洞川温泉・大峰山・天川旅行記(ブログ) 一覧に戻る
大阪から日帰りで、前から興味があった天川村へ出かけてきました。

天川村ショートトリップ

21いいね!

2016/11/04 - 2016/11/04

46位(同エリア170件中)

0

36

きみぴょんず

きみぴょんずさん

大阪から日帰りで、前から興味があった天川村へ出かけてきました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
グルメ
5.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
高速・路線バス 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 朝の通勤ラッシュの大阪阿部野橋駅から、8時10分発のさくらライナー吉野行きでスタート。

    朝の通勤ラッシュの大阪阿部野橋駅から、8時10分発のさくらライナー吉野行きでスタート。

    大阪阿部野橋駅

  • 下市口駅で電車を降りて、まずは洞川温泉行きのバスに乗り換え。<br /><br />飛び石連休だからか、平日にもかかわらずバスはみたらい渓谷へ行くハイカーで座席が埋まりました。

    下市口駅で電車を降りて、まずは洞川温泉行きのバスに乗り換え。

    飛び石連休だからか、平日にもかかわらずバスはみたらい渓谷へ行くハイカーで座席が埋まりました。

    下市口駅

  • 下市口駅からバスで1時間少々、終点の洞川温泉に到着。<br /><br />最後までバスに乗っていたのは、私の他に登山客が1人だけでした。

    下市口駅からバスで1時間少々、終点の洞川温泉に到着。

    最後までバスに乗っていたのは、私の他に登山客が1人だけでした。

    大峯山洞川温泉 温泉

  • バス停向かいの観光案内所の人から勧められて面不動鍾乳洞へ行ってみた。<br /><br />麓から鍾乳洞の入口までは搬器が行ったり来たりしているらしく、山から切り株の形をした搬器がそろそろと降りてきました。話のタネに乗ってみることにする。

    バス停向かいの観光案内所の人から勧められて面不動鍾乳洞へ行ってみた。

    麓から鍾乳洞の入口までは搬器が行ったり来たりしているらしく、山から切り株の形をした搬器がそろそろと降りてきました。話のタネに乗ってみることにする。

    面不動鍾乳洞 自然・景勝地

  • この搬器はものすごい急勾配を上るので、私の前に座っていた女性の親子連れなどはキャーキャー叫びっぱなしでした。

    この搬器はものすごい急勾配を上るので、私の前に座っていた女性の親子連れなどはキャーキャー叫びっぱなしでした。

    面不動鍾乳洞 自然・景勝地

  • 面不動鍾乳洞の入口から見下ろす洞川の街並み。絶景でした。

    イチオシ

    地図を見る

    面不動鍾乳洞の入口から見下ろす洞川の街並み。絶景でした。

    面不動鍾乳洞 自然・景勝地

  • 鍾乳洞の中はこんな感じ。青白くライトアップされています。

    鍾乳洞の中はこんな感じ。青白くライトアップされています。

    面不動鍾乳洞 自然・景勝地

  • この鍾乳洞の中には、それぞれ名前の付いた看板が片隅に立てられています。(ここにはありませんでしたが)

    この鍾乳洞の中には、それぞれ名前の付いた看板が片隅に立てられています。(ここにはありませんでしたが)

    面不動鍾乳洞 自然・景勝地

  • 面不動鍾乳洞を後に、今度は大峯山竜泉寺へ移動。

    面不動鍾乳洞を後に、今度は大峯山竜泉寺へ移動。

    龍泉寺 寺・神社

  • 龍泉寺の境内には泉が湧いていました。<br /><br />現在でもここで水垢離をする修験者の方がおられるらしく、泉の脇には着替えをする場所もありました。

    龍泉寺の境内には泉が湧いていました。

    現在でもここで水垢離をする修験者の方がおられるらしく、泉の脇には着替えをする場所もありました。

    龍泉寺 寺・神社

  • 山上川を渡って、対岸の洞川温泉の旅館街へ。

    イチオシ

    地図を見る

    山上川を渡って、対岸の洞川温泉の旅館街へ。

    大峯山洞川温泉 温泉

  • 洞川温泉街。<br /><br />旅館と丸薬の陀羅尼助を売る店が建ち並んでいますが、人通りはあまりなく、静まり返っていました。

    洞川温泉街。

    旅館と丸薬の陀羅尼助を売る店が建ち並んでいますが、人通りはあまりなく、静まり返っていました。

    大峯山洞川温泉 温泉

  • 洞川温泉センターへ移動して温泉に浸かる。<br /><br />平日の昼間でしたが、そこそこ他のお客様もいらっしゃいました。

    洞川温泉センターへ移動して温泉に浸かる。

    平日の昼間でしたが、そこそこ他のお客様もいらっしゃいました。

    天川薬湯センターみずはの湯 温泉

  • 洞川温泉バス停へ移動して、12時25分発のバスで山を下る。<br /><br />このバスにも、登山帰りの人が結構乗っていました。

    洞川温泉バス停へ移動して、12時25分発のバスで山を下る。

    このバスにも、登山帰りの人が結構乗っていました。

    大峯山洞川温泉 温泉

  • 天川川合バス停で降りる。ここで昼食をどうしようか考えつつ、辺りを歩き回る。

    天川川合バス停で降りる。ここで昼食をどうしようか考えつつ、辺りを歩き回る。

  • 川合交差点。<br /><br />天川村には信号機はここにしかないのです(!)。

    川合交差点。

    天川村には信号機はここにしかないのです(!)。

  • 近くに食堂は見当たらなかったので、こちらに入る。<br /><br />13時近い時間帯でしたが、結構賑わっていました。

    近くに食堂は見当たらなかったので、こちらに入る。

    13時近い時間帯でしたが、結構賑わっていました。

    かどや食堂 グルメ・レストラン

  • 鶏すき丼で昼食。卵の火の通り具合が実に絶妙でした。<br /><br />翌日が天川村のもみじまつりということで、この店の御主人がパンフレットを配りに来ました。そこで<br />「天河神社やったら、大人の足ならここから30分もあったら行けるで」<br />という話を聞き、当初の予定になかった天河神社へ向かうことにしました。

    イチオシ

    地図を見る

    鶏すき丼で昼食。卵の火の通り具合が実に絶妙でした。

    翌日が天川村のもみじまつりということで、この店の御主人がパンフレットを配りに来ました。そこで
    「天河神社やったら、大人の足ならここから30分もあったら行けるで」
    という話を聞き、当初の予定になかった天河神社へ向かうことにしました。

    かどや食堂 グルメ・レストラン

  • 天ノ川。(これが十津川を経て熊野川と名前を変え、太平洋に注ぎます)<br /><br />高い橋の上からでも川底が見えるくらい、川の水が澄んでいます。

    天ノ川。(これが十津川を経て熊野川と名前を変え、太平洋に注ぎます)

    高い橋の上からでも川底が見えるくらい、川の水が澄んでいます。

  • 天河神社へ向かう途中にあった、貨車を改造した床屋。

    天河神社へ向かう途中にあった、貨車を改造した床屋。

  • 約30分歩いて、天河大弁財天社の入口が見えてきました。

    約30分歩いて、天河大弁財天社の入口が見えてきました。

  • 天河大弁財天社の入口に到着。立派な石灯篭が出迎えます。

    天河大弁財天社の入口に到着。立派な石灯篭が出迎えます。

    天河大弁財天社 寺・神社

  • 非常に分かりづらいアングルで恐縮ですが、これが天河大弁財天社の本殿です。

    イチオシ

    地図を見る

    非常に分かりづらいアングルで恐縮ですが、これが天河大弁財天社の本殿です。

    天河大弁財天社 寺・神社

  • 天河大弁財天社の本殿。<br /><br />私が訪れた時にはちょうど御祈祷が行われている最中でしたが、神主が<br />「南無大師遍照金剛」<br />と真言を唱えたのにはびっくりしました。こちらには神仏習合の名残がまだ残っているようです。

    天河大弁財天社の本殿。

    私が訪れた時にはちょうど御祈祷が行われている最中でしたが、神主が
    「南無大師遍照金剛」
    と真言を唱えたのにはびっくりしました。こちらには神仏習合の名残がまだ残っているようです。

    天河大弁財天社 寺・神社

  • 本殿と玉砂利を挟んだ反対側に広がるのが、床一面に緋毛氈が敷かれた能楽堂。

    本殿と玉砂利を挟んだ反対側に広がるのが、床一面に緋毛氈が敷かれた能楽堂。

    天河大弁財天社 寺・神社

  • 天河大弁財天社の境内の片隅には、<br />「能の地の 血脈くらき 天の川」<br />という角川春樹が詠んだと思われる俳句が刻まれた石碑がありました。<br /><br />当地は内田康夫の「天河伝説殺人事件」の舞台となり、さらに映画化もされましたから、その関連で石碑が造られたのでしょう。

    天河大弁財天社の境内の片隅には、
    「能の地の 血脈くらき 天の川」
    という角川春樹が詠んだと思われる俳句が刻まれた石碑がありました。

    当地は内田康夫の「天河伝説殺人事件」の舞台となり、さらに映画化もされましたから、その関連で石碑が造られたのでしょう。

    天河大弁財天社 寺・神社

  • 天河大弁財天社からさらに奥まで行ってみる。<br /><br />マイクロバスから若いカップルが降りたのと入れ替わりにバスに乗ります。

    天河大弁財天社からさらに奥まで行ってみる。

    マイクロバスから若いカップルが降りたのと入れ替わりにバスに乗ります。

    天河大弁財天社 寺・神社

  • 2011年の奈良の水害による治山工事は、現在もなお大規模に進められています。

    2011年の奈良の水害による治山工事は、現在もなお大規模に進められています。

  • 天ノ川を下っていくにつれて、辺りは逆に山深くなっていきます。

    天ノ川を下っていくにつれて、辺りは逆に山深くなっていきます。

  • 川面に杉林の水鏡が映る。<br /><br />ところどころ紅葉している山の木々に秋の深まりを感じます。

    川面に杉林の水鏡が映る。

    ところどころ紅葉している山の木々に秋の深まりを感じます。

  • オートキャンプ場庵の郷の脇が、終点の中庵住(なかいおすみ)バス停。<br /><br />…当地ではこれをバス停と称するらしい。(時刻表は写真左上の紙)

    オートキャンプ場庵の郷の脇が、終点の中庵住(なかいおすみ)バス停。

    …当地ではこれをバス停と称するらしい。(時刻表は写真左上の紙)

  • こちらが中庵住のバスの車庫。<br /><br />マイクロバス1台が入れるだけの小さな建物です。

    こちらが中庵住のバスの車庫。

    マイクロバス1台が入れるだけの小さな建物です。

  • 中庵住バス停から、折り返しのバスで下市口へ戻る。

    中庵住バス停から、折り返しのバスで下市口へ戻る。

  • バス車内から見下ろす景色。

    バス車内から見下ろす景色。

  • 約1時間半で下市口駅に戻ってくる。…結構なバス代でした。

    約1時間半で下市口駅に戻ってくる。…結構なバス代でした。

    下市口駅

  • 16時48分発のさくらライナーで大阪阿部野橋へ戻る。充実した1日でした。

    16時48分発のさくらライナーで大阪阿部野橋へ戻る。充実した1日でした。

    下市口駅

この旅行記のタグ

関連タグ

21いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

洞川温泉・大峰山・天川の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集