長岡京・向日 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
乙訓(おとくに)寺は居並ぶ京都の寺院の中ではマイナーな存在ですが、実は聖徳太子や空海、最澄が関わった由緒ある古刹です。正式には真言宗豊山派大慈山乙訓寺と言い、牡丹で有名な奈良 長谷寺の末寺に当たります。<br />784(延暦3)年、継体天皇が弟国宮(おとくにのみや)を築いたとも伝わるこの地に、太秦の広隆寺(603年創建)とほぼ同年に推古天皇の勅願で聖徳太子が十一面観音菩薩を本尊に開山した乙訓地方最古の寺院です。その裏付けとして、寺院の設計には法隆寺と同じ高麗尺が使われています。<br />また、『水鏡』によると、長岡京の都造りの中心人物だった藤原種継暗殺の疑いで継体天皇の弟 早良親王が幽閉された寺でもあります。更には、811(弘仁2)年には空海がこの寺の別当に任じられ、その翌年に訪れた最澄と密教について法論を交わしたとされる仏教史上有数の寺院でもあります。<br />その後、永禄年間(1558~69年)織田信長の兵火により一時衰微しましたが、1695(元禄8)年、護持院隆光が5代将軍 綱吉の母 桂昌院の援助により再興されました。<br />現在も「今里の弘法さん」と親しまれています。また、勘の鋭い方はご察しの通り、長谷寺の末寺ですからここも牡丹が売りです。毎年、4月下旬~5月上旬は30種2000株の大輪の牡丹が境内に咲き誇り、「牡丹の寺」として広く親しまれています。 <br />乙訓寺のHPです。<br />http://www.eonet.ne.jp/~otokunidera/

青嵐薫風 長岡京逍遥②乙訓寺

803いいね!

2017/04/30 - 2017/04/30

2位(同エリア373件中)

    53

    montsaintmichel

    montsaintmichelさん

    乙訓(おとくに)寺は居並ぶ京都の寺院の中ではマイナーな存在ですが、実は聖徳太子や空海、最澄が関わった由緒ある古刹です。正式には真言宗豊山派大慈山乙訓寺と言い、牡丹で有名な奈良 長谷寺の末寺に当たります。
    784(延暦3)年、継体天皇が弟国宮(おとくにのみや)を築いたとも伝わるこの地に、太秦の広隆寺(603年創建)とほぼ同年に推古天皇の勅願で聖徳太子が十一面観音菩薩を本尊に開山した乙訓地方最古の寺院です。その裏付けとして、寺院の設計には法隆寺と同じ高麗尺が使われています。
    また、『水鏡』によると、長岡京の都造りの中心人物だった藤原種継暗殺の疑いで継体天皇の弟 早良親王が幽閉された寺でもあります。更には、811(弘仁2)年には空海がこの寺の別当に任じられ、その翌年に訪れた最澄と密教について法論を交わしたとされる仏教史上有数の寺院でもあります。
    その後、永禄年間(1558~69年)織田信長の兵火により一時衰微しましたが、1695(元禄8)年、護持院隆光が5代将軍 綱吉の母 桂昌院の援助により再興されました。
    現在も「今里の弘法さん」と親しまれています。また、勘の鋭い方はご察しの通り、長谷寺の末寺ですからここも牡丹が売りです。毎年、4月下旬~5月上旬は30種2000株の大輪の牡丹が境内に咲き誇り、「牡丹の寺」として広く親しまれています。
    乙訓寺のHPです。
    http://www.eonet.ne.jp/~otokunidera/

    同行者
    カップル・夫婦
    交通手段
    私鉄
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0

    PR

    • 表門(惣門、赤門:市指定文化財)<br />背の高い樹木に見守られるように、住宅街の道の先に山門が佇んでいます。<br />長岡京は乙訓地域に位置し、向日市や大山崎町の2市1町からなり、数々の歴史舞台として知られ、『記紀』には「弟国(おとくに)」という地名が登場するほどです。<br />784(延暦3)年、桓武天皇の命により、奈良の平城京から遷都されたのが幻の都「長岡京」です。唐都の長安を模し、堂々たる都城造りが進められ、乙訓寺は都の鎮めとして重んじられました。平安京に遷都されるまでの僅か10年間の歴史には、藤原種継の暗殺事件を発端に、その罪を疑われた早良親王の流罪とその後の天変地異による飢饉など不吉なことが続いてやむなく遷都するに至る「祟り伝説」が語り継がれています。

      表門(惣門、赤門:市指定文化財)
      背の高い樹木に見守られるように、住宅街の道の先に山門が佇んでいます。
      長岡京は乙訓地域に位置し、向日市や大山崎町の2市1町からなり、数々の歴史舞台として知られ、『記紀』には「弟国(おとくに)」という地名が登場するほどです。
      784(延暦3)年、桓武天皇の命により、奈良の平城京から遷都されたのが幻の都「長岡京」です。唐都の長安を模し、堂々たる都城造りが進められ、乙訓寺は都の鎮めとして重んじられました。平安京に遷都されるまでの僅か10年間の歴史には、藤原種継の暗殺事件を発端に、その罪を疑われた早良親王の流罪とその後の天変地異による飢饉など不吉なことが続いてやむなく遷都するに至る「祟り伝説」が語り継がれています。

    • 表門<br />1695(元禄8)年の建立となる、一間一戸、四脚門、切妻造、本瓦葺です。<br />『日本書紀』の垂仁天皇15年の条に弟国(=乙訓)の地名の起源説話があります。皇后の日葉酢媛(ひすばすひめ)の妹 竹野媛の容姿が醜かったことから、出生地の丹波国に戻されました。その道中、葛野(かどの)にて自ら輿から堕ちて命を絶ちました。そこで、その土地が堕国(おちくに)と呼ばれるようになり、それが訛って弟国(おとくに)になったそうです。そして後に乙訓に改まりました。

      表門
      1695(元禄8)年の建立となる、一間一戸、四脚門、切妻造、本瓦葺です。
      『日本書紀』の垂仁天皇15年の条に弟国(=乙訓)の地名の起源説話があります。皇后の日葉酢媛(ひすばすひめ)の妹 竹野媛の容姿が醜かったことから、出生地の丹波国に戻されました。その道中、葛野(かどの)にて自ら輿から堕ちて命を絶ちました。そこで、その土地が堕国(おちくに)と呼ばれるようになり、それが訛って弟国(おとくに)になったそうです。そして後に乙訓に改まりました。

    • 表門<br />今から約1200年前、この寺で歴史に残る2つの大きな出来事が起こっています。<br />一つは日本密教の原点を築いた空海と最澄の2大巨星がこの寺で最初の出会いを果たし、その後の日本仏教が大きな発展を遂げる礎となったことです。<br />もう一つは、長岡宮の造営長官 藤原種継の暗殺事件への関与を疑われた早良親王がこの寺に幽閉され、淡路島へ護送途中に憤死したことに起因する社会的不安の発生です。この事件では「怨霊の祟り説」が流布され、都を恐怖のどん底に陥れ、長岡京が平安京に遷都されるきっかけとなりました。

      表門
      今から約1200年前、この寺で歴史に残る2つの大きな出来事が起こっています。
      一つは日本密教の原点を築いた空海と最澄の2大巨星がこの寺で最初の出会いを果たし、その後の日本仏教が大きな発展を遂げる礎となったことです。
      もう一つは、長岡宮の造営長官 藤原種継の暗殺事件への関与を疑われた早良親王がこの寺に幽閉され、淡路島へ護送途中に憤死したことに起因する社会的不安の発生です。この事件では「怨霊の祟り説」が流布され、都を恐怖のどん底に陥れ、長岡京が平安京に遷都されるきっかけとなりました。

    • 表門<br />丹塗りの山門に掲げられた扁額には山号「大慈山」とあります。<br />寛平年間(889~98年)に仏門に入った宇多法皇が一時ここを行宮にするために堂塔を整備したことから、「法皇寺」とも呼ばれていたそうです。室町時代になると衰えますが、それでも12坊あったとされます。 <br />その後内紛があり、足利義満は僧徒を追放して南禅寺 白英徳俊にこの寺を与え、禅宗 臨済宗の寺院に改めました。その後、織田信長の兵火でも衰微しました。そして江戸時代に徳川綱吉とその母の桂昌院の援助で再興され、護持院隆光が入寺して再び真言宗に改宗しています。

      表門
      丹塗りの山門に掲げられた扁額には山号「大慈山」とあります。
      寛平年間(889~98年)に仏門に入った宇多法皇が一時ここを行宮にするために堂塔を整備したことから、「法皇寺」とも呼ばれていたそうです。室町時代になると衰えますが、それでも12坊あったとされます。
      その後内紛があり、足利義満は僧徒を追放して南禅寺 白英徳俊にこの寺を与え、禅宗 臨済宗の寺院に改めました。その後、織田信長の兵火でも衰微しました。そして江戸時代に徳川綱吉とその母の桂昌院の援助で再興され、護持院隆光が入寺して再び真言宗に改宗しています。

    • 表門 鬼瓦<br />司馬遼太郎著『空海の風景』は氏の歴史小説の中では異色の作品ですが、その中に出てくる乙訓寺の記述が印象的ですので紹介いたします。<br />「…乙訓寺へ空海は別当としてゆくのである。ひとたびは牢として使われさらには桓武以後の宮廷が異変のあるたびに、「早良親王の祟りではないか」とおびえているような不吉な寺にゆくというのは、祟りなど空海の思想からみて歯牙にかけるべき現象ではないとはいえ、しかしこの当時の一般の感覚からすればめでたい寺の名前とは言いがたい。…乙訓寺はいまもある。京都府長岡京市今里にあり、まわりは住宅にかこまれて往年明星野といわれた宵の明星のうつくしい雑木林は、わずかに寺の裏に残っている程度である。境内は三、四千坪になり、本堂その他の建物があるにすぎず、往年の乙訓寺をしのぶことはやや無理かと思える。このあたりの孟宗竹の薮は徳川期に入ってからのものだから、空海の頃にはそれはない。雑木林が多かったといわれる。寺は空海の頃にはすでに荒れていた」。

      表門 鬼瓦
      司馬遼太郎著『空海の風景』は氏の歴史小説の中では異色の作品ですが、その中に出てくる乙訓寺の記述が印象的ですので紹介いたします。
      「…乙訓寺へ空海は別当としてゆくのである。ひとたびは牢として使われさらには桓武以後の宮廷が異変のあるたびに、「早良親王の祟りではないか」とおびえているような不吉な寺にゆくというのは、祟りなど空海の思想からみて歯牙にかけるべき現象ではないとはいえ、しかしこの当時の一般の感覚からすればめでたい寺の名前とは言いがたい。…乙訓寺はいまもある。京都府長岡京市今里にあり、まわりは住宅にかこまれて往年明星野といわれた宵の明星のうつくしい雑木林は、わずかに寺の裏に残っている程度である。境内は三、四千坪になり、本堂その他の建物があるにすぎず、往年の乙訓寺をしのぶことはやや無理かと思える。このあたりの孟宗竹の薮は徳川期に入ってからのものだから、空海の頃にはそれはない。雑木林が多かったといわれる。寺は空海の頃にはすでに荒れていた」。

    • 表門 鬼瓦<br />鬼瓦も阿吽で表現しています。<br />鳥伏間には三つ葉葵の紋が輝いています。5代将軍 綱吉の母 桂昌院の援助により再興されたことの証です。<br />山門で時間を費やすのはもったいないので、先へ駒を進めましょう。

      表門 鬼瓦
      鬼瓦も阿吽で表現しています。
      鳥伏間には三つ葉葵の紋が輝いています。5代将軍 綱吉の母 桂昌院の援助により再興されたことの証です。
      山門で時間を費やすのはもったいないので、先へ駒を進めましょう。

    • 参道<br />山門を潜った先は、こうした「牡丹の回廊」となっています。しかしこのお寺の牡丹の歴史は比較的浅く、1940(昭和15)年からのことだそうです。<br />元々は表門から本堂まで続く松の並木が美しいことで有名な寺院でした。それらが1934(昭和9)年の室戸台風で倒木し、また、応仁の乱も生き延びたモチノキや弘法大師お手植えの菩提樹も多大な損害を被りました。その惨状を目にした乙訓寺第19世 海延の伯父の長谷寺第68世能化(住職)海雲全教和上が、本尊への供花、荘厳花として、また同時に参拝者に暫しの安寧を念じ、長年育てた牡丹のうちの2株を寄進されたのが始まりです。<br />その後、歴代の住職達の手によって徐々に増やされ、現在では30種2000株の大輪の牡丹が境内を妖艶に彩っています。

      参道
      山門を潜った先は、こうした「牡丹の回廊」となっています。しかしこのお寺の牡丹の歴史は比較的浅く、1940(昭和15)年からのことだそうです。
      元々は表門から本堂まで続く松の並木が美しいことで有名な寺院でした。それらが1934(昭和9)年の室戸台風で倒木し、また、応仁の乱も生き延びたモチノキや弘法大師お手植えの菩提樹も多大な損害を被りました。その惨状を目にした乙訓寺第19世 海延の伯父の長谷寺第68世能化(住職)海雲全教和上が、本尊への供花、荘厳花として、また同時に参拝者に暫しの安寧を念じ、長年育てた牡丹のうちの2株を寄進されたのが始まりです。
      その後、歴代の住職達の手によって徐々に増やされ、現在では30種2000株の大輪の牡丹が境内を妖艶に彩っています。

    • 通常、まず赤色の牡丹が咲き、次に白色の牡丹、最後に黄色の牡丹という順番でリレー式に咲いていくそうです。しかし桜同様に今年は開花が遅かったのか、見事にどの色の牡丹も一斉に咲いています。<br />因みに開花する花色の順番は、偶然の一致なのか童謡『チューリップ』の歌詞と同じです。「赤、白、黄色~♪」。

      通常、まず赤色の牡丹が咲き、次に白色の牡丹、最後に黄色の牡丹という順番でリレー式に咲いていくそうです。しかし桜同様に今年は開花が遅かったのか、見事にどの色の牡丹も一斉に咲いています。
      因みに開花する花色の順番は、偶然の一致なのか童謡『チューリップ』の歌詞と同じです。「赤、白、黄色~♪」。

    • 白い牡丹がそよ風になびく様は、まるでティッシュペーパーで模造した花を彷彿とさせ、頬が弛みます。<br />牡丹と芍薬の違いをご存知でしょうか?<br />共に牡丹科牡丹族ですが、牡丹は低木(木本植物)で木の姿で冬越し、芍薬は草(草本植物)で冬は地上部が枯れて根が生き残ります。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と言われますから、芍薬はすらりと伸びて背が高く、牡丹は木で枝分かれして低い位置に咲きます。<br />しかし例外もあり、ここの牡丹は背が高く、芍薬と勘違いしそうです。と言うのも、近年は牡丹と芍薬の交配が進んでいるそうですから…。

      白い牡丹がそよ風になびく様は、まるでティッシュペーパーで模造した花を彷彿とさせ、頬が弛みます。
      牡丹と芍薬の違いをご存知でしょうか?
      共に牡丹科牡丹族ですが、牡丹は低木(木本植物)で木の姿で冬越し、芍薬は草(草本植物)で冬は地上部が枯れて根が生き残ります。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と言われますから、芍薬はすらりと伸びて背が高く、牡丹は木で枝分かれして低い位置に咲きます。
      しかし例外もあり、ここの牡丹は背が高く、芍薬と勘違いしそうです。と言うのも、近年は牡丹と芍薬の交配が進んでいるそうですから…。

    • 牡丹色とはこの花の色彩を指すそうです。明治時代に爆発的に流行した色で、華やかな色彩が女性たちに支持されたようです。<br />牡丹の花は古来、その絢爛な色と形から「富貴の花」として観賞され、その観賞記事は『枕草子』や『栄花物語』などの平安文学にも見られます。色彩名として牡丹の名前が登場するのは平安時代後期の女房装束の袿(うちぎ)の重ね(5つ衣)に用いられた「襲の色目(かさねのいろめ)」の色名としてであり、表裏の組み合わせは淡蘇芳、白、濃い赤などとされています。

      牡丹色とはこの花の色彩を指すそうです。明治時代に爆発的に流行した色で、華やかな色彩が女性たちに支持されたようです。
      牡丹の花は古来、その絢爛な色と形から「富貴の花」として観賞され、その観賞記事は『枕草子』や『栄花物語』などの平安文学にも見られます。色彩名として牡丹の名前が登場するのは平安時代後期の女房装束の袿(うちぎ)の重ね(5つ衣)に用いられた「襲の色目(かさねのいろめ)」の色名としてであり、表裏の組み合わせは淡蘇芳、白、濃い赤などとされています。

    • 仏教的な寺院に相応しい牡丹の色としては、こうした蓮の花をイメージさせる薄桃色もいいかもしれません。<br />こうしたピンク系は結構見かけました。

      仏教的な寺院に相応しい牡丹の色としては、こうした蓮の花をイメージさせる薄桃色もいいかもしれません。
      こうしたピンク系は結構見かけました。

    • 境内<br />牡丹の廻廊を抜けると正面に十三重石塔、その左に空海が手植えしたとされる菩提樹、その奥に鐘楼などが見渡せます。<br />手前左には地蔵堂が佇み、右側にあるのは地蔵塔です。<br />

      境内
      牡丹の廻廊を抜けると正面に十三重石塔、その左に空海が手植えしたとされる菩提樹、その奥に鐘楼などが見渡せます。
      手前左には地蔵堂が佇み、右側にあるのは地蔵塔です。

    • 地蔵堂<br />こちらのお地蔵さまは、日限(ひぎり)という地蔵尊を祀っており、全国各地に存在するオーソドックスな地蔵尊です。<br />日限地蔵は、その名の通り「日を限って(日を限定して)祈願すると願いが叶えられる」と伝えられています。欲の皮が突っ張らないように、期間限定で祈念なさってください。<br />堂宇の左側には大きなわらじが奉納されています。「地蔵とわらじ」で思い出すのは、松尾山麓に佇む鈴虫寺です。ここの「幸福地蔵様」は唯一わらじを履いておられます。このお地蔵様にお願い事をすると、私たちのもとへ歩いて来て、願いを叶えてくださるからと言われています。ここも同じような伝承があるのでしょうか?

      地蔵堂
      こちらのお地蔵さまは、日限(ひぎり)という地蔵尊を祀っており、全国各地に存在するオーソドックスな地蔵尊です。
      日限地蔵は、その名の通り「日を限って(日を限定して)祈願すると願いが叶えられる」と伝えられています。欲の皮が突っ張らないように、期間限定で祈念なさってください。
      堂宇の左側には大きなわらじが奉納されています。「地蔵とわらじ」で思い出すのは、松尾山麓に佇む鈴虫寺です。ここの「幸福地蔵様」は唯一わらじを履いておられます。このお地蔵様にお願い事をすると、私たちのもとへ歩いて来て、願いを叶えてくださるからと言われています。ここも同じような伝承があるのでしょうか?

    • 地蔵堂<br />扁額には「日限地蔵尊」とあります。<br />こちらの堂宇では、ドラと鈴でけたたましく地蔵尊を呼び出すようです。<br />恵比寿社には「たたき板」や「木槌」が供えられている所もあるのですが…。恵比寿は元々耳が遠く、大きな音をたてないと振り向いてくれないためです。

      地蔵堂
      扁額には「日限地蔵尊」とあります。
      こちらの堂宇では、ドラと鈴でけたたましく地蔵尊を呼び出すようです。
      恵比寿社には「たたき板」や「木槌」が供えられている所もあるのですが…。恵比寿は元々耳が遠く、大きな音をたてないと振り向いてくれないためです。

    • 地蔵堂<br />天井には、中央の梵字を挟むように檀家と思しき方々の家紋と苗字が記されています。

      地蔵堂
      天井には、中央の梵字を挟むように檀家と思しき方々の家紋と苗字が記されています。

    • 地蔵堂 絵馬<br />悪業を戒め、説法をされているシーンでしょうか?

      地蔵堂 絵馬
      悪業を戒め、説法をされているシーンでしょうか?

    • 地蔵堂 絵馬<br />牡丹寺に因む絵馬もあります。

      地蔵堂 絵馬
      牡丹寺に因む絵馬もあります。

    • 地蔵塔<br />地蔵堂の向かいに建つのが、地藏つながりの地蔵塔です。<br />整然と並べられた5段の豆地蔵さまたちには吃驚ポンです。<br />全部で300体ほどあるようです。<br />

      地蔵塔
      地蔵堂の向かいに建つのが、地藏つながりの地蔵塔です。
      整然と並べられた5段の豆地蔵さまたちには吃驚ポンです。
      全部で300体ほどあるようです。

    • 地蔵塔<br />赤い前掛けをしているお地蔵さんとそうでないものが混在しており、それぞれに寄進者が存在するようです。<br />では何故、お地蔵さんは赤い前掛けを着けているのでしょうか?<br />それには2つの説があるようです。<br />1.「赤」は人間の煩悩を表し、赤色の前掛けをお地蔵さんに託すことによって、<br />自己の煩悩から逃れることができるそうです。前掛けの赤色が風雨に晒されて徐々に色褪せていくと、人々はお地蔵さんが自分の煩悩を引き受けてくれていることを実感できるという説です。<br />2.水子供養において赤色はとても大切な色で、まず、生まれたての子供のことを赤ちゃん、赤ん坊、赤子など「赤」という色で表現します。赤は太陽の色でもあり、生命の起源をも象徴しています。従って、お地蔵さまの赤いよだれかけは、水子の再生の可能性を表しているという説です。

      地蔵塔
      赤い前掛けをしているお地蔵さんとそうでないものが混在しており、それぞれに寄進者が存在するようです。
      では何故、お地蔵さんは赤い前掛けを着けているのでしょうか?
      それには2つの説があるようです。
      1.「赤」は人間の煩悩を表し、赤色の前掛けをお地蔵さんに託すことによって、
      自己の煩悩から逃れることができるそうです。前掛けの赤色が風雨に晒されて徐々に色褪せていくと、人々はお地蔵さんが自分の煩悩を引き受けてくれていることを実感できるという説です。
      2.水子供養において赤色はとても大切な色で、まず、生まれたての子供のことを赤ちゃん、赤ん坊、赤子など「赤」という色で表現します。赤は太陽の色でもあり、生命の起源をも象徴しています。従って、お地蔵さまの赤いよだれかけは、水子の再生の可能性を表しているという説です。

    • 牡丹の日除け・雨除けのために、白い和傘が所狭しと開かれています。優雅に傘をさす貴婦人の様な気品溢れた牡丹の花姿は、まさに「百華の王」の風格です。因みに牡丹の花言葉は、「王者の風格」「高貴」です。<br />今日はお天気も良く、まだ4月だというのに夏日になりました。そのせいか傘の下の牡丹は活き活きとしていますが、直射日光を浴びている牡丹は午前中ながらすでに頭を垂れてぐったりしています。

      牡丹の日除け・雨除けのために、白い和傘が所狭しと開かれています。優雅に傘をさす貴婦人の様な気品溢れた牡丹の花姿は、まさに「百華の王」の風格です。因みに牡丹の花言葉は、「王者の風格」「高貴」です。
      今日はお天気も良く、まだ4月だというのに夏日になりました。そのせいか傘の下の牡丹は活き活きとしていますが、直射日光を浴びている牡丹は午前中ながらすでに頭を垂れてぐったりしています。

    1件目~20件目を表示(全53件中)

    この旅行記のタグ

      803いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      ピックアップ特集

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      長岡京・向日(京都) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集