蒜山高原 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

初めての雪中キャンプで一夜を明かしました。雪中キャンプは、テントの中を暖かくすれば、すこぶる快適です。暖かい時期には、お日様が昇るとすぐにテントの中が暑くなってしまうのですが、外が寒いので、テントの中が暑くなることもなく快適に過ごすことができました。<br /><br />なお、このアルバムは、ガンまる日記:なめてはいけない雪中キャンプ(後編)[http://marumi.tea-nifty.com/gammaru/2016/03/post-f33d.html]<br />とリンクしています。詳細については、そちらをご覧くだされば幸いです。

なめてはいけない雪中キャンプ(後編)

27いいね!

2016/02/27 - 2016/02/28

23位(同エリア136件中)

    25

    初めての雪中キャンプで一夜を明かしました。雪中キャンプは、テントの中を暖かくすれば、すこぶる快適です。暖かい時期には、お日様が昇るとすぐにテントの中が暑くなってしまうのですが、外が寒いので、テントの中が暑くなることもなく快適に過ごすことができました。

    なお、このアルバムは、ガンまる日記:なめてはいけない雪中キャンプ(後編)[http://marumi.tea-nifty.com/gammaru/2016/03/post-f33d.html]
    とリンクしています。詳細については、そちらをご覧くだされば幸いです。

    同行者
    カップル・夫婦
    交通手段
    自家用車
    利用旅行会社
    個別手配
    旅行の満足度
    5.0
    観光
    5.0

    PR

    • 私たちのテントは、奥が寝室、手前が土間になっている。料理は土間で行っている。<br /><br />さて、ご飯が炊けた。カメラのレンズが曇ったため、ぼんやりした写真になってしまった。

      私たちのテントは、奥が寝室、手前が土間になっている。料理は土間で行っている。

      さて、ご飯が炊けた。カメラのレンズが曇ったため、ぼんやりした写真になってしまった。

    • おかずは、ガンモ作のトマト鍋。

      おかずは、ガンモ作のトマト鍋。

    • 夜は、寝袋の下が雪だったので、多少は冷える気がしたが、寝室内でファンヒーターを使っていたので快適に寝ることができた。私は、人型シュラフを着て、その上から別の寝袋にくるまって寝た。<br /><br />ガンモは電気毛布を敷いて、厚めの寝袋二枚にくるまって寝た。<br /><br />さて、そうして迎えた朝。霧がかかっている。

      夜は、寝袋の下が雪だったので、多少は冷える気がしたが、寝室内でファンヒーターを使っていたので快適に寝ることができた。私は、人型シュラフを着て、その上から別の寝袋にくるまって寝た。

      ガンモは電気毛布を敷いて、厚めの寝袋二枚にくるまって寝た。

      さて、そうして迎えた朝。霧がかかっている。

    • 一夜明けると、オラフも少し顔が変わっていた。

      一夜明けると、オラフも少し顔が変わっていた。

    • これが雪中キャンプで迎えた朝である。

      これが雪中キャンプで迎えた朝である。

    • テントを張らずに、車中泊された方もいらっしゃった。

      テントを張らずに、車中泊された方もいらっしゃった。

    • 雪は更に凍っていた。カングーも寒かっただろう。

      雪は更に凍っていた。カングーも寒かっただろう。

    • ちなみに、朝六時半過ぎの気温は、外がマイナス2.6度、土間が3.8度。確か寝室は10度前後だったと思う。

      ちなみに、朝六時半過ぎの気温は、外がマイナス2.6度、土間が3.8度。確か寝室は10度前後だったと思う。

    • 朝ごはんは、ゆうべのトマト鍋の残り汁を使って、リゾットに。こちらもガンモ作。

      朝ごはんは、ゆうべのトマト鍋の残り汁を使って、リゾットに。こちらもガンモ作。

    • 日が昇って来て、テントの中が暖かくなって来たので、テントの窓を開けてみた。土間でストーブをたいているので暖かいのだ。

      日が昇って来て、テントの中が暖かくなって来たので、テントの窓を開けてみた。土間でストーブをたいているので暖かいのだ。

    • お昼は、またまたガンモが焼きそばを作ってくれた。ひるぜん焼きそばである。ガンモの手料理は、具が大きいのが特徴。

      お昼は、またまたガンモが焼きそばを作ってくれた。ひるぜん焼きそばである。ガンモの手料理は、具が大きいのが特徴。

    • オラフはすっかり形が変わっていた。

      オラフはすっかり形が変わっていた。

    • 雪の上を這っていたはずの電工ドラムの電源コードは、どういうわけか沈み込んでいた。おそらく、電源コードが熱を持っていたたために、雪が溶けて沈み込んだのではないだろうか。

      雪の上を這っていたはずの電工ドラムの電源コードは、どういうわけか沈み込んでいた。おそらく、電源コードが熱を持っていたたために、雪が溶けて沈み込んだのではないだろうか。

    • こんな感じで沈み込んでいる。

      こんな感じで沈み込んでいる。

    • ところどころ雪も溶けている。そのせいか、撤収作業に入ったときに、かなり足元が濡れてしまった。

      ところどころ雪も溶けている。そのせいか、撤収作業に入ったときに、かなり足元が濡れてしまった。

    • お昼を過ぎると、ほとんどの利用客がテントを撤収し、帰って行った。

      お昼を過ぎると、ほとんどの利用客がテントを撤収し、帰って行った。

    • 十四時頃から、私たちも撤収作業を始めた。撤収作業は、およそ二時間半掛かった。

      十四時頃から、私たちも撤収作業を始めた。撤収作業は、およそ二時間半掛かった。

    • 寝室のシートをめくってみると、やはり下は雪だった。しかも、凸凹である。こんなところで寝ていたのだ。

      寝室のシートをめくってみると、やはり下は雪だった。しかも、凸凹である。こんなところで寝ていたのだ。

    1件目~20件目を表示(全25件中)

    この旅行記のタグ

      27いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      蒜山高原(岡山) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集