マンダレー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ミンガラバー!<br /><br />GWにミャンマーへ旅行してきました。「何故ミャンマーなの?」ってよく聞かれたんだけど、NLDが政権奪取して本格的な民主化が始まったいま、ミャンマーはいま行かなくてはならないところ。アジア最後のフロンティアと呼ばれるミャンマーは、観光ズレする前に行くべきなのだ…という訳でもなく、来たことがなかったので何となく、というのが本音。結論を言うと、いま行くべきというわけでもない(笑)。バガンを除いては(理由は後述)。

Myanmar (Day 4) - From Bagan to Mandaley -

12いいね!

2016/05/04 - 2016/05/04

179位(同エリア455件中)

0

22

beatjunkie

beatjunkieさん

ミンガラバー!

GWにミャンマーへ旅行してきました。「何故ミャンマーなの?」ってよく聞かれたんだけど、NLDが政権奪取して本格的な民主化が始まったいま、ミャンマーはいま行かなくてはならないところ。アジア最後のフロンティアと呼ばれるミャンマーは、観光ズレする前に行くべきなのだ…という訳でもなく、来たことがなかったので何となく、というのが本音。結論を言うと、いま行くべきというわけでもない(笑)。バガンを除いては(理由は後述)。

旅行の満足度
5.0

PR

  • バガン最終日。この日はバスでミャンマー第二の都市マンダレーを目指します。ホテルで手配してもらったところ、ミニバスが8:30に直接ホテルに来てピックアップしてくれるとのこと。しかもマンダレーのホテルまでドア・トゥ・ドアで送ってくれて9,000チャット(約900円)というお値打価格。7:00に朝食を摂り、チェックアウトまでの時間つぶしに散歩します。

    バガン最終日。この日はバスでミャンマー第二の都市マンダレーを目指します。ホテルで手配してもらったところ、ミニバスが8:30に直接ホテルに来てピックアップしてくれるとのこと。しかもマンダレーのホテルまでドア・トゥ・ドアで送ってくれて9,000チャット(約900円)というお値打価格。7:00に朝食を摂り、チェックアウトまでの時間つぶしに散歩します。

  • お世話になったホテルの皆さん。とても優しくもてなしてくれました。後で気づいたんだけど、アウン・サン・スー・チー氏のポスターが貼ってあったんだね。いい写真が撮れました。

    お世話になったホテルの皆さん。とても優しくもてなしてくれました。後で気づいたんだけど、アウン・サン・スー・チー氏のポスターが貼ってあったんだね。いい写真が撮れました。

  • 荒野の道を延々とバスが走ります。途中のトイレ休憩で小さな集落に立ち寄ります。

    荒野の道を延々とバスが走ります。途中のトイレ休憩で小さな集落に立ち寄ります。

  • 地元の人達がお土産の料理を売ってるんだけど、うずらの卵とか、よく分からない昆虫の煮たやつとか、ウサギ肉のスペアリブとか、コウモリ肉のバーベキュー焼きとか…タンパク質はばっちり摂れそうだけど、お腹が減っていないので丁重に辞退しました。写真は載せないけど、野うさぎが軒下に吊るされていたりと、なかなかワイルドな佇まい。トイレもこの上なくワイルドで、桶で水を組んで洗い流す和式スタイル。女性は大変だと思うよ。

    地元の人達がお土産の料理を売ってるんだけど、うずらの卵とか、よく分からない昆虫の煮たやつとか、ウサギ肉のスペアリブとか、コウモリ肉のバーベキュー焼きとか…タンパク質はばっちり摂れそうだけど、お腹が減っていないので丁重に辞退しました。写真は載せないけど、野うさぎが軒下に吊るされていたりと、なかなかワイルドな佇まい。トイレもこの上なくワイルドで、桶で水を組んで洗い流す和式スタイル。女性は大変だと思うよ。

  • 荒野を突っ走ってマンダレーに13:00頃到着。今回の寄宿先はナイロンホテルというリーズナブルな安宿。市内中心部にあるので便利です。フロントの対応もなかなか良い。でも何故にナイロンなの。

    荒野を突っ走ってマンダレーに13:00頃到着。今回の寄宿先はナイロンホテルというリーズナブルな安宿。市内中心部にあるので便利です。フロントの対応もなかなか良い。でも何故にナイロンなの。

    ナイロン ホテル ホテル

  • 荷物を置いて昼食にでかけます。市内にはこのような建物がいっぱい。車通り激しいし、信号もないし、クラクションうるさいし、排気ガスものすごいし。

    荷物を置いて昼食にでかけます。市内にはこのような建物がいっぱい。車通り激しいし、信号もないし、クラクションうるさいし、排気ガスものすごいし。

  • ホテル受付に教えてもらった地元の人気店「ラーショー・レイ」。地球の歩き方でも紹介されており、シャン料理を食わせてくれます。

    ホテル受付に教えてもらった地元の人気店「ラーショー・レイ」。地球の歩き方でも紹介されており、シャン料理を食わせてくれます。

    ラショー レイ その他の料理

  • 数あるバットから好きな料理を選びます。お店の人もとっても気さくで、笑顔がとても良い。

    数あるバットから好きな料理を選びます。お店の人もとっても気さくで、笑顔がとても良い。

    ラショー レイ その他の料理

  • 青菜の炒め物と、笹の葉にくるまれた魚料理。これに付け合わせの野菜とスープ、ライスが付いてくるいつものパターン。思えば青菜の炒め物ばかり頼んでいるな。分かりやすいから無意識に頼んでいるんだろうけど、もっと冒険すればよかったと思う。

    青菜の炒め物と、笹の葉にくるまれた魚料理。これに付け合わせの野菜とスープ、ライスが付いてくるいつものパターン。思えば青菜の炒め物ばかり頼んでいるな。分かりやすいから無意識に頼んでいるんだろうけど、もっと冒険すればよかったと思う。

    ラショー レイ その他の料理

  • これが笹の葉の中にくるまれていた魚料理。炒められたお茶の葉の中に、ぷるぷるな脂身がある白身魚が隠れています。これはなかなかの美味。ビールに良く合います。

    これが笹の葉の中にくるまれていた魚料理。炒められたお茶の葉の中に、ぷるぷるな脂身がある白身魚が隠れています。これはなかなかの美味。ビールに良く合います。

    ラショー レイ その他の料理

  • お腹を満たしたところで、午後の観光に出かけます。ホテルの向かいからピックアップバスに乗って、丘全体が寺院となっている聖地マンダレーヒルを目指す。1,000チャット(約100円)也。荷台に乗せられてガタガタと走って丘の麓に辿り着く。バスはいろんなところで客を降ろし、結局20分かかった。そこから更に別のピックアップに乗り継いで山頂へ。

    お腹を満たしたところで、午後の観光に出かけます。ホテルの向かいからピックアップバスに乗って、丘全体が寺院となっている聖地マンダレーヒルを目指す。1,000チャット(約100円)也。荷台に乗せられてガタガタと走って丘の麓に辿り着く。バスはいろんなところで客を降ろし、結局20分かかった。そこから更に別のピックアップに乗り継いで山頂へ。

    マンダレー ヒル 寺院・教会

  • 頂上の寺院から南側を見下ろす。市の中心部にある旧王宮のお堀が見えます。このお堀は一辺約3kmというなかなか巨大なもの。

    頂上の寺院から南側を見下ろす。市の中心部にある旧王宮のお堀が見えます。このお堀は一辺約3kmというなかなか巨大なもの。

    マンダレー ヒル 寺院・教会

  • こちらは東側の風景。のどかな風景が広がっています。涼しげに見えるけど暑いです。

    こちらは東側の風景。のどかな風景が広がっています。涼しげに見えるけど暑いです。

    マンダレー ヒル 寺院・教会

  • 山頂のスタウンピー・パヤーという寺院。

    山頂のスタウンピー・パヤーという寺院。

    マンダレー ヒル 寺院・教会

  • 仏塔の四方を回廊が取り囲んでいます。当然、土足は禁止なので裸足で。途中、尿意を催したのでトイレに行ったところ有料1,000チャット(約100円)。嫌な予感がしたら見事的中、ハエがぶんぶん唸りまくるワイルドな和式トイレで、しかもスリッパが妙に濡れていて…ひゃーっとなる。

    仏塔の四方を回廊が取り囲んでいます。当然、土足は禁止なので裸足で。途中、尿意を催したのでトイレに行ったところ有料1,000チャット(約100円)。嫌な予感がしたら見事的中、ハエがぶんぶん唸りまくるワイルドな和式トイレで、しかもスリッパが妙に濡れていて…ひゃーっとなる。

    マンダレー ヒル 寺院・教会

  • 回廊では猫が寝てました。やはり日中は涼しいところで昼寝するに限るニャー。

    回廊では猫が寝てました。やはり日中は涼しいところで昼寝するに限るニャー。

    マンダレー ヒル 寺院・教会

  • ムイヂーナッカウンという2匹のコブラ像。参拝客が記念写真を撮りまくったり、お賽銭を上げたりとても有名な奴ららしい。

    ムイヂーナッカウンという2匹のコブラ像。参拝客が記念写真を撮りまくったり、お賽銭を上げたりとても有名な奴ららしい。

    マンダレー ヒル 寺院・教会

  • 午後の暑さと、乗り合いピックアップバスの疲れぶり返しと、1日2回のワイルドトイレにより疲労困憊。座り込んでボケっとしていると、バイクタクシーの客引きのしつこいこと。「頼むからほっといてくれ、10分後に来てくれ」と告げると「ああ分かった」と5m離れて僕を待っている。しかも1分も経たないうちに「どうだ?バイクタクシーはどうだ?」と言ってくるから「まだ10分経ってないだろう!お前のバイクには乗らないよ!」とブチ切れる。別のタクシーに乗って、麓の参道にある2頭のライオン像「チンテーヂーナッカウン」を眺めてからホテルへ帰着。

    午後の暑さと、乗り合いピックアップバスの疲れぶり返しと、1日2回のワイルドトイレにより疲労困憊。座り込んでボケっとしていると、バイクタクシーの客引きのしつこいこと。「頼むからほっといてくれ、10分後に来てくれ」と告げると「ああ分かった」と5m離れて僕を待っている。しかも1分も経たないうちに「どうだ?バイクタクシーはどうだ?」と言ってくるから「まだ10分経ってないだろう!お前のバイクには乗らないよ!」とブチ切れる。別のタクシーに乗って、麓の参道にある2頭のライオン像「チンテーヂーナッカウン」を眺めてからホテルへ帰着。

    マンダレー ヒル 寺院・教会

  • 部屋に戻ってシャワーを浴びて一休み。日も暮れた19:00頃に突如ブラックアウト。心細くて疲れてて震える。

    部屋に戻ってシャワーを浴びて一休み。日も暮れた19:00頃に突如ブラックアウト。心細くて疲れてて震える。

    ナイロン ホテル ホテル

  • 気を取り直して夕食に出かける。ホテルでお薦めの食堂を尋ねたところ、昼に行った「ラーショー・レイ」とBBQ料理の「レインボー」を薦められました。写真では立派に見えますが、お店の中(というか床)は食べかすやゴミが散乱しておりとってもワイルドなんです。

    気を取り直して夕食に出かける。ホテルでお薦めの食堂を尋ねたところ、昼に行った「ラーショー・レイ」とBBQ料理の「レインボー」を薦められました。写真では立派に見えますが、お店の中(というか床)は食べかすやゴミが散乱しておりとってもワイルドなんです。

    レインボー レストラン アジア料理

  • おつまみのポークリブが1,300チャット(約130円)。この他に800チャット(約80円)の魚のすり身団子を頼み、ミャンマービールで流し込む。この日は疲れすぎて食欲も失せたのでさっさと退散。

    おつまみのポークリブが1,300チャット(約130円)。この他に800チャット(約80円)の魚のすり身団子を頼み、ミャンマービールで流し込む。この日は疲れすぎて食欲も失せたのでさっさと退散。

    レインボー レストラン アジア料理

  • ホテルに帰る途中、路地の向こうで光り輝いていた寺院に癒やされる。シュエチミン・パヤーというマンダレー最古の仏塔らしいです。

    ホテルに帰る途中、路地の向こうで光り輝いていた寺院に癒やされる。シュエチミン・パヤーというマンダレー最古の仏塔らしいです。

    シュエチミン パヤー 寺院・教会

この旅行記のタグ

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ミャンマーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ミャンマー最安 360円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ミャンマーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集