その他の観光地旅行記(ブログ) 一覧に戻る
旅行5日目。<br /><br />午前中はタージマハルとアグラ城観光だった。<br /><br />この旅行記は午後、大理石店へ立ち寄った後、バスで5時間半かけてジャイプールへ移動。<br /><br />その途中にある世界遺産ファティプール・シクリへ行ったお話になります。

世界遺産 ファティプール・シクリ(シクリー)

168いいね!

2016/03/02 - 2016/03/09

3位(同エリア365件中)

18

44

fuzz

fuzzさん

旅行5日目。

午前中はタージマハルとアグラ城観光だった。

この旅行記は午後、大理石店へ立ち寄った後、バスで5時間半かけてジャイプールへ移動。

その途中にある世界遺産ファティプール・シクリへ行ったお話になります。

同行者
家族旅行
交通手段
観光バス 徒歩 飛行機
航空会社
エアインディア

PR

  • タージマハルは大理石で作られている。と、ゆー訳で、大理石屋さんへ連行される。<br /><br />過去にもツアーで観光すると、土産屋だ宝石屋だと連行されているが今回も同様だ。<br /><br />ハンサムな職人がデモンストレーションするとウケは良いわな。

    タージマハルは大理石で作られている。と、ゆー訳で、大理石屋さんへ連行される。

    過去にもツアーで観光すると、土産屋だ宝石屋だと連行されているが今回も同様だ。

    ハンサムな職人がデモンストレーションするとウケは良いわな。

  • 大理石に宝石などをはめ込んで作られるのだが、とても繊細な作業だ。

    大理石に宝石などをはめ込んで作られるのだが、とても繊細な作業だ。

  • タージマハル。<br /><br />多分誰も買わないだろう。<br /><br />大きすぎるし重すぎる。

    タージマハル。

    多分誰も買わないだろう。

    大きすぎるし重すぎる。

  • 大理石にラピスラズリやメノウ、トルコ石、アゲートなどの宝石を使って<br /><br />模様を表現している全てハンドメイドなテーブルだ。

    大理石にラピスラズリやメノウ、トルコ石、アゲートなどの宝石を使って

    模様を表現している全てハンドメイドなテーブルだ。

  • それにしても見事である。<br /><br />オラの住むところは地震が怖いので絶対に買えない。<br /><br />高いお金を出して壊れたら・・・と思うと絶対買わない。

    それにしても見事である。

    オラの住むところは地震が怖いので絶対に買えない。

    高いお金を出して壊れたら・・・と思うと絶対買わない。

  • 昼食はジャイプールへ行く途中のドライブインみたいなレストランにて。<br /><br />ここのカレーは、インドのポピュラーなカレーのスタイルだと言う。

    昼食はジャイプールへ行く途中のドライブインみたいなレストランにて。

    ここのカレーは、インドのポピュラーなカレーのスタイルだと言う。

  • インドのスープは私の味覚にはあまり合わない。<br /><br />これはトマトスープにバジル?いやパクチーだな。<br /><br />ダメだこりゃ。

    インドのスープは私の味覚にはあまり合わない。

    これはトマトスープにバジル?いやパクチーだな。

    ダメだこりゃ。

  • ラッシー。<br /><br />これはマンゴラッシーと言う飲み物。<br /><br />ヨーグルトチックなジュースとマンゴージュースのミックス。

    ラッシー。

    これはマンゴラッシーと言う飲み物。

    ヨーグルトチックなジュースとマンゴージュースのミックス。

  • 日本でインド料理屋さんで食べるようなスタイルのカレーだ。<br /><br />ナンも、ここの店は日本で食べる大きさに似ている。<br /><br />一番ここのカレーが美味しかった。

    日本でインド料理屋さんで食べるようなスタイルのカレーだ。

    ナンも、ここの店は日本で食べる大きさに似ている。

    一番ここのカレーが美味しかった。

  • そうそう、ツアーのバス。<br /><br />見た目はボロくないけど、ギシギシ、ピョンピョン跳ねて大変だ。<br /><br />「まるでシャコタンみたいだ」と言っても誰にも通じなかった(笑)

    そうそう、ツアーのバス。

    見た目はボロくないけど、ギシギシ、ピョンピョン跳ねて大変だ。

    「まるでシャコタンみたいだ」と言っても誰にも通じなかった(笑)

  • これからバスに乗って230km、5時間半〜6時間かけて移動する。<br /><br />これは岩手から東京に高速道路を使って移動するのに近い時間だ。<br /><br />距離はそれより短いモノの、バスに乗っている間の揺れや跳ねがヒドイ。

    これからバスに乗って230km、5時間半〜6時間かけて移動する。

    これは岩手から東京に高速道路を使って移動するのに近い時間だ。

    距離はそれより短いモノの、バスに乗っている間の揺れや跳ねがヒドイ。

  • 移動の途中でマーケットに遭遇した。<br /><br />今日は日曜日で、マーケットが開催されると言う。<br /><br />女性たちは週末のマーケットが楽しみで街は華やぐ。

    移動の途中でマーケットに遭遇した。

    今日は日曜日で、マーケットが開催されると言う。

    女性たちは週末のマーケットが楽しみで街は華やぐ。

  • インドの子供たちは幼いころから商売をする男の子が多い。<br /><br />働き者だ。<br /><br />将来ボッタクリにはならないで欲しいと願うばかりだ。

    インドの子供たちは幼いころから商売をする男の子が多い。

    働き者だ。

    将来ボッタクリにはならないで欲しいと願うばかりだ。

  • 街が華やぐと皆の笑顔が自然と溢れている。

    街が華やぐと皆の笑顔が自然と溢れている。

  • 日本人観光客が乗るバスを見つめている。<br /><br />ここインドでは日本人は珍しいからジロジロとガン見される事が多かった。

    日本人観光客が乗るバスを見つめている。

    ここインドでは日本人は珍しいからジロジロとガン見される事が多かった。

  • 今から出店する準備をしている。本当に小さな子供たちも手伝う。<br /><br />ここら辺の子供たちは裸足ではない。<br /><br />そして身なりもキレイである。案外良い暮らしをしているのだろう。

    今から出店する準備をしている。本当に小さな子供たちも手伝う。

    ここら辺の子供たちは裸足ではない。

    そして身なりもキレイである。案外良い暮らしをしているのだろう。

  • インドに再訪する時が来たら不要になった履物と洋服を沢山持って行きたい。<br /><br />昨年の引っ越しで、シューズクローゼットに溢れんばかりの靴を捨てた。<br /><br />まだ履いていない靴はリサイクルショップに売った。今は靴を買うのを控えているが。

    インドに再訪する時が来たら不要になった履物と洋服を沢山持って行きたい。

    昨年の引っ越しで、シューズクローゼットに溢れんばかりの靴を捨てた。

    まだ履いていない靴はリサイクルショップに売った。今は靴を買うのを控えているが。

  • バナラシでは履物を履かない人々を多く見た。路上生活者は履物を履いていない。<br /><br />履いていたとしたら、まだ少し余裕があり、死ぬほど貧しくはないと考えている。<br /><br />私は海外旅行に行く前に毎回履物を新調する。今回はクロックスのサンダルを買った。

    バナラシでは履物を履かない人々を多く見た。路上生活者は履物を履いていない。

    履いていたとしたら、まだ少し余裕があり、死ぬほど貧しくはないと考えている。

    私は海外旅行に行く前に毎回履物を新調する。今回はクロックスのサンダルを買った。

  • 旅行で履いてみて足に豆が出来たり靴擦れすると癇癪を起してホテルのゴミ箱に捨てる。<br /><br />インドに来て、今まで自分がしてきた事が何と贅沢で愚かであろうかと考えさせられた。<br /><br />洋服もそうだ。引っ越しで恐ろしい量の服をリサイクルショップに売ったり捨てたり。

    旅行で履いてみて足に豆が出来たり靴擦れすると癇癪を起してホテルのゴミ箱に捨てる。

    インドに来て、今まで自分がしてきた事が何と贅沢で愚かであろうかと考えさせられた。

    洋服もそうだ。引っ越しで恐ろしい量の服をリサイクルショップに売ったり捨てたり。

  • 来月、盛岡にH&amp;Mがオープンする。H&amp;Mでは、古着持込みで3,000円購入すると<br /><br />500円引きのクーポンがもらえる。ブランド問わずどこの服でもと言うのがスゴイ。<br /><br />ユニクロ・GUは自社製品のだけに限るが全商品リサイクル活動をしている。<br /><br />世界中の難民へ届けられたり、リサイクルされたりと無駄にならないのだ。

    来月、盛岡にH&Mがオープンする。H&Mでは、古着持込みで3,000円購入すると

    500円引きのクーポンがもらえる。ブランド問わずどこの服でもと言うのがスゴイ。

    ユニクロ・GUは自社製品のだけに限るが全商品リサイクル活動をしている。

    世界中の難民へ届けられたり、リサイクルされたりと無駄にならないのだ。

  • 高速道路?国道?の広い道路へ出るとトラックの量が増える。<br /><br />トラックには子供たちが大勢乗っていた。<br /><br />何のトラックなのだろう・・・

    高速道路?国道?の広い道路へ出るとトラックの量が増える。

    トラックには子供たちが大勢乗っていた。

    何のトラックなのだろう・・・

  • 子供たちは見えなくなるまで、ず〜っと手を振ってくれた。<br /><br />カメラが好きなのか、日本人が珍しいのか、それとも好奇心からか。<br /><br />日本の子供に比べると愛想が良い。

    子供たちは見えなくなるまで、ず〜っと手を振ってくれた。

    カメラが好きなのか、日本人が珍しいのか、それとも好奇心からか。

    日本の子供に比べると愛想が良い。

  • 黄色で囲んでいるのは立小便だ。田舎だけでなく街ナカでも多く目撃した。<br /><br />インドでは立小便の原則として、太陽に向かって立小便をしない。<br /><br />モロ出しの立ちションも何度も見て最初はひどく驚いたが慣れた(笑)<br /><br />慣れてしまう程、どこに行っても立ちションを見る事になる。

    黄色で囲んでいるのは立小便だ。田舎だけでなく街ナカでも多く目撃した。

    インドでは立小便の原則として、太陽に向かって立小便をしない。

    モロ出しの立ちションも何度も見て最初はひどく驚いたが慣れた(笑)

    慣れてしまう程、どこに行っても立ちションを見る事になる。

  • ちなみに女性の立小便、いや「座り小便」も見た。<br /><br />サリー着用の女性ではなく、サーキュラースカートタイプの裾が円形に広がるものを<br /><br />着用している女性が道端に座り込んだ。彼女は只今排泄中とガイドさんから教えられた。<br /><br />裾が広がるので小水が流れるのが分からないしスカートも濡れないと。なるほど〜。

    ちなみに女性の立小便、いや「座り小便」も見た。

    サリー着用の女性ではなく、サーキュラースカートタイプの裾が円形に広がるものを

    着用している女性が道端に座り込んだ。彼女は只今排泄中とガイドさんから教えられた。

    裾が広がるので小水が流れるのが分からないしスカートも濡れないと。なるほど〜。

  • 田舎町のマーケットは都会のマーケットと違って活気や品ぞろえは悪い。<br /><br />それでも店自体が少ないので、こじんまりとした商売でもやっていけるのだ。<br /><br />欲しいモノが店にない場合、店主に話して調達してもらったりと融通が利くのだ。

    田舎町のマーケットは都会のマーケットと違って活気や品ぞろえは悪い。

    それでも店自体が少ないので、こじんまりとした商売でもやっていけるのだ。

    欲しいモノが店にない場合、店主に話して調達してもらったりと融通が利くのだ。

  • ドッタンバッタン、ギシギシ、ピョンピョンと跳ねるバスに乗って<br /><br />ジャイプールへ向かう途中、小さな村シクリーへ来た。<br /><br />ここでは世界遺産ファティプール・シクリの見学をする。

    ドッタンバッタン、ギシギシ、ピョンピョンと跳ねるバスに乗って

    ジャイプールへ向かう途中、小さな村シクリーへ来た。

    ここでは世界遺産ファティプール・シクリの見学をする。

  • ファティプール・シクリ<br /><br />アグラとアジメールとの間にある小さな村にあるアクバル皇帝の城跡。<br /><br />イスラムとヒンズーの様式を融合した建築様式だ。

    ファティプール・シクリ

    アグラとアジメールとの間にある小さな村にあるアクバル皇帝の城跡。

    イスラムとヒンズーの様式を融合した建築様式だ。

  • せっかく建てた勝利の都・ファティプール・シクリも、この村が水不足になり<br /><br />たった14年で都を捨ててアグラに戻っちまった。<br /><br />16世紀後半に建てられた建造物だけど保存状態が良いまま残されている。

    せっかく建てた勝利の都・ファティプール・シクリも、この村が水不足になり

    たった14年で都を捨ててアグラに戻っちまった。

    16世紀後半に建てられた建造物だけど保存状態が良いまま残されている。

  • ディワニ・カース。<br /><br />ファティプール・シクリの中でもメインとなるのが内部の彫刻が施された王座だ。

    ディワニ・カース。

    ファティプール・シクリの中でもメインとなるのが内部の彫刻が施された王座だ。

  • 一般に日本のツアーは、ここに来ることは少ないと言う。<br /><br />赤砂岩でできている建物は広々とした敷地にモスクや廟、宮殿、塔、芝生の庭園もある。

    一般に日本のツアーは、ここに来ることは少ないと言う。

    赤砂岩でできている建物は広々とした敷地にモスクや廟、宮殿、塔、芝生の庭園もある。

  • 五重塔・パンチ・マハール。<br /><br />176本の柱が使われている。<br /><br />一番広い1階はヒンズー教で縁起の良い84本の柱で建てられている。

    五重塔・パンチ・マハール。

    176本の柱が使われている。

    一番広い1階はヒンズー教で縁起の良い84本の柱で建てられている。

  • ジョダ・バイ宮殿。<br /><br />アクバル皇帝と妻たち(笑)が住んだ宮殿。<br /><br />ヒンズー教徒の妻、イスラム教の妻、キリスト教の妻の3人の妻とそれぞれの部屋がある。

    ジョダ・バイ宮殿。

    アクバル皇帝と妻たち(笑)が住んだ宮殿。

    ヒンズー教徒の妻、イスラム教の妻、キリスト教の妻の3人の妻とそれぞれの部屋がある。

  • 彫刻の美しい柱。<br /><br />なんでだか、母はおとぼけな表情で写真に写ることが多い。<br /><br />私のシャッターチャンスから数秒後に顔を作っているが既に時遅し。

    彫刻の美しい柱。

    なんでだか、母はおとぼけな表情で写真に写ることが多い。

    私のシャッターチャンスから数秒後に顔を作っているが既に時遅し。

  • アクバル皇帝のお世継ぎはヒンズー教徒の嫁はんから生まれた。<br /><br />キリスト教徒の嫁はんの部屋の美しい彫刻はイスラム教の教えから<br /><br />偶像崇拝の禁止により動物の顔は全て無残に削り取られている。

    アクバル皇帝のお世継ぎはヒンズー教徒の嫁はんから生まれた。

    キリスト教徒の嫁はんの部屋の美しい彫刻はイスラム教の教えから

    偶像崇拝の禁止により動物の顔は全て無残に削り取られている。

  • その写真を撮っていると、インド人の男性に「写真を撮ってあげる」と言われた。<br /><br />お金を要求されるのかな?と一抹の不安を抱くものの、撮ってもらう事にした。<br /><br />写真を撮ってあげただろうとカメラマン気取りでお金を要求する輩が多いと言う。

    その写真を撮っていると、インド人の男性に「写真を撮ってあげる」と言われた。

    お金を要求されるのかな?と一抹の不安を抱くものの、撮ってもらう事にした。

    写真を撮ってあげただろうとカメラマン気取りでお金を要求する輩が多いと言う。

  • 肘をこう掛けろとか、見線はこっちとか段々とエスカレートしてきた。<br /><br />もう恥ずかしくなってきて、彼から逃げるようにツアーの団体に戻った。<br /><br />お金の要求もなかった。善意からだったと信じたい。

    肘をこう掛けろとか、見線はこっちとか段々とエスカレートしてきた。

    もう恥ずかしくなってきて、彼から逃げるようにツアーの団体に戻った。

    お金の要求もなかった。善意からだったと信じたい。

  • ウマやラクダが繋がれたインペリアル・ステイブル。<br /><br />ツアーの参加者は14名。<br /><br />それにガイド一人と添乗員一人の合計16名の一行だ。

    ウマやラクダが繋がれたインペリアル・ステイブル。

    ツアーの参加者は14名。

    それにガイド一人と添乗員一人の合計16名の一行だ。

  • ここには家族連れの観光客を何組か見かけた。<br /><br />どの女の子たちもキレイなべべを着せられて幸せそうだった。<br /><br />この子の写真を撮らせてほしいと父親に言ってみると喜んで快諾してくれた。<br /><br />撮った画像を彼女に見せると恥ずかしそうに父親の後ろに隠れた。

    ここには家族連れの観光客を何組か見かけた。

    どの女の子たちもキレイなべべを着せられて幸せそうだった。

    この子の写真を撮らせてほしいと父親に言ってみると喜んで快諾してくれた。

    撮った画像を彼女に見せると恥ずかしそうに父親の後ろに隠れた。

  • これからまた長い距離をジャイプールに向かい、バスに乗って移動する。<br /><br />列車に遭遇した。<br /><br />慌てていたので綺麗には撮れていないが、インドの列車の旅こそ憧れる。<br /><br />深夜特急のドラマで観た列車の天井に乗る人々の風景は今でも見られるのだろうか。

    これからまた長い距離をジャイプールに向かい、バスに乗って移動する。

    列車に遭遇した。

    慌てていたので綺麗には撮れていないが、インドの列車の旅こそ憧れる。

    深夜特急のドラマで観た列車の天井に乗る人々の風景は今でも見られるのだろうか。

  • ダンプカー?トラック?の荷台には少年が沢山乗りこんでいた。<br /><br />これも交通手段として乗車賃を支払うのだろうか。<br /><br />亡くなった小学校時代の友人に似ている少年に彼を重ねて見ていた。

    ダンプカー?トラック?の荷台には少年が沢山乗りこんでいた。

    これも交通手段として乗車賃を支払うのだろうか。

    亡くなった小学校時代の友人に似ている少年に彼を重ねて見ていた。

  • 中学生か高校生位の年齢の彼らはバスに向かって色々なおどけたポーズをしてくれた。<br /><br />彼らが投げキスをすると、私の後ろの席に座るツアーの女性がすごく喜んだ。<br /><br />女性としての自信が70歳過ぎてもあるのだと思うと、くすぐったい感じがした。

    中学生か高校生位の年齢の彼らはバスに向かって色々なおどけたポーズをしてくれた。

    彼らが投げキスをすると、私の後ろの席に座るツアーの女性がすごく喜んだ。

    女性としての自信が70歳過ぎてもあるのだと思うと、くすぐったい感じがした。

  • トラックの運ちゃんも私達日本人が珍しいのだろう。<br /><br />写真撮らせてと手振りをするとキメ顔をしてくれた。<br /><br />インド人は結構愛想が良いのだと知った。

    トラックの運ちゃんも私達日本人が珍しいのだろう。

    写真撮らせてと手振りをするとキメ顔をしてくれた。

    インド人は結構愛想が良いのだと知った。

  • ジャイプールが近くなったのか、街に入った。<br /><br />インドの街はどこも野良牛がいて、街にはゴミが散乱している。<br /><br />もう、それも当たり前の事と特別視しなくなっていた。

    ジャイプールが近くなったのか、街に入った。

    インドの街はどこも野良牛がいて、街にはゴミが散乱している。

    もう、それも当たり前の事と特別視しなくなっていた。

  • 彼らのトラックは別の道に分かれていく。<br /><br />もう二度と会えないだろう。彼らが忘れてしまっても私は忘れないだろう。<br /><br />彼らの生活や将来を勝手に想像してドラマチックな思いに黄昏れた。

    彼らのトラックは別の道に分かれていく。

    もう二度と会えないだろう。彼らが忘れてしまっても私は忘れないだろう。

    彼らの生活や将来を勝手に想像してドラマチックな思いに黄昏れた。

この旅行記のタグ

168いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (18)

開く

閉じる

  • ロータスさん 2016/04/13 17:48:05
    インドのスープは美味しいターリーに出会うため?
    fuzzさん、今日は。

    あのインドのスープは最初は味が変ですが、

    慣れると美味しいんですよ。

    あれは中級以上のお店のターリーの前菜として出ます。

    あのスープと美味しいターリーは対になっていて、

    記憶に残る味なんです。

    私の周りのインド好きはあのスープが皆好きなのです。

    味覚がインド寄りにずれたのかもしれませんが、

    インドのおもてなしスープです。

    ちょっとずれたコメントですが、また書いてみますね。








    fuzz

    fuzzさん からの返信 2016/04/14 14:11:03
    RE: インドのスープは美味しいターリーに出会うため?
    インドの先輩、ロータスさん、こんにちは。

    あのトマトみたいな赤いスープが出るのは中級以上のお店。

    ほぉ〜お、すごく勉強になります。

    記憶に残る味、それは間違いなかったです(笑)

    インドではあれが「おもてなし」なのですね。

    知らない事ばかりで、よくもまあインドに行ったものだと(;´∀`)

    nekogusaさんの旅行記、昨日拝見しました。

    これからインドの食に始まって、他にも色々教えてほしいっす。

    fuzz
  • akikoさん 2016/04/07 23:22:12
    考えさせられました
    fuzzさん、こんばんは

    今回、9日間のインド旅行だそうですが、様々な体験をされて、とても内容の濃い旅をされたのですね〜 

    私も学生時代一度だけインドへ立ち寄ったことがあります。その時、ニューデリーとオールドデリーが壁一つ隔ててきれいな官庁街と人間と牛が同居する貧民街が分かれていたのを見てショックを受けました。オールドデリーでは、子供たちや障害者からお金をねだられたり、ジロジロ見られたりしてゆっくり町を楽しむことができませんでした。。

    fuzzさんのファティプール・シクリの旅行記のマーケットの写真を見てオールドデリーのことを思い出しました。小さな子どもも当たり前のように働いていて生活を助けているんですね。fuzzさんがふと日頃いかにもったいないことをしているかを反省されていますが、同感です!

    普段、本当に無駄なものまで買ってしまっていますよね。ここの人たちには服や靴などは必要ではなさそうですが、自国から逃れ難民キャンプで寒さに震えていたり、着るものが十分ない人たちやスラムで暮らす人々を報道で見るたびに、私たちが普段まだ十分使えるのに捨ててしまうものをどうにかして届けることができないかと思います。施しをするという奢った気持ちではなく、同じ地球で住むものとして何かできることはないかと思いますよね。

    あと、トラックにいっぱい乗っている子供たちは単にバス代わりにトラックに乗っているだけですよね?日本ではありえない光景で、集団労働か何かで連れまわされているのでは、などと心配してしまいます〜。

    インドは特別な国で、一度旅したらハマる人とハマらない人に極端に分かれると言いますが、fuzzさんはいかがですか?

    akiko

    fuzz

    fuzzさん からの返信 2016/04/08 18:06:48
    RE: 考えさせられました
    akikoさん、こんにちは♪

    インド旅行中、本当に色々と体験して、濃い〜い旅行でした。

    書き込みをされている方の中に、結構いますね。akikoさんみたいに

    以前インドへ行ったことがあると言う方が。それが私には驚きです。

    akikoさんが見たインドと私が見たインド、あまり変わっていないのかも

    しれませんね。行く前にフォートラチェックしたので、野良牛や路上生活者

    の事は分かっていたのに、実際に見るとショックですよね。

    ジロジロは見られました(笑)どんだけ見るのかい?

    わざわざ「何人か?」と聞きに来た人も何人かいました。

    日常のふとした何でもない事。なんだかインドに行ってから、ニンジンの皮

    ですら料理に使うようになりました(笑)なるべく物を買わないと心に決めて

    生活するようにと。でも現実的に日本に住んでいると、そうもいかないですね。

    トラックいっぱいの子供たち。そういうのを多く見ました。なんでしょうね。

    いくらなんでも人身売買業者が、おおっぴらに乗せて連れて行くとは思えないし

    運転手すらカメラに向かって手を振ったり笑顔だったりするので、どうか

    スクールバスでありますように・・・と思うのですが・・・

    インドは本当に特別な国だと感じました。

    ハマるかハマらないか・・・いまだに答えが出ません。

    でも、もう一度行ってみたいと思うのは本当です。

    fuzz
  • 白い華さん 2016/04/03 21:22:42
    「大好き!な インド旅行」を 思い出して、楽しんでいます。
    今晩は。
    「9日間の インド・ツアー」なので、 バナラシ。 ブッダガヤ・・・など、細かく、インド周遊を 満喫されたのですね〜。
    最近は、「5日間 ツアー」の ゴールデン・トライアングルだけ!を 回る、 お手軽!ツアーが 目に付きます。が、 4日多い!と、 違います。
    私も、 10年前・・・。 ほんと、インドの首都!デリーに、 大型ショッピング・センターも 無かった、時代に、9日間の ツアー!でした。 でも、 「ツアーは、大阪から。そして、私と、高校生の 娘。の ふた組!で 5人だけ。。。(日本から、 若夫婦!の 3歳児込み)・・・の まぁ〜、ほぼ、個人ツアー」で、 ガイド & 運転手が つきっきり!でした。

    また、ガイドさんの デリー自宅にも、 訪問させてもらえて、貴重な、体験!を 楽しめました。
    また、日本が 作っている! デリーの 地下鉄・・・も、 まだ、数駅だけ!でしたが、 体験乗車を 楽しみました。
    ーーーーーーーーーーーー
    インドは、「世界遺産など・・・。 インド・イスラム教建築」。
    海外旅行では、「建築物など、中心!に 楽しみたい」と なるモン!ですが、 インドは、違いますね〜。

    そうゆう・・・建築物。より、 「街中・・・の 不思議な 人々。 暮らしぶり! 様々な 動物達・・・が、 人間社会に、 どっぷり!と 入り込んだ、 暮らし方 などなど・・・」と、 ほ〜んと、 興味深く、 面白い!って 思います。 (笑)

    「欧米・日本など、先進国・・・との 楽さ!の 大きさ」が、 インド旅行の 醍醐味。って 思っています。
    この 旅行記には、 そんな・・・人々の 様子。が とても、出てて、面白いデスネ。
    なかなか、自動車を 離れてばかり・・・とは、いかない、ツアー旅行。
    でも、 「自動車ドライブの 車窓から・・・の 不思議・風景」が、 次々・・・と、 村。 町に 差し掛かる!と 見られるコト。
    とても、「良い! 経験・・・の インド」ですよね。
    ーーーーーーーーーーーーーーーー
    私は、「バナラシ」は、 デリーから、夜行・寝台列車で、行きマシタ。が、「ガンジス河 & 水風景」は、 いかにも・・・インド。って 思いました。

    あの・・・「川べり!での 人間・仮想風景」は、 「遠く・・・から。の 撮影者を 厳しく、監視している」って、 ガイドさんが 話してました。だから、fuzzさんの ガイドは、「今が シャッター・チャンス」って ちょっと、怖い!形相で、「撮影の 指示!の 大盤振る舞い」って 思いました。
    ーーーーーーーーーーーーーーーー
    「タージ・マハル」は、 美しく・・写真、撮れてて、 ほんと、天気は 恵まれたみたい!ですね〜。 良かったですね。
    此処は、 ほんと・・・世界でも、「美しい! 世界遺産」ですね。

    ジャイプールは、 また・・・気品ある! 雰囲気。の 「マハラジャが 似合う! 街」って 思っています。
     
    「お母様に、 連れてってもらえた・・・インド旅行」は、 fuzzさんにとっても、 刺激!たっぷり。 ビックリ・ポイントが 満載・・・の 旅。って 受け取りました。 (笑)
    たくさん、 お母様との 旅!で、 人生を 素敵に、 彩ってくださいね。     それでは また

    fuzz

    fuzzさん からの返信 2016/04/04 08:07:56
    RE: 「大好き!な インド旅行」を 思い出して、楽しんでいます。
    白い華さん、おはようございます。

    白い華さんは、本当に多くの国を回られていますね〜。

    インドに10年前ですか。2組5名と少数での旅行参加者だったのですね。

    やはりインドを渡航先として選ぶって、特に10年前だとあまりいなかったの

    でしょうか。どなたかが言っておられましたが、インドへ行くにはインドに

    呼ばれているとか、インドに縁があるとか。

    そう感じずにはいられない不思議な事が何度かありました。

    インドは不思議な国で現実的に貧しいとか汚いとかに目が行きがちでしたが

    神様の国だと感じることも多かったです。ガイドさんの御宅訪問ですか!?

    ステキな体験ですね。列車の乗車もうらやましいです。乗らなくても

    列車の上に人が乗っているのを見てみたかったです。

    白い華さんがおっしゃるように、世界遺産やら寺院やら建築物などの観光より

    人です。インド人にとても興味が湧いて、ずっと見ていたいと思いました。

    彼らも私達異国から来た人間が珍しいので、ガン見されましたが(笑)

    土産売りの人達は日本語も出来ましたので、日本人も多く来ている事とは

    思いますが、物売りの人には一切興味はありませんでしたが。(そりゃそうですね)

    旅行記を書いている途中なのですが、またインドに旅をしている気分で

    旅行の日程表とガイドブックを見ながら、あの日に戻って再びインドを

    楽しんでいます。旅行記を作るって、そういう楽しみがありますよね。

    旅行を2度楽しめる。人の倍、その旅行を堪能しています(笑)

    fuzz
  • へけけさん 2016/04/03 11:28:38
    写真がとっても綺麗!
    fuzzさん こんにちは。

     最近の旅行記の表紙の写真、素晴らしいです。スマホだとしたら、最近のは性能が凄いですね。

     スペイン人のマナーって大陸の方々より悪いとは。本当に日本人も含めて、マナーの悪い奴を見ると頭に来ますね。以前、割り込みした中国人を注意したこと有るんですけど、刺されるからやめた方が良いって。

     インドの列車って本当に憧れちゃいます。丁度今、テレビの「世界の車窓」はインドですね


     それと妄想天国さんのコメントですが、泥棒に対してのfuzzさんの怒り心頭、感動しました(笑)


     へけけ

    fuzz

    fuzzさん からの返信 2016/04/03 19:20:18
    RE: 写真がとっても綺麗!
    へけけさん、こんばんは(^ω^)

    タージマハルの表紙の写真、最近買ったカメラでなのですが、ガンジス河

    に持って行って霊が写ったからなのか、実は壊れました。

    仙台の水族館と、インド旅行の2回だけなのに壊れました。

    もう何かあるとしか思えませんでした。でも幸い、カメラ屋に持って行ったら

    店員がSDカードを反対に無理やり入れて、取り出せなくなって(笑)

    結局新しいのと交換してもらいました(笑)

    スペインの方々。すごかったんですよ。そのまま書いたら反日活動されるので

    怖くて書けませんでしたが、バスに乗り込もうとしたら追い出されました。

    そのバスは予約制でもないのに・・・スペインの女性が怖いです。

    インドの列車、へけけさんならそう言ってくれると思ってました。

    妄想天国さんへのコメント(笑)

    あらら、見られましたね。お里が知れますね(笑)あ、もう既に知ってますね。

    口が悪い事は、私の旅行記を読んで下さってる方は知ってますよね(笑)

    fuzz
  • まむーとさん 2016/04/02 15:34:47
    立ってのおトイレ
    fuzz さん、こんにちは(*^^*)
    さっき、半分ぐらい書いた旅行記をうっかり消してしまいました(ToT)

    立ってのおトイレをそんなに見たんですか!
    私のツアーは、負の部分は見せまい見せまいとした感じでした。
    質問しても、本当の答えを教えてもらえない
    モヤモヤがありました。

    私は早朝の電車の中から、小さなバケツを持ちゾロゾロ歩く男性を見ました。
    それは朝の大きい方を野原でしに行く人々と教えてもらいました。
    女性は家のトイレらしいです。

    ファティプール・シクリは、あまりツアーでは行かないんですね。私は行きました。
    真ん中の広場が人間チェスの盤のスケールに驚きました。

    地方では日本人の珍しさが今もあるんですね。私も、まるでタレントになった気持ちを味わいました。

    いろんなインド式を紹介してもらってすごく面白いです。
    インドは、同じものを見ても人それぞれ感じ方は様々なので、fuzz さんの目で見たインドは貴重です。

    まむーと

    chekiman

    chekimanさん からの返信 2016/04/02 22:31:57
    トイレ話しに参加!
    fuzzさん、まむーとさん、こんばんは

    野原トイレの男性たちは僕も見ました。
    あの時は、びっくりしましたが、その半年後にはエジプトで、自分が砂漠トイレを体験することになりました。

    夜空に大きく輝いている北斗七星の下のトイレは世界一美しいトイレでした。

    あれ以来、大自然トイレの機会が無いので、インドの野原トイレはやり残した事のひとつになっています。

    最初にファティプールシクリの地をまむーとさんが踏み、次に僕、最後はfuzzさん。
    ファティプールシクリは500年前から、変わらずに旅人を受け入れていたんですよね。

    いつか、3人でこの場所に集うことがあったら.........

    面白い物語になりそうです。

    それはそうと、fuzzさんの肘かけポーズの写真、女の子に負けないぐらい緊張していますね。(笑)

    chekiman

    chekiman

    chekimanさん からの返信 2016/04/02 22:32:32
    トイレ話しに参加!
    fuzzさん、まむーとさん、こんばんは

    野原トイレの男性たちは僕も見ました。
    あの時は、びっくりしましたが、その半年後にはエジプトで、自分が砂漠トイレを体験することになりました。

    夜空に大きく輝いている北斗七星の下のトイレは世界一美しいトイレでした。

    あれ以来、大自然トイレの機会が無いので、インドの野原トイレはやり残した事のひとつになっています。

    最初にファティプールシクリの地をまむーとさんが踏み、次に僕、最後はfuzzさん。
    ファティプールシクリは500年前から、変わらずに旅人を受け入れていたんですよね。

    いつか、3人でこの場所に集うことがあったら.........

    面白い物語になりそうです。

    それはそうと、fuzzさんの肘かけポーズの写真、女の子に負けないぐらい緊張していますね。(笑)

    chekiman

    まむーと

    まむーとさん からの返信 2016/04/02 22:49:37
    時間差で三人揃う
    面白いもんですね!
    我らトライアングルの共通はインドだった!

    インドは25年前も今も百年前も同じ景色。
    それがまた時間を感じさせませんね〜




    fuzz

    fuzzさん からの返信 2016/04/03 00:00:11
    RE: 時間差で三人揃う
    まむーとさん、chekimanさん、こんばんは。

    オラが不在の時に、お二人で盛り上がってましたね(笑)

    密会っすか?オラの掲示板で(笑)

    ありがとうございます<(_ _)>

    まむーとさんが行った時のインドはすごかったのでしょうね。

    だから負の部分を見せないようにと必死だったのかもしれませんね。

    これからもまだまだビックリなお話があります。

    ガイドさんには恵まれました。聞けばなんでも教えてくれるし

    聞かなくても、そこまで言うのかな?って感じでした(笑)

    あらら、お二人もシクリにも行きましたか。

    ガイドブックには日本人ツアーはあまり行かないと載ってましたし

    添乗員さんも言ってましたが、まさか我ら三人が同じ地に立っていたとは。

    時間の違いこそあっても、同じ場所に。不思議な縁ですね。

    日本人の珍しさ。そうなんです。まるでスターでした。

    ちょっと気分が良かったです。他の国では、こんな事ないですからね。

    シクリでの写真撮影(笑)

    いやぁ。。。おっしゃるとおり緊張が出てますね(笑)

    お恥ずかしい。

    でも恥ずかしい写真こそ出しますよ、私は(笑)

    fuzz

    まむーと

    まむーとさん からの返信 2016/04/03 12:50:53
    デリー、アグラ、ジャイプールのように。
    fuzzさんは、皆のアイドルなんでうちわでワイワイでした♪

    色んな話が出てくるのが楽しみです。
    負の部分も出して下さいね。

    ころからも、ゴールデントライアングルでよろしくお願いします〜
  • aoitomoさん 2016/04/02 14:45:44
    色々と考えさせられるインドです。
    fuzzさん

    『昼食』
    マンゴラッシーが名前を聞いただけでも美味しそう〜
    日本でもインド料理店に入ったことはないですが何となくわかります。
    出てきたカレー、これも美味しそうですね。
    インド旅行の計画がもし立ったら、日本のインド料理店で味に慣れておこうと真剣に思いましたよ。(笑)
    というか、ちょっとインド料理店行ってみたくなりました。

    『シャコタン』
    「シャコタンみたい」ってfuzzさんシャコタン乗りまわしていたのですか〜
    あれは乗った人しか分かりません!
    私の友人に昔、そんなシャコタンのカーキチがいて助手席に乗せてもらいましたが、サスペンジョンが固くて振動が凄かった。無駄にドソフトするしね〜
    車内はパイプだらけで・・

    観光バスは見ため普通ですが、道も良くないのでしょうね。
    インドのワイルド感が最高に楽しそう〜(笑)

    『世界遺産ファティプール・シクリ』
    水が豊富でないと勝利の都も長くは暮らせないようですね。
    建造物が保存状態が良い状態で残されているのは貴重です。
    カメラマン気取りの輩は難儀です。
    私はガイドさん以外では撮ってあげると言われることはないのですが。
    もっぱら、シャッターを押すのを頼まれるばかりです。
    チップ貰わねば〜(爆)

    昨日、娘が日本にいるインドの友達の話をしていたので、
    『貧困層の多いインドで日本に来れるなんて、かなり裕福な家庭なんだろうね。』と言ったら、
    インドの友達は家は貧しく電気も通ってないと。
    インドの学校で成績が一番優秀だったらしく、日本に留学生として来れていると。
    そんな制度もあるのかと驚きました。

    aoitomo

    fuzz

    fuzzさん からの返信 2016/04/02 23:48:37
    RE: 色々と考えさせられるインドです。
    aoitomoさん、こんばんは(*^▽^*)

    シャコタンなんか乗り回してないですよ〜(笑)パイプ?ロールバーかな。

    私の時代は、みんな男子は「ツッパリ」でした。

    なんであんなのが流行ったのか(笑)みんな横浜銀蝿みたいなのばっかでした。

    女子はさすがに田舎なので、三原じゅん子みたいのはいませんでしたが(笑)

    田舎程、そーゆーのが多かったのではないかと思います(笑)

    港町ですし(笑)気が荒い人が多い様に思えます。

    シャコタンばかり走ってましたよ(笑)

    ラッシー。これもインドでは気を付けなければならないと誰かが言ってました。

    でもツアーで行くレストランは大丈夫だと自分に言い聞かせ(笑)

    結局、食あたりとか下痢は一切しませんでしたけど。

    日本のインド料理屋さん、思ってるほど高くないですしオススメです。

    私は実は日本のインド料理屋のカレーの方が本場のより好きです。

    もう豆のカレーやチキンのカレーは飽きました・・・

    もっぱらシャッターを押すのを頼まれる(笑)

    頼みやすい人っていますよね。大体は立派なカメラをもってる方ですね。

    なんか素敵に写真を撮ってもらえそうって感じます。

    娘さん、インド人のお友達がいるのですか。

    留学生、なるほどですね。よほど優秀なのでしょうね〜。

    いいなあ。インド人の友達がいるって。うらやましいです。

    私の地元の友人は、いわゆる元ヤンばっかですから(笑)

    fuzz
  • 墨水さん 2016/04/02 00:25:09
    乗り心地。
    fuzzさん、今晩は。
    道路は、舗装されていても結構でこぼこだし、バスのサスペンションがくたびれてる証拠だね。
    自動車は、サスペンションを新品に交換すると「乗り心地は、ほとんど新車並に」為るそうだ。
    おおぴらにすると、新車が売れなくなるので、自動車会社は5年ぐらいで買い換え需要を期待しているそうだ。(笑)
    都市と田舎の市場の状況に違いが有るのは、物流システムに問題が有る証拠だ。
    日本も、40年ぐらい前までは問題が有った。
    インドの鉄道は、非常に事故が多いので危険だ。
    インド政府も、その事は認識しているが、人材と技術が無いので、根本的解決には至って居ない。
    (淡い期待は、しない方が良い。)
    だから、このツアーもバス移動が基本と為っている。
    でも、サスペンションは交換して欲しい。(笑)
    墨水。

    fuzz

    fuzzさん からの返信 2016/04/02 17:41:16
    RE: 乗り心地。
    墨水さん、こんにちは。

    インドは道路がひどかったです。

    舗装されていても、アスファルトが壊されて穴があいていたり、

    デコボコだったり・・・。

    ツアーの参加者の男性もサスペンションの事を何度か言う人がいました。

    運転も荒くて、デコボコ道でもスピードを落とさないので(笑)

    大学を卒業後にバス会社に就職した友人から当時聞いた話では、もう使えない

    古いバスをインドや中国から買いに来ると。今もそうなのか分かりませんが。

    今回のバスは日本製ではありませんでした(笑)

    鉄道はヤバいのですか。それは知りませんでした。

    列車の上に人がたくさん乗っている風景だけでも一目見たかったです。

    でもバスの運転も危険ばかりで、毎日怖い思いをしてました〜(*´Д`)

    fuzz



fuzzさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 589円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集