トビリシ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
カタール航空で羽田からトビリシ(ドーハ・バクー経由)→<br />ズグディディ→【イングリ】→スフミ(アブハジア)→<br />【イングリ】→メスティア→クタイシ→トビリシ<br /><br />グルジア料理をニューヨークで2001年に初めて食べて以来、ずっと気になっていたグルジア。そして、2011年にウクライナの旅の時(4トラベルに旅行記あり)ふたたび本格的なグルジア料理に出会い、次の旅行は、絶対ジョージア(グルジア)に行こうと決めていました。到着早々、夜の工事現場に落っこちて、右足ふとももを強打(パート1参照)。町歩きがだんだんキツくなるので、歩き時間を少しでも減らそうと、トビリシをまだ満喫しきらないまま世界遺産のムツヘタへ。しかし、マルシュートカの狭い椅子が、さらに足の痛みを悪化!これは温泉しかないと、湯船に浸かれるという風呂を目指す!果たして、足の痛みは和らぐのだろうか!

ジョージア(グルジア)と未承認国家アブハジアの旅2 〜トビリシの温泉は効くのか?〜

19いいね!

2015/06/28 - 2015/06/29

75位(同エリア224件中)

0

68

Hiro Kay

Hiro Kayさん

カタール航空で羽田からトビリシ(ドーハ・バクー経由)→
ズグディディ→【イングリ】→スフミ(アブハジア)→
【イングリ】→メスティア→クタイシ→トビリシ

グルジア料理をニューヨークで2001年に初めて食べて以来、ずっと気になっていたグルジア。そして、2011年にウクライナの旅の時(4トラベルに旅行記あり)ふたたび本格的なグルジア料理に出会い、次の旅行は、絶対ジョージア(グルジア)に行こうと決めていました。到着早々、夜の工事現場に落っこちて、右足ふとももを強打(パート1参照)。町歩きがだんだんキツくなるので、歩き時間を少しでも減らそうと、トビリシをまだ満喫しきらないまま世界遺産のムツヘタへ。しかし、マルシュートカの狭い椅子が、さらに足の痛みを悪化!これは温泉しかないと、湯船に浸かれるという風呂を目指す!果たして、足の痛みは和らぐのだろうか!

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
5.0
グルメ
3.5
交通
4.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 朝6時に起きる。足は、痛いままで階段降りるのも一苦労。が、まあなんとかなるかと7時頃に宿を出て、徒歩10分はかかる地下鉄の最寄駅「マルジャニシュビリ 」へ向かう。旅行しに来たんだから歩かなきゃしょうがない。土曜日の朝なので、人気がないです。

    朝6時に起きる。足は、痛いままで階段降りるのも一苦労。が、まあなんとかなるかと7時頃に宿を出て、徒歩10分はかかる地下鉄の最寄駅「マルジャニシュビリ 」へ向かう。旅行しに来たんだから歩かなきゃしょうがない。土曜日の朝なので、人気がないです。

  • 人を発見と思ったら、裸のおじちゃんがベランダで黄昏てました。旧市街の写真とか見ていただければわかりますが、この街の住居には、個性的なベランダがたくさんあります。実際に多くのグルジア人がこうやって黄昏てるのをよく見ました。大好きなんでしょう。なんかいいですよね。

    人を発見と思ったら、裸のおじちゃんがベランダで黄昏てました。旧市街の写真とか見ていただければわかりますが、この街の住居には、個性的なベランダがたくさんあります。実際に多くのグルジア人がこうやって黄昏てるのをよく見ました。大好きなんでしょう。なんかいいですよね。

  • 歩いているとよく家に葉っぱが絡まっているんですが、それをよく見ると葡萄がなってる!!さすがワイン発祥を自称する国だけあると、ちょっと感動!こんな街中でも、いくつもの葡萄をあちこちでみました。これでワインとか作っちゃいそうです。

    歩いているとよく家に葉っぱが絡まっているんですが、それをよく見ると葡萄がなってる!!さすがワイン発祥を自称する国だけあると、ちょっと感動!こんな街中でも、いくつもの葡萄をあちこちでみました。これでワインとか作っちゃいそうです。

  • 駅に近くなると、こんながんばってる建物に出くわします。でも、これは、昨日見たヨーローバ広場にあるようなウニャっとした建物よりずっと好感持てます。例のベランダをモダンに表現して、グルジアらしさをだしてるじゃないですか。こういうのがいくつかあるのは、いいと思います。たくさんあったら嫌だけど。

    駅に近くなると、こんながんばってる建物に出くわします。でも、これは、昨日見たヨーローバ広場にあるようなウニャっとした建物よりずっと好感持てます。例のベランダをモダンに表現して、グルジアらしさをだしてるじゃないですか。こういうのがいくつかあるのは、いいと思います。たくさんあったら嫌だけど。

  • これは、旧市街にあった新しいっぽいベランダ。これなんか色あいも気にしていながら、今っぽさを表現していて面白いと思います。

    これは、旧市街にあった新しいっぽいベランダ。これなんか色あいも気にしていながら、今っぽさを表現していて面白いと思います。

  • とにかく、この人たちは、ベランダが大好きなんだなと思いました。

    とにかく、この人たちは、ベランダが大好きなんだなと思いました。

  • 例え、家がベランダの重みでくずれそうになっても、「うちのベランダは、家で一番大事なんじゃい!」とかいって、どんなにボロくても修復するお金がなくても、家が倒れるまでずっと使い続けるような気がします。ベランダ巡りするだけでも、トビリシは楽しいかも。

    例え、家がベランダの重みでくずれそうになっても、「うちのベランダは、家で一番大事なんじゃい!」とかいって、どんなにボロくても修復するお金がなくても、家が倒れるまでずっと使い続けるような気がします。ベランダ巡りするだけでも、トビリシは楽しいかも。

  • 話がそれましたが、痛い足をひきづりやっとやってきました。駅前のヨーロッパ意識してますゾーン!そして、左手奥には。。。

    話がそれましたが、痛い足をひきづりやっとやってきました。駅前のヨーロッパ意識してますゾーン!そして、左手奥には。。。

  • パパブッシュも大好きかどうか知りませんが、日本では最近振るわない某ハンバーガーチェーン!ハチャプリバーガーとかあったら食べようと思ってたけど、メニューほぼ一緒なので入りませんでした。でも、必ずどこでも一等地にありましたね。そして、建物はだいたい黒を基調にして、すごく綺麗でオシャレな感じしてましてました。

    パパブッシュも大好きかどうか知りませんが、日本では最近振るわない某ハンバーガーチェーン!ハチャプリバーガーとかあったら食べようと思ってたけど、メニューほぼ一緒なので入りませんでした。でも、必ずどこでも一等地にありましたね。そして、建物はだいたい黒を基調にして、すごく綺麗でオシャレな感じしてましてました。

  • トビリシ初地下鉄!キエフやモスクワと一緒!このエスカレーター大好きです!日本帰って、エスカレーターに乗ると「これ動いてるの?」とか思うくらい早いです。

    トビリシ初地下鉄!キエフやモスクワと一緒!このエスカレーター大好きです!日本帰って、エスカレーターに乗ると「これ動いてるの?」とか思うくらい早いです。

  • 駅の看板には、わかりやすく英語でどっち方面行きか、すべての駅名が表記してあるので簡単です。駅のホームのどんつきに行くと。。。

    駅の看板には、わかりやすく英語でどっち方面行きか、すべての駅名が表記してあるので簡単です。駅のホームのどんつきに行くと。。。

  • どーん!インパクトある顔のおいちゃんの銅像。ちょっとソビエトチックで惚れました。この写真を撮ってたらホームにいたばあちゃんと警察官がグルジア語で色々教えてくれましたが、意味がさっぱりわかりません。(笑)ただ、テアトロって言っていたので、劇場関係かなとは思っていたら、あとで調べたらこの駅名「マルジャニシュビリ 」は、劇作家の名前でした。でも、ここでこの2人の方に声をかけられたおかげで、ジョージア人への警戒心がほぼなくなりました。都心でこんなにほのぼの話かけられるんなら、絶対みんな親切だと!

    どーん!インパクトある顔のおいちゃんの銅像。ちょっとソビエトチックで惚れました。この写真を撮ってたらホームにいたばあちゃんと警察官がグルジア語で色々教えてくれましたが、意味がさっぱりわかりません。(笑)ただ、テアトロって言っていたので、劇場関係かなとは思っていたら、あとで調べたらこの駅名「マルジャニシュビリ 」は、劇作家の名前でした。でも、ここでこの2人の方に声をかけられたおかげで、ジョージア人への警戒心がほぼなくなりました。都心でこんなにほのぼの話かけられるんなら、絶対みんな親切だと!

  • で、駅から向かったのは、トビリシの南のはずれにある「サムゴリ」です。ここには、トビリシの中央駅前なみの大きな市場があります。実は、ズボンを日本でダメにしていたので、物価の安いこっちで買おうと思っていたのです。まずは、それをすませてしまおうと、個人的な買い物。まだ8時前後だったので、市場は準備前くらいな雰囲気でごったがえしています。

    で、駅から向かったのは、トビリシの南のはずれにある「サムゴリ」です。ここには、トビリシの中央駅前なみの大きな市場があります。実は、ズボンを日本でダメにしていたので、物価の安いこっちで買おうと思っていたのです。まずは、それをすませてしまおうと、個人的な買い物。まだ8時前後だったので、市場は準備前くらいな雰囲気でごったがえしています。

    トビリシ メトロ 鉄道系(地下鉄・モノレールなど)

  • ズボンは、5ラリ〜10ラリで3着も買ってしまいました。で、ホクホク顔で大好きな食べモノ関係の市場へGO!

    ズボンは、5ラリ〜10ラリで3着も買ってしまいました。で、ホクホク顔で大好きな食べモノ関係の市場へGO!

  • この国の料理にかかせないハーブ系の緑もの。コリアンダー、バジル、ディルは、だいたいいつどこでも発見し、その香りがたまりません!町を歩いていると、よくこのあたりのハーブの匂いがして、気持ちの良い気分になります。

    この国の料理にかかせないハーブ系の緑もの。コリアンダー、バジル、ディルは、だいたいいつどこでも発見し、その香りがたまりません!町を歩いていると、よくこのあたりのハーブの匂いがして、気持ちの良い気分になります。

  • まだ始まる前です。日本みたいに5時からとかではないんですね。クタイシの市場へ行ったとき分かったのですが、とにかくこの国の人たちの食材へのこだわりは、すごいです。それは、また後ほど。

    まだ始まる前です。日本みたいに5時からとかではないんですね。クタイシの市場へ行ったとき分かったのですが、とにかくこの国の人たちの食材へのこだわりは、すごいです。それは、また後ほど。

  • まだ解体前です。

    まだ解体前です。

  • 魚も結構色々な種類を販売していました。他の料理で手一杯で、この旅行では口にできませんでしたが。

    魚も結構色々な種類を販売していました。他の料理で手一杯で、この旅行では口にできませんでしたが。

  • 鳥の色がいつもこの黄色で、この形で売っていました。色がきついので市場で目を引きます。

    鳥の色がいつもこの黄色で、この形で売っていました。色がきついので市場で目を引きます。

  • お母ちゃんが子供たちに餌をあげています。

    お母ちゃんが子供たちに餌をあげています。

  • 犬も餌を欲しいとおねだり目線。

    犬も餌を欲しいとおねだり目線。

  • パンも色々あったけど、お腹にたまるからなるべく食べなかった。食べたかった。。。

    パンも色々あったけど、お腹にたまるからなるべく食べなかった。食べたかった。。。

  • ピクルスも買いたかったけど、これは流石に持って帰れないですしね。酸味の匂いがそそります。

    ピクルスも買いたかったけど、これは流石に持って帰れないですしね。酸味の匂いがそそります。

  • お約束の「チュルチュヘラ」。

    お約束の「チュルチュヘラ」。

  • そんなのを見てるうちに、お腹も空いたので、市場の奥まったところに食堂があったので、現地の朝飯をいただきます。「シーラ」という牛肉のリゾット(粥?)っぽい料理。これが、ただのシンプルな味付けと思いきや、八角のようなスパイスが効いていて独特の旨味を醸し出しています。たかが朝食のお粥でも、この味に対するこだわりがすごい。だいたい、こういうものは、塩かけて終わりだけど、グルジア料理はそこで終わらせないんだよなあ。ちなみに飲み物は、コニャック(笑)これで3.5ラリ(200円)。<br />

    そんなのを見てるうちに、お腹も空いたので、市場の奥まったところに食堂があったので、現地の朝飯をいただきます。「シーラ」という牛肉のリゾット(粥?)っぽい料理。これが、ただのシンプルな味付けと思いきや、八角のようなスパイスが効いていて独特の旨味を醸し出しています。たかが朝食のお粥でも、この味に対するこだわりがすごい。だいたい、こういうものは、塩かけて終わりだけど、グルジア料理はそこで終わらせないんだよなあ。ちなみに飲み物は、コニャック(笑)これで3.5ラリ(200円)。

  • なんで朝からと思うかも知れませんが、お隣のテーブルが飲んだ方が良いぞとオススメされたからです。

    なんで朝からと思うかも知れませんが、お隣のテーブルが飲んだ方が良いぞとオススメされたからです。

  • そして、始まるジョージア名物「ガーマルジョス(乾杯)」です!

    そして、始まるジョージア名物「ガーマルジョス(乾杯)」です!

  • この大きな右の方がタマダ(乾杯の音頭をとる方)が、何度も語りを入れながら、祝杯をあげるようにガンガン飲んでいきます。みんなは、イッキなのでコニャックのボトル一本がものの10分くらいで空いてしまいました。私は、さすがにちょびちょび。。。

    この大きな右の方がタマダ(乾杯の音頭をとる方)が、何度も語りを入れながら、祝杯をあげるようにガンガン飲んでいきます。みんなは、イッキなのでコニャックのボトル一本がものの10分くらいで空いてしまいました。私は、さすがにちょびちょび。。。

  • 一応、最後は、一杯丸々イッキして盛り上げて去ることにしました。ここにいたら、すぐにぶっ倒れます。(笑)でも、すっげえ楽しかったです。このノリがジョージアなんだと!

    一応、最後は、一杯丸々イッキして盛り上げて去ることにしました。ここにいたら、すぐにぶっ倒れます。(笑)でも、すっげえ楽しかったです。このノリがジョージアなんだと!

  • このあと、宿に戻る前にカフェで酔いを醒ますのですが、そこで落ち着いたら、なんか足の痛みが悪化!もう町歩きする余裕がないことに気づく。なので、急遽トビリシ見学をやめて、少しでも休めるようにとマルシュートカ(乗り合いバス)に乗る時間を作って足を休ませようと。で、世界遺産に登録されているムツヘタ行きを決める。そのマルシュ(以後このように省略)が出発するというディドベ駅へ。

    このあと、宿に戻る前にカフェで酔いを醒ますのですが、そこで落ち着いたら、なんか足の痛みが悪化!もう町歩きする余裕がないことに気づく。なので、急遽トビリシ見学をやめて、少しでも休めるようにとマルシュートカ(乗り合いバス)に乗る時間を作って足を休ませようと。で、世界遺産に登録されているムツヘタ行きを決める。そのマルシュ(以後このように省略)が出発するというディドベ駅へ。

    ディドベ バスステーション バス系

  • 初めてくるとかなりゴチャゴチャしていて分かりにくいです。駅を出るとタクシーの運ちゃんの客引きにあいます。でも、歌舞伎町みたいにしつこくないのが可愛いです。

    初めてくるとかなりゴチャゴチャしていて分かりにくいです。駅を出るとタクシーの運ちゃんの客引きにあいます。でも、歌舞伎町みたいにしつこくないのが可愛いです。

    ディドベ バスステーション バス系

  • ムツヘタ行きは、パーキングを一つ越えたあたりで、切符売り場で切符を買えます。(1ラリ・50円)一番わかりやすいです。マルシュの運ちゃんに地名を言えば、すぐ教えてくれるので楽ちんです。ジョージア人は、あまり嘘をつかないので本当に楽に旅行できます。

    ムツヘタ行きは、パーキングを一つ越えたあたりで、切符売り場で切符を買えます。(1ラリ・50円)一番わかりやすいです。マルシュの運ちゃんに地名を言えば、すぐ教えてくれるので楽ちんです。ジョージア人は、あまり嘘をつかないので本当に楽に旅行できます。

  • ちなみに1時間もかからずにつきます。ずっと乗っていると町外れに行きそうだったので、中心っぽいところでおりました。なんかこんな感じの品の良い町です。世界遺産なんで綺麗にしたんでしょうなあ。。。教会を目指します。

    ちなみに1時間もかからずにつきます。ずっと乗っていると町外れに行きそうだったので、中心っぽいところでおりました。なんかこんな感じの品の良い町です。世界遺産なんで綺麗にしたんでしょうなあ。。。教会を目指します。

    ムツヘタの文化財群 史跡・遺跡

  • 1、2分歩くとこんな広場に。右手がインフォ。ここの方が、日本人と言ったらすごく贔屓にしてくれました。ジョージア人は、基本日本贔屓です。ちなみに、この日は、韓国の団体さんがたくさん来てたので、始めは韓国人と思ったみたいです。日本人とわかると色々資料を裏から出してくれて、日本話に花が咲きました。

    1、2分歩くとこんな広場に。右手がインフォ。ここの方が、日本人と言ったらすごく贔屓にしてくれました。ジョージア人は、基本日本贔屓です。ちなみに、この日は、韓国の団体さんがたくさん来てたので、始めは韓国人と思ったみたいです。日本人とわかると色々資料を裏から出してくれて、日本話に花が咲きました。

    ムツヘタの文化財群 史跡・遺跡

  • その前にある教会。スヴェティツホヴェリ大聖堂です。

    その前にある教会。スヴェティツホヴェリ大聖堂です。

    スヴェティ ツホヴェリ大聖堂 寺院・教会

  • さすがに世界遺産に選ばれるだけあって、立派で荘厳です!奥のキリストの像がインパクトあって良いです。やはり来る価値ある場所です。

    さすがに世界遺産に選ばれるだけあって、立派で荘厳です!奥のキリストの像がインパクトあって良いです。やはり来る価値ある場所です。

    スヴェティ ツホヴェリ大聖堂 寺院・教会

  • みんなすごく信心深いです。キエフでも、みんな聖者やキリストのイコンにキスするのは、ここも一緒です。衛生面を気にしてしまうのは、日本人だからですかね。。。

    みんなすごく信心深いです。キエフでも、みんな聖者やキリストのイコンにキスするのは、ここも一緒です。衛生面を気にしてしまうのは、日本人だからですかね。。。

    スヴェティ ツホヴェリ大聖堂 寺院・教会

  • 教会をまわるだけでも実は、足がすごく痛いのです。もう本当にこんな状態で旅するって、生まれて初めて。しかも初日からです!この写真撮っているときは、本当にどうするか悩んでいるときです。

    教会をまわるだけでも実は、足がすごく痛いのです。もう本当にこんな状態で旅するって、生まれて初めて。しかも初日からです!この写真撮っているときは、本当にどうするか悩んでいるときです。

  • お土産屋がこれでもかと、教会の外には並んでいます。ジョージアで一番観光地臭プンプンの場所です。でも、落ち着いて回れて良い場所です。看板娘が客引きしてるわけでもなく。

    お土産屋がこれでもかと、教会の外には並んでいます。ジョージアで一番観光地臭プンプンの場所です。でも、落ち着いて回れて良い場所です。看板娘が客引きしてるわけでもなく。

  • このスカーフが、なかなかユニークでしたが、なんか見た目の割には、えらい高くて買いませんでした。

    このスカーフが、なかなかユニークでしたが、なんか見た目の割には、えらい高くて買いませんでした。

  • 一緒に世界遺産に登録されているジュヴァリ修道院が見えます。足が痛くなければ登ってたかもしれないけど、この時点ではあり得ない選択肢で、呆然としてます。

    一緒に世界遺産に登録されているジュヴァリ修道院が見えます。足が痛くなければ登ってたかもしれないけど、この時点ではあり得ない選択肢で、呆然としてます。

  • 街中で、牛が繋がれていてのどかだなあと思っていたら、紐がはずれていて、町の方へこのあと歩いて行ってしまいました。大丈夫か?(とこの時は思っていましたが、後にこの状況について理解します)

    街中で、牛が繋がれていてのどかだなあと思っていたら、紐がはずれていて、町の方へこのあと歩いて行ってしまいました。大丈夫か?(とこの時は思っていましたが、後にこの状況について理解します)

  • 教会の裏にまわると観光バスが泊まる立派な駐車場が。どうやらこちらから来るのが、一般の観光客のようです。教会へ通じる道には、いかにも観光チックなレストランやお土産屋さんが。まったく。。。

    教会の裏にまわると観光バスが泊まる立派な駐車場が。どうやらこちらから来るのが、一般の観光客のようです。教会へ通じる道には、いかにも観光チックなレストランやお土産屋さんが。まったく。。。

  • と思いきや、またもやかわいい看板娘が登場してしまい、案の定ワインとかチャチャとか「あ、じゃあ飲もうかなあ。。。」と興味ないふりしながら飲んじゃいます。ジョージアは、おじさんおばさんは、英語はからっきしなのですが、若い子は結構しゃべれるので、コミュニケーション取れるから良いです。

    と思いきや、またもやかわいい看板娘が登場してしまい、案の定ワインとかチャチャとか「あ、じゃあ飲もうかなあ。。。」と興味ないふりしながら飲んじゃいます。ジョージアは、おじさんおばさんは、英語はからっきしなのですが、若い子は結構しゃべれるので、コミュニケーション取れるから良いです。

  • チャチャは、ようはグラッパです。なかなか悪くない味でした。普通は、イッキみたいです。ゆっくり飲んでお姉さんと話す!

    チャチャは、ようはグラッパです。なかなか悪くない味でした。普通は、イッキみたいです。ゆっくり飲んでお姉さんと話す!

  • インフォで聞いたオススメレストランは、この観光チックなレストランでした。でも、入り口でパンを焼いていてすごく力入っています。(観光バス駐車場から入ってすぐ右手の店)

    インフォで聞いたオススメレストランは、この観光チックなレストランでした。でも、入り口でパンを焼いていてすごく力入っています。(観光バス駐車場から入ってすぐ右手の店)

  • なので、ここのパンは、ふっかふかです!めちゃうまいす!

    なので、ここのパンは、ふっかふかです!めちゃうまいす!

  • さて!グルジア料理です!この店のメインは、シャシリク系のものだったので、それをさけて一番高くて調理されているっぽいものを頼みます。「シュクメルーリ」というミルクとガーリックのスープにチキンが骨付でがっつり入っています。これ、1羽分くらい入ってたっぽい。確か16ラリ。味は、美味しいけどワイルドな味ですね。スパイスとか効いてない料理です。ちなみに、この店とさっきのチャチャの店で赤ワイン(サペラヴィ)を飲みましたが不味いです!非常に質が悪いので、ワイン飲むならボトルをオススメします。この旅でこの町のものが唯一不味いワインでした。でも、出て来たパンは、この店がベストでした。

    さて!グルジア料理です!この店のメインは、シャシリク系のものだったので、それをさけて一番高くて調理されているっぽいものを頼みます。「シュクメルーリ」というミルクとガーリックのスープにチキンが骨付でがっつり入っています。これ、1羽分くらい入ってたっぽい。確か16ラリ。味は、美味しいけどワイルドな味ですね。スパイスとか効いてない料理です。ちなみに、この店とさっきのチャチャの店で赤ワイン(サペラヴィ)を飲みましたが不味いです!非常に質が悪いので、ワイン飲むならボトルをオススメします。この旅でこの町のものが唯一不味いワインでした。でも、出て来たパンは、この店がベストでした。

  • 足が痛い。。。もう帰りたくなったので、マルシュを探します。向こうに面白そうな砦が見えるけど、もう行けない。。。

    足が痛い。。。もう帰りたくなったので、マルシュを探します。向こうに面白そうな砦が見えるけど、もう行けない。。。

  • マルシュ近くの廃墟。足痛くなければ、建物入って写真とか撮るけど、階段登るのが苦痛です。。。

    マルシュ近くの廃墟。足痛くなければ、建物入って写真とか撮るけど、階段登るのが苦痛です。。。

  • というわけで、トビリシに早々と帰ってきました。しかし、宿に戻っても気が滅入るだけ。。。じゃあ、あまり歩かないように博物館とか行ってみるかなと。自由広場へ。

    というわけで、トビリシに早々と帰ってきました。しかし、宿に戻っても気が滅入るだけ。。。じゃあ、あまり歩かないように博物館とか行ってみるかなと。自由広場へ。

    自由広場 広場・公園

  • 自由広場駅からすぐのところにある国立博物館。国の歴史や成り立ちなど。キエフにあったものとなんかにてます。出土品とかが同じようなものが多くありました。でも、こっちの方が展示が少ないかな。面白いのは、その3階にあるソビエト占領博物館!見よ、この暗いおどろおどろしさ!

    自由広場駅からすぐのところにある国立博物館。国の歴史や成り立ちなど。キエフにあったものとなんかにてます。出土品とかが同じようなものが多くありました。でも、こっちの方が展示が少ないかな。面白いのは、その3階にあるソビエト占領博物館!見よ、この暗いおどろおどろしさ!

    国立博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  • 当然、明後日行くアブハジア共和国のことも書かれています。イイネ!

    当然、明後日行くアブハジア共和国のことも書かれています。イイネ!

  • 博物館を見学しただけで、もう足の痛みで疲れちゃう。この八方塞がり感をどうすべきかと、この能天気な銅像を見ながら考えてます。夜は、観劇だなとネズミランドぽいと言っていたジョージアの人形劇を見に行くことにしました。15時くらいで、20時開演のチケットが一席しか残ってなかった。危ないとこでした。

    博物館を見学しただけで、もう足の痛みで疲れちゃう。この八方塞がり感をどうすべきかと、この能天気な銅像を見ながら考えてます。夜は、観劇だなとネズミランドぽいと言っていたジョージアの人形劇を見に行くことにしました。15時くらいで、20時開演のチケットが一席しか残ってなかった。危ないとこでした。

  • さらに、「よし、身体に良いことをしよう!」と温泉を目指すことにした。ただ地下鉄の駅が近くにないので、歩くしかない。タクシーは、使いたくないし、マルシュは、まだ慣れてないし。旧市街を南下して突っ切ります!

    さらに、「よし、身体に良いことをしよう!」と温泉を目指すことにした。ただ地下鉄の駅が近くにないので、歩くしかない。タクシーは、使いたくないし、マルシュは、まだ慣れてないし。旧市街を南下して突っ切ります!

  • 建物を楽しみながら。

    建物を楽しみながら。

  • 猫に癒されながら。

    猫に癒されながら。

  • 猫にゃあ。

    猫にゃあ。

  • やはり一気に南下は、厳しかった。足を休ませるためにその中間地点でカフェる。

    やはり一気に南下は、厳しかった。足を休ませるためにその中間地点でカフェる。

  • 昨日とは違う店で。お昼が、ボリューミーだったので、夜はさっぱりとフルーツカクテルで終わらせます。

    昨日とは違う店で。お昼が、ボリューミーだったので、夜はさっぱりとフルーツカクテルで終わらせます。

  • しばしの休憩のあと、温泉街到着。

    しばしの休憩のあと、温泉街到着。

  • 例のハンマームの上では、子供達が遊び、結婚式の二次会っぽい人たちが記念写真を撮ってました。たのしそうだなあ。身体が五体満足って羨ましいなあって思いながらみてます。

    例のハンマームの上では、子供達が遊び、結婚式の二次会っぽい人たちが記念写真を撮ってました。たのしそうだなあ。身体が五体満足って羨ましいなあって思いながらみてます。

    浴場 エンターテイメント

  • 先ほどのハンマームは、湯船のないやつらしいので、湯船のある公衆浴場へ。ここは、調べ済みなのです。ハンマームの場所から坂をちょっと登ったあたりです。この建物の中。建物裏にも浴場があるみたいですが、そっちは公衆じゃない方っぽいです。

    先ほどのハンマームは、湯船のないやつらしいので、湯船のある公衆浴場へ。ここは、調べ済みなのです。ハンマームの場所から坂をちょっと登ったあたりです。この建物の中。建物裏にも浴場があるみたいですが、そっちは公衆じゃない方っぽいです。

  • 中に入るとこんな感じ。タオルも貸してくれます。(別料金)中には、カメラ持っていきません。みんな古鎮で歩きまわっています。タオルなどは持ち込みません。でも、深い湯船で、一時だけでも足の痛みを忘れることができました。

    中に入るとこんな感じ。タオルも貸してくれます。(別料金)中には、カメラ持っていきません。みんな古鎮で歩きまわっています。タオルなどは持ち込みません。でも、深い湯船で、一時だけでも足の痛みを忘れることができました。

  • しかし、所詮温泉は、その場しのぎにしかなりませんでした。。。もう観劇以外何もしたくない。。。というわけで、カフェでお水飲んだり、椅子に座ったりしながら、ゆっくり劇場に向かいます。

    しかし、所詮温泉は、その場しのぎにしかなりませんでした。。。もう観劇以外何もしたくない。。。というわけで、カフェでお水飲んだり、椅子に座ったりしながら、ゆっくり劇場に向かいます。

  • 何度もいいますが、20時でもこの明るさ。この時計塔の地下に劇場があります。

    何度もいいますが、20時でもこの明るさ。この時計塔の地下に劇場があります。

    マリオネット劇場 劇場・ホール・ショー

  • こんな感じの人形が微妙〜な動きをしながら、話が英語字幕つきで進みます。ロシア語は、翻訳装置を貸してくれます。遺産を手にいれるために結婚をするという悲恋な話ですが、コメディ仕立てです。多分、ジョージア語ならかなり楽しめる雰囲気なのですが、英語字幕が舞台のかなり天井近くにあるので、読むのと人形の動きについていくのが大変です。

    こんな感じの人形が微妙〜な動きをしながら、話が英語字幕つきで進みます。ロシア語は、翻訳装置を貸してくれます。遺産を手にいれるために結婚をするという悲恋な話ですが、コメディ仕立てです。多分、ジョージア語ならかなり楽しめる雰囲気なのですが、英語字幕が舞台のかなり天井近くにあるので、読むのと人形の動きについていくのが大変です。

  • 1時間半の舞台。もうね。痛いんです。長い時間座った方が悪化しました。この日の夜は、ちょっと真面目にトビリシにずっといようか考えたくらいです。まあ、タイトル見るとアブハジアまで行ったとわかっちゃいますが。。。この日は、本当に辛かったです。続く。

    1時間半の舞台。もうね。痛いんです。長い時間座った方が悪化しました。この日の夜は、ちょっと真面目にトビリシにずっといようか考えたくらいです。まあ、タイトル見るとアブハジアまで行ったとわかっちゃいますが。。。この日は、本当に辛かったです。続く。

この旅行記のタグ

関連タグ

19いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ジョージア (グルジア)で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ジョージア (グルジア)最安 780円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ジョージア (グルジア)の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集