その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 ラダックは、インド北部に位置する、平均標高3,500mの山岳地帯。中国のチベット自治区よりも、チベットらしさが残っていると言われている一帯。ここを、2006年9月に初めて訪問して以来、十年振りに訪れた。<br /> 今回は、「ヌブラ谷とパンゴン・ツォ」のツアーに参加。<br /> ラダックの中心地レーから、標高5,000m以上の峠を越えて、ラダック北部にあるヌブラを訪れる。パナミック、フンダル、デスキットでゴンパ(僧院)を参拝した後、再度、峠を越えて、下ラダックのスムダ・ドでキャンプ泊。最後に、インド映画『きっと、うまくいく』のラストシーンで有名なパンゴン・ツォを観光した。<br /> 

北インド・ラダックを十年ぶりに再訪(3) ヌブラ(デスキット)、スムダ・ド

9いいね!

2016/09/18 - 2016/09/25

222位(同エリア461件中)

0

70

なか

なかさん

 ラダックは、インド北部に位置する、平均標高3,500mの山岳地帯。中国のチベット自治区よりも、チベットらしさが残っていると言われている一帯。ここを、2006年9月に初めて訪問して以来、十年振りに訪れた。
 今回は、「ヌブラ谷とパンゴン・ツォ」のツアーに参加。
 ラダックの中心地レーから、標高5,000m以上の峠を越えて、ラダック北部にあるヌブラを訪れる。パナミック、フンダル、デスキットでゴンパ(僧院)を参拝した後、再度、峠を越えて、下ラダックのスムダ・ドでキャンプ泊。最後に、インド映画『きっと、うまくいく』のラストシーンで有名なパンゴン・ツォを観光した。
 

同行者
社員・団体旅行
航空会社
エア・インディア・エクスプレス
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • 翌朝、泊まった「フンダル・サンド ドューン レジャーキャンプ」の常設テント内。<br />各テントに、ベッド、洋式の水洗トイレ、洗面所付き。お湯は出るがシャワーはなし。

    翌朝、泊まった「フンダル・サンド ドューン レジャーキャンプ」の常設テント内。
    各テントに、ベッド、洋式の水洗トイレ、洗面所付き。お湯は出るがシャワーはなし。

  • テント外観。

    テント外観。

  • 出発前に、キャンプ施設の前を撮影。<br />

    出発前に、キャンプ施設の前を撮影。

  • 向かいにある民家。

    向かいにある民家。

  • 朝食後、キッチンをチェック。<br />今日は、ヌブラのゴンパを見学後、昨日越えて来た峠を戻って、下ラダックのスムダ・ドへ行く日程。<br /><br />

    朝食後、キッチンをチェック。
    今日は、ヌブラのゴンパを見学後、昨日越えて来た峠を戻って、下ラダックのスムダ・ドへ行く日程。

  • 7時に出発して、30分程で「デチェン・ツェモ・ゴンパ」に到着。<br />ここは、この後訪れるデスキット・ゴンパの分院。創建は15世紀頃。三つのお堂からなり、山腹にある白いお堂(右側)は「ラカン・カルポ」。紅壁は「ラカン・マルポ」。山頂にある城跡は「デチェン・ツェモ・カル」。

    7時に出発して、30分程で「デチェン・ツェモ・ゴンパ」に到着。
    ここは、この後訪れるデスキット・ゴンパの分院。創建は15世紀頃。三つのお堂からなり、山腹にある白いお堂(右側)は「ラカン・カルポ」。紅壁は「ラカン・マルポ」。山頂にある城跡は「デチェン・ツェモ・カル」。

  • 街道を渡って、道沿いにある本堂のチャンバ・ラカンを参拝。

    街道を渡って、道沿いにある本堂のチャンバ・ラカンを参拝。

  • 本尊は、腰掛けの弥勒菩薩像。

    本尊は、腰掛けの弥勒菩薩像。

  • 右側の壁前に、ダライラマ14世の写真。<br />毎夏、ラダックで大規模なティーチングが開かれるのが恒例となっているよう。

    右側の壁前に、ダライラマ14世の写真。
    毎夏、ラダックで大規模なティーチングが開かれるのが恒例となっているよう。

  • お堂の近くに架かる橋には以前はチェック・ポストがあり、外国人はこの先の西側には行けなかった。1971年の印パ戦争でパキスタンから奪回した地域のため、住民のほとんどはイスラム教徒。

    お堂の近くに架かる橋には以前はチェック・ポストがあり、外国人はこの先の西側には行けなかった。1971年の印パ戦争でパキスタンから奪回した地域のため、住民のほとんどはイスラム教徒。

  • 東側から撮影。右側の紅壁の建物が、本堂のチャンバ・ラカン。

    東側から撮影。右側の紅壁の建物が、本堂のチャンバ・ラカン。

  • 途中、写真ストップ。<br />こちらが、シャヨク川の上流で南東側。

    途中、写真ストップ。
    こちらが、シャヨク川の上流で南東側。

  • 逆側の下流は、パキスタンへと続く。

    逆側の下流は、パキスタンへと続く。

  • 15分程で「デスキット・ゴンパ」の麓に到着。

    15分程で「デスキット・ゴンパ」の麓に到着。

  • ゴンパへ行く前に、少し下った小高い丘にある高さ30m程の弥勒菩薩像を訪れる(ラダック最大)。<br />2010年完成。

    ゴンパへ行く前に、少し下った小高い丘にある高さ30m程の弥勒菩薩像を訪れる(ラダック最大)。
    2010年完成。

  • そこから、ヌブラ谷の展望。

    そこから、ヌブラ谷の展望。

  • そして、ゴンパの遠景。

    そして、ゴンパの遠景。

  • 仏像の下はお堂になっていて、特別に中を見せていただく。

    仏像の下はお堂になっていて、特別に中を見せていただく。

  • 車で少し移動後、階段を登ってゴンパ訪問。

    車で少し移動後、階段を登ってゴンパ訪問。

  • ゴンパから、弥勒菩薩像の遠景。

    ゴンパから、弥勒菩薩像の遠景。

  • ドゥカン(本堂)。

    ドゥカン(本堂)。

  • 写真は、中国政府に拉致されて行方不明のパンチェン・ラマ11世少年と、チベットと中国政府の狭間にあって波乱の人生を送ったパンチェン・ラマ10世。

    写真は、中国政府に拉致されて行方不明のパンチェン・ラマ11世少年と、チベットと中国政府の狭間にあって波乱の人生を送ったパンチェン・ラマ10世。

  • この後、一番の見所、ゴンカン(護法堂)を見学。布で覆われた守護尊像が有名だが、写真撮影は禁止。

    この後、一番の見所、ゴンカン(護法堂)を見学。布で覆われた守護尊像が有名だが、写真撮影は禁止。

  • 土産物屋を覗くと、僧侶が販売。<br />この後、ヌブラ谷を後にした。

    土産物屋を覗くと、僧侶が販売。
    この後、ヌブラ谷を後にした。

  • 途中、写真ストップ。

    途中、写真ストップ。

  • こちらが下流方面。

    こちらが下流方面。

  • 道中、突然、車が止まったかと思ったら、ドライバーさんがペットボトルを持って湧き水を汲みに。

    道中、突然、車が止まったかと思ったら、ドライバーさんがペットボトルを持って湧き水を汲みに。

  • 行きに休憩したカルドゥン村のレストランで昼食。<br />近くに数件レストランがあるのに、ここと隣だけが大繁盛。次から次へと車が止まり、すぐに満席に。

    行きに休憩したカルドゥン村のレストランで昼食。
    近くに数件レストランがあるのに、ここと隣だけが大繁盛。次から次へと車が止まり、すぐに満席に。

  • キッチンをチェック。

    キッチンをチェック。

  • ここから、峠越え。

    ここから、峠越え。

  • 来た道を振り返ると、つづら折りのくねくね道。

    来た道を振り返ると、つづら折りのくねくね道。

  • 道中、シャベルカーの工事中。軍のトラックと共に少し待機。

    道中、シャベルカーの工事中。軍のトラックと共に少し待機。

  • 再び、カルドゥン・ラ(峠)。<br />この後、酔い止め薬を飲んだら車内で熟睡。

    再び、カルドゥン・ラ(峠)。
    この後、酔い止め薬を飲んだら車内で熟睡。

  • 気が付いたら、レー郊外を通過。その後、トイレ休憩。

    気が付いたら、レー郊外を通過。その後、トイレ休憩。

  • インダス川、ザンスカール川の合流点を通過。

    インダス川、ザンスカール川の合流点を通過。

  • ザンスカール川に沿って、スムダ・ドへ。

    ザンスカール川に沿って、スムダ・ドへ。

  • 17時半にスムダ・ドのキャンプ場に到着(標高3,500m)。<br />たまたま、地元の乗り合いトラックが横切りながら大勢で「ジュッレー!」とあいさつ。

    17時半にスムダ・ドのキャンプ場に到着(標高3,500m)。
    たまたま、地元の乗り合いトラックが横切りながら大勢で「ジュッレー!」とあいさつ。

  • 珍しいのか、近くの民家の子どもが近寄って来た。

    珍しいのか、近くの民家の子どもが近寄って来た。

  • 夕食後、テント泊。寒いので寝袋使用。

    夕食後、テント泊。寒いので寝袋使用。

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 589円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集