一関旅行記(ブログ) 一覧に戻る
10年以上も前の秋に、秋田~田沢湖~八幡平~十和田湖にドライブしたが、余り見事な紅葉に出会わなかったので、機会があれば東北地方の紅葉に再挑戦をと前々から考えていた。<br /><br />10月下旬に仙台まで行く用が出来たので、ドライブの目的地は明確ではなかったものの、この時期は仙台周辺ではまだ紅葉には早く、八幡平や十和田湖周辺では見頃は過ぎていると思い、一関から秋田方面にレンタカーで山越えをすれば丁度良い見頃の紅葉に出会うだろうとの思惑で一関のホテルを予約していた。直前のインターネットの紅葉情報では、栗駒山が「見頃」となっていたので、予定通りこの方面に行くことに決定(一関周辺は全く紅葉していない)。<br /><br />前日は、仙台からJR在来線で一関へ行き、駅前ホテルに宿泊。<br /><br />当日はお天気も良く、絶好の紅葉ドライブ日和となった。レンタカー営業所の女性は、「栗駒山や須川温泉辺りは丁度見頃でしょうが、渋滞があるかもしれないので気をつけてください」と地図をくれた。その地図には、なんと「須川温泉手前では、ピーク時には最大5km4時間の渋滞の可能性あり」と書いてある。この日の予想を聞いてみたが、もちろん確かな返事はしてくれない。夕方までに一関~須川温泉~ジュネ栗駒(スキー場)~奥州市~一関の周回コース約200kmを巡る予定であるが、渋滞に出会えば最悪途中でUターンと腹を決めて出発。<br /><br />結果は、渋滞は全くなく予定通り順調にドライブ出来、見事な紅葉に遭遇!楽しい紅葉ドライブとなった。<br /><br /><br /><br /><br />

栗駒山方面への紅葉ドライブ

140いいね!

2016/10/22 - 2016/10/22

5位(同エリア192件中)

0

68

10年以上も前の秋に、秋田~田沢湖~八幡平~十和田湖にドライブしたが、余り見事な紅葉に出会わなかったので、機会があれば東北地方の紅葉に再挑戦をと前々から考えていた。

10月下旬に仙台まで行く用が出来たので、ドライブの目的地は明確ではなかったものの、この時期は仙台周辺ではまだ紅葉には早く、八幡平や十和田湖周辺では見頃は過ぎていると思い、一関から秋田方面にレンタカーで山越えをすれば丁度良い見頃の紅葉に出会うだろうとの思惑で一関のホテルを予約していた。直前のインターネットの紅葉情報では、栗駒山が「見頃」となっていたので、予定通りこの方面に行くことに決定(一関周辺は全く紅葉していない)。

前日は、仙台からJR在来線で一関へ行き、駅前ホテルに宿泊。

当日はお天気も良く、絶好の紅葉ドライブ日和となった。レンタカー営業所の女性は、「栗駒山や須川温泉辺りは丁度見頃でしょうが、渋滞があるかもしれないので気をつけてください」と地図をくれた。その地図には、なんと「須川温泉手前では、ピーク時には最大5km4時間の渋滞の可能性あり」と書いてある。この日の予想を聞いてみたが、もちろん確かな返事はしてくれない。夕方までに一関~須川温泉~ジュネ栗駒(スキー場)~奥州市~一関の周回コース約200kmを巡る予定であるが、渋滞に出会えば最悪途中でUターンと腹を決めて出発。

結果は、渋滞は全くなく予定通り順調にドライブ出来、見事な紅葉に遭遇!楽しい紅葉ドライブとなった。




同行者
一人旅
交通手段
レンタカー
旅行の満足度
5.0
観光
5.0
交通
5.0

PR

  • 栗駒山・須川温泉付近は紅葉の盛りを過ぎていたため登山者の姿は少なく、心配した渋滞は全く発生せず(渋滞は、紅葉の盛りの栗駒山登山の人が押し寄せるからだったようだ)。替りに、栗駒山への手前・向こう側で素晴らしい紅葉群に出会うことが出来た。須川温泉の駐車場で教えてもらった情報も参考にして、多少秋田県側にも足を延ばし、結局下記の国道342号・397号・4号をぐるっと周回するコース+αの約200kmの行程を、紅葉を楽しみながらスイスイとドライブすることが出来た。一関出発は朝7時40分、一関帰着は午後3時過ぎだった。地図の紅葉①~④は、丁度見頃だったポイント。<br /><br /><br />一関~(紅葉①)~須川温泉~須川湖~(紅葉②)~小安峡~(紅葉②)~須川湖~(紅葉③)~なるせ温泉~(紅葉④)~奥州市~一関<br />

    栗駒山・須川温泉付近は紅葉の盛りを過ぎていたため登山者の姿は少なく、心配した渋滞は全く発生せず(渋滞は、紅葉の盛りの栗駒山登山の人が押し寄せるからだったようだ)。替りに、栗駒山への手前・向こう側で素晴らしい紅葉群に出会うことが出来た。須川温泉の駐車場で教えてもらった情報も参考にして、多少秋田県側にも足を延ばし、結局下記の国道342号・397号・4号をぐるっと周回するコース+αの約200kmの行程を、紅葉を楽しみながらスイスイとドライブすることが出来た。一関出発は朝7時40分、一関帰着は午後3時過ぎだった。地図の紅葉①~④は、丁度見頃だったポイント。


    一関~(紅葉①)~須川温泉~須川湖~(紅葉②)~小安峡~(紅葉②)~須川湖~(紅葉③)~なるせ温泉~(紅葉④)~奥州市~一関

  • 最初の1時間ほどは全く紅葉していなかったが、山に登っていくにつれ山肌が赤・黄の色彩を帯びてくる。<br /><br />出発してから約50分、最初の撮影ポイントに車を停めて下車。ここまで余りにも車が少ないので、出発が遅すぎたのかと心配だったが、最後まで車は少なかった(笑)。道端に停めていても、後続の車の邪魔にはならない。<br /><br />向こう側の山肌が紅葉している。地図の「紅葉①」のゾーンだ。

    最初の1時間ほどは全く紅葉していなかったが、山に登っていくにつれ山肌が赤・黄の色彩を帯びてくる。

    出発してから約50分、最初の撮影ポイントに車を停めて下車。ここまで余りにも車が少ないので、出発が遅すぎたのかと心配だったが、最後まで車は少なかった(笑)。道端に停めていても、後続の車の邪魔にはならない。

    向こう側の山肌が紅葉している。地図の「紅葉①」のゾーンだ。

  • 山肌をクローズアップ。まだまだ紅葉のピークとはなっていない。

    山肌をクローズアップ。まだまだ紅葉のピークとはなっていない。

  • 更に数分走って、前に見えている道路を入れて撮影。

    更に数分走って、前に見えている道路を入れて撮影。

  • 第1回目のポイントよりも若干標高が高くなっているのだろう。色付きが良くなってきた。

    第1回目のポイントよりも若干標高が高くなっているのだろう。色付きが良くなってきた。

  • 手前の枯れ木がアクセントになっている。

    手前の枯れ木がアクセントになっている。

  • 5分程、撮影を続けて次のスポットへ移動。<br /><br />5分程度走っていると、急に道路際の立木がなくなり、谷間と山の連なりが望める景観が出現(通常は、道路際の立木が邪魔になり、遠くの景色が撮れないことが多い)。<br /><br />後ろから車が来ていないので、気楽に停車できる。

    5分程、撮影を続けて次のスポットへ移動。

    5分程度走っていると、急に道路際の立木がなくなり、谷間と山の連なりが望める景観が出現(通常は、道路際の立木が邪魔になり、遠くの景色が撮れないことが多い)。

    後ろから車が来ていないので、気楽に停車できる。

  • 丁度、午前9時だ。

    丁度、午前9時だ。

  • 杉の緑もアクセントになっている。

    杉の緑もアクセントになっている。

  • 10分間ほど写真を撮って、先に進む。

    10分間ほど写真を撮って、先に進む。

  • 10分ほど走ると、須川温泉の大駐車場に到着。ここが、このルートの峠になっているようだ。<br /><br />この駐車場が、栗駒山登山の人達で大混雑するらしい。もうこの駐車場から上は紅葉がほとんど終わっているので、登山客が来ないようだ。登山をする予定はなかったので、ある意味ラッキー!

    10分ほど走ると、須川温泉の大駐車場に到着。ここが、このルートの峠になっているようだ。

    この駐車場が、栗駒山登山の人達で大混雑するらしい。もうこの駐車場から上は紅葉がほとんど終わっているので、登山客が来ないようだ。登山をする予定はなかったので、ある意味ラッキー!

  • 駐車場から見上げる、栗駒山方面。

    駐車場から見上げる、栗駒山方面。

  • 駐車場から見る秋田の鳥海山方面。頂上付近は、雲で見えていない。

    駐車場から見る秋田の鳥海山方面。頂上付近は、雲で見えていない。

  • 駐車場の係員に、紅葉の見頃の場所を訊ねる。<br /><br />栗駒山は見ての通り紅葉が終了しているので、秋田側の小安峡あたりまで下って行くと、いいかもしれないよとの返事。<br /><br />時間も早いので、取り敢えず小安峡方面に行くことにする。<br /><br />数分間、車で下ると須川湖が出現。紅葉の如何にかかわらず見逃す手はない。

    駐車場の係員に、紅葉の見頃の場所を訊ねる。

    栗駒山は見ての通り紅葉が終了しているので、秋田側の小安峡あたりまで下って行くと、いいかもしれないよとの返事。

    時間も早いので、取り敢えず小安峡方面に行くことにする。

    数分間、車で下ると須川湖が出現。紅葉の如何にかかわらず見逃す手はない。

  • 湖というものの、小さな池だ。<br /><br />対岸の向こうの栗駒山は、もう色を失っている。

    湖というものの、小さな池だ。

    対岸の向こうの栗駒山は、もう色を失っている。

  • もう少し早ければ、見事な景観だろうと思いながら撮影(もう少し早ければ、大渋滞だ!)。

    もう少し早ければ、見事な景観だろうと思いながら撮影(もう少し早ければ、大渋滞だ!)。

  • 風で多少さざ波が立っている湖面の映りも、趣がある。

    風で多少さざ波が立っている湖面の映りも、趣がある。

  • 須川湖の駐車場側。

    須川湖の駐車場側。

  • 湖の一角に、落葉が水面下に固まって沈んでいるところがあった。

    湖の一角に、落葉が水面下に固まって沈んでいるところがあった。

  • 30分近く滞在したことになり、次の目的地の小安峡を目指す。

    30分近く滞在したことになり、次の目的地の小安峡を目指す。

  • 10分程下って行くと、また紅葉ポイントが出現。<br /><br />9時45分。

    10分程下って行くと、また紅葉ポイントが出現。

    9時45分。

  • 10時頃に、また開けた紅葉の景観が右側に見えたが、通り過ぎてしまう。<br /><br />このスポットの先に大きな駐車場スペース(ほとんど車は停まっていないが、数十台分は停めれそうな広さで、アイスクリームの屋台が一軒開業していた)があり、車を停めて数百メートルほど徒歩で登って戻る。

    10時頃に、また開けた紅葉の景観が右側に見えたが、通り過ぎてしまう。

    このスポットの先に大きな駐車場スペース(ほとんど車は停まっていないが、数十台分は停めれそうな広さで、アイスクリームの屋台が一軒開業していた)があり、車を停めて数百メートルほど徒歩で登って戻る。

  • 最初の地図の「紅葉②」に当たる場所だ。

    最初の地図の「紅葉②」に当たる場所だ。

  • 一番手前の大きな立木にも、つたのような黄葉が見事に幹に絡んでいる。

    一番手前の大きな立木にも、つたのような黄葉が見事に幹に絡んでいる。

  • ここで写真を撮っていると、何台もの車が道路脇に停車して、写真を撮っていった。<br /><br />

    ここで写真を撮っていると、何台もの車が道路脇に停車して、写真を撮っていった。

  • ここからやや上方(手前)の道路の様子。

    ここからやや上方(手前)の道路の様子。

  • 約10分間ほどいて、10時10分頃に小安峡に向けて再スタート。

    約10分間ほどいて、10時10分頃に小安峡に向けて再スタート。

  • 小安峡がかなり近くなったようで、観光地図には「紅葉大橋」となっている。<br /><br />橋の上は、必ず渓谷に向けて視界が開けているので、通行に問題がなければ、絶好の撮影ポイントとなる・<br /><br />前の地点と比べて、紅葉の進みはまだまだのようだ。

    小安峡がかなり近くなったようで、観光地図には「紅葉大橋」となっている。

    橋の上は、必ず渓谷に向けて視界が開けているので、通行に問題がなければ、絶好の撮影ポイントとなる・

    前の地点と比べて、紅葉の進みはまだまだのようだ。

  • ここから先の11枚は、「紅葉②」のスポットとなる。午前10時半頃。

    ここから先の11枚は、「紅葉②」のスポットとなる。午前10時半頃。

  • 遠景の紅葉は、これからとなる。

    遠景の紅葉は、これからとなる。

  • トンエルを通り抜けて、大きなカーブとなっている道路だ。

    トンエルを通り抜けて、大きなカーブとなっている道路だ。

  • ここから小安峡に向けてドライブを続けた。<br /><br />小安峡温泉は、かなり標高が低いためか、ほとんど紅葉していなかった。温泉にあった観光協会に立ち寄って、秋田県側の先に進むのと、須川温泉まで戻って岩手県側を走るのとどちらが紅葉見物に良いか、質問。<br /><br />係りの方は、秋田県側に下って行っても紅葉はなく、須川温泉まで戻って北上する方がいいでしょうとの回答。<br /><br />そのアドバイスに従い、小安峡でUターンすることになった。<br /><br />小安峡~須川温泉は、先程写真を撮りながら来たので、停車・撮影はなくひたすら先を急いだ。

    ここから小安峡に向けてドライブを続けた。

    小安峡温泉は、かなり標高が低いためか、ほとんど紅葉していなかった。温泉にあった観光協会に立ち寄って、秋田県側の先に進むのと、須川温泉まで戻って岩手県側を走るのとどちらが紅葉見物に良いか、質問。

    係りの方は、秋田県側に下って行っても紅葉はなく、須川温泉まで戻って北上する方がいいでしょうとの回答。

    そのアドバイスに従い、小安峡でUターンすることになった。

    小安峡~須川温泉は、先程写真を撮りながら来たので、停車・撮影はなくひたすら先を急いだ。

  • 11時半過ぎの、「紅葉③」のゾーン。

    11時半過ぎの、「紅葉③」のゾーン。

  • これまでにかなりの枚数を撮影してきたので、多少の景観には心動かず「紅葉③」の写真は少ない(笑)。<br /><br />これも、橋の上から覗いた光景で、11時半過ぎ。<br />

    これまでにかなりの枚数を撮影してきたので、多少の景観には心動かず「紅葉③」の写真は少ない(笑)。

    これも、橋の上から覗いた光景で、11時半過ぎ。

  • 北上してなるせ温泉で右折して、奥州市方面に進む。なるせ温泉の周囲は、予想通り全く紅葉していなかった。<br /><br />先程の紅葉スポットから約1時間走って、奥羽山脈越えの道に差し掛かった。<br /><br />紅葉の山を背景とした、ススキ。日頃見慣れているものとは、少し種類が違うようだ。12時20分過ぎとなっており、ほぼ1時間ノンストップで走ったことになる。<br /><br />この辺りから、地図の「紅葉④」ゾーンとなる、奥羽山脈越えだ。

    北上してなるせ温泉で右折して、奥州市方面に進む。なるせ温泉の周囲は、予想通り全く紅葉していなかった。

    先程の紅葉スポットから約1時間走って、奥羽山脈越えの道に差し掛かった。

    紅葉の山を背景とした、ススキ。日頃見慣れているものとは、少し種類が違うようだ。12時20分過ぎとなっており、ほぼ1時間ノンストップで走ったことになる。

    この辺りから、地図の「紅葉④」ゾーンとなる、奥羽山脈越えだ。

  • 正確には憶えていないが、胆沢(いさわ)渓谷に架かっている、胆沢大橋だったと思う。<br /><br />この辺りも見事だ。12時半頃。<br /><br />

    正確には憶えていないが、胆沢(いさわ)渓谷に架かっている、胆沢大橋だったと思う。

    この辺りも見事だ。12時半頃。

  • この日レンタルした、マツダデミオ。一人でレンタカーする時は、いつもこの車を選んでいる。小さすぎず、大きすぎず、値段も手頃だ(約5,300円/8時間)。走行距離5,000㎞未満の新車だった。

    この日レンタルした、マツダデミオ。一人でレンタカーする時は、いつもこの車を選んでいる。小さすぎず、大きすぎず、値段も手頃だ(約5,300円/8時間)。走行距離5,000㎞未満の新車だった。

  • 胆沢大橋かそのひとつ先の橋の上から見た光景。12時半過ぎ。

    胆沢大橋かそのひとつ先の橋の上から見た光景。12時半過ぎ。

  • ここは渓谷が広がっており、川の流れと川原が紅葉に挟まれて見える。<br /><br />

    ここは渓谷が広がっており、川の流れと川原が紅葉に挟まれて見える。

  • 更に進んで行くと、その先には砂防ダムがあって・・・・。

    更に進んで行くと、その先には砂防ダムがあって・・・・。

  • 胆沢ダム(胆沢湖)が見えてきた。<br /><br />紅葉はもう少し先がピークとなるのか、でもこれでも十分見応えがある。

    胆沢ダム(胆沢湖)が見えてきた。

    紅葉はもう少し先がピークとなるのか、でもこれでも十分見応えがある。

  • 13時近くまで走ってきたが、紅葉はこの辺りでお終い。後は奥州市に向けて平坦で紅葉していない地域を走る。<br /><br />途中、昼食をと思い、ラーメン屋か蕎麦屋を探したが全くない。結局、奥州市まで行って国道沿いのコンビニで弁当を購入。<br /><br />

    13時近くまで走ってきたが、紅葉はこの辺りでお終い。後は奥州市に向けて平坦で紅葉していない地域を走る。

    途中、昼食をと思い、ラーメン屋か蕎麦屋を探したが全くない。結局、奥州市まで行って国道沿いのコンビニで弁当を購入。

  • 奥州市からは、一関に向かって南下して無事駅前の営業所に到着。<br /><br />途中、平泉の毛越寺への道路標識が見えていて、予定より1時間早いので多少心が動いたが、今年の1月の雪景色も見ているので、早めに帰宅しようとパス。<br /><br />営業所では、朝の係員から「紅葉はどうでしたか」と聞かれ、詳細に結果を報告。次のお客さんに役立つかな?(笑)。<br /><br />朝8時前から7時間余りのドライブで、満足出来る栗駒山方面の紅葉だった。<br /><br />

    奥州市からは、一関に向かって南下して無事駅前の営業所に到着。

    途中、平泉の毛越寺への道路標識が見えていて、予定より1時間早いので多少心が動いたが、今年の1月の雪景色も見ているので、早めに帰宅しようとパス。

    営業所では、朝の係員から「紅葉はどうでしたか」と聞かれ、詳細に結果を報告。次のお客さんに役立つかな?(笑)。

    朝8時前から7時間余りのドライブで、満足出来る栗駒山方面の紅葉だった。

この旅行記のタグ

140いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集