成田旅行記(ブログ) 一覧に戻る
HondaJet N420HE 2015.5.1 成田空港<br /><br />ホンダジェット・ワールドツアーが4月23日(木)羽田空港での報道関係者へのお披露目、4/25仙台空港、4/26神戸空港、4/29熊本空港での一般展示に続き、この日はホンダ関係者への報告会が成田空港で行われました。<br /><br />空港での飛行展示(B滑走路・高度120m)、機体の地上展示、技術説明会などの見学内容についてブログにまとめて公開します。専門家ではないので私的なコメントは無しです。<br />画像の枚数が多くなりますが、関心のある方の参考となるように資料も含めて割愛せずに掲載します。<br />新聞・雑誌などの限られた紙面では掲載困難な技術的資料の映像・画像も含みます。<br />ホンダ広報の一助になれば望外の喜びです。<br /><br />★2015.12.10<br />アメリカ当局から型式証明を取得したとのニュースが放映・放送されました。<br /><br />撮影 CANON EOS40D EF-S17/85,EF-F55/250<br /> PowerShotA2300<br /><br />公式ウェブサイト<br />本田技研工業株式会社<br />http://www.honda.co.jp/<br />HondaJet World Tour in Japan 2015<br />http://www.honda.co.jp/jet/event2015/<br />HondaJet<br />http://www.honda.co.jp/jet/<br /><br />   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇    ◆   ◇   ◆   ◇    <br /><br />ホンダが1986年航空機の機体やエンジンの基礎研究を開始して以来29年で、ホンダジェットに携わってきたホンダ・エアクラフト・カンパニー藤野道格(ふじのみちまさ)社長をはじめ、パイロットWarren Gould機長・Tim Frazier機長、クルー、スタッフなど総勢17名の自信と喜びにあふれた笑顔での対応にはとても感激しました。<br /><br />今年8月5日が25回忌を迎えるホンダの創業者本田宗一郎(1906.11.17-1991.8.5)が空の上から見守っていてくれたと思います。<br />いつもの元気な声で「みんなが頑張ってくれたおかげで、俺の長年の夢が叶ったよ、ありがとう」と言ってるにちがいありません。<br />「素顔の本田宗一郎と社員たち/3代社長の3ショット (永久保存版)」<br />http://4travel.jp/travelogue/10484193<br /><br />航空機に関心の深い読者の参考に:<br />【アーカイブ映像】「HondaJet World Tour in Japan 2015」ー 羽田空港からライブ中継 ー2015/4/23実施<br />https://www.youtube.com/watch?v=ca5o77lLvQY<br /><br />N420HE HondaJet World Tour in Japan 2015 仙台空港 ホンダジェット離陸着陸 展示飛行 4月25日<br />https://www.youtube.com/watch?v=hJzkc1H8Ep8<br /><br />HondaJet World Tour in Japan 2015 神戸 展示飛行 4月26日<br />https://www.youtube.com/watch?v=hmK_TQRuMLg<br /><br />ホンダ・ジェット HondaJet by Honda / Flying Civic / Power of Dream<br />https://www.youtube.com/watch?v=E7NrlD08jLM<br /><br />ホンダジェットの革新⑥自動車と飛行機をつなぐ:映像:日本経済新聞<br />https://www.youtube.com/watch?v=QN-rwDnvtr0<br /><br />小さな旅 羽田飛行場とANA機体工場見学 Haneda Airport/ANA Airplane Maintenance Center<br />http://4travel.jp/travelogue/10744487<br /><br />入間航空祭2014/11/3 Aviation Festival in Iruma Air Base/Japan Air Self Defense Force<br />http://4travel.jp/travelogue/10948014<br /><br />入間航空祭2012 Aviation Festival in Iruma Air Base/Japan Air Self Defence Force<br />http://4travel.jp/travelogue/10722832<br /><br />横田基地日米友好祭 2014 JAPANESE-AMERICAN FRIENDSHIP FESTIVAL.YOKOTA AB<br />http://4travel.jp/travelogue/10927056<br /><br />横田基地で日米友好祭2012+2014オスプレイ Japanese-American Friendship Festival,Yokota Air Base<br />http://4travel.jp/travelogue/10698710<br /><br />お気に入りブログ投票(クリック)お願い<br />http://blog.with2.net/link.php?1581210<br />

HondaJet World Tour in Japan 2015 成田Narita 5.1

48いいね!

2015/05/01 - 2015/05/01

235位(同エリア2619件中)

0

154

yamada423

yamada423さん

HondaJet N420HE 2015.5.1 成田空港

ホンダジェット・ワールドツアーが4月23日(木)羽田空港での報道関係者へのお披露目、4/25仙台空港、4/26神戸空港、4/29熊本空港での一般展示に続き、この日はホンダ関係者への報告会が成田空港で行われました。

空港での飛行展示(B滑走路・高度120m)、機体の地上展示、技術説明会などの見学内容についてブログにまとめて公開します。専門家ではないので私的なコメントは無しです。
画像の枚数が多くなりますが、関心のある方の参考となるように資料も含めて割愛せずに掲載します。
新聞・雑誌などの限られた紙面では掲載困難な技術的資料の映像・画像も含みます。
ホンダ広報の一助になれば望外の喜びです。

★2015.12.10
アメリカ当局から型式証明を取得したとのニュースが放映・放送されました。

撮影 CANON EOS40D EF-S17/85,EF-F55/250
PowerShotA2300

公式ウェブサイト
本田技研工業株式会社
http://www.honda.co.jp/
HondaJet World Tour in Japan 2015
http://www.honda.co.jp/jet/event2015/
HondaJet
http://www.honda.co.jp/jet/

   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇   ◆   ◇    ◆   ◇   ◆   ◇

ホンダが1986年航空機の機体やエンジンの基礎研究を開始して以来29年で、ホンダジェットに携わってきたホンダ・エアクラフト・カンパニー藤野道格(ふじのみちまさ)社長をはじめ、パイロットWarren Gould機長・Tim Frazier機長、クルー、スタッフなど総勢17名の自信と喜びにあふれた笑顔での対応にはとても感激しました。

今年8月5日が25回忌を迎えるホンダの創業者本田宗一郎(1906.11.17-1991.8.5)が空の上から見守っていてくれたと思います。
いつもの元気な声で「みんなが頑張ってくれたおかげで、俺の長年の夢が叶ったよ、ありがとう」と言ってるにちがいありません。
「素顔の本田宗一郎と社員たち/3代社長の3ショット (永久保存版)」
http://4travel.jp/travelogue/10484193

航空機に関心の深い読者の参考に:
【アーカイブ映像】「HondaJet World Tour in Japan 2015」ー 羽田空港からライブ中継 ー2015/4/23実施
https://www.youtube.com/watch?v=ca5o77lLvQY

N420HE HondaJet World Tour in Japan 2015 仙台空港 ホンダジェット離陸着陸 展示飛行 4月25日
https://www.youtube.com/watch?v=hJzkc1H8Ep8

HondaJet World Tour in Japan 2015 神戸 展示飛行 4月26日
https://www.youtube.com/watch?v=hmK_TQRuMLg

ホンダ・ジェット HondaJet by Honda / Flying Civic / Power of Dream
https://www.youtube.com/watch?v=E7NrlD08jLM

ホンダジェットの革新⑥自動車と飛行機をつなぐ:映像:日本経済新聞
https://www.youtube.com/watch?v=QN-rwDnvtr0

小さな旅 羽田飛行場とANA機体工場見学 Haneda Airport/ANA Airplane Maintenance Center
http://4travel.jp/travelogue/10744487

入間航空祭2014/11/3 Aviation Festival in Iruma Air Base/Japan Air Self Defense Force
http://4travel.jp/travelogue/10948014

入間航空祭2012 Aviation Festival in Iruma Air Base/Japan Air Self Defence Force
http://4travel.jp/travelogue/10722832

横田基地日米友好祭 2014 JAPANESE-AMERICAN FRIENDSHIP FESTIVAL.YOKOTA AB
http://4travel.jp/travelogue/10927056

横田基地で日米友好祭2012+2014オスプレイ Japanese-American Friendship Festival,Yokota Air Base
http://4travel.jp/travelogue/10698710

お気に入りブログ投票(クリック)お願い
http://blog.with2.net/link.php?1581210

旅行の満足度
5.0
同行者
社員・団体旅行
交通手段
観光バス
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • HondaJetのピンバッジ   2015.5.11<br /><br />機体長さ 32mm(約1/406)<br /><br />HACI(ホンダ エアクラフト Co.)特製

    HondaJetのピンバッジ   2015.5.11

    機体長さ 32mm(約1/406)

    HACI(ホンダ エアクラフト Co.)特製

  • 秋津商店街  2015.5.1 7:48<br /><br />成田空港までバス移動のため、ホンダ和光ビルが集合場所の一つ(他は東京駅)、小手指から秋津(新秋津)、北朝霞(朝霞台)乗換で和光市まで。

    秋津商店街  2015.5.1 7:48

    成田空港までバス移動のため、ホンダ和光ビルが集合場所の一つ(他は東京駅)、小手指から秋津(新秋津)、北朝霞(朝霞台)乗換で和光市まで。

  • JR新秋津駅 7:52

    JR新秋津駅 7:52

  • 北朝霞・朝霞台 8:10

    北朝霞・朝霞台 8:10

  • 和光市駅 8:19

    和光市駅 8:19

  • ホンダ和光ビル入口 8:28

    ホンダ和光ビル入口 8:28

  • 酒々井P  11:05<br /><br />成田空港受付け準備が11時半以降との制限があるため、ここで長い休憩時間がありました。<br />支給されたサンドイッチ弁当をここで食べました。

    酒々井P  11:05

    成田空港受付け準備が11時半以降との制限があるため、ここで長い休憩時間がありました。
    支給されたサンドイッチ弁当をここで食べました。

  • HondaJet World Tour in Japan 2015

    HondaJet World Tour in Japan 2015

  • 和光 1号車

    和光 1号車

  • 東関東自動車道(湾岸市川・潮来)

    東関東自動車道(湾岸市川・潮来)

  • まもなく成田出口です。11:19

    まもなく成田出口です。11:19

  • 第2ターミナルビルに到着 11:29

    第2ターミナルビルに到着 11:29

  • 受付には身分証明書が必要です。

    受付には身分証明書が必要です。

  • 受付 11:38<br /><br />この受付で空港内移動のバスの号車を書いた赤いタグを受け取ります。

    受付 11:38

    この受付で空港内移動のバスの号車を書いた赤いタグを受け取ります。

  • 私は4号車で、展示飛行見学場所は低空飛行を見る滑走路の中央部付近でした。<br />一部の号車は離陸を見られる場所でした。

    私は4号車で、展示飛行見学場所は低空飛行を見る滑走路の中央部付近でした。
    一部の号車は離陸を見られる場所でした。

  • 新しくオープンした第3ターミナルはLCC(Low Cost Carrier)専用で建物も簡素で天井はありません。11:55

    新しくオープンした第3ターミナルはLCC(Low Cost Carrier)専用で建物も簡素で天井はありません。11:55

  • 待合室 12:12

    待合室 12:12

  • 空港内移動バスには空港関係者が同乗しました。

    空港内移動バスには空港関係者が同乗しました。

  • 展示飛行見学場所 13:32<br /><br />A滑走路中央付近南側

    展示飛行見学場所 13:32

    A滑走路中央付近南側

  • 左の行方向から離陸の予定です。

    左の行方向から離陸の予定です。

  • 本番前の試し撮りで撮影条件を決めます。13:34<br />マニュアルフォーカスにしてフォーカス機構のチャタリング(カチャカチャ)を防止します。<br /><br />A・B滑走路の南側からの見学のため、順光で撮れるのが好都合でした。<br />間近で離陸する旅客機を見るのは初めての経験ですが、自衛隊入間基地で何度も見たジェット戦闘機に比べるとかなり静かです。

    本番前の試し撮りで撮影条件を決めます。13:34
    マニュアルフォーカスにしてフォーカス機構のチャタリング(カチャカチャ)を防止します。

    A・B滑走路の南側からの見学のため、順光で撮れるのが好都合でした。
    間近で離陸する旅客機を見るのは初めての経験ですが、自衛隊入間基地で何度も見たジェット戦闘機に比べるとかなり静かです。

  • この時間帯はLCCの便が多く見られます。13:36

    この時間帯はLCCの便が多く見られます。13:36

  • Jetstar

    Jetstar

  • Jet Asia

    Jet Asia

  • これは侵入者です(笑い)<br /><br />空港でもっとも嫌われ者の鳥は、そんなことは知る由もなく悠然と飛んでいます。<br /><br />ワシ(鷲)は知らん!

    これは侵入者です(笑い)

    空港でもっとも嫌われ者の鳥は、そんなことは知る由もなく悠然と飛んでいます。

    ワシ(鷲)は知らん!

  • ASIANA AIRLINES

    ASIANA AIRLINES

  • ANA CARGO 貨物機

    ANA CARGO 貨物機

  • 管制塔 13:52

    イチオシ

    地図を見る

    管制塔 13:52

  • 離陸したとの情報が伝えられ、左手に小さい機影が見えましたが、テレビで見る着陸態勢のスペースシャトルに似た感じです。13:54<br /><br />これより12枚の画像が展示飛行のコマ撮り写真で、すべてトリミングなしです。<br /><br />被写体が小さい場合はマニュアルフォーカスMFが必須です。<br />AFにするとフォーカス機構がチャタリング(カチャカチャ)を起こし、シャッターが切れないことがあります。<br />MFにして、事前に遠方の物体でピントを合わせ、撮影中にピントが少し合わない時はフォーカスリングで微調整します。<br />自衛隊入間基地でブルーインパルスの撮影で訓練しました。<br /><br />CANON EOS40D EF-S55/250 250mm(35ミリ換算420mmに固定)<br />P mode MF<br />f/16<br />1/2000sec<br />ISO-800<br />-0.5補正<br />中央重点測光<br />ホワイトバランス 自動

    離陸したとの情報が伝えられ、左手に小さい機影が見えましたが、テレビで見る着陸態勢のスペースシャトルに似た感じです。13:54

    これより12枚の画像が展示飛行のコマ撮り写真で、すべてトリミングなしです。

    被写体が小さい場合はマニュアルフォーカスMFが必須です。
    AFにするとフォーカス機構がチャタリング(カチャカチャ)を起こし、シャッターが切れないことがあります。
    MFにして、事前に遠方の物体でピントを合わせ、撮影中にピントが少し合わない時はフォーカスリングで微調整します。
    自衛隊入間基地でブルーインパルスの撮影で訓練しました。

    CANON EOS40D EF-S55/250 250mm(35ミリ換算420mmに固定)
    P mode MF
    f/16
    1/2000sec
    ISO-800
    -0.5補正
    中央重点測光
    ホワイトバランス 自動

  • 胴体先端の赤が見えてきました。

    胴体先端の赤が見えてきました。

  • 最も近い正面の位置の画像13:55 (表紙写真の元画像)<br /><br />CANON EF-S55/250レンズの水平画角から機体までの距離を計算してみると309mです。<br /><br />焦点距離250mmでの水平画角5°20’(320分)<br />画面の横幅との比率(0.4513)から機体の全長(12.99m)の画角θを測定・計算すると<br />θ=144.4分=2.407°=π×2.407/180(rad)<br />距離 L=12.99/θ=12.99×180/(π×2.407)=309(m)<br /><br />また画面上の全幅a(翼長)と全長bの比率と、実際の全幅12.12mと全長12.99mから仰角βを計算するとβ=24.2°で、高度H=309×sin24.2=120(m)<br /><br />仰角をθとすると<br />12.12sinθ:12.99=a:b<br />sinθ=12.99a/12.12b<br /><br />

    イチオシ

    最も近い正面の位置の画像13:55 (表紙写真の元画像)

    CANON EF-S55/250レンズの水平画角から機体までの距離を計算してみると309mです。

    焦点距離250mmでの水平画角5°20’(320分)
    画面の横幅との比率(0.4513)から機体の全長(12.99m)の画角θを測定・計算すると
    θ=144.4分=2.407°=π×2.407/180(rad)
    距離 L=12.99/θ=12.99×180/(π×2.407)=309(m)

    また画面上の全幅a(翼長)と全長bの比率と、実際の全幅12.12mと全長12.99mから仰角βを計算するとβ=24.2°で、高度H=309×sin24.2=120(m)

    仰角をθとすると
    12.12sinθ:12.99=a:b
    sinθ=12.99a/12.12b

  • 後ろ姿が最後です。13:55<br /><br />1分足らずの展示飛行でした。<br />高い音ですが比較的静かに感じました。

    後ろ姿が最後です。13:55

    1分足らずの展示飛行でした。
    高い音ですが比較的静かに感じました。

  • 空港内の菜の花畑 14:07

    空港内の菜の花畑 14:07

  • 機体展示及び技術説明会場の格納庫前に戻ってきました。14:18<br /><br />以下の3枚はバスの窓から撮りました。

    イチオシ

    機体展示及び技術説明会場の格納庫前に戻ってきました。14:18

    以下の3枚はバスの窓から撮りました。

  • スマートなというのではなく、ボリューム感のある胴体です。<br />キャビン(客室)と荷物室の広さ・大きさが想像できます。

    スマートなというのではなく、ボリューム感のある胴体です。
    キャビン(客室)と荷物室の広さ・大きさが想像できます。

  • 格納庫内の会場に展示されたHondaJetの写真の数々。

    格納庫内の会場に展示されたHondaJetの写真の数々。

  • 展示飛行から帰ったところで乾いた喉にレモネードが美味しかったです。14:25<br /><br />ありがとう、ごちそうさま。

    展示飛行から帰ったところで乾いた喉にレモネードが美味しかったです。14:25

    ありがとう、ごちそうさま。

  • 説明会場のバックステージ

    説明会場のバックステージ

  • これらも展示写真パネルです。

    これらも展示写真パネルです。

  • Composite Fuselage 複合材胴体

    Composite Fuselage 複合材胴体

  • 格納庫内の展示場に準備されたホンダジェットN420HE

    イチオシ

    格納庫内の展示場に準備されたホンダジェットN420HE

  • 車輪止めにもホンダジェットのロゴが。<br /><br />TUBELESS  RADIAL X   10PR などが読めます。<br />

    車輪止めにもホンダジェットのロゴが。

    TUBELESS RADIAL X 10PR などが読めます。

  • 表紙の元画像

    イチオシ

    表紙の元画像

  • Honda独自開発の自然層流翼と自然層流ノーズ

    Honda独自開発の自然層流翼と自然層流ノーズ

  • HondaJet <br />The power of dreams<br /><br />日米の国旗の他にスイス・EUがあるのは、このツアーが日本の次にEUに向かい、スイスのジュネーブで5月19日〜21日まで開催される欧州最大のビジネス航空ショーの「ヨーロピアン ビジネス アビエーション コンベンション アンド エキシビション(以下、EBACE2015)」に出展する予定で、EBACE2015の後はHondaJetの欧州ディーラーとともに、スイス、イギリス、フランス、ドイツ、ベルギーなどでデモンストレーション飛行やイベントを行う予定となっているためです。

    イチオシ

    HondaJet
    The power of dreams

    日米の国旗の他にスイス・EUがあるのは、このツアーが日本の次にEUに向かい、スイスのジュネーブで5月19日〜21日まで開催される欧州最大のビジネス航空ショーの「ヨーロピアン ビジネス アビエーション コンベンション アンド エキシビション(以下、EBACE2015)」に出展する予定で、EBACE2015の後はHondaJetの欧州ディーラーとともに、スイス、イギリス、フランス、ドイツ、ベルギーなどでデモンストレーション飛行やイベントを行う予定となっているためです。

  • ハイヒールから着想を得たと言われる機首のデザインはイルカにも似ています。

    ハイヒールから着想を得たと言われる機首のデザインはイルカにも似ています。

  • 他のビジネスジェットにはない独創的な主翼上面エンジン配置

    他のビジネスジェットにはない独創的な主翼上面エンジン配置

  • エンジンの支柱が複雑な形状をしてオフセットしていますが、膨大な風洞試験などをして最適化したと推測します。

    イチオシ

    エンジンの支柱が複雑な形状をしてオフセットしていますが、膨大な風洞試験などをして最適化したと推測します。

  • デザイン・品質・静粛性<br />室内空間の快適性向上

    デザイン・品質・静粛性
    室内空間の快適性向上

  • イチオシ

  • この日はホンダ社内が対象のため、報告会としたそうです。14:52

    この日はホンダ社内が対象のため、報告会としたそうです。14:52

  • 本田技研工業 岩村哲夫副社長執行役員のあいさつ<br /><br />http://www.honda.co.jp/investors/library/annual_report/2014/honda2014ar-P26-P28.pdf

    本田技研工業 岩村哲夫副社長執行役員のあいさつ

    http://www.honda.co.jp/investors/library/annual_report/2014/honda2014ar-P26-P28.pdf

  • ホンダジェットについて<br /><br />ホンダエアクラフトカンパニー<br />  社長 藤野道格<br /><br />藤野社長による解説で映された映像を全てそのまま掲載します。<br />テレビの政見放送みたいですね(笑い)

    ホンダジェットについて

    ホンダエアクラフトカンパニー
      社長 藤野道格

    藤野社長による解説で映された映像を全てそのまま掲載します。
    テレビの政見放送みたいですね(笑い)

  • 技術説明のホンダ・エアクラフト・カンパニーの藤野道格(ふじのみちまさ 54)社長<br /><br /><参考記事・資料><br />AIAA Bestows 2012 Aircraft Design Award on HondaJet Design<br />http://www.honda.com/newsandviews/article.aspx?id=6894-en<br /><br />HondaJetの開発について<br />Honda R&amp;D Technical Review Vol.16 No.2 収録<br />https://www.hondarandd.jp/point.php?pid=463&amp;lang=jp<br /><br />要旨<br />Hondaは先進的なエントリー・レベルの小型ビジネスジェット機,HondaJetを独自開発した.HondaJetは従来の小型ビジネスジェット機に比べ,格段に広いキャビン,高い燃料効率,高い巡航速度を有することが特徴であり,これらの高い性能目標を達成するため,自然層流翼,自然層流ノーズ,また主翼上面エンジン搭載形態など多くの新技術が開発された.主翼は金属製構造であり,自然層流実現に必要な極めて滑らかな翼表面を実現するため,上面スキンには機械加工一体削りだしのインテグラルスキンが用いられている.また胴体は全複合材製で,重量およびコスト低減のため,オートクレーブ中でスティフンド(補強)パネルとサンドイッチパネルを同時に硬化させる新しいコンセプトの一体成形構造様式を採用している.さらに機能性,安全性を強化した先進的な統合型アビオニクスをコックピットに搭載している.HondaJetにはこれらの主要技術に加え,他にもさまざまな先進技術が搭載されている.<br /><br />参考文献<br />(1)Fujino,M., Kawamura,Y.: Wave-Drag Characteristics of an Over-the-Wing Nacelle Business-Jet Configuration, Journal of Aircraft, Vol.40, No.6, p.1177-1184(2003)<br />(2)Fujino,M.: Design and Development of the HondaJet, AIAA Paper 2003-2530(2003)<br />(3)Eppler,R.: Airfoil Design and Data, Springer-Verlag, Berlin(1990)<br />(4)Fujino,M., et al.: Natural-Laminar-Airfoil Development for a Lightweight Business Jet, Journal of Aircraft, Vol. 40, No.4, p.609-615(2003) <br />(5)Tidd,D.M., et al.: Application of an Efficient 3-D Multi-Grid Euler Method to Complete Aircraft Configurations, AIAA Paper 91-3236, AIAA 9th Applied Aerodynamics Conference(1991)<br />(6)Morgan,H.L.: High-Lift Flaps for Natural Laminar Flow Airfoils, Laminar Flow Aircraft Certification, NASA CP-2413, p.31-65(1986)<br />(7)Drela,M.: Design and Optimization Method for Multi-Element Airfoils, AIAA Paper93-0969(1993)<br />(8)Valarezo,W.O., Chin,V.D.: Maximum Lift Prediction for Multielement Wings, AIAA Paper 92-0401(1992)<br />(9)Maskew,B.: Prediction of Subsonic Aerodynamic Characteristics: A Case for Low-Order Panel Methods, Journal of Aircraft, Vol.19, No.2(1982)<br />(10)Fujino,M., et al.: Flutter Characteristics of an Over-the-wing Engine Mount Business-Jet Configuration, AIAA Paper2003-1942(2003)<br />(11)松井宣夫,佐藤恵一:HondaJet全複合材胴体構造の研究,Honda R&amp;D Technical Review, Vol.16, No.2<br />著者(所属)<br />藤野 道格(Honda R&amp;D America’s Inc.)

    技術説明のホンダ・エアクラフト・カンパニーの藤野道格(ふじのみちまさ 54)社長

    <参考記事・資料>
    AIAA Bestows 2012 Aircraft Design Award on HondaJet Design
    http://www.honda.com/newsandviews/article.aspx?id=6894-en

    HondaJetの開発について
    Honda R&D Technical Review Vol.16 No.2 収録
    https://www.hondarandd.jp/point.php?pid=463&lang=jp

    要旨
    Hondaは先進的なエントリー・レベルの小型ビジネスジェット機,HondaJetを独自開発した.HondaJetは従来の小型ビジネスジェット機に比べ,格段に広いキャビン,高い燃料効率,高い巡航速度を有することが特徴であり,これらの高い性能目標を達成するため,自然層流翼,自然層流ノーズ,また主翼上面エンジン搭載形態など多くの新技術が開発された.主翼は金属製構造であり,自然層流実現に必要な極めて滑らかな翼表面を実現するため,上面スキンには機械加工一体削りだしのインテグラルスキンが用いられている.また胴体は全複合材製で,重量およびコスト低減のため,オートクレーブ中でスティフンド(補強)パネルとサンドイッチパネルを同時に硬化させる新しいコンセプトの一体成形構造様式を採用している.さらに機能性,安全性を強化した先進的な統合型アビオニクスをコックピットに搭載している.HondaJetにはこれらの主要技術に加え,他にもさまざまな先進技術が搭載されている.

    参考文献
    (1)Fujino,M., Kawamura,Y.: Wave-Drag Characteristics of an Over-the-Wing Nacelle Business-Jet Configuration, Journal of Aircraft, Vol.40, No.6, p.1177-1184(2003)
    (2)Fujino,M.: Design and Development of the HondaJet, AIAA Paper 2003-2530(2003)
    (3)Eppler,R.: Airfoil Design and Data, Springer-Verlag, Berlin(1990)
    (4)Fujino,M., et al.: Natural-Laminar-Airfoil Development for a Lightweight Business Jet, Journal of Aircraft, Vol. 40, No.4, p.609-615(2003)
    (5)Tidd,D.M., et al.: Application of an Efficient 3-D Multi-Grid Euler Method to Complete Aircraft Configurations, AIAA Paper 91-3236, AIAA 9th Applied Aerodynamics Conference(1991)
    (6)Morgan,H.L.: High-Lift Flaps for Natural Laminar Flow Airfoils, Laminar Flow Aircraft Certification, NASA CP-2413, p.31-65(1986)
    (7)Drela,M.: Design and Optimization Method for Multi-Element Airfoils, AIAA Paper93-0969(1993)
    (8)Valarezo,W.O., Chin,V.D.: Maximum Lift Prediction for Multielement Wings, AIAA Paper 92-0401(1992)
    (9)Maskew,B.: Prediction of Subsonic Aerodynamic Characteristics: A Case for Low-Order Panel Methods, Journal of Aircraft, Vol.19, No.2(1982)
    (10)Fujino,M., et al.: Flutter Characteristics of an Over-the-wing Engine Mount Business-Jet Configuration, AIAA Paper2003-1942(2003)
    (11)松井宣夫,佐藤恵一:HondaJet全複合材胴体構造の研究,Honda R&D Technical Review, Vol.16, No.2
    著者(所属)
    藤野 道格(Honda R&D America’s Inc.)

  • 技術説明のモニターの映像をそのまま掲載します。<br /><br />ホンダジェット<br />Performance 高性能<br />Efficiency 高効率<br />Confort 快適性<br />Quality 高品質<br />

    技術説明のモニターの映像をそのまま掲載します。

    ホンダジェット
    Performance 高性能
    Efficiency 高効率
    Confort 快適性
    Quality 高品質

  • 主翼上面エンジン配置

    主翼上面エンジン配置

  • 自然層流翼(NLF)

    自然層流翼(NLF)

  • 複合材製胴体(カーボンコンポジット)

    複合材製胴体(カーボンコンポジット)

  • 先進アビオニクス

    先進アビオニクス

  • 最高速度<br /><br />420 kt(ノット)<br /><br />ホンダジェットの機種記号N420HEの数字はこの最高巡航速度を表したものだそうで、技術スタッフに確認しました。

    最高速度

    420 kt(ノット)

    ホンダジェットの機種記号N420HEの数字はこの最高巡航速度を表したものだそうで、技術スタッフに確認しました。

  • 燃費

    燃費

  • 最高高度  43000ft<br /><br />ちなみに昨年搭乗したヨーロッパ便B-777の巡航高度は38000〜41000ftでした。

    最高高度  43000ft

    ちなみに昨年搭乗したヨーロッパ便B-777の巡航高度は38000〜41000ftでした。

  • 客室スペース

    客室スペース

  • 客室スペース

    客室スペース

  • 開発中の各種試験

    開発中の各種試験

  • 寒冷地試験

    寒冷地試験

  • 防氷試験@NASAグレン研究センター

    防氷試験@NASAグレン研究センター

  • 水吸い込み試験@NASAワロップス飛行施設

    水吸い込み試験@NASAワロップス飛行施設

  • 極低温試験@エグリン空軍施設

    極低温試験@エグリン空軍施設

  • ワールドツアー

    ワールドツアー

  • 北米における顧客試乗会

    北米における顧客試乗会

  • ホンダジェットのキャビンは、入った瞬間にその良さがわかる。とても気持ちがくつろぐんだ。

    ホンダジェットのキャビンは、入った瞬間にその良さがわかる。とても気持ちがくつろぐんだ。

  • ホンダエアクラフトカンパニー

    ホンダエアクラフトカンパニー

  • ホンダエアクラフトカンパニー

    ホンダエアクラフトカンパニー

  • HondaJet開発のヒストリー・経緯

    HondaJet開発のヒストリー・経緯

  • 17名のホンダエアクラフトカンパニーの関係者

    17名のホンダエアクラフトカンパニーの関係者

  • イチオシ

  • 技術説明を終えたホンダ・エアクラフト・カンパニーの藤野道格(ふじのみちまさ 54)社長<br /><br />【ホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company,LLC)概要】<br />設立: 2006年8月<br />出資形態: American Honda Motor Co., Inc. 100%出資<br />代表者: 社長 藤野 道格(ふじの みちまさ)<br />所在地: 米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市<br /><br />参考サイト<br />http://trendtube.wdeco.jp/playlist/?query=%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88

    技術説明を終えたホンダ・エアクラフト・カンパニーの藤野道格(ふじのみちまさ 54)社長

    【ホンダ エアクラフト カンパニー(Honda Aircraft Company,LLC)概要】
    設立: 2006年8月
    出資形態: American Honda Motor Co., Inc. 100%出資
    代表者: 社長 藤野 道格(ふじの みちまさ)
    所在地: 米国ノースカロライナ州グリーンズボロ市

    参考サイト
    http://trendtube.wdeco.jp/playlist/?query=%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88

  • パイロット<br />Warren Gould機長(左)Tim Frazier機長(右)

    イチオシ

    パイロット
    Warren Gould機長(左)Tim Frazier機長(右)

  • 広報スタッフに撮ってもらいました。

    広報スタッフに撮ってもらいました。

  • キャノンを使用しているこのスタッフが撮ってくれました。

    キャノンを使用しているこのスタッフが撮ってくれました。

  • エンジンの技術説明パネル

    エンジンの技術説明パネル

  • GE Hondaエンジン HF120

    GE Hondaエンジン HF120

  • 排ルあげ気口<br /><br />高温の排気と冷気を混合させて排気温度を下げたそうです。

    排ルあげ気口

    高温の排気と冷気を混合させて排気温度を下げたそうです。

  • 吸入口はカバーされています。

    吸入口はカバーされています。

  • 格納庫の扉が再び開けられ陽があたっています。

    格納庫の扉が再び開けられ陽があたっています。

  • 翼端の折り返しは間近で見ると小さくありません。

    翼端の折り返しは間近で見ると小さくありません。

  • タイヤはMICHELIN

    タイヤはMICHELIN

  • HondaJetのパンフレット表紙<br /><br />A4サイズ 6頁 <br />

    HondaJetのパンフレット表紙

    A4サイズ 6頁 

  • スペック<br />詳しくは公式ウェブサイトでどうぞ。<br />HondaJet<br />http://www.honda.co.jp/jet/

    スペック
    詳しくは公式ウェブサイトでどうぞ。
    HondaJet
    http://www.honda.co.jp/jet/

  • 帰りのバスから会場を見るとスタッフのみなさんも寛いだ様子です。16:05<br /><br />みなさん ありがとうございました。

    帰りのバスから会場を見るとスタッフのみなさんも寛いだ様子です。16:05

    みなさん ありがとうございました。

  • 首都高速中央環状線からスカイツリーがよく見えました。18:11

    首都高速中央環状線からスカイツリーがよく見えました。18:11

  • 食事をしてから今朝と同じルートで帰宅しました。

    食事をしてから今朝と同じルートで帰宅しました。

  • 朝日新聞記事  2015年4月24日 1面

    朝日新聞記事  2015年4月24日 1面

  • 朝日新聞記事 2015年4月24日 8面(経済)

    朝日新聞記事 2015年4月24日 8面(経済)

  • 参考掲載 <br /><br />他社のビジネス機の一例。<br />ボルグ・ワーナー社の社用機Beechcraft Super King Airとパイロットと一緒に。<br />双発ターボプロップ機twin-turboprop 7人乗り<br /><br />ニューヨーク州中央部のイサカ市(コーネル大学園都市)のボーグワーナー社を訪れた際、送り迎えをしてくれた社用機の元ベトナム戦争で活躍したパイロットは、安定飛行に入ると宙返りをやってみようかと言ってくれたが、心臓への負担が大きそうだからと断った。<br />今思えば50年生きてきたので、あとのことは考えずに体験すれば良かったと思う。<br /><br />JFケネディ空港へ近づくと、一足先に着陸態勢に入った真っ白く優美な姿のコンコルドを、はるか下方に見つけ教えてくれた。<br />着陸後は社用機の駐機場からはかなり離れたサテライトに着いたばかりのコンコルドのそばまで見に連れて行ってくれた。<br />そのとき、飛行中は空気との摩擦熱で機体が1フィートも伸びるのだと説明してくれ、まだ熱そうなコンコルドの写真を撮るのを待っていてくれた。<br />コンコルドの印象は胴体がすごく細く、スマートなことです。<br /><br />私が仕事の上で出会ったアメリカ人の親切さは、他の国の人々と比べて決して遜色はありません。<br /><br />車で5時間もかかる距離を車で移動するVIPはいないそうです。<br />高速鉄道網が発達していないアメリカでは、社用機は贅沢品ではないようです。むしろ車で移動する方が贅沢かもしれません。<br />    ──────────────────<br />コーネル大学(英語: Cornell University)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州イサカ市 に本部を置くアメリカ合衆国の私立(一部は公立)大学である。1865年に設置された。 この大学はあらゆる分野で世界をリードする名門大学であり、入学の困難さでも有名 ...(Wikipedia)<br /><br />これらの写真掲載ブログ<br />9.11ツイン・タワーとニューヨークの思い出 Memory of the Twin Towers &amp; New York City<br />http://4travel.jp/travelogue/10488691

    参考掲載 

    他社のビジネス機の一例。
    ボルグ・ワーナー社の社用機Beechcraft Super King Airとパイロットと一緒に。
    双発ターボプロップ機twin-turboprop 7人乗り

    ニューヨーク州中央部のイサカ市(コーネル大学園都市)のボーグワーナー社を訪れた際、送り迎えをしてくれた社用機の元ベトナム戦争で活躍したパイロットは、安定飛行に入ると宙返りをやってみようかと言ってくれたが、心臓への負担が大きそうだからと断った。
    今思えば50年生きてきたので、あとのことは考えずに体験すれば良かったと思う。

    JFケネディ空港へ近づくと、一足先に着陸態勢に入った真っ白く優美な姿のコンコルドを、はるか下方に見つけ教えてくれた。
    着陸後は社用機の駐機場からはかなり離れたサテライトに着いたばかりのコンコルドのそばまで見に連れて行ってくれた。
    そのとき、飛行中は空気との摩擦熱で機体が1フィートも伸びるのだと説明してくれ、まだ熱そうなコンコルドの写真を撮るのを待っていてくれた。
    コンコルドの印象は胴体がすごく細く、スマートなことです。

    私が仕事の上で出会ったアメリカ人の親切さは、他の国の人々と比べて決して遜色はありません。

    車で5時間もかかる距離を車で移動するVIPはいないそうです。
    高速鉄道網が発達していないアメリカでは、社用機は贅沢品ではないようです。むしろ車で移動する方が贅沢かもしれません。
        ──────────────────
    コーネル大学(英語: Cornell University)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州イサカ市 に本部を置くアメリカ合衆国の私立(一部は公立)大学である。1865年に設置された。 この大学はあらゆる分野で世界をリードする名門大学であり、入学の困難さでも有名 ...(Wikipedia)

    これらの写真掲載ブログ
    9.11ツイン・タワーとニューヨークの思い出 Memory of the Twin Towers & New York City
    http://4travel.jp/travelogue/10488691

  • 社用機Beechcraft Super King Airの操縦席とキャビン<br /><br />安定飛行中に飲み物をサービスしてくれました。

    社用機Beechcraft Super King Airの操縦席とキャビン

    安定飛行中に飲み物をサービスしてくれました。

  • 窓の中に遠く見える夕日に照らされたツイン・タワー(世界貿易センタービル)The shining Twin Towers in circle window of the BW Company Plane<br />1996.11.23<br /><br />ツイン・タワーは夕日に照らされて輝いていた。<br />その光景はあまりにも印象的で、まるで帰還飛行のための灯台のように思えた。<br />2001.9.11以後、ツイン・タワーはすでに地上には存在しない。しかしあの輝く姿は私の記憶から消えることは決してないであろう。<br />テロリストによるあの同時破壊は、ツイン・タワーがニューヨークのランドマークであったばかりか、アメリカ合衆国のランドマークでもあったことを気付かせてくれた。<br /><br />The towers were shining by declining sun in the late afternoon.<br />That scene was so impressive that I felt the figure to be a lighthouse for homeward flight.<br />After 11th September the Twin Towers do not exist on the ground already. But the shinning figure will never vanish from my memory. The simultaneous crash by terrorists made us notice that the Twin Towers were a landmark of not only the New York City but also of the United States. 

    窓の中に遠く見える夕日に照らされたツイン・タワー(世界貿易センタービル)The shining Twin Towers in circle window of the BW Company Plane
    1996.11.23

    ツイン・タワーは夕日に照らされて輝いていた。
    その光景はあまりにも印象的で、まるで帰還飛行のための灯台のように思えた。
    2001.9.11以後、ツイン・タワーはすでに地上には存在しない。しかしあの輝く姿は私の記憶から消えることは決してないであろう。
    テロリストによるあの同時破壊は、ツイン・タワーがニューヨークのランドマークであったばかりか、アメリカ合衆国のランドマークでもあったことを気付かせてくれた。

    The towers were shining by declining sun in the late afternoon.
    That scene was so impressive that I felt the figure to be a lighthouse for homeward flight.
    After 11th September the Twin Towers do not exist on the ground already. But the shinning figure will never vanish from my memory. The simultaneous crash by terrorists made us notice that the Twin Towers were a landmark of not only the New York City but also of the United States. 

  • ブログ作者自己紹介<br /><br />元本田技術研究所のトランスミッション設計技術者で写真歴50年のアマチュア写真家です。<br />HP「旅行写真展示室」http://www7b.biglobe.ne.jp/~yamada423/<br />、 4Travelの旅行ブログhttp://4travel.jp/traveler/810766/<br />を2010年に始めました。 <br />ヨーロッパの風景・街並や所沢周辺・都内の季節の移ろいを掲載。<br />出身は川越で現在は所沢在住です。<br />写真は2002年ルーブル美術館が見えるカルーゼル広場にて。

    ブログ作者自己紹介

    元本田技術研究所のトランスミッション設計技術者で写真歴50年のアマチュア写真家です。
    HP「旅行写真展示室」http://www7b.biglobe.ne.jp/~yamada423/
    、 4Travelの旅行ブログhttp://4travel.jp/traveler/810766/
    を2010年に始めました。
    ヨーロッパの風景・街並や所沢周辺・都内の季節の移ろいを掲載。
    出身は川越で現在は所沢在住です。
    写真は2002年ルーブル美術館が見えるカルーゼル広場にて。

この旅行記のタグ

48いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

成田の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集