ロンドン 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

2017年3月20日~4月1日、私たち夫婦と友人2人(計4人)でバンコクを経由してロンドンへ。帰りにバンコクで3泊4日ストップ・オーバーしたときの旅行記です。<br /><br />3月27日は郵便局へ行き小包を郵送した後、大英博物館へ。そこで遅い昼食がてらアフタヌーン・ティーをして、夕方ホテルから空港へ行き、ロンドン時間で日付が替わる頃バンコク行きの飛行機に搭乗。<br />約11時間半の飛行を終えるとバンコクでは28日の午後3時頃でした。ホテルに着いてから夕食のために外出する頃にはすっかり暗くなっていましたが、サイアム・スクェアの一角にあるタイ料理のレストランで美味しい夕食を食べました。<br />

ロンドン7日目(3月27日) 大英博物館 / バンコク1日目 (3月28日) バン・クン・メーで夕食

8いいね!

2017/03/27 - 2017/03/28

2907位(同エリア7254件中)

    53

    2017年3月20日~4月1日、私たち夫婦と友人2人(計4人)でバンコクを経由してロンドンへ。帰りにバンコクで3泊4日ストップ・オーバーしたときの旅行記です。

    3月27日は郵便局へ行き小包を郵送した後、大英博物館へ。そこで遅い昼食がてらアフタヌーン・ティーをして、夕方ホテルから空港へ行き、ロンドン時間で日付が替わる頃バンコク行きの飛行機に搭乗。
    約11時間半の飛行を終えるとバンコクでは28日の午後3時頃でした。ホテルに着いてから夕食のために外出する頃にはすっかり暗くなっていましたが、サイアム・スクェアの一角にあるタイ料理のレストランで美味しい夕食を食べました。

    同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    一人あたり費用
    25万円 - 30万円
    交通手段
    鉄道 タクシー 徒歩 飛行機
    航空会社
    タイ国際航空
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    4.5
    観光
    4.5
    ホテル
    4.5
    グルメ
    4.5
    交通
    4.5

    PR

    • 今日(3月27日)はロンドン滞在最終日。<br /><br />日本へ向けて小包を発送してから大英博物館へ向かおうとしましたが、あるはずの郵便局が閉鎖されていたので、別な郵便局に向かいました。前回ロンドンに来た時(2014年7月)にはあったのに・・・・<br /><br />別な郵便局に行くために路線バスを待っているところです。<br />

      今日(3月27日)はロンドン滞在最終日。

      日本へ向けて小包を発送してから大英博物館へ向かおうとしましたが、あるはずの郵便局が閉鎖されていたので、別な郵便局に向かいました。前回ロンドンに来た時(2014年7月)にはあったのに・・・・

      別な郵便局に行くために路線バスを待っているところです。

    • 郵便局もOA化が進んでいて、なかなか大変でしたが、係員が来て親切にもいろいろと操作してくれました。初めての人間にはいちいちスクリーン上の指示をその都度読み込まなくちゃならないので、簡単な英語とはいえ時間がかかるので助かりました。<br />

      郵便局もOA化が進んでいて、なかなか大変でしたが、係員が来て親切にもいろいろと操作してくれました。初めての人間にはいちいちスクリーン上の指示をその都度読み込まなくちゃならないので、簡単な英語とはいえ時間がかかるので助かりました。

    • クレジット・カードで支払いを済ませると、係員は小包を持って行きました。<br />

      クレジット・カードで支払いを済ませると、係員は小包を持って行きました。

    • 郵便局で用を済ませた後、再び2階建てバス(ダブル・デッカー)で大英博物館に向かいます。<br />

      郵便局で用を済ませた後、再び2階建てバス(ダブル・デッカー)で大英博物館に向かいます。

    • 大英博物館前で降りました。<br />動きながらの撮影でブレました。<br />

      大英博物館前で降りました。
      動きながらの撮影でブレました。

    • 路線によって最寄のバス停は当然違うのですが、私たちが乗ったバスは博物館正門の前の停留所に停まりました。<br />

      路線によって最寄のバス停は当然違うのですが、私たちが乗ったバスは博物館正門の前の停留所に停まりました。

    • 門を入り、入り口を背にして記念撮影。<br />

      門を入り、入り口を背にして記念撮影。

    • 最初に入った部屋は、世界中を探検した道具や発見に関する展示でした。この部屋にはロゼッタ・ストーンのレプリカが置いてあって、群がる人もほとんどいなくて気後れすることなく見ることができます。<br />

      最初に入った部屋は、世界中を探検した道具や発見に関する展示でした。この部屋にはロゼッタ・ストーンのレプリカが置いてあって、群がる人もほとんどいなくて気後れすることなく見ることができます。

    • 大英博物館の中でも、これは見逃せないとされているものをいくつか見ました。<br /><br />これは「聖棘遺物」The Holy Thorn Reliquary です。<br /><br />キリストがゴルゴダの丘で処刑されるときに被った茨の冠の棘が入っています。十字軍がフランスに持ち帰ったものだそうです。1390年代にパリでこのような容器が作られたらしいです。<br />

      大英博物館の中でも、これは見逃せないとされているものをいくつか見ました。

      これは「聖棘遺物」The Holy Thorn Reliquary です。

      キリストがゴルゴダの丘で処刑されるときに被った茨の冠の棘が入っています。十字軍がフランスに持ち帰ったものだそうです。1390年代にパリでこのような容器が作られたらしいです。

    • 本物のロゼッタ・ストーンの前で。本物は頑丈で透明な入れ物に入っていました。人だかりで撮影のチャンスを待つのが大変でしたが何とか撮ることができました。<br /><br />上から古代エジプトの神聖文字、民衆文字、その下がキリシャ文字です。<br /><br />

      本物のロゼッタ・ストーンの前で。本物は頑丈で透明な入れ物に入っていました。人だかりで撮影のチャンスを待つのが大変でしたが何とか撮ることができました。

      上から古代エジプトの神聖文字、民衆文字、その下がキリシャ文字です。

    • ラムセス2世像です。<br />(在位:紀元前1290 - 紀元前1224年、または紀元前1279 - 紀元前1212年)<br />

      ラムセス2世像です。
      (在位:紀元前1290 - 紀元前1224年、または紀元前1279 - 紀元前1212年)

    • ギリシャ神話の美と愛の女神アフロディテです。<br />古代ローマではヴィーナスと呼ばれていました。これはローマ時代に作られたギリシャ彫刻のレプリカです。<br /><br />ここも大勢の人だかりでした。

      ギリシャ神話の美と愛の女神アフロディテです。
      古代ローマではヴィーナスと呼ばれていました。これはローマ時代に作られたギリシャ彫刻のレプリカです。

      ここも大勢の人だかりでした。

    • 古代リュキアのネレイデス・モニュメントです。お墓ですが、墓を大きく作るのは洋の東西を問わず昔はよくあったのですね。

      古代リュキアのネレイデス・モニュメントです。お墓ですが、墓を大きく作るのは洋の東西を問わず昔はよくあったのですね。

    • 南米アステカの神官が儀式で用いた双頭の蛇。<br />

      南米アステカの神官が儀式で用いた双頭の蛇。

    • インド、ムガール王国(16世紀)時代の翡翠彫刻。<br />

      インド、ムガール王国(16世紀)時代の翡翠彫刻。

    • アケメネス朝時代の金細工(紀元前550~350年)らしいです。<br />

      アケメネス朝時代の金細工(紀元前550~350年)らしいです。

    • 儀式用の黄金ケープ。紀元前1900~1600年頃のエジプト。<br />

      儀式用の黄金ケープ。紀元前1900~1600年頃のエジプト。

    • 古代エジプトのミイラを納める棺。<br />

      古代エジプトのミイラを納める棺。

    • エジプトの黒人王のスフィンクス(紀元前680年頃)。<br />

      エジプトの黒人王のスフィンクス(紀元前680年頃)。

    • 初期のケルト工芸品。<br />ビールやワインを注ぐための容器。<br />紀元前450~400年頃。<br />

      初期のケルト工芸品。
      ビールやワインを注ぐための容器。
      紀元前450~400年頃。

    1件目~20件目を表示(全53件中)

    この旅行記のタグ

      8いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      ロンドン(イギリス) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集