エクス=アン=プロヴァンス旅行記(ブログ) 一覧に戻る
シニア夫婦の「おと」と「おか」が南仏プロバンス・コートダジュールとアルザスを旅しました。<br /> 「おと」が企画・手配・添乗・通訳で「おか」がお客様です。<br /><br /> ゴッホやセザンヌ、ルノワールなどの印象派の画家ゆかりの地を訪ねたり、山や海を訪れて美しい景色を楽しみました。<br /> 天気にも恵まれ、地元の人に助けられたリ、ちょっとした事件があったりいい旅になりました。<br /><br />今日はエクスアンプロヴァンスに行きセザンヌの足跡をたどったり街歩きをします。<br /><br /> □7月26日 成田→パリ→アヴィニョン     アヴィニョン泊<br /> □7月27日 サンレミ・ド・プロバンス廻り   アヴィニョン泊<br /> □7月28日 リュベロン地方廻り        アヴィニョン泊<br /> □7月29日 ポンデュガールを廻り アルルへ  アルル泊<br /> □7月30日 アルル市内観光          アルル泊<br /> □7月31日 マルセイユへ移動し市内観光    マルセイユ泊<br /> ■8月 1日 エクスアンプロヴァンス観光     マルセイユ泊<br /> □8月 2日 ニースへ移動           ニース泊<br /> □8月 3日 カーニュシュルメール・ヴァンスへ ニース泊<br /> □8月 4日 エズ・モナコ・マントンへ     ニース泊<br /> □8月 5日 カンヌ・グラースへ        ニース泊<br /> □8月 6日 ニース市内観光          ニース泊<br /> □8月 7日 ストラスブールへ移動・市内観光  ストラスブール泊<br /> □8月 8日 コルマールへ           ストラスブール泊<br /> □8月 9日 パリへ移動・市内観光       パリ泊<br /> □8月10日 オーベルシュルオワーズへ     パリ泊<br /> □8月11日 パリ市内観光 空港へ       機内泊<br /> □8月12日 成田着<br />.<br /><br /><br />[投稿のご注意]

夫婦で廻る南仏・アルザスの旅18日間  no6   エクスアンプロヴァンスの街を歩く

72いいね!

2016/07/26 - 2016/08/12

9位(同エリア187件中)

0

54

sikoki

sikokiさん

シニア夫婦の「おと」と「おか」が南仏プロバンス・コートダジュールとアルザスを旅しました。
「おと」が企画・手配・添乗・通訳で「おか」がお客様です。

ゴッホやセザンヌ、ルノワールなどの印象派の画家ゆかりの地を訪ねたり、山や海を訪れて美しい景色を楽しみました。
天気にも恵まれ、地元の人に助けられたリ、ちょっとした事件があったりいい旅になりました。

今日はエクスアンプロヴァンスに行きセザンヌの足跡をたどったり街歩きをします。

□7月26日 成田→パリ→アヴィニョン     アヴィニョン泊
□7月27日 サンレミ・ド・プロバンス廻り   アヴィニョン泊
□7月28日 リュベロン地方廻り        アヴィニョン泊
□7月29日 ポンデュガールを廻り アルルへ  アルル泊
□7月30日 アルル市内観光          アルル泊
□7月31日 マルセイユへ移動し市内観光    マルセイユ泊
■8月 1日 エクスアンプロヴァンス観光     マルセイユ泊
□8月 2日 ニースへ移動           ニース泊
□8月 3日 カーニュシュルメール・ヴァンスへ ニース泊
□8月 4日 エズ・モナコ・マントンへ     ニース泊
□8月 5日 カンヌ・グラースへ        ニース泊
□8月 6日 ニース市内観光          ニース泊
□8月 7日 ストラスブールへ移動・市内観光  ストラスブール泊
□8月 8日 コルマールへ           ストラスブール泊
□8月 9日 パリへ移動・市内観光       パリ泊
□8月10日 オーベルシュルオワーズへ     パリ泊
□8月11日 パリ市内観光 空港へ       機内泊
□8月12日 成田着
.


[投稿のご注意]

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 本日は、エクスアンプロバンスへ日帰り旅です。<br />8:56分の電車で出発です。

    本日は、エクスアンプロバンスへ日帰り旅です。
    8:56分の電車で出発です。

  • エクスアンプロバンス駅。<br />マルセイユから電車で40分です。<br /><br />

    エクスアンプロバンス駅。
    マルセイユから電車で40分です。

    エクス アン プロヴァンス(サントル)駅

  • エクスアンプロバンスはセザンヌが生まれ、育ち、最後まで絵を描き続けた所です。<br /><br />ゆかりの道にはセザンヌの道標が埋め込まれています。

    エクスアンプロバンスはセザンヌが生まれ、育ち、最後まで絵を描き続けた所です。

    ゆかりの道にはセザンヌの道標が埋め込まれています。

  • まずはセザンヌのアトリエへ<br /><br />ドゴール広場から5番のバスに乗って15分Sezanne下車ですぐです。

    まずはセザンヌのアトリエへ

    ドゴール広場から5番のバスに乗って15分Sezanne下車ですぐです。

    ポール セザンヌのアトリエ 博物館・美術館・ギャラリー

    セザンヌ自身が設計したアトリエ。 by sikokiさん
  • アトリエの前の庭は林になっていて散歩道がある。<br /><br />セザンヌも木漏れ日を受けながらきっと歩いたんだろう。

    アトリエの前の庭は林になっていて散歩道がある。

    セザンヌも木漏れ日を受けながらきっと歩いたんだろう。

  • アトリエの入口<br /><br />1階は受付とショップ、2階がアトリエとなっている。

    アトリエの入口

    1階は受付とショップ、2階がアトリエとなっている。

  • おー!これがアトリエだ!<br /><br />北に面した大きな窓。<br />セザンヌ自身で設計したそうです。

    おー!これがアトリエだ!

    北に面した大きな窓。
    セザンヌ自身で設計したそうです。

  • 家具や棚も当時のまま。<br /><br />このアトリエは1902年から亡くなった1906年まで使われています。<br />主に静物画を制作したようですが、「大水浴図」もここで描かれました。

    家具や棚も当時のまま。

    このアトリエは1902年から亡くなった1906年まで使われています。
    主に静物画を制作したようですが、「大水浴図」もここで描かれました。

  • なんか雑然としているように見えるが、置いてあるものはすべて実際に絵のモチーフとして使ったもの。<br />この器もこの瓶も実際のもの!<br /><br />

    なんか雑然としているように見えるが、置いてあるものはすべて実際に絵のモチーフとして使ったもの。
    この器もこの瓶も実際のもの!

  • あの壺、絵で見たことある!<br />あの石膏像も絵で見たことある!

    あの壺、絵で見たことある!
    あの石膏像も絵で見たことある!

  • こうして写すとセザンヌの静物画のようだ!

    こうして写すとセザンヌの静物画のようだ!

  • セザンヌが使った絵具とパレット。

    セザンヌが使った絵具とパレット。

  • 着用していたスーツと帽子<br /><br />いやぁ、良かった!<br />こうしてアトリエにお邪魔すると本人にお会いできたように思え、より一層親近感が湧きます。<br />

    着用していたスーツと帽子

    いやぁ、良かった!
    こうしてアトリエにお邪魔すると本人にお会いできたように思え、より一層親近感が湧きます。

  • アトリエを出て目の前の道を上がっていくと・・・

    アトリエを出て目の前の道を上がっていくと・・・

  • ローブの丘<br /><br />セザンヌが毎日のように描いたサント・ヴィクトワール山が良く見える場所。<br />

    ローブの丘

    セザンヌが毎日のように描いたサント・ヴィクトワール山が良く見える場所。

    レ ローブの丘 散歩・街歩き

    サント・ヴィクトワール山が良く見える。 by sikokiさん
  • 公園になっていてサント・ヴィクトワール山の絵がパネル展示してある。

    公園になっていてサント・ヴィクトワール山の絵がパネル展示してある。

  • セザンヌがキャンバスに描く姿の展示も。

    セザンヌがキャンバスに描く姿の展示も。

  • ここからのサント・ヴィクトワール山<br /><br />いい姿です!

    イチオシ

    ここからのサント・ヴィクトワール山

    いい姿です!

  • この方が絵に近いかな?

    この方が絵に近いかな?

  • さっきからおかがくしゃみをしています。<br /><br />おかはスギ花粉症です。<br />糸杉も名のとおり杉の一種です、ちょうど花粉が飛んでいるのでしょうか?

    さっきからおかがくしゃみをしています。

    おかはスギ花粉症です。
    糸杉も名のとおり杉の一種です、ちょうど花粉が飛んでいるのでしょうか?

  • 糸杉の実?<br /><br />これが花粉の元?<br />でかいな!

    糸杉の実?

    これが花粉の元?
    でかいな!

  • バスで市内に戻ります。<br /><br />ドゴール広場の噴水。<br />エクスアンプロバンスの街にはあちらこちらに噴水があります。

    バスで市内に戻ります。

    ドゴール広場の噴水。
    エクスアンプロバンスの街にはあちらこちらに噴水があります。

    ジェネラル ド ゴール広場 広場・公園

    街の中心です。 by sikokiさん
  • 広場脇にはセザンヌ像が!<br /><br />ミラボー通りの方を眺めています。

    広場脇にはセザンヌ像が!

    ミラボー通りの方を眺めています。

  • 広場近くのカフェで昼飯ー<br /><br />今日もいい天気でテラス席が気持ちいい!

    広場近くのカフェで昼飯ー

    今日もいい天気でテラス席が気持ちいい!

  • ミラボー通り<br /><br />大きなプラタナスが木陰を作っていて爽やか!

    ミラボー通り

    大きなプラタナスが木陰を作っていて爽やか!

  • コーモン芸術センター<br /><br />去年オープンしたばかりとの事。<br />コーモン公爵の邸宅を改装したそうです。

    コーモン芸術センター

    去年オープンしたばかりとの事。
    コーモン公爵の邸宅を改装したそうです。

    コーモン芸術センター 博物館・美術館・ギャラリー

    庭もステキでした。 by sikokiさん
  • 貴族のお屋敷は贅沢ですね!

    貴族のお屋敷は贅沢ですね!

  • どこかの宮殿のようです。

    どこかの宮殿のようです。

  • 今日は企画展をやってます。<br /><br />ターナー展です。

    今日は企画展をやってます。

    ターナー展です。

  • 光満ち溢れるターナーの絵を堪能しました。<br /><br />セザンヌの生涯を描いた映画の上映もあり楽しめました。<br />サント・ヴィクトワール山を描いている時に雷雨に襲われ、それがもとで病気になり亡くなった経緯などが詳しく説明されていました。<br /><br />企画展に付き14ユーロ。

    光満ち溢れるターナーの絵を堪能しました。

    セザンヌの生涯を描いた映画の上映もあり楽しめました。
    サント・ヴィクトワール山を描いている時に雷雨に襲われ、それがもとで病気になり亡くなった経緯などが詳しく説明されていました。

    企画展に付き14ユーロ。

  • 庭にはサロン・ド・テが、<br /><br />優雅ですね!

    庭にはサロン・ド・テが、

    優雅ですね!

  • 庭はこんな!<br /><br />フランスらしいですね。

    庭はこんな!

    フランスらしいですね。

  • この後、グラネ美術館に行くが特別休日でお休み。<br /><br />なんだ、残念!<br />セザンヌの絵が8点あるというので楽しみにしてたのに!

    この後、グラネ美術館に行くが特別休日でお休み。

    なんだ、残念!
    セザンヌの絵が8点あるというので楽しみにしてたのに!

  • セザンヌの生家を目指します。

    セザンヌの生家を目指します。

  • 生家の説明文はこれだけ!<br /><br />1839年1月19日に生まれた。

    生家の説明文はこれだけ!

    1839年1月19日に生まれた。

  • 近くにあるセザンヌが生活した家<br /><br />1878年から1881年までこの家に住んだ。<br />市内にはここ以外にもセザンヌが住んだ家が数軒あります。<br />

    近くにあるセザンヌが生活した家

    1878年から1881年までこの家に住んだ。
    市内にはここ以外にもセザンヌが住んだ家が数軒あります。

  • サン・ソヴァール大聖堂<br /><br />セザンヌは1854年6月5日ここで洗礼を受けた。<br />1906年10月24日の葬式もここで執り行われた。

    サン・ソヴァール大聖堂

    セザンヌは1854年6月5日ここで洗礼を受けた。
    1906年10月24日の葬式もここで執り行われた。

    サン ソーヴール大聖堂 寺院・教会

    セザンヌの葬式が執り行われた教会 by sikokiさん
  • とても古い教会で創建は2〜5世紀と言われている。

    とても古い教会で創建は2〜5世紀と言われている。

  • ステンドグラス

    ステンドグラス

  • パイプオルガンは両サイドに置かれている。

    パイプオルガンは両サイドに置かれている。

  • 中庭にはステキな回廊があります。<br /><br />12世紀に造られたロマネスク様式。とても優雅です。

    中庭にはステキな回廊があります。

    12世紀に造られたロマネスク様式。とても優雅です。

  • そのまま大通りを進むと、パヴィヨン・ヴァンドーム。<br /><br />17世紀の建築。<br />ヴァンドーム公ルイ・ド・メルクールの館。<br />現在は美術館になっている。

    そのまま大通りを進むと、パヴィヨン・ヴァンドーム。

    17世紀の建築。
    ヴァンドーム公ルイ・ド・メルクールの館。
    現在は美術館になっている。

    パヴィヨン ド ヴァンドーム 建造物

  • 正面入り口でバルコニーを支えている像。

    正面入り口でバルコニーを支えている像。

  • 重たくてやんなっちゃう!

    重たくてやんなっちゃう!

  • もう耐えられない!<br /><br />見事な彫刻です。

    もう耐えられない!

    見事な彫刻です。

  • 館の前は緑の芝生。

    館の前は緑の芝生。

  • こんな木もありました。

    こんな木もありました。

  • この街も路地に入るとステキな古い建物が並んでいます。

    この街も路地に入るとステキな古い建物が並んでいます。

  • 近くには、サン・ジャン・バティスト教会<br /><br />セザンヌが結婚式を挙げた教会です。

    近くには、サン・ジャン・バティスト教会

    セザンヌが結婚式を挙げた教会です。

    サン ジャン バティスト教会 寺院・教会

    セザンヌが結婚式を挙げた教会。 by sikokiさん
  • セザンヌの結婚式は1886年4月29日。<br />奥様はオルテンス・フィケ。<br /><br />その数か月後、父ルイ=オーギュスト・セザンヌの葬式もここで執り行われた。

    セザンヌの結婚式は1886年4月29日。
    奥様はオルテンス・フィケ。

    その数か月後、父ルイ=オーギュスト・セザンヌの葬式もここで執り行われた。

  • マルセイユへ戻ります。<br /><br />オペラ座

    マルセイユへ戻ります。

    オペラ座

  • 観覧車と港の夕日。<br /><br />今日も楽しい1日が過ごせました。

    観覧車と港の夕日。

    今日も楽しい1日が過ごせました。

    マルセイユ旧港の大観覧車 アクティビティ・乗り物体験

  • 素晴らしい夕焼けです。<br />明日も天気かな?<br /><br />

    素晴らしい夕焼けです。
    明日も天気かな?

  • 港に広がるレストランにも明かりがともり始めました。<br /><br />さぁ今日は何を食べようかな?<br /><br />明日はニースに移動です。<br />楽しみです。

    港に広がるレストランにも明かりがともり始めました。

    さぁ今日は何を食べようかな?

    明日はニースに移動です。
    楽しみです。

この旅行記のタグ

関連タグ

72いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集