スコータイ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

半月間の旅の9回目は、スコータイ時代の3遺跡のメイン「スコータイ遺跡」を見学。13年前に一度行ったのですが、この機会再訪。前回はピサヌロークからの日帰りでしたが、今回はスコータイ新市街から向かいました。

13年ぶりのスコータイ遺跡を大いに堪能 2017年タイーミャンマーの旅9

14いいね!

2017/01/12 - 2017/01/12

81位(同エリア336件中)

    59

    半月間の旅の9回目は、スコータイ時代の3遺跡のメイン「スコータイ遺跡」を見学。13年前に一度行ったのですが、この機会再訪。前回はピサヌロークからの日帰りでしたが、今回はスコータイ新市街から向かいました。

    同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    交通手段
    高速・路線バス 自転車 徒歩
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    5.0

    PR

    • スコータイ新市街のゲストハウスで1泊した私たちは<br />いよいよスコータイ遺跡の見学に向かいます。<br /><br />同行者の熊が、ゲストハウスの鍵と対峙しています。<br />ホテルと違いゲストハウスの部屋のカギはキャラクターがついていたり<br />するのが特徴的ですね。<br />

      スコータイ新市街のゲストハウスで1泊した私たちは
      いよいよスコータイ遺跡の見学に向かいます。

      同行者の熊が、ゲストハウスの鍵と対峙しています。
      ホテルと違いゲストハウスの部屋のカギはキャラクターがついていたり
      するのが特徴的ですね。

    • 敷地内には金魚が泳いでいました。

      敷地内には金魚が泳いでいました。

    • ゲストハウスの敷地を撮りました。<br /><br />このゲストハウスは1泊だけなので朝からチェックアウトします。<br />トイレ共同とかでなければ、安いですし悪くなかったですね。

      ゲストハウスの敷地を撮りました。

      このゲストハウスは1泊だけなので朝からチェックアウトします。
      トイレ共同とかでなければ、安いですし悪くなかったですね。

    • ゲストハウスを後にします。荷物は預かってもらうことにしました。

      ゲストハウスを後にします。荷物は預かってもらうことにしました。

    • 新市街のメインの道です。自動車メーカーの会社の目の前に<br />おすすめの麺料理の店があるという情報をキャッチしていました。

      新市街のメインの道です。自動車メーカーの会社の目の前に
      おすすめの麺料理の店があるという情報をキャッチしていました。

    • 確かにありました。中々よさそうな麺のお店です。<br /><br />屋台はこんな感じでした。

      確かにありました。中々よさそうな麺のお店です。

      屋台はこんな感じでした。

    • 調味料入れと水。ビール会社が出しているビンの水でした。

      調味料入れと水。ビール会社が出しているビンの水でした。

    • 店の中から外の様子を抑えました。

      店の中から外の様子を抑えました。

    • 料理が来ました。

      料理が来ました。

    • 朝からの汁麺は結構好きです。<br /><br />食事の後、通りがかった大型ソンテウに乗ります。<br />

      朝からの汁麺は結構好きです。

      食事の後、通りがかった大型ソンテウに乗ります。

    • こちらが車内です。普段のソンテウとは明らかに違う大型車。<br />このソンテウはスコータイ新市街からスコータイ旧市街(遺跡公園)を<br />結んでいる定期便です。一人30B<br />

      こちらが車内です。普段のソンテウとは明らかに違う大型車。
      このソンテウはスコータイ新市街からスコータイ旧市街(遺跡公園)を
      結んでいる定期便です。一人30B

    • 途中、一時停止した時に撮ったものです。<br />ここが何なのかはわかりません<br />ただ、ピンクのヤドカリもどきが気になって仕方がなかったのです。<br /><br />こうして、無事にスコータイ旧市街に到着します。

      途中、一時停止した時に撮ったものです。
      ここが何なのかはわかりません
      ただ、ピンクのヤドカリもどきが気になって仕方がなかったのです。

      こうして、無事にスコータイ旧市街に到着します。

    • 運転手に料金を支払います。<br />しかしここは懐かしい風景です。

      運転手に料金を支払います。
      しかしここは懐かしい風景です。

    • スコータイ遺跡公園の前です。<br />私たちは、この遺跡公園に来たのは2回目です。最初は13年前ですから<br />開業してまだ一年たっていない時に来ました。<br />あの時はチェンマイから夜行列車に揺られてピサヌロークに早朝ついて<br />から向かったのです。<br /><br />今だとそこまで感じないのでしょう。当時は怪しいバスに揺られること1時間<br />事前に「ここに行きたい」と説明していたので、運転手や周りの若者にまで<br />「ここで降りなさい」と教えてもらいました。その時と同じ風景が<br />目の前にありましたから、ちょっとうれしかったですね。<br />(昨年のベトナム・カントーと同じ感動です)<br />

      スコータイ遺跡公園の前です。
      私たちは、この遺跡公園に来たのは2回目です。最初は13年前ですから
      開業してまだ一年たっていない時に来ました。
      あの時はチェンマイから夜行列車に揺られてピサヌロークに早朝ついて
      から向かったのです。

      今だとそこまで感じないのでしょう。当時は怪しいバスに揺られること1時間
      事前に「ここに行きたい」と説明していたので、運転手や周りの若者にまで
      「ここで降りなさい」と教えてもらいました。その時と同じ風景が
      目の前にありましたから、ちょっとうれしかったですね。
      (昨年のベトナム・カントーと同じ感動です)

    • 13年前と同じ自転車をチャーター(50B)とサイクル入場料(10B)<br />を払って公園内に。ここでほかのところも含めてですが、遺跡公園内は<br />無料でした。調べてみるとどうも前国王が崩御されてからの措置のようで<br />恐らくはタイの公務員の喪が明ける1年間はそういう<br />事ではないかという気がします。(要確認ください)<br /><br />そのような事実を知ってか知らぬか、ハスの花が咲いていました。

      13年前と同じ自転車をチャーター(50B)とサイクル入場料(10B)
      を払って公園内に。ここでほかのところも含めてですが、遺跡公園内は
      無料でした。調べてみるとどうも前国王が崩御されてからの措置のようで
      恐らくはタイの公務員の喪が明ける1年間はそういう
      事ではないかという気がします。(要確認ください)

      そのような事実を知ってか知らぬか、ハスの花が咲いていました。

    • そのハスの池の奥にスコータイの遺跡が広がっています。

      そのハスの池の奥にスコータイの遺跡が広がっています。

    • 重要なスポットの前には、自転車置き場があります。

      重要なスポットの前には、自転車置き場があります。

    • 取りあえず遺跡公園の前で記念撮影。

      取りあえず遺跡公園の前で記念撮影。

    • 当たり前ですが、13年前見たのと同じ。その時の記憶が見事によみがえります。<br />でも、細かい記憶はないんですよ。ここがこんなに広い敷地だったことも。<br /><br />下の仏像もよいのですが、上の白いのは美しく見えますね。

      当たり前ですが、13年前見たのと同じ。その時の記憶が見事によみがえります。
      でも、細かい記憶はないんですよ。ここがこんなに広い敷地だったことも。

      下の仏像もよいのですが、上の白いのは美しく見えますね。

    • 思わず望遠機能で拡大しました。表情が何とも言えませんね。

      思わず望遠機能で拡大しました。表情が何とも言えませんね。

    1件目~20件目を表示(全59件中)

    この旅行記のタグ

      14いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      スコータイ(タイ) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集