その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 ラダックは、インド北部に位置する、平均標高3,500mの山岳地帯。中国のチベット自治区よりも、チベットらしさが残っていると言われている一帯。<br /> 2006年9月に初めて訪問し、ラマユル、アルチ、スミス等でゴンパ(僧院)を観光。<br /> その時の記録は、こちら→ http://4travel.jp/travelogue/11060032<br /><br /> 今回は、「ヌブラ谷とパンゴン・ツォ」のツアーに参加。<br /> ラダックの中心地レーから、標高5,000m以上の峠を越えて、ラダック北部にある渓谷地帯ヌブラを訪れる。パナミック、フンダル、デスキットでゴンパ(僧院)を参拝した後、再度、峠を越えて、下ラダックのスムダ・ドでキャンプ泊。最後に、インド映画『きっと、うまくいく』のラストシーンで有名なパンゴン・ツォ(「ツォ」は湖の意味)を観光した。<br /> 

北インド・ラダックを十年ぶりに再訪(2) ヌブラ(パナミック、フンダル)

11いいね!

2016/09/18 - 2016/09/25

194位(同エリア461件中)

0

66

なか

なかさん

 ラダックは、インド北部に位置する、平均標高3,500mの山岳地帯。中国のチベット自治区よりも、チベットらしさが残っていると言われている一帯。
 2006年9月に初めて訪問し、ラマユル、アルチ、スミス等でゴンパ(僧院)を観光。
 その時の記録は、こちら→ http://4travel.jp/travelogue/11060032

 今回は、「ヌブラ谷とパンゴン・ツォ」のツアーに参加。
 ラダックの中心地レーから、標高5,000m以上の峠を越えて、ラダック北部にある渓谷地帯ヌブラを訪れる。パナミック、フンダル、デスキットでゴンパ(僧院)を参拝した後、再度、峠を越えて、下ラダックのスムダ・ドでキャンプ泊。最後に、インド映画『きっと、うまくいく』のラストシーンで有名なパンゴン・ツォ(「ツォ」は湖の意味)を観光した。
 

同行者
社員・団体旅行
航空会社
エア・インディア・エクスプレス
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • 十年前にレーを訪問時は、到着後、2日間だけ頭痛で困ったが、今回はダイアモックス服用のせいか、体調万全。<br />今日の日程は、ビーコン・ハイウェイを通って、標高5,000m以上の峠を越え、ヌブラへ。移動距離が長いので、ホテルを朝6時半に出発。<br />途中、写真ストップ。

    十年前にレーを訪問時は、到着後、2日間だけ頭痛で困ったが、今回はダイアモックス服用のせいか、体調万全。
    今日の日程は、ビーコン・ハイウェイを通って、標高5,000m以上の峠を越え、ヌブラへ。移動距離が長いので、ホテルを朝6時半に出発。
    途中、写真ストップ。

  • ラダック最高峰、ストック・カンリ(6,153m)。

    ラダック最高峰、ストック・カンリ(6,153m)。

  • SOUTH PULLUで、インナー・ライン・パーミット(ILP)のチェック。<br />ILPとは、特定の地域に入るために外国人旅行者が取得しなければならない許可証。

    SOUTH PULLUで、インナー・ライン・パーミット(ILP)のチェック。
    ILPとは、特定の地域に入るために外国人旅行者が取得しなければならない許可証。

  • ビーコン・ハイウェイは、インド軍が対パキスタンのために、必要物資の輸送の必要性から重要軍事補給路として整備した道路。1970年代に開通し、外国人の通過が許可されたのは1994年。世界で一番高い自動車道と言われているが、諸説あり。

    ビーコン・ハイウェイは、インド軍が対パキスタンのために、必要物資の輸送の必要性から重要軍事補給路として整備した道路。1970年代に開通し、外国人の通過が許可されたのは1994年。世界で一番高い自動車道と言われているが、諸説あり。

  • ここからは、ガードレールがない未舗装の悪路を北上。

    ここからは、ガードレールがない未舗装の悪路を北上。

  • カルドゥン・ラ(峠)に到着。<br />長らく「自動車が通過可能な世界一標高の高い峠」と言われ、標高5,602mとされた時期もあったが、これも諸説あり。記録を破る目的で水増しされたらしい。<br />

    カルドゥン・ラ(峠)に到着。
    長らく「自動車が通過可能な世界一標高の高い峠」と言われ、標高5,602mとされた時期もあったが、これも諸説あり。記録を破る目的で水増しされたらしい。

  • 日陰には残雪が。

    日陰には残雪が。

  • タルチョがたなびく丘に登ってみる。

    タルチョがたなびく丘に登ってみる。

  • そこからの景色。

    そこからの景色。

  • 当然、インド軍の駐屯地でもある。

    当然、インド軍の駐屯地でもある。

  • ドライバーさん達の飲んでいたチャイが美味しそうだったので、同じものを注文。一杯、10Rs。接客は、軍人。

    ドライバーさん達の飲んでいたチャイが美味しそうだったので、同じものを注文。一杯、10Rs。接客は、軍人。

  • くねくね道を下りながら、さらに北へ。

    くねくね道を下りながら、さらに北へ。

  • 山岳高地にしか生息しない動物、ヤク。

    山岳高地にしか生息しない動物、ヤク。

  • カルドゥン村のレストランでチャイ休憩。けど、車酔いのため、車内でダウン。

    カルドゥン村のレストランでチャイ休憩。けど、車酔いのため、車内でダウン。

  • ヌブラ川の景色の良い所で、写真ストップ。<br />上流は、中国へ。

    ヌブラ川の景色の良い所で、写真ストップ。
    上流は、中国へ。

  • 逆の下流は、パキスタンに。

    逆の下流は、パキスタンに。

  • 下流側に向かってさらに北上。

    下流側に向かってさらに北上。

  • 途中、青空トイレ休憩。

    途中、青空トイレ休憩。

  • レーから約130㎞。パナミックの村外れにある温泉に、12時半過ぎに到着。

    レーから約130㎞。パナミックの村外れにある温泉に、12時半過ぎに到着。

  • 温泉前からの景色。<br />かっては東トルキスタンへの交易中継地として重要な場所だったようだが、印中国境閉鎖後は、寂れたよう。現在、外国人はここから北側には行けない。

    温泉前からの景色。
    かっては東トルキスタンへの交易中継地として重要な場所だったようだが、印中国境閉鎖後は、寂れたよう。現在、外国人はここから北側には行けない。

  • 昼食。

    昼食。

  • ここでもキッチンのチェック。

    ここでもキッチンのチェック。

  • 湯治場。<br />インドでは温泉は、観光や保養が目的ではなく病気を治すために利用しているとのこと。

    湯治場。
    インドでは温泉は、観光や保養が目的ではなく病気を治すために利用しているとのこと。

  • 建物の裏手にある源泉に行ってみる。源泉は、60度の熱湯。

    建物の裏手にある源泉に行ってみる。源泉は、60度の熱湯。

  • そこからの眺め。

    そこからの眺め。

  • 次に、ヌブラ川を挟んで対岸にある「エンサ・ゴンパ(僧院)」に。<br />ここから坂道を徒歩で登る。

    次に、ヌブラ川を挟んで対岸にある「エンサ・ゴンパ(僧院)」に。
    ここから坂道を徒歩で登る。

  • ここは、翌日訪問予定の「デスキット・ゴンパ」の分院。15世紀前半に建てられた。<br />あいにく、鍵を預かっている人は不在で本堂には入れず。

    ここは、翌日訪問予定の「デスキット・ゴンパ」の分院。15世紀前半に建てられた。
    あいにく、鍵を預かっている人は不在で本堂には入れず。

  • 手前の黒ずんだ石は、仏足石。仏陀の足の裏の形が刻まれたもの。

    手前の黒ずんだ石は、仏足石。仏陀の足の裏の形が刻まれたもの。

  • 向かいの古いお堂を参拝。

    向かいの古いお堂を参拝。

  • 周囲の壁画。

    周囲の壁画。

  • ゴンパからの景色。右手が南東方面で上流。この先は中国。

    ゴンパからの景色。右手が南東方面で上流。この先は中国。

  • 橋を渡って、来た道を戻る。

    橋を渡って、来た道を戻る。

  • ヌブラ川の上流、シャヨク川の景色の良い所で写真ストップ。

    ヌブラ川の上流、シャヨク川の景色の良い所で写真ストップ。

  • ヌブラの中心地デスキットを越えフンダルに近づくと、砂丘が広がる。

    ヌブラの中心地デスキットを越えフンダルに近づくと、砂丘が広がる。

  • その砂丘をフタコブラクダに乗って歩き回れる「キャメル・サファリ」。<br />

    その砂丘をフタコブラクダに乗って歩き回れる「キャメル・サファリ」。

  • フタコブラクダは、全ラクダの一割程度で貴重だそう。都会のインド人に人気で、自撮りを楽しんでいた。<br />ガイドさんがおごるからと勧めてくれたが、エジプトで乗った際、内太ももを擦って痛めたので断った(ちなみに、15分で200Rs)。

    フタコブラクダは、全ラクダの一割程度で貴重だそう。都会のインド人に人気で、自撮りを楽しんでいた。
    ガイドさんがおごるからと勧めてくれたが、エジプトで乗った際、内太ももを擦って痛めたので断った(ちなみに、15分で200Rs)。

  • 近くのキャンプ場「フンダル・サンド ドューン レジャーキャンプ」に到着(標高3,200m)。<br />近くから民族音楽が聞こえてたので、食事前の自由時間にガイドさんに連れて行ってもらう。「トラディショナル ラダッキー カルチャー・ショー」料金は100Rs。

    近くのキャンプ場「フンダル・サンド ドューン レジャーキャンプ」に到着(標高3,200m)。
    近くから民族音楽が聞こえてたので、食事前の自由時間にガイドさんに連れて行ってもらう。「トラディショナル ラダッキー カルチャー・ショー」料金は100Rs。

  • 客は、他にインド人のカップルが一組のみ。

    客は、他にインド人のカップルが一組のみ。

  • 全部で3ステージ。時々、誰かが振りを間違えたり、恥ずかしそうにお互いに見つめあうところは、いかにも地方らしいほのぼのとした舞踏。<br />夕食後、常設テントで宿泊。

    全部で3ステージ。時々、誰かが振りを間違えたり、恥ずかしそうにお互いに見つめあうところは、いかにも地方らしいほのぼのとした舞踏。
    夕食後、常設テントで宿泊。

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 589円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集