マウントクック国立公園周辺 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

 クイーンズタウンで2泊、念願のオーロラ撮影にも成功して、悠然とマウントクックへ車で移動です。幹線道路8号線を利用すれば、比較的時間短縮でたどり着けるはずですが、折角の機会、峠越えをしてワナカ経由でマウントクックへ向かいました。定番のハミテージホテルは取れなかったので、場所的に不安だったのですが、敷地内のモーテル。星空撮影の希望は叶いませんでしたが、朝夕のマウントクックは期待通り。そして翌日から2泊は、テカポ湖の星景写真撮影です。いや~どこへ行っても中国人の団体客に遭遇しますが、テカポ湖の教会付近は、中国と見間違うほどです。念願の「サーモン丼」も頂き、撮影結果もそれなりに終わり、クライストチャーチに向かいました。<br /> クライストチャーチ地震は、東日本大震災の2週間前、「津波」に飲み込まれて、惨状の報道が少なく、知らされていません。日本人語学留学生の多くの命を失った大聖堂付近、2009年当時の面影は全くありません。ビル建築が進む中で、空き地も多くみられます。認識不足でした。翌朝6時発のクライストチャーチ発オークランド乗り換えで帰国の途につきました。<br />秋の季節も捨てがたいですが、ルピナスの咲く早春のニュージーランド、懐具合が良ければ、是非再訪したい国の一つです。

星空を求めてマウントクック周辺へ(マウントクック&テカポ湖編)

20いいね!

2017/04/20 - 2017/04/27

36位(同エリア331件中)

    93

     クイーンズタウンで2泊、念願のオーロラ撮影にも成功して、悠然とマウントクックへ車で移動です。幹線道路8号線を利用すれば、比較的時間短縮でたどり着けるはずですが、折角の機会、峠越えをしてワナカ経由でマウントクックへ向かいました。定番のハミテージホテルは取れなかったので、場所的に不安だったのですが、敷地内のモーテル。星空撮影の希望は叶いませんでしたが、朝夕のマウントクックは期待通り。そして翌日から2泊は、テカポ湖の星景写真撮影です。いや~どこへ行っても中国人の団体客に遭遇しますが、テカポ湖の教会付近は、中国と見間違うほどです。念願の「サーモン丼」も頂き、撮影結果もそれなりに終わり、クライストチャーチに向かいました。
     クライストチャーチ地震は、東日本大震災の2週間前、「津波」に飲み込まれて、惨状の報道が少なく、知らされていません。日本人語学留学生の多くの命を失った大聖堂付近、2009年当時の面影は全くありません。ビル建築が進む中で、空き地も多くみられます。認識不足でした。翌朝6時発のクライストチャーチ発オークランド乗り換えで帰国の途につきました。
    秋の季節も捨てがたいですが、ルピナスの咲く早春のニュージーランド、懐具合が良ければ、是非再訪したい国の一つです。

    同行者
    友人
    一人あたり費用
    25万円 - 30万円
    交通手段
    レンタカー
    航空会社
    ニュージーランド航空
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    5.0
    ホテル
    4.0
    グルメ
    4.5
    交通
    5.0

    PR

    • クイーンズタウンで2泊し、昼間は、アロータウンなど周辺の地域を動き回り、朝夕は、「ワカティブ湖畔」で撮影でした。幸いにして赤いオーロラを撮影出来て、感激を胸にモーテルを後にしました。<br />このオーロラが、秋・冬の時期だけに観られるのか、年中なのかは判りませんが、南島南部にお出かけの方は、是非、撮影のチャンスを狙って欲しいですね。

      クイーンズタウンで2泊し、昼間は、アロータウンなど周辺の地域を動き回り、朝夕は、「ワカティブ湖畔」で撮影でした。幸いにして赤いオーロラを撮影出来て、感激を胸にモーテルを後にしました。
      このオーロラが、秋・冬の時期だけに観られるのか、年中なのかは判りませんが、南島南部にお出かけの方は、是非、撮影のチャンスを狙って欲しいですね。

    • 4日目(23日)より最終日(27日)までを記述しています。

      4日目(23日)より最終日(27日)までを記述しています。

    • さて、今日3日目は、マウントクックへ移動です。移動ルートは、最短距離を行く方法(6号線利用)もあるのですが、ワナカへ経由にしました。ちょっと遠回りです。アロータウンジャンクションを過ぎて、「ワナカへ」の標識を確認し、「クラウン・レンジロード」へ入ります。峠越えの高原ロードです。<br />

      さて、今日3日目は、マウントクックへ移動です。移動ルートは、最短距離を行く方法(6号線利用)もあるのですが、ワナカへ経由にしました。ちょっと遠回りです。アロータウンジャンクションを過ぎて、「ワナカへ」の標識を確認し、「クラウン・レンジロード」へ入ります。峠越えの高原ロードです。

    • 途中に見晴らし台を兼ねた駐車場があります。特別な施設があるわけではありません。<br /> これから、名称が「カードローナ・バレー・ロード」に代わります。

      途中に見晴らし台を兼ねた駐車場があります。特別な施設があるわけではありません。
       これから、名称が「カードローナ・バレー・ロード」に代わります。

    • ワナカ湖畔の紅葉です。ガイドブックに掲載されているシーンと同じですね。

      ワナカ湖畔の紅葉です。ガイドブックに掲載されているシーンと同じですね。

      ワナカ湖 滝・河川・湖

    • ワナカ湖の穏やかな水面です。ワナカ湖の岸辺は、歩き易く家族連れの姿が目につきました。

      ワナカ湖の穏やかな水面です。ワナカ湖の岸辺は、歩き易く家族連れの姿が目につきました。

      ワナカ湖 滝・河川・湖

    • ワナカは期待外れでした。車を降りることなく素通りしていざマウントクックへ。<br />6号線から8A号線へ。制限時速は、100㎞/Hです。

      ワナカは期待外れでした。車を降りることなく素通りしていざマウントクックへ。
      6号線から8A号線へ。制限時速は、100㎞/Hです。

    • 8A号線を走り間もなく、川に差し掛かると日本ではお目にかからない道路標識がありました。橋の幅が狭く1台しか通れません。どちらが優先かを示しています。ニュージーランドでは、ダウンタウンを離れると各所でこの標識を目することになります。

      8A号線を走り間もなく、川に差し掛かると日本ではお目にかからない道路標識がありました。橋の幅が狭く1台しか通れません。どちらが優先かを示しています。ニュージーランドでは、ダウンタウンを離れると各所でこの標識を目することになります。

    • 川の水の美しさに車を降りて、周辺をうろうろして撮影です。

      川の水の美しさに車を降りて、周辺をうろうろして撮影です。

    • 橋の中間です。前方から車が走ってきます。手すりに身体を寄せて撮影です。

      橋の中間です。前方から車が走ってきます。手すりに身体を寄せて撮影です。

    • 橋の上は、コンクリートがうってありますが、所々にこのような補修がしてあります。木の板です。大丈夫なんですかね。

      橋の上は、コンクリートがうってありますが、所々にこのような補修がしてあります。木の板です。大丈夫なんですかね。

    • アオアラキ・マウントクック、クライストチャーチの名前が出てきました。でもこれから2時間は掛るであろう距離です。<br />「オマラマ」は、マウントクックとテカポ湖への途中です。

      アオアラキ・マウントクック、クライストチャーチの名前が出てきました。でもこれから2時間は掛るであろう距離です。
      「オマラマ」は、マウントクックとテカポ湖への途中です。

    • 制限時速100㎞の一般道路、どこまでも続きます。行き交う車の数も少ないです。

      制限時速100㎞の一般道路、どこまでも続きます。行き交う車の数も少ないです。

    • 車窓から朝もやが立ち込めている風景をキャッチ。二人揃って「停めよう」と降車。

      車窓から朝もやが立ち込めている風景をキャッチ。二人揃って「停めよう」と降車。

    • 牧草地なのでしょう。羊の姿は見えませんでしたが牧歌的な風景です。

      牧草地なのでしょう。羊の姿は見えませんでしたが牧歌的な風景です。

    • マウントクックへ向かう途中の町、名前は忘れました。店内に入るとお土産品で溢れていました。アメリカ西部を思わせる光景ですが、店先の自転車がちょっと違和感です。

      マウントクックへ向かう途中の町、名前は忘れました。店内に入るとお土産品で溢れていました。アメリカ西部を思わせる光景ですが、店先の自転車がちょっと違和感です。

    • レストラン兼土産品店、ここで昼食をとりました。バーガーにホットチョコレートです。

      レストラン兼土産品店、ここで昼食をとりました。バーガーにホットチョコレートです。

    • マウントクックとテカポ湖の分岐点、ブカキ湖畔にて湖を望んでいます。

      マウントクックとテカポ湖の分岐点、ブカキ湖畔にて湖を望んでいます。

    • 8号線から分かれてブカキ湖に沿って80号線を走り、マウントクックへ向かいます。<br />遠くにアオラキ/マウントクックが見えます。

      8号線から分かれてブカキ湖に沿って80号線を走り、マウントクックへ向かいます。
      遠くにアオラキ/マウントクックが見えます。

    • マウントクック・ビレッジ内のインフォメーションセンターです。左手側がハミテージホテルへ向かいます。

      マウントクック・ビレッジ内のインフォメーションセンターです。左手側がハミテージホテルへ向かいます。

      アオラキ マウント クック国立公園 山・渓谷

    1件目~20件目を表示(全93件中)

    この旅行記のタグ

      20いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      マウントクック国立公園周辺(ニュージーランド) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集