その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2015年以来2度目の訪問となったアイスランド。今回は西フィヨルド地区を中心とした北部をメインに大いなるネイチャーを求める旅になるはずとアークレイリであったが…<br />計画はイーサフィヨルドゥル(Isafjordur)到着後レンタカーにてディンヤンディ(Dynjandy)の滝、アイスランド最西端の岬ラトラビャルグ(latrabjarg)などを観光しながら一気に未舗装道路を含む200km移動。翌日も同様に500km以上を走破するというもの。その後Varmahlidでの1泊を挟みアークレイリを拠点としてアスキャ(Askja)やミーバトン(Myvatn)などのポイントを車やツアーで4日間観光するという内容。<br />まずは最初のハイライト、航空機でのIsafjordurアプローチ(山肌に沿った急旋回で絶景の中着陸する)に想いを馳せながら早朝のレイキャビク空港に移動。しか~し、予定は冒頭から崩れさっていく。<br /><br />アイスランドが世界最高のもの、<br />治安<br />人口密度の低さ<br />インターネット普及率<br />治安に関しては2位という説もあるが、実際に訪れると安心感はずば抜けて高く感じる。人が少ないというのもあるが、犯罪が起こりそうな気配があまりない。2度訪問したが「これがパトカー」というのものを見たことがない。いや、多分パトカーだろう、というものは見た。警察官は見ていない。羊や野鳥に襲われそうになったことはある。<br />漁業従事者が多く、日本より平均所得は多いらしい。主にタラ漁が盛んらしいが最近は日本向けにマグロを空輸している。<br />ちょっと前には金融破綻したこともあるが最近はうまくやっている。先進国の中では珍しい非武装国家。オリンピックではハンドボールで銀メダルを1度だけ獲得。2016年のユーロではサッカー代表が旋風を巻き起こした。<br />消費税は35%と高いが、それ以上に物価は高く感じる。ひと声日本の2倍以上、欧州諸国と比べても1.5倍というところ。<br />有り余る地熱を利用して発電や農業に活用。温水プールは全国で170ヶ所。穀物以外は結構地産地消している、とか。<br />ネイチャーが売りの観光施設もいたるところにある、というより国土自体が自然の観光施設。財政が厳しく観光施設にカネをかけられないところが、よりネイチャーを際立たせる。商売っ気がないから観光地に売店や露店もない。同じ理由で道路も整備できないところがまたウリとなる。<br />こんなアイスランドであるが歴史を紐解けば様々な苦労が垣間見える。ノルウェー、デンマークの属国から独立するもの米国に実質軍事支配され、冷戦後は米国から見捨てられ、なりたくてなったわけではなく非武装国家となり、挙げ句の果てに金融破綻。道路を舗装できないのにも納得。旅行者が高いカネを払うのも国家の救済と自然保護のため、と割り切る。<br />地方に行けば人より羊をよく見る、コンビニも無く、夏場は夜が無く、冬場は昼がほぼ無い、しかしネイチャーがある、これで十分。アイスランドには訪れる価値がある!<br /><br />

2度目のアイスランドは試練の連続 その1 (Reykjavik~Varmahlid~Akureyri)

25いいね!

2017/07/08 - 2017/07/17

22位(同エリア116件中)

0

57

kanta21

kanta21さん

2015年以来2度目の訪問となったアイスランド。今回は西フィヨルド地区を中心とした北部をメインに大いなるネイチャーを求める旅になるはずとアークレイリであったが…
計画はイーサフィヨルドゥル(Isafjordur)到着後レンタカーにてディンヤンディ(Dynjandy)の滝、アイスランド最西端の岬ラトラビャルグ(latrabjarg)などを観光しながら一気に未舗装道路を含む200km移動。翌日も同様に500km以上を走破するというもの。その後Varmahlidでの1泊を挟みアークレイリを拠点としてアスキャ(Askja)やミーバトン(Myvatn)などのポイントを車やツアーで4日間観光するという内容。
まずは最初のハイライト、航空機でのIsafjordurアプローチ(山肌に沿った急旋回で絶景の中着陸する)に想いを馳せながら早朝のレイキャビク空港に移動。しか~し、予定は冒頭から崩れさっていく。

アイスランドが世界最高のもの、
治安
人口密度の低さ
インターネット普及率
治安に関しては2位という説もあるが、実際に訪れると安心感はずば抜けて高く感じる。人が少ないというのもあるが、犯罪が起こりそうな気配があまりない。2度訪問したが「これがパトカー」というのものを見たことがない。いや、多分パトカーだろう、というものは見た。警察官は見ていない。羊や野鳥に襲われそうになったことはある。
漁業従事者が多く、日本より平均所得は多いらしい。主にタラ漁が盛んらしいが最近は日本向けにマグロを空輸している。
ちょっと前には金融破綻したこともあるが最近はうまくやっている。先進国の中では珍しい非武装国家。オリンピックではハンドボールで銀メダルを1度だけ獲得。2016年のユーロではサッカー代表が旋風を巻き起こした。
消費税は35%と高いが、それ以上に物価は高く感じる。ひと声日本の2倍以上、欧州諸国と比べても1.5倍というところ。
有り余る地熱を利用して発電や農業に活用。温水プールは全国で170ヶ所。穀物以外は結構地産地消している、とか。
ネイチャーが売りの観光施設もいたるところにある、というより国土自体が自然の観光施設。財政が厳しく観光施設にカネをかけられないところが、よりネイチャーを際立たせる。商売っ気がないから観光地に売店や露店もない。同じ理由で道路も整備できないところがまたウリとなる。
こんなアイスランドであるが歴史を紐解けば様々な苦労が垣間見える。ノルウェー、デンマークの属国から独立するもの米国に実質軍事支配され、冷戦後は米国から見捨てられ、なりたくてなったわけではなく非武装国家となり、挙げ句の果てに金融破綻。道路を舗装できないのにも納得。旅行者が高いカネを払うのも国家の救済と自然保護のため、と割り切る。
地方に行けば人より羊をよく見る、コンビニも無く、夏場は夜が無く、冬場は昼がほぼ無い、しかしネイチャーがある、これで十分。アイスランドには訪れる価値がある!

旅行の満足度
4.5
観光
5.0
ホテル
3.5
グルメ
4.0
交通
5.0
同行者
カップル・夫婦
交通手段
レンタカー 徒歩 飛行機
航空会社
アイスランド航空 ANA

PR

  • 2015年に続きLondon Heathrow空港での乗り継ぎ。トランジットの時間が5時間ほどありましたが、ターミナル内でなんとかつぶしました。毎回ながら空港とは時間をつぶすところではない、と実感。前のおじさんはおそらくPick Upでしょうが、椅子に座ったまま小さな表示板を誰にともなく見せていました。<br />ちなみにターミナル間の移動はHeathrow Expressも地下鉄も無料です。

    2015年に続きLondon Heathrow空港での乗り継ぎ。トランジットの時間が5時間ほどありましたが、ターミナル内でなんとかつぶしました。毎回ながら空港とは時間をつぶすところではない、と実感。前のおじさんはおそらくPick Upでしょうが、椅子に座ったまま小さな表示板を誰にともなく見せていました。
    ちなみにターミナル間の移動はHeathrow Expressも地下鉄も無料です。

  • アイスランド航空でのケフラビーク空港へのアプローチ。まだ1度しか訪れていないのに見慣れた風景に感じます。とりあえず人工の建造物が見えない・・。<br />こちらの国際線機内販売でVodafon Premium Starter PackというSIMを購入。これの通話機能が今回の旅行で大活躍でした。

    アイスランド航空でのケフラビーク空港へのアプローチ。まだ1度しか訪れていないのに見慣れた風景に感じます。とりあえず人工の建造物が見えない・・。
    こちらの国際線機内販売でVodafon Premium Starter PackというSIMを購入。これの通話機能が今回の旅行で大活躍でした。

  • ケフラビーク空港近くのEldey Airport Hotelが本日のお宿。<br />トランジットホテルで1万5千円というのはどうかと思いますが、アイスランドでバスルーム付きとしてはお安い方です。2015年に泊まった空港徒歩圏内のホテルは3万円以上に値上がりしていたうえ増築工事中でした。どれだけ強気なのでしょうか??<br />ちなみにケフラビーク空港周辺のホテルはホテルの名前がよく替わります。

    ケフラビーク空港近くのEldey Airport Hotelが本日のお宿。
    トランジットホテルで1万5千円というのはどうかと思いますが、アイスランドでバスルーム付きとしてはお安い方です。2015年に泊まった空港徒歩圏内のホテルは3万円以上に値上がりしていたうえ増築工事中でした。どれだけ強気なのでしょうか??
    ちなみにケフラビーク空港周辺のホテルはホテルの名前がよく替わります。

  • なんとバスタブ付きでした。<br />帰り、最終日にも違う部屋に1泊しましたが同様の造りでした。<br />このホテルはスタッフの対応もよくお勧めです。<br />空港からタクシー使わないと行けないのは難点ですが・・。<br />最終日に空港に向かうタクシーでは、フロントスタッフが相乗りの調整をしてくれたのでかなり安く上がりました。

    なんとバスタブ付きでした。
    帰り、最終日にも違う部屋に1泊しましたが同様の造りでした。
    このホテルはスタッフの対応もよくお勧めです。
    空港からタクシー使わないと行けないのは難点ですが・・。
    最終日に空港に向かうタクシーでは、フロントスタッフが相乗りの調整をしてくれたのでかなり安く上がりました。

  • 朝食は5時から。最終日に再度宿泊した際には出発が5時だったのに、サンドイッチを作って果物と一緒に渡してくれました。ちょっとした心遣いに感動です。

    朝食は5時から。最終日に再度宿泊した際には出発が5時だったのに、サンドイッチを作って果物と一緒に渡してくれました。ちょっとした心遣いに感動です。

  • Reykjavik Excursionsの「Flybus」。<br />ケフラビーク空港とレイキャビク市内を結びます。<br />追加料金で各ホテルや国内空港へも接続します。<br />今回はレイキャビク国内空港へ接続乗車しましたが、BSIという中継地点のバスターミナルからは徒歩圏内でした。

    Reykjavik Excursionsの「Flybus」。
    ケフラビーク空港とレイキャビク市内を結びます。
    追加料金で各ホテルや国内空港へも接続します。
    今回はレイキャビク国内空港へ接続乗車しましたが、BSIという中継地点のバスターミナルからは徒歩圏内でした。

  • レイキャビク空港国内線のチェックインは出発45分前から。早く到着しても、何もないところなのでこの時間に合わせて行ったほうがいいと思います。

    レイキャビク空港国内線のチェックインは出発45分前から。早く到着しても、何もないところなのでこの時間に合わせて行ったほうがいいと思います。

    レイキャヴィーク空港 (REK) 空港

    市内から徒歩で移動できます! by kanta21さん
  • ちょっと早く着いたので外観を撮影しました。車を置いて旅行に行く人が多いようで駐車場はかなりたくさんの車が停まっていました。

    ちょっと早く着いたので外観を撮影しました。車を置いて旅行に行く人が多いようで駐車場はかなりたくさんの車が停まっていました。

  • さぁ、いよいよIsafijordur(イーサフィヨルドゥル)へのチェックインを済ませて搭乗を待ちます。果たして9時発の15分ほど前に搭乗の案内があったものの、ほどなく遅延のアナウンス。最初は10分程度だったのですが、その後30分、1時間、3時間と時間変更の繰り返し。13時まで待ったところで最終的に19時の出発予定に変更・・。原因は現地の霧による運航不可ということ。確かにフィヨルドの奥にある、周囲が山岳地帯の空港なので飛行機の操縦には相当の影響があると思われましたが、それにしてもすごい遅れ・・。<br />19時に変更となった時点で、当日予約していたホテルまでたどり着けないことが予想されたので、3日目までの予定をに変更することにしました。<br />飛行機はチャージなしでのキャンセルができましたが、ホテルは当日なので全額徴取、この日のホテルもあわてて探しましたが何とか予約。<br />関係先に電話するのにFree SIMスマホが大活躍でした。

    さぁ、いよいよIsafijordur(イーサフィヨルドゥル)へのチェックインを済ませて搭乗を待ちます。果たして9時発の15分ほど前に搭乗の案内があったものの、ほどなく遅延のアナウンス。最初は10分程度だったのですが、その後30分、1時間、3時間と時間変更の繰り返し。13時まで待ったところで最終的に19時の出発予定に変更・・。原因は現地の霧による運航不可ということ。確かにフィヨルドの奥にある、周囲が山岳地帯の空港なので飛行機の操縦には相当の影響があると思われましたが、それにしてもすごい遅れ・・。
    19時に変更となった時点で、当日予約していたホテルまでたどり着けないことが予想されたので、3日目までの予定をに変更することにしました。
    飛行機はチャージなしでのキャンセルができましたが、ホテルは当日なので全額徴取、この日のホテルもあわてて探しましたが何とか予約。
    関係先に電話するのにFree SIMスマホが大活躍でした。

  • 当日予約したLuna Apartmentというアパートメントスタイルのホテルが本日のお宿。<br />アパートメントスタイルはレイキャビク市内ではかなり普及してます。なれると利便性がよく快適なのですが、スタッフは常駐しておらず、鍵の受け渡し方法に多少慣れが必要、といったデメリットもあります。<br />このホテルはレセプションが少し離れているので注意が必要です。空港から向かう場合はホテルではなくレセプションに行ってください。<br />2017年7月現在でGoogle mapではアパートメントの場所、4Travelではレセプションの場所が表示されています。

    当日予約したLuna Apartmentというアパートメントスタイルのホテルが本日のお宿。
    アパートメントスタイルはレイキャビク市内ではかなり普及してます。なれると利便性がよく快適なのですが、スタッフは常駐しておらず、鍵の受け渡し方法に多少慣れが必要、といったデメリットもあります。
    このホテルはレセプションが少し離れているので注意が必要です。空港から向かう場合はホテルではなくレセプションに行ってください。
    2017年7月現在でGoogle mapではアパートメントの場所、4Travelではレセプションの場所が表示されています。

    ルナ アパートメンツ - ロイガヴェーグル 37 ホテル

  • 改装されてから1~2年くらいしか経っていない感じです。インテリアのセンスもよくとても落ち着く雰囲気でした。<br />

    改装されてから1~2年くらいしか経っていない感じです。インテリアのセンスもよくとても落ち着く雰囲気でした。

  • ベッドルームはコンパクトですがベッド自体が大きくて快適でした。

    ベッドルームはコンパクトですがベッド自体が大きくて快適でした。

  • バスルームにはバスタブはありません。<br />アパートメントスタイルホテルは、普通のホテルに比べたらアメニティも乏しいので石鹸、シャンプー類、髭剃りなどは持参してください。設備はまったく問題ありません。ドライヤーは置いているはずなので見つからなかったらレセプションに連絡したほうがいいです。

    バスルームにはバスタブはありません。
    アパートメントスタイルホテルは、普通のホテルに比べたらアメニティも乏しいので石鹸、シャンプー類、髭剃りなどは持参してください。設備はまったく問題ありません。ドライヤーは置いているはずなので見つからなかったらレセプションに連絡したほうがいいです。

  • リアルなトロールの人形。<br />旅行者の撮影で大人気でした。お土産物屋さんの前にありました。

    リアルなトロールの人形。
    旅行者の撮影で大人気でした。お土産物屋さんの前にありました。

  • ペンギンと思いきやパフィンと呼ばれるアイスランドに生息する鳥の剥製?<br />3万円くらいします。

    ペンギンと思いきやパフィンと呼ばれるアイスランドに生息する鳥の剥製?
    3万円くらいします。

  • レイキャビクの対岸にも根雪を被る山の姿が見られます。

    レイキャビクの対岸にも根雪を被る山の姿が見られます。

  • 2年ぶり再訪のBaejarins Beztu Pylsurというホットドッグスタンド。Pylsurとはソーセージのことで、一般的にアイスランドではホットドッグのことを指すらしい。味は変わっていなかったが少し値上がりしていました。それでもまだまだコスパはバッチリです!<br />今回はほかの場所でもホットドッグを食べましたが、ローストガーリックはアイスランドではスタンダードでどの店でもオプションで用意されてました。基本どこもおいしいです。

    2年ぶり再訪のBaejarins Beztu Pylsurというホットドッグスタンド。Pylsurとはソーセージのことで、一般的にアイスランドではホットドッグのことを指すらしい。味は変わっていなかったが少し値上がりしていました。それでもまだまだコスパはバッチリです!
    今回はほかの場所でもホットドッグを食べましたが、ローストガーリックはアイスランドではスタンダードでどの店でもオプションで用意されてました。基本どこもおいしいです。

    Baejarins Beztu Pylsur (Tryggvatagata) ファーストフード

    宇宙一かどうかは別にして結構うまい by kanta21さん
  • レイキャビクストリートアートは健在でした。<br />前回紹介したストリートアートはほぼ消されることなく今回も残ってました。<br />基本的に「書いてもらった感」が強いです。

    レイキャビクストリートアートは健在でした。
    前回紹介したストリートアートはほぼ消されることなく今回も残ってました。
    基本的に「書いてもらった感」が強いです。

  • 今回の初ビール!<br />お店のビールはアルコールがちゃんと5%くらいあるやつなのでおいしいです。

    今回の初ビール!
    お店のビールはアルコールがちゃんと5%くらいあるやつなのでおいしいです。

  • Scandinavian Restaurantというレストランで夕食。<br />もともとレイキャビク滞在予定はなかったのですが、せっかくだからと旅行中の楽しみにしていたアイスランドロブスターを堪能。正直、まだ高物価に体が慣れていない中、かなりの奮発でしたが量が多くて結局コスパではかなり得をした感じでした。

    Scandinavian Restaurantというレストランで夕食。
    もともとレイキャビク滞在予定はなかったのですが、せっかくだからと旅行中の楽しみにしていたアイスランドロブスターを堪能。正直、まだ高物価に体が慣れていない中、かなりの奮発でしたが量が多くて結局コスパではかなり得をした感じでした。

  • ついでに頼んだローストビーフ。<br />上に載っているポテサラがおいしかったですが、イメージを覆すようなコスパでは残念ながら・・。でも普通においしかったです。

    ついでに頼んだローストビーフ。
    上に載っているポテサラがおいしかったですが、イメージを覆すようなコスパでは残念ながら・・。でも普通においしかったです。

  • 北欧アートか!<br />赤い帽子をかぶった消防士のようでかわいいです。<br />アークレイリに行くと色目が替わっていました。

    北欧アートか!
    赤い帽子をかぶった消防士のようでかわいいです。
    アークレイリに行くと色目が替わっていました。

  • 標識って何気に青空に映えます。

    標識って何気に青空に映えます。

  • さて、昨日の予定変更でレンタカーを手配しましたが、出発をレイキャビク国内空港にしたためホテルから空港まで徒歩で移動。コロコロを持って2㎞くらいの距離でしたが、途中は登坂がなくほぼ一本道で歩道も整備されているので気持ちよく移動できました。<br />タクシーだと3000円くらいかかります。

    さて、昨日の予定変更でレンタカーを手配しましたが、出発をレイキャビク国内空港にしたためホテルから空港まで徒歩で移動。コロコロを持って2㎞くらいの距離でしたが、途中は登坂がなくほぼ一本道で歩道も整備されているので気持ちよく移動できました。
    タクシーだと3000円くらいかかります。

  • さてさて、やっと観光の始まりです。<br />まずはレイキャビクを早々にはなれボルガネスの海底トンネルをくぐり、フロインフォッサル(Hraunfossar)という滝にやってきました。

    さてさて、やっと観光の始まりです。
    まずはレイキャビクを早々にはなれボルガネスの海底トンネルをくぐり、フロインフォッサル(Hraunfossar)という滝にやってきました。

    フロインフォッサル 滝・河川・湖

    ほかの滝とは少し趣が異なります by kanta21さん
  • 前回の旅行で行くのを忘れた場所ですが比較的アクセスが良く、ほかの荒々しい滝とは趣も異なり是非今回訪れたい、と急きょ予定に組み込みました。

    前回の旅行で行くのを忘れた場所ですが比較的アクセスが良く、ほかの荒々しい滝とは趣も異なり是非今回訪れたい、と急きょ予定に組み込みました。

  • 岩山から湧き水のように流れ出る大量の水が、岩肌をなめるように流れている景色が数百mにわたりみられる場所です。百mほど上流にはバーナフォス(Barnafoss)という落差は少ないですが急流の滝があります。

    岩山から湧き水のように流れ出る大量の水が、岩肌をなめるように流れている景色が数百mにわたりみられる場所です。百mほど上流にはバーナフォス(Barnafoss)という落差は少ないですが急流の滝があります。

  • 昨日の予定変更がなければWest Fijordur(西フィヨルド)にあるディンヤンディ(Dinjandy)という滝に行きたかったんです・・。こちらは同じように岩肌をなめる感じの大きな滝ですが、落差が非常に大きい、アイスランドでも代表的な美しい滝なんですよね。

    昨日の予定変更がなければWest Fijordur(西フィヨルド)にあるディンヤンディ(Dinjandy)という滝に行きたかったんです・・。こちらは同じように岩肌をなめる感じの大きな滝ですが、落差が非常に大きい、アイスランドでも代表的な美しい滝なんですよね。

  • 展望台から撮影。<br />石灰質の水がとても美しい青色を見せてくれます。<br />それにしてもアイスランドの高地にはどれだけの水があるのでしょうか?<br />滝を見るたびに考えさせられます。

    展望台から撮影。
    石灰質の水がとても美しい青色を見せてくれます。
    それにしてもアイスランドの高地にはどれだけの水があるのでしょうか?
    滝を見るたびに考えさせられます。

  • こちらはBarnafossの案内板。観光地にはほとんどの場合こうした掲示板が設置されています。

    こちらはBarnafossの案内板。観光地にはほとんどの場合こうした掲示板が設置されています。

  • フロインフォッサルの郵便ポスト。出す方なのか届く方なのか見るのを忘れました・・。

    フロインフォッサルの郵便ポスト。出す方なのか届く方なのか見るのを忘れました・・。

  • フロインフォッサルからの移動中レイクホルト(Reykholt)という小さな町によりました。

    フロインフォッサルからの移動中レイクホルト(Reykholt)という小さな町によりました。

  • 観光の車や観光バスも立ち寄るようですが、どのような見どころがあるのかチェックもせずに教会だけ撮影して失礼しました。<br />かなり田舎ですが立派な教会です。

    観光の車や観光バスも立ち寄るようですが、どのような見どころがあるのかチェックもせずに教会だけ撮影して失礼しました。
    かなり田舎ですが立派な教会です。

  • 名前はわかりませんが移動中に気になった山。<br />富士山のようにとがった姿ですが、やっぱり古代の噴火によって生まれた山なのでしょう。草木が生えず荒々しい感じですが、アイスランドの風景には本当によくマッチします。

    名前はわかりませんが移動中に気になった山。
    富士山のようにとがった姿ですが、やっぱり古代の噴火によって生まれた山なのでしょう。草木が生えず荒々しい感じですが、アイスランドの風景には本当によくマッチします。

  • N1はアイスランド全土にチェーン展開するガソリンスタンドですが、今回の旅行中にはこのような立派な建物のサービスステーションがいくつかありました。<br />アイスランドのドライブではこうした施設は本当に助かります。案の定ほとんどのドライバーが休憩や買い物に利用していました。

    N1はアイスランド全土にチェーン展開するガソリンスタンドですが、今回の旅行中にはこのような立派な建物のサービスステーションがいくつかありました。
    アイスランドのドライブではこうした施設は本当に助かります。案の定ほとんどのドライバーが休憩や買い物に利用していました。

  • 休憩スペースなどにはこうした案内板がありますが、表示があまりにも直前なのでドライブ中はほとんど読み取ることができません・・。マークで感覚的に判断するんですね。

    休憩スペースなどにはこうした案内板がありますが、表示があまりにも直前なのでドライブ中はほとんど読み取ることができません・・。マークで感覚的に判断するんですね。

  • 1号線から711号線に入り約30㎞の未舗装道をドライブ。Hvistserkurという奇岩の名所を目指します。

    1号線から711号線に入り約30㎞の未舗装道をドライブ。Hvistserkurという奇岩の名所を目指します。

  • 未舗装道といってもこのような平たんな道で、一応制限速度も80㎞と表示されていました。未舗装レベルとしてはかなり難易度が低い道路です。<br />目的地の駐車場にも小型の普通車がたくさん停まっていました。<br />とはいっても穴ぼこはところどころあり、運転には最大限注意が必要です。

    未舗装道といってもこのような平たんな道で、一応制限速度も80㎞と表示されていました。未舗装レベルとしてはかなり難易度が低い道路です。
    目的地の駐車場にも小型の普通車がたくさん停まっていました。
    とはいっても穴ぼこはところどころあり、運転には最大限注意が必要です。

  • 目的地のHvistserkurにたどり着いてみると駐車場周辺も思いのほか整備がされていました。<br />訪問する旅行客も多くちょっと驚きました。

    目的地のHvistserkurにたどり着いてみると駐車場周辺も思いのほか整備がされていました。
    訪問する旅行客も多くちょっと驚きました。

  • 本来は水面に奇岩が顔を出すイメージでしたが、この日は潮が引き徒歩で岩までたどり着ける貴重な体験ができました。

    本来は水面に奇岩が顔を出すイメージでしたが、この日は潮が引き徒歩で岩までたどり着ける貴重な体験ができました。

  • 遊歩道は整備されていませんので少し注意の必要な坂道を降りていきます。<br />整備されていないとはいえ、注意すれば特に問題ありません。雨の日は注意が必要です。

    遊歩道は整備されていませんので少し注意の必要な坂道を降りていきます。
    整備されていないとはいえ、注意すれば特に問題ありません。雨の日は注意が必要です。

  • 海面の紋様が美しいです。完全に水が引いている場所があったのでまったく濡れずに渡れました。

    海面の紋様が美しいです。完全に水が引いている場所があったのでまったく濡れずに渡れました。

  • 成り立ちはわかりませんが、近くで見たところでは火山からの堆積物が侵食されたように感じました。

    成り立ちはわかりませんが、近くで見たところでは火山からの堆積物が侵食されたように感じました。

  • 近くで見るとやはり迫力があります。<br />こちらは真横から撮影しました。モアイ増のようなシェイプです。<br />重心が少々左に寄って微妙なバランスです。

    近くで見るとやはり迫力があります。
    こちらは真横から撮影しました。モアイ増のようなシェイプです。
    重心が少々左に寄って微妙なバランスです。

  • こちらは裏側から撮影しました。表側より鳥の糞が多くちょっと汚い感じです。

    こちらは裏側から撮影しました。表側より鳥の糞が多くちょっと汚い感じです。

  • 奇岩には多くの鳥の巣が。この巣ではカモメのひなが顔を出していました。

    奇岩には多くの鳥の巣が。この巣ではカモメのひなが顔を出していました。

  • 潮位が高い場合はこの場所から展望します。

    潮位が高い場合はこの場所から展望します。

  • 本日の宿泊地バーマリッド(Varmahlid)への移動中の町ブリョンドゥオース(Blionduoes)にあった教会の十字架。なかなか印象的でした。<br />

    本日の宿泊地バーマリッド(Varmahlid)への移動中の町ブリョンドゥオース(Blionduoes)にあった教会の十字架。なかなか印象的でした。

  • 今回予定変更でレンタルしたVW POLO。大型スーツケース2つはトランクルームに入りません。

    今回予定変更でレンタルしたVW POLO。大型スーツケース2つはトランクルームに入りません。

  • 3泊目はバーマリッド(Varmahlid)にあるHotel Varmahlid。わずか130人程度の人口ですが、この町には似つかない3階建ての立派なホテルです。<br />食事の場所は町の中にあまりないようなのでホテルで食事をいただきました。

    3泊目はバーマリッド(Varmahlid)にあるHotel Varmahlid。わずか130人程度の人口ですが、この町には似つかない3階建ての立派なホテルです。
    食事の場所は町の中にあまりないようなのでホテルで食事をいただきました。

  • アイスランドといえばスープ?ですね。<br />レストランでの食事ではほとんどすべてのお店でいただきました。<br />量が多くて結構おなかにたまります。

    アイスランドといえばスープ?ですね。
    レストランでの食事ではほとんどすべてのお店でいただきました。
    量が多くて結構おなかにたまります。

  • こちらはナンがついているカレーのセット。アイスランドでカレーか、というところですが意外とタイ料理店が多かったりで、カレーもいろいろなお店でメニューにみられました。

    こちらはナンがついているカレーのセット。アイスランドでカレーか、というところですが意外とタイ料理店が多かったりで、カレーもいろいろなお店でメニューにみられました。

  • レイキャビクで借りたレンタカーの返却を9時にアークレイリ空港にしていたので、早めにVarmahlidを出発、アークレイリ市内を通過して何とか時間内に到着。しかし人気が全くない・・・。

    レイキャビクで借りたレンタカーの返却を9時にアークレイリ空港にしていたので、早めにVarmahlidを出発、アークレイリ市内を通過して何とか時間内に到着。しかし人気が全くない・・・。

    アークレイリ空港 (AEY) 空港

    コンパクトな地方空港 by kanta21さん
  • しかし人気が全くない・・・。チェックインカウンターも閉鎖。

    しかし人気が全くない・・・。チェックインカウンターも閉鎖。

  • レンタカーオフィスも全部閉まってる・・。どうしましょ。<br />

    レンタカーオフィスも全部閉まってる・・。どうしましょ。

  • するとスタッフがたまたま通りかかって、返却であればKey Boxに入れておけ、と。<br />しかし、我々はここから別のレンタカーを借りることになっているんです、と伝えたところ電話しろ、と。。。。シンプルアンサー。<br />というわけで、カウンターにあった電話で呼び出し。結局、スタッフは市内のオフィスと掛け持ちで、飛行機の到着に合わせて空港に移動してくるようでした。市内からは5分くらいの距離なので、電話を切ってからほどなくやってきました。でも最初に来た際にKeyを忘れた、とのことで再度オフィスに戻る失態。結局レンタルするのに30分ほど遅れました・・。

    するとスタッフがたまたま通りかかって、返却であればKey Boxに入れておけ、と。
    しかし、我々はここから別のレンタカーを借りることになっているんです、と伝えたところ電話しろ、と。。。。シンプルアンサー。
    というわけで、カウンターにあった電話で呼び出し。結局、スタッフは市内のオフィスと掛け持ちで、飛行機の到着に合わせて空港に移動してくるようでした。市内からは5分くらいの距離なので、電話を切ってからほどなくやってきました。でも最初に来た際にKeyを忘れた、とのことで再度オフィスに戻る失態。結局レンタルするのに30分ほど遅れました・・。

  • こちらの掲示板で定期便の運航がモニタリングできます。アイスランド第二の都市とはいえ人口2万人弱なのでやっぱり定期便も少ないです。

    こちらの掲示板で定期便の運航がモニタリングできます。アイスランド第二の都市とはいえ人口2万人弱なのでやっぱり定期便も少ないです。

25いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

アイスランドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アイスランド最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アイスランドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集