トレンティーノ・アルト アディジェ州旅行記(ブログ) 一覧に戻る
7月18日、ドロミテでのハイキングの定番のトレ・チーメからセストへの<br />ハイキングをしました。<br /><br />実はトレ・チーメでのハイキングは3回目ですが、同行者が異なるので<br />初ドロミテの人には、やはり、ここは外せない場所です。<br />ドロミテでトレ・チーメへ行かなかったら、あとで、どう言われるやら、、、<br /><br />でも、今回はトレチーメ周遊ではなく、ロカテルリ小屋からセストへと<br />降るコースを歩いたので新鮮な感動を得ることができました。

2015チロル・ドロミテでハイキング(その8 トレ・チーメからセストへのハイキング)

23いいね!

2015/07/10 - 2015/08/04

230位(同エリア811件中)

4

86

ももんた

ももんたさん

7月18日、ドロミテでのハイキングの定番のトレ・チーメからセストへの
ハイキングをしました。

実はトレ・チーメでのハイキングは3回目ですが、同行者が異なるので
初ドロミテの人には、やはり、ここは外せない場所です。
ドロミテでトレ・チーメへ行かなかったら、あとで、どう言われるやら、、、

でも、今回はトレチーメ周遊ではなく、ロカテルリ小屋からセストへと
降るコースを歩いたので新鮮な感動を得ることができました。

同行者
友人
交通手段
鉄道 高速・路線バス
航空会社
ルフトハンザドイツ航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ホテルのベランダからの風景、、<br />これだけでも気持ちがいいです。<br /><br />今日は天気がよさそうで、期待できそうです。

    ホテルのベランダからの風景、、
    これだけでも気持ちがいいです。

    今日は天気がよさそうで、期待できそうです。

  • バス停に行く道ですが、少し遠回りをして、、

    バス停に行く道ですが、少し遠回りをして、、

  • 村を散策、、

    村を散策、、

  • 村の教会

    村の教会

  • バス停近く

    バス停近く

  • 昨日と同じ、8:25発のバスでドッビアーゴへ<br />8:50に到着。トレ・チーメ行きのバスまで<br />15分あったので、バスステーション近くの教会へ<br />行った。

    昨日と同じ、8:25発のバスでドッビアーゴへ
    8:50に到着。トレ・チーメ行きのバスまで
    15分あったので、バスステーション近くの教会へ
    行った。

  • 立派な教会です。

    立派な教会です。

  • バスステーションに戻ったら、結構、人が集まっていた。<br /><br />9:05発のトレ・チーメ行きのバスに乗る。

    バスステーションに戻ったら、結構、人が集まっていた。

    9:05発のトレ・チーメ行きのバスに乗る。

  • バス車内からの風景

    バス車内からの風景

  • 山岳風景が期待を膨らませてきた、、

    山岳風景が期待を膨らませてきた、、

  • さらにバスは進む、、<br /><br />同行者に車窓からミズリーナ湖が見えるよ、と<br />話していたのだが、このバスはミズリーナ湖の<br />入口を通過してしまった。<br /><br />コルティナから行った時にはミズリーナ湖で5分位<br />休憩して別のバスで行った記憶があるのですが、<br />ドッビアーゴからのバスは湖畔には行かないようです。<br /><br />後で地図で確認したら、確かに湖の手前の道を通った<br />ようだ。<br /><br />今回は周遊ではないので帰路で下車してミズリーナ湖<br />へは行かれないので、ちょっと申し訳ない気持ちです。

    さらにバスは進む、、

    同行者に車窓からミズリーナ湖が見えるよ、と
    話していたのだが、このバスはミズリーナ湖の
    入口を通過してしまった。

    コルティナから行った時にはミズリーナ湖で5分位
    休憩して別のバスで行った記憶があるのですが、
    ドッビアーゴからのバスは湖畔には行かないようです。

    後で地図で確認したら、確かに湖の手前の道を通った
    ようだ。

    今回は周遊ではないので帰路で下車してミズリーナ湖
    へは行かれないので、ちょっと申し訳ない気持ちです。

  • バスは10時過ぎに、オーロンツォ小屋(Auronzo)に<br />到着。

    バスは10時過ぎに、オーロンツォ小屋(Auronzo)に
    到着。

  • 小屋に向かって道を登る。

    小屋に向かって道を登る。

  • 小屋に到着、ここで身支度をして、いざ出発!!

    小屋に到着、ここで身支度をして、いざ出発!!

  • やはり、結構多くの人が歩いています。

    やはり、結構多くの人が歩いています。

  • 緑のじゅうたんが綺麗です。

    緑のじゅうたんが綺麗です。

  • 後ろを振り返れば、、

    後ろを振り返れば、、

  • 道をさらに進み

    道をさらに進み

  • トレ・チーメの岩峰も近づき、、

    トレ・チーメの岩峰も近づき、、

  • 礼拝堂を過ぎ、、

    礼拝堂を過ぎ、、

  • 約40分でラバレド小屋(Rif.Lavaredo)に到着、、<br /><br />多くの日本人がいた、ツアーではここまでが誰でも<br />歩いてきて、<br />この先の登った展望台?までを健脚者に案内する<br />とのことで、健脚者組の帰りを待っている人が<br />多いのだそうです。<br />

    約40分でラバレド小屋(Rif.Lavaredo)に到着、、

    多くの日本人がいた、ツアーではここまでが誰でも
    歩いてきて、
    この先の登った展望台?までを健脚者に案内する
    とのことで、健脚者組の帰りを待っている人が
    多いのだそうです。

  • 案内板も完備してました。

    案内板も完備してました。

  • 休憩後、登りはじめました。

    休憩後、登りはじめました。

  • 約15分で展望台に到着、、

    約15分で展望台に到着、、

  • トレ・チーメは目の前です!!

    トレ・チーメは目の前です!!

  • ロカテルリ小屋(Rif.A.Locatelli )への標識

    ロカテルリ小屋(Rif.A.Locatelli )への標識

  • 小屋へ向かって歩きます、、

    小屋へ向かって歩きます、、

  • トレ・チーメもくっきり

    トレ・チーメもくっきり

  • 道ばたの花

    道ばたの花

  • 道は一旦下り、、また登る、、

    道は一旦下り、、また登る、、

  • ロカテルリ小屋が近づいてきました、、

    ロカテルリ小屋が近づいてきました、、

  • やっと小屋に到着、ほぼお昼です、、

    やっと小屋に到着、ほぼお昼です、、

  • 小屋のテラスから何やら軽快な音楽が聞こえてきました<br /><br />カメラにマイク、、テレビ局の取材でしょうか、、

    小屋のテラスから何やら軽快な音楽が聞こえてきました

    カメラにマイク、、テレビ局の取材でしょうか、、

  • 民族衣装に木製の楽器、、<br />

    民族衣装に木製の楽器、、

  • うきうきする軽快なリズムで、、

    うきうきする軽快なリズムで、、

  • 女性が何やら叫んでいます、、、

    女性が何やら叫んでいます、、、

  • そうきっとダンスでもしましょうとの<br />お誘いだったのでしょうか、、

    そうきっとダンスでもしましょうとの
    お誘いだったのでしょうか、、

  • 実に楽しそうに踊ってます、、

    実に楽しそうに踊ってます、、

  • ダンスは終わり、、別の曲を演奏

    ダンスは終わり、、別の曲を演奏

  • 女性が何かを配ってます、、これはお酒です。<br /><br />チロルの村でのお祭りでパレードの先頭の女性が小さな<br />樽をささげて村人にお酒を配っているのを見たことがあります。<br /><br />その時、お酒はワインかと聞いたら違うと言われたので、、<br />リキュールのようなものらしいですが、、<br /><br />楽団員たちはお酒が入り、、ますます、熱が入ってきたようだ!!

    女性が何かを配ってます、、これはお酒です。

    チロルの村でのお祭りでパレードの先頭の女性が小さな
    樽をささげて村人にお酒を配っているのを見たことがあります。

    その時、お酒はワインかと聞いたら違うと言われたので、、
    リキュールのようなものらしいですが、、

    楽団員たちはお酒が入り、、ますます、熱が入ってきたようだ!!

  • またまた、ダンスが始まり、、

    またまた、ダンスが始まり、、

  • こういうものをここでお目にかかれるとは<br />グッドタイミングでした。<br /><br />いつはてるとも知らないので、ここらへんで、、<br />

    こういうものをここでお目にかかれるとは
    グッドタイミングでした。

    いつはてるとも知らないので、ここらへんで、、

  • 小屋の裏側にはまた別の景色が、、<br /><br />案内板もあり、、

    小屋の裏側にはまた別の景色が、、

    案内板もあり、、

  • これから向かうセストの案内板を確認<br />セストまで3時間とあります。<br /><br />ロカテルリ小屋(2405M)からセスト・フィシュカリーナ<br />(1454M)まで降るので、約1000Mの標高差です。

    これから向かうセストの案内板を確認
    セストまで3時間とあります。

    ロカテルリ小屋(2405M)からセスト・フィシュカリーナ
    (1454M)まで降るので、約1000Mの標高差です。

  • 小屋近くからの風景です、、

    小屋近くからの風景です、、

  • とにかく、歩き始めました。<br /><br />後ろを振り返って、ロカテルリ小屋ともお別れ、、

    とにかく、歩き始めました。

    後ろを振り返って、ロカテルリ小屋ともお別れ、、

  • どんどん小さくなっていきます、、

    どんどん小さくなっていきます、、

  • 案内板どおりの102の道を進む、、

    案内板どおりの102の道を進む、、

  • 案外歩きやすい道でした。

    案外歩きやすい道でした。

  • めったにハイカーには会いませんでしたが、、<br /><br />逆から登ってくる人もおりました。

    めったにハイカーには会いませんでしたが、、

    逆から登ってくる人もおりました。

  • 景色のいいところです、、

    景色のいいところです、、

  • かなり降りてきました、、<br /><br />川原に遭遇、、川の水で顔を洗い、<br />リフレッシュ!!

    かなり降りてきました、、

    川原に遭遇、、川の水で顔を洗い、
    リフレッシュ!!

  • 道は平たんになりました。

    道は平たんになりました。

  • 103の道との分岐点に到着

    103の道との分岐点に到着

  • しばらく歩くと山小屋が現れ、、<br /><br />Rif.al.Fonde Valle です。

    しばらく歩くと山小屋が現れ、、

    Rif.al.Fonde Valle です。

  • ひょうきんなおじさんがお出むかえです。

    ひょうきんなおじさんがお出むかえです。

  • 多くの人がおりましたが、登山客というより<br />セストからの観光客のようです。<br />親子ずれなどもいましたので、、

    多くの人がおりましたが、登山客というより
    セストからの観光客のようです。
    親子ずれなどもいましたので、、

  • ここでのんびり大休止!<br />冷たいコーラをいただきました。

    ここでのんびり大休止!
    冷たいコーラをいただきました。

  • 案内板もしっかりあります。

    案内板もしっかりあります。

  • さらに歩き始めます、、

    さらに歩き始めます、、

  • 車止めでしょうか、、

    車止めでしょうか、、

  • もう里という感じで、ホテルも見えてきました。

    もう里という感じで、ホテルも見えてきました。

  • 花壇を見つけて、、

    花壇を見つけて、、

  • 別の角度からぱちり!!

    別の角度からぱちり!!

  • ここは、フィスカリーナ(Fiscalina)という所で、<br />のんびり散策するにはいいところです。

    ここは、フィスカリーナ(Fiscalina)という所で、
    のんびり散策するにはいいところです。

  • さらに歩いてもいいのですが、、<br /><br />運よく、セスト行きのバスが来たので乗車。

    さらに歩いてもいいのですが、、

    運よく、セスト行きのバスが来たので乗車。

  • モースキルヘのバス停に戻ってきました。<br /><br />ホテルはすぐです。

    モースキルヘのバス停に戻ってきました。

    ホテルはすぐです。

  • 今晩の夕食は、、<br /><br />前菜サラダはバイキングスタイルではなく、<br />盛り付けられたお皿が来ました。<br /><br />自分で盛るより、ちょっとエレガントですかね?

    今晩の夕食は、、

    前菜サラダはバイキングスタイルではなく、
    盛り付けられたお皿が来ました。

    自分で盛るより、ちょっとエレガントですかね?

  • お豆のスープも美味です

    お豆のスープも美味です

  • ホテルの料理はとても素晴らしかったです。<br /><br />典型的なチロル風料理ではなく、量も少なめで<br />食べやすく、ちょっとしたオーベルジュという<br />雰囲気のホテルです。<br /><br />ホテルの名前は HOTEL TRE CIME<br />              (HOTEL DREI ZINNEN) です。<br /><br />部屋もいいし、庭も広くプールもあります。<br />おすすめのホテルです。

    ホテルの料理はとても素晴らしかったです。

    典型的なチロル風料理ではなく、量も少なめで
    食べやすく、ちょっとしたオーベルジュという
    雰囲気のホテルです。

    ホテルの名前は HOTEL TRE CIME
    (HOTEL DREI ZINNEN) です。

    部屋もいいし、庭も広くプールもあります。
    おすすめのホテルです。

この旅行記のタグ

23いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • jun1さん 2015/09/12 23:50:42
    はじめまして。
    ももんたさん、こんばんは。

    私がトレ・チーメで会って、帰りのバスでも会って話した、日本語の上手な英国人(小田原に在住)がセストから登ってきたと話してたので、セストってどんなところかなぁと思ってたのです。

    68歳とか言ってたかな? セストから整備された道とはいえ、約1000mを登ってきたんですね。

    この辺も素敵なところですね。
    ももんたさんの旅行記で知ることが出来、嬉しくて書き込みさせていただきました。

    今年、初ドロミテでしたが、ももんたさんが何度も、行くほどドロミテは素敵な所なのですね☆

    jun1


    ももんた

    ももんたさん からの返信 2015/09/13 14:57:24
    RE: はじめまして。

    jun1さん、こんにちは。

    ご連絡ありがとうございました。

    セストはとても素敵なところです。

    トレ・チーメからの下りでしたが、何とか無事に歩けました。
    セストはまた行きたいところです。

    チロルやドロミテ、南ドイツの山々をのんびり歩くのが好きです。
    帰ってきたばかりで、もう来年はどこにしようかなどと考えてます。

    jun1さんも、とても素晴らしい旅をされているようですね。
    旅行記を改めて拝見しました。

    パソコン音痴で、4トラベル新参者ですが、よろしくお願いします。

    jun1さんをフォローしましたので、ご了承願います。







    > ももんたさん、こんばんは。
    >
    > 私がトレ・チーメで会って、帰りのバスでも会って話した、日本語の上手な英国人(小田原に在住)がセストから登ってきたと話してたので、セストってどんなところかなぁと思ってたのです。
    >
    > 68歳とか言ってたかな? セストから整備された道とはいえ、約1000mを登ってきたんですね。
    >
    > この辺も素敵なところですね。
    > ももんたさんの旅行記で知ることが出来、嬉しくて書き込みさせていただきました。
    >
    > 今年、初ドロミテでしたが、ももんたさんが何度も、行くほどドロミテは素敵な所なのですね☆
    >
    > jun1
    >
    >
    >
  • batfishさん 2015/09/12 19:43:48
    おつかれさまでした!
    ももんたさん こんばんは!

    トレチメ半周〜セストへ下山コースよいですね!
    私も次に行く機会があったら歩いてみたいです。
    でも標高差1000mは結構膝にきそうです…

    それにしても、トレチメコースはすごい混雑ですね。
    この日(7月18日)はすごくよいお天気の日で
    なかなか雲が湧かなかったと覚えています。
    なので結構待ちに待った方が多かったのかもしれないですね。
    ドライツィンネンヒュッテで演奏(+ダンス)があったから
    もあるのでしょうか(^^)

    セストでのお宿もよさそうですね。
    ちょっと街中から離れている分、景色が抜群によいですね。
    食事も上品で美味しそうです。

    続きも楽しみにしています!

    batfish

    ももんた

    ももんたさん からの返信 2015/09/12 20:27:37
    RE: おつかれさまでした!
    batfishさん、こんばんは。

    標高差1000mはちょっときついですが道はよく整備されており
    ゆっくり歩けば大丈夫です。特に難所はありません。

    ホテルは、とてもよかったです、写真は撮りませんでしたが
    バスタブも余裕ありで、洗面所・トイレなどもいい感じでした。

    オナーのおばあさんとも親しく話が合いお友達気分でした。
    ハイキングに行くときには、無料でミネラルウオーターを
    くれました。

    お料理は日本人に合った量で、食べ終わると、頃合いを見て、
    次のお皿を持ってきてくれて、よく気がきいてました。

    ツインルームで2泊3日 1泊あたり1人111ユーロ
    約1万5千円くらいでしたが、、、

    このような場所でのんびり過ごすのも至福のひとときですが
    あわただしく3泊4日が過ぎてしまいました。

    それでは、また、、、


    > ももんたさん こんばんは!
    >
    > トレチメ半周〜セストへ下山コースよいですね!
    > 私も次に行く機会があったら歩いてみたいです。
    > でも標高差1000mは結構膝にきそうです…
    >
    > それにしても、トレチメコースはすごい混雑ですね。
    > この日(7月18日)はすごくよいお天気の日で
    > なかなか雲が湧かなかったと覚えています。
    > なので結構待ちに待った方が多かったのかもしれないですね。
    > ドライツィンネンヒュッテで演奏(+ダンス)があったから
    > もあるのでしょうか(^^)
    >
    > セストでのお宿もよさそうですね。
    > ちょっと街中から離れている分、景色が抜群によいですね。
    > 食事も上品で美味しそうです。
    >
    > 続きも楽しみにしています!
    >
    > batfish
    >

ももんたさんのトラベラーページ

ももんたさんの関連旅行記

ももんたさんの旅行記一覧

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集