イルクーツク旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ロシアの東の要衝にして、バイカル湖の玄関口・イルクーツク。<br /><br />訪れた3月初旬はまだまだ凍てつく冬。<br />氷点下17度のしばれる町で、「グリーンライン」という観光ルートを目安に<br />町を散策してみました。<br /><br />意外にも、イルクーツクには、日本名の「金沢通り」があるんです。<br /><br />▼詳細はこちらも併せてご覧ください。(写真・コメント多し)<br />http://tabinomori.com/travel-blogs/europe/russia/irkutsk/

凍てつく冬のイルクーツク探訪~グリーンラインを巡る

32いいね!

2017/03/03 - 2017/03/07

12位(同エリア70件中)

0

29

riverwill

riverwillさん

ロシアの東の要衝にして、バイカル湖の玄関口・イルクーツク。

訪れた3月初旬はまだまだ凍てつく冬。
氷点下17度のしばれる町で、「グリーンライン」という観光ルートを目安に
町を散策してみました。

意外にも、イルクーツクには、日本名の「金沢通り」があるんです。

▼詳細はこちらも併せてご覧ください。(写真・コメント多し)
http://tabinomori.com/travel-blogs/europe/russia/irkutsk/

旅行の満足度
3.5
観光
3.5
ホテル
3.5
グルメ
3.5
ショッピング
3.0
交通
3.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
徒歩
航空会社
アシアナ航空 S7航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ロシア・東の要衝・イルクーツクには、<br />「グリーンライン」という独自の観光ルートがあります。<br /><br />無料で手に入る観光マップにも記されているほか、<br /><br />実際に道路上にもグリーンのラインが引かれています。<br /><br />このやり方、ボストンに似ていますね。

    ロシア・東の要衝・イルクーツクには、
    「グリーンライン」という独自の観光ルートがあります。

    無料で手に入る観光マップにも記されているほか、

    実際に道路上にもグリーンのラインが引かれています。

    このやり方、ボストンに似ていますね。

  • ここは、<br />グリーンライン上ではないですが、<br /><br />「ウリツコヴォ通り(ул. Урицкого)」といって、<br /><br />一応、目抜き通りのようです。人通り華やか。<br /><br />そして、<br />SIMカードを買いたいときはここに通信会社が並んでいます。<br />

    ここは、
    グリーンライン上ではないですが、

    「ウリツコヴォ通り(ул. Урицкого)」といって、

    一応、目抜き通りのようです。人通り華やか。

    そして、
    SIMカードを買いたいときはここに通信会社が並んでいます。

  • 「Monument Gaidai(ガイダイ監督の像)」<br /><br />そして、バックにはサーカス小屋。<br /><br />ガイダイ監督は、<br />ロシアの有名な映画監督さんだそうです・・・

    「Monument Gaidai(ガイダイ監督の像)」

    そして、バックにはサーカス小屋。

    ガイダイ監督は、
    ロシアの有名な映画監督さんだそうです・・・

  • 「Moskovskie Vorota(モスクワの凱旋門)」<br /><br />イルクーツクを代表するアンガラ川沿いに建っています。<br /><br />高さ約20m、<br />凱旋門というにしては、ずいぶん優美で女性らしいたたずまい。<br />

    「Moskovskie Vorota(モスクワの凱旋門)」

    イルクーツクを代表するアンガラ川沿いに建っています。

    高さ約20m、
    凱旋門というにしては、ずいぶん優美で女性らしいたたずまい。

  • 「シベリアの美女」の異名を持つアンガラ川。<br /><br />世界一の透明度を誇るバイカル湖の水が流れ込む、<br />唯一の川だそうです。<br /><br />そこで釣りに講じる一般ピープル。<br /><br />釣れてるところ、見たことないけど??<br /><br />

    「シベリアの美女」の異名を持つアンガラ川。

    世界一の透明度を誇るバイカル湖の水が流れ込む、
    唯一の川だそうです。

    そこで釣りに講じる一般ピープル。

    釣れてるところ、見たことないけど??

  • アンガラ川沿いに建つ、<br />「Monument of the founders of Siberia(「イルクーツク創設記念碑)」<br /><br />誇るべき開拓の歴史の象徴なのでしょう。

    アンガラ川沿いに建つ、
    「Monument of the founders of Siberia(「イルクーツク創設記念碑)」

    誇るべき開拓の歴史の象徴なのでしょう。

  • 「The Epiphany Cathedral(エピファニー大聖堂)」<br /><br />ロシア正教らしい、独特のカラフルさをもつ聖堂。<br /><br />隣の棟の壁画が美しかった。

    「The Epiphany Cathedral(エピファニー大聖堂)」

    ロシア正教らしい、独特のカラフルさをもつ聖堂。

    隣の棟の壁画が美しかった。

  • エピファニー大聖堂のななめ向かいにある<br />「Church of Saviour(通称Spasskaya Church/スパスカヤ教会)」<br /><br />東シベリア最古の教会だそうです。<br /><br />壁面の金色のイコン?画がゴージャス。

    エピファニー大聖堂のななめ向かいにある
    「Church of Saviour(通称Spasskaya Church/スパスカヤ教会)」

    東シベリア最古の教会だそうです。

    壁面の金色のイコン?画がゴージャス。

  • スパスカヤ教会横にある広場のモニュメント。<br /><br />中央に灯るのは「永遠の火」<br />戦没者や兵士を慰霊すると永遠(とわ)のともしびです。<br /><br />ちょうど軍隊による儀式?に遭遇。<br /><br />この氷点下の凍える中、彼らはしばらくの間、微動だにせず、<br />ただひたすら前を向いて立っています。<br /><br />すごー<br /><br />

    スパスカヤ教会横にある広場のモニュメント。

    中央に灯るのは「永遠の火」
    戦没者や兵士を慰霊すると永遠(とわ)のともしびです。

    ちょうど軍隊による儀式?に遭遇。

    この氷点下の凍える中、彼らはしばらくの間、微動だにせず、
    ただひたすら前を向いて立っています。

    すごー

  • スパスカヤ教会の斜め前にある、<br />「Roman Catholic Church(ローマ・カトリック教会)」<br /><br />別名「オルガンホール」ともいい、<br />イルクーツクでもっとも美しい教会の一つと言われています。<br /><br />個人的にも、一番好みの教会です。<br />

    スパスカヤ教会の斜め前にある、
    「Roman Catholic Church(ローマ・カトリック教会)」

    別名「オルガンホール」ともいい、
    イルクーツクでもっとも美しい教会の一つと言われています。

    個人的にも、一番好みの教会です。

  • イルクーツクの中心部にある <br />「Kirov Square(キーロフ広場)」<br /><br />人々の憩いの場であり、<br />交通の中心でもあります。<br /><br />高級ホテルも周囲に立ち並んでいます。<br /><br />あいにく、水も凍って、誰も憩ってないですけどね。<br />

    イルクーツクの中心部にある
    「Kirov Square(キーロフ広場)」

    人々の憩いの場であり、
    交通の中心でもあります。

    高級ホテルも周囲に立ち並んでいます。

    あいにく、水も凍って、誰も憩ってないですけどね。

  • 「Church for the Sake of Michael Archangel (聖ミカエル教会)」<br /><br />この教会の構内には、<br />おそらく聖書にまつわるワンシーンがかたどられた<br />氷のオブジェが飾られていました。<br />(残念ながら、いささかしょぼかったけど)<br />

    「Church for the Sake of Michael Archangel (聖ミカエル教会)」

    この教会の構内には、
    おそらく聖書にまつわるワンシーンがかたどられた
    氷のオブジェが飾られていました。
    (残念ながら、いささかしょぼかったけど)

  • ふたたび、アンガラ川へ。<br /><br />川に架かる橋は「グラスコフスキー橋」<br /><br />この橋を渡ると、<br />イルクーツク旅客鉄道駅があります。<br />

    ふたたび、アンガラ川へ。

    川に架かる橋は「グラスコフスキー橋」

    この橋を渡ると、
    イルクーツク旅客鉄道駅があります。

  • っていうか、<br /><br />どこからどこまでが、本当の河岸なのか・・・<br /><br />おそるおそる氷原に立ってみた。<br /><br />たしかに、水はきれいでした。<br />

    っていうか、

    どこからどこまでが、本当の河岸なのか・・・

    おそるおそる氷原に立ってみた。

    たしかに、水はきれいでした。

  • アンガラ川沿いは遊歩道が整備されています。<br /><br />公衆トイレがある!と浮かれてみたら、<br />しっかり施錠され、愕然。<br /><br />イルクーツク市内は公衆トイレがあるようでないので、<br />なかなか不便。

    アンガラ川沿いは遊歩道が整備されています。

    公衆トイレがある!と浮かれてみたら、
    しっかり施錠され、愕然。

    イルクーツク市内は公衆トイレがあるようでないので、
    なかなか不便。

  • アンガラ川沿いに建てられた、<br />「アレキサンダー大王3世の像」<br /><br />ガイドブックによると、<br />ここがグリーンラインの本当の起点のようです。<br />

    アンガラ川沿いに建てられた、
    「アレキサンダー大王3世の像」

    ガイドブックによると、
    ここがグリーンラインの本当の起点のようです。

  • ほらね。<br /><br />こんなにわかりやすい。<br />

    ほらね。

    こんなにわかりやすい。

  • っていうか、<br /><br />冬は雪に埋もれて、ほとんど見えないんでsけど…<br />冬のことは想定外だったのか?!<br /><br />写真右手は、「Ethnographical Museum(民族資料館)」<br /><br />東シベリアの生活歴史資料館のようです。<br />

    っていうか、

    冬は雪に埋もれて、ほとんど見えないんでsけど…
    冬のことは想定外だったのか?!

    写真右手は、「Ethnographical Museum(民族資料館)」

    東シベリアの生活歴史資料館のようです。

  • 「Okhlopkov Drama Theatre(オカロプコフ・ドラマ・シアター)」<br /><br />色合いがロシアンチック。<br /><br />さまざまな演劇、パフォーマンスが行われているようですが、<br />夕方まで・・・<br />

    「Okhlopkov Drama Theatre(オカロプコフ・ドラマ・シアター)」

    色合いがロシアンチック。

    さまざまな演劇、パフォーマンスが行われているようですが、
    夕方まで・・・

  • お、<br /><br />やっぱりイルクーツクにも「SUSHI」が!<br />さすが、お目が高い。<br /><br />ロシア語では「Сущи」と書きます。<br />イメージキャラクターがなんか、変だぞ。

    お、

    やっぱりイルクーツクにも「SUSHI」が!
    さすが、お目が高い。

    ロシア語では「Сущи」と書きます。
    イメージキャラクターがなんか、変だぞ。

  • レーニン通りにある、<br />レーニン像。<br /><br />ロシア革命を成し遂げた英雄ですが、<br />寒そう・・・

    レーニン通りにある、
    レーニン像。

    ロシア革命を成し遂げた英雄ですが、
    寒そう・・・

  • さて、<br />何故イルクーツクに石灯篭があるのかというと、<br /><br />ここは「金沢通り」と言って、<br />イルクーツクと姉妹都市関係にある石川県金沢市に敬意を表して<br />この通りに日本名をつけたそうです。<br /><br />

    さて、
    何故イルクーツクに石灯篭があるのかというと、

    ここは「金沢通り」と言って、
    イルクーツクと姉妹都市関係にある石川県金沢市に敬意を表して
    この通りに日本名をつけたそうです。

  • わずか200mほどの小さな路地ですが、<br />(おそらくロシア人も知らないであろうだいぶローカルの道)<br /><br />道路標識にロシア語と日本語が併記されているのを見て、<br /><br />異国の地で見る日本語は、なんとも感慨深いですね。<br />

    わずか200mほどの小さな路地ですが、
    (おそらくロシア人も知らないであろうだいぶローカルの道)

    道路標識にロシア語と日本語が併記されているのを見て、

    異国の地で見る日本語は、なんとも感慨深いですね。

  • 通りの外れには、<br />今度は三重県鈴鹿市との友好関係を示す石碑がありました。<br /><br />こちらは、<br />イルクーツクに日本人で初めて訪れた、<br />鈴鹿市出身の江戸の商人・大黒屋光太夫にちなんで交流が生まれたそうです。

    通りの外れには、
    今度は三重県鈴鹿市との友好関係を示す石碑がありました。

    こちらは、
    イルクーツクに日本人で初めて訪れた、
    鈴鹿市出身の江戸の商人・大黒屋光太夫にちなんで交流が生まれたそうです。

  • こんなでかい看板までわざわざ設置されています。<br /><br />果たして誰が読んでくれるのか、<br /><br />とはいえ、文化は国境を超える、<br />そんなことを感じる風景。

    こんなでかい看板までわざわざ設置されています。

    果たして誰が読んでくれるのか、

    とはいえ、文化は国境を超える、
    そんなことを感じる風景。

  • ロシアの冬の車はとてつもなく汚い。<br /><br />どんな高級車も泥をかぶったまま、走る。<br /><br />おそらく、雪解けの春を迎えるまで洗車しないのでしょう。<br />どうせすぐ汚れるから。<br />おまけ氷柱までついている。

    ロシアの冬の車はとてつもなく汚い。

    どんな高級車も泥をかぶったまま、走る。

    おそらく、雪解けの春を迎えるまで洗車しないのでしょう。
    どうせすぐ汚れるから。
    おまけ氷柱までついている。

  • イルクーツクにも、<br />ありがたいことに24時間のスーパーがあります。<br /><br />何でもそろってます。<br /><br />ただし、英語NGですので、あしからず。<br />

    イルクーツクにも、
    ありがたいことに24時間のスーパーがあります。

    何でもそろってます。

    ただし、英語NGですので、あしからず。

  • 「Church of Holy Cross(聖十字協会)」<br /><br />ここもまた、<br />独特なカラーの教会。

    「Church of Holy Cross(聖十字協会)」

    ここもまた、
    独特なカラーの教会。

  • レーニン通りの一角に設置された、<br />「Sculpture of &quot;Babr&quot;(バーブルの像)」<br /><br />イルクーツクの紋章にもなっているこの動物<br /><br />”Babr”とはシベリアンタイガーの学術用語ですが、<br />正確には、尻尾と前足はビーバーのだそうです。<br /><br />------------------------------------------<br /><br />最後までご覧いただき誠にありがとうございました。<br /><br />▼よろしければ、こちらの旅行記も併せてご覧ください。(写真、説明豊富)<br />http://tabinomori.com/travel-blogs/europe/russia/irkutsk/<br />

    レーニン通りの一角に設置された、
    「Sculpture of "Babr"(バーブルの像)」

    イルクーツクの紋章にもなっているこの動物

    ”Babr”とはシベリアンタイガーの学術用語ですが、
    正確には、尻尾と前足はビーバーのだそうです。

    ------------------------------------------

    最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

    ▼よろしければ、こちらの旅行記も併せてご覧ください。(写真、説明豊富)
    http://tabinomori.com/travel-blogs/europe/russia/irkutsk/

この旅行記のタグ

関連タグ

32いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ロシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ロシア最安 667円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ロシアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集