五所川原旅行記(ブログ) 一覧に戻る
8/7 午前中に弘前ねぷたを見て、午後は五所川原の立佞武多祭へ。<br />お祭りは夜なので、まずは予習ということで五所川原『立佞武多の館』へ行きました。<br />最初に金木の斜陽館を見学後、こちらに来ようかと思っていましたが、お祭り当日なので、午後は混むかしら?と思い、最初に立ち寄ることにしました。<br />お昼ごろに到着。<br />立佞武多の館は祭りの規制範囲内にあるため、午後3時過ぎには通行規制が始まるみたいだったので、最初に行って正解!<br /><br />立佞武多の館では代々のねぷたが展示してあるのかと思っていたら、今お祭りで出されるねぷたが飾ってありました。<br />立佞武多の高さは23m。こんなに高いものを保管しておける場所って他にないですし、お祭り以外の時期にも見ることができるのからいいのかも!<br /><br />立佞武多の館には3つの立佞武多が展示してあります。<br />まず最初に4階までエレベーターで上がって、上から建物のまわりを回るように下に下がりながらねぷたを見学します。<br />ふだんは見られないような上部のねぷたも近くで見られるので、立佞武多祭りを見られるとしてもこちらも訪れるべきです。<br /><br />すべての個所が丁寧に作られていて、3年ごとに壊してしまうのはもったいないように思えました。<br />立佞武多の歴史も30分ごとに映像で説明してくれるのでよく理解できます。<br /><br />立佞武多の館を見学後、金木の斜陽館を見学して、再び五所川原に戻ってきました。<br />お祭りの開催される町の中心部はすでに交通規制がかかっていました。<br />一般車の駐車場は「エルムの街ショッピングセンター」(イトーヨーカドー)の大駐車場です。ここから駅近くまではバスで移動できました。<br /><br />青森ねぶたほどは有名でないからか?17:30ごろ到着したのですが、なかなか良い場所をゲットすることができました。<br /><br />19時前に地元の婦人会の盆踊りから始まって、大きな立佞武多が登場!<br />20mを超える大きいのは3体なので、それ以外は青森のねぶたみたいなのが来るのかと思いきや、3体以外も結構な大きさでした。<br />五所川原高校や五所川原農工のねぷたも立派で、ねぷたのまわりで踊っている高校生も活気がありました。<br /><br />言葉では説明できないので、写真をご覧ください。<br /><br /><br /><br /> <br /><br /><br /><br />===2016年8月東北旅行の概要===<br /><br />8/5 自宅→秋田<br />秋田竿燈祭り(移動距離約600キロ/秋田泊)<br /><br />8/6 秋田→弘前<br />五能線沿いドライブ・十二湖、不老不死温泉、千畳敷、青森ねぶた祭り(移動距離約300キロ/弘前泊)<br /><br />8/7 弘前滞在<br />弘前ねぷた祭り、五所川原立佞武多の館、斜陽館、十三湖、五所川原立佞武多祭り(移動距離約150キロ/弘前泊)<br /><br />8/8 弘前→古牧温泉<br />田舎館村田んぼアート、八甲田トレッキング、奥入瀬渓流トレッキング、十和田湖の乙女像、(移動距離約150キロ/古牧温泉泊)<br /><br />8/9 古牧温泉→乳頭温泉<br />八戸、久慈経由北山崎展望台、龍泉洞、宮古の浄土ヶ浜、(移動距離約400キロ/乳頭温泉泊)<br /><br />8/10 乳頭温泉→山の神温泉<br />角館、田沢湖のタツコ像、八幡平トレッキング、小岩井農場(移動距離約300キロ/山の神温泉泊)<br /><br /><br />8/11 山の神温泉→銀山温泉<br />大船渡・碁石海岸、陸前高田・奇跡の一本松、平泉中尊寺、毛越寺(移動距離約350キロ/銀山温泉泊)<br /><br />8/12 銀山温泉→自宅<br />銀山温泉散策、山寺立石寺、松島遊覧船、瑞厳寺→深夜に帰宅(移動距離約550キロ)<br />

201608-06_五所川原立佞武多 Goshogawara Tachineputa Matsuri in Aomori

7いいね!

2016/08/07 - 2016/08/07

183位(同エリア261件中)

旅行記グループ 201608-東北

0

65

maikon

maikonさん

8/7 午前中に弘前ねぷたを見て、午後は五所川原の立佞武多祭へ。
お祭りは夜なので、まずは予習ということで五所川原『立佞武多の館』へ行きました。
最初に金木の斜陽館を見学後、こちらに来ようかと思っていましたが、お祭り当日なので、午後は混むかしら?と思い、最初に立ち寄ることにしました。
お昼ごろに到着。
立佞武多の館は祭りの規制範囲内にあるため、午後3時過ぎには通行規制が始まるみたいだったので、最初に行って正解!

立佞武多の館では代々のねぷたが展示してあるのかと思っていたら、今お祭りで出されるねぷたが飾ってありました。
立佞武多の高さは23m。こんなに高いものを保管しておける場所って他にないですし、お祭り以外の時期にも見ることができるのからいいのかも!

立佞武多の館には3つの立佞武多が展示してあります。
まず最初に4階までエレベーターで上がって、上から建物のまわりを回るように下に下がりながらねぷたを見学します。
ふだんは見られないような上部のねぷたも近くで見られるので、立佞武多祭りを見られるとしてもこちらも訪れるべきです。

すべての個所が丁寧に作られていて、3年ごとに壊してしまうのはもったいないように思えました。
立佞武多の歴史も30分ごとに映像で説明してくれるのでよく理解できます。

立佞武多の館を見学後、金木の斜陽館を見学して、再び五所川原に戻ってきました。
お祭りの開催される町の中心部はすでに交通規制がかかっていました。
一般車の駐車場は「エルムの街ショッピングセンター」(イトーヨーカドー)の大駐車場です。ここから駅近くまではバスで移動できました。

青森ねぶたほどは有名でないからか?17:30ごろ到着したのですが、なかなか良い場所をゲットすることができました。

19時前に地元の婦人会の盆踊りから始まって、大きな立佞武多が登場!
20mを超える大きいのは3体なので、それ以外は青森のねぶたみたいなのが来るのかと思いきや、3体以外も結構な大きさでした。
五所川原高校や五所川原農工のねぷたも立派で、ねぷたのまわりで踊っている高校生も活気がありました。

言葉では説明できないので、写真をご覧ください。



 



===2016年8月東北旅行の概要===

8/5 自宅→秋田
秋田竿燈祭り(移動距離約600キロ/秋田泊)

8/6 秋田→弘前
五能線沿いドライブ・十二湖、不老不死温泉、千畳敷、青森ねぶた祭り(移動距離約300キロ/弘前泊)

8/7 弘前滞在
弘前ねぷた祭り、五所川原立佞武多の館、斜陽館、十三湖、五所川原立佞武多祭り(移動距離約150キロ/弘前泊)

8/8 弘前→古牧温泉
田舎館村田んぼアート、八甲田トレッキング、奥入瀬渓流トレッキング、十和田湖の乙女像、(移動距離約150キロ/古牧温泉泊)

8/9 古牧温泉→乳頭温泉
八戸、久慈経由北山崎展望台、龍泉洞、宮古の浄土ヶ浜、(移動距離約400キロ/乳頭温泉泊)

8/10 乳頭温泉→山の神温泉
角館、田沢湖のタツコ像、八幡平トレッキング、小岩井農場(移動距離約300キロ/山の神温泉泊)


8/11 山の神温泉→銀山温泉
大船渡・碁石海岸、陸前高田・奇跡の一本松、平泉中尊寺、毛越寺(移動距離約350キロ/銀山温泉泊)

8/12 銀山温泉→自宅
銀山温泉散策、山寺立石寺、松島遊覧船、瑞厳寺→深夜に帰宅(移動距離約550キロ)

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
交通手段
高速・路線バス 自家用車 徒歩

PR

この旅行記のタグ

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

201608-東北

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

五所川原の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集