アヌラダプーラ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
4年前にラオス・ルアンパバーンの寺院を巡って以来の一人旅。比較的長めの休暇が取れたので、少し遠くの国に足を延ばしてみようと思い立ち、近頃TVでも取り上げられるようになった「シーギリヤロック」をこの目で見ようとスリランカに行先を決定しました。<br /><br />ガイドブックを読むまでシーギリヤロックの他にどんな遺跡や観光スポットがあるのか詳しく知りませんでしたが、文化三角地帯(カルチャル・トライアングル)と呼ばれるエリアにはたくさんの世界遺産もあり見どころ満載の国だということがわかってきました。<br /><br />現地ではACバスや鉄道を乗り継いで移動しようと考えていましたが、天気予報みるとコロンボの最高気温35度、内陸のポロンナルワやアヌラーダプラは38度超え!(その頃の東京の気温は5度程度だったので、気温差30度はカラダにきつい)。また、3/22はポヤデーというスリランカ仏教の休日で国民が寺院にお参りするため公共機関が混んでいることがわかり、時間効率と体調維持を考えて現地ガイドさんのクルマでぐるぐる世界遺産を巡ることしました。<br /><br />1日目:成田空港→バンダラナイケ国際空港(スリランカ航空  UL455 11:15−17:45)→コロンボ/コロンボ泊<br />2日目:コロンボ(市内観光)/コロンボ泊<br />3日目:コロンボ→キャンディ(像の孤児院・キャンディアンダンス・仏歯寺)/キャンディ泊<br />4日目:キャンディ→マータレー(ヒンズー寺院)→アルヴィハーラ(石窟寺院・ハーブガーデン)→ダンブッラ(石窟寺院)→シーギリヤ(シーギリヤロック)/ダンブッラ泊<br />5日目:ダンブッラ→ポロンナルワ(遺跡群)→ミネリア(サファリツアー)/ダンブッラ泊<br />6日目:ダンブッラ→アウカナ(遺跡)→アヌラーダプラ(遺跡群)→トリンコマリー(海岸)/ダンブッラ泊<br />7日目:ダンブッラ→バンダラナイケ国際空港→成田空港(スリランカ航空  UL454 19:45−翌07:30)/機中泊

スリランカ文化三角地帯をぐるぐる巡り&いろいろ味わう旅【5】 アウカナ→アヌラーダプラ→トリンコマリー

27いいね!

2016/03/17 - 2016/03/23

30位(同エリア143件中)

0

48

サトテツ

サトテツさん

4年前にラオス・ルアンパバーンの寺院を巡って以来の一人旅。比較的長めの休暇が取れたので、少し遠くの国に足を延ばしてみようと思い立ち、近頃TVでも取り上げられるようになった「シーギリヤロック」をこの目で見ようとスリランカに行先を決定しました。

ガイドブックを読むまでシーギリヤロックの他にどんな遺跡や観光スポットがあるのか詳しく知りませんでしたが、文化三角地帯(カルチャル・トライアングル)と呼ばれるエリアにはたくさんの世界遺産もあり見どころ満載の国だということがわかってきました。

現地ではACバスや鉄道を乗り継いで移動しようと考えていましたが、天気予報みるとコロンボの最高気温35度、内陸のポロンナルワやアヌラーダプラは38度超え!(その頃の東京の気温は5度程度だったので、気温差30度はカラダにきつい)。また、3/22はポヤデーというスリランカ仏教の休日で国民が寺院にお参りするため公共機関が混んでいることがわかり、時間効率と体調維持を考えて現地ガイドさんのクルマでぐるぐる世界遺産を巡ることしました。

1日目:成田空港→バンダラナイケ国際空港(スリランカ航空 UL455 11:15−17:45)→コロンボ/コロンボ泊
2日目:コロンボ(市内観光)/コロンボ泊
3日目:コロンボ→キャンディ(像の孤児院・キャンディアンダンス・仏歯寺)/キャンディ泊
4日目:キャンディ→マータレー(ヒンズー寺院)→アルヴィハーラ(石窟寺院・ハーブガーデン)→ダンブッラ(石窟寺院)→シーギリヤ(シーギリヤロック)/ダンブッラ泊
5日目:ダンブッラ→ポロンナルワ(遺跡群)→ミネリア(サファリツアー)/ダンブッラ泊
6日目:ダンブッラ→アウカナ(遺跡)→アヌラーダプラ(遺跡群)→トリンコマリー(海岸)/ダンブッラ泊
7日目:ダンブッラ→バンダラナイケ国際空港→成田空港(スリランカ航空 UL454 19:45−翌07:30)/機中泊

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
15万円 - 20万円
航空会社
スリランカ航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 6日目もダンブッラのホテルから出発し、ナディアさんのクルマでアヌラーダプラに行く途中にある「Aukana Raja Maha Viharaya」へ立ち寄ります。

    6日目もダンブッラのホテルから出発し、ナディアさんのクルマでアヌラーダプラに行く途中にある「Aukana Raja Maha Viharaya」へ立ち寄ります。

  • 入場料750rs/約570円を払い、靴を脱いで仏舎の奥に進むと大仏が見えてきました。

    入場料750rs/約570円を払い、靴を脱いで仏舎の奥に進むと大仏が見えてきました。

    アウカナ ブッダ 史跡・遺跡

    スリランカの5大仏像の一つ by サトテツさん
  • 高さ11m近くあり、スリランカの5大大仏の一つ。袈裟のしわを彫ったカーブがきれいです。1600年前に建てたものとは思えません。

    高さ11m近くあり、スリランカの5大大仏の一つ。袈裟のしわを彫ったカーブがきれいです。1600年前に建てたものとは思えません。

  • いよいよ古都アヌラーダプラに到着。ゲートで3550rs/約2700円を支払い、駐車場にクルマを止めて樹々の中を歩くと、牛が草をはんでます。

    いよいよ古都アヌラーダプラに到着。ゲートで3550rs/約2700円を支払い、駐車場にクルマを止めて樹々の中を歩くと、牛が草をはんでます。

    聖地アヌラーダプラ 史跡・遺跡

  • まずは、「Samadhi Buddha」というブッダ像へ。ここで拝む現地の方々がたくさんいます。

    まずは、「Samadhi Buddha」というブッダ像へ。ここで拝む現地の方々がたくさんいます。

    サマーディ仏像 史跡・遺跡

    瞑想の究極の境地に達したブッダの姿 by サトテツさん
  • その近くに聳える75mの巨大なダーガバ「Abhayagiri Dagota」。するアヌラーダプラのダーガバで最大とのこと。

    その近くに聳える75mの巨大なダーガバ「Abhayagiri Dagota」。するアヌラーダプラのダーガバで最大とのこと。

    アバヤギリ大塔 寺院・教会

  • 人と比較すると、圧倒的な存在です。紀元前1世紀に、これだけの建造物を作ったことに感嘆。かつては大乗仏教の聖地だったそう。

    人と比較すると、圧倒的な存在です。紀元前1世紀に、これだけの建造物を作ったことに感嘆。かつては大乗仏教の聖地だったそう。

  • ダーガバの片隅で涼むワンコも。

    ダーガバの片隅で涼むワンコも。

  • これは献花台でしょうか。

    これは献花台でしょうか。

  • こちらはダーガバ近くの菩提樹。

    こちらはダーガバ近くの菩提樹。

  • Abhayagiri Dagobaから歩いて10分くらいで、「Mahasena Palace」が見えてきます。

    Abhayagiri Dagobaから歩いて10分くらいで、「Mahasena Palace」が見えてきます。

  • 柵の中に、スリランカで最も美しいと称される「ムーンストーン」があります。象:生、馬:老、ライオン:病、牛:死を表し、輪廻転生を物語っているそう。

    柵の中に、スリランカで最も美しいと称される「ムーンストーン」があります。象:生、馬:老、ライオン:病、牛:死を表し、輪廻転生を物語っているそう。

    クイーンズ パビリオン (ムーンストーン サイト) 史跡・遺跡

  • その近く「Ratna Prasada」という寺院跡へ歩きます。ここには、スリランカで最も美しいと称される「ガードストーン」が。左手の壺:吉祥、右手の花:繁栄を意味するそうです。

    その近く「Ratna Prasada」という寺院跡へ歩きます。ここには、スリランカで最も美しいと称される「ガードストーン」が。左手の壺:吉祥、右手の花:繁栄を意味するそうです。

    ラトゥナ プラサーダ 史跡・遺跡

  • 10分ほど歩くと、白亜のダーガバ「Lankarama Dagoba」に。

    10分ほど歩くと、白亜のダーガバ「Lankarama Dagoba」に。

  • 今日はなんと38度近い気温。なんだかんだ歩いて1時間程ながら汗だくのため、ジュース屋さんでしばし休憩。

    今日はなんと38度近い気温。なんだかんだ歩いて1時間程ながら汗だくのため、ジュース屋さんでしばし休憩。

  • クルマで移動し、次は「Kuttam Pokuna」という沐浴場へ。通称「ツインポンズ」

    クルマで移動し、次は「Kuttam Pokuna」という沐浴場へ。通称「ツインポンズ」

    クッタム ポクナ (ツイン ポンズ) 史跡・遺跡

  • 近づいてよく見ると魚がいっぱい。干上がることはないようです。

    近づいてよく見ると魚がいっぱい。干上がることはないようです。

  • クルマで5分ほど移動し、高さ70mのダーガバ「Jatabana Ramaya」へ。

    クルマで5分ほど移動し、高さ70mのダーガバ「Jatabana Ramaya」へ。

    ジェータワナ ラーマヤ 史跡・遺跡

  • いまも供花(くか)が絶えません。紫色の蓮の花が美しい。

    いまも供花(くか)が絶えません。紫色の蓮の花が美しい。

  • アヌダーラプラの中心に移動してきました。参拝客や観光客が集まるため、商店や露店がたくさん集まっています。

    アヌダーラプラの中心に移動してきました。参拝客や観光客が集まるため、商店や露店がたくさん集まっています。

  • 移動販売のアイス屋さん発見。とにかく暑いんで、アイス25rs/約20円を即買いです。マジでうまい!

    移動販売のアイス屋さん発見。とにかく暑いんで、アイス25rs/約20円を即買いです。マジでうまい!

  • 「Ruwanweli Seya Dagoba」が見えてきました。

    「Ruwanweli Seya Dagoba」が見えてきました。

    ルワンウェリ サーヤ大塔 寺院・教会

  • 靴を預け、入口に進みます。ガードストーンに加えて象の彫刻がずらりと並んでいます。

    靴を預け、入口に進みます。ガードストーンに加えて象の彫刻がずらりと並んでいます。

  • 正面のお堂にお参りする地元の方々。

    正面のお堂にお参りする地元の方々。

  • 手を合わせる方。

    手を合わせる方。

  • 巨大なダーガバに頭をつけて祈りを捧げる方も。

    巨大なダーガバに頭をつけて祈りを捧げる方も。

  • 高さ55mの白いダーガバは、見上げるような高さです。紀元前2世紀の建造物とは思えない美しさ。

    高さ55mの白いダーガバは、見上げるような高さです。紀元前2世紀の建造物とは思えない美しさ。

  • 仏様の暑さをしのいでいただこうと、日傘が差してあります。

    仏様の暑さをしのいでいただこうと、日傘が差してあります。

  • ダーガバの周囲にはたくさんの六色仏旗がたなびきます。

    ダーガバの周囲にはたくさんの六色仏旗がたなびきます。

  • 旗とともに、何か願い?を書いた布も。

    旗とともに、何か願い?を書いた布も。

  • Ruwanweli Seya Dagobaは、ほんとに参拝客が多く、2000年以上もつづく信仰の地だと実感します。<br /><br />アヌラーダプラには他にもダーガバがありますが、この暑さで体力がもたず…。ひとまずランチへ。<br />

    Ruwanweli Seya Dagobaは、ほんとに参拝客が多く、2000年以上もつづく信仰の地だと実感します。

    アヌラーダプラには他にもダーガバがありますが、この暑さで体力がもたず…。ひとまずランチへ。

  • アヌラーダプラの近くの「The Grand Tourist Holiday Resorts&amp;The Cadjan Restaurant」でビュッフェ。カレーなどとともに、やはり焼き魚をとってしまいます、うまいんです。<br /><br />ここで午後の予定をナディアさんと話し、遺跡巡りは暑すぎるので、東海岸の「トリンコマリー」へ行くことにしました。<br />

    アヌラーダプラの近くの「The Grand Tourist Holiday Resorts&The Cadjan Restaurant」でビュッフェ。カレーなどとともに、やはり焼き魚をとってしまいます、うまいんです。

    ここで午後の予定をナディアさんと話し、遺跡巡りは暑すぎるので、東海岸の「トリンコマリー」へ行くことにしました。

  • ドライブしていると、牛がゆっくりと歩いていたり牧歌的な風景が続きます。<br /><br />ナディアさんといろいろ話しましたが、トリンコマリーを含む北東部は10年弱前までは内戦の地だったということは、あまり話してくれませんでした。それよりも、2004年のインドネシア・スマトラ島沖の大津波の被害がすごかったことを話してくれました。日本はよく津波があるから避難の訓練とか備えがあるが、スリランカでは当時そのような津波の際の準備や心構えがまったくなかったんだそう。<br />

    ドライブしていると、牛がゆっくりと歩いていたり牧歌的な風景が続きます。

    ナディアさんといろいろ話しましたが、トリンコマリーを含む北東部は10年弱前までは内戦の地だったということは、あまり話してくれませんでした。それよりも、2004年のインドネシア・スマトラ島沖の大津波の被害がすごかったことを話してくれました。日本はよく津波があるから避難の訓練とか備えがあるが、スリランカでは当時そのような津波の際の準備や心構えがまったくなかったんだそう。

  • そろそろ海の近くの雰囲気の露店がたくさん。

    そろそろ海の近くの雰囲気の露店がたくさん。

  • 海産物の干物も並んでます。

    海産物の干物も並んでます。

  • 駐車場に車を停め歩いていくと、ビーチの監視台が見えてきました。

    駐車場に車を停め歩いていくと、ビーチの監視台が見えてきました。

  • 地元の方が、海水浴をしています。観光客らしき欧米人やアジア人はまったくいません。

    地元の方が、海水浴をしています。観光客らしき欧米人やアジア人はまったくいません。

  • ビーチでクリケットをして遊ぶ若者。海風が気持ちいい。

    ビーチでクリケットをして遊ぶ若者。海風が気持ちいい。

    ニラヴェリ ビーチ ビーチ

  • ここでも牛がのんびりと歩いてました。<br /><br />私も、日陰に座って、しばしのんびりと時間をすごします。波の音を聞きながらぼーっとすると、旅の疲れも癒されます。そして、トリンコマリーをあとにしました。

    ここでも牛がのんびりと歩いてました。

    私も、日陰に座って、しばしのんびりと時間をすごします。波の音を聞きながらぼーっとすると、旅の疲れも癒されます。そして、トリンコマリーをあとにしました。

  • 帰りのドライブ途中の道端に、スリランカの名物「Curd」の露店あるから食べていけとナディアさんに勧められました。<br /><br />Curdは水牛の牛乳を発酵させたもので、ヨーグルトとも少し違った酸味と食感です。かけているのは「Treacle」という、ヤシの花の蜜を集めて煮詰めたキトゥルハニーとよばれる甘味料。

    帰りのドライブ途中の道端に、スリランカの名物「Curd」の露店あるから食べていけとナディアさんに勧められました。

    Curdは水牛の牛乳を発酵させたもので、ヨーグルトとも少し違った酸味と食感です。かけているのは「Treacle」という、ヤシの花の蜜を集めて煮詰めたキトゥルハニーとよばれる甘味料。

  • テラコッタのような素焼きの器に入っていて、混ぜて食べるんだそうです。<br /><br />キトゥルハニーをかけるとスイーツのような甘さがあって、ペロッといけます。100rs/約70円くらいだったと思います。こんな小さな器から、数リットル入ってる壺サイズまでありました。

    テラコッタのような素焼きの器に入っていて、混ぜて食べるんだそうです。

    キトゥルハニーをかけるとスイーツのような甘さがあって、ペロッといけます。100rs/約70円くらいだったと思います。こんな小さな器から、数リットル入ってる壺サイズまでありました。

  • その日はダンブッラのホテルに戻り、夕飯。「Mango Mango Restaurant」で、「イエローライスカレー」と「フィッシュカレー」あわせて、760rs/約580円を注文。名の知れたレストランということで、味はばっちり。<br /><br />2つのカレーの器の真ん中にあるのは、「Maldive fish fry」というモルジブフィッシュを唐辛子とまぜたフリカケ状のスパイスのようなもの。これがうまかった。<br />

    その日はダンブッラのホテルに戻り、夕飯。「Mango Mango Restaurant」で、「イエローライスカレー」と「フィッシュカレー」あわせて、760rs/約580円を注文。名の知れたレストランということで、味はばっちり。

    2つのカレーの器の真ん中にあるのは、「Maldive fish fry」というモルジブフィッシュを唐辛子とまぜたフリカケ状のスパイスのようなもの。これがうまかった。

    マンゴ マンゴ アジア料理

  • ナディアさんに、デザートも勧められて、「Wattalappan」というスイーツを注文。<br /><br />カラメルのようなソースがかかっているプリンで、見た目は素朴な感じですね。かなり甘いですが、カレーを食べたあとにはちょうどいいです。

    ナディアさんに、デザートも勧められて、「Wattalappan」というスイーツを注文。

    カラメルのようなソースがかかっているプリンで、見た目は素朴な感じですね。かなり甘いですが、カレーを食べたあとにはちょうどいいです。

  • 7日目の翌朝、3泊したホテルをチェックアウト。写真は中庭の様子。<br />今日は、ダンブッラからバンダラナイケ国際空港へ向かいます。<br />

    7日目の翌朝、3泊したホテルをチェックアウト。写真は中庭の様子。
    今日は、ダンブッラからバンダラナイケ国際空港へ向かいます。

  • メルシリプラという途中の牧場の多いエリアに入り、搾りたての牛乳が飲めるお店に立ち寄りました。

    メルシリプラという途中の牧場の多いエリアに入り、搾りたての牛乳が飲めるお店に立ち寄りました。

  • 紙のコップで、ホットミルク100rs/約70円を頼みましたが。これに砂糖を加えて混ぜて飲みます。新鮮な牛乳はおいしい。

    紙のコップで、ホットミルク100rs/約70円を頼みましたが。これに砂糖を加えて混ぜて飲みます。新鮮な牛乳はおいしい。

  • クルネーガラというエリアで、「Chc Foods」というお店でランチ750rs/約570円。何種類もカレーを食べ納め。<br /><br />ナディアさんによると、スリランカ人の観光ガイドが客を案内すると、ガイドさんの分はタダで食べられるお店なのだそうで、いっぱい食ってました(笑)。だからこのお店にしたんでしょ、わかってますよ(笑)<br />

    クルネーガラというエリアで、「Chc Foods」というお店でランチ750rs/約570円。何種類もカレーを食べ納め。

    ナディアさんによると、スリランカ人の観光ガイドが客を案内すると、ガイドさんの分はタダで食べられるお店なのだそうで、いっぱい食ってました(笑)。だからこのお店にしたんでしょ、わかってますよ(笑)

  • さて、このあとバンダラナイケ国際空港までクルマで送ってもらい帰国の途につきました。写真は、空港内の木のポスト。<br /><br />私にとって、スリランカは未知の国でしたが、これまで30か国近く旅したなかで最も印象に残る国でした。紀元前から続く長い歴史があり、人々はいまもその信仰を守っていることがとても興味深く思います。また、小さな島国かと思いきや、広大な大自然のなかで野生動物が生息し、巨大な岩窟などが至るところに残っており、アクティビティや見どころも豊富です。なにより、カレーをはじめ魚などの食べ物もおいしいのも◎。<br /><br />今度いつか訪れるときには、ヌワラエリヤでお茶を楽しんだり、ゴールの砦を見てみたいと思います。<br />

    さて、このあとバンダラナイケ国際空港までクルマで送ってもらい帰国の途につきました。写真は、空港内の木のポスト。

    私にとって、スリランカは未知の国でしたが、これまで30か国近く旅したなかで最も印象に残る国でした。紀元前から続く長い歴史があり、人々はいまもその信仰を守っていることがとても興味深く思います。また、小さな島国かと思いきや、広大な大自然のなかで野生動物が生息し、巨大な岩窟などが至るところに残っており、アクティビティや見どころも豊富です。なにより、カレーをはじめ魚などの食べ物もおいしいのも◎。

    今度いつか訪れるときには、ヌワラエリヤでお茶を楽しんだり、ゴールの砦を見てみたいと思います。

    バンダラナイケ国際空港 (CMB) 空港

この旅行記のタグ

27いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スリランカで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スリランカ最安 680円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スリランカの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集