揚州旅行記(ブログ) 一覧に戻る
Peachが大阪・関西空港から上海へ深夜便が就航。<br />記念運賃の第2弾が安く出ていたので、旅心が再始動。<br /><br />でも関空線の場合、復路の時間帯が良くないため、<br />ペアになるLCCを探したところ、<br />上海郊外の揚州という地方都市から関空へ、<br />春秋航空の夜便が飛んでいるのを発見しました。<br /><br />調べてみると揚州も見どころがそれなりにありそう。<br />しかも春秋航空も航空券が格安!<br />蘇州も行ったことないし、思わずポチッと購入し、<br />仕事終わりで金曜夜から日曜夜まで48時間弾丸旅を敢行してきました。<br /><br />11/4(金) 大阪・関西空港→上海浦東国際空港 Peach 約4500円<br />11/5(土) 上海駅→蘇州駅(高速鉄道) 蘇州泊<br />11/6(日) 蘇州北駅→鎮江南駅(高速鉄道) バスで揚州へ<br />      揚州泰州空港→大阪・関西空港 春秋航空 約5500円<br /><br />その1 http://4travel.jp/travelogue/11189038<br />その2 http://4travel.jp/travelogue/11189674<br />その3 http://4travel.jp/travelogue/11192926<br />

【中国・蘇州&揚州】Peachと春秋航空で往復する水都48時間の旅【3】(蘇州→揚州→大阪)

47いいね!

2016/11/04 - 2016/11/06

1位(同エリア132件中)

2

128

bell-san

bell-sanさん

Peachが大阪・関西空港から上海へ深夜便が就航。
記念運賃の第2弾が安く出ていたので、旅心が再始動。

でも関空線の場合、復路の時間帯が良くないため、
ペアになるLCCを探したところ、
上海郊外の揚州という地方都市から関空へ、
春秋航空の夜便が飛んでいるのを発見しました。

調べてみると揚州も見どころがそれなりにありそう。
しかも春秋航空も航空券が格安!
蘇州も行ったことないし、思わずポチッと購入し、
仕事終わりで金曜夜から日曜夜まで48時間弾丸旅を敢行してきました。

11/4(金) 大阪・関西空港→上海浦東国際空港 Peach 約4500円
11/5(土) 上海駅→蘇州駅(高速鉄道) 蘇州泊
11/6(日) 蘇州北駅→鎮江南駅(高速鉄道) バスで揚州へ
      揚州泰州空港→大阪・関西空港 春秋航空 約5500円

その1 http://4travel.jp/travelogue/11189038
その2 http://4travel.jp/travelogue/11189674
その3 http://4travel.jp/travelogue/11192926

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
グルメ
3.0
ショッピング
3.0
交通手段
鉄道 高速・路線バス 飛行機
航空会社
春秋航空

PR

  • 弾丸旅行2日目。<br />蘇州の街に朝日が昇ってきました。<br />霧が濃いですが、天気良さそう!<br />今日は蘇州からさらに西の鎮江を経て揚州へ。<br />夜には大阪へ戻ります。

    弾丸旅行2日目。
    蘇州の街に朝日が昇ってきました。
    霧が濃いですが、天気良さそう!
    今日は蘇州からさらに西の鎮江を経て揚州へ。
    夜には大阪へ戻ります。

  • ホテルをチェックアウトして地下鉄へ。<br />中心部から20分ほどで終点の高鉄蘇州北駅へ着きました。<br />

    ホテルをチェックアウトして地下鉄へ。
    中心部から20分ほどで終点の高鉄蘇州北駅へ着きました。

  • 上海から蘇州は蘇州駅到着でしたが、<br />今日は郊外にある蘇州北駅から高速鉄道を利用。<br />地下鉄駅を出たらこの通り、まだ空き地だらけ。

    上海から蘇州は蘇州駅到着でしたが、
    今日は郊外にある蘇州北駅から高速鉄道を利用。
    地下鉄駅を出たらこの通り、まだ空き地だらけ。

  • 高架下もまだ建設中でした。<br />地下鉄の連絡口やショッピングセンターができるのかな。

    高架下もまだ建設中でした。
    地下鉄の連絡口やショッピングセンターができるのかな。

    蘇州北駅

  • 逆の南側へ回ってみると、<br />こちらは出来上がっている感じです。

    逆の南側へ回ってみると、
    こちらは出来上がっている感じです。

  • 駅前には高層ビル群。<br />こんな郊外なのに、<br />ちゃんとオフィスが入居しているんだろうか。

    駅前には高層ビル群。
    こんな郊外なのに、
    ちゃんとオフィスが入居しているんだろうか。

  • 駅前には「蘇州高鉄新城志願者服務中心」って建物が。<br />このあたりの新都心で働く人の職安?<br />それとも工事で働く人を募集しているのだろうか?

    駅前には「蘇州高鉄新城志願者服務中心」って建物が。
    このあたりの新都心で働く人の職安?
    それとも工事で働く人を募集しているのだろうか?

  • いつも通り、緩くなったセキュリティーチェックを過ぎて、<br />中に入るとこの通り、待合は薄暗いコンコースでした。<br />構内にコンビニなどがあって、一応施設は整っています。<br />

    いつも通り、緩くなったセキュリティーチェックを過ぎて、
    中に入るとこの通り、待合は薄暗いコンコースでした。
    構内にコンビニなどがあって、一応施設は整っています。

  • コンビニでパンと缶コーヒーを買って軽く朝食。<br />そうこうしている間に改札が始まりました!

    コンビニでパンと缶コーヒーを買って軽く朝食。
    そうこうしている間に改札が始まりました!

  • 8時45分発、北京南行きに乗ります。

    8時45分発、北京南行きに乗ります。

  • 昨日乗ったのとまた違うタイプの車両でした。<br />今回も窓側だったので景色が楽しめます。<br />コンセントも席に付いているので快適。

    昨日乗ったのとまた違うタイプの車両でした。
    今回も窓側だったので景色が楽しめます。
    コンセントも席に付いているので快適。

  • 9時27分に鎮江南駅に到着。<br />約42分の列車旅でした。<br />

    9時27分に鎮江南駅に到着。
    約42分の列車旅でした。

  • 蘇州と南京の中間にある鎮江市。<br />市内には本線の鎮江駅とこの郊外駅、鎮江南駅があるようです。

    蘇州と南京の中間にある鎮江市。
    市内には本線の鎮江駅とこの郊外駅、鎮江南駅があるようです。

  • 駅を下りて揚州へ向かうバス乗り場がわからず、<br />「揚州」と書いた紙を見せながら2人のおばちゃんに尋ねて、<br />バスターミナルにたどりつきました。<br /><br />駅前にあるバス乗り場は市内行きで、<br />この長距離用バスターミナルは駅改札を出て左奥に200メートルほど<br />歩いたところにあります。<br />

    駅を下りて揚州へ向かうバス乗り場がわからず、
    「揚州」と書いた紙を見せながら2人のおばちゃんに尋ねて、
    バスターミナルにたどりつきました。

    駅前にあるバス乗り場は市内行きで、
    この長距離用バスターミナルは駅改札を出て左奥に200メートルほど
    歩いたところにあります。

  • どうして自動券売機で買わないの?という顔をされながら、<br />オバチャンから窓口でチケットを購入。

    どうして自動券売機で買わないの?という顔をされながら、
    オバチャンから窓口でチケットを購入。

  • セキュリティーチェックの設備があったけど、<br />ノーチェックでした。<br />すぐに改札が始まります。

    セキュリティーチェックの設備があったけど、
    ノーチェックでした。
    すぐに改札が始まります。

  • 鎮江と揚州は長江を挟んで向かい合う街。<br />鎮江駅→鎮江南駅→揚州のルートで、<br />30分おきぐらいにバスは頻発しているようでした。<br />18元。

    鎮江と揚州は長江を挟んで向かい合う街。
    鎮江駅→鎮江南駅→揚州のルートで、
    30分おきぐらいにバスは頻発しているようでした。
    18元。

  • 駅を出てすぐに高速道路に入り、<br />長江にかかる「潤揚長江大橋」を渡ります。<br />最大支間長、1,490 mの世界有数の吊橋だそうです。<br />確かに長い!<br />9月に訪ねた武漢もこの上流にあるんですね。

    駅を出てすぐに高速道路に入り、
    長江にかかる「潤揚長江大橋」を渡ります。
    最大支間長、1,490 mの世界有数の吊橋だそうです。
    確かに長い!
    9月に訪ねた武漢もこの上流にあるんですね。

  • 鎮江南駅からわずか30分で揚州西部汽車客運駅に到着。

    鎮江南駅からわずか30分で揚州西部汽車客運駅に到着。

    揚州汽車客運站 バス系

  • バスターミナルには観光案内所もありました。<br />日本語のパンフレットも置かれていました。

    バスターミナルには観光案内所もありました。
    日本語のパンフレットも置かれていました。

  • 揚州市は人口460万人。<br />漢代に置かれた13州の1つで、<br />隋の煬帝が整備した「大運河」(北京~杭州)と長江が交わる場所にあり、<br />物資の集積地として古くから発展してきた街とのこと。

    揚州市は人口460万人。
    漢代に置かれた13州の1つで、
    隋の煬帝が整備した「大運河」(北京~杭州)と長江が交わる場所にあり、
    物資の集積地として古くから発展してきた街とのこと。

  • バスターミナルから旅遊線に乗ります。

    バスターミナルから旅遊線に乗ります。

  • 揚州西部客運駅を後にします。

    揚州西部客運駅を後にします。

  • 次の停留所は揚州駅。<br />南京から鉄道で来ることもできるようです。<br />建物がすべて大きくて新しい。<br />後から知ったところ、この揚州は<br />江沢民が生まれた街で、政府肝いりで開発されたらしい。

    次の停留所は揚州駅。
    南京から鉄道で来ることもできるようです。
    建物がすべて大きくて新しい。
    後から知ったところ、この揚州は
    江沢民が生まれた街で、政府肝いりで開発されたらしい。

  • バスも新しい。<br />もともとの市街地の西側に同じぐらい規模で新しい街が造られている。<br />

    バスも新しい。
    もともとの市街地の西側に同じぐらい規模で新しい街が造られている。

  • 30分ほど乗って大明寺に到着。

    30分ほど乗って大明寺に到着。

  • どっちかわからんので、他の人についていきます。<br />バス停から公園の中を通り抜けて山門へ向かいます。

    どっちかわからんので、他の人についていきます。
    バス停から公園の中を通り抜けて山門へ向かいます。

  • 5分ほどで大明寺に到着。<br />601年に創建された古刹。<br />日本に仏法や戒律を伝えた鑑真が住職を務めていたお寺と知り、<br />訪ねました。

    5分ほどで大明寺に到着。
    601年に創建された古刹。
    日本に仏法や戒律を伝えた鑑真が住職を務めていたお寺と知り、
    訪ねました。

    大明寺 寺院・教会

  • 立派な山門。<br />ただし造りは新しいです。

    立派な山門。
    ただし造りは新しいです。

  • 入場券売り場。<br />45元でした。

    入場券売り場。
    45元でした。

  • 入場します。

    入場します。

  • 境内は広く、庭や石庭?も見事です。

    境内は広く、庭や石庭?も見事です。

  • 西園という庭園がありました。<br />蘇州に比べてぐっと人は少なく、のんびり。

    西園という庭園がありました。
    蘇州に比べてぐっと人は少なく、のんびり。

  • 池やお堂がゆったりと配置されています。<br />大きなお寺なんですね。

    池やお堂がゆったりと配置されています。
    大きなお寺なんですね。

  • きれいに建物や展示物が整備されていて、<br />中国人向けにはガイドツアーもあるみたいでした。

    きれいに建物や展示物が整備されていて、
    中国人向けにはガイドツアーもあるみたいでした。

  • これは故事や著名人の展示みたい。

    これは故事や著名人の展示みたい。

  • 書などの文物も多数展示されています。

    書などの文物も多数展示されています。

  • 「愛国主義教育基地」です!<br />こうやって教育されているんだな。

    「愛国主義教育基地」です!
    こうやって教育されているんだな。

  • しかし、愛国と言っても、<br />このお寺を有名にしているのは日本とのつながりなんですよー。<br />お寺の中心に鑑真記念堂があります。

    しかし、愛国と言っても、
    このお寺を有名にしているのは日本とのつながりなんですよー。
    お寺の中心に鑑真記念堂があります。

  • 1973年、<br />鑑真の逝去1200年を記念して建てられた鑑真記念堂。<br />唐の時代の建築様式を模して建造されたそうで、<br />日本からの支援もあったとか。<br />

    1973年、
    鑑真の逝去1200年を記念して建てられた鑑真記念堂。
    唐の時代の建築様式を模して建造されたそうで、
    日本からの支援もあったとか。

  • 中庭の中央には鑑真が建立した奈良・唐招提寺から送られた石提灯がありました。<br /><br />唐招提寺は759年、鑑真が開いた道場が始まりなんですね。

    中庭の中央には鑑真が建立した奈良・唐招提寺から送られた石提灯がありました。

    唐招提寺は759年、鑑真が開いた道場が始まりなんですね。

  • 提灯の中では灯火が燃えています。<br /><br />「揚州大明寺鑑真記念堂には石造りの提灯がある。それは日本唐招提寺森本孝順長老から送られ、長老自ら火をつけたものである。日本唐招提寺にあるもう一つの提灯とは対になったのである。その一対の提灯の火は今でも燃えており、遥かながらも呼応していて、消えたことはない。それは日中両国人民の世代の友好に光明たる前途が迎えられることを象徴しているではないか。」<br /><br />2007年、中国の温家宝首相が来日時にの日本の国会でスピーチした言葉です。<br />

    提灯の中では灯火が燃えています。

    「揚州大明寺鑑真記念堂には石造りの提灯がある。それは日本唐招提寺森本孝順長老から送られ、長老自ら火をつけたものである。日本唐招提寺にあるもう一つの提灯とは対になったのである。その一対の提灯の火は今でも燃えており、遥かながらも呼応していて、消えたことはない。それは日中両国人民の世代の友好に光明たる前途が迎えられることを象徴しているではないか。」

    2007年、中国の温家宝首相が来日時にの日本の国会でスピーチした言葉です。

  • お堂に入ると鑑真和上像が鎮座していました。<br />唐招提寺所蔵の国宝鑑真和上像のレプリカだそうです。

    お堂に入ると鑑真和上像が鎮座していました。
    唐招提寺所蔵の国宝鑑真和上像のレプリカだそうです。

  • 鑑真和上(688~763年)は、ここ唐の揚州に生まれ、14歳で出家。<br />洛陽・長安で修行を積み、713年に故郷の大雲寺に戻り、江南第一の大師と称されたそう。<br />天宝元年(742)、第9次遣唐使船で唐を訪れていた留学僧から、朝廷の「伝戒の師」としての招請を受け、渡日を決意。<br />その後の12年間に5回の渡航を試みて失敗、次第に視力を失いながらも、<br />天平勝宝5年(753)、6回目にして遂に日本の地を踏まれた偉人です。

    鑑真和上(688~763年)は、ここ唐の揚州に生まれ、14歳で出家。
    洛陽・長安で修行を積み、713年に故郷の大雲寺に戻り、江南第一の大師と称されたそう。
    天宝元年(742)、第9次遣唐使船で唐を訪れていた留学僧から、朝廷の「伝戒の師」としての招請を受け、渡日を決意。
    その後の12年間に5回の渡航を試みて失敗、次第に視力を失いながらも、
    天平勝宝5年(753)、6回目にして遂に日本の地を踏まれた偉人です。

  • 来日後、76歳までの10年間のうち5年を東大寺で、残りの5年を唐招提寺で過ごし、天皇を始め、多くの人々に授戒をされたという。<br /><br />はるか昔に日本にやって来た苦難とその情熱に頭が下がります。<br /><br /><br />

    来日後、76歳までの10年間のうち5年を東大寺で、残りの5年を唐招提寺で過ごし、天皇を始め、多くの人々に授戒をされたという。

    はるか昔に日本にやって来た苦難とその情熱に頭が下がります。


  • 坐像の隣には遣唐使船の模型が展示されていました。<br />こんな船で海を渡ったのだから、昔の人はすごい。<br />いまや飛行機で2時間。便利さをもっと有効に使わないと。(汗)

    坐像の隣には遣唐使船の模型が展示されていました。
    こんな船で海を渡ったのだから、昔の人はすごい。
    いまや飛行機で2時間。便利さをもっと有効に使わないと。(汗)

  • しばらく静かにたたずんでいると、<br />中国人のグループが賑やかにやって来ました。<br />「リーベン(日本)」「リーベン」って、ガイドが話していたから、<br />たぶん鑑真や遣唐使のことを話しているのでしょう。<br />

    しばらく静かにたたずんでいると、
    中国人のグループが賑やかにやって来ました。
    「リーベン(日本)」「リーベン」って、ガイドが話していたから、
    たぶん鑑真や遣唐使のことを話しているのでしょう。

  • 他のお堂にも立派な仏像が祀られていました。

    他のお堂にも立派な仏像が祀られていました。

  • きれいに整備されているから、このお寺、<br />けっこうお金持ちなんですね。

    きれいに整備されているから、このお寺、
    けっこうお金持ちなんですね。

  • 九層の栖霊塔は高さ70m。<br />日本から送られた国宝も含め、沢山の仏像が祭られているそうです。<br />

    九層の栖霊塔は高さ70m。
    日本から送られた国宝も含め、沢山の仏像が祭られているそうです。

  • この赤いコートの女性、男が女装しているみたいでした。<br />なんでこんなところにこんなのがいるんだろう。<br />興味本位に遠目に一枚。

    この赤いコートの女性、男が女装しているみたいでした。
    なんでこんなところにこんなのがいるんだろう。
    興味本位に遠目に一枚。

  • 大明寺を後にして、次の目的地「痩西湖」に向かいます。

    大明寺を後にして、次の目的地「痩西湖」に向かいます。

  • 10分ほど歩いて痩西湖公園に到着。<br />「痩=スレンダー」「西=ウエスト」「湖=レイク」<br />痩西湖=SLENDER WEST RAKEって英訳。<br />直訳すぎない?<br />

    10分ほど歩いて痩西湖公園に到着。
    「痩=スレンダー」「西=ウエスト」「湖=レイク」
    痩西湖=SLENDER WEST RAKEって英訳。
    直訳すぎない?

  • 痩西湖の北口に着きました。

    痩西湖の北口に着きました。

    痩西湖公園 広場・公園

  • 右側に入場券売り場が。<br />150元もします。<br />でもせっかく来たし入場することに。<br />でも中国の観光地って結構入場料が高いけど、<br />一般の人ってどれくらい給料もらっているわけ?

    右側に入場券売り場が。
    150元もします。
    でもせっかく来たし入場することに。
    でも中国の観光地って結構入場料が高いけど、
    一般の人ってどれくらい給料もらっているわけ?

  • 杭州の西湖よりも小さいので「痩西湖」となったそう。<br />清の乾隆帝がたびたび南巡した際に立ち寄った言われており、<br />風情ある公園がきれいに整備されていました。

    杭州の西湖よりも小さいので「痩西湖」となったそう。
    清の乾隆帝がたびたび南巡した際に立ち寄った言われており、
    風情ある公園がきれいに整備されていました。

  • 広さはなんと100ヘクタール以上あります!<br />L字型に流れる川を堰き止めてできた人造湖を中心に、<br />さまざまな庭園や建物が点在しています。<br />北口はL字型の一番上、Lの下に続くIの一番下が南口で、<br />そこを目指します。<br />歩くと、なんと3キロほどあります。

    広さはなんと100ヘクタール以上あります!
    L字型に流れる川を堰き止めてできた人造湖を中心に、
    さまざまな庭園や建物が点在しています。
    北口はL字型の一番上、Lの下に続くIの一番下が南口で、
    そこを目指します。
    歩くと、なんと3キロほどあります。

  • 広い公園を最初から最後まで歩くのは<br />体力的にも時間的にもキツイ!<br />見どころが多そうな中心部までショートカットすることに。<br />公園内を行き来する交通機関もあるみたいで、<br />まずは北口近くのフェリー埠頭にやってきました。<br />

    広い公園を最初から最後まで歩くのは
    体力的にも時間的にもキツイ!
    見どころが多そうな中心部までショートカットすることに。
    公園内を行き来する交通機関もあるみたいで、
    まずは北口近くのフェリー埠頭にやってきました。

  • ここから湖面を滑るフェリーが発着します。<br />でも人影まばらで来る気配がないので退散。

    ここから湖面を滑るフェリーが発着します。
    でも人影まばらで来る気配がないので退散。

  • 北口ゲートに戻ると、園内バスの乗り場もありました。

    北口ゲートに戻ると、園内バスの乗り場もありました。

  • ちょうどバスがやって来たので乗り込みます。<br />どこへ連れていかれるかわからないけど歩くよりはマシそう。<br />1回乗車20元です。

    ちょうどバスがやって来たので乗り込みます。
    どこへ連れていかれるかわからないけど歩くよりはマシそう。
    1回乗車20元です。

  • 乗ってからわかったのですが、<br />どうもこの前列に乗っている2人が<br />貸し切っていたバスに乗ってしまったみたいでした。<br />いろいろまくし立てられたけど、<br />そのまま乗せてくれていました。<br />

    乗ってからわかったのですが、
    どうもこの前列に乗っている2人が
    貸し切っていたバスに乗ってしまったみたいでした。
    いろいろまくし立てられたけど、
    そのまま乗せてくれていました。

  • 園内の小さな遊歩道に沿ってバスは進みます。<br />こんなパオ?を再現したものがありました。

    園内の小さな遊歩道に沿ってバスは進みます。
    こんなパオ?を再現したものがありました。

  • これは何か古い建物を再現?

    これは何か古い建物を再現?

  • いろんなものが右に左に現れます。

    いろんなものが右に左に現れます。

  • ここはトピアリー?<br />完全に有料公園の趣きですね。<br />チャーター車だからかしらないけど、<br />ガイドさんが一緒に下りて、<br />前列の2人の記念写真を撮ってあげていました。<br />この次あたりに止まったところで<br />2人がまた降りたので一緒に飛び降りてみました。

    ここはトピアリー?
    完全に有料公園の趣きですね。
    チャーター車だからかしらないけど、
    ガイドさんが一緒に下りて、
    前列の2人の記念写真を撮ってあげていました。
    この次あたりに止まったところで
    2人がまた降りたので一緒に飛び降りてみました。

  • 降りたところは、<br />園内地図のL字型の左下の角っこのところにある「二十四橋のエリア。<br />一気に人出が増えて、やはり中心エリアみたいです。<br />とにかく公園は広いので、<br />バスに乗って大正解でした!<br />

    降りたところは、
    園内地図のL字型の左下の角っこのところにある「二十四橋のエリア。
    一気に人出が増えて、やはり中心エリアみたいです。
    とにかく公園は広いので、
    バスに乗って大正解でした!

  • 橋は長さ24メートルで、<br />幅2.4メートル、橋の両側にある階段はそれぞれ24段、<br />橋の上には24本の白玉の手すりが24枚の石板を囲んでいます、とのこと。<br />なかなか風情ある景色です。<br /><br />この揚州の観光でも蘇州と同じサイトが参考になりました。<br />ありがとうございます。<br />http://www.e-asianmarket.com/yangzhou/shouxihu11.html<br />

    橋は長さ24メートルで、
    幅2.4メートル、橋の両側にある階段はそれぞれ24段、
    橋の上には24本の白玉の手すりが24枚の石板を囲んでいます、とのこと。
    なかなか風情ある景色です。

    この揚州の観光でも蘇州と同じサイトが参考になりました。
    ありがとうございます。
    http://www.e-asianmarket.com/yangzhou/shouxihu11.html

  • なんの建物かしらんけど、花がきれいに植えられています。<br />さすが入場料高いだけあって、金はかかっています。<br />

    なんの建物かしらんけど、花がきれいに植えられています。
    さすが入場料高いだけあって、金はかかっています。

  • ブラックスワンが運河を泳いでいました。

    ブラックスワンが運河を泳いでいました。

  • 「二十四橋」を渡ってぐるりを湖を回り込んできました。<br />天気も良いし、のんびり気分。

    「二十四橋」を渡ってぐるりを湖を回り込んできました。
    天気も良いし、のんびり気分。

  • 右側に視線を向けると、痩西湖のハイライト「五亭橋」が見えてきました。

    右側に視線を向けると、痩西湖のハイライト「五亭橋」が見えてきました。

  • レストランなども整備されています。

    レストランなども整備されています。

  • 五亭橋に着きました!<br />これもいい眺め。

    五亭橋に着きました!
    これもいい眺め。

  • 五亭橋は清の乾隆帝の南巡にあわせ建てられたもので、すでに二百年以上の歴史があるそうです。<br />結構しっかりした石造りの橋です。

    五亭橋は清の乾隆帝の南巡にあわせ建てられたもので、すでに二百年以上の歴史があるそうです。
    結構しっかりした石造りの橋です。

  • 橋の上は立派な屋根がかかっており、<br />両側には休憩できるベンチも。<br />

    橋の上は立派な屋根がかかっており、
    両側には休憩できるベンチも。

  • 屋根には立派な風鈴が付けられています。<br />風鈴は中国の皇帝が占いに使ったそうで、<br />満州族出身ながら、<br />中国の歴代文化を大切にしようとした清の乾隆帝の思惑が<br />感じ取れます。<br />(参考サイトから引用)

    屋根には立派な風鈴が付けられています。
    風鈴は中国の皇帝が占いに使ったそうで、
    満州族出身ながら、
    中国の歴代文化を大切にしようとした清の乾隆帝の思惑が
    感じ取れます。
    (参考サイトから引用)

  • 湖を渡る秋風がさわやか。<br />風鈴を風が揺らします。

    湖を渡る秋風がさわやか。
    風鈴を風が揺らします。

  • 橋に別れを告げ、今度は釣魚台を目指します。<br />釣魚台が見えてきました。

    橋に別れを告げ、今度は釣魚台を目指します。
    釣魚台が見えてきました。

  • 途中、菊野作品展をやっていました。<br />だから、柵の中に入って写真撮ったらアカンってば!<br />

    途中、菊野作品展をやっていました。
    だから、柵の中に入って写真撮ったらアカンってば!

  • 釣魚台に到着。<br />清の乾隆帝が揚州に巡幸した際に、釣り糸を垂れたという言われがあります。

    釣魚台に到着。
    清の乾隆帝が揚州に巡幸した際に、釣り糸を垂れたという言われがあります。

  • 例の丸い仕切りから湖を眺めると、<br />先ほど渡った五亭橋が、<br />不思議な遠近感でフレーム内に迫ってきました。<br />これも中国の庭園技術なんですね。<br />人無しで撮りたかったけど、人波が途切れないのです。。

    例の丸い仕切りから湖を眺めると、
    先ほど渡った五亭橋が、
    不思議な遠近感でフレーム内に迫ってきました。
    これも中国の庭園技術なんですね。
    人無しで撮りたかったけど、人波が途切れないのです。。

  • 釣魚台からさらに歩いて20分ほどで南口に到着。<br />とにかく広い公園でした。<br />どれも新しい建物が多くて、<br />歴史ってものは直接感じにくいけど、<br />のんびりするにはオススメです。

    釣魚台からさらに歩いて20分ほどで南口に到着。
    とにかく広い公園でした。
    どれも新しい建物が多くて、
    歴史ってものは直接感じにくいけど、
    のんびりするにはオススメです。

  • 午後2時前になり、そろそろ帰りが気になる時間。<br />事前に調べた空港行きのバス発着地を先にチェックしに行きます。<br />揚州にもありました、レンタサイクル!

    午後2時前になり、そろそろ帰りが気になる時間。
    事前に調べた空港行きのバス発着地を先にチェックしに行きます。
    揚州にもありました、レンタサイクル!

  • 痩西湖から東へ続く道は、<br />オシャレなカフェが立ち並ぶいい感じの通りでした。

    痩西湖から東へ続く道は、
    オシャレなカフェが立ち並ぶいい感じの通りでした。

  • ここもオシャレそう。<br />でも「猫尿珈琲」に見える。。<br />猫のいるカフェんなんだろうか。<br />なんだか臭うな。<br />

    ここもオシャレそう。
    でも「猫尿珈琲」に見える。。
    猫のいるカフェんなんだろうか。
    なんだか臭うな。

  • スタバもありました。

    スタバもありました。

  • 通りの交差点に旅行案内所も発見。

    通りの交差点に旅行案内所も発見。

  • この案内所がまたオシャレ。<br />揚州ってマイナー都市の割に、<br />建物も乗り物も公園も全部キレイ。<br />この街出身の江沢民パワーのなせる技なんですかね。<br />

    この案内所がまたオシャレ。
    揚州ってマイナー都市の割に、
    建物も乗り物も公園も全部キレイ。
    この街出身の江沢民パワーのなせる技なんですかね。

  • 痩西湖から15分ほど歩いて、<br />揚州泰州空港へ向かうバスが発着する「城市候機楼」に着きました。<br />空港へのシティエアターミナルですね。<br />でも中はガランドウ。潰れて機能していません。<br /><br />バス停「友好会館」の近くにあります。<br />百度地図で検索して見つけました。

    痩西湖から15分ほど歩いて、
    揚州泰州空港へ向かうバスが発着する「城市候機楼」に着きました。
    空港へのシティエアターミナルですね。
    でも中はガランドウ。潰れて機能していません。

    バス停「友好会館」の近くにあります。
    百度地図で検索して見つけました。

  • 建物は機能していませんが、<br />バスは発着しているみたいで、ホッと安心。<br />帰りの飛行機が19時05分発なので、<br />空港まで1時間として、16時発のバスに乗ることに。<br />これも百度の情報が合っていました。<br />

    建物は機能していませんが、
    バスは発着しているみたいで、ホッと安心。
    帰りの飛行機が19時05分発なので、
    空港まで1時間として、16時発のバスに乗ることに。
    これも百度の情報が合っていました。

  • このあたりも観光地風に街並みが整備されています。<br />川沿いに雰囲気あるカフェが並んでいましたが、<br />どうも営業はしていないみたい。<br />それにしてもすごい金のかけ具合だな。

    このあたりも観光地風に街並みが整備されています。
    川沿いに雰囲気あるカフェが並んでいましたが、
    どうも営業はしていないみたい。
    それにしてもすごい金のかけ具合だな。

  • バスまでまだ1時間半ほどあったので、<br />思い切って市バスに乗って「東門」を訪ねてみることに。<br />前に見えるのは市中心部の目印になる塔みたい。

    バスまでまだ1時間半ほどあったので、
    思い切って市バスに乗って「東門」を訪ねてみることに。
    前に見えるのは市中心部の目印になる塔みたい。

  • 東門の前は運河になっていました。<br />北京へ続く運河はここかな。

    東門の前は運河になっていました。
    北京へ続く運河はここかな。

  • 川べりにはこんなレリーフがありました。<br />

    川べりにはこんなレリーフがありました。

  • 各地から荷物が集まる商都だったようすが、<br />よくわかります。<br />ここで積み下ろししていたのかと思うとロマンあります。

    各地から荷物が集まる商都だったようすが、
    よくわかります。
    ここで積み下ろししていたのかと思うとロマンあります。

  • 東門です。立派!

    東門です。立派!

  • 東門をくぐると、古い風情の商店街「東関街」が続きます。

    東門をくぐると、古い風情の商店街「東関街」が続きます。

  • 振り返ると東門はこの通り。<br />威風堂々、揚州の街が大きかったことが<br />よくわかりますね。

    振り返ると東門はこの通り。
    威風堂々、揚州の街が大きかったことが
    よくわかりますね。

  • 東関街は古い建物が残されているのか、再現されているのか。<br />風情ある通りにいろんな店や露店が並びます。<br />これは瓢箪売り。

    東関街は古い建物が残されているのか、再現されているのか。
    風情ある通りにいろんな店や露店が並びます。
    これは瓢箪売り。

  • 夜もきれいだろうな。<br />揚州って思いの外、いい街です。<br />泊まりで訪れても面白かったかも。

    夜もきれいだろうな。
    揚州って思いの外、いい街です。
    泊まりで訪れても面白かったかも。

  • 消防博物館みたいなのもありました。

    消防博物館みたいなのもありました。

  • 中国歴史文化名街「揚州東関街」です!

    中国歴史文化名街「揚州東関街」です!

  • これはゴマ風味のお菓子?

    これはゴマ風味のお菓子?

  • これは木彫り?

    これは木彫り?

  • これは飴細工屋さん。

    これは飴細工屋さん。

  • 時間があれば、<br />ゆっくり1店ずつ見て歩きたいところですが、<br />バスの時間があるので、駆け足でめぐります。

    時間があれば、
    ゆっくり1店ずつ見て歩きたいところですが、
    バスの時間があるので、駆け足でめぐります。

  • 途中、揚州炒飯の店があり、入りやすそうだったので、<br />ランチを取ることに!

    途中、揚州炒飯の店があり、入りやすそうだったので、
    ランチを取ることに!

  • レジで注文して座席で出て来るのを待ちます。

    レジで注文して座席で出て来るのを待ちます。

  • 揚州と言えば、炒飯ですね。<br />うまそう!<br /><br />市のホームページなどによると、<br />パラパラでつやつやの米粒、卵、<br />水で戻したナマコや干し貝柱、<br />ハム、エビなど8種類の食材を使う。<br />色は赤、緑、黄、白、オレンジが含まれ、<br />調和が取れている。<br />チャーハン特有の香りがしなければならない。<br />といった基準あるそうです。<br /><br />確かに彩り豊か。<br />観光客向けだったから味はイマイチなんだろうけど、<br />パラパラでうまかったです!

    揚州と言えば、炒飯ですね。
    うまそう!

    市のホームページなどによると、
    パラパラでつやつやの米粒、卵、
    水で戻したナマコや干し貝柱、
    ハム、エビなど8種類の食材を使う。
    色は赤、緑、黄、白、オレンジが含まれ、
    調和が取れている。
    チャーハン特有の香りがしなければならない。
    といった基準あるそうです。

    確かに彩り豊か。
    観光客向けだったから味はイマイチなんだろうけど、
    パラパラでうまかったです!

  • 揚州の小籠包みたいなのも注文。<br />本当は揚州名物という、<br />肉まん的な大きなものにストローが刺さっているものを<br />想像していんだけど、出てきたら小籠包でした。

    揚州の小籠包みたいなのも注文。
    本当は揚州名物という、
    肉まん的な大きなものにストローが刺さっているものを
    想像していんだけど、出てきたら小籠包でした。

  • 揚州では「三把刀」も有名らしく、包丁やペンチなどを売る店も多かったです。<br />

    揚州では「三把刀」も有名らしく、包丁やペンチなどを売る店も多かったです。

  • 揚州の観光名所「个園」への入り口もありました。<br />名園らしいけど、今回は時間がないのでパス。。

    揚州の観光名所「个園」への入り口もありました。
    名園らしいけど、今回は時間がないのでパス。。

  • 鶏肉屋さん。<br />すごく繁盛していました。<br />おいしそうだけど、これも時間がなく。。<br />揚州、またゆっくり来てみたいなあ。

    鶏肉屋さん。
    すごく繁盛していました。
    おいしそうだけど、これも時間がなく。。
    揚州、またゆっくり来てみたいなあ。

  • 東関街から20分ほどで空港バス乗り場に帰ってきました。<br />時間通り、バスが既に待機していました。<br />これで揚州泰州空港へ向かいます。

    東関街から20分ほどで空港バス乗り場に帰ってきました。
    時間通り、バスが既に待機していました。
    これで揚州泰州空港へ向かいます。

  • 約40分ほどで揚州泰州空港に到着。<br />揚州と、その東にある泰州の中間にある空港。<br />2012年に開港したばかりだそうです。

    約40分ほどで揚州泰州空港に到着。
    揚州と、その東にある泰州の中間にある空港。
    2012年に開港したばかりだそうです。

  • 新しい空港らしく開放的な造り。<br />でも人は少ないです。<br />正面の額にかかった空港名の文字には<br />江沢民って署名が入っていました。<br />政治空港の匂いプンプンだ。

    新しい空港らしく開放的な造り。
    でも人は少ないです。
    正面の額にかかった空港名の文字には
    江沢民って署名が入っていました。
    政治空港の匂いプンプンだ。

    揚州泰州空港 (YTY) 空港

  • カフェやお土産もの屋もあります。<br />ただ利用者のほとんどは国内線です。

    カフェやお土産もの屋もあります。
    ただ利用者のほとんどは国内線です。

  • 出発2時間前の17時ぐらいになって<br />チェックインが始まりました。<br />地方空港らしく、カウンターの中にいたのは彼1人きり。<br />でも早めに着いていて良かった。<br />この後、中国人の団体がわんさかやって来ました。

    出発2時間前の17時ぐらいになって
    チェックインが始まりました。
    地方空港らしく、カウンターの中にいたのは彼1人きり。
    でも早めに着いていて良かった。
    この後、中国人の団体がわんさかやって来ました。

  • 一番奥にあるセキュリティーを通って、<br />国際線ロビーに入ります。

    一番奥にあるセキュリティーを通って、
    国際線ロビーに入ります。

  • 待合ロビーはこの通り。<br />ガランとしています。<br />バンコク、済州島、台北などに国際線が数路線あるようでした。<br />

    待合ロビーはこの通り。
    ガランとしています。
    バンコク、済州島、台北などに国際線が数路線あるようでした。

  • 階段の上から見渡すと、壁の向こうは国内線です。<br />これぐらいの仕切りの高さだったら物を投げたら<br />やり取りできそうな気がするんですが。。

    階段の上から見渡すと、壁の向こうは国内線です。
    これぐらいの仕切りの高さだったら物を投げたら
    やり取りできそうな気がするんですが。。

  • 階上には一応レストラン?がありました。<br />でも誰も入っていない。

    階上には一応レストラン?がありました。
    でも誰も入っていない。

  • 階段の下には超ミニコンビ二的なスペース。<br />飲み物、お菓子ぐらいしか置いていません。<br />レジもなく、発着便がある時だけ係員が来て<br />手作業で会計してくれます。<br />この空港には免税店というものは有り得ません!

    階段の下には超ミニコンビ二的なスペース。
    飲み物、お菓子ぐらいしか置いていません。
    レジもなく、発着便がある時だけ係員が来て
    手作業で会計してくれます。
    この空港には免税店というものは有り得ません!

  • 定刻通り、搭乗開始。<br />チェックインカウンターはガラガラだったけど、<br />7割ぐらいの搭乗率でした。<br />こんな地方空港と大阪がダイレクトにつながっているなんて、<br />なんだか不思議。

    定刻通り、搭乗開始。
    チェックインカウンターはガラガラだったけど、
    7割ぐらいの搭乗率でした。
    こんな地方空港と大阪がダイレクトにつながっているなんて、
    なんだか不思議。

  • 帰りは春秋航空です!<br />揚州を19:05に出発し、大阪に22時30分に到着予定。<br />飛行時間は約2時間25分。<br />鄭州から飛んできて、揚州を経由して、大阪に向かいます。<br /><br />12月からは洛陽⇔揚州⇔大阪線も増えるらしい。<br />

    帰りは春秋航空です!
    揚州を19:05に出発し、大阪に22時30分に到着予定。
    飛行時間は約2時間25分。
    鄭州から飛んできて、揚州を経由して、大阪に向かいます。

    12月からは洛陽⇔揚州⇔大阪線も増えるらしい。

  • 春秋航空は武漢以来2か月ぶり。<br />前方のシートに入れてくれて、席も快適でした。<br />春秋航空って機内もキレイだし、なかなか良いですね。<br />Peachと乗り比べても、全然遜色ないし、<br />荷物を15キロまでOKな分、<br />むしろコスパは春秋航空のほうが良いかも!

    春秋航空は武漢以来2か月ぶり。
    前方のシートに入れてくれて、席も快適でした。
    春秋航空って機内もキレイだし、なかなか良いですね。
    Peachと乗り比べても、全然遜色ないし、
    荷物を15キロまでOKな分、
    むしろコスパは春秋航空のほうが良いかも!

  • 春秋航空搭乗3回目にして、初めて体操に遭遇しました。<br />結構小じんまりとした動きの体操ですね。(笑)<br /><br />関西空港には予定より15分ほど早く到着。<br />遅れて終電に乗れないと嫌だと思っていたので、<br />余裕でスムーズに帰ることができました。<br /><br />金曜夜に出て、日曜夜に帰る1泊2日の弾丸旅。<br />観光客であふれる蘇州と、<br />ちょっとのんびりした地方都市の揚州の2つの街を満喫し、<br />充実した週末でした!<br />しかも航空券は1万円程度。<br />ちょっと疲れるけど、たまにはこんな週末もいいもんですね。<br /><br /><br />

    春秋航空搭乗3回目にして、初めて体操に遭遇しました。
    結構小じんまりとした動きの体操ですね。(笑)

    関西空港には予定より15分ほど早く到着。
    遅れて終電に乗れないと嫌だと思っていたので、
    余裕でスムーズに帰ることができました。

    金曜夜に出て、日曜夜に帰る1泊2日の弾丸旅。
    観光客であふれる蘇州と、
    ちょっとのんびりした地方都市の揚州の2つの街を満喫し、
    充実した週末でした!
    しかも航空券は1万円程度。
    ちょっと疲れるけど、たまにはこんな週末もいいもんですね。


この旅行記のタグ

関連タグ

47いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • ロキマヒさん 2018/10/24 15:32:40
    参考になりました。
    10/25 セントレア→上海、上海泊
    10/26 上海→南京 高速鉄道 南京泊
    10/27 南京→揚州 高速鉄道 揚州泰州空港→関空

    で行ってきます。

    bell-san

    bell-sanさん からの返信 2018/10/25 23:32:49
    Re:参考になりました。
    ロキマヒさん、こんばんは。
    書き込みありがとうございます。
    今頃は中国でしょうか?
    南京も揚州も落ち着いたステキな町なので、
    楽しんできてくださいね。
    ロキマヒさんの旅報告も楽しみにしています。

bell-sanさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集