バガン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ふと思い立って、ミャンマーに行ってきました。<br /><br />バガン、チャイティーヨー(ゴールデン・ロック)、バゴー、ヤンゴンを7日間でまわります。<br /><br />いつも弾丸旅行ばっかりやっているので、今回は趣向を変えて、ゆるぶらがテーマ。<br /><br />スケジュール的にはタイ国際航空の羽田深夜便を使えば時間を有効に使えるのですが(0:20発8:50着、2015年スケジュール)、あえてANA直行便を使って最初からゆるぶらです。<br /><br />まずはバガンへ向かい、2日間ゆるぶらしてきました。<br /><br />初日はバガンの寺院を馬車でぶらり。<br />タイムスリップしちゃったかの感覚になりました。<br /><br />2日目の早朝は事前に申し込んでいた気球ツアー。<br />Balloons Over Bagan、Oriental Ballooningともう1社があり、安めのフライトがあるBalloons Over Baganが最大手で一番人気。<br />乾季だけの運行でしたが、2015年からは乾季以外でもOriental Ballooningは運行するそうなので、4-9月はこれ1社だけになります。<br /><br />出遅れたのかBalloons Over Baganは予約がいっぱいで、Oriental Ballooningに依頼することにしました。<br />でも、Oriental Ballooningは一つの気球に4組8人しか乗らないので、狭いながらも快適なフライトを楽しめました。<br /><br />その後マニアックな寺院をいくつかめぐり、ヤンゴンへ戻ります。<br /><br /><br />【全体の旅程】<br />3/15(日) ANAでミャンマーへ ≪ヤンゴン泊≫<br />3/16(月) 早朝国内線で移動、バガン観光 ≪バガン泊≫<br />3/17(火) バガン観光、夕方国内線で移動 ≪ヤンゴン泊≫<br />3/18(水) 鉄道などでチャイティーヨーへ ≪チャイティーヨー泊≫<br />3/19(木) バス移動、バゴー観光、夜ヤンゴンへ≪ヤンゴン泊≫<br />3/20(金) ヤンゴン観光、深夜ANAで日本へ ≪機内泊≫<br />3/21(土) 早朝成田到着<br /><br />この旅行記では3/15-17までを書いています。<br />続きは↓<br />ぶらりミャンマー#2 チャイティーヨー・パヤー(ゴールデン・ロック)<br />http://4travel.jp/travelogue/11001966<br />ぶらりミャンマー#3 バゴーをチラ見観光<br />http://4travel.jp/travelogue/11005003<br />ぶらりミャンマー#4 ヤンゴン 帰国日にチラ見<br />http://4travel.jp/travelogue/11005713<br /><br /><br />【事前準備】<br />・ミャンマーeビザ取得<br />・航空券(ミャンマー国内線)、各ホテル、気球ツアー予約<br /><br />【特別に持っていきたい荷物】<br />・ドルの高額紙幣(10ドル・20ドルもそこそこ必要)<br />・虫対策(外・ベッドの虫除け、蚊取り線香やベープなど)<br />・サンダル(クロックスなどがオススメ)<br />・サンダルを入れる袋(寺院見学用、現地の袋はほぼ有料)<br />・懐中電灯(主に暗い寺院内部の見学用)<br />・現地で配る用の日本の何か<br />・5円玉w<br />・両替の際、100チャット・200チャット札を多目にもらう<br /> (托鉢僧用)<br /><br />【お金(この旅行記分のみ)】 1ドル=120円換算、クレカ分は請求額<br />国内線航空券(往復) THB 8,975(航空会社直販、約34,000円)<br />ホテル@ヤンゴン JPY 12,008+9,170(Agodaで予約)<br />ホテル@バガン JPY 5,611(Expediaで予約)<br />気球ツアー JPY 47,120(サラトラベル・ミャンマーで手配)<br />バガン入域料 USD 20(約2,400円)<br />食費・飲み物 MMK 7,700(約924円)<br />土産物 MMK 3,000(約360円)<br />その他 MMK 27,000+USD50(約9,240円)<br />合計 約120,833円<br />航空券と気球が高いな。。<br /><br />ところで、ミャンマーでは安価に旅が楽しめると考えている人もいるかもしれませんが、残念ながら案外そうではありません。(それでも先進国よりはだいぶ安いですが)<br /><br />今回の旅行では、ヤンゴンのみならず地方であっても交渉の必要な場面では外国人料金を言われたことが多いですし、何か親切にしてくれたかと思うと後で「キモチハ?」と言われたこともありましたし、今回の馬車チャーターでは最後にチップを「要求」されました。やや気が強いところも見受けられます。<br /><br />悪い人には会いませんでしたが必ずしも「素朴」なイメージではないように思いますので、その辺りを理解されてから旅行すればあまり悪いイメージを持たずに済むと思います。

ぶらりミャンマー#1 バガンで馬車と気球に乗る!

38いいね!

2015/03/15 - 2015/03/17

106位(同エリア1025件中)

0

167

worldhusiast

worldhusiastさん

ふと思い立って、ミャンマーに行ってきました。

バガン、チャイティーヨー(ゴールデン・ロック)、バゴー、ヤンゴンを7日間でまわります。

いつも弾丸旅行ばっかりやっているので、今回は趣向を変えて、ゆるぶらがテーマ。

スケジュール的にはタイ国際航空の羽田深夜便を使えば時間を有効に使えるのですが(0:20発8:50着、2015年スケジュール)、あえてANA直行便を使って最初からゆるぶらです。

まずはバガンへ向かい、2日間ゆるぶらしてきました。

初日はバガンの寺院を馬車でぶらり。
タイムスリップしちゃったかの感覚になりました。

2日目の早朝は事前に申し込んでいた気球ツアー。
Balloons Over Bagan、Oriental Ballooningともう1社があり、安めのフライトがあるBalloons Over Baganが最大手で一番人気。
乾季だけの運行でしたが、2015年からは乾季以外でもOriental Ballooningは運行するそうなので、4-9月はこれ1社だけになります。

出遅れたのかBalloons Over Baganは予約がいっぱいで、Oriental Ballooningに依頼することにしました。
でも、Oriental Ballooningは一つの気球に4組8人しか乗らないので、狭いながらも快適なフライトを楽しめました。

その後マニアックな寺院をいくつかめぐり、ヤンゴンへ戻ります。


【全体の旅程】
3/15(日) ANAでミャンマーへ ≪ヤンゴン泊≫
3/16(月) 早朝国内線で移動、バガン観光 ≪バガン泊≫
3/17(火) バガン観光、夕方国内線で移動 ≪ヤンゴン泊≫
3/18(水) 鉄道などでチャイティーヨーへ ≪チャイティーヨー泊≫
3/19(木) バス移動、バゴー観光、夜ヤンゴンへ≪ヤンゴン泊≫
3/20(金) ヤンゴン観光、深夜ANAで日本へ ≪機内泊≫
3/21(土) 早朝成田到着

この旅行記では3/15-17までを書いています。
続きは↓
ぶらりミャンマー#2 チャイティーヨー・パヤー(ゴールデン・ロック)
http://4travel.jp/travelogue/11001966
ぶらりミャンマー#3 バゴーをチラ見観光
http://4travel.jp/travelogue/11005003
ぶらりミャンマー#4 ヤンゴン 帰国日にチラ見
http://4travel.jp/travelogue/11005713


【事前準備】
・ミャンマーeビザ取得
・航空券(ミャンマー国内線)、各ホテル、気球ツアー予約

【特別に持っていきたい荷物】
・ドルの高額紙幣(10ドル・20ドルもそこそこ必要)
・虫対策(外・ベッドの虫除け、蚊取り線香やベープなど)
・サンダル(クロックスなどがオススメ)
・サンダルを入れる袋(寺院見学用、現地の袋はほぼ有料)
・懐中電灯(主に暗い寺院内部の見学用)
・現地で配る用の日本の何か
・5円玉w
・両替の際、100チャット・200チャット札を多目にもらう
 (托鉢僧用)

【お金(この旅行記分のみ)】 1ドル=120円換算、クレカ分は請求額
国内線航空券(往復) THB 8,975(航空会社直販、約34,000円)
ホテル@ヤンゴン JPY 12,008+9,170(Agodaで予約)
ホテル@バガン JPY 5,611(Expediaで予約)
気球ツアー JPY 47,120(サラトラベル・ミャンマーで手配)
バガン入域料 USD 20(約2,400円)
食費・飲み物 MMK 7,700(約924円)
土産物 MMK 3,000(約360円)
その他 MMK 27,000+USD50(約9,240円)
合計 約120,833円
航空券と気球が高いな。。

ところで、ミャンマーでは安価に旅が楽しめると考えている人もいるかもしれませんが、残念ながら案外そうではありません。(それでも先進国よりはだいぶ安いですが)

今回の旅行では、ヤンゴンのみならず地方であっても交渉の必要な場面では外国人料金を言われたことが多いですし、何か親切にしてくれたかと思うと後で「キモチハ?」と言われたこともありましたし、今回の馬車チャーターでは最後にチップを「要求」されました。やや気が強いところも見受けられます。

悪い人には会いませんでしたが必ずしも「素朴」なイメージではないように思いますので、その辺りを理解されてから旅行すればあまり悪いイメージを持たずに済むと思います。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
3.5
グルメ
2.5
交通
3.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
タクシー 徒歩 飛行機
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 2015/3/15(日)<br /><br />成田空港です。<br />よくわからん国ミャンマーに日本の航空会社で行けるという安心感w<br />ゆるぶらの旅行にはもってこいです。<br /><br />持っていない人は、米ドルの高額紙幣を準備しておくと便利。<br />円から現地通貨チャットの両替所はヤンゴン市内の一部で可能らしいですが、通常米ドル(ユーロ、シンガポールドル)からの両替になるようです。<br />50ドル・100ドルといった高額紙幣の方がレートが良いので、両替のときに何枚かもらっておきました。<br /><br />クレジットカードもあんまり流通していなくて旅情は誘われますが、やっぱり不便に感じます・・・<br /><br /><br />ちなみにANA直行便の機内食は1食+おつまみのみ。<br />現地の食事があわなかったとき対策で<br />柿の種を持っていったのですが、これがいきなり役に立ちましたw<br /><br />マツコ・デラックスの番組などを見つつヤンゴンに到着した模様。。<br /><br /><br />NH913<br />12:17(時刻表は11:45)NRT→16:53(時刻表は17:15)RGN<br />B767-300

    2015/3/15(日)

    成田空港です。
    よくわからん国ミャンマーに日本の航空会社で行けるという安心感w
    ゆるぶらの旅行にはもってこいです。

    持っていない人は、米ドルの高額紙幣を準備しておくと便利。
    円から現地通貨チャットの両替所はヤンゴン市内の一部で可能らしいですが、通常米ドル(ユーロ、シンガポールドル)からの両替になるようです。
    50ドル・100ドルといった高額紙幣の方がレートが良いので、両替のときに何枚かもらっておきました。

    クレジットカードもあんまり流通していなくて旅情は誘われますが、やっぱり不便に感じます・・・


    ちなみにANA直行便の機内食は1食+おつまみのみ。
    現地の食事があわなかったとき対策で
    柿の種を持っていったのですが、これがいきなり役に立ちましたw

    マツコ・デラックスの番組などを見つつヤンゴンに到着した模様。。


    NH913
    12:17(時刻表は11:45)NRT→16:53(時刻表は17:15)RGN
    B767-300

  • イミグレの手前にアライバル・ビザのセクションがありますが、eビザを持っている人はスルーしてOK。<br /><br />ガラス張りで外から丸見えなイミグレで事前に取得していたeビザのプリントアウトを提出。<br /><br />eビザの紙にもパスポートにも同じハンコを押してくれました。<br /><br />無事ミャンマー入国!<br /><br />X線の荷物チェックの後、税関は無申告で提出し、空港内の両替所でチャットも入手。準備万端!<br /><br />両替<br />USD 300→MMK 316,500<br />このときは1チャット=0.12円程度でした。

    イミグレの手前にアライバル・ビザのセクションがありますが、eビザを持っている人はスルーしてOK。

    ガラス張りで外から丸見えなイミグレで事前に取得していたeビザのプリントアウトを提出。

    eビザの紙にもパスポートにも同じハンコを押してくれました。

    無事ミャンマー入国!

    X線の荷物チェックの後、税関は無申告で提出し、空港内の両替所でチャットも入手。準備万端!

    両替
    USD 300→MMK 316,500
    このときは1チャット=0.12円程度でした。

  • 蒸し暑い・・・ガスってるし・・・<br />ちなみにこの日は17:00台で33℃。<br />真夏の中央アジアと気温は同じですが、湿気をやや感じます。<br /><br />続いて、隣接する国内線ターミナルへ移動。<br />翌日乗るエア・バガンのリコンファームをしに行きます。<br /><br />カウンターは閉まっていたので、周りの人に聞くと事務所に行けとのこと。<br /><br />案内された部屋で無事リコンファーム完了。<br />このとき言われたのは、出発時刻は変更なし、5:50までに発券を完了させること、でした。

    蒸し暑い・・・ガスってるし・・・
    ちなみにこの日は17:00台で33℃。
    真夏の中央アジアと気温は同じですが、湿気をやや感じます。

    続いて、隣接する国内線ターミナルへ移動。
    翌日乗るエア・バガンのリコンファームをしに行きます。

    カウンターは閉まっていたので、周りの人に聞くと事務所に行けとのこと。

    案内された部屋で無事リコンファーム完了。
    このとき言われたのは、出発時刻は変更なし、5:50までに発券を完了させること、でした。

  • 17:42<br /><br />翌日早朝便で移動のため、ヤンゴン市内へは出ず空港に隣接するホテルで一泊。<br />空港ホテルはここしかありません。<br /><br />部屋が広くてびっくり。<br />エアコンもあるし、NHKも映るし、言えばドライヤーも借りられます。<br />翌日5:00ごろチェックアウトするので、そのときフロントは開いているかなどを確認しひとまず就寝。<br /><br /><br />Seasons of Yangon International Airport Hotel<br />スーペリア(25平米)・朝食付<br />1泊 \12,008(Agodaで予約、日本で決済)<br />チェックイン時に予約を証明するバウチャーが必要<br /><br />★☆★ヤンゴン泊★☆★

    17:42

    翌日早朝便で移動のため、ヤンゴン市内へは出ず空港に隣接するホテルで一泊。
    空港ホテルはここしかありません。

    部屋が広くてびっくり。
    エアコンもあるし、NHKも映るし、言えばドライヤーも借りられます。
    翌日5:00ごろチェックアウトするので、そのときフロントは開いているかなどを確認しひとまず就寝。


    Seasons of Yangon International Airport Hotel
    スーペリア(25平米)・朝食付
    1泊 \12,008(Agodaで予約、日本で決済)
    チェックイン時に予約を証明するバウチャーが必要

    ★☆★ヤンゴン泊★☆★

  • 2015/3/16(月)<br />5:12<br /><br />5:10ごろチェックアウトし、歩いて2分。<br />国内線ターミナルへやってきました。<br /><br />靄ってる・・・<br /><br />ちなみに、ミャンマーの寺院は裸足でないと入れないため、この日から帰国直前まで靴ではなくサンダルで過ごします。<br />飛行機は毎年それなりに乗ってきましたがサンダルで乗るのは初めて!w

    2015/3/16(月)
    5:12

    5:10ごろチェックアウトし、歩いて2分。
    国内線ターミナルへやってきました。

    靄ってる・・・

    ちなみに、ミャンマーの寺院は裸足でないと入れないため、この日から帰国直前まで靴ではなくサンダルで過ごします。
    飛行機は毎年それなりに乗ってきましたがサンダルで乗るのは初めて!w

  • 無事に発券!<br /><br />途上国にありがちなアナログな搭乗券。<br />名前が書いてない!w<br />シートはフリーアサインかと思ったら指定されていました。<br /><br />チェックイン後、胸に航空会社のシールを貼るよう言われます。

    無事に発券!

    途上国にありがちなアナログな搭乗券。
    名前が書いてない!w
    シートはフリーアサインかと思ったら指定されていました。

    チェックイン後、胸に航空会社のシールを貼るよう言われます。

  • 待合室。<br />タラップなどはなく、全便ここからバスで移動し搭乗します。<br /><br />西洋人が多く、なんとなく安心感w<br /><br />6:00頃には売店も開くので、軽くお菓子もつまめます。

    待合室。
    タラップなどはなく、全便ここからバスで移動し搭乗します。

    西洋人が多く、なんとなく安心感w

    6:00頃には売店も開くので、軽くお菓子もつまめます。

  • 理由はよくわかりませんが、1時間の遅れ。<br />たぶん靄のせいかと思います。<br /><br />バスに乗って飛行機の前まで移動すると、理由はよくわかりませんがAsian Wingsの機材前で降ろされます。<br />まあ、無事着けば何でもいいですが・・・<br /><br /><br />Air Bagan W9 141<br />7:12(時刻表は6:20)RGN(ヤンゴン)<br />→8:30(時刻表は7:40)NYU(ニャウン・ウー)<br />往復 THB 8,975(オフィシャルサイトより購入、日本で決済)<br />ATR 42/72/72-500

    理由はよくわかりませんが、1時間の遅れ。
    たぶん靄のせいかと思います。

    バスに乗って飛行機の前まで移動すると、理由はよくわかりませんがAsian Wingsの機材前で降ろされます。
    まあ、無事着けば何でもいいですが・・・


    Air Bagan W9 141
    7:12(時刻表は6:20)RGN(ヤンゴン)
    →8:30(時刻表は7:40)NYU(ニャウン・ウー)
    往復 THB 8,975(オフィシャルサイトより購入、日本で決済)
    ATR 42/72/72-500

  • 機内は至って普通。<br />空調が弱いのか、ちょっと暑いかも。

    機内は至って普通。
    空調が弱いのか、ちょっと暑いかも。

  • いきなりジュースとおしぼりがお出迎え!<br /><br />機材はAsian Wingsだったけど、これはAir Baganって書いてある・・・

    いきなりジュースとおしぼりがお出迎え!

    機材はAsian Wingsだったけど、これはAir Baganって書いてある・・・

  • 1時間20分程度のフライトですが機内食が出ました!<br /><br />見るからにおいしくなさそうですが、食べられないということはないと思います。

    1時間20分程度のフライトですが機内食が出ました!

    見るからにおいしくなさそうですが、食べられないということはないと思います。

  • 飛行機を降り、ターミナルまではバスで移動します。<br /><br />「お降りの方は、このボタンを押してください」?<br />このバス、日本の路線バスを再利用したものでした。<br /><br />ミャンマーではあちこちで再利用されている日本のバスが見られます。

    飛行機を降り、ターミナルまではバスで移動します。

    「お降りの方は、このボタンを押してください」?
    このバス、日本の路線バスを再利用したものでした。

    ミャンマーではあちこちで再利用されている日本のバスが見られます。

  • ニャウン・ウー空港で「バガン入域料」なるものを支払います。<br />それぞれの寺院などで拝観料を払うのではなくまとめて支払うスタイルのようです。<br /><br />ついでに翌日便のリコンファームをしようとしましたが係員がおらず、できませんでした。。<br /><br />バガン入域料<br />USD 20

    ニャウン・ウー空港で「バガン入域料」なるものを支払います。
    それぞれの寺院などで拝観料を払うのではなくまとめて支払うスタイルのようです。

    ついでに翌日便のリコンファームをしようとしましたが係員がおらず、できませんでした。。

    バガン入域料
    USD 20

  • 8:45<br /><br />タクシーで、まずはホテルまで向かいます。<br />ホテルを予約する際、オールドバガン、ニューバガン、ニャウン・ウーから選ぶことになると思いますが、今回はニャウン・ウーでとりました。<br /><br />空港からニャウン・ウー市内までは一律料金で、残念ながら(?)交渉不可能な感触でした。<br /><br /><br />タクシー<br />空港→Yar Kinn Thar Hotel(ニャウン・ウー市内)<br />MMK 5,000

    8:45

    タクシーで、まずはホテルまで向かいます。
    ホテルを予約する際、オールドバガン、ニューバガン、ニャウン・ウーから選ぶことになると思いますが、今回はニャウン・ウーでとりました。

    空港からニャウン・ウー市内までは一律料金で、残念ながら(?)交渉不可能な感触でした。


    タクシー
    空港→Yar Kinn Thar Hotel(ニャウン・ウー市内)
    MMK 5,000

  • なかなか原始的な景色の中を通ってホテルに到着です。<br /><br />途中、ドライバーの娘さんが乗ってきました。<br />学校に行くのかな?<br /><br />許可をもらい、写真を撮らせてもらいました。<br /><br />顔に塗っているのは、ウワサのタナカ。<br />主に女性や子供がつける、日焼け止めを兼ねた化粧品。<br />タナカという木をすりつぶしたもので、言わばミャンマー伝統のオーガニックコスメなわけですね。

    なかなか原始的な景色の中を通ってホテルに到着です。

    途中、ドライバーの娘さんが乗ってきました。
    学校に行くのかな?

    許可をもらい、写真を撮らせてもらいました。

    顔に塗っているのは、ウワサのタナカ。
    主に女性や子供がつける、日焼け止めを兼ねた化粧品。
    タナカという木をすりつぶしたもので、言わばミャンマー伝統のオーガニックコスメなわけですね。

  • 9:05<br /><br />これが今回のホテル。<br />ヤー・キン・ターというちょっと覚えにくいネーミング。<br /><br />フロントの方は一見家族のようなゆるめの雰囲気で、ゆるぶらの旅にはぴったりな予感。<br /><br />到着早々、翌日の気球ツアーのリコンファームとヤンゴンに戻るフライトのリコンファームをしてもらいました。<br />いきなり助かりまくりです。<br /><br /><br />Yar Kinn Thar Hotel<br />スタンダードルーム(18平米)朝食付<br />1泊 \5,611(エクスペディアで予約、日本で決済)

    9:05

    これが今回のホテル。
    ヤー・キン・ターというちょっと覚えにくいネーミング。

    フロントの方は一見家族のようなゆるめの雰囲気で、ゆるぶらの旅にはぴったりな予感。

    到着早々、翌日の気球ツアーのリコンファームとヤンゴンに戻るフライトのリコンファームをしてもらいました。
    いきなり助かりまくりです。


    Yar Kinn Thar Hotel
    スタンダードルーム(18平米)朝食付
    1泊 \5,611(エクスペディアで予約、日本で決済)

  • お部屋は簡素ですが、観光なら十分。<br /><br />エアコンもあるし、冷蔵庫は強さをMAXにして1日おくと凍るほどw<br /><br />無料Wifiはあるのですが、なかなかつながりません。。<br /><br />次の日起きたら顔に赤い点々ができていました(!)<br />外で食われたのかもしれないのですが、ここで蚊だか南京虫だかに食われたかもしれません。<br />泊まる方は虫対策グッズを持っていった方が無難です。

    お部屋は簡素ですが、観光なら十分。

    エアコンもあるし、冷蔵庫は強さをMAXにして1日おくと凍るほどw

    無料Wifiはあるのですが、なかなかつながりません。。

    次の日起きたら顔に赤い点々ができていました(!)
    外で食われたのかもしれないのですが、ここで蚊だか南京虫だかに食われたかもしれません。
    泊まる方は虫対策グッズを持っていった方が無難です。

  • お湯は「出ないこともある」という事前情報も聞いていましたが、このときは強めで、かなりの湯量でした。

    お湯は「出ないこともある」という事前情報も聞いていましたが、このときは強めで、かなりの湯量でした。

  • ホテルに荷物を置いて、とりあえず大通りまで行こうとしたら、ちょうど馬車が通りかかって営業されることにw<br /><br />運転手はククさんという中年のオッサン。<br />「キンマ」のやりすぎで歯は生理的に受け付けないほどの汚さw<br />皮膚は日焼けのしすぎでボロボロw<br /><br />馬は7歳。人間だと30歳前後。<br />おとなしいいい馬でした。<br /><br />レンタサイクルも考えていましたが、あまりの暑さのため却下。<br />馬もよさげだし、屋根もついてるし、ふかふかのクッション付だし、馬車で行くことに決定。<br /><br />料金と時間と行き先の方面を伝えて、最終的に7時間チャーターでUSD25で決着です。<br /><br />馬車って言っても馬がひいてくれるのであんまり長い時間乗るのは気が引けますが、7時間って妥当なんですかね??

    ホテルに荷物を置いて、とりあえず大通りまで行こうとしたら、ちょうど馬車が通りかかって営業されることにw

    運転手はククさんという中年のオッサン。
    「キンマ」のやりすぎで歯は生理的に受け付けないほどの汚さw
    皮膚は日焼けのしすぎでボロボロw

    馬は7歳。人間だと30歳前後。
    おとなしいいい馬でした。

    レンタサイクルも考えていましたが、あまりの暑さのため却下。
    馬もよさげだし、屋根もついてるし、ふかふかのクッション付だし、馬車で行くことに決定。

    料金と時間と行き先の方面を伝えて、最終的に7時間チャーターでUSD25で決着です。

    馬車って言っても馬がひいてくれるのであんまり長い時間乗るのは気が引けますが、7時間って妥当なんですかね??

  • ちなみにキンマというのはこれ。<br />漢字で書くと蒟醬。<br />読めないし、字面がこんにゃく(蒟蒻)みたい・・・<br /><br />日本で言うならガムが一番近いと思いますが、石灰水を塗ったキンマの葉っぱでビンロウジをくるんだもので、噛むと渋い感覚があるらしい。<br /><br />ビンロウジが唾液と反応して赤くなり、次第に歯が着色していくんだとか。<br /><br />赤い唾液は飲むと胃が痛くなるらしく路上に吐くことになるため、日本人にはウケないかもしれません。<br />そういうわけでミャンマーの路上には赤い唾液があちこちに見られます。。

    ちなみにキンマというのはこれ。
    漢字で書くと蒟醬。
    読めないし、字面がこんにゃく(蒟蒻)みたい・・・

    日本で言うならガムが一番近いと思いますが、石灰水を塗ったキンマの葉っぱでビンロウジをくるんだもので、噛むと渋い感覚があるらしい。

    ビンロウジが唾液と反応して赤くなり、次第に歯が着色していくんだとか。

    赤い唾液は飲むと胃が痛くなるらしく路上に吐くことになるため、日本人にはウケないかもしれません。
    そういうわけでミャンマーの路上には赤い唾液があちこちに見られます。。

  • 馬車に乗ってレッツゴー!

    馬車に乗ってレッツゴー!

  • 托鉢僧かな!?

    托鉢僧かな!?

  • 馬越しの寺院。<br /><br />エキゾチック!

    馬越しの寺院。

    エキゾチック!

  • 最初に来たのはガイドブックに載ってない小さな寺院。<br />Google mapで調べるとTha Kya Hi Hpayaというらしい。

    最初に来たのはガイドブックに載ってない小さな寺院。
    Google mapで調べるとTha Kya Hi Hpayaというらしい。

  • 内部に入るには靴も靴下も脱がなければいけません。<br />脱ぎやすく履きやすいゴム製のサンダルが便利でいいと思います。<br /><br />裸足になって中に入ると小さな仏像が。<br />なんだか質素であまり手入れされていない感じ。<br /><br />でも、このパゴダの売りは仏像ではなく→

    内部に入るには靴も靴下も脱がなければいけません。
    脱ぎやすく履きやすいゴム製のサンダルが便利でいいと思います。

    裸足になって中に入ると小さな仏像が。
    なんだか質素であまり手入れされていない感じ。

    でも、このパゴダの売りは仏像ではなく→

  • 屋上にのぼれること。<br /><br />実は、おびただしいパゴダの中でのぼれるのはそんなに多くありません。<br /><br />パゴダ群が一望できるのでオススメです。

    屋上にのぼれること。

    実は、おびただしいパゴダの中でのぼれるのはそんなに多くありません。

    パゴダ群が一望できるのでオススメです。

  • 10:30<br /><br />次はティーローミィンロー寺院。<br />13世紀のもので、バガンでは比較的新しいものです。

    10:30

    次はティーローミィンロー寺院。
    13世紀のもので、バガンでは比較的新しいものです。

  • 内部にはこのような金の仏像が四方にありました。

    内部にはこのような金の仏像が四方にありました。

  • お寺を途中から自発的に案内してくれた女の子が紹介してくれたのが寺院の脇にある建物。

    お寺を途中から自発的に案内してくれた女の子が紹介してくれたのが寺院の脇にある建物。

  • ここからティーローミィンロー寺院が良く見えました。<br />結構オススメです。

    ここからティーローミィンロー寺院が良く見えました。
    結構オススメです。

  • 自発的に案内、なんて普通しないだろうから何かあるなと思っていたら、やっぱりお土産物屋の売り子でした。。<br /><br />あんまり欲しいものがなかったのですが、何も買わないのも悪いと思い日本統治時代のお札を購入w<br />おまけに日本の穴のあいた金色のコインが欲しいというので5円玉もプレゼントw<br /><br />ホント世界中で5円玉って人気ですね。<br />安価なコインで助かります。<br /><br /><br />日本統治時代のお札<br />MMK 2,000

    自発的に案内、なんて普通しないだろうから何かあるなと思っていたら、やっぱりお土産物屋の売り子でした。。

    あんまり欲しいものがなかったのですが、何も買わないのも悪いと思い日本統治時代のお札を購入w
    おまけに日本の穴のあいた金色のコインが欲しいというので5円玉もプレゼントw

    ホント世界中で5円玉って人気ですね。
    安価なコインで助かります。


    日本統治時代のお札
    MMK 2,000

  • 11:02<br /><br />地球の歩き方にはティーローミィンロー寺院のそばにウパリ・テェンがあるというので、馬車の運転手はつまらないよと言っていたのですがついでに来ることに。<br /><br />入口は写真右側にあります。<br /><br />「17?18世紀頃描かれたといわれるフレスコ画がある。色も比較的良く残っており、一見の価値がある。」という記載に惹かれてやってきましたが、いまひとつ・・・<br /><br />しかも内部撮影禁止・・・<br />まぁ、、寄らなくて良いでしょう。。

    11:02

    地球の歩き方にはティーローミィンロー寺院のそばにウパリ・テェンがあるというので、馬車の運転手はつまらないよと言っていたのですがついでに来ることに。

    入口は写真右側にあります。

    「17?18世紀頃描かれたといわれるフレスコ画がある。色も比較的良く残っており、一見の価値がある。」という記載に惹かれてやってきましたが、いまひとつ・・・

    しかも内部撮影禁止・・・
    まぁ、、寄らなくて良いでしょう。。

  • 11:15<br /><br />次はアーナンダ寺院。<br />かなり大きくて、バガンではイチオシの寺院です。

    11:15

    次はアーナンダ寺院。
    かなり大きくて、バガンではイチオシの寺院です。

  • 西の入口からまっすぐ進むと、まずは仏足石がお出迎え。

    西の入口からまっすぐ進むと、まずは仏足石がお出迎え。

  • これも東西南北の四方に仏像が並んでいます。<br />これは西側の釈迦牟尼。<br /><br />キンピカで大きめで見応えあるー!

    これも東西南北の四方に仏像が並んでいます。
    これは西側の釈迦牟尼。

    キンピカで大きめで見応えあるー!

  • 手前の小さな仏像は購入した金箔を参拝者が貼り付けられます。

    手前の小さな仏像は購入した金箔を参拝者が貼り付けられます。

  • ということで近くにいた係員から金箔を購入!<br /><br /><br />金箔<br />MMK 1,000

    ということで近くにいた係員から金箔を購入!


    金箔
    MMK 1,000

  • 中を開けるとこんなふうに金箔が入っています。

    中を開けるとこんなふうに金箔が入っています。

  • ペタペタ♪<br /><br />何枚か入っているので、1枚ずつ家族とかに徳がありますようにと祈って貼るのもいいかも。

    ペタペタ♪

    何枚か入っているので、1枚ずつ家族とかに徳がありますようにと祈って貼るのもいいかも。

  • 仏像の前ではお祈りの人が絶えません。

    仏像の前ではお祈りの人が絶えません。

  • この寺院の仏像はきれいなので、一周して見る価値があると思います。<br /><br />これは南側にある迦葉仏。<br />

    この寺院の仏像はきれいなので、一周して見る価値があると思います。

    これは南側にある迦葉仏。

  • 東側は倶那含牟尼。

    東側は倶那含牟尼。

  • 北側は・・・工事中でした。。<br />倶留孫仏。<br /><br />アーナンダ寺院は過去七仏のうち4体が並んでいるんですね。<br />出生順にお祈りされたい場合は北→東→南→西の順がよいかもしれません。

    北側は・・・工事中でした。。
    倶留孫仏。

    アーナンダ寺院は過去七仏のうち4体が並んでいるんですね。
    出生順にお祈りされたい場合は北→東→南→西の順がよいかもしれません。

  • 壁には仏龕がたくさん。

    壁には仏龕がたくさん。

  • 外から見ると、西洋的な建物にも見える不思議。

    外から見ると、西洋的な建物にも見える不思議。

  • 違うところでは修復工事中。<br />本当は白い壁なんですね。

    違うところでは修復工事中。
    本当は白い壁なんですね。

  • 12:04<br /><br />次はタビィニュ寺院。<br /><br />バガンで一番高い寺院なんだとか。

    12:04

    次はタビィニュ寺院。

    バガンで一番高い寺院なんだとか。

  • ただ、中はイマヒトツ・・・

    ただ、中はイマヒトツ・・・

  • 12:40<br /><br />寺院ばかりも飽きるのでゴールデン・クックーという竹で作るラッカーウェアの工房にやって来ました。<br /><br />なんでも100年以上も続いているんだとか。

    12:40

    寺院ばかりも飽きるのでゴールデン・クックーという竹で作るラッカーウェアの工房にやって来ました。

    なんでも100年以上も続いているんだとか。

  • 男性が竹を組み立て、女性が彫って模様をつけて完成させているようです。<br />完成品の撮影はだめと言われてしまいました。<br /><br />なかなか高価が多く、気軽に買えるものは少ないですが、ちょうど食器などを探している人は買ってみてもいいかも。<br /><br />店主の「いいものは高い。日本車だってそうでしょ?」という言葉は説得力ありますが、言われたところで購買意欲にはつながるかは未知数です。

    男性が竹を組み立て、女性が彫って模様をつけて完成させているようです。
    完成品の撮影はだめと言われてしまいました。

    なかなか高価が多く、気軽に買えるものは少ないですが、ちょうど食器などを探している人は買ってみてもいいかも。

    店主の「いいものは高い。日本車だってそうでしょ?」という言葉は説得力ありますが、言われたところで購買意欲にはつながるかは未知数です。

  • 12:53<br /><br />続いてマヌーハ寺院。

    12:53

    続いてマヌーハ寺院。

  • 日本人からの寄付があったらしい!

    日本人からの寄付があったらしい!

  • 大きなお椀がありました。<br /><br />ここにお賽銭を入れるようですが、梯子に登らないと入れられないです。。

    大きなお椀がありました。

    ここにお賽銭を入れるようですが、梯子に登らないと入れられないです。。

  • そのまま進むと仏像があると言うのですが・・・

    そのまま進むと仏像があると言うのですが・・・

  • でかっ!

    でかっ!

  • 後ろに周ると寝仏!<br /><br />長っ!<br /><br />長さ伝わりますか??

    後ろに周ると寝仏!

    長っ!

    長さ伝わりますか??

  • 足の裏には落書きが。。<br />罰当たりな。。

    足の裏には落書きが。。
    罰当たりな。。

  • 13:20<br /><br />続いてグービャウッヂー寺院。<br /><br />ここも内部撮影禁止。<br />入って正面に仏像があり、周りに過去仏など仏教関係の絵が描いてあります。<br />ミャンマー最古のフレスコ画だそうです。<br />まあまあよく残っているのですが、暗すぎて見づらい。。<br /><br />某歩き方に書いてあるとおり、懐中電灯が必要かも。

    13:20

    続いてグービャウッヂー寺院。

    ここも内部撮影禁止。
    入って正面に仏像があり、周りに過去仏など仏教関係の絵が描いてあります。
    ミャンマー最古のフレスコ画だそうです。
    まあまあよく残っているのですが、暗すぎて見づらい。。

    某歩き方に書いてあるとおり、懐中電灯が必要かも。

  • 入口付近ではパペットを売っていました。<br /><br />ミャンマーの伝統芸能だそうで、ニャウン・ウー近くの高級レストランでショーが見られるそうです。

    入口付近ではパペットを売っていました。

    ミャンマーの伝統芸能だそうで、ニャウン・ウー近くの高級レストランでショーが見られるそうです。

  • 隣接するミャ・ゼーディー・パゴダ。<br />なぜか某歩き方には載ってない。。

    隣接するミャ・ゼーディー・パゴダ。
    なぜか某歩き方には載ってない。。

  • ここにはミャ・ゼーディー石碑というのがあり、パガン朝のチャンシッター王を称えたものなんだとか。<br /><br />ピュー語が書かれた最後の碑文ではないかとされておりもしや超貴重なもの!?

    ここにはミャ・ゼーディー石碑というのがあり、パガン朝のチャンシッター王を称えたものなんだとか。

    ピュー語が書かれた最後の碑文ではないかとされておりもしや超貴重なもの!?

  • 脇には仏教的なオブジェもありました。

    脇には仏教的なオブジェもありました。

  • 13:59<br /><br />お次はミンガラー・ゼディ。<br />歩き方によると、これがパガン王朝最後の仏塔だそうです。

    13:59

    お次はミンガラー・ゼディ。
    歩き方によると、これがパガン王朝最後の仏塔だそうです。

  • ここは中には入れないっぽいのですが途中まで上れました。<br /><br />階段は急なのですが、後で見に行くシュエサンドー・パヤーよりはまし。<br /><br />眺めは・・・うーん、イマイチかなぁ。。

    ここは中には入れないっぽいのですが途中まで上れました。

    階段は急なのですが、後で見に行くシュエサンドー・パヤーよりはまし。

    眺めは・・・うーん、イマイチかなぁ。。

  • 14:20<br /><br />どんどん行きます。<br />今度はゴドーパリィン寺院。<br /><br />ここは中はイマイチ。<br />これだけ寺院めぐりをしていると、よほどの仏像や見所がないとビミョウと思うように・・・<br /><br />この外観が最大の見所でした。デオチ物件です。。

    14:20

    どんどん行きます。
    今度はゴドーパリィン寺院。

    ここは中はイマイチ。
    これだけ寺院めぐりをしていると、よほどの仏像や見所がないとビミョウと思うように・・・

    この外観が最大の見所でした。デオチ物件です。。

  • 14:46<br /><br />続いてはブー・パヤー。

    14:46

    続いてはブー・パヤー。

  • ここにはまるでゴールデン・ロックのミニチュアのようなキンピカの仏塔があります。<br /><br />夕暮れ時はきれいなんだとか。

    ここにはまるでゴールデン・ロックのミニチュアのようなキンピカの仏塔があります。

    夕暮れ時はきれいなんだとか。

  • 川沿いにあって、仏塔の周囲はさながら展望台。

    川沿いにあって、仏塔の周囲はさながら展望台。

  • 馬車に戻ったらクク(馬車の運転手)がこんなものをくれました。<br /><br />砂糖菓子というか、砂糖を固めたもの?<br />なんていうか、砂糖の味しかしない。。<br /><br />でも、暑いときにも溶けないし、案外いいかも。

    馬車に戻ったらクク(馬車の運転手)がこんなものをくれました。

    砂糖菓子というか、砂糖を固めたもの?
    なんていうか、砂糖の味しかしない。。

    でも、暑いときにも溶けないし、案外いいかも。

  • 15:06<br /><br />さくさくいきましょう。<br />マハー・ボディー・パヤー。<br /><br />他の寺院とはちょっと見た目が違います。<br />インドネシアとかにありそう。

    15:06

    さくさくいきましょう。
    マハー・ボディー・パヤー。

    他の寺院とはちょっと見た目が違います。
    インドネシアとかにありそう。

  • 外には仏龕があり、小さな仏像が入っています。

    外には仏龕があり、小さな仏像が入っています。

  • 黄金王宮と王宮考古博物館前を通過。<br />あの歩き方さえも「ただのレプリカ」と切り捨てる程の”ドウデモ施設”っぽいです。<br /><br />近くには王宮跡がありますが、これも遺構が残るのみであんまり面白いものではありません。。

    黄金王宮と王宮考古博物館前を通過。
    あの歩き方さえも「ただのレプリカ」と切り捨てる程の”ドウデモ施設”っぽいです。

    近くには王宮跡がありますが、これも遺構が残るのみであんまり面白いものではありません。。

  • 15:24<br /><br />タラバー門。<br />オールドバガンの城壁につけられた門です。<br /><br />門の両側には何気に仏像がおさめられています。

    15:24

    タラバー門。
    オールドバガンの城壁につけられた門です。

    門の両側には何気に仏像がおさめられています。

  • 近くにいた家畜の群れ。<br /><br />単なる観光地ではなくて生活がそばにあるんですね。<br />そういえば、バガンの仏塔はほとんどが現役なので外見は遺跡っぽく見えますが、中に入ると遺跡という感じがあまりしなかったかも。

    近くにいた家畜の群れ。

    単なる観光地ではなくて生活がそばにあるんですね。
    そういえば、バガンの仏塔はほとんどが現役なので外見は遺跡っぽく見えますが、中に入ると遺跡という感じがあまりしなかったかも。

  • 突然現れたひまわりBUS!<br /><br />宮崎のバス会社のお古だそうです。<br />カワユス。

    突然現れたひまわりBUS!

    宮崎のバス会社のお古だそうです。
    カワユス。

  • 15:59<br /><br />この日の馬車最後の目的地はシュエズィーゴォン・パヤー。<br /><br />次の日もいくつか周ってくれる約束をしていったんここで馬車とお別れ。

    15:59

    この日の馬車最後の目的地はシュエズィーゴォン・パヤー。

    次の日もいくつか周ってくれる約束をしていったんここで馬車とお別れ。

  • ものすごい一直線の参道。<br /><br />日陰だと裸足でも歩きやすくて助かります。。

    ものすごい一直線の参道。

    日陰だと裸足でも歩きやすくて助かります。。

  • 参道には土産物屋が多いのですが、馬車の運転手ククいわくたいそうタチが悪いらしいです。。<br /><br />目をあわすなと言われたので、ここは歌舞伎町と思いながら速足で通過w<br /><br />確かに声かけられなかった・・・w

    参道には土産物屋が多いのですが、馬車の運転手ククいわくたいそうタチが悪いらしいです。。

    目をあわすなと言われたので、ここは歌舞伎町と思いながら速足で通過w

    確かに声かけられなかった・・・w

  • おおー!ここはすごい!<br /><br />大きいし、キンピカだし。

    おおー!ここはすごい!

    大きいし、キンピカだし。

  • 別角度。<br /><br />金が濃くて本当にきれい。

    別角度。

    金が濃くて本当にきれい。

  • 一辺がかなり大きいので、一周するのもそこそこ時間がかかります。

    一辺がかなり大きいので、一周するのもそこそこ時間がかかります。

  • このとき気付いたのですが白いタイルだとあまり熱くない?<br /><br />茶色いところは熱すぎて足の裏やけどしそう!<br /><br />タイルによって熱伝導が違うので、いろいろ研究してあまり熱くないタイルの上を歩くのをオススメします。

    このとき気付いたのですが白いタイルだとあまり熱くない?

    茶色いところは熱すぎて足の裏やけどしそう!

    タイルによって熱伝導が違うので、いろいろ研究してあまり熱くないタイルの上を歩くのをオススメします。

  • 「シュエズィーゴォン・パヤーの9つの不思議」!<br />9つもあるの!?

    「シュエズィーゴォン・パヤーの9つの不思議」!
    9つもあるの!?

  • 17:03<br /><br />いったん夕食をとろうと日本食レストランの「富士」へ。<br /><br />誰もいないし、おっさんはランニング姿で寝てるし、テラスは廃墟のようだし、大丈夫かここ・・・

    17:03

    いったん夕食をとろうと日本食レストランの「富士」へ。

    誰もいないし、おっさんはランニング姿で寝てるし、テラスは廃墟のようだし、大丈夫かここ・・・

  • ちょっと時間が早かったようで、部屋の中のエアコンも運転してない。<br /><br />まあでも日本人経営というし、どんなものか注文して様子を見ます。<br /><br />どうやらさっきまでごろごろしてたおっさんが作ってるらしい。<br /><br />ところでこのおっさん、日本人でした。<br />日本食レストランと看板を掲げつつ実態は朝鮮人や中国人がやっていることが多い中、調理されてるのが日本人というのが心強いですね。

    ちょっと時間が早かったようで、部屋の中のエアコンも運転してない。

    まあでも日本人経営というし、どんなものか注文して様子を見ます。

    どうやらさっきまでごろごろしてたおっさんが作ってるらしい。

    ところでこのおっさん、日本人でした。
    日本食レストランと看板を掲げつつ実態は朝鮮人や中国人がやっていることが多い中、調理されてるのが日本人というのが心強いですね。

  • しょうが焼き定食を注文。<br /><br />おぉー確かにしょうが焼きっぽい。<br />味も生姜の効いた濃い目の味付けで大満足。<br /><br />ご飯はタイ米っぽいパサパサ系だし、味噌汁は出汁をとっていないのかほぼ味がしないし、漬物はかなり独特の味で個人的には嫌いだったけど、しょうが焼きがおいしすぎて、まあ良かったと思います。<br /><br />ごちそうさまー。<br /><br />しょうが焼き定食@富士<br />MMK 4,000

    しょうが焼き定食を注文。

    おぉー確かにしょうが焼きっぽい。
    味も生姜の効いた濃い目の味付けで大満足。

    ご飯はタイ米っぽいパサパサ系だし、味噌汁は出汁をとっていないのかほぼ味がしないし、漬物はかなり独特の味で個人的には嫌いだったけど、しょうが焼きがおいしすぎて、まあ良かったと思います。

    ごちそうさまー。

    しょうが焼き定食@富士
    MMK 4,000

  • 17:58<br /><br />食後、タクシーを拾って宿に戻ろうとするも全然タクシーが来ない。。<br /><br />どうしようかと思ったら、「富士」の並びに「Taxi Service」の看板を発見。<br /><br />ついでなので、夕焼け見物で有名な仏塔へ行ってからホテルに戻ることにしました。<br /><br /><br />タクシーチャーター@Morning Star<br />MMK 10,000

    17:58

    食後、タクシーを拾って宿に戻ろうとするも全然タクシーが来ない。。

    どうしようかと思ったら、「富士」の並びに「Taxi Service」の看板を発見。

    ついでなので、夕焼け見物で有名な仏塔へ行ってからホテルに戻ることにしました。


    タクシーチャーター@Morning Star
    MMK 10,000

  • このタクシーで出発です。<br />トヨタ車だし、空調完備の快適な車でした。

    このタクシーで出発です。
    トヨタ車だし、空調完備の快適な車でした。

  • 18:16<br /><br />シュエサンドー・パヤーに到着です。<br />車だと早い!w<br /><br />帰ってきたときに迷子にならないように車のナンバーを控えていざ上ってみます。<br /><br />ここの土産物屋は押し売りがかなりしつこいですが、ぼーっとせず早足でやりすごせば大丈夫です。<br />この写真撮ってるときは結構ひどかった。。<br /><br />ちなみに仏塔の中には釈迦の遺髪が納められているんだとか。

    18:16

    シュエサンドー・パヤーに到着です。
    車だと早い!w

    帰ってきたときに迷子にならないように車のナンバーを控えていざ上ってみます。

    ここの土産物屋は押し売りがかなりしつこいですが、ぼーっとせず早足でやりすごせば大丈夫です。
    この写真撮ってるときは結構ひどかった。。

    ちなみに仏塔の中には釈迦の遺髪が納められているんだとか。

  • いざ上ろうとしますが、階段が急!<br /><br />段差も大きいし相当ヤバそうな予感。。

    いざ上ろうとしますが、階段が急!

    段差も大きいし相当ヤバそうな予感。。

  • 上ってから下を見てみると、、これは結構ちゃんと注意しないと降りるとき危険なパターンですね。

    上ってから下を見てみると、、これは結構ちゃんと注意しないと降りるとき危険なパターンですね。

  • しかし、眺めは格別。<br />夕暮れになるまでしばし待ちます。

    しかし、眺めは格別。
    夕暮れになるまでしばし待ちます。

  • だんだん暗くなってきました。<br /><br />ライトアップされているのもあるんですね。

    だんだん暗くなってきました。

    ライトアップされているのもあるんですね。

  • 夕暮れ時はなんだか幻想的。

    夕暮れ時はなんだか幻想的。

  • 右手に見える先っぽが丸いのがダマヤンヂー寺院。<br />建設しだした王様が暗殺されたことで今も未完成。<br />内部は迷路のような感じらしいこともあってか、幽霊パゴダと言われているらしい。

    右手に見える先っぽが丸いのがダマヤンヂー寺院。
    建設しだした王様が暗殺されたことで今も未完成。
    内部は迷路のような感じらしいこともあってか、幽霊パゴダと言われているらしい。

  • いよいよ日が落ちたっぽいです。ライトアップされた寺院もいいかも。<br /><br />夕景はいいけど、夜景はやはり暗すぎて厳しい。。

    いよいよ日が落ちたっぽいです。ライトアップされた寺院もいいかも。

    夕景はいいけど、夜景はやはり暗すぎて厳しい。。

  • 遠くに見えるあれはなんだろう?

    遠くに見えるあれはなんだろう?

  • 夜は、このように仏塔の影が見えるうちは楽しめますが、完全に暗くなると危険かもしれないので夕景くらいがいいっぽいですね。<br /><br />暗くなり、降りるのが辛そうなのでそろそろホテルに戻ることに。<br /><br /><br />★☆★バガン泊★☆★

    夜は、このように仏塔の影が見えるうちは楽しめますが、完全に暗くなると危険かもしれないので夕景くらいがいいっぽいですね。

    暗くなり、降りるのが辛そうなのでそろそろホテルに戻ることに。


    ★☆★バガン泊★☆★

  • 2015/3/17(火)<br /><br />4:30起床です。。<br /><br />この日は楽しみにしてた気球ツアー!<br />5:15にホテル前で待ち合わせでしたが5:30頃ピックアップが到着。<br /><br />気球乗り場まで連れて行ってくれます。<br /><br /><br />気球ツアー@Oriental Ballooning<br />JPY 47,120(サラトラベル・ミャンマーを利用、公式だとUSD380)

    2015/3/17(火)

    4:30起床です。。

    この日は楽しみにしてた気球ツアー!
    5:15にホテル前で待ち合わせでしたが5:30頃ピックアップが到着。

    気球乗り場まで連れて行ってくれます。


    気球ツアー@Oriental Ballooning
    JPY 47,120(サラトラベル・ミャンマーを利用、公式だとUSD380)

  • 5:50<br /><br />乗り場では、案内があるまで軽食が楽しめます。<br />紅茶かコーヒー、クロワッサンやマフィンをつまみます。<br /><br />このクロワッサンがおいしい!<br />さすがヨーロッパ人が運営しているだけあります。

    5:50

    乗り場では、案内があるまで軽食が楽しめます。
    紅茶かコーヒー、クロワッサンやマフィンをつまみます。

    このクロワッサンがおいしい!
    さすがヨーロッパ人が運営しているだけあります。

  • ボォォォーーーーーー!<br />という轟音が!<br /><br />火のチェック中のようです。

    ボォォォーーーーーー!
    という轟音が!

    火のチェック中のようです。

  • 参加者全員にキャップがプレゼントされました。<br /><br />その後、チームわけがあり、私はクリスさんのチームに。<br />名前を呼ばれて返事をするスタイルで、学校の出席を思い出します。

    参加者全員にキャップがプレゼントされました。

    その後、チームわけがあり、私はクリスさんのチームに。
    名前を呼ばれて返事をするスタイルで、学校の出席を思い出します。

  • その後は気球の準備を見学。<br /><br />気球が膨らむまでしばし待ちます。

    その後は気球の準備を見学。

    気球が膨らむまでしばし待ちます。

  • 膨らんできた!<br />大きい!

    膨らんできた!
    大きい!

  • 6:35<br /><br />乗り込み方のレクチャーなどがあり、いざテイク・オフ!

    6:35

    乗り込み方のレクチャーなどがあり、いざテイク・オフ!

  • おお〜!<br />ちょうど日が昇ってきていいタイミング!<br /><br />中央辺りに見える大きなパゴダはスラマニ寺院。<br />この後寄る予定です。

    おお〜!
    ちょうど日が昇ってきていいタイミング!

    中央辺りに見える大きなパゴダはスラマニ寺院。
    この後寄る予定です。

  • 幽霊のウワサのあるダマヤンヂー寺院が見えてきました。<br />思ったより大きい!<br /><br />完成していたらすごかったんだろうな。

    幽霊のウワサのあるダマヤンヂー寺院が見えてきました。
    思ったより大きい!

    完成していたらすごかったんだろうな。

  • 高度があがると眺めがいい!<br />オールドバガンのあたりを飛んでいます。

    高度があがると眺めがいい!
    オールドバガンのあたりを飛んでいます。

  • いろいろ見えるのですが、説明しにくいので文字を入れてみました。<br /><br />途中まで上れるけど景色はイマヒトツだったミンガラー・ゼディ。<br />外観はいいけど中はイマヒトツだったゴドー・パリィン寺院。<br />バガンで最も高いタビィニュ寺院。<br />夕景を見て感動したシュエサンドー・パヤー・・・<br /><br />昨日寄った寺院がたくさん見えます。

    いろいろ見えるのですが、説明しにくいので文字を入れてみました。

    途中まで上れるけど景色はイマヒトツだったミンガラー・ゼディ。
    外観はいいけど中はイマヒトツだったゴドー・パリィン寺院。
    バガンで最も高いタビィニュ寺院。
    夕景を見て感動したシュエサンドー・パヤー・・・

    昨日寄った寺院がたくさん見えます。

  • ミィンカバー村の辺りに来ました。<br /><br />中央の茶色と金の仏塔が並んでいるところがグービャウッヂー寺院とミャ・ゼーディー・パゴダ。<br /><br />手前にぽつんとある金の仏塔はシュウェ・ゼーディー(未訪問)。

    ミィンカバー村の辺りに来ました。

    中央の茶色と金の仏塔が並んでいるところがグービャウッヂー寺院とミャ・ゼーディー・パゴダ。

    手前にぽつんとある金の仏塔はシュウェ・ゼーディー(未訪問)。

  • いやぁ癒されます。。<br /><br />寝仏を見たマヌーハ寺院も見えてきてミィンカバー村を通過しちゃいました。<br />馬車だと時間がかかるからどのくらいかと思っていましたがこんなもんなのか。。

    いやぁ癒されます。。

    寝仏を見たマヌーハ寺院も見えてきてミィンカバー村を通過しちゃいました。
    馬車だと時間がかかるからどのくらいかと思っていましたがこんなもんなのか。。

  • ミィンカバー村とニューバガンの間も仏塔がたくさん建っているんですね。<br /><br />左奥に見える目立つ仏塔のうち、手前の柵に囲われているのがナガーヨン寺院、その左奥にあるのがソーミィンヂー僧院です。<br /><br />この辺りには行かなかったなぁ。

    ミィンカバー村とニューバガンの間も仏塔がたくさん建っているんですね。

    左奥に見える目立つ仏塔のうち、手前の柵に囲われているのがナガーヨン寺院、その左奥にあるのがソーミィンヂー僧院です。

    この辺りには行かなかったなぁ。

  • 今度はニューバガンが見えてきました。<br /><br />ラジオの音がここまで聞こえて何だろうと思ったら下から手を振ってる人が!

    今度はニューバガンが見えてきました。

    ラジオの音がここまで聞こえて何だろうと思ったら下から手を振ってる人が!

  • 川の向こうは全然緑も家もない・・・<br /><br />手前に見えるキンピカの仏塔は→

    川の向こうは全然緑も家もない・・・

    手前に見えるキンピカの仏塔は→

  • 老化なんだババァ・・・じゃなくてローカナンダー・パヤー。<br /><br />4つの仏塔を1日で巡ると願い事が一つ叶うという「4つの仏塔めぐり」の1つです。

    老化なんだババァ・・・じゃなくてローカナンダー・パヤー。

    4つの仏塔を1日で巡ると願い事が一つ叶うという「4つの仏塔めぐり」の1つです。

  • 太陽の方を見ると、いい感じの朝焼け!<br /><br />これは見に来てよかった・・・

    太陽の方を見ると、いい感じの朝焼け!

    これは見に来てよかった・・・

  • 靄が幻想的な感じで、とっても癒されます。。

    イチオシ

    靄が幻想的な感じで、とっても癒されます。。

  • あっという間に気球ツアーは終了。<br /><br />予算さえ合えば、すごくオススメです。

    あっという間に気球ツアーは終了。

    予算さえ合えば、すごくオススメです。

  • 7:32<br /><br />下界に降り立つなり子供たちが駆け寄ってきました。<br /><br />演出ではなく、物売りか物乞いです。。<br />乗るときにもらった緑の帽子を欲しいと言っているみたい。<br /><br />係員に聞いたらあげても問題ないということだったので、ある少年にプレゼントしました。

    7:32

    下界に降り立つなり子供たちが駆け寄ってきました。

    演出ではなく、物売りか物乞いです。。
    乗るときにもらった緑の帽子を欲しいと言っているみたい。

    係員に聞いたらあげても問題ないということだったので、ある少年にプレゼントしました。

  • おしぼりを受け取り、ジュースで一息ついたらシャンパンサービス!<br /><br />これが値段が高い理由なのではないかと思ってしまいます。。

    おしぼりを受け取り、ジュースで一息ついたらシャンパンサービス!

    これが値段が高い理由なのではないかと思ってしまいます。。

  • カンパーイ!

    カンパーイ!

  • スイカとパパイヤのサービスも!<br /><br />スイカはおいしかった!

    スイカとパパイヤのサービスも!

    スイカはおいしかった!

  • なにやら書き出したと思ったら→

    なにやら書き出したと思ったら→

  • じゃーん!<br />飛行証明書をいただきました!<br /><br />あー楽しかった。<br /><br />この後、ホテルまで送迎車で戻り(8:30頃帰着)、馬車が迎えに来るまで仮眠タイム。。

    じゃーん!
    飛行証明書をいただきました!

    あー楽しかった。

    この後、ホテルまで送迎車で戻り(8:30頃帰着)、馬車が迎えに来るまで仮眠タイム。。

  • 11:26<br /><br />ホテルをチェックアウトし、迎えの馬車に乗って約25分。<br /><br />ブーレーディー(Bulethi/Buledi)という名前みたいです。

    11:26

    ホテルをチェックアウトし、迎えの馬車に乗って約25分。

    ブーレーディー(Bulethi/Buledi)という名前みたいです。

  • ここも上れる系のパゴダ。<br /><br />朝日や夕日の時間は人気みたいです。

    ここも上れる系のパゴダ。

    朝日や夕日の時間は人気みたいです。

  • 11:49<br /><br />お次はスラマニ寺院。<br /><br />ここはなかなかすごそう。

    11:49

    お次はスラマニ寺院。

    ここはなかなかすごそう。

  • 最初の門をくぐって、さらに奥に建物があります。

    最初の門をくぐって、さらに奥に建物があります。

  • 仏像自体はまあ普通。。

    仏像自体はまあ普通。。

  • ですが、フレスコ画がかなりキレイに残っていました。<br /><br />寝仏の絵や→

    ですが、フレスコ画がかなりキレイに残っていました。

    寝仏の絵や→

  • 白い象。

    白い象。

  • かなり状態がいい部分もありました。

    かなり状態がいい部分もありました。

  • 子供の僧侶が拝んでる!とか思って思わず撮ってしまったら、実はちょうど何かの撮影をしていたらしい・・・<br /><br />演出だったか・・・w

    子供の僧侶が拝んでる!とか思って思わず撮ってしまったら、実はちょうど何かの撮影をしていたらしい・・・

    演出だったか・・・w

  • 12:29<br /><br />Hsin Phyushin Monastic Complex<br />もはや読みが分かりません・・・<br />検索したら「シン・ピュシン」と書いてあったサイトを発見。<br /><br />そして誰もいない・・・<br />人気のない所に来ちゃったな・・・

    12:29

    Hsin Phyushin Monastic Complex
    もはや読みが分かりません・・・
    検索したら「シン・ピュシン」と書いてあったサイトを発見。

    そして誰もいない・・・
    人気のない所に来ちゃったな・・・

  • キレイな並木道。

    キレイな並木道。

  • なかなか変わった見た目の寺院です。

    なかなか変わった見た目の寺院です。

  • 仏像が四面に並んでいました。<br />布がかぶさっている仏像は結構珍しいかも。<br /><br />タイルが砂っぽかったりしてあまり手入れがされてないような。。

    仏像が四面に並んでいました。
    布がかぶさっている仏像は結構珍しいかも。

    タイルが砂っぽかったりしてあまり手入れがされてないような。。

  • ここも上れるらしいので来てみたら、遠くにかなりの仏塔が見えてそれなりに満足。

    ここも上れるらしいので来てみたら、遠くにかなりの仏塔が見えてそれなりに満足。

  • 奥に進むと、一段下がった広場のような場所が。<br />沐浴場跡かな?

    奥に進むと、一段下がった広場のような場所が。
    沐浴場跡かな?

  • どんどん行きます。<br /><br />途中見かけた変わった形の木。<br />なんだろう?

    どんどん行きます。

    途中見かけた変わった形の木。
    なんだろう?

  • 13:04<br /><br />ミン・ナン・トゥ村に差し掛かりました。<br /><br />スプライトなど冷えた缶ジュースを飲みつつ、ちょっと何かつまみつつの休憩タイム。<br /><br /><br />スプライト MMK 1,000<br />ガイド分(強制的におごることに・・・別にいいけどさ) MMK 500

    13:04

    ミン・ナン・トゥ村に差し掛かりました。

    スプライトなど冷えた缶ジュースを飲みつつ、ちょっと何かつまみつつの休憩タイム。


    スプライト MMK 1,000
    ガイド分(強制的におごることに・・・別にいいけどさ) MMK 500

  • 招き猫!<br />誰かが置いていったんですかね。

    招き猫!
    誰かが置いていったんですかね。

  • 一服が終わり、トゥイトゥイさんという10代後半くらいの女の子が村を案内してくれることに。<br /><br />彼女の家と思われます。

    一服が終わり、トゥイトゥイさんという10代後半くらいの女の子が村を案内してくれることに。

    彼女の家と思われます。

  • 機織があったり→

    機織があったり→

  • 干したピーナッツを漉して油をとるものがあったり。

    干したピーナッツを漉して油をとるものがあったり。

  • 家の中も案内してくれました。<br /><br />おそらくですが、結構裕福な家だと思われます。<br />家族12人いて、そのうち5人がここで寝ているらしい。。

    家の中も案内してくれました。

    おそらくですが、結構裕福な家だと思われます。
    家族12人いて、そのうち5人がここで寝ているらしい。。

  • 糸紬。<br /><br />今でも現役といいますが、あと10年もしたらどうなっていることやらですね。

    糸紬。

    今でも現役といいますが、あと10年もしたらどうなっていることやらですね。

  • 葉巻も作っているらしい。<br /><br />やや甘いそうですが、最近の人は健康に悪いから吸わないんだとか。

    葉巻も作っているらしい。

    やや甘いそうですが、最近の人は健康に悪いから吸わないんだとか。

  • 村をぶらり。<br /><br />サボテン!ちょっと意外。。

    村をぶらり。

    サボテン!ちょっと意外。。

  • 家に注目すると、壁は何かを編んだものでできている?

    家に注目すると、壁は何かを編んだものでできている?

  • これは椰子の葉っぱでできた屋根。<br />結構あちこちで見かけました。

    これは椰子の葉っぱでできた屋根。
    結構あちこちで見かけました。

  • 13:51<br /><br />さて、寺院めぐりもラストスパート。<br /><br />Tham Bula Phaya。<br />中には入れません・・・

    13:51

    さて、寺院めぐりもラストスパート。

    Tham Bula Phaya。
    中には入れません・・・

  • 13:59<br /><br />この周囲にはいくつか寺院が並んでいます。<br /><br />こちらはTayoke Pyay寺院。

    13:59

    この周囲にはいくつか寺院が並んでいます。

    こちらはTayoke Pyay寺院。

  • 大仏は普通。<br />袈裟の色味が変わっていますね。。<br /><br />仏像の後ろが彫ってあるのは珍しいかも。

    大仏は普通。
    袈裟の色味が変わっていますね。。

    仏像の後ろが彫ってあるのは珍しいかも。

  • 千仏の絵も良く残っています。<br /><br />敦煌の莫高窟やクチャのキジル千仏洞とかで見たものと似ているような感じ。<br />こっちの方が、一つ一つがやや大きいですかね。

    千仏の絵も良く残っています。

    敦煌の莫高窟やクチャのキジル千仏洞とかで見たものと似ているような感じ。
    こっちの方が、一つ一つがやや大きいですかね。

  • 14:15<br /><br />Phaya Thon Zu Phaya。<br />3つつながっているスタイルは珍しいですね。<br /><br />内部撮影は禁止とのこと。。<br />それぞれの仏塔の下に仏像が1つずつありました。

    14:15

    Phaya Thon Zu Phaya。
    3つつながっているスタイルは珍しいですね。

    内部撮影は禁止とのこと。。
    それぞれの仏塔の下に仏像が1つずつありました。

  • 14:33<br /><br />バガン最後の寺院はIza Gawna Pagoda。<br /><br />飽きるほど寺院めぐりをしてきたのに最後と聞くと名残惜しくなる不思議。。

    14:33

    バガン最後の寺院はIza Gawna Pagoda。

    飽きるほど寺院めぐりをしてきたのに最後と聞くと名残惜しくなる不思議。。

  • 結構手入れがされているかと思いきや→

    結構手入れがされているかと思いきや→

  • 壁画の上にとんでもない落書きが!<br /><br />子供が出入りしていたし、ちゃんと管理してないとこうなっちゃってもおかしくないか。。

    壁画の上にとんでもない落書きが!

    子供が出入りしていたし、ちゃんと管理してないとこうなっちゃってもおかしくないか。。

  • ここにきて良かったと思ったのは千仏の壁画に金箔が残っていたこと!<br /><br />ユーラシア大陸横断旅行の中央アジア編で訪れたクチャのキジル千仏洞では「仏の後光や袈裟に金を使っていた」という説明がありました。<br /> <参考> http://4travel.jp/travelogue/10921754<br /> ※千仏洞内撮影禁止のため写真はありません。<br /><br />ここではまだ一部ながら袈裟に金箔が残ってる!<br />しかも撮影OK! ←意外にこれ大事<br /><br />地図で見るとちょうど敦煌のはるか南あたりにバガンがあり、なんだか色々つながって感動します。

    ここにきて良かったと思ったのは千仏の壁画に金箔が残っていたこと!

    ユーラシア大陸横断旅行の中央アジア編で訪れたクチャのキジル千仏洞では「仏の後光や袈裟に金を使っていた」という説明がありました。
     <参考> http://4travel.jp/travelogue/10921754
     ※千仏洞内撮影禁止のため写真はありません。

    ここではまだ一部ながら袈裟に金箔が残ってる!
    しかも撮影OK! ←意外にこれ大事

    地図で見るとちょうど敦煌のはるか南あたりにバガンがあり、なんだか色々つながって感動します。

  • ちなみにここからはわざとらしい塔状の建物がよく見えました。<br /><br />バガン・ビューイング・タワー(ナン・ミン・タワー)といい、入場料が高いのと(USD 5)、上ったところでたいした景色が見られないので全然人気がないんだとか。

    ちなみにここからはわざとらしい塔状の建物がよく見えました。

    バガン・ビューイング・タワー(ナン・ミン・タワー)といい、入場料が高いのと(USD 5)、上ったところでたいした景色が見られないので全然人気がないんだとか。

  • 人生初、なんと馬車に乗ったまま空港に到着。<br />おとぎ話の世界のようです。<br /><br />ここで馬車を降り、2日分の代金を支払います。<br />払おうとしたらビール代も欲しいとのこと。<br /><br />ビール代はいくらかと聞いたら2,000チャットとか言うのですが、ミャンマービール(330ml)で大体1,000チャット弱なのでどう考えてもそんなにしないだろ・・・<br /><br />まあ、いろいろしてくれたし、半分は馬にやってくれといって2,000チャット払いました。<br /><br /><br />馬車ツアー代(2日) USD 50<br />チップ MMK 2,000

    人生初、なんと馬車に乗ったまま空港に到着。
    おとぎ話の世界のようです。

    ここで馬車を降り、2日分の代金を支払います。
    払おうとしたらビール代も欲しいとのこと。

    ビール代はいくらかと聞いたら2,000チャットとか言うのですが、ミャンマービール(330ml)で大体1,000チャット弱なのでどう考えてもそんなにしないだろ・・・

    まあ、いろいろしてくれたし、半分は馬にやってくれといって2,000チャット払いました。


    馬車ツアー代(2日) USD 50
    チップ MMK 2,000

  • ではヤンゴンに帰ります。<br />無事に搭乗券ゲット。<br /><br />帰りはフリーアサインでした。

    ではヤンゴンに帰ります。
    無事に搭乗券ゲット。

    帰りはフリーアサインでした。

  • 17:16<br /><br />帰りは17:50発なのに、早く機材が到着しちゃったからかもう出発することに。<br />こういうのがあるから空港には早めに着いていないといけません。<br />リコンファームの意味あんまりない気が。。w<br /><br />Air Bagan便だけど、Asian Wingsの機材というのも行きと同じ。<br />もう驚きません。<br /><br /><br />W9 129<br />17:25(時刻表は17:50)NYU→18:33(時刻表は19:10)RGN<br />ATR 42/72/72-500

    17:16

    帰りは17:50発なのに、早く機材が到着しちゃったからかもう出発することに。
    こういうのがあるから空港には早めに着いていないといけません。
    リコンファームの意味あんまりない気が。。w

    Air Bagan便だけど、Asian Wingsの機材というのも行きと同じ。
    もう驚きません。


    W9 129
    17:25(時刻表は17:50)NYU→18:33(時刻表は19:10)RGN
    ATR 42/72/72-500

  • 機内から、トゥー・イェン・タウン・パヤーが見えました。<br />「4つの仏塔」のひとつです。<br /><br />これは行くのが大変そうだ・・・

    機内から、トゥー・イェン・タウン・パヤーが見えました。
    「4つの仏塔」のひとつです。

    これは行くのが大変そうだ・・・

  • なんとまた機内食が!<br /><br />クロワッサン、ウマー!<br />中にチーズとハムが申し訳程度に入っているのですがいっそ無くてもいいような。。<br /><br />隣にあるのはアップルパイだったのですが、これはマズー。。

    なんとまた機内食が!

    クロワッサン、ウマー!
    中にチーズとハムが申し訳程度に入っているのですがいっそ無くてもいいような。。

    隣にあるのはアップルパイだったのですが、これはマズー。。

  • ヤンゴンに到着ー。<br />市内に出て、ホテルに泊まります。<br /><br />翌日は念願のゴールデン・ロックことチャイティーヨー・パヤー!<br />楽しみ半分、不安半分ですw<br /><br /><br />空港タクシー(サクラタワー付近まで) MMK 9,000<br /><br />Clover City Center Plus Hotel<br />プレミアデラックス(26平米)朝食なし<br />JPY 9,170 (Agodaで予約、日本で決済)<br /><br />★☆★ヤンゴン泊★☆★<br /><br /><br />最後に今回寄ったバガンの寺院をまとめ。<br /><br /><必訪><br />・アーナンダ寺院(外観も中も見応え十分)<br />・シュエズィーゴォン・パヤー(大きい!キンピカ!)<br />・シュエサンドー・パヤー(上る系、夕景)<br />・スラマニ寺院(外観・フレスコ画)<br /><br /><オススメ><br />・ティーローミィンロー寺院(外観)<br />・タビィニュ寺院(外観)<br />・マヌーハ寺院(寝仏)<br />・ブー・パヤー(金の丸い仏塔&川の展望)<br />・マハー・ボディー・パヤー(インドネシア的な外観)<br />・タラバー門(門自体はつまらないかも、一応意義があるので)<br />・シン・ピュシン修道院群(上れる&集合で見られる)<br />・Iza Gawna Pagoda(金箔の残るフレスコ画)<br /><br /><興味があれば><br />・Tha Kya Hi Hpaya(上る系)<br />・ウパリ・テェン(フレスコ画)<br />・グービャウッヂー寺院(フレスコ画)<br />・ミャ・ゼーディー・パゴダ(石碑)<br />・ミンガラー・ゼディ(上る系)<br />・ゴドーパリィン寺院(外観)<br />・黄金王宮と王宮考古博物館、王宮跡<br />・ブーレーディー(上る系)<br />・Tham Bula Phaya<br />・Tayoke Pyay寺院(千仏の絵)<br />・Phaya Thon Zu Phaya(3連の寺院)

    ヤンゴンに到着ー。
    市内に出て、ホテルに泊まります。

    翌日は念願のゴールデン・ロックことチャイティーヨー・パヤー!
    楽しみ半分、不安半分ですw


    空港タクシー(サクラタワー付近まで) MMK 9,000

    Clover City Center Plus Hotel
    プレミアデラックス(26平米)朝食なし
    JPY 9,170 (Agodaで予約、日本で決済)

    ★☆★ヤンゴン泊★☆★


    最後に今回寄ったバガンの寺院をまとめ。

    <必訪>
    ・アーナンダ寺院(外観も中も見応え十分)
    ・シュエズィーゴォン・パヤー(大きい!キンピカ!)
    ・シュエサンドー・パヤー(上る系、夕景)
    ・スラマニ寺院(外観・フレスコ画)

    <オススメ>
    ・ティーローミィンロー寺院(外観)
    ・タビィニュ寺院(外観)
    ・マヌーハ寺院(寝仏)
    ・ブー・パヤー(金の丸い仏塔&川の展望)
    ・マハー・ボディー・パヤー(インドネシア的な外観)
    ・タラバー門(門自体はつまらないかも、一応意義があるので)
    ・シン・ピュシン修道院群(上れる&集合で見られる)
    ・Iza Gawna Pagoda(金箔の残るフレスコ画)

    <興味があれば>
    ・Tha Kya Hi Hpaya(上る系)
    ・ウパリ・テェン(フレスコ画)
    ・グービャウッヂー寺院(フレスコ画)
    ・ミャ・ゼーディー・パゴダ(石碑)
    ・ミンガラー・ゼディ(上る系)
    ・ゴドーパリィン寺院(外観)
    ・黄金王宮と王宮考古博物館、王宮跡
    ・ブーレーディー(上る系)
    ・Tham Bula Phaya
    ・Tayoke Pyay寺院(千仏の絵)
    ・Phaya Thon Zu Phaya(3連の寺院)

38いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ミャンマーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ミャンマー最安 686円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ミャンマーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集