エルサレム 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

エジプトの後にはイスラエルへ訪れます。こちらもエジプトに負けず、エルサレムの旧市街全体が博物館の様です。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地でもあり、エルサレムを巡って2000年以上にわたり紛争が繰り返されています。今はユダヤ教のイスラエルが統治していますが、すぐ隣にはイスラム教のパレスチナ自治区があり両者は緊張関係が今でも続いています。そのため、決して安全とは言えない場所ですが、今行かなければいつ行けるか分からないので、思いきって行ってきました。最近は比較的落ち着いている様で危険な雰囲気は感じられませんでした。

イスラエル・3000年の歴史を感じる旅 (Immersing yourself in 3000 year of history)

11いいね!

2016/05/03 - 2016/05/06

140位(同エリア378件中)

    50

    エジプトの後にはイスラエルへ訪れます。こちらもエジプトに負けず、エルサレムの旧市街全体が博物館の様です。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地でもあり、エルサレムを巡って2000年以上にわたり紛争が繰り返されています。今はユダヤ教のイスラエルが統治していますが、すぐ隣にはイスラム教のパレスチナ自治区があり両者は緊張関係が今でも続いています。そのため、決して安全とは言えない場所ですが、今行かなければいつ行けるか分からないので、思いきって行ってきました。最近は比較的落ち着いている様で危険な雰囲気は感じられませんでした。

    交通手段
    高速・路線バス 徒歩
    旅行の満足度
    5.0

    PR

    • イスラエルの入国は、一旦エジプトからヨルダンのアンマンへ飛行機で行き、そこからバスで入国です。エジプト・イスラエルの国境も開いており陸路でバスで直接行くこともできますが、エジプト国境辺りはテロが散発しており危険な状態なので、無理せず空路を使いました。写真はアンマンからJETTバスでヨルダン側の国境(キングフセインブリッジ King Hussein Bridge)に着いたところです。建物が幾つかあるだけでバスの乗客(外国人観光客)以外ヨルダンを出国する人は殆どいません。<br />

      イスラエルの入国は、一旦エジプトからヨルダンのアンマンへ飛行機で行き、そこからバスで入国です。エジプト・イスラエルの国境も開いており陸路でバスで直接行くこともできますが、エジプト国境辺りはテロが散発しており危険な状態なので、無理せず空路を使いました。写真はアンマンからJETTバスでヨルダン側の国境(キングフセインブリッジ King Hussein Bridge)に着いたところです。建物が幾つかあるだけでバスの乗客(外国人観光客)以外ヨルダンを出国する人は殆どいません。

    • ヨルダン出国手続きを終えて再度JETTバスに乗り国境を越えます。これがヨルダン・イスラエルの国境地点。この国境は旅慣れた旅行者は大体経験している有名な場所、ようやく自分も辿りつきました。<br />

      ヨルダン出国手続きを終えて再度JETTバスに乗り国境を越えます。これがヨルダン・イスラエルの国境地点。この国境は旅慣れた旅行者は大体経験している有名な場所、ようやく自分も辿りつきました。

    • イスラエル側の国境(アレンビー Allenby)に着くと、パレスチナ人に混じって入国審査に並びます。凄く長い行列ですが外国人は優先扱いしてくれました。要領は空港での出国と同じです。最初に書類チェックがあり荷物が大きいとここでチェックインする必要があります。次に体と持ち込み荷物をX線でチェック(簡単に通過)。最後に正式な入国審査です。ここで質問攻めにされることを覚悟していましたが、簡単な質問が幾つかだけであっさり通過、拍子ぬけです。ヨルダン側・イスラエル側共にパスポートにスタンプは押されませんでした。イスラエル側では入国カードがもらえます。写真はイスラエルへ無事入国を果たして建物を出た所です。<br />

      イスラエル側の国境(アレンビー Allenby)に着くと、パレスチナ人に混じって入国審査に並びます。凄く長い行列ですが外国人は優先扱いしてくれました。要領は空港での出国と同じです。最初に書類チェックがあり荷物が大きいとここでチェックインする必要があります。次に体と持ち込み荷物をX線でチェック(簡単に通過)。最後に正式な入国審査です。ここで質問攻めにされることを覚悟していましたが、簡単な質問が幾つかだけであっさり通過、拍子ぬけです。ヨルダン側・イスラエル側共にパスポートにスタンプは押されませんでした。イスラエル側では入国カードがもらえます。写真はイスラエルへ無事入国を果たして建物を出た所です。

    • エルサレム Jerusalem まで別のバスで30分。朝7時にアンマンを出て朝11時にはエルサレムへ到着です。思ったよりずっと早く着きました。言葉にするのは難しいですが、街に入るだけで緊張するほどエルサレムは特別な場所に感じました(危ないという意味ではなく)。

      エルサレム Jerusalem まで別のバスで30分。朝7時にアンマンを出て朝11時にはエルサレムへ到着です。思ったよりずっと早く着きました。言葉にするのは難しいですが、街に入るだけで緊張するほどエルサレムは特別な場所に感じました(危ないという意味ではなく)。

    • ダビデの塔 Tower of David、最初にここに来たのはエルサレムの歴史を学ぶのにちょうど良い所だからです。長い長いエルサレムの歴史をコンパクトにまとめて説明されています。ユダヤ教徒にとってエルサレム奪回が如何に重要かが伝わってきます(ただしイスラム教徒の視点なら180度見方が変わってくるでしょう)。でもエルサレムに来る前に事前に学んでおくことを勧めます。あまりにも多くの出来事がありすぎだからです。この旅行記で説明するとあまりに長くなってしまうので、以降は短くコメントしますが、本当はもっと言いたい事沢山あります。エルサレムは人を(にわかに)博識にさせます。

      ダビデの塔 Tower of David、最初にここに来たのはエルサレムの歴史を学ぶのにちょうど良い所だからです。長い長いエルサレムの歴史をコンパクトにまとめて説明されています。ユダヤ教徒にとってエルサレム奪回が如何に重要かが伝わってきます(ただしイスラム教徒の視点なら180度見方が変わってくるでしょう)。でもエルサレムに来る前に事前に学んでおくことを勧めます。あまりにも多くの出来事がありすぎだからです。この旅行記で説明するとあまりに長くなってしまうので、以降は短くコメントしますが、本当はもっと言いたい事沢山あります。エルサレムは人を(にわかに)博識にさせます。

      ダビデの塔博物館 博物館・美術館・ギャラリー

    • エルサレムのの旧市街の中、同じような土産物屋が並んでいます。迷路みたいに入り組んでおり最初は絶対迷いますが、迷ってみるのも楽しい所です。<br />

      エルサレムのの旧市街の中、同じような土産物屋が並んでいます。迷路みたいに入り組んでおり最初は絶対迷いますが、迷ってみるのも楽しい所です。

    • やはり最初に行ってみたいのは、キリストが処刑された場所に建てられた Church of the Holy Sepulchre。説明するまでもない有名な場所です。少し奥まった所にあり見つけにくく、思ったより大きくないです。それでも多くの巡礼者がいるので、ここに間違いはないでしょう。

      やはり最初に行ってみたいのは、キリストが処刑された場所に建てられた Church of the Holy Sepulchre。説明するまでもない有名な場所です。少し奥まった所にあり見つけにくく、思ったより大きくないです。それでも多くの巡礼者がいるので、ここに間違いはないでしょう。

      聖墳墓教会 寺院・教会

    • 教会に入ると、最初にキリストが処刑されて十字架から降ろされた絵があります。ここが教徒にとって悲しい出来事が起きた場所であり、膝まづいて祈ります。<br />

      教会に入ると、最初にキリストが処刑されて十字架から降ろされた絵があります。ここが教徒にとって悲しい出来事が起きた場所であり、膝まづいて祈ります。

    • 入口から向って左に進むと、キリストの墓があります。ここは特別中の特別な場所であまりに神聖なんで中で写真はとっていません。撮影禁止ではないですが、観光客が中に入って気軽に写真に撮る雰囲気ではありません。多くの巡礼者が墓の中に入るために列を作っていました。

      入口から向って左に進むと、キリストの墓があります。ここは特別中の特別な場所であまりに神聖なんで中で写真はとっていません。撮影禁止ではないですが、観光客が中に入って気軽に写真に撮る雰囲気ではありません。多くの巡礼者が墓の中に入るために列を作っていました。

    • 入口から右に進むとキリストが処刑された場所とされる地点です。ここも大変申請な場所で信者が列を作って祈っています。ここはキリストが十字架を背負って歩いた14の地点の最終地点です。<br />

      入口から右に進むとキリストが処刑された場所とされる地点です。ここも大変申請な場所で信者が列を作って祈っています。ここはキリストが十字架を背負って歩いた14の地点の最終地点です。

    • 順番が逆となりますが、キリストが十字架を背負って処刑されるまでを歩いた悲しみの道 (Via Dolorosa)が残っています。ここがその最初となるライオン門 Lion Gate。城壁に囲まれた旧市街の入口のひとつです。<br />

      順番が逆となりますが、キリストが十字架を背負って処刑されるまでを歩いた悲しみの道 (Via Dolorosa)が残っています。ここがその最初となるライオン門 Lion Gate。城壁に囲まれた旧市街の入口のひとつです。

      ヴィア ドロローサ 散歩・街歩き

    • キリストが処刑される前、十字架を背負って歩いた14の地点の様子が描かれています。

      キリストが処刑される前、十字架を背負って歩いた14の地点の様子が描かれています。

    • 悲しみの道 Via Dolorosaの現在の様子。キリストが歩いた道の14の碑を探して歩き廻ります。最初の1, 2と10以降の地点は見つけられませんでしたが、他は見つけられました。<br />

      悲しみの道 Via Dolorosaの現在の様子。キリストが歩いた道の14の碑を探して歩き廻ります。最初の1, 2と10以降の地点は見つけられませんでしたが、他は見つけられました。

    • 壁に丸い碑が2つ見えます。それぞれIIIとIVと書かれておりここが3番目、4番目の地点です。ここは、キリストが十字架を背負って最初に躓いたところ、そして母マリアの姿を見たところと言われています。

      壁に丸い碑が2つ見えます。それぞれIIIとIVと書かれておりここが3番目、4番目の地点です。ここは、キリストが十字架を背負って最初に躓いたところ、そして母マリアの姿を見たところと言われています。

    • 時間が過ぎるのはあっという間で、今日はこれで日が暮れてしまいました。夜の旧市街は岩のドームが綺麗にライトアップされていますが、昼間は混みあっていた旧市街には夜は人が全くいなくなるので注意が必要です。明日は写真奥のオリーブの丘から散策を始めます。

      時間が過ぎるのはあっという間で、今日はこれで日が暮れてしまいました。夜の旧市街は岩のドームが綺麗にライトアップされていますが、昼間は混みあっていた旧市街には夜は人が全くいなくなるので注意が必要です。明日は写真奥のオリーブの丘から散策を始めます。

    • 2日目はオリーブ山 Mount Oliveから始まります。写真は Church of the Ancensionの高さ60mの塔から、オリーブの丘と旧市街(右端に岩のドームが見えます)を眺めたところ。 <br />

      2日目はオリーブ山 Mount Oliveから始まります。写真は Church of the Ancensionの高さ60mの塔から、オリーブの丘と旧市街(右端に岩のドームが見えます)を眺めたところ。

      オリーブ山 山・渓谷

    • オリーブの丘を南に向かい歩いていると Chapel of the Ancension があります。すごく小さな場所で見過ごしそうです。ここがキリストが処刑された後天国へ仰天したところと言われており、足跡が残っています。<br />

      オリーブの丘を南に向かい歩いていると Chapel of the Ancension があります。すごく小さな場所で見過ごしそうです。ここがキリストが処刑された後天国へ仰天したところと言われており、足跡が残っています。

    • 更に南へ少し進むと展望台に着きます。ここは旧市街が見渡せます。エルサレムの写真は大体がここから撮られており誰もがここからの写真を見たことがあるのではないでしょうか。実際のエルサレム旧市街は思ったより高低差があります。<br />

      更に南へ少し進むと展望台に着きます。ここは旧市街が見渡せます。エルサレムの写真は大体がここから撮られており誰もがここからの写真を見たことがあるのではないでしょうか。実際のエルサレム旧市街は思ったより高低差があります。

    • すごく地味で何故か殆ど人がいませんが、このすぐ近くにはイスラム教の伝道者モハメドの墓 Tomb of Prophet もあります。<br />

      すごく地味で何故か殆ど人がいませんが、このすぐ近くにはイスラム教の伝道者モハメドの墓 Tomb of Prophet もあります。

    • モハメドの墓から更に徒歩10分、オリーブの丘を降りたところにマリアの墓 Tomb of Virgin Maryがあります。<br />

      モハメドの墓から更に徒歩10分、オリーブの丘を降りたところにマリアの墓 Tomb of Virgin Maryがあります。

      マリアの墓の教会 寺院・教会

    1件目~20件目を表示(全50件中)

    この旅行記のタグ

      11いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      エルサレム(イスラエル) で人気のタグ

      この旅行記の地図

      拡大する


      PAGE TOP

      ピックアップ特集