバスありとの事)→<br />切符売場(英語可、駐車場byServiceCenter)@13:45→<br />(南&#23425;行き90-100元、3h、火&#36710;站停車)→<br />≪南&#23425;行きワゴン、100元@14:00≫→<br />&#36793;境検査@14:25(検査されず)→<br />南&#23425;&#21556;&#22313;国&#38469;机&#22330;T2@16:30→<br />南&#23425;国&#38469;旅游集散中心(&#20852;&#23425;区友&#29233;南路10号)@17:25→<br />&#27721;庭酒店南&#23425;火&#36710;站店@17:50(チェックイン)→<br />中&#21326;路@18:35→&#33487;州路→<br />金成快餐店(ぶっかけ御飯13元・ビール5元、&#33487;州路71-10号)@18:45→<br />&#33487;州路@19:15→ホテル@19:40<br /><br />     ====================================<br />     ※友&#35850;&#20851;から凭祥を経由せずに南&#23425;へ戻れた。<br />      これで、予定していた日数が余ってしまった。<br />      余った日数で珠海と澳門の境を通ることにする。<br />      だが、何も調べてはいない。頼りは、歩き方だけ。<br />     ====================================<br />

      【23(土)】
      チェックアウト@08:20→

       ・ドンダン行きバスを親切に教えて頂ける(英語)
        (1)フロントさんに
           「I'm going to go to dong dang.
            Which road can I get a Mini bus?」
          と尋ねてみる。
        (2)フロントさん達には「Mini bus」の単語が伝わらない様子。
          が、何やら相談され
           「Toi muon di dong dang」
          のメモ書きを差出され、バスのドライバーへ渡す様に.....と。
           ※「Toi muon di dong dang(トイ ムォン ディ ドンダン)」
            ("私はドンダンへ行きたい"の筈)
        (3)メモ書きのフレーズは何度も発声練習したので、
          差出されたメモ書きを見た瞬間に、
          無意識に声を出し読み上げてしまった。
          フロントさん達がチト驚いた様子だったので、
          「I studied」と伝える。
          フロンとさん達から笑みが漏れる。
        (4)フロントさんが手招きするので、ホテル玄関へついて行く。
          フロントさんがドアマンらしき男性に何やら訊いてくださる。
          フロントさんは
           「ドンダンへ行くバスが、
           08:45に前の道路のホテル対面側の位置に来る」
           「08:40までホテル内で待っていたら」(英語失念)
          と仰る。
        (5)フロントさんとドアマンさんに、合掌しながら
           「Xin Cam on(シンカームォン)」
           ("ありがとう御座います"のつもり)
          と、何度もお礼を申し上げる。
          これで歩き回らずに済む。


      NgoQuyen通りのホテル対面側@08:40→
      ≪ミニバス、1万VND@08:45≫→

       ・ミニバス乗車
        (1)道路にバス停らしき標識や、
          時間通りに到着するので路線バスでは?
        (2)乗車時に「ドンダン??」とドライバーさんに確認。
          ドライバーさんは何やら仰るが、
          当然の事ながら、「何を言われているのか」が分かる筈もない。
        (3)料金は車内で料金係りさんに支払う。
        (4)下車する方々はドライバさんに何やら伝えてる模様。
        (5)自分の隣座席に乗車してきた方は、
          天秤棒と籠をお持ちの年齢のゆかれた、お元気な女性。
          お互いに「ニッコリ」と挨拶。


      ミニバス下車(QL4A通りのTruongTHCSdongdang前)@09:15→

       ・危うく、ドンダンを乗り過ごすっ!!
        (1)窓の外の景色を見てると郊外から街中に入ってきた模様。
          「Dong dang」の文字が目に入る。
          チト様子を見てると、窓の外の景色から判断し、
          郊外へ向かっている様子。
        (2)料金係さんに「ガ ドンダン!!」と声を掛ける。
          ドライバーさんから何やら言われるが、バスを下車。
          乗り過ごすところだったぁ~。


       ・「ここは何処?」の世界
        (1)バスを下車したのは良いものの、現在地が何処だか不明。
          考えても埒が明かないので、下車した近くの路上で
          お菓子を作り売っている露店のお嬢さんに尋ねる。
        (2)彼女に
           「Ga Dong dang o dau?(ガ ドンダン オー ダウ)」
           ("ドンダン駅はどこですか?"のつもり)
           「Day la o dau?(デイ ラー オー ダウ)」
           ("ここはどこですか?"のつもり)
          と、手持ちの地図を見せながら訊いてみる。
        (3)彼女は、地図上の「Truong THCS dong dang(中学校)」を指さし、
          「目の前の建物がそうだ」とボディランゲージで
          説明して下さる。駅の方向も指さし教えて下さる。
        (4)彼女は、まだ何か言いたそうで、道路を走る車を目で追ってる。
          たぶん、地図から判断し駅は遠いので
          「何か乗物で行った方が良い」と伝えたかったのかもしれない。
          が、初めから駅へは行くつもりはなく、
          駅の方角から現在地を判断しただけだったので
           「Xin Cam on(シンカームォン)」
           ("ありがとう御座います"のつもり)
          と、お礼を申し上げ立ち去る。


      QL4A通り→
      NamQuan通り(Nam Quan, tt. dong dang, Cao Loc, Lang Son)→
      Chodongdang(賑やかな市場。ランソンの市場より庶民的?)@09:35→
      (ホッツキ歩く)→≪バイタク、料金2万VND@09:55≫→

       ・バイタクさんと交渉ぅ
        (1)バイタクさんに
           「Huu Nghi」(ベトナム側の国境名)
          のメモ書きを見せ、
           「Bien gioi Trung Quoc
           (ビェン ゾォーイ チュン クオック)」
           ("中国国境"のつもり)
          と伝え、
           「Bao nhieu tien?(バォ ニェウ ティエン)」
           ("いくらですか?"のつもり)
          と訊いてみる。
        (2)バイタクさんは指を3本立て、3万VNDを要求。
          事前調べでは2万VNDだったので、
          ボディランゲージで拒否し立去ろうとする。
          バイタクさんはアッサリと2万VNDで了承。
        (3)バイタクさんは2ケツを要求。
          が、さっき迄、雨が降っていたのでシートが濡れてる。
          そのままでは「ダァメッ!!」と拒否。
          バイタクさんは雨の滴を拭くものが無さそうな仕草で、
          初めは拭くのを渋っていた。
          が、交渉決裂とばかりに立ち去ろうとする。
          と、バイタクさんはシートの下に持っていた布を取り出し
          雨の滴を拭いてくれた。
          「何だぁ、始めっから持ってんじゃ~ん」とばかりに、
          笑ってみせると、バイタクさんやら、今までの経過を見ていた
          直ぐ隣りの店主の女性までが笑い出す。


      HuuNghi(電動カート乗場)@10:00→
      出国@10:20→ベトナム側建屋出る@10:35→
      中国側建屋入る@11:45(現地時間)→
      (審査官の目の前で突っ立たされ1時間待ち)→入国@12:55→
      食事(米粉10元・ビール5元、駐車場)@13:15→
      TouristServiceCenter(英語可、駐車場)@13:40→
      (凭祥行きバス無し、南宁行きバスありとの事)→
      切符売場(英語可、駐車場byServiceCenter)@13:45→
      (南宁行き90-100元、3h、火车站停車)→
      ≪南宁行きワゴン、100元@14:00≫→
      边境検査@14:25(検査されず)→
      南宁吴圩国际机场T2@16:30→
      南宁国际旅游集散中心(兴宁区友爱南路10号)@17:25→
      汉庭酒店南宁火车站店@17:50(チェックイン)→
      中华路@18:35→苏州路→
      金成快餐店(ぶっかけ御飯13元・ビール5元、苏州路71-10号)@18:45→
      苏州路@19:15→ホテル@19:40

           ====================================
           ※友谊关から凭祥を経由せずに南宁へ戻れた。
            これで、予定していた日数が余ってしまった。
            余った日数で珠海と澳門の境を通ることにする。
            だが、何も調べてはいない。頼りは、歩き方だけ。
           ====================================

    • 【24(日)】<br />チェックアウト07:10→中&#21326;路→<br />火&#36710;站@07:20→≪1号&#32447;、4元@07:30≫→<br />火&#36710;&#19996;站@08:00→切符売場@08:05→<br /><br /> ・切符購入<br />  (1)最初、南&#23425;&#19996;から珠海への切符を求めた。<br />    16:00発なのでやめる。<br />     「南&#23425;&#19996;→珠海  2等 1&#24352;」<br />  (2)次に、南&#23425;&#19996;から广州南への切符を求めた。<br />    08:30発なので了承しようとする.....<br />     「南&#23425;&#19996;→广州南 2等 1&#24352;」<br />    が、座席番号が表示されてなかったので、<br />     「有座」<br />    とメモ書きし確認。<br /><br /><br />≪D201、169元@08:30≫→广州南@11:50→<br />切符売場@12:05(提示メモ「珠海2等1&#24352;」)→<br />≪C7651、70元@13:00≫→珠海@14:10→<br />(地図確認等に時間ロス)→拱北口岸@14:40→<br />迎&#23486;南路@14:45→粤&#21326;路@14:55→<br />如家快捷酒店珠海拱北&#27493;行街店@15:00(チェックイン)→<br />食事(ぶっかけ御飯・13元ビール5元、ホテル付近)@16:00→<br />迎&#23486;南路@16:30→拱北口岸の建屋@16:55→出境@17:05→<br />ボーダーゲート/關閘の建屋@17:10→入境@17:20→<br />關閘馬路/&#20851;&#38392;&#39532;路→蓮峰廟/&#33714;峰&#24217;@17:45→關閘馬路/&#20851;&#38392;&#39532;路→<br />ボーダーゲート/關閘の建屋@18:05→出境@18:15→<br />拱北口岸の建屋@18:20→入境@18:40→<br />迎&#23486;南路→粤&#21326;路→<br />食事(北京&#26434;&#37233;12元・ビール4元、ホテル付近)@19:15→<br />ホテル@19:45<br />

      【24(日)】
      チェックアウト07:10→中华路→
      火车站@07:20→≪1号线、4元@07:30≫→
      火车东站@08:00→切符売場@08:05→

       ・切符購入
        (1)最初、南宁东から珠海への切符を求めた。
          16:00発なのでやめる。
           「南宁东→珠海  2等 1张」
        (2)次に、南宁东から广州南への切符を求めた。
          08:30発なので了承しようとする.....
           「南宁东→广州南 2等 1张」
          が、座席番号が表示されてなかったので、
           「有座」
          とメモ書きし確認。


      ≪D201、169元@08:30≫→广州南@11:50→
      切符売場@12:05(提示メモ「珠海2等1张」)→
      ≪C7651、70元@13:00≫→珠海@14:10→
      (地図確認等に時間ロス)→拱北口岸@14:40→
      迎宾南路@14:45→粤华路@14:55→
      如家快捷酒店珠海拱北步行街店@15:00(チェックイン)→
      食事(ぶっかけ御飯・13元ビール5元、ホテル付近)@16:00→
      迎宾南路@16:30→拱北口岸の建屋@16:55→出境@17:05→
      ボーダーゲート/關閘の建屋@17:10→入境@17:20→
      關閘馬路/关闸马路→蓮峰廟/莲峰庙@17:45→關閘馬路/关闸马路→
      ボーダーゲート/關閘の建屋@18:05→出境@18:15→
      拱北口岸の建屋@18:20→入境@18:40→
      迎宾南路→粤华路→
      食事(北京杂酱12元・ビール4元、ホテル付近)@19:15→
      ホテル@19:45

    • 【25(月)】<br />外出@08:15→<br />食事(&#27048;菜木耳2元・焼うどん5元・缶ビール4元、ホテル付近で買物)→<br />ホテル@09:00→チェックアウト@10:30→<br />迎&#23486;南路→拱北@10:40→≪2A路、2元@10:55≫→<br />吉大@11:05→景山路@11:10→吉大路→<br />7天&#36830;&#38145;酒店珠海吉大免税商&#22330;店@11:20(チェックイン)→<br /><br /> ・フロントさんに御近所をヒアリング。<br />  フロントさんは図示。<br />  (1)コンビニの所在<br />    メモ書き「便利店(ベンリィジェン)」<br />    (&quot;コンビニ&quot;のつもり)を見せ、<br />     「&#36825;个在&#21738;里?(ジェイガザイナーリー)」<br />     (&quot;これはどこですか?&quot;のつもり)。<br />    とヒアリング。<br />  (2)九洲港客&#36816;站へ行くバス停の所在<br />    メモ書き「九洲港客&#36816;站」<br />    (九洲港フェリーターミナル)を見せ、<br />     「我去&#36825;个(ウォ―チュージェイガ)」<br />     (&quot;私はここへ行きます&quot;のつもり)。<br />     「汽&#36710;站在&#21738;里?(チィ―チューザンザイナーリー)」<br />     (&quot;バス停は何処ですか?&quot;のつもり)。<br />    とヒアリング。<br /><br /><br />吉大路@12:10→景&#20048;路→<br />(コンビニでミネラルウォーター購入し一旦ホテルに戻る)→<br />怡香&#22253;餐&#21381;&#20911;家吉大店(ぶっかけ御飯10元、景&#20048;路61号)@12:45→<br />景&#20048;路@13:25→吉大路→景山路→<br />九洲城@13:35→≪26路、2元@13:50≫→<br /><br /> ・九洲城站の往九洲港バスの首末班&#36710;<br />  (1)南を背に景山路の右側に位置するバス停<br />    25路(06:15-22:20、2元)<br />  (2)南を背に景山路の左側に位置するバス停<br />    26路(06:10-22:00、2元)<br />    03路(06:00-22:25、3元)<br />    3A路(06:10-22:20、3元)<br /><br /><br />九洲港@14:10→情&#20387;南路→<br />九洲港客&#36816;站@14:15→<br /><br /> ・九洲港至深&#22323;&#26102;&#38388;表<br />  (1)毎日08:00-18:30。&#27599;半小&#26102;一个航班。<br />  (2)18:30之后航班。19:30、20:00、20:30、21:30。<br /><br /><br /> ・九洲港至香港往返&#26102;&#38388;表(09/14)<br />  (1)起始港=九洲港、到&#36798;港=中港城。10:30、16:00、17:00<br />  (2)起始港=中港城、到&#36798;港=九洲港。09:30、12:00、17:45<br />  (3)起始港=九洲港、到&#36798;港=港澳。<br />    09:00、11:30、13:00、15:00、18:00、19:30、21:30<br />  (4)起始港=港澳、到&#36798;港=九洲港。<br />    08:30、10:30、13:00、14:30、16:30、19:30、20:30<br /><br /><br />九洲港@15:00→≪26路、2元@15:10≫→九洲城@15:25→<br />景山路→吉大路→ホテル@15:30→→吉大路@18:50→景&#20048;路→<br />食事(蒸&#39290;5元・&#27048;菜肉&#19997;粉5元、景&#20048;路と&#22253;林路の交差点)→<br />ホテル@19:40<br />

      【25(月)】
      外出@08:15→
      食事(榨菜木耳2元・焼うどん5元・缶ビール4元、ホテル付近で買物)→
      ホテル@09:00→チェックアウト@10:30→
      迎宾南路→拱北@10:40→≪2A路、2元@10:55≫→
      吉大@11:05→景山路@11:10→吉大路→
      7天连锁酒店珠海吉大免税商场店@11:20(チェックイン)→

       ・フロントさんに御近所をヒアリング。
        フロントさんは図示。
        (1)コンビニの所在
          メモ書き「便利店(ベンリィジェン)」
          ("コンビニ"のつもり)を見せ、
           「这个在哪里?(ジェイガザイナーリー)」
           ("これはどこですか?"のつもり)。
          とヒアリング。
        (2)九洲港客运站へ行くバス停の所在
          メモ書き「九洲港客运站」
          (九洲港フェリーターミナル)を見せ、
           「我去这个(ウォ―チュージェイガ)」
           ("私はここへ行きます"のつもり)。
           「汽车站在哪里?(チィ―チューザンザイナーリー)」
           ("バス停は何処ですか?"のつもり)。
          とヒアリング。


      吉大路@12:10→景乐路→
      (コンビニでミネラルウォーター購入し一旦ホテルに戻る)→
      怡香园餐厅冯家吉大店(ぶっかけ御飯10元、景乐路61号)@12:45→
      景乐路@13:25→吉大路→景山路→
      九洲城@13:35→≪26路、2元@13:50≫→

       ・九洲城站の往九洲港バスの首末班车
        (1)南を背に景山路の右側に位置するバス停
          25路(06:15-22:20、2元)
        (2)南を背に景山路の左側に位置するバス停
          26路(06:10-22:00、2元)
          03路(06:00-22:25、3元)
          3A路(06:10-22:20、3元)


      九洲港@14:10→情侣南路→
      九洲港客运站@14:15→

       ・九洲港至深圳时间表
        (1)毎日08:00-18:30。每半小时一个航班。
        (2)18:30之后航班。19:30、20:00、20:30、21:30。


       ・九洲港至香港往返时间表(09/14)
        (1)起始港=九洲港、到达港=中港城。10:30、16:00、17:00
        (2)起始港=中港城、到达港=九洲港。09:30、12:00、17:45
        (3)起始港=九洲港、到达港=港澳。
          09:00、11:30、13:00、15:00、18:00、19:30、21:30
        (4)起始港=港澳、到达港=九洲港。
          08:30、10:30、13:00、14:30、16:30、19:30、20:30


      九洲港@15:00→≪26路、2元@15:10≫→九洲城@15:25→
      景山路→吉大路→ホテル@15:30→→吉大路@18:50→景乐路→
      食事(蒸饺5元・榨菜肉丝粉5元、景乐路と园林路の交差点)→
      ホテル@19:40

    • 【26(火)】<br />吉大路@08:00→景&#20048;路→&#22253;林路→<br />食事(&#40481;汁&#40092;肉包1元・冬菜包1元、&#22253;林路の景&#20048;路と景山路の間)→<br />&#22253;林路→景&#20048;路→吉大路→チェックアウト@08:50→<br />吉大路→景山路→九洲城@09:00→<br />≪26路、2元@09:10≫→九洲港@09:20→切符売場→<br />≪フェリー、120元@09:30≫→蛇口港@10:25→<br />≪無料シャトルバス@10:30、建屋B1≫→蛇口港站@10:40→<br />≪地下鉄、7元@10:50≫→&#32599;湖@11:50→和平路→船&#27493;街→<br />&#28180;民村路→如家快捷酒店深&#22323;火&#36710;站店@12:15→&#28180;民村路→<br />&#20026;食&#39302;(ぶっかけ御飯10元、&#28180;民村路77号)@14:00→<br />船&#27493;街@14:20→和平路→穿孔&#26725;@14:30→<br />≪28路、2元@14:40≫→福&#24378;路口@15:00→<br />金田路→福田口岸@15:15(06:30-22:30)→<br />出境→入境→落馬洲支線福田口岸→<br />≪緑色バス75、8HK$@15:40≫→<br />元朗小巴站/福街小巴站@16:00→(ホッツキ歩く)→<br />元朗西總站@16:15→≪M68、10HK$@16:30≫→<br />&#33603;灣鐵路站總站@17:05→(ホッツキ歩く)→<br />&#33603;灣鐵路站總站→≪M68、10HK$@18:40≫→<br />元朗西總站@19:25→(ホッツキ歩く)→<br />元朗小巴站/福街小巴站@19:35→<br />≪緑色バス75、8HK$@19:45≫→落馬洲支線福田口岸@20:10→<br />出境→入境@20:25→金田路→福民地&#38081;站@20:50→<br />≪28路、2元≫→&#28180;民村站@21:15→和平路→建&#35774;路→<br />食事(ぶっかけ御飯・ビール20元、香格里拉酒店の裏)@21:25→<br />建&#35774;路→和平路→船&#27493;街→&#28180;民村路→ホテル@22:10<br /><br />

      【26(火)】
      吉大路@08:00→景乐路→园林路→
      食事(鸡汁鲜肉包1元・冬菜包1元、园林路の景乐路と景山路の間)→
      园林路→景乐路→吉大路→チェックアウト@08:50→
      吉大路→景山路→九洲城@09:00→
      ≪26路、2元@09:10≫→九洲港@09:20→切符売場→
      ≪フェリー、120元@09:30≫→蛇口港@10:25→
      ≪無料シャトルバス@10:30、建屋B1≫→蛇口港站@10:40→
      ≪地下鉄、7元@10:50≫→罗湖@11:50→和平路→船步街→
      渔民村路→如家快捷酒店深圳火车站店@12:15→渔民村路→
      为食馆(ぶっかけ御飯10元、渔民村路77号)@14:00→
      船步街@14:20→和平路→穿孔桥@14:30→
      ≪28路、2元@14:40≫→福强路口@15:00→
      金田路→福田口岸@15:15(06:30-22:30)→
      出境→入境→落馬洲支線福田口岸→
      ≪緑色バス75、8HK$@15:40≫→
      元朗小巴站/福街小巴站@16:00→(ホッツキ歩く)→
      元朗西總站@16:15→≪M68、10HK$@16:30≫→
      荃灣鐵路站總站@17:05→(ホッツキ歩く)→
      荃灣鐵路站總站→≪M68、10HK$@18:40≫→
      元朗西總站@19:25→(ホッツキ歩く)→
      元朗小巴站/福街小巴站@19:35→
      ≪緑色バス75、8HK$@19:45≫→落馬洲支線福田口岸@20:10→
      出境→入境@20:25→金田路→福民地铁站@20:50→
      ≪28路、2元≫→渔民村站@21:15→和平路→建设路→
      食事(ぶっかけ御飯・ビール20元、香格里拉酒店の裏)@21:25→
      建设路→和平路→船步街→渔民村路→ホテル@22:10

    • 【27(水)】<br />&#28180;民村路@08:30→<br />&#20026;食&#39302;(お粥と腸粉10元、&#28180;民村路77号)@14:00→<br />&#28180;民村路→ホテル@09:00→チェックアウト→<br />&#28180;民村路@10:20→船&#27493;街→和平路→&#28180;民村站@10:30→<br />≪28路、2元≫→福&#24378;路口@10:50→金田路→<br />福田口岸→出境→入境→<br />落馬洲支線福田口岸→≪緑色バス75、8HK$@11:15≫→<br />形點Ⅰ/YOHO MALLⅠ@11:40→<br />YOHO MALLⅡの顧客服務中心@11:55(英語、モールは綺麗)→<br />新元郎中心バスターミナル(YOHO MALLⅡの1F)@12:00→<br /><br /> ・新元郎中心<br />  (1)268C、19HK$、15m毎@05:15-23:30、<br />      開出=朗屏站總站・終點=觀塘碼頭、<br />      元朗喜利徑・元朗谷亭街で乗車可、<br />      觀塘市中心で下車可<br />  (2)68X、15HK$、15m毎@05:25-24:25、<br />      開出=洪水橋洪福邨總站・終點=旺角柏景灣總站、<br />      元朗喜利徑・元朗同樂街・元朗谷亭街で乗車可、<br />      深水&#22487;(九江街又は北河街)・旺角警署・西洋菜南街で下車可<br />  (3)268X、15HK$、15m-20m毎@05:30-24:30、<br />      開出=洪水橋洪福邨總站・終點=佐敦渡華路、<br />      元朗喜利徑・元朗同樂街・元朗谷亭街で乗車可、<br />      旺角(鴉蘭街又は登打士街)・佐敦&#21555;松街で下車可<br />  (4)E34B、14HK$、15m-20m毎@05:15-24:00、<br />      開出=山水樓・終點=機場(地面運輸中心)巴士總站、<br />      元朗廣場・同樂街・谷亭街で乗車可、<br />      一號客運大樓で下車可<br />    A36、28HK$、30m毎@05:00-22:00、<br />      開出=朗屏站・終點=機場(地面運輸中心)巴士總站、<br />      元朗廣場・同樂街・谷亭街で乗車可、<br />      一號客運大樓・二號客運大樓で下車可<br /><br /><br />輕鐵元朗總站@12:40→≪610≫→<br />康樂路輕鐵站@12:45→(ホッツキ歩く)→<br />青山公路元郎段→同樂街→壽富街→<br />加洲餐廳(雪菜肉絲場米32HK$、壽富街29號興隆中心1號)@13:30→<br />壽富街→同樂街→青山公路元郎段→同樂街站@14:00→<br />≪E34B@14:10≫→機場巴士總站@15:05→<br />チェックイン→Pコントロール→<br />≪UO622@18:50≫→羽田@23:50(現地時間)→<br />Pコントロール→切符売場@24:20→<br />≪京急バス、1030円@25:05≫→シナガワグース25:30→<br />シナガワグース前の第一京浜→<br />≪タクシー≫→自宅<br />

      【27(水)】
      渔民村路@08:30→
      为食馆(お粥と腸粉10元、渔民村路77号)@14:00→
      渔民村路→ホテル@09:00→チェックアウト→
      渔民村路@10:20→船步街→和平路→渔民村站@10:30→
      ≪28路、2元≫→福强路口@10:50→金田路→
      福田口岸→出境→入境→
      落馬洲支線福田口岸→≪緑色バス75、8HK$@11:15≫→
      形點Ⅰ/YOHO MALLⅠ@11:40→
      YOHO MALLⅡの顧客服務中心@11:55(英語、モールは綺麗)→
      新元郎中心バスターミナル(YOHO MALLⅡの1F)@12:00→

       ・新元郎中心
        (1)268C、19HK$、15m毎@05:15-23:30、
            開出=朗屏站總站・終點=觀塘碼頭、
            元朗喜利徑・元朗谷亭街で乗車可、
            觀塘市中心で下車可
        (2)68X、15HK$、15m毎@05:25-24:25、
            開出=洪水橋洪福邨總站・終點=旺角柏景灣總站、
            元朗喜利徑・元朗同樂街・元朗谷亭街で乗車可、
            深水埗(九江街又は北河街)・旺角警署・西洋菜南街で下車可
        (3)268X、15HK$、15m-20m毎@05:30-24:30、
            開出=洪水橋洪福邨總站・終點=佐敦渡華路、
            元朗喜利徑・元朗同樂街・元朗谷亭街で乗車可、
            旺角(鴉蘭街又は登打士街)・佐敦吳松街で下車可
        (4)E34B、14HK$、15m-20m毎@05:15-24:00、
            開出=山水樓・終點=機場(地面運輸中心)巴士總站、
            元朗廣場・同樂街・谷亭街で乗車可、
            一號客運大樓で下車可
          A36、28HK$、30m毎@05:00-22:00、
            開出=朗屏站・終點=機場(地面運輸中心)巴士總站、
            元朗廣場・同樂街・谷亭街で乗車可、
            一號客運大樓・二號客運大樓で下車可


      輕鐵元朗總站@12:40→≪610≫→
      康樂路輕鐵站@12:45→(ホッツキ歩く)→
      青山公路元郎段→同樂街→壽富街→
      加洲餐廳(雪菜肉絲場米32HK$、壽富街29號興隆中心1號)@13:30→
      壽富街→同樂街→青山公路元郎段→同樂街站@14:00→
      ≪E34B@14:10≫→機場巴士總站@15:05→
      チェックイン→Pコントロール→
      ≪UO622@18:50≫→羽田@23:50(現地時間)→
      Pコントロール→切符売場@24:20→
      ≪京急バス、1030円@25:05≫→シナガワグース25:30→
      シナガワグース前の第一京浜→
      ≪タクシー≫→自宅

    1件目~9件目を表示(全9件中)

    この旅行記のタグ

      21いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      中国 で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集